ブログというより、自分の日記化しておりますが
あとから見るのが楽しいので、今年を振り返っておこうと思います('-^*)/

まずは、会社編


株式会社ポーラスタァは、8月から8期目に突注しましたクラッカー


もう8年目なんて、早いですね目
アップちなみに、わたしの仕事人生で、8年も続けられた職場はここがはじめてです(///∇//)



今年のポーラスタァを振り返ると、
ジャンプ前に、バネをぎゅっと縮めた感じのイメージキラキラ


星6月と11月に、マタニティイベントninfesを、他社と共催いたしました。

ご来場いただいた妊婦さんの数は、合計800名キャッ☆
たくさんの妊婦さんにお目にかかることができ、
すてきな感想をいただけたことが、とても嬉しかったです。

ニンプスとしても、ひとつ自信につながったできごとでした。
 



星webサイトニンプスの読者さんが、妊婦さんの3人に1人前後まで伸びました。

これまで、じわじわと増えていた読者様の数でしたが
今年に入って、ぐーんとアップ。
「ニンプスの認知拡大」を、何年もテーマにしてきたポーラスタァでしたが
ようやく巻き続けていた種が育ち始めた実感です。

たくさんのかたに読んでいただける媒体となったことで
嬉しさと同時に、身の引き締まる思いです。



星会社がチームとして動けるようになりました。

これまでは、私がガシガシとコトを前に進めるケースがほとんどでしたが
今年は、ほかのみんなが主体となる仕事がかなりたくさんできました。

先のninfesもそうですが、お味噌教室イベントやニンプスメンバーさんに関する業務
そしてニンプスshop、広告クライアント様とのお付き合いなどなど、
仕事の幅が広がると同時に、担当スタッフが知恵をしぼってコトにあたってくれました。

私が一人で、ガシガシ進めるよりも、ずっとずっと精度があがって、心もこもっていて
とても良い仕事がたくさん生まれました。
少し会社らしくなってきたかな(〃∇〃)





と、こんなかんじで、いくつか大きな潮目がありまして
これらを受けて
仕事に対する手ごたえや自信、誇りが強まりましたかお


よぉ~し、いまだ!


と、ほら貝を吹きまして
今後にむけ、さまざまな改編にも着手しました。

キラキラ新メディア「Ca-sun」(来年1月公開予定)


キラキラwebサイト「ニンプス」リニューアル(来年2月ごろ公開予定)



Ca-sunのロゴはすでに完成しています(°∀°)b

などなど、今年の後半は
水面下でさまざまな準備を進めてきています。

日々の業務を行いながらの、
コンセプトワークや運用までの調整等々、まぁ~本当に大変なことでしたが
それでも、なんとなくスタンバイができてきた感じ音譜


2014年にどしどし公開予定です好



少人数で、しかも全員ママ・パパの会社ですから
大それたことはできませんが、
それでも

妊婦さんやママ、そしてベビーの笑顔を少しでも増やしたい

そんな気持ちで、2014年もポーラスタァは
7名でまた、ブルルンと進んでいく予定ですグッド!


周囲の皆様のご協力や読者様あってこそ。
来年は、少しずつでもお返しができますようににこ
AD

□ メガネ!メガネ!


最近、仕事上で悩みがひとつ。

たまたま、なのですが
官公庁や金融系のかたとお話をすることが続いておりまして

しかも、だいぶ年上の男性ばかりですので、いつもと勝手が違うんです。

まず、話が噛み合わない(-_-)
なにかお尋ねしても、予想外のお答えをいただくため、わたしが話の流れを見失って、会話が続かない(^^;;

話がわからないため、評価いただけるポイントも読めない。したがって、いつも通り(いつも以上に)力を振り絞っても、空振り、いや裏目にでる始末ショック!ショック!

