欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 今年もまた、球児たちの暑い夏がやってきた。今日、夏の甲子園が予定から2日遅れて開幕したことは周知のとおり。今年は、俺の地元である千葉からは東海大望洋が夏の大会では初めて出場する。140㎞カルテットを擁する東海大相模など、東海大系列からは計4校が参戦するという珍しいケース。世間でも注目されているけれど、是非選手たちには頂点目指して頑張ってもらいたいと思っている。


 一方で、もう一つ高校野球絡みで最近話題になったテーマがある。それは、既にWBCなどでは導入されているタイブレークの導入を検討するというもの。延長に入ってから、攻撃を無死満塁や無死一、二塁などの場面から始めるというこのルールは、試合全体のイニング数を短縮することから投手への負担を軽減し、球児たちの身体を守るという観点から導入が議論されているという。他にも球数やイニング数、連投の制限など、こうした特別ルールを新たに策定する必要があるのではという風潮が生まれてきたことは、俺自身は非常にポジティブなことだと感じている。


 とはいえ、この手の話はファンの間で議論こそされてはいるものの、じゃあ本当に果たして導入されるのか、導入されるとしたらそれは具体的に第何回大会からなのかといった道筋は、外から見ている限りどうも今一つはっきりしないように見える。様々な人が様々な意見を表明して、非常に活発に物事が動いているようには見えるけど、どうも現場が今一つそれに呼応して変わっていっていない印象があるというか。これは一体何が原因なんだろう?


 色々と俺なりに考えてみて行きついた俺の答え、それは自分たちファンや協会、メディア、そして現場の指導者や選手まで含めた高校野球を取り巻く人々が、「日本の高校野球」という物をあまりに重く特別なものとして意識しすぎてきた結果、「現在の高校野球の在り方」の原型をなるべく壊さないという暗黙の大前提に、いつまでも囚われ続けていることなんじゃないかと思う。全国の高校野球ファンに対して、真っ向から喧嘩を売るような発言をするようで申し訳ないけれど、今の高校野球が抱えている負の側面を解消するためには、もっと根本的な部分から問い直していく必要があるんじゃないかと思うんだ。


 例えば、今大会の開幕が予定よりも2日遅れたのはもちろん台風11号が直接的な原因ではあるけれど、根本的にはセントラル集中開催方式(全チームを1つのスタジアム、この場合は甲子園球場に集めて試合をする方法)で日程を組んでいることが、全ての試合が後ろにずれ込んだ原因とは言えないだろうか。1試合の中でマウンドに野手が集まれる回数に制限を設けているのも、1つの会場でしか試合をしない(後のチームの登場に備えて試合を間延びさせないよう、早くゲームを終わらせたい)ことに起因していると言える。


 これが複数球場を使って並行的に同時開催する方式だったら、おそらくこういう事態は回避できたはずだ。極端な話、仮に甲子園が水没して試合ができなかったとしても、その間に他球場ではある程度予定通りに日程を消化することだってできただろう。こういう言い方をすると、「甲子園は聖地だから」と反論するファンが絶対に出てくると思うけど、では何故それが「春と夏の全国大会は、甲子園で全ての試合をプレーしなければならない」という理論に直結するんだろう?そもそも第1回からずっと変わらずに会場であり続けてきたわけではない甲子園が、聖地とみなされること自体にも個人的には違和感があるんだけどね。


 考えてもみてほしい。同じ高校生のスポーツであるサッカーやラグビーは、それぞれ旧国立や花園を聖地としているけれど、だからと言って全ての試合をその両スタジアムで消化しているかと言ったら、決してそんなことはないじゃないか。俺は仕事柄、高校サッカーの選手たちの姿をかなり間近で見る機会がこれまであったけれど、彼らの多くは全国大会に出場を果たした強豪チームであっても、憧れの舞台に足を踏み入れる前に大会を去るのが普通だったよ。今は総体ですら、南関東という都道府県を超えたレベルで開催しているのに、高校野球だけがいまだに甲子園セントラル開催にこだわり続けているのは不可思議に思える(もちろん、高野連と高体連が別組織であることは重々承知したうえで主張している)。


