欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 「あと一本でラストにするよ!!」とか言っときながら、実はなかなか記事が書けずに放置してしまっていた、2041年の野球シリーズ。本当なら、昨年度中に終わらせる予定だったんですが、結局最終回を書きあげることができないまま、ここまで伸びてしまいました。


 その最終回について、何度かリクエストをいただいていたのが、いわゆる「リアルワールドシリーズ」について。各大陸のクラブ王者が雌雄を決する、文字通りのクラブ世界一決定戦で、現行のアジアシリーズよりも、一般的なファンの方々の間でも要望度が高い大会でもあります。しかしながら、実をいうとこの大会については、俺自身は全く妄想をしていませんでした。というわけで、今回はこの大会の実現可能性を考えるというテーマで、このシリーズの最終回に代えたいと思います。


1.開催時期は?

 現状としてMLBは162試合、NPBは144試合を1年の間に戦っています。特に現行のプレーオフは、日米とも10月いっぱいまでかかるので、開催時期は11月というのが妥当でしょう。


 問題は、やはりシーズンを長丁場で戦ってきた、選手たちの疲労度。現在の日本シリーズやワールドシリーズを開催しない方式にするとしても、MLBでは最高で174試合(レギュラーシーズン162+ディビジョンシリーズ5+リーグ優勝決定戦7)、NPBは同じく153試合(レギュラーシーズン144+CS1ステージ3+CSファイナルステージ6)を消化するわけで、いくら屈強なプロ野球選手と言えど、やはり体調的には限界になります。


 ちなみに、NPBを過去の妄想シリーズで書いた、JMLBに置き換えて考えてみるとすると、日本シリーズ進出までの試合数は最大で169試合(レギュラーシーズン154+プレーオフ1回戦5+2位進出だった場合のプレーオフ2回戦3+リーグ準決勝7)なので、現行のNPBよりもさらにタフということになりますね(参照:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10839257000.html )。


2.開催方式は?

 パターンとして考えられるのは、次の4つ。


(1)現行のワールドシリーズと日本シリーズを温存したまま、その勝者同士が一騎打ち。

(2)現行のワールドシリーズと日本シリーズを廃止し、アメリカン、ナショナル、セントラル、パシフィックの4リーグの勝者が、アジアシリーズ方式で戦う。

(3)(1)の方式に、ヨーロッパ、アジア(日本除く)、アフリカ、オセアニアの各大陸王者1チームを加える。

(4)(2)の方式に、ヨーロッパ、アジア(日本除く)、アフリカ、オセアニアの各大陸王者1or2チームを加える。


 ここでは、(3)と(4)の方式について考えてみます。NPBとMLB以外からも大陸王者が参加する方式にする場合、それぞれの大陸ごとにクラブ王者決定戦を行う必要性が出てきます。ここで問題になるのが、すでにヨーロッパカップが実施されているヨーロッパ以外の大陸。現状では、アフリカとオセアニアでのクラブ選手権は行われていないうえ、アジアシリーズがあるアジア地区でも、参加しているのは日本、韓国、台湾、中国だけ(今年度の大会では、中国に代わってオーストラリアが参戦するようですが)。フィリピン、パキスタン、香港、インドネシアといった国々が参加しておらず、真のアジアクラブ王者決定戦とはなっていない現状があります。


 俺の妄想通りであれば、2041年時点ではこれらの地域にもプロないしはセミプロのリーグ戦が整備されており、日々熱戦が繰り広げられていることになっています。現段階では、アジアシリーズやヨーロッパカップに相当する大会がないような地域にも、こうした「大陸クラブ王者決定戦」を新たに創設する必要がありそうです。


3.試合数の兼ね合いはどうするか?

 おそらく、最も重要な問題になりそうなのが、地域ごとのレギュラーシーズンの試合数の差です。リアルワールドシリーズという大会を考えた時、その先輩格としての大会には、サッカーのFIFAクラブワールドカップがあります。サッカーの場合、基本的にどの国であっても、レギュラーシーズンは毎週1試合であり、それほど国によって試合数に差が出るわけではありません。もちろん、これ以外にも国内のカップ戦や、欧州CLやアジアチャンピオンズリーグのような、クラブの国際公式戦等もありますが、クラブW杯に出場するような強豪チームにとっては、これらの試合は必ず通らなければならない道。やはり、大会出場までにかかる負担はある程度イコールだと考えられます。