熱意で押せば、根拠を求められ
理論武装をすれば、細部を突かれる。
笑いを取ろうとすると、失笑もしくは不真面目だ、と。

完全にチカラ不足[みんな:03]

普段はママや妊婦さん、お医者様ほか専門家のかた、
企業さんも広報やPR、マーケのかたとお話をすることが多いので
ほぼ同年代ですし、
企業のかたも、クリエイティブ職のためか、男性もスーツのかたがわりと少ない環境。
カチっとしたスーツにも、やや圧倒されてしまうのかなぁ。

と、クヨクヨ、イライラしがちで
子どもたちにも、揺れた空気を感じさせてしまっておりました。


が、なんだか、そういう自分がアホらしくなりまして
ブレイクスルー!!の予感[みんな:08][みんな:09]


なんとかしよう!と、思うのをやめました。
なんとかならない! 笑
消耗も、半端ない! 笑


だから、これはわたしのコミュニケーション力なり、忍耐力をアップするための
研修と思うことにしました[みんな:04]

友人の教えです。
ありがたい(T_T)


一連の流れを、自分でお金を払った研修メニューを受けていると思えば、課題解決は宿題と捉えられますし、
何より、お相手が手強い人であればあるほど、研修としてはラッキーです[みんな:01][みんな:02]
ムキにならずにやれそう。


そうまでして、
苦手に向かう必要があるのか?
と、思われるかもしれませんが

ズバリ、必要なんです。
いまは、チカラをつけて、進みたいタイミングなんです[みんな:05][みんな:06]
そして、なんと、苦に見えなくなってきました 笑

小手先ながら
手始めに、メガネをかけて会議にのぞんでみようかと。
むすこ1が、メガネをほめてくれました[みんな:07]

photo:01


AD

出演のおしらせをさせてくださいラブラブ


明日18日(木)の夜8:55~BSジャパンの「My SWEET HOME」に出演いたします('-^*)/

リビングと家族の在り方について、お話しさせていただきました。
ご覧いただけましたらうれしいです音譜


$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(1歳・4歳児の育児中!)
AD

□ 大学生からみた、かーさん



先週、江戸川大学のメディアコミュニケーション学部さんにおじゃまして
webメディアの現場発の授業をさせていただきました音譜


昨年に続いて2回目となるこの講座。
今年も2年生のみなさまに、お話をさせていただきました(^O^)/

$しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(1歳・4歳児の育児中!)


 キラキラわたしの日々の仕事について
 キラキラwebメディアについて
 キラキラどんな人が、この仕事を楽しめそうか
 キラキラ就職するなら、こんな会社!


と、webメディアの仕事に関するいろいろを
90分の授業でしゃべりたおしました(^_^;)


お話ししたいことがいっぱいで
昨年も今年も、90分ぎりぎりでも足りないくらいあせる

よくしゃべるおばさんだなぁと思っていることでしょう(笑)


さっそく、学生さんからの感想が届きました。
昨年もそうでしたが、これがまたとてもおもしろいんです( ´艸`)
とくに私に関する感想が笑えます。


たとえば、こんな感想や
しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(1歳・4歳児の育児中!)

こんな感じ。
しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(1歳・4歳児の育児中!)


いやいやゞ(≧ε≦o)
年齢が倍も違う(彼らは20歳前後)若者に
子どもの様と言われても。照れます(//・_・//)


そして、昨年も今年も、
話しの最後には


 キラキラ仕事のための暮らしではなく、暮らしのための仕事です

 キラキラ愛する人を守れる、誇れる仕事をしてください


と、必ず伝えてくるのですが
これに対する感想もたくさん頂けます。

私自身、この2つができているわけではないので
偉そうなことは言えませんが、
それでも、どうしても少しでも言っておきたいなと思うんです。20歳のメディア希望のみなさんに。

メディアの仕事をする人って、雑誌でも、テレビでも、webでも、なんでもそうですが
とにかくよく働きます。驚くほど働きます。
体も心も家族も省みずに、働く。
会社に布団を敷いて、徹夜で原稿を書くことがかっこよいと思ってしまったりして
そういう先輩がスターだったりして
わたしもそうやって働いてきましたが
なにかが違うと感じる今日この頃。


