欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 ウガンダ野球・ソフトボール連盟(UBSA)が、このたび在ウガンダ日本大使館や国際協力機構(JICA)などと共同で、首都カンパラの北部にある街・ガヤザに国内初の国際規格のスタジアムをオープンさせました。

 去る1月25日に行われたオープニングセレモニーには、選手や連盟関係者の他日本とウガンダ両国の関係者が参加。今回の建設プロジェクトは、合計150に及ぶプロポーザルの中から選ばれ、12万2175ドルの資金を元手に実行に移されました。世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)のリカルド・フラッカリ(野球)とドン・ポーター(ソフトボール)両共同会長は、今回のスタジアムオープンにあたり次のような声明を発表しています。

 「我々は在ウガンダ日本大使館が、野球とソフトボールを国際的な絆と友情を深め、社会の発展に資するツールと捉えていることを誇りに思っている。ウガンダの選手たち、UBSAのメンバー、そして大陸連盟であるアフリカ野球・ソフトボール協会(ABSA)の将来に、我々は明るさを見出している。これはガヤザのコミュニティはもちろん、ウガンダ、アフリカ、そして野球・ソフトボール界全体にとって歴史的なことであり、本当にスペシャルな瞬間だ。ウガンダが国として成長し、中央アフリカや東アフリカの国々を招いて国際大会を開けるようになるまでに成長することは、周辺諸国にとっても大きく成長するモチベーションとなるだろう。そしてそれは、野球とソフトボールの国際化の上でまさに大きなマイルストーンとなる」

 このプロジェクトには、様々な立場の個人や組織が参加しています。日本側からは藤田順三駐ウガンダ特命全権大使やJICAなど。ウガンダ側からはウガンダスポーツ省や、野球場建設のための1.21ヘクタールもの土地を提供したガヤザ・パリッシュ・カトリック教会などが参加しました。これらの関係各所をUBSAがまとめあげ、同国で初めてのフルサイズのボールパークを現地に誕生させたのです。

 今回の球場完成を機に、ウガンダはイギリスやスリランカとともに、2010年代にそれぞれの国で初の本格的な野球場をオープンさせた国々の仲間入りを果たしました。このプロジェクトの目的は、健康や保健体育をウガンダに浸透させることですが、それに加えて日本側ではウガンダにおける野球・ソフトボール人口を増やしたいという思惑も持っているようです。日本側が調べたところでは、同国では合計で2万人にも上る選手たちが、原っぱや他競技のグラウンドで野球をプレーすることを強いられているとのこと。こうした選手たちが本格的なスタジアムでプレーするきっかけを作る意味でも、大きな効果があると思われます。

 「我々WBSCは、リーダーシップやジェンダーの平等意識、健康、教育、チームワークの意識を醸成し、同時にある課題に対してそれを乗り越えることを学ぶためのツールとして、スポーツという文化を活用していくというビジョンを、これからも推し進めていくつもりだ」と、フラッカリ・ポーター両会長は語りました。UBSAが推進している長期的な成長戦略も、WBSCと同様に若い世代の成長に非常に力を入れており、その甲斐あって野球・ソフトボール人口も2000年の1500人から、わずか13年で2万人にまで増加。これはまさに驚異的な伸びと言ってよく、今後にも大いに期待が持てる流れといって間違いないでしょう。

 UBSAの上層部は今後、球場の設備をさらに拡張するアイデアを持っているとのこと。拡張後は観客席の他、報道向けのプレスルームや宿泊施設、さらにチームのクラブハウスも設置される予定だということです。ナショナルフレンドシップスタジアムと名付けられた新しいボールパークは、3月に開幕するウガンダ国内リーグの公式戦で早速稼働を開始することになっています。

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/uganda-baseball-softball-opens-historic-national-stadium-central-africa/

http://wbsc.co/press-release---30-january-2014.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日の夜勤終了後、いつものように帰宅してからYou tubeで動画を眺めていたら、非常に興味深い動画群を見つけた。ルース・ホフマンというカナダ人の動画チャンネルなんだけど、そこにはウガンダでプレーする14~16歳の若い野球選手たちが、自分たちのプレーぶりを視聴者に対して(もっといえばMLB他のスカウトに対して?)アピールする動画が、全部で13本登録されていたんだ。

