□ むすこの世界


しょうもないことだなー と、思いつつですが
いちいちしょうもないことに、立ち止まったり悩んだり笑ったりするのも
子育ての、いや人生の楽しみということで、記録しておこうと思いますσ(^_^;)


むすこ1、この春からいよいよ小学生です。
背の高さは中くらい、体重はちょっと少なめです。
読み書きは、人並み。算数は自己流でちょこっとできます。
鉛筆の持ち方はいまいち。

そういえば針時計の見方を教えてなかったので
デジタル時計しか、まだ読めません。あれ?これで学校行けるのかしらあせる


いまは親の私の都合というか好みでノマドライフを送っておりまして
1月8日以降、定住する家がないまま、
なんとなく都内とか長野とか旅先に住んでいます。

長野の仮住まいも、慣れたら居心地がよくなってきたので
しばらくここに住もうかなと思案中。

そういったわけで、現在は保育所にも通わずに、
むすこ2とともに、毎日、私か増田さん(夫)のいずれかと過ごしています。

昨日は、長野県伊那市の公園で遊んでいました。
増田さんは不在、私と父(じいじ)とむすこ1,2の4人で、初めてでかける公園へ。

広くって気持ちよいいい公園には
春休みですしお天気も良かったので、子どもたちがたくさん遊んでいました。


むすこ1は、初めての人でも楽しそうだと声をかけちゃうタイプなので
「いれてくーだーさいっ!」とか言って
知らない子たちのサッカーあそびに混ぜてもらったりしていました。

いつのまにか、男の子ばっかり6~7人が集まってきて
鬼ごっこがはじまりました。

ぼけーっとみていたら、むすこ1が「じゃ!ぼくがオニ!」と挙手して
その他の男児が一気にパッと逃げ出しました。

むすこ1、「いくぞぉぉぉぉぉ!」と張り切っておいかけます。


おいかけます。はしります。おいかけます。はしります。

でも、だだっぴろい公園で、散り散りになった6人だかを追いかけるのは至難の業。
しかもよく見れば、ほかの子どもたちはむすこよりひとまわり大きい感じです。
たぶん小学2~3年生くらい。

いや~、それは難しいわ。とか思って、見ていましたが
やっぱりなかなかつかまりません。


ひゃっほー
まてー

と、走る走る。逃げる逃げる。

6人は休み休み逃げられますが、追いかけるむすこは走りっぱなしで
どんどん距離は広がる一方。


あら、これは、そろそろいじけたり泣いたりするのでは?
と思うのですが、むすこ、笑っています。

たまに私の前を通っては「ニコっ」と。

たのしいのか、ならよかった。と思ってほおっておきました。



しばらくむすこ2と一緒に砂遊びをして戻ってくると
なんと、まだむすこ1がオニ。汗だく。

滑り台に上った相手を追いかけると
むすこがもたもた登っている間に
シューっとすべってジャングルジムに逃げられる、
ジャングルジムに上りはじめると、
子どもたちはジャンプして広い草原に走り出す、
むすこはまだジャンプできないので、のたのたジャングルジムを降りる、というような。

あははーこれは大変。


見かねたおじさん(少年のなかのだれかの保護者)が
「ぼく、ぜんいんをおいかけたらつかまらないから、
 だれかひとりをずーーとおいかけてごらん」とアドバイスしてくれたり

そのおじさんも反対側から追い込んで、挟み撃ちにしたりするのですが

でもやっぱりつかまらない。


「おにさんこちら」「にげろーーー」「ぜったいつかまるなよ」

と、子どもらしく男児は連合軍で逃げていきますが
なんかこう、アホなかーさんとしては、
だんだん、むすこが気の毒になってきまして。
いや、子どもの鬼ごっこに気の毒も何もないのですが、
くたくただし、はがゆいし、1対多だし、結構あれはつらいだろうなと。

よほど私も参戦しようかとか、
なんなら1人ふいうちで捕まえてやろうかと思いましたが
そもそもバレエシューズでチャラチャラ来ているわたしなんて、戦力外でしょうし
第一、せっかく小学生にまじってあそんでいるのに
助っ人にかぁちゃんが(しかも運動オンチの)現れたら、コッパズカシイですよね。