 しかし、これが野球の場合となると、話は大きく変わってきます。というのも、現状ではMLBの162試合、NPBの144試合に対して、例えばヨーロッパでは最大でも、42試合しかレギュラーシーズンの試合がありません。これが例えばフィリピンなどになると、1チーム10試合程度の、超短期リーグになっているケースもざらにあります。もちろんスポーツ文化の違いや財政的な問題から、現段階では1チーム当たり、100試合を超える規模のリーグ戦が行えないということもあるでしょうが、やはり不公平な印象は否めません。


 また、試合数の少なさと冷涼な気候ゆえに、ヨーロッパのシーズンは環太平洋地域よりも、かなり早い段階でシーズンが終了します。イタリアなども、ポストシーズンの最終戦であるイタリアシリーズを行うのは8月下旬。前述のとおり、11月にリアルワールドシリーズを戦うとなると、それまで2か月は時間が空くことになります。この間の空白を埋めるのは、協会が強権発動して、選手を召集できる代表戦ならともかく、外国籍選手の帰郷などが絡むクラブでは、おそらく簡単なことではないと思います。MLB以外の国のリーグも巻き込むのであれば、こうした不公平感を解消するためにも、新たに日米に匹敵する規模のリーグを、各国に創設する必要があるかもしれません。


4.クラブ国際公式戦に対する意識の問題

 「リアルワールドシリーズ」を開催してもらいたいという、日本の野球ファンたちの思いの背景には、「アメリカだけの内輪の王者決定戦を、ワールドシリーズと呼ぶなよ」という、漠然とした反感があるような気がします。いくらMLBが多国籍リーグとはいえ、「ワールド」と呼ぶからには、やはりアメリカだけではなく、他の国にも門戸を開くべきだ、と。その気持ちは確かに理解できますし、俺自身もどちらかというと、その立場に近い人間です。


 しかし一方で思うのは、「MLB王者にNPB王者が挑戦することを求めるのなら、同様に他の国のクラブが、NPBのチームに挑むことも受け入れろよ」ということ。少なくとも、「リアルワールドシリーズやれよ。おう早くしろよ」と片方では言っておきながら、一方で「アジアシリーズ?そんな罰ゲームなんかいるかバーカ」などと言っているような状態では、本当にこの構想が大会として成り立つとは、俺には正直思えません。


 というのも、野球の世界は何も、日本とアメリカだけで回っているわけではないからです。MLBのバド・セリグコミッショナーは、IBAFのリカルド・フラッカリ会長と会談した際、このリアルワールドシリーズに関する構想を提案したそうです。とすれば、この大会が具現化に向けて動き出せば、当然ヨーロッパ勢も黙ってはいないでしょう。それを見た、アフリカや南米やオセアニアの球界関係者も、「ヨーロッパ勢混ぜるんなら俺らも参加させろよ」となるはず。そうなった時に、果たしてこの大会の実現を望む日本の野球ファンが、大会としてきちんと受け入れられるのか。罰ゲームなどと思わず、日米対決以外のカードもきちんと楽しむことができるのか?


 単なるいちゃもんに聞こえるかもしれませんが、このファンの関心や注目度こそが、プロスポーツビジネスにおける最大の肝なんですから、これは非常に重要な問題だと断言できます。貴重な時間とお金を使って、見たくもないようなカードの試合に観戦に行き、欲しくもないようなグッズを買う人はいないでしょう。あるいは、見たくもない試合にわざわざ、テレビのチャンネルを合わせる人だっていないはずです。


 もし日米対決以外のカードが、事実上ビジネスとして成立しないのであれば、わざわざ高いお金を払って、他の大陸からチームを呼ぶ意味はないと思います。しかしこの大会が、結果として単なる日米対決に成り下がってしまうのであれば、それこそ「ワールド」と名付ける意味は半減するんじゃないでしょうか。ちょうど今の日本人が、MLBのチャンピオンシップに感じているのと同じやっかみを、日米以外のファンは感じることになるはずです。「リアルワールドシリーズ」という名称の意味を、日本のファンはもう一度考え直すべきだと思います。


 以上のことから考えると、俺自身はリアルワールドシリーズの開催について、現段階では否定的な立場です。もしかすれば、この先実現する可能性はあるかもしれませんが、そうすぐにとはいかないのではないかと。皆さんはこのテーマについて、どう思われますか?