 これに限らず、高校野球にはあまりにも「重すぎる」問題がたくさんある。指導者がチームの目先の勝利の為にエースに連投を強いることもそうだし、教育が目的であると謳いながらも実態は強豪校の広告塔になってしまっていることもそう。結局どれも、本来は高校生の一部活動に過ぎないものを、俺たち大人が勝手に特別な存在として祭り上げてしまったことが原因なんじゃないだろうか。一方では「教育が目的なのだから、興業が目的のプロと接触したり指導を受けたりするなんてもってのほかだ」と言いながら(それでも昔よりは緩やかになってはいるけれど)、もう一方では大会を巡る一連の事象がある種のエンターテイメントとして世の中に提示され、あるいは「大会で勝つためなら、後の人生を棒に振ったって無理していいんだ」なんていう誤った風潮が流布することも許容される。こんなダブルスタンダードが平然と成立していること自体、そもそもおかしいんじゃないだろうか。


 本当に「青少年の健全な教育」を目的として掲げるのであれば、少なくとも怪我を助長するような指導はそれこそもってのほかだろう。それが残念ながら根づいてしまったのは、高校野球界の伝統みたいなところがあるのかもしれないけど、「伝統だから」といって何でもかんでもそのまま放置しておくのはただの思考停止だ。例えば気候にしてもかつてとはまるっきり変わってしまっている以上、昔のやり方を踏襲するだけではだめだと俺は思う。スポーツ科学も進化して、常識そのものが全く別物になってしまってるんだからね。


 今の高校野球を、現在のこの世界の環境により適合したものにしていく作業は、最早小手先のテクニックだけでどうにかなるような簡単なものではないだろう。大事なのは、まずシンプルに考えることなんじゃないだろうか。今までの伝統とか、利権とか、そういうダブついたものを全部一度根こそぎ引っぺがして、「高校野球とは高校生による部活動の大会である」「部活である以上は、所属選手の怪我を助長するような指導は現に慎まなければならない」という基本に今一度立ち返ること。その基本的な事項に沿う形で大会を行うためには、どんな形がベストなのかをゼロベースで考えること。そして、その結果生まれてきたものがたとえ今までの高校野球とは良くも悪くも全く別物であったとしても、それを受け入れるという覚悟を持つこと。どれも口で言うだけなら簡単だけど、それこそが今の高校野球関係者に必要なことじゃないだろうか。


 もちろん、俺は今までの高校野球にも好きな部分はたくさんある。1998年夏、横浜-PLの延長17回の死闘を筆頭に、心から痺れさせられた試合は数えきれないほどだ。中でも、2009年夏の決勝で日本文理が中京大中京相手に見せた、あの9回表の伝説的な大反撃には今でも涙が出そうになるくらい感動させられる。でもだからと言って、「これからもずっとこのままでいいのか」と問われたら、それに対してイエスとは素直に言いきれない。好きだからこそ、一方で伝わってくる影の部分には怒りや不条理さをも感じるんだ。日本高校野球文化の設計図、そろそろ全面的にアップデートが必要なんじゃないだろうか。新たな大会が始まった今、この記事が小さくとも何かしらの1つのきっかけになってくれれば何よりだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本の野球ファンにとっての、いや日本国民のおそらくほぼ大半にとっての風物詩であろう、春夏の甲子園。その「前半戦」とも言える今年の選抜が、昨日ついに幕を閉じた。埼玉県代表の浦和学院と、愛媛県代表の済美との一戦は、浦和学院が17-1という大差で大勝。彼らにとっては初めての甲子園制覇となった今大会は、大会を通じて47得点3失点という文句なしの強さを発揮する場となった。浦和学院の選手たちをはじめとする関係者の方々には、心からの祝福の言葉をかけたい。


