欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪

ブログ「欧州野球狂の詩」にアクセスいただき、ありがとうございます。このブログでは、管理人自身がかつて暮らしたヨーロッパを中心に、世界中で行われている野球について様々な記事を書いています(ごくまれに野球以外のことについて書くこともあります)。以下、このブログにコメント等頂く際の注意事項などについて簡単にまとめましたので、閲覧の際参考にしてもらえれば幸いです。

・記事に対して、ぜひコメントを残していってください。可能な限りコメント返しするようにします。
・コメント欄での、ユーザーさん同士の議論は大歓迎です。ただし、言葉の暴力にだけはご注意を。
・2012.06.08より、コメントの承認制を導入しております。特定の個人やスポーツに対する誹謗中傷など、不適切なコメントは投稿いただいても表示されませんので、予めご了承ください。
・管理人へのご連絡は以下までお願いします。
1)Twitterアカウントをお持ちの方は@systemr1851まで(フォローも歓迎です!!)
2)そうでない方はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jp(☆を@に変える)まで
ご連絡いただく際は、必ずお名前を名乗っていただけるとありがたいです(HNで結構です)。どなたからのご連絡なのか、こちらが分からなくなってしまうので…。何卒ご協力お願いします。
・スポーツナビでも、同じブログを出張版として運営しています。記事の内容は同じですが、デザイン等が異なります。ページ右下のブックマークよりどうぞ。
・基本的に毎日更新していますが、仕事の都合上更新ができない場合があります。また、ご連絡いただいてもお返事が遅くなることがありますが、予めご了承ください。
・ニコニコ動画でも、紹介動画のうp主やってます。よろしければ「ヨーロッパ野球入門」で検索を。
・2016.10.31に、国内初となる電子書籍形態のヨーロッパ野球ガイドブック「Basbalo Europe 2016」の販売をAmazon他にてスタートしました。詳細についてはhttps://globalbb.amebaownd.com/をご参照ください。

欧州野球狂の詩管理人
SYSTEM-R

テーマ:

 WBSC(世界野球・ソフトボール連盟)が、9月1日から10日までカナダ・サンダーベイで開催されるU18ワールドカップのグループ分けを発表しました。

 

 今回出場するのは、1999年から2001年までの間に生まれた世代の選手を擁する、各大陸別のU18選手権を勝ち抜いた計12か国。開催国カナダに加え、オーストラリア(オセアニア)、日本(アジア)、オランダ(ヨーロッパ)、南アフリカ(アフリカ)、アメリカ(米大陸)の各大陸王者、それに次ぐ成績を残した台湾(アジア2位)、韓国(同3位)、キューバ(米大陸2位)、メキシコ(同3位)、ニカラグア(同4位)、イタリア(ヨーロッパ2位)が出場権を獲得しています。

 

 この12か国には、最新のWBSC世界ランキングトップ10のうち、7位のベネズエラを除く9か国が全て含まれています。まさしく、この世代の世界王者を決定するにふさわしい面々が揃ったと言えるでしょう。これまでにもダルビッシュ有、大谷翔平(ともに日本)、クレイトン・カーショウ、ブライス・ハーパー(ともにアメリカ)、アロルディス・チャップマン(キューバ)といった後のスーパースターたちを多数輩出しているこの大会。今回も新たなスター誕生が待たれるところです。

 

 ちなみに、前回大会に出場した面々ではミッキー・モニアック外野手(アメリカ)が、2016年度MLBドラフトにおいてフィリーズから全米1巡目指名をゲット。それ以外の選手たちも、NPB、KBO、CPBLといった各国プロリーグで多くが上位指名を受けています。マーリンズが1位指名したジョシュ・ネイラー内野手(カナダ、2016年7月29日にパドレスにトレード移籍)は、大会ベストナインに相当するWBSC世界選抜の一員に名を連ねました。

 

 大会は12か国を6か国ずつの2グループに分け、1試合総当たりの一次リーグを実施。両グループの上位3か国ずつが、一次リーグでの勝敗を引き継ぐスーパーラウンド(二次リーグ)に進出します。A組にはカナダ、韓国、台湾、オーストラリア、イタリア、ニカラグア。B組にはアメリカ、日本、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカがそれぞれ振り分けられました。今大会の優勝国には、世界ランキング決定の基準となるポイントが575点も加点されることになっており、各国の代表選手たちは非常に重要な使命を負って戦うことになります。

 

