欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 いずれは皆さんに、きちんとお知らせしなければならないテーマであることは認識していました。先にお知らせしていた欧州野球ガイドブック「Basbalo」のオランダ・ベルギー編発売を機に、このタイミングできちんと明確にしておきたいと思いアナウンスいたします。

 

 2012年より活動を継続してきたNPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジ(以下BB)ですが、現在解散に向けた手続きを千葉地方法務局及び千葉県庁との間で進行中です。既に第一段階である解散登記は完了しており、今後清算の処理を滞りなく進めていく所存です。

 

 今回、団体を解散するという結論は全会一致により至ったものであり、前代表でこのたび清算人に就任した自分自身も必ずしも後ろ向きなものとは捉えていません。こうした結論に至った経緯は以下に述べる通りです。

 

 2012年9月8日に任意団体「国際野球支援団体ベースボールブリッジ」として旗揚げ、2014年4月18日に法人格を取得しNPO法人に移行したBBは、「出身国・地域に関係なく、全ての野球選手が己の才能と努力次第で、世界最高峰の舞台でも戦えるような野球界を作る」という壮大な目標を掲げ、これまで熱意あふれるメンバーが活動に身を投じてきました。昨年2月に実施した、マニー・ヘルナンデス外野手(グアテマラ代表)及びファン・フランシスコ・マルティン捕手(アルゼンチン代表)に対する移籍支援活動は、その1つの象徴ともいえるものでした。

 

 一方で、まだ国際野球という分野自体がニッチなものであったという事情なども重なり、人材や財源の確保といった課題には常に頭を悩ませてきたことも事実です。自分たちの掲げた理念とは裏腹に、日々世界中から寄せられる様々な依頼に全て対応していくのは、残念ながら極めて困難な状況であったと言わざるを得ません。

 

 そうした状況の中で、移籍支援活動の終結後まで代表の座にあった自分が最もその人脈を生かせるのは、やはり欧州球界でした。ただ、現在の欧州球界が抱えている課題や必要となるであろう物を検討していく中で最終的に行き着いたのが、「如何にプロスポーツコンテンツとしてのブランド価値を高めていくか」「如何に野球界以外のマーケットからの投資を呼び込み、欧州の現場でプレーする選手たちが野球を通じてより大きな収入を得られる環境を作っていくか」ということでした。そしてそれは、あくまで公益に資するというNPO法人としての精神とは相いれないものでもありました。

 

 そもそもBBをNPOという形態で法人に移行したのは、活動を通じて追い求めていたのが自分たちの金銭的収入というよりも、国際野球界というコミュニティの発展という意味での公益であったためです。しかし、現実的に目の前にある課題を解決していくうえでは、NPO法人という立場で取れるアプローチには限界がありました。自分たちはここで、何か新しいやり方を見つけなければならない。それが解散に至ることになった経緯です。

 

 なお、現在自分が代表を務め、Basbaloシリーズの制作や販売を手掛けている任意団体「グローバルベースボール(以下GB)」は、BB時代の仲間も引き続き参加しており事実上のBBの後継組織と言える存在です。まだ立ち上げてから日が浅いですが、皆かつてのBBと同じように一つの目標に向かって日々前進を続けています。

 

 妙な例えではありますが、仮にBBの立場を旧帝国海軍とするならばGBは海上自衛隊のようなものと言えるかもしれません。海自そのものは海軍側からみた直接の後継組織ではなく、旧軍時代とは法的な位置づけも活動のスタンスも異なりますが、祖国防衛という根本的な存在意義は共通ですし組織文化も色濃く受け継いでいるといわれます。また、海自は国際法上は事実上の「日本国海軍」として扱われ、任務遂行上必要な場合は自らそのように名乗ることすらあるそうです。日々国防の最前線に立っておられる、自衛官というスーパーエリートの皆さんと自分たちを比べるのもおこがましいですが、ある意味ではBBとGBの関係も重なって見える部分があるな、と個人的には感じています。

 

