欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)は、8月15日から24日までオランダ・ハーレムで開催される、世界女子ソフトボール選手権の出場国16チームの顔ぶれを発表しました。


 前回2012年大会で見事金メダルを獲得した我らが日本は、中国、台湾とともにアジア代表として出場。今回はディフェンディングチャンピオンとして、他の15か国の挑戦を受けつつ連覇に挑むことになります。アフリカ大陸からはボツワナが参戦。昨年のU-19女子ソフトボール世界選手権でも、アフリカ勢として出場を果たしています。


 米大陸からはカナダ、キューバ、ドミニカ共和国、プエルトリコ、そして前回準優勝のアメリカが出場。アメリカにとっては、前回大会の雪辱を果たす重要な舞台となるはずです。ヨーロッパからも米大陸と並び最多の5か国が参戦。チェコ、イギリス、イタリア、オランダ(開催国枠)、ロシアが出場することになっています。残る2か国はオセアニア勢。前回大会銅メダルのオーストラリアと、ニュージーランドが出場します。


 今大会は、史上初めてヨーロッパで開催されることになっており、チケットの売り上げも盛況とか。大会運営委員会によれば、大会が開幕するまでにはまだ半年以上あるにもかかわらず、既にチケットは発行総数の半分以上が売れており完売が見込める状況とのこと。また、海外からの観客を想定したオンラインでのチケット販売も好調だそうです。


 WBSCのソフトボール部門の専務理事であるベンチュー・ロー女史は、最近ハーレムにて行った視察を踏まえて次のようにコメントしています。「ハーレムの運営委員会は、欧州初の女子ソフトボール選手権開催の為に素晴らしい仕事をしてくれています。同地を訪れる16か国の代表選手たち、そして彼らを応援しに足を運ぶファンたちに対して、きっとエキサイティングなプラットフォームを提供してくれることでしょう」


 「女子ソフトボール世界選手権は、世界で戦う女性アスリートが輝くための場所です。チケットのセールスが好調であることは、この大会への注目度が高いことはもちろん、女子スポーツのプロモーター的役割を持つ女子ソフトボールが、スポーツ界がより男女平等となり女性に対して門戸を開くことを助けていることの証明であると言えるでしょう」


 「私は、欧州初の女子ソフトボール世界選手権が、野球とソフトボール両競技のグローバルな、とりわけヨーロッパ地域における普及活動を深化させていくであろうことに満足しています。この大会はきっと、ハーレムにとってユニークかつ永続的な遺産を残してくれるはずです」


 今回の大会において予測されている観客動員は、ハーレムの地域経済にポジティブな影響を与えることが見込まれており、同時に女子スポーツが開催都市や開催国を世界に向けてツーリズムの目的地としてPRする力を持つ、大きな価値がある独立した存在となれるであろうことを示しています。ちなみに、昨年行われた女子ソフトボールW杯では、やはり日本が優勝を果たしていますが、この大会ではESPNとその系列局を通じて、合計140か国において大会中継がなされたそうです。


ソース:http://www.mister-baseball.com/wbsc-announces-teams-world-softball-championship-haarlem/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)は、7月11日から20日までカナダ・ホワイトホースにて開催される、U-19男子ソフトボール世界選手権の参加国の顔ぶれを発表しました。


 ソフトボール界におけるユース世代の旗頭とも言える今大会には、5つの大陸(アジア、欧州、北中米、南米、オセアニア)から計11か国が参加します。米大陸からはホスト国のカナダと、2012年の前回大会にて南米勢として初のチャンピオンに輝いたアルゼンチンの他、アメリカ、メキシコ、ベネズエラが参戦。アルゼンチンにとっては、今大会は南米勢初の連覇に挑む非常に重要な場となります。


 そのアルゼンチンと前回大会の決勝で激突し、惜しくも準優勝となった我らが日本と、今大会が2度目の大会参加となるシンガポールがアジア代表。日本にとっては他の国以上に、アルゼンチンの連覇阻止が至上命題となるはずです。ヨーロッパからは、中欧のチェコと北欧のデンマークが参戦。オセアニアからは前回大会銅メダルのオーストラリアと、昨年のシニア世代の世界選手権で優勝したニュージーランドが登場します。


 WBSCノドン・ポーター共同会長は、今大会について次のようにコメントしています。「ホワイトホースの大会運営委員会は、大会運営はもちろんその遺産を地域のコミュニティに還元していくことについて、とても豊富な経験を有している。2014年の世界選手権が、参加する11か国の若い選手たちにとってエキサイティングな場となり、また彼ら自身や彼らが代表する国や大陸を輝かせる場所となるであろうことについて、とても満足しているよ」


 「スポーツ界全体が、若い世代における競技人口の増加や大会の充溢という命題に集中している昨今、我々WBSCは既に野球とソフトボールの両競技において、あらゆる世代やジェンダーに対応した世界選手権の体制を構築できている。これは我々にとって誇るべきことだよ。これからも、若い世代の取り込みや彼らの価値向上というテーマに対して、積極的に取り組んでいくつもりだ」

 WBSCはこのU-19世界選手権と並行して、U-16女子W杯とU-19女子世界選手権という2つのソフトボールの大会、そしてU-12、U-15、U-18、U-21という各世代ごとのW杯の開催にも取り組んでいく予定。いずれにおいても、様々な意味での成功を手にできることを祈るばかりです。

