生まれました

前回の記事から3日後の、3月17日に、女の子が生まれました。

 

{7914A34F-5570-4D9B-B7B7-3E19FB6B1E0F}

朝、すこしお腹が痛いかも..となり、会社のみんなに見送られつつ、ニンプスのサービススタート時から、ずっとお世話になっている先生、竹内先生の病院へ。先生の勘がすごくてですね、事前に先生から「17日あたりに入院の予約をしてみては」とアドバイスをいただいておりました。ぴったり当たって17日の朝から軽い陣痛となりました。


{B3369138-0837-4B65-8A9F-AFECFD48C660}

 

春のはじめらしいよいお天気の日。子どもたちも一緒にタクシーで病院へ。

 

{14B66DEE-A337-4096-A8B9-B64F4300F8C0}

到着して、お昼ご飯を食べたら、「いてててて」となりまして、本格的な陣痛は20分ばかり。分娩台はわずか5分くらいのらくちんお産となりました照れ

 

というわけで、身体へのダメージも少なく済み、元気いっぱい自宅で過ごしています。

  

名まえも決まったので、区役所にいってこなくちゃ。むすこ1&2も、張り切って「おにいちゃん化」しています。

 

{8185EC43-9D40-42F6-B462-45194DA1D98C}


新しい家族のスタート。いろんなことが起こると思いますが、すべてをこの家族で体験できる喜びにし、無理なく、元気に、とにかく笑って。眠って、食べて、仕事して。家族みんなが互いを尊敬し、大切にして過ごしていけたらいいなと思っていますラブラブラブラブ

 

むすこ1は、もう8歳になりました。一緒に暮らせるのはあと何年だろう。あらたなむすめちゃんも含め、みんなで毎日を大切に過ごしていこうと思います。


 

 

AD

とはいえ、揺れてきました@37週

こどもも3人目ですし、したがって出産も3度目。ここまでほぼ順調な妊娠期間でしたし、もうすでに正期産の時期ですので、いつ生まれてもばっちこいラブラブ問題なしのオールOKなんですよねOK 最後にもう1本だけ映画を観たりして、仕事もラストスパートで(遅れが出ていて申し訳ないものの、まだ働けていることはありがたいです)、ほんとにいろいろ無事。平穏です。

 

 

なのですが、なのですが

 

それでもやっぱり、ちょっと気持ちが揺れるというか、ふわふわ・ざわざわしてきました。いまのところ、自然分娩の予定なので、出産日が見えないこともちょっと不安ですし。とくに来週は、家族が家にいない日があるので、そこと出産日がぶつからないかとどきどき(まだ予定日まで2週以上ありますが)。

 

夜、子どもたちを寝かしつけた後に、ひとりで家にいたりすると、「もし、いまきたらどうしよう」(というか、子どもを起こして一緒に病院に行けばよいだけですが)。そんなことまでじわじわ不安。

 

産後のくらしが今さら不安!(いや、どうにかなるとわかっているのですが、それでも。。ついゲッソリ

 

とかとか、いろんなシーンやケースで、勝手に不安になったりしています滝汗実際は、毎回こんなことをいっていても、案ずるより産むがやすしなんですけどねウインク

 

そんなわたしの様子を察したのか、家族がわりとそばに寄り添ってくれようとしている気がニコニコなに、ということもないのですが、ごはんを作っているとなんとなーくキッチンに来てみたり、おなじソファに並んで座ってみたり。無意識なのかもしれませんが、ちょっとした配慮というか、気遣いににじんわり感謝をしています。安心します。

 

社内のみんなも、特設のLineのグループを作ってくれまして。「きた!」というときの連絡経路の確認や、病院やお医者様の連絡先を共有。有事の際の、むすこたちの学校や保育園へのお迎えもOKOKと言ってくれております。明らかに業務範囲外なのに笑い泣き

 

わたしは、といえば

みんなの配慮や気遣いに応えることもできずに、ただただ、ぼーっとしたり、時にはちょっと引きこもったりと、まるで子供のようなふるまいでみんなを混乱させている気がします。

 

ほんとに不思議なのですが、さみしくって人恋しい気持ちが増加しているのに、かといって、引きこもりたい感じも同時に起こっている。とか、急に現実と夢のあいだのどこに自分がいるのかを見失ってみたり。すべてのことが「ま、いいかのケセラセラ」となったかと思えば、自分の今の状況・状態のすべてが心もとない気になる。とかとか、気持ちの変化に、自分が自分で戸惑っています。

 

あー、しあわせ という日と

わー、不安! という日が交互。いそがしい(笑) 周囲もごめんね。ほんとにごめん。

 

そんな臨月です。

 

 

 

AD

はい。クリスマスですねクリスマスツリー

 

おかあさんとしては、サンタさんにむすこたちのオーダーを伝えるミッションがあるわけですが、いやーたいへんあせる年々たいへんになっている気がします。社内でも毎年話題になるのですが、もう、おもちゃメーカーさんのいじわるとさえ、思えてきますチーン

 

ちょっと前までは数年、仮面ライダーのベルトが毎年品切れになる現象がありまして、おとうさんおかあさんの争奪戦に。Amazonでの販売価格がクリスマスに向けて急上昇する始末。もはや親の金銭力なり、妥協力勝負。