 現在は社会人サークルとして活動しているGBですが、今後はまず現在のBasbaloシリーズのラインナップと販売部数の拡大に努めていきたいと思っています。また、ゆくゆくは営利企業としての法人成りも実現したいと考えており、その暁には出版以外の分野も含めた「欧州球界のプロモーション」という立場で、コミュニティの発展に貢献していく所存です。時代は違っても、海軍軍人と海上自衛官の祖国への思いが変わらないのと同じように、看板を掛けかえたとはいえ国際野球に対する情熱は全く変わっていません。BB時代に皆様から賜った様々なご支援に心から感謝しつつ、今後とも自分の夢の実現のため全力で走り続けていきたいと思います。何卒宜しくお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジでは、2015-16シーズンオフにおいて下記3選手に対する日本国内球団への移籍支援活動を実施することとなりましたので、お知らせいたします。

(1)ダニエル・サンチェス(Daniel Enrique Sanchez Reyes)
生年月日: 1988年11月14日(28歳)
身長: 165cm 体重: 65kg
出身: ベネズエラ・ボリバル共和国スリア州マラカイボ市
国籍: スペイン/ベネズエラ(二重国籍)
投打: 右投右打
守備: 内野手(二塁、遊撃)
所属: ゾーリンゲン・アリゲーターズ(ドイツ)
2015年度成績(22試合): 打率.405、出塁率.515、長打率.585、6二塁打、1三塁打、2本塁打、21打点、8盗塁、3失策、守備率.961
代表歴: スペイン(2007年IBAFワールドカップ台湾大会、2008年北京五輪世界最終予選、2009年IBAF ワールドカップ欧州大会、2014年欧州選手権チェコ・ドイツ大会)

選手紹介
軽快かつ堅牢なディフェンスを武器に、欧州や世界レベルの国際大会で最優秀守備選手賞を総なめにしてきた、欧州球界屈指の守備職人。打席では安定感と確実性、勝負強さも取り柄とする。

ダニエル・サンチェス

(2)ファン・マルティン(Juan Francisco Martin)
生年月日: 1990年5月12日(25歳)
身長: 183cm 体重: 91kg
出身: アルゼンチン共和国ブエノスアイレス自治市
国籍: アルゼンチン
投打: 右投右打
守備: 捕手、内野手(一塁)、外野手(左翼)
所属: マンハイム・トルネードス(ドイツ)
2015年度成績(28試合): 打率.375、出塁率.402、長打率.475、7二塁打、1三塁打、1本塁打、23打点、1盗塁、2失策、守備率.992
代表歴: アルゼンチン(2011年南米選手権アルゼンチン大会、2012年南米選手権エクアドル大会、2013年南米選手権チリ大会、2015年南米選手権ブラジル大会)

選手紹介
2012年よりアルゼンチン代表の主将に就任し、チームを3度の南米王者に導いた強打の捕手。今季は打率.375の活躍でブンデスリーガのオールスターにも出場を果たし、名実ともにドイツ球界を代表する捕手の1人となった。

ファン・マルティン


(3)マニー・ヘルナンデス(Manny Alfredo Hernandez)
生年月日: 1992年4月19日(23歳)
身長: 189cm 体重: 86kg
出身: グアテマラ共和国グアテマラ県グアテマラシティ市
国籍: グアテマラ
投打: 右投右打
守備: 内野手(三塁)、外野手(中堅)
所属: フリーエージェント(元ボルティモア・オリオールズ傘下)

選手紹介
強肩強打を売りとする、オリオールズの元プロスペクト(若手有望株)。オリオールズ退団後はメキシコで腕を磨き、2014年に参加した同国のチワワ独立リーグでは、僅か180打席で16本塁打を放つ活躍を見せた。グアテマラ野球連盟の肝いりにより支援実施が決定。

マニー・ヘルナンデス

 マルティンはレイズ、ヘルナンデスはオリオールズの傘下でプレーした経験があり、その後欧州と中南米で腕を磨きました。サンチェスはベネズエラ生まれながら欧州で名をあげ、今やドイツやスペインはもとよりヨーロッパ全体でも最強クラスのセカンドに成長。本人は昨オフの段階からベースボールブリッジにコンタクトしており、満を持しての日本挑戦となります。