ソース:http://www.mister-baseball.com/wbsc-announces-participants-mens-u19-youth-softball-world-championship/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年、オランダ・ハーレムにて8月15日から24日まで開催される予定の、ソフトボール世界選手権。ヨーロッパ選手権を控える野球界と時を同じくして、ソフトボール界でもこの大会に向けて様々な準備が着々と進められています。


(1)イギリスがワイルドカードで出場権を獲得

 イギリス代表が、世界選手権の出場権をワイルドカードで獲得したことが明らかになりました。ヨーロッパ勢では開催国オランダの他、イタリア、チェコ、ロシアが既に出場を決めており、イギリスは彼らに次ぐ欧州第5代表としての出場になります。


 イギリスのヘイリー・スコット監督は、自身が率いるチームが世界選手権出場を決めたことについて次のようにコメントしています。「私は、イギリス代表ほど世界選手権出場にふさわしいチームはないと思うわ。私のチームには熱いハートとガッツがあり、それらは2010年に私たちが初めて世界の舞台を踏む前から、このチームでプレーし続けてきた選手たちが築き上げてきた土台の上に成り立っているの。このチームの選手やスタッフ、そしてイギリスソフトボール連盟(BSF)の関係者と一緒に仕事ができることを誇りに思っています。大会に向けて、更なるステップアップを目指さなければね!!」


 今大会には前述の欧州勢の他、米大陸からアメリカ、カナダ、キューバ、ドミニカ共和国、プエルトリコ。アジアから中国、台湾、日本。オセアニアからオーストラリア、ニュージーランド。アフリカからボツワナの出場がそれぞれ決まっています。イギリスは昨シーズン、チェコ・プラハでのヨーロッパ選手権で6勝2敗の成績を残し5位。自動的に世界選手権出場が決まるベスト4を惜しくも逃し、ワイルドカード枠での出場を狙っていました。スコット監督は今後、大会出場に向けて選手のセレクションを実施する予定とのことです。


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/great-britain-receives-wild-card-womens-softball-world-championship/

http://www.britishsoftball.org/nationalsteams/womensfastpitch/


(2)オランダがフロリダで強化合宿を実施

 一方、大会ホストチームの大役を務めるオランダ代表は、現在アメリカ・フロリダ州にて世界選手権を見据えた20日間の強化合宿を実施しています。


 クレイグ・モントヴィダス監督は、この合宿中に合計25試合もの強化試合を実施する予定とのことです。今回のフロリダでの合宿は、今年オランダ代表が計画している2度のアメリカ遠征の1回目。2度目の遠征は大会を1か月後に控えた7月に、イリノイ州で行われる予定なんだそうです。今大会でも優勝候補と言える日米の両雄をはじめ、世界中から実力派が数多く揃う今大会。決して楽な戦いではないことは間違いないですが、開催国として簡単に負けるわけにはいかないのは確かでしょう。多くのゲームを数多くこなすことになる今回の合宿、実りあるものになって欲しいところです。


ソース:http://www.mister-baseball.com/dutch-womens-softball-national-team-florida-training-camp/


(3)ESFがローマで初の審判コンベンションを実施

 ヨーロッパソフトボール連盟(ESF)が、今月7日から9日にかけてイタリア・ローマにて初めての審判コンベンションを開催しました。ESF及び国際ソフトボール連盟(ISF)の審判ディレクターであるアンドレア・マルコン、ボブ・スタントンの両氏が中心となって行われた今回のコンベンションには、総勢19か国から60名の審判が参加しました。


 会の中ではまず、冒頭でスタントン氏が従来のルールに対する解釈変更を含む、新しい競技ルールの制定について説明。また、選手や監督とのコミュニケーションを取ることの大切さについて理解するため、アイスホッケーの試合場面を映した短いビデオの上映も行われました。その後は、参加した審判たちによるワークショップも行われ、DP・フレックスプレイヤー(野球のDH制を発展させたもので、DHが投手の代わりとしてしか起用できないのに対し、DPはどの守備位置に対しても起用できる。DPの代わりに守備のみを行う選手をフレックスプレイヤーと呼ぶ)についてと打撃・走塁・守備の妨害についての規則が取り上げられました。


 さらに、ESFへの新しいスポンサー企業としてイタリアに本拠を置くテクノバップ社(水圧や蒸気を用いた洗浄機器のメーカー)が紹介されたほか、いずれもプラハで6月23~28日に行われるISFのヨーロッパ審判クリニック、ESFのファストピッチ(5月21~26日)とスローピッチ(5月7~11日)の審判クリニックについてのアナウンスも行われました。イベントの最後には、ESFが主催する2014年シーズンの国際大会への、各参加者の配属が発表されています。


 今回のコンベンションは、各国の審判たちが一堂に会し様々なトピックについて議論を行う、非常に有意義な時間となりました。ESFが実施する大会における審判技術の向上というテーマにも、十分に応えられる内容だったとESFでは総括しているそうです。ESFでは今後、今回と同様のコンベンションを4年に1度のペースで継続的に開催していく予定だということです。


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/esf-holds-umpire-convention-rome-italy/

http://www.tecnovap.it/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。