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 この記事はシリーズものです。前回までの分をまだお読みになっていない方は、以下のリンクからどうぞ。
ヨーロッパ編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10826622746.html
アジア編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10827462210.html
北中米編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10833427632.html
南米・オセアニア編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10834924116.html
アフリカ編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10836179258.html

WBC編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10837757482.html

その他国際大会編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10837782782.html

日本編その1:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10839257000.html

日本編その2:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10841351628.html

脳内日本代表野手編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10842036439.html

脳内日本代表投手編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10844264327.html


 今回を含め、残り2回となる2041年の野球シリーズ。今回は国際移籍編です。現状、海外移籍するケースとしてはFA、ポスティングシステム、自由契約・戦力外通告を経ての海外挑戦、近隣諸国での活躍を評価されての引き抜き(ヨーロッパリーグに多い)などがありますが、やはりプロレベルを統括する組織がないため、サッカー界などと比べると、必ずしも整備されているとは言い難い現状があります。では、俺の頭の中の西暦2041年では、果たしてどうなっているのか?国際野球ファンからすると、やはり興味関心の度合いも高いであろうこの話題を、取り上げてみたいと思います。


1.選手移籍の管轄

 各国内リーグ内での選手移籍については、原則としてリーグ統括団体が公示や監視を行い、何らかのトラブルが起きた場合は、IABAとスポーツ仲裁裁判所にリーグ機構が通報し、判断を仰ぐ。国境をまたいでの移籍に関しては、IABAが公示や監視を行う。また、国内移籍は11月1日から翌7月30日までの間、国際移籍は11月1日(FAは14日)から翌1月31日までの間にしか行うことができない。


2.国際フリーエージェント権を行使しての移籍

 通称は国際FA。通常、一軍登録150日を1年として6年間で取得可能(世界中すべてのリーグにおける統一ルール)。この権利を取得した選手は、元の所属球団も含め、IABAが公認・管轄する世界中すべてのリーグに所属する球団への移籍が可能になる。


移籍の手順

1)FA権取得条件を満たした選手が、FA権行使を表明する。

2)当該選手の所属球団が加盟するリーグ機構が、それ以外の選手も含めた移籍可能選手リストをIABAに対して提出。11月1日に、全ての提出されたリストが、IABA及び各国リーグ機構から公示される。

3)リストに載っている選手に対し、入団交渉を行う意思のある球団は、公示から2週間以内にその旨をIABAに通告したうえで、11月14日午前0時から、翌1月31日午後23時59分までの期間に、その選手に対する条件提示などを行う。

4)入団で合意した場合、選手を獲得した球団は、次の手段の中から1つを選んで、当該選手の元の所属球団に対する補償を行う。

(1)その選手の年俸の1.5倍の金額を支払う(支払いは米ドル建てとする)。

(2)事前にIABAが個々の選手について、過去2年間の成績から区分したランク分けに応じて、自軍の選手を元の所属球団に対して供出する。

A:同等クラスの一軍選手1人以上を含む3人

B:一軍選手1人以上を含む2人

C:一軍選手1人もしくはマイナー選手2人

ランクなし:任意の選手1人

5)交渉を行ったすべての球団と入団で合意しなかった場合、当該選手は元の所属球団でプレーする。


3.国際トレードを利用しての移籍

 複数のIABA公認のリーグ機構に属する球団の間で、選手のトレードを行う。1回のトレードに参画する球団の数に制限はない(三角トレードや四角トレードなどもOK)が、それぞれにつき1か国から1球団しか参画することはできない。


移籍の手順

1)トレードを希望する球団が、それぞれのリーグ機構を通じてIABAにその旨を通告する。この際、トレードに携わるすべての球団が、それぞれ通告を行わなければならない。

2)IABAの承認を受けてから、各球団は2週間以内にそれぞれ移籍に関する交渉を取りまとめたうえで、IABA側から指定された代表球団1つが、交渉結果と移籍の内容をIABAに対して通告する。

3)IABAは通告内容をただちに各国リーグに対して公示し、選手は公示から2週間以内に移籍を完了する。


4.戦力外通告、自由契約を経ての移籍、ポスティングシステム

 戦力外通告、自由契約、ポスティングシステムによる移籍は、共に制度としては廃止されている(球団との契約が切れた選手は、すべてFAの扱いとなるため)。


 次回は、いよいよこのシリーズのラストとなります。テーマが何になるかって?それは…、次回のお楽しみということにしておきましょうかね。乞うご期待。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 この記事はシリーズものです。前回までの分をまだお読みになっていない方は、以下のリンクからどうぞ。
ヨーロッパ編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10826622746.html
アジア編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10827462210.html
北中米編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10833427632.html
南米・オセアニア編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10834924116.html
アフリカ編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10836179258.html