 今回の3名には、来年2月13日にロッテ浦和球場にて開催予定の、ルートインBCリーグのトライアウト受験を目指してもらうことになります。今後、来日に必要な渡航資金及び滞在費の調達に全力を挙げていくことになりますが、非常に高額なコスト(3名合わせて50万円の出費を見込んでいます)がかかるため残念ながらベースボールブリッジ単体ではねん出が不可能な状況です。そのため、弊団体では皆様からの寄付をお願いしております。少額でも構いませんので、なにとぞご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。振込先口座は下記の通りとなります。

三井住友銀行市川支店 店番700 普237745 「NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジ」

※各種お問い合わせはinfo@baseballーbridge.orgまでお願いいたします。

 なお、その資金協力の第一弾として、当団体会員の中西弘一が所属する大阪市の草野球チーム「STRANGERs(代表: 佐々木将司様)」「アルフォート(代表: 高島大輔様)」の2チームより、それぞれ一口(1万円)ずつのご寄付を本日(12/27)頂戴いたしました。両軍の代表者様及びチーム関係者の皆様には、この場を借りて会を代表し厚く御礼申し上げます。提供いただいた資金は、選手渡航費、滞在費及びその他各種必要経費の一部として有効に活用させていただきます。

 本プロジェクトの目的は、「新たなステージでの挑戦を望む者に、そのチャンスを提供すること」です。実際に彼らが合格し契約まで至るか否かは我々にはコントロールできませんが、仮に結果がホームランにせよ三振にせよ、まず打席に立たせてやりたいというのが会員一同共通の思いです。今後ともベースボールブリッジへの温かいご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジ
代表 田中亮多
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 この度、俺が代表を務めるNPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジの公式ブログにて、新たな情報発信コンテンツとして「国際野球情報局」をスタートしました。

国際野球情報局 vol.0
http://baseballbridge.blog.fc2.com/blog-entry-53.html


 上記記事にもある通り、このシリーズはヨーロッパ、アフリカ、アジアと様々な地域で行われている野球の現状について、ライトなネタとディープなネタを織り交ぜながら情報発信を行っていくものです。毎回、それぞれの担当地域ごとに執筆担当者が変わり、様々なテーマについて記事を綴っていく予定です。俺が担当する欧州編では、今のところ下記のようなコンテンツを考えています。

1.ピックアップゲームズ(Pick up games)
 毎週行われたELBをはじめとする欧州各国リーグの試合の中から、特に試合内容がドラマチックで熱かったカードやライバルチーム同士での対戦、ダービーマッチなど「面白い」と感じた試合を1つ取り上げ、その試合の経過を詳しい解説や私見も交えながら振り返っていきます。

2.スポットライト(Spotlight)
 欧州球界で活躍する選手をプロフィールとともに紹介します。

3.フィールド・オブ・ユーロピアン・ドリームズ(Field of European dreams)
 欧州各国リーグで使用されているボールパークを紹介します。上記「スポットライト」とセットで取り上げる形になると思います。題名はもちろん某アメリカ映画のもじりです(笑)

4.Voice of Europe feat. ○○
 欧州球界で活躍する選手、指導者、クラブ/連盟スタッフ、審判、メディア関係者(写真家等含む)等に対するインタビューを行い、彼らの生の声を配信します。タイトルの「○○」の部分にはその都度取材対象者の名前が入ります。おそらく、俺が取り上げる中で最もスペシャルなコンテンツになると思います。

 この国際野球情報局、タイトルには「国際野球」とありますがもちろんそれだけではなく、ライトな野球ファンでも気軽に楽しめるようなコンテンツもふんだんに取り入れていきたいと思っています(俺の担当領域はお察しの通りガチな内容になります、間違いなく)。多くの方々に楽しんでいただければと考えていますので、是非遊びに来ていただければ嬉しいです。

 なお、特に重要な告知事項としてお知らせしますが、本コンテンツは年内は全て無料で誰でも閲覧可能なものにする予定ですが、年明け2016年からはFC2が提供するブロマガのプラットフォームを用いて、俺が手掛けるものを含め一部コンテンツを有料(税込324円/月)で配信する予定です。これは、本コンテンツの開設目的の一つとして「ベースボールブリッジが手掛ける、国際野球発展のための各種事業の円滑な実施のための一部資金の調達」を掲げている為です。