だってむすこは、私の前を通るときに、必ず笑っていくんだもの。
きっとあれは「へいきだよ」のポーズ。


見守るしかないかーと、さらに数十分。
むすこ1、さすがに座り込んだりしています。



だんだん風が冷たくなってきたところに、思わぬ救世主。
男児連合軍のなかの1人のお母さんが「そろそろかえるよ~」と声をかけました。

子どもたちは「えーあと10分だけ~!」と
遊具の上から延長申請をしています。

わたしとしては、むすこの苦行もあと10分で終わるなら、よかったと
やっとホッとしました。


ふたたびむすこ2のほうへ行き、ふたりで遊んでしばらくすると
汗だくで、お気に入りのバッドマンの帽子に潮が浮いているむすこ1が近寄ってきて


「おわったよ、かえろうよ」とぼそっと、小さな声で。


そっか、そっか。鬼ごっこ、おわった?
がんばったねー!
あれはなかなか、つかまらないよね。大きい子ばっかりだったしさ。


と声をかけたのですが


「つかまえたよ。」と、むすこ1。


ええっ!捕まえたの!!すごいねーやったねー!
すごいじゃーーんん!!!



「さいごにね、うでを、こう、つかまえた。あの、くろいジャンバーの子の。
だから、かえろう」


と、特に笑うでもなく言って
ペットボトルのお茶を一気に飲みました。


その後、車の中で、わたしときたらしつこくて

つかまえたのねー。すごいねー。がんばったのねー。

と言っておりましたら

「うん、そう。ぼくがんばったの」とちょっとわらったむすこ1。



なんでしょうね、このかんじ。

単純に「成長したな~」という感慨ではなく
なんというか、これから先、いろんなことがあって
むすこはむすこの社会で生きていくし、
私は100%見ているわけにも手を出すわけにもいかない領域がどんどん増えていくんだなと
当たり前のことを思ったりして
さみしさとも違いますし、言い表せない気持ちになりました。


車が来ないかちゃんと見て!
だめ、そこは走らない!
どうして物をすぐひろうの!!
前を見る!前をーーー!!!

と、道路で叫び散らかしたこの数年。

でもあと数日で、むすこ1は自分で道を歩いて学校に行き
トイレに行く時間をみきわめて
熱い給食を配膳したり
友達とケンカしたりくだらない爆笑をしたりして
どんどん社会の人になっていくんですね。


そうか、そうか。
小学生になるのか。


………あれま。
こりゃやっぱりさみしいのかなー。わたし。










AD

□ 保育園の最終日

むすこ1。
2008年生まれの、6歳半です。

明日が卒園式。
本日をもちまして、我が家では、保育園生活が終了となります。


今日は私とむすこ1で上京しているので
さきほど、ふたりで乾杯してきました。


2009年の4月から通い始めたので、まるっと6年間
同じ保育園にて育てていただきました。

離乳食の食べ方、スプーンの持ち方、離乳の時期に、おむつはずし。
手の洗い方、歯磨きの仕方
そしてむすこ1は一人目の子どもなので、友達とのかかわり方も
ぜんぶ、保育園で教わってきました。
ありがたいです。


いまの区立保育園にはいるまで、
預け先がなくて、とても苦労しました。

今思えば、9月末生まれのむすこなので、区立に入るまでたった6か月間ですが
それでも、当時のポーラスタァの体制では
6か月間わたしが休んでいるわけにもいかない状態で
(そういう状態を作ってしまっていたのもわたしですが)
1日も早く預け先を確保して、仕事に戻らねば、と、たぶんわたし、目が血走っていました。


預けたいのに預けたくない
という、相反する気持ちに揺れて、毎日、胸の奥に涙がたまっているような状態で
せっかく子どもがうまれてかわいいのに、なんだか悲しい日々でした。

区立は満員で中途入園なんてありえなかったですし
近くの託児所に1日見学に行ったら、赤ちゃんの扱いがよくない先生がいてげんなりし
その後数か所面談に行きましたが、すべて満員で入れず
銀座近くの値が張る託児所預けましたが、大きな子と一緒の保育なうえに
建物が暗いのがどうしても辛くて、たった7日間ほどで心折れて退園
会社に連れてきてみましたが、ぜんぜん仕事にならず、
その後にみつけた港区の託児所に預けたものの、結果、むすこが高熱を出して入院。

もういっそ、託児所を作ろうかしらと思いましたが、
どう考えても採算があわない!

ようやく中央区の保育ママにあずかっていただけて一時ホッとし
そして4月に現在の保育所への入所通知が来て、うれしくてうれしくて、でした。

園庭があって、プロの先生がたくさんいて、
給食室があって温かいご飯がでて、家からそう遠くない場所。あーありがたい。

今思うと、たった6か月間になにをやっていたんだかと思いますが。
(でも当時は真剣だったんです)


ありがたいです。

時々、街で小さな子供と一緒にいるお母さんを見ると
「どうして私は、ああして子どもと過ごすことができないんだろう」と
落ち込んだりもしましたし

仕事が思うようにならず、
むすこは熱ばっかりだしますし、
仕事もむすこのことも、どっちもいまいちうまくいかなくて
全部自分のせいみたいな気持ちで苦しかったこともありましたが


↑笑ってふざけたブログばっかり書いていたころですが、正直、ちょっとつらかったころ!