Ruth Hoffman - YouTube

 ここに登場する選手たちのプレーからは、確かに身体能力が非常に高いことは随所にうかがい知れるものの、メカニックの部分に関しては素人目にもまだ課題が少なからずあるように思える。投球フォームにしても、皆どことなく投げ方がぎっこんばったんした感じというか、全身がうまく使いこなせておらずスムーズさに欠けてしまっているような印象だ。彼らのうち一体何人が、この先より上位のレベルにあるリーグでプレーできるかと問われたら、今のままの状態であれば正直首を傾げざるを得ない(無論、きちんとしたフォームを叩きこめば大化けしそうな選手が多いことも事実だけど)。

 しかしだ。こうやって俺もしたり顔で選手の評論なんかをしてしまっているけれど、よくよく考えてみればこれらの動画が世に出てきたということ自体、実はとてつもなく凄いことなんじゃないだろうか。トップレベルでのプレーを目指す選手たちが、自分のスキルを披露するスカウティング動画は、You tubeには決して少なくない数がアップロードされている。その大半はアメリカをはじめとする、野球先進国の若手選手たちによるものだ。その彼らと同じ土俵に、アフリカ大陸の中でも突出した国とは言えないウガンダのプレーヤーが上がってきた。アメリカンスポーツとしての野球の在り方が少しずつではあれど、確かに変わり始めていることの証拠として提示したら、笑われてしまうだろうか?

 いや、それを笑うのは彼らウガンダの選手たちに対するリスペクトを欠いた行為だろう。彼らは皆、野球を始めてからまだ10年は経っていない(多くが5年か6年といったところだ)。おそらく彼らの中には、数年前のリトルリーグワールドシリーズの地区予選を制しながらも、ビザの関係によりアメリカ行きを果たせずに涙を呑んだ者もいるはずだ。彼らにとって、野球というスポーツはアメリカ発祥ではあれど、最早アメリカだけのものでもなんでもない。彼らアフリカ人たち自身のものにもなっているんだ。ちょうど、俺たち日本の野球ファンが「野球は自分たちのアイデンティティだ」と認識しているのと同じようにね。

 そしてそれは、何もウガンダだけに限った話というわけでもない。アフリカ球界ではここ数年、かつては到底考えられなかったような変化が現実に起きている。大陸の絶対的王者として君臨する南アフリカからは、既に何人もの選手がマイナーリーガーとして海を渡った。彼ら以外にも、海外リーグに渡ってプレーする者たちもいる。その中にはドイツ・ブンデスリーガのマンハイム・トルネードスでプレーしたカイル・ボサのように、所属チームのレギュラー選手としてプレーする面々もいるんだ。彼らは南アフリカ代表選手として、過去3度のWBC(第3回大会は予選ラウンド)にも出場するなど、国際レベルで戦うようにもなっている。

 その南アフリカ・ケープタウンでは、MLBインターナショナルによる「MLBアフリカアカデミー」が開催されるようになった。ここには南アフリカだけでなく、ナイジェリア・ウガンダ・ジンバブエ・ケニアなど他のアフリカ諸国からも、それぞれの国における有望株が参加している。このアカデミーが確実に成果を生んでいることは、冒頭で紹介した選手たちと同じくウガンダ出身で、第1回目の参加者でもあるポール・ワフラ外野手が、日本の兵庫ブルーサンダーズと契約したことを見ても明らかだ。



 この動画を見ていて非常に印象に残ったのは、指導者の1人が「今の南アフリカにはセミプロ、究極の理想を言えばプロのベースボールリーグが必要だ」と熱く語っていたこと。「南アフリカは既に世界レベルにおいて、他国のトップ選手たちとも戦うようになっているのに、国内野球の組織はまだアマチュアレベルでしかない。もっとシリアスでコンペティティブな組織を作らなければ」と語る姿には、現状に対する危機感と同時に「もっと俺たちはやれるんだ」という前向きな情熱を感じた。「アフリカにプロ野球リーグを作る」ということ自体、これまでは出てくることさえなかった発想だろう(ちなみに、これはあくまでも伝聞でしかないけれど、近々西アフリカ諸国による「アフリカインターリーグ」なるものが始まるという話も最近聞いた)。

