欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:
 このたび、フランス・パリで発生した大規模テロ事件に対して抗議するとともに、犠牲者の皆様への哀悼とご遺族の方々へのお悔やみを心から申し上げます。

 事件については断片的にしか情報を得ていないため、全容については正直なところまだ把握できていませんが、こうした事件が起きてしまったことをとても悲しく感じています。最後にパリを訪れたのは2007年の春ですが、当時はこのようなことが起きるとはとても想像ができないような場所だったのを覚えています。シャルリー・エブドの一件といい、ここ最近何かとキナ臭かったパリの街ですが、これが最後になることを祈りたいです。

 日本にとってのフランスは貴重な友邦の一つですが、俺自身にとってもかの国にかかわる人々は貴重な思い出を残してくれた重要な存在です。2011年11月5日、野球狂の会(現All Nations)が開催した第1回東日本大震災チャリティマッチの後、食事をともにしながらインタビューに応じてくれたフェリックス・ブラウン、フレデリック・アンヴィ、エロア・セクレップのフランス代表3選手には、今でも感謝しています(エロアについては、Facebookの通知で無事が報告されました)。翌2012年にお会いしたディラン・メイユー、メリッサ・メイユー兄妹についても同様です。

 また、フランス代表の絶対的エースであり3月の日欧野球でも欧州代表として来日したオーウェン・オザニックは、俺にとってはELBについて同じビジョンを共有している貴重な友人の1人でもあります(俺が友人などと言うのはおこがましいかもしれませんが)。オーウェンについては、残念ながら日欧野球当時に直接言葉を交わす機会はありませんでしたが、フランス球界を支えるこうしたプレーヤーたちと交流できたことは、俺にとって心から誇るべきことです。だからこそ、彼らにとっての母国の首都がこうしてテロの標的となってしまったことが許せません。

 1人の日本人として、欧州野球ファンとして、いや人間としてこのような惨劇には胸を痛めています。一方でフランス人は、このような事件に対して決して屈しない人々であると信じていますし、彼らがこの惨禍にあっても強く生きていくことを願っています。多民族国家フランスにとって、人々の間で起きる軋轢は悩ましい問題であるとは思いますが、どうかまたパリの街に平穏が訪れますように。今はただそれだけを願っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

 本日、おかげさまで27歳の誕生日を迎えることができました。既にTwitterでもFacebookでも非常に多くの方々からお祝いのメッセージを頂き、大変ありがたく感じているところです。皆さんどうもありがとうございます。


 おそらくこの27回目の誕生日ほど、自分の周りで忙しさを感じつつ迎えた記念日もないんじゃないでしょうか。昨年末にNPO法人としてスタートを切って以降、特に野球絡みの活動ではこれまでにないほどめまぐるしく状況が動いています。ヨーロッパの各国代表選手からは続々と移籍支援希望のコンタクトが届き、コネクションづくりの為に様々な人と会い、今では大手企業からの営業も受けるようになりました。任意団体時代にはなかったこうした日々を見るにつけ、「本当に自分は社会的に責任ある立場にいるんだな」ということを改めて実感します。


 小さくとも1つの法人の代表という、いわば一国一城の主としてこうした課題に日々向き合っている俺ですが、決してその地位を自分1人の力で手に入れられたとは考えていません。自分の周りにはベースボールブリッジの仲間たちをはじめ、日々自分のことを支えてくださっている多くの人々がいて、その皆さんの力もあって今自分はこうした活動ができているんだと心から思っています。何せ、最低でも自分自身を含めて10人以上の同志がいなければ、NPOとしての登記の前段階である認証の手続きすら受けられないんですからね。


 今まで色々と受けた御恩を活動を通じてお返しする、それが本格的にできるようになるのがこの2015年だと俺は思っています。既にベースボールブリッジとしての活動は、これまでの一市民の善意によるボランティア活動に過ぎなかったのが、今や現役アスリートのキャリアを左右し、営利企業からも協働するターゲットとみなされるような実務のレベルに入ってきています。これまでとは全く異なる次元で活動していくことには当然責任も伴うのですが、その分組織としてできることも増えますし推進力も上がります。今までの自分たちにはできなかったこと、それこそがこうした推進力をバックボーンに社会的に大きな成果をあげていく事だと思うのです。


 27歳という年齢は、野球界では世間的に若手と呼ばれる時期を卒業し、主力としてチームを引っ張っていくべき世代です。それと同じように、自分自身もこのクルーのリーダーかつ欠くべからざる柱となる存在として、どんどん積極的に引っ張っていこうと思っています。ただ、もちろんそれだけではどこかで限界が来るであろうことも自覚しているところです。スタッフの大半が自分より年下なこのクルーにあって、俺自身は年齢だけを見ればメンバーの兄貴分として動くべき存在です(果たして他のメンバーがそう思ってくれているかどうかは分かりませんが(苦笑))。自分より下の世代が如何に自主性を持って活動に取り組めるか、そういったところでも気を配れるような27才でありたいですね。


 こういう年齢になると、世間的には早くもオッサン呼ばわりされ始めたりもするかもしれませんが(笑)、俺自身はまだまだ老け込むつもりなんぞ毛頭ありません!!俺自身にもこのクルーにも、伸び代なんてまだたくさんあると思っています。団体公式ブログでの新春のあいさつでも書きましたが、今年俺たちベースボールブリッジがどれだけ活動の中で結果を残せるかは、1つの勝負だと思っています。年は1つ重ねても気持ちはいつまでも若く、胸に抱いた理想を現実のものとするためにこの1年仲間と共に頑張っていきます。こんな自分ですが、今後とも何卒よろしくお願いします!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 仕事の関係などで挨拶が遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。今年も「欧州野球狂の詩」「欧州野球狂の詩(ver.スポーツナビ)」をよろしくお願いいたします。