 今回のメイン会場となるのは、計3000人を収容するサンダーベイのポート・アーサー・スタジアム。前回は日本の聖地・甲子園球場を舞台に行われ、決勝の日本‐アメリカ戦には15000人のファンが詰めかけました。同日のゴールデンタイムに放送されたテレビ番組としては、視聴率で国内トップを記録。YoutubeのWBSC公式チャンネルで行われたライブストリームは、世界中の93の国と地域からアクセスを記録しました。詳細な試合スケジュールや放送の枠組みについては、追って追加のアナウンスがなされる予定です。

 

ソース:http://www.mister-baseball.com/groups-announced-wbsc-u18-baseball-world-cup-2017-thunder-bay-canada/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(1)メリッサ・メイユーがモンティニー・クーガーズに加入

 フランス人女性プレーヤーのメリッサ・メイユー内野手(18)が、昨年所属していたフランス・ディビジョン1のモンペリエ・バラクーダーズから、モンティニー・クーガーズへと移籍することがわかりました。

 

 クーガーズはメイユーにとって、兄ディランとともに野球を始めるきっかけとなったクラブ。昨年ディビジョン1でデビューを果たした彼女は、12試合出場(うち11試合で先発)で35打席に立ち、打率.343、出塁率.395、長打率.400、2二塁打、4得点、4打点という好成績をマークしています(規定打席には達していないとはいえ、高校3年生相当の女子選手が成人男性に交じってのこの成績は、凄いとしか言いようがありません)。

 

 2015年には、女性として史上初めてMLBのドラフト指名有資格者となったことでも話題を呼んだメイユー。まだまだ選手としてのキャリアには余白がたくさん残っており、今後もさらなる活躍を続けることが期待されます。今年は一体どんな伝説を作ってくれるのか、楽しみです。

 

ソース:http://www.mister-baseball.com/melissa-mayeux-joins-montigny-cougars-french-division/

 

(2)ゾーリンゲン・アリゲーターズがアメリカ人右腕を獲得

 ドイツ・ブンデスリーガ1部のゾーリンゲン・アリゲーターズが、今季からの新助っ人としてウェス・エドワーズ投手(28)を獲得したことを発表しました。

 

 アメリカ出身のエドワーズは、昨シーズンは四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズでプレー。先発投手陣の一角として15試合に登板し6勝3敗、防御率2.22という成績を残しました。アリゲーターズは、彼の野球人生の中で初めてのヨーロッパでの所属チームとなります。また球団は、アンドレ・ヒューズ投手、ダスティン・ヒューズ内野手、ダニエル・サンチェス内野手ら計14名が来季も残留することを合わせてアナウンスしています。

 

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/solingen-alligators-add-wes-edwards-import-pitcher/

http://www.iblj.co.jp/result/

 

(3)ドラッシ・ブルノがアメリカ人2選手を獲得

 チェコ・エキストラリーガのドラッシ・ブルノが、ドイツ・ブンデスリーガのハイデンハイム・ハイデコッフェからウェス・ローマー投手(30)とテレル・ジョイス内野手(24)の両名を獲得したことを発表しました。

 

 球団の発表によると、ローマーはキャリアの中でマイナーのAAA級まで到達した経験を持つ右腕。ジョイスは3シーズン、アストロズ傘下でプレーした元マイナーリーガーだということです。ドラッシは最近、同じブルノに本拠を置くフロッシ・ブルノに大量計7選手を引き抜かれたばかり。今月末のシーズン開幕に向け、今後も追加の補強があるかどうか注目です。

 

ソース:http://www.mister-baseball.com/wes-roemer-terrell-joyce-join-draci-brno-2017-season/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨年のヨーロッパ選手権(オランダ)では総合5位に入り、オランダ・イタリア・スペイン・ドイツの欧州四天王に次ぐ5番手として存在感を示したチェコ。その中心選手の1人であるヤコブ・スラデック内野手(27、コトラーカ・プラハ)が、地元テレビ局のインタビューに応じました。一昨年にはチェコ人として唯一、日欧野球での欧州代表にも招集された左の大砲に迫ってみましょう。

 

(以下和訳)

 「常に一番でありたい」という欲求。それこそが、ヤコブ・スラデックという男が生まれながらのアスリートである理由だ。これまで彼は、野球という自身の代名詞とともに世界中を旅してきたが、この2017年の新たなシーズンに向けて新たな分野にも挑戦しようとしている。