 

今年は、ジュウオウジャーというのが今シーズンの戦隊モノなのですが、なんだこれは。ロボット、いったいいくつあるんだ滝汗

ジュウオウジャー「おもちゃをみる」ページより

 

仮に、ですが。サンタさんがこの中から大き目のロボ(7,200円!)を下さったとして、でも、「合体あそび」をするために、いったいいくつほかの小さいロボ(2,300円~)を買う羽目になるんでしょう。じいじばあばに叔父叔母、親戚一同で買い集めよということかな目 むりー。誰が買う想定をしてこのおもちゃを作ったの。教えてバンダイ。

 

いや、まだね。ほら。これを5年かけてちょっとずつ集めて遊べる楽しさがあるなら、わからないでもないですが、ゼッタイに年1回「新しい戦隊」に変わっちゃって、「新しいロボ」出てくるでしょ。しかもそれって、ゼッタイに2月でしょ。

12月後半にサンタ様がいらっしゃって、2月には「次のロボ」が出るんでしょ。しっているのよわたしたち。

いやいやいやー。本気でしょうか。バンダイさま・テレ朝さま。おねがいもうやめてー

 

社内のAさんに、女の子はどうなのかと聞いてみたら、小さな女児、今年はファービーの進化版みたいなのが、大人気で品切れ。そもそも8000円だかするのに、アマゾンで2倍の値段になっているのだそう汗仮面ライダーベルト現象。

 

というわけで、こんな感じを毎年嘆いていても仕方なく、いちいちぶらされない親に子になるために。マクドナルドのおもちゃにもひっかからないために。あるいは、踊らされているとしりながらもそんなことでイライラ・クサクサしないハートを持つようにと、日々親も子も、たいへんです。

 

 

AD

つわりも落ち着き、

妊娠しているという状態にもなれてきたのか

メンタルも安定してきまして

だんだんマタニティライフをたのしめるようになってきました。

(18週ごろまで、気持ちのアップアップダウンダウンが、ひどかったのですが汗

 

というわけで、

妊娠中にしか楽しめないことや

産後「あーーー。妊娠中にやっておけばよかった~」と思うようなことを

インスタグラム「#妊娠中にやっておきたい」に投稿していますニコニコ

 

たとえば。

 

コンサートや演劇にいく

赤ちゃん一緒だとなかなか行きにくいですもんね。

演劇など、長時間座っているものは、妊娠中でも後期だとややきついかもです。

中期ごろにぜひ^^

 

 

からーいものや、熱ーい食べものも

小さな赤ちゃんと一緒には、楽しみにくいもの。

 

フレンチなど、静かなレストランもいまのうちに。

 

マタニティファッションは、妊娠中ならではのおたのしみ。(そして、買い物の言い訳ニヤニヤ

だってほら、妊娠中もおしゃれできたら気分がよいですし、なにより「マタニティウェア」は、身体がラクチンラブラブ

 

 

あっというまに、23週。残りの期間に何をしようかなと、考えるのもたのしみのひとつです。

脚がつるー@妊娠22週

タイトル通りですが

脚がつるあし

んです。

 

しかも、気持ちよーく寝ている朝方に

まだもうちょっと眠れる~という、痛恨☆目覚ましの1時間前に。。。

 

ピキーンときて右矢印どぅわポーン ってなって、起きます。

 

 

そうだった、そうだった、そうでした。わたし、妊娠中に脚がつるんでした。こむらがえりとも言いますよね。

 

なんとかしたーいプンプンということで、以前、ニンプスで調べていました(←わすれてた)

そもそも、妊娠中の脚のつり(こむらがえり)の理由は、はっきりはしないようですが、お腹が大きくなることで下半身の血流が悪くなることでは?と言われているそう。たしかに、お腹が大きくなった20週あたりからつるようになってきました。水分不足も原因になるようですね。あとは、最近、朝方が急に冷えてきましたし。

 

お風呂にじっくりはいったり、マッサージオイルでケアしたりと、いくつか試していますが、以前マタニティ鍼灸マッサージ「天使のたまご」の藤原さんに教わったツボがあるんです。

 

承筋(しょうきん)というツボ:ふくらはぎのいちばん太い部分の真ん中。を、親指でぎゅーっと。脚の疲れがすっきりしますキラキラ妊婦さんも押してOKのツボなので、ぜひお試しください照れ

 

「天使のたまご」さんといえば、先日、施術も受けに行ってきました。こちら、「天使のたまご」の代表、藤原亜季さん。

 

芸能人のかたなどなども通っていらっしゃる、人気のマタニティサロン。わたしはむすこ1(8歳)の妊娠中から、妊娠の度にお世話になっている欠かせない場所です。妊娠中の背中や腰のこり、脚のつりや冷え・むくみを相談させていただきケアいただいたり、むすこ1の出産間際には、逆子のためのケアもしていただきましたニコニコ

 

産後も骨盤のケアや、育児疲れのケア(←これ大事真顔)と、妊娠中~産後1年ほど毎回通わせていただいています。今回も産後まで毎月おじゃまする予定ですので、また詳しくレポートさせていただきますラブラブラブラブ

 

天使のたまごさんのサイトはこちらです右矢印