 いよいよ2015年が始まりましたね。今年はあの映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の舞台となる年ということで、現実が創作に追いつくのが如何に早いかを実感します。残念ながら、現実世界では車が空の上をかっ飛んでいるわけでも、ズボンのポケットの裏地を外に引っ張り出すファッションが流行っているわけでもありませんが(映画をご覧になったことがある方なら、この辺についてはご存知ですよね)、今や街に出れば当たり前のようにスマホやタブレットやデジタルサイネージを目にするようになり、「あぁ、やっぱり俺らってかつて見た未来に生きてるんだなぁ」ということを本当に実感します。


 そういう「未来に生きているという感覚」が、年が明けたからといってすぐに実感できるわけではないのと同じように、野球の世界も2014年12月からカレンダーを1枚めくっただけで、あっという間に物事がドラスティックに変化するわけではありません。しかしながら、普段は実感せずとも時計の針が動き続けているように、野球界における新しい流れや波も現実のものとして既にやってきています。


 今年は、世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)が定める世界ランキングの上位12か国が一堂に会する新たな国際大会「プレミア12」の第1回開催年。この大会は、WBSCが定めた新たな国際大会開催カレンダーの中で、まさにその改革の象徴の1つとも言えるものです。この大会については当ブログにおいても今後積極的に情報を発信し、例年のヨーロッパ選手権と同様に全試合の詳細な結果情報をまとめたいと思っています。


 また、来る3月には侍ジャパンが欧州選抜との親善試合を行う方向であるというニュースが、元日に読売新聞から報じられました。この試合については追ってまた特集記事を書くつもりですが、俺にとってはまさに夢のマッチアップとも言えるもので、こんなに早く実現しそうになっていることを心から嬉しく思っています。実際に何試合行われるのかなどはまだ不明ですが、もちろんこの試合についてもパワープッシュや結果速報を積極的にやっていければと思っているところです。


 奇数年の今年は、ヨーロッパ選手権予選Bラウンドが行われます。今年はオーストリア・ウィーンとクロアチア・カルロヴァックが舞台となり、昨年の本大会で敗退したスウェーデンとクロアチア(正直、スウェーデンの惨敗は俺にとっても予想外の出来事でした)を含めた、全12か国が来年の本大会進出を争います。この大会も、もちろん今年の当ブログにおける最重要トピックの1つです。


 さらにブログ以外では、2012年9月の設立後初めてNPO法人として新年を迎えることとなった、ベースボールブリッジでの活動も大きくレベルアップさせていきます。例えば当ブログでも既にお知らせしている、イタリア代表のファン・カルロス・インファンテ及びエリック・エピファーノ両内野手に対するものはもちろん、昨年のユーロにも出場した面々も含めて既に複数の選手から、日本への移籍支援を求めるコンタクトを受けています(前述の「日欧野球」での欧州選抜が仮に欧州各国リーグ選抜という形を取る場合、実力的にもそこに選ばれうる面々が自分たちのクライアントになる可能性があります)。


 こうしたエージェンシーとしての役回りは、この2014-15年オフに団体として初めて負うことになったものですが、既に欧州球界でもトップクラスと言える選手たちから接触を受けていることもあり、今後は大きく重点を置いていく予定です。その一環として、欧州やオーストラリア、南アフリカなどに本拠を置く球団と、そこでのプレーを希望する選手たちとをつなぐソーシャルプラットフォーム「International Baseball Community」のデビッド・バーンズ代表(カナダ出身)と、今後日欧間の選手移籍ビジネスを共同で展開していく為の協定を結ぶことで昨年末に合意しました。移籍が実現すれば成功報酬も発生する、規模は小さいながらも非常に重い仕事です。ベースボールブリッジにとっては強力なパートナーを手に入れたことになり、非常に心強く感じるとともに早期締結に向けて全力を挙げていきたいと思っています。


 もちろん、このようなビジネス的な色彩を帯びる活動は、任意団体に過ぎなかったこれまでのベースボールブリッジではできないものでした。こうしてどんどん成長し変わっていくものがある一方、これまでとは変わらないものもあります。過去5年間も続けていた、主にミスターベースボールを情報ソースとするヨーロッパ球界絡みの各種ニュースの発信、あるいは独自の視点に基づいたコラムの執筆などは、時間が許す限り今年も継続するつもりです。今後は上で述べたような「ステークホルダー」として動く場面が増えることも予想されるので、更新頻度については率直に言って未知数な部分もあるのですが、日本の野球ファンの皆さんにヨーロッパ球界について理解を深めていただくための重要なツールとして、今後も引き続き執筆活動を続けていきますので、どうぞご期待ください。


 この世の中には時代とともに変わっていくものもあれば、変わらずにずっと残り続けるものもあります。このブログが読者の皆さんにとってどんな存在なのか、執筆する側である俺としては推察するほかありませんが、俺個人としては新しい要素を貪欲に取り入れながらも、幸運にもこの5年間ずっと与えていただいてきた居場所にしっかりと根を張って、開設当初のコンセプトを見失うことなく可能な限り機能し続けていく、そういう存在にしたいと思っています。大晦日の記事でも書きましたが、今年はブロガーとしてもNPO法人代表としても派手に暴れるつもりです。成し遂げるべき夢の為に日々全力投球していきますので、既にお知り合いの皆さんはこれからも引き続き、初めましての方はどうか末永くお付き合いいただければありがたいです。それでは末尾にはなりますが、改めて今年もよろしくお願いします!!


ブログ「欧州野球狂の詩」「欧州野球狂の詩(ver.スポーツナビ)」管理人

SYSTEM-R

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。