それでも、6年間のうちに、少しずつ少しずつ仕事に整理もついてきて
6年目にして、先月、最後の最後で、やっと1か月まとまった休みが取れました。
遅れてやってきた、わたしの育休です(笑)


振り返ってしまうと
もっと抱っこすればよかった、
もっと一緒に遊べばよかった、
むすこの話をちゃんと聞いていただろうか、
おいしいご飯をもっとちゃんと作るんだった、
歌や物語をもっと教えてやるんだった
叱る回数がもっと少なかったらよかった

と、
この6年に、悔いが残る部分もありますが、時間は元には戻りません。
むすこは小学生になる。
とても、ひとりで道を歩くなんて想像できませんでしたが
来月には学校に通うようになるんですね。

小学校の6年がはじまります。
心に残る後悔は、未来への力に変えて、
むすことまだまだ一緒に歩んでいこう!なんて思う今日。


あーーー明日。
この時期になると毎年、「卒園生の母になるのは嫌だなー」と思っていましたが
いよいよわたしにも順番がまわってきてしまいました。

もう仕方ないですねー。せめて泣いておこっと。
AD
先日のブログの、むすこ1のジャケットに
いくつかお問い合わせをいただきました。

なんと~みなさまアンテナが高いっキラキラ




フードのなかの赤いシマシマがかわいいこちらはボーダー
ヴィリーナマタニティさんのキッズ用ジャケットです(^O^)/

「ジョジョママンベベ」のキッズコレクション
「フィッシャーマンジャケット(ネイビー)」。こちらクリック

ちょっと我が家の写真ではわかりにくいのですが
ヴィリーナさんサイトのほうをご覧いただくとわかるように
防水ばっちりの生地、じつはレインコートなんです。


防水ばっちり=風を通さないので
我が家では、風邪が強い日にも着ています傘



あれ?写真がないのですが、むすこ2も同じものをもっており
おそろいラブラブです(///∇//)


ピンクや黄色もあるので、女の子にもいいですねラブラブ!

(画像はヴィリーナマタニティさんサイトから拝借)



じつはこちら、年末に開催された、「Lena's ×ジョイセフ チャリティ・ガラパーティ」の際に
オークションで落札しました。
ヴィリーナさんが出品なさっていたものなんです。

出品は、男の子ウェアのいろいろセットでしたが、
ジャケットがあまりにもかわいいので、兄弟そろって着せたくて、もう1着を追加オーダー。
厚ぼったくない作りなので
これから春にかけて、たくさん着る機会がありそうです。

ちなみに、オークションの金額はすべて、
ジョイセフさんを通じて女性支援に役立てられます。
詳細はこちら>>クリック


そして、ちょうど今、ヴィリーナマタニティさんセール中ですアップ

このレインコートもプライスダウンしておりますよ~キラキラ




AD

□ じいじが、きたる

週末に、
長野からじいじが遊びにきまして


豊島園へ音譜ラブラブ
photo:01



photo:02




果敢なむすこ2は、乗りたいものがたくさんあるのに、、

残念ビックリマーク
背丈が90cmにわずかに満たないため、乗れないもの、多数( ´艸`)
photo:03




むすこ1は、安全志向
photo:04




夜は、ふたりとも
「じいじと、ねる!」と
むりやり、じいじのお布団へ。


笑っちゃって、
いつまでも、寝られません( ´艸`)

photo:05




翌日は、風邪気味のむすこ2は、お留守番でしたが、

じいじとむすこ1は、スカイツリー。
photo:06



残念ながら、強風と混雑でスカイツリー登頂はできませんでしたが、

じいじと、きゃっきゃと遊んでおりましたニコニコ

こちらは、水族館内のえはがきイベント。
photo:07




たのしい時間は過ぎ去って
じいじは長野へあせる

今朝、むすこ1は、
じいじへのお手紙を、ポストに入れてから保育園へ登園しました。
photo:08




ちょっぴり、さみしそうです。
photo:09



また来てねー
ふと気が付いたら、ZARAのオンラインストアでセールが始まっていました~('-^*)/

まっていました音譜
Wむすこのコートやらを買わなくちゃ音譜


七五三のときに来た、
おそろいのダッフルコートも、昨冬のZARAのセールで手に入れたものでした~ニコニコ
(今年用にちょっと大き目を買っていました)



ちょっと男前になれちゃう男児服があるから
ZARAセールは見逃せませんっあせる

今期もよいのがあるかな、わくわく♡