WBC編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10837757482.html

その他国際大会編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10837782782.html

日本編その1:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10839257000.html

日本編その2:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10841351628.html

脳内日本代表野手編:http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10842036439.html


 2041年の野球シリーズ、今日は脳内日本代表の投手編です。おととい野手編を書いたら、思いっきり「飛ぶボール使用疑惑」を指摘されてしまいました。うん、そうなんだよね…。パワプロのデータもとに書いてたら、見事にラビットボール野球になってしまってました。なので、当該記事の方は一応、成績を多少抑え目に修正しました。その分、こっちは釣り合うような感じになってるといいんですけどね…。


投手陣

(1)仙堂翔太郎(先発、背番号18、千葉オリンポス)

 JMLBが誇る世界屈指の本格派右腕であり、日本代表の若きエース。千葉出身の24歳。右投右打。最速153km/hのフォーシームと147km/hのツーシームの2種類の速球に、スライダー、フォーク、シュート、カーブを操る(決め球はスライダー)。とにかく奪三振が多いうえ、単に勝てるだけでなく貯金を作れる投手であり、毎年勝率と奪三振のランキングでは上位に顔を出す。3年前、低迷していたタイガースに彗星のごとく現れ、救世主と期待されたところを新参のオリンポスにかっさらわれたため、トラキチの中には敵も多い。2041年度の成績は、31試合登板で17勝7敗、防御率2.36、221奪三振(勝利数1位、防御率2位、奪三振2位)。


(2)御法川司(先発、背番号47、名古屋ドラゴンズ)

 苗字は「みのりかわ」と読む。右の仙堂に対する日本の左のエース。愛知出身の31歳。左投左打。最速147km/hのフォーシームと2種類のスライダー、シンカーを武器とする左の速球派で、長らく投手王国ドラゴンズの不動のエースとして君臨する。スリークォーターのフォームから投げ込むクロスファイヤーが決め球であり、左腕でありながら右打者も苦にしない。尻上がりに調子を上げるタイプであり、本格派でありながら故障への耐久性も抜群。2041年度の成績は、30試合登板で12勝6敗、防御率2.54、183奪三振(勝利数9位、防御率3位、奪三振7位)。


(3)奥平翔馬(先発、背番号19、沖縄シーサーズ)

 沖縄が生んだ、24歳の万能型先発右腕。右投右打。絶好調時で最速155km/hと145km/h、2種類の「フォーシーム」を投げ分けるという特異なスタイルを持つ投手で、他にスライダーとカーブ、チェンジアップを武器とする。無尽蔵のスタミナが武器で完投能力が高く、2041年度にはリーグトップの8完投。一応本格派には分類されるものの、非常につかみどころがないスタイルで、緩い変化球と中程度の速球で冷静に打ち取る技巧派としての顔と、うなる剛速球と気迫あふれる投球で、敵をねじ伏せる速球派としての顔を併せ持つ。2041年度の成績は、29試合登板で16勝8敗、防御率3.13、228奪三振(勝利数4位、防御率8位、奪三振2位)。


(4)那城春一(先発、背番号21、沖縄シーサーズ)

 苗字は「なしろ」。シーサーズのもう1人の看板投手。沖縄出身の27歳。左投左打。最速147km/hのフォーシームと142km/hのツーシームの2種類の速球に、スライダー、カーブ、サークルチェンジを投げる。あまり感情を表に出さず淡々と投げるタイプで、安打は打たれても後続をきっちり抑える、粘り強い投球スタイルが売り。クイックと牽制に対する評価が非常に高く、しかも左腕であるため、俊足の走者でも彼からはスタートを切りにくい。パ・リーグ所属ながら、高校時代には中軸も打っていた打撃力にも定評があり、野手の駒が切れた試合では代打でも起用されるほど。2041年度の成績は、15勝6敗、防御率3.11、172奪三振(勝利数5位タイ、防御率7位、奪三振11位タイ)。


(5)恩田圭介(先発、背番号23、天台マリナーズ)

 天台マリナーズの先発3本柱の1人。兵庫出身の28歳。右投右打。最速146km/hのフォーシームと143km/hのツーシームの2種類の速球に、スライダー、スローカーブ、チェンジアップを投げる(決め球はスライダー)。上述の4人が、典型的なフライ系投手であるのに対し、こちらは低めに丁寧にボールを集め、ゴロを打たせる投球スタイルを身の上とする。チームではロシア人エースに次ぐ2番手扱いながら、他球団ではエース級の力を持つ。ファルコンズの元有望株で、マリナーズに拾われて3年目で大きく才能を開花させた。2041年度の成績は、26試合登板で13勝6敗、防御率2.88、142奪三振(勝利数9位タイ、防御率5位、奪三振数17位)。