 しかしながら一方で、今大会に関してはやはりどうしても一言言わずにはいられない一件がある。浦和学院が決勝で滅多打ちにした、済美の安楽智大投手の連投問題についてだ。今大会では決勝までの全試合を1人で投げ抜き、途中降板した決勝でも6イニングを投げ切った。通算ではなんと772球をも1人で投げ続けたということになる。プロ注目の超高校級右腕として登場した今回、1回戦でいきなり232球を投げて完投勝ちしたけれど、その球数がアメリカのメディアから「クレージーだ」と批判されたことは記憶に新しい。


 この記事のタイトルを見れば察してくれる方がほとんどだと思うけど、俺自身もこの一件に関してはアメリカメディアとまったく同じ意見を持っている。それは、特定の1人の投手に何試合も続けて先発完投をさせるような行為は、それ自体が非常に危険で多大なリスクを伴うものであり、たとえそれがある一定の善意によるものであったとしても、指導者が採るべき選択肢として決して許されるものではないと考えているからだ。


 まず前提として、俺は少年野球からプロに至るまでの全てのカテゴリーに属する選手たちは、その全員がそれぞれの国の球界にとっての宝だと考えている。特にアマチュアを含む若い世代のプレーヤーに関しては、各国の将来を担う(これは何も野球に限った話ではないよ。プロになれるのは、ごく一部の限られた者たちだけだからね)非常に重要な存在である一方、体がまだ成長期にあるためにどうしても「壊れて」しまいやすいという一面がある。例えタフネスを売りにする選手であったとしても、そのレベルは筋金入りのトップ選手と比べればたかが知れている。だからこそ、彼らの起用法には慎重を期さなければならないんだ。


 よく考えてもみてほしい。いくら才能が超高校級だからと言って、まだ気温の上がらない春先に十分な休養も与えずに、16歳の若者に先発完投を繰り返させるようなことをすれば、遅かれ早かれぶっ壊れるのは当たり前の話じゃないか?事実、150キロ超の速球を武器とする安楽も、決勝では明らかに腕が振れておらず、速球の球速は140キロにも満たなかった。俺も途中まではテレビで観戦していたけれど、スピードもノビもない高めの棒球を痛打され続けるのを見て、「ああ、これはどう見ても右肩逝ってるな」と思わず感じざるを得なかった。元プロの某解説者は「安楽は、何百球でも投げられるだけの能力や強さがある投手。投げすぎなんていうのは大きなお世話だ」とブログで書いたらしいけど、はっきり言って詭弁としか思えなかったね。


 高校野球をはじめとする、日本のアマ球界における投手の起用法が如何に狂っているかは、その上位に君臨するプロにおける「変化」を見れば分かる。彼ら高校球児よりはるかにレベルが高いプロ野球でも、かつては1人の鉄腕が何試合も投げ抜くのが普通だった。「神様、仏様、稲尾様」なんて言葉もできたようにね。そんなプロでも、今では中6日の先発ローテを組むのが当たり前だ。大リーガーも参加する国際大会であるWBCでは、選抜と同じ春先に開催されるがために厳しい球数制限が課されている。これらは何も単に「プロレベルではより多くの優秀な投手を揃えられるから」ってだけじゃないんだよ。


 高校球児に比べれば年齢を重ねていて、身体も出来上がっているし技術レベルの高いプロの投手ですら、その扱いには十分注意しなければならないのが現代野球だ。日本から大リーグに渡った選手が、先発ローテの間隔を中6日から中5日に変更する。たったそれだけのことがニュースとして話題になり、議論の的になることを思えば、ピッチング以外での「ケア」の部分が如何に重要視されるようになっているかは、球界関係者自身が一番よく知っているはずだ。にもかかわらず、彼ら以上にセンシティブな扱いが求められるはずの高校野球や大学野球では、いまだに過剰な連投が「何百球の熱投」として持て囃され、メディアなどにおいても浪花節的な論調がまかり通っている。これはどう考えてもおかしいだろう。