 

 大のホッケーファンとして育ったヤコブ少年は、最初のスポーツをアイスリンクに注ぎ込んだ。幼い頃から大のスポーツ好きだった彼は、野球と出会う以前に挑戦した様々なスポーツに同じように向き合ってきたという。

 

 「僕はスポーツが好きなんだ。あらゆる種類のスポーツを愛している」とスラデックは言う。「僕にとっては、どんなスポーツも簡単なものだった。何をやっても僕は常にNo.1の選手だったんだ。でも、野球だけは別だった。このスポーツは、僕にとってこなすのが最も難しいものだったんだよ」

 

 「僕は下手糞な自分が嫌いだったし、我慢がならなかった。だから何度も何度も何度も練習したよ。僕は自分が2番手で終わるのは嫌だ。常にNo.1でありたいのさ。毎日学校が終わるたびに練習に足を運んだ。友達と一緒だった時もあれば、一人きりだった時もある。そうして、1年もたたないうちにチェコ代表のメンバー入りを果たせたんだ」

 

 18歳の時、彼はフィラデルフィア・フィリーズのスカウトたちの目に留まり、アメリカでプレーする機会を得た。その後はオーストラリア、さらに経験を積むためにドイツにも渡った。2011年、彼は出場機会を失いわずか4試合しかプレーすることができなかった。しかしこれを転機として、彼は新たな国で白球を追うことを決める。日本だ。これは、彼にとって長きにわたる夢の具現化でもあった。

 

 「2005年に、僕は日本で親善試合を戦う欧州選抜チームに、2人のチェコ人選手のうちの1人として選ばれた。そこで日本文化の虜になったんだ」とスラデックは回想する。「2011年は長いこと試合に出られなかったので、現役を引退するかどうか思案した。その時、神様が僕に、「日本でスプリングトレーニングに参加する気はないか」と聞いてきたんだ。初めは冗談かと思ったけど、実際に行ってみたら思いの外うまくプレーできた。それで、1年間石川ミリオンスターズの一員としてプレーしたんだ」

 

 スラデックは27歳にして、これまで世界中の様々な球団を渡り歩いてきた。ドイツのレーゲンスブルグ・レギオネーレを経て、今は地元のコトラーカ・プラハに籍を置いている。まだ若く、選手としてのキャリアに多くの余白を残している彼だが、現在はかかとの故障のためリハビリ中だ。2014年、彼はエキストラリーガとヨーロッパ選手権の両方で本塁打王に輝いた。スラデック自身がキャリア最高のシーズンと言ってはばからない年だ。

 

 今季のエキストラリーガは今月31日に開幕予定で、スラデックが開幕戦に間に合う見込みは残念ながら立っていない。ただしこれは裏を返せば、彼が野球以外のライフイベントに向き合ういい機会とも言えるだろう。最近、彼には息子のウィリアムくんが生まれたばかり。自身の経営するワールド・オブ・スポーツ社(WOS)の経営も軌道に乗りつつある。

 

 WOSの理念は、成人のスポーツ愛好家に対して様々なアイテムを提供することにある。これは個人向けに開発されたオーダーメイドのスポーツギアから衣料品、フィジオセラピーまで多岐にわたる。また今後の構想の中には、毎週末にエキスパートからの指導を通じてより良い競技の技術を習得できる、成人向けのスポーツキャンプを開催するプランも含まれているそうだ。

 

 「スポーツの目的は、それを通じてポジティブな気分や感情を手に入れることだ。これらのアイデアを通じて、僕はそういう前向きなフィーリングを生み出したいんだよ。僕は良いスポーツ環境を生み出し、人々の参加を促し、そしてそれが良き思い出となるようにしたい。そのためには情熱を持った人々が周りに必要なんだ」

 

 野球ファンたちが間もなくやってくる球春に向けて胸を高鳴らせる今、スラデックは野球というスポーツで一旗揚げることを夢見る子供たちに対して、見識のある次のようなメッセージを発している。

 

 「コーチの言うことによく耳を傾け、決して学ぶことをやめてはいけない。夜、布団に入る時はハッピーな感情を胸に床に就くこと。自分の憧れる選手たちの姿から学ぶことも大切だよ。そして何より忘れてはいけないのは、楽しむことだね」

 

ソース:http://prague.tv/en/s72/Directory/c210-Sports-Recreation/n8747-Jakub-Sladek-European-baseball-star

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。