(6)田中健太郎(先発、背番号49、富山サンダーバーズ)

 サンダーバーズの若きエース左腕で、仙堂や奥平らとともに次代を担う投手とされている天才肌。富山出身の25歳。左投左打。最速147km/hのフォーシームに、スライダー、カーブ、シンカーを投げる。長年下位に低迷していたサンダーバーズに突如として現れ、メジャー2年目で投手陣の柱となるまでに成長した。御法川同様、尻上がりの投球スタイルが最大の武器。こちらも恩田と同様、基本的にはゴロ系の投手だが、どちらかというと田中の方が三振を奪う能力には分がある。チームでは背番号47を背負う。2041年度の成績は、28試合登板で13勝5敗、防御率3.53、169奪三振(勝利数7位、防御率14位、奪三振6位)。


(7)我喜屋駿(中継ぎ、背番号11、沖縄シーサーズ)

 シーザーズの誇る快速リリーバー。沖縄出身の21歳。右投右打。最速152km/hの重いフォーシームに、スライダーとチェンジアップを投げる。速球を主体とする力押しの投球スタイルが持ち味で、チームではセットアッパーの大役を任されることも。先発をしていたのは中学までで、高校進学以降はずっとリリーフに専念している中継ぎ職人タイプ。2041年度の成績は、56試合登板で3勝2敗2セーブ、防御率2.11。


(8)高石洋介(中継ぎ、背番号15、富山サンダーバーズ)

 制球力に優れる左の中継ぎ。新潟出身の25歳。左投左打。最速144km/hのフォーシームに、スライダー、カーブ、シンカーを投げる。針の穴に糸を通すような制球力の良さが自慢で、球威はそこそこながらも安定して仕事をこなすタイプ。スタミナもそれなりにあり、ロングリリーフから左のワンポイントまで何でもござれ。2041年度の成績は、69試合登板で5勝2敗、防御率2.68。


(9)佐瀬勇治(中継ぎ、背番号20、名古屋ドラゴンズ)

 投手王国ドラゴンズのリリーフエース。岐阜出身の29歳。左投左打。最速149km/hのフォーシームに、スライダーとスプリッターを投げる。ドラゴンズにおけるブルペンの切り札的存在であり、リリーバーでありながらチームのエースナンバーである背番号20を背負う。ピンチの場面に滅法強く、連投を苦にしないタフネスも大きな魅力。2041年度の成績は、67試合登板で4勝2敗、防御率2.39。


(10)赤星翔(中継ぎ、背番号65、大阪ファルコンズ)

 ファルコンズではセットアッパーを任される速球派リリーフ。徳島出身の25歳。右投右打。最速154km/hのフォーシームと148km/hのツーシームの2種類の速球に、スライダー、カットボール、シンカーを投げる。フォームやピッチングスタイルも含め、イメージ的には完全に「強化版」五十嵐亮太(メッツ)。本家に比べると変化球の制球力で勝る。2041年度の成績は、54試合登板で2勝1敗4セーブ、防御率3.38。


(11)植松修平(セットアッパー、背番号63、広島東洋カープ)

 カープの若き守護神であり、球界唯一のスイッチピッチャー。東京出身の24歳。両投右打。右では最速146km/hのフォーシームにスライダーと縦のカーブ、左では最速139km/hのフォーシームとスライダーを投げる。もともとは右利きだが、左手も同じように使えるため幼少期に両投げに転向した、和製パット・ベンディット(ヤンキース傘下)。2041年度の成績は、55試合登板で5勝2敗28セーブ、防御率2.65。


(12)柏木颯(クローザー、背番号22、大阪ファルコンズ)

 赤星とともにファルコンズのブルペンを支える、若き守護神。長崎出身の23歳。右投右打。最速151km/hのフォーシームに、スライダーとスプリッターを投げる。まだ若いながらも非常に精神的にタフな選手で、ピンチにも全く動じるところを見せない。球界全体でもトップクラスの有望株で、顔立ちと名前の字面のかっこよさから女性人気も高い。2041年度の成績は、53試合登板で4勝1敗31セーブ、防御率1.85。


 以上で、脳内日本代表編は終了となります。なお、今回の妄想シリーズは誠に勝手ながら、次回の国際移籍編を含めてあと2回で終了とさせていただきます。フランスリーグも始まり、現実の野球にも立ち返る必要があることが主な理由ですので、なにとぞご理解ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。