 そりゃ、選手本人は何試合でも投げたいと言うよ。むしろ、甲子園に出てくるようなチームのエースを張るような投手であれば、「自分が投げたい」と言えないのならプレーヤーとしてむしろ異常だとすら思う。でも、それはあくまで選手目線での話に過ぎないのであって、彼らを預かる立場である指導者が持つべき視点じゃないんだ。例え選手が投げたいと望んでも、それが彼にとって有害な可能性があるのなら身体を張ってでも止めさせる。それは指導者にとって最も重大な仕事であり、絶対に果たさなければならない責任なんだよ。その責任をみすみす放棄するような人間に、指導者を名乗る資格もユニフォームを着てグラウンドに立つ資格もない。


 でも、これは指導者だけに責任をかぶせられる問題でもないと思う。特定のエースに連投を強いるような大会の開催システム、そして「今が良ければそれでいい、将来のことなんぞ知らん」とばかりにそれを囃し立てるマスコミ(春夏の甲子園が大手新聞社の主催であることも、根本的にはこうした風潮を助長している部分があると思う)、そして過剰な連投をよしとするような一部ファンの考え方。そういう物の在り方を変えなければ、いつまでたってもこの苦行による犠牲者はなくならない。指導者が連投したがる投手を止めないのと同じように、この大会を取り巻く状況を変えようとせずに放置することは、俺たち自身を含めた大人たちにとっての責任を放棄する行為なんじゃないのか。


 全員が全員そうとは言わないけれど、日本の高校野球ファンの中には「これくらいの投球に耐えられる投手じゃなければ、所詮プロに行ったって大成なんかしない。これでぶっ壊れたら所詮その程度の投手」という考え方を持っている人も少なからずいると思う。でもよく考えてもみてほしい。短期間とはいえ、時には休養日なしで先発完投を繰り返す。そんな起用法は、現代プロ野球では絶対にありえない。それに耐えられるかどうかが、どうしてプロで成功できるかどうかのバロメーターになるだろう?どう考えても論理破綻をきたしているとしか思えないよ。


 前半の方でも述べたとおり、高校野球でプレーした選手全員がプロに行くわけじゃない。でもたとえ全員ではなかったとしても、その中には確実に上のステージへと進む人間がいるんだ。だからこそ、高校野球がプロを頂点とする球界のピラミッドを構成する一部分であることは、否定することができない厳然とした事実だと思う。そして過剰な連投を強いられることになるのは、往々にしてより上に行ける可能性を持った投手たちであることを忘れちゃいけない。


 ただでさえ、日本は世界に例のない速さで少子化が進んでいて、才能のある子供の絶対数が減っている時代だ。だからこそ、「これで壊れる奴は所詮その程度の投手」で済ませられる時代ではもはやないし、いつまでもそんな考えに囚われていたら、いつか高校野球はおろか日本野球そのものがダメになるよ。そろそろ、本気で考えを改めないといけない時なんじゃないのか。今の状況は、とてもじゃないけど「あいつの右肩はついに安楽死した」なんてブラックジョークを言ってられるようなものじゃないはずなんだから。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日の昼から、世間は北朝鮮の金正日総書記(享年69)の訃報に、騒然とした状況になっている。死因は過労だとか心筋梗塞だとか、実は2日前に既に死んでたとか、色々な情報が飛び交っているけれど、何はともあれ死亡したというのは確かな事実らしい。「死者に鞭打つ行為をするな」という声もあるかもしれないけれど、何の罪もない多くの日本人を拉致し、その家族を理不尽な悲しみのどん底に突き落とした張本人であるだけに、素直に「ご愁傷様でした」と口にはできないのが、俺自身の正直な心境だ。