 国際野球に関連したネット記事の執筆の対価として、少額とはいえ金銭を購読者から得るという情報発信のスタイルは、俺たち自身が初めて手掛けることになるのはもちろんのこと、おそらく日本国内でも前例がない取り組みであると思います。従来は、国際野球界隈の記事執筆は金銭的なやり取りを伴わない形で行うのが普遍的であっただけに、少なからずこの取り組みについて批判される方もいらっしゃるかもしれませんので、代表である俺から以下の通り背景を説明させていただきたいと思います(ここから一気にシリアスな話になりますがご了承ください)。

 ベースボールブリッジは元々、海外への用具送付などのボランティア活動を行う慈善団体という色彩が強かった組織であり、より主体的に野球の世界的発展に貢献するために「ビジネス的な事業活動もやっていこう」という方向性を打ち出したのは、NPO法人格を取得したここ1年ほどのことです。現在でも正会員19名(2015年12月10日現在)からの会費収入が、団体の最も大きな収入源となっています。しかし、会費収入と言っても1人当たりの年会費は3000円と大きな金額ではなく、人材難と同時に資金難が常に課題として付きまとっているのが切実な実情です。

 一方でここ最近海外からの依頼が一気に増えており(それ自体はもちろん大変ありがたいことです)、その中には海外への用具送付や指導者派遣など、少なくないコスト負担を要するプロジェクトも存在します。例えばこの2つだけをとっても輸送費用や航空券代、旅行保険の加入費用その他の負担がどうしても伴います。目的地が遠隔地であればあるほど、金銭的な負担も当然増えます。NPOといえども金持ちの道楽でもなく、確固たるスポンサー企業がバックについているわけでもない以上、自力での資金調達は現実的な問題として急務であり、こればかりは会員各位の善意や熱意だけでは残念ながらどうにもならないのが現実です。

 このギャップを埋めるためには、自分たちが出来うる方法で新たな収入源を作っていかざるを得ません。そうした背景もあって、本コンテンツの一部有料化はある種の必然であると同時にやむを得ない決断でもありました。もちろん、少額であっても購読者の方々に出費をお願いする以上、それに見合うだけのコンテンツにしていく努力を惜しまないことは言うまでもありません。また金儲け第一ではなく、「手元にある情報を魅力的かつ優れたコンテンツとして定期的に配信し、その努力の対価として(いわば寄付のような形で)購読料をいただく」というスタンスでやっていくのが、ブロマガ運営の上で最も望ましい形でありベースボールブリッジが目指すべきスタイルであると思っています。

 有料記事の購読者の皆さんから頂戴した購読料は、上述したようなベースボールブリッジが手掛ける各種プロジェクトにかかる事業資金として、有効に活用させていただきたいと思います。ゆくゆくは、収益の一部が専任の会員の人件費に回る可能性も無きにしも非ずですが、少なくともこの記事の執筆時点ではそんな幸運なメンバーは俺を含め団体の中には1人もいませんし、それを検討できるだけの余地を生み出せるコンテンツになるのも、まだまだ遠い先の話です。ただ、自分たちが生きるこの世界を現実的に動かしていくためには、何よりも組織に財政的な体力をつけることが必要不可欠であり、それは形態が株式会社であろうがNPOであろうが、法人として活動する以上なんら変わりはないと思います。

 国際野球情報局は、ライト層とマニア層それぞれに対応できる記事が入り混じったものであるだけでなく、無料で閲覧できるものと有料で閲覧するものとが入り混じったものにしたいと思っています。もちろん、無料記事を閲覧頂くだけでもベースボールブリッジとしては歓迎ですので、是非気軽にアクセス頂ければありがたいです(それプラスアルファで有料記事にも手を出していただけるなら、こちらとしては嬉しい限りです)。俺自身を含め、担当者全員これから意欲的に取り組んでいきたいと思っていますので、なにとぞご支援のほどよろしくお願いいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。