 現在の南アフリカにも、もちろん各地域ごとにリーグは存在する。第3回大会に関しては調べきれていないけど、2009年の第2回大会時には、南アフリカ代表ロースター選手の4分の3が、ケープタウン周辺で展開される国内トップリーグである「南アフリカプレミアメジャーリーグ」から招集されたという。ただこのリーグにしても、本当の意味で世界トップレベルと組するには不十分な水準ということなんだろう。もし南アフリカにプロ野球(もしかしたらオーストラリアのABLのような、ウィンターリーグ的なものになるかもしれない)が誕生したなら、そこは南アフリカ人選手はもちろん、他のアフリカ諸国をはじめとする世界中から選手が集まって、しのぎを削るような場所になるはずだ。きっとそれは、アフリカの地で野球を志した者たちにとって、とても大きな財産となり目標ともなるだろうね。

 現役大リーガーが参加するWBCという大会の誕生は、多かれ少なかれ野球というスポーツに変化をもたらした。歴史もまだ浅く、大会運営上の課題はまだ少なからず残っているとは言っても、WBC誕生によって国内野球が非常に大きな影響を受けたという国は、決して少なくはないはずだ。そしてそれは、国際大会での結果そのものはまだ振るわないアフリカ諸国にとっても、決して例外じゃなかった。政治的な文脈ではもちろん、野球という意味でもこれまでのアフリカは、残念ながら「暗黒大陸」と呼んで差支えないような状態だったことは間違いない。でもそこに、微かではあれどようやく光が差し込む素地が生まれようとしている。それは、物凄く大きな前進と言えるだろう。

 そして忘れてはいけないのは、俺たち周囲の人間がもっとシリアスな目でアフリカ野球を捉えるべきだということ。アフリカで野球をやったからと言って、別にグラウンドにゾウやキリンがいつも迷い込んでくるなんてことはないし、試合での乱闘が部族間紛争につながるなんてことも(多分)ない。もしかしたら200kmの速球を投げる投手も出てくるかもしれないなんていう、荒唐無稽な書き込みもネット上ではよく見るけど、アフリカだからと言ってある意味彼らを軽んじるような目で見るのは慎むべきだ。彼らにとっての野球は、巷で思われているよりもずっとリアリスティックなものなんだから。

 もちろん、課題が全くないというわけじゃない。アフリカはまだ国ごとの実力差が非常に著しく、現時点では南アフリカが大陸2番手ナイジェリアをも圧倒するような状況が続いている。その南アフリカにしても、まだWBCにおいては白星を挙げられておらず、時として大会に出場すること自体の意義を問うような声すらも上がったほど、実力的には発展途上だ。そもそもアフリカという地域自体、若者がスポーツに興じられる環境が完全には整っていない場所と言える。悲しいことだけど、少年兵がこの現代にも存在するようなところを見ても、そこは間違いないだろう。

 それでも、これまで取り上げてきたような状況の変化ぶりを見れば、アフリカ球界がもっと上の次元に到達できるという期待は、決して淡いものにはならないと思う。現状において課題が多いということは、見方を変えればとてつもない伸び代があるということでもある。先月のIBAF総会の場においては、シエラレオネという新しい仲間が一員として加わることも決まった。道のりはまだ遠いかもしれないけど、目指すべき場所は彼らの目に確かに映っている。今ある課題だって、きっと乗り越えていけるだろう。だからこそ、俺はこの国からずっと彼らを応援していきたい。彼らが、目の前の壁を自分たちの手でぶち破るその日まで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 MLBにおける海外普及プロジェクトを担うMLBインターナショナルは、今月5日から14日までの日程で、南アフリカ・ケープタウンにて第2回MLBアフリカアカデミーを開催しました。