 そのニュースの陰でもう1つ、悲しむべき事件が発生した。以下のリンクは、毎日新聞が報じた記事だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000045-mai-soci


 簡単に概要を説明すると、青森山田高校の1年生部員が、昨日深夜に野球部の寮内で意識不明の状態になり、病院に運ばれたものの死亡した、というもの。死因など、詳しい事情はまだ分かってはいないものの、関係者の証言によると、どうも上級生による暴行があった可能性があるらしい。本格的な捜査はこれからだそうだけど、何とも痛ましい話だ。もちろん本人の親御さんや、美斉津忠也監督とは何ら面識はないけれど、謹んで哀悼の意を表したいと思う。


 それと同時に、今回こうした事件を起こした上級生本人や、結果的に管理責任を怠った青森山田野球部には、非常に重い責任を課すべきだと思う。どんな理由があれ、人の命が誰かの手によって奪われるということは、決して許されることじゃない。まして、仮にもスポーツを通じた人間教育を、(たとえ建前であろうと)目的としている学生スポーツの世界で、部員が同じチームの一員の手によって殺されるなんてことは、絶対に起こってはいけないことなんだ。超えてはいけない一線を超えてしまった彼らは、最悪の場合部の解散まで含めた処分をも、覚悟すべきだろう。


 俺自身は高校で野球をやってないので、リアルな内情までは肌感覚では分からないけれど、高校野球部における部員の上下関係は、今でも非常に厳しい面があると聞く。まして、春夏合わせて11回甲子園に出場している、青森山田のような強豪校ならなおさらだろう。「一年:奴隷 二年:平民 三年:神」なんて序列は、とっくの昔に消滅したと思ってたけど、もしかしたら実際にはそうじゃないのかもしれない。何はともあれ、下級生が上級生に対して、面と向かってたてつく(例え、その主張の内容が正しかったとしても)ことは、まだ難しいようなチームも少なくはないんだろう。


 しかしだからといって、上級生が下級生のことを奴隷扱いしたり、まして暴力をふるったりなんて真似が、許されていいはずがない。そもそも、たかが年が2つ違うだけの分際で、何を思い上がってるんだと言いたい。甲子園のような大きな大会に勝利するためには、確かにチーム内における、最低限の規律は必要かもしれない。けどそれは少なくとも、部員同士のリスペクトに基づいて成り立つべきものであって、上級生が下級生を暴力や恐怖で支配する、という類の物であってはいけないんだ。人道的に許されることではないし、純粋に組織のマネジメント手法として見ても最悪だと思う。


 もし「スポーツに暴力はつきもの」と考えてるような奴がいるなら、そいつは今すぐに、頭の中の常識を書き換えるべきだ。例えスポーツであろうがなかろうが、暴力なんてのは許されるもんじゃないんだよ。もちろん、例外が全くないとまでは言わない。例えば政治的な問題であれば、時には暴力に訴えざるを得ない時だってあるとは思う。でもその場合であっても、あくまで文字通りの最終手段であるべきだし、「圧政に対する抵抗」の範疇でないといけない。暴力自体が、圧制を目的としたものであっちゃダメなんだ。少なくとも、今回の青森山田のケースは間違いなく後者だろう。


 今回こうしたことが起きてしまったのは、非常に残念だ。青森山田高校野球部がもしなくなってしまうなら、それは一高校野球ファンとしては大きな損失だけど、結果としてこのような沙汰を止められなかったことに関しては、一切同情の余地はない。野球の試合は、27のアウトを重ねれば終わるけど、人生におけるアウトカウントは1つしかないんだ。これから先、野球部の全ての関係者たちには、大切なチームメートの命を奪ってしまったという、重い十字架を背負いながら生きてもらいたい。そして、もちろん他の学校も含めて、二度とこのような悲劇が起こらないようにしてもらいたいと切に願う。それが、不幸にもなくなってしまった部員に対する、せめてもの償いだと思うから。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。