 大手野球用具メーカーである、マジェスティックを公式スポンサーとして開催された今回のアカデミーには、南アフリカ・ガーナ・ナイジェリア・ウガンダの4か国から、計36名の若手有望株が参加。1998年にヤンキースの一員としてワールドシリーズにも出場した、ホーマー・ブッシュ氏をはじめとするコーチ陣の指導の下、参加者たちはピッチングやバッティング、フィールディング等のドリルに取り組みました。


 昨年に続き2度目の開催となる今回は、前回にはなかった2つの取り組みが新たに行われました。1つは、地元南アフリカの指導者たちに対するコーチングクリニック。期間中は、合計で35名の指導者が一堂に会し、効率的な指導法について薫陶を受けました。もう1つは、ケープタウン近郊のフィリッピ地区で育った、60人の少年たちへの指導です。貧民街出身の彼らに対し、その貧しい生活を脱出するための1つの手段として、野球に取り組んでもらおうという趣向であったものと思われます。


 今回のアカデミーは、昨年に引き続き南アフリカプレミアリーグの強豪、アスロン・アスレチックスの本拠地で開催。同国においては屈指のレベルといえる施設を有するこのチームには、アフリカ中の計400名の選手が利用する、打撃ケージ・ブルペン・筋力トレーニング施設を揃えた、インドアのトレーニングセンターがあります。南アフリカ野球連合(SABU)公認のこの施設は、MLBとMLB選手会が共同で設立した、ベースボール・トゥモローファンドが提供した約20万ドルの資金によって、2010年に建設されたものです。


 今回のアフリカアカデミーでは、リック・マグナンテ氏がリード・インストラクターを務めました。2011年に松井秀喜外野手が所属し、来年からは中島裕之内野手が「職場」とするアスレチックスの傘下球団、A-級バーモントで監督を務める彼は、過去10年にわたってマイナーリーグで監督を務めている他、2006年と2009年にはWBCで南アフリカ代表を率いました。また、彼をサポートするコーチたちとしては、そのマグナンテ氏の元で南アフリカ代表のコーチを務めた、マイク・ランドール氏も参加しています。


 野球がまだビッグになっていない他の大陸と比べても、一際遅れている印象があるのがこのアフリカ。現状では、南アフリカが大陸2番手のナイジェリアを10馬身差以上つけて圧倒しており、国ごとの実力差がまだまだ非常に大きな状態であることは、このブログでも何度か取り上げたとおりです(その南アフリカも、世界レベルの大会ではまだ目立った実績がなく、WBCでは今年行われた予選で、ようやく大会初勝利を挙げるにとどまるレベル)。


 もっとも、一方でそうした状況に少しずつ光明が差してきていることも、またれっきとした事実です。最近では、ロッキーズの専属アナウンサーであるジェリー・シェメル氏らが、ケニアの少年たちに対して野球用具を寄付する活動を展開。昨年、アメリカに入国するためのビザが取得できず、リトルリーグワールドシリーズのアフリカ予選を突破したにもかかわらず、本大会出場が成らなかったウガンダは、今年の夏に昨年とは別のチームが本大会に進出を果たし、史上初めてアフリカ勢として大会出場を果たしました。同大会では、なんとオレゴン相手に3-2で勝利する大金星もマークしています。


 少しずつ競技環境が整い始め、非常にゆっくりながらも前進を続けているアフリカ野球。この地域の開拓には、MLBサイドも相当入れ込んでいるようで、今回のアカデミーのスタッフも「我々の目標は、5年以内にアフリカ人の大リーガーを誕生させることだ」と息巻いていたとか。アカデミーの開催が、すぐにこの大陸での野球活性化につながるとまでは言いませんが、こういった取り組みを少しずつ継続していくことで、いつか世界レベルの強豪国が生まれてくるような日が来ればいいな、と思います。


ソース一覧

http://baseballdeworld.com/2012/12/09/mlb-international-hosting-elite-camp-south-africa/

http://www.mister-baseball.com/mlb-video-african-elite-camp/

http://www.youtube.com/watch?v=V2jPpypcv-Q

http://www.youtube.com/watch?v=e--vrXco9DY

http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20111220&content_id=26209500&vkey=news_mlb&c_id=mlb

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。