美しい心と、気持ち良く育った体
ご飯をおいしく食べ、愛する人と笑って暮らす。


そういう人が出した企画で世の中がいっぱいになったら
ちょっと国が変わるかもしれない。そんな風に思うようになりました。


個人をたたくような報道はなくなるでしょうし
選挙だってもっとまともなことが論点になるはず。
戦争は怖いし、原発について立ち止まって考えたい。

多くの人がそんな風に考えられる世の中。


満員列車に毎朝揺られることもなく
まして、イライラが高じて喧嘩になったりすることもなく
クライアントや上司から、24時間締め上げられることもなく。


もちろん、そんなの甘い幻想かもしれないけれど
いまより少しだけ、優しい国になる気がしてなりません。


たくさん働くことが悪いわけではないけれど
止めてみたらどうなるのかなと。


そんなことをいきなり話しても
この人は、いったいなにを語っているんだ(*_*)
と、驚かれると思いきや

いやいや、学生さんはやっぱり素敵。
ちゃんと聞いていてくれて、ちゃんと考えてくれたりします。うれしいです。

しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(1歳・4歳児の育児中!)


・・・・

しごとも 息子も 彼も 、自分も大好き★ママ社長日記(1歳・4歳児の育児中!)



私たち世代は、あまり上手にできていませんが(私も)
いま20歳前後のかたが社会に出るときには
また少し、なにかが変わっていそうな気がしていますラブラブ
まれな、仕事のお話し。


たまたま昨日、同じような話が2か所で展開されまして
ついでに先日、大学で講義なんかもしたので
その流れで
なるほどーと思ったことを、記しておきます。

(これから起業されるママに、ちょこっとお役に立てるかもです音譜



私は、もともとの職業が編集者なので
新しい企画案を出すときは

企画書ベースでは
星人に伝わりやすい言葉で作る
星ビジュアルを入れてわかりやすくする
星さらに、象徴となるようなわかりやすいキャッチーフレーズやネーミングを入れる
↑じつはここに一番パワーを使います。たとえば媒体名は「ニンプス」です!みたいな感じ。


そしてプレゼンでの話し言葉は
情熱をもって、相手に向き合って  を意識しています。


こんな感じでプレゼンをして、編集長なりクライアントなりに
企画案を出してきました。


で、編集長なりクライアントなりが

「かーーーっ、しびれるっ(≧▽≦)いいねビックリマークこれで行こう!!

と、おっしゃるか、あるいは

「うーむ、ボツ」(←理由すら聞けない。鼻で笑われることもあせる


こんな感じで、やる・やらない、つまり良い・良くないが、ジャッジされます。


つまり、企画を出すほうも判断するほうも
すべてで動いている世界。

おそらく、、、おおくの出版物はこんな風に作られていると思うんですよね。
専門書や実用書、ゴシップ誌は違いますけどね。



ですので、私は
出版社でない会社に入りまして、非常に苦労をしました。


「この企画をやりましょうグッド!


と、自信満々でもっていっても通らない。
キャッチフレーズをピカピカに磨いても、
企画書をわかりやすく作っても
どうしても通らない( ̄* ̄ )


わたしとしては、

ほぼ成功が見えているんだから、あとは予算とスケジュールに沿ってやるだけです

くらいの勢いなのに
どういうわけか、通らない。あははー。


で、この企画の何が悪いかを問うと必ず
証拠がないと言われるわけです。


しょ、証拠???(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)

こんなに明らかなことに証拠を求めるんですか?
斬新すぎる企画ではなく、ほぼ見えている事柄なのに証拠??
な、なんのために?(@_@)

証拠を作っている間に、出来上がっちゃいますけど。
みたいな。



と、編集者あがりのわたしは
マーケティングという概念がなく、

いや、あるんですけど、数値で示すマーケではなく
風を読むマーケなんですよね(笑)


だから、一般的な場で企画を通せなかったんです。



でも当時はそれがわからないものだから
「企画がだめなんだ」と思い込んでいました。


で、ママ起業家とかこれから起業されたい方に話を聞くと
多くの方が、編集者タイプで事業を起こそうとしている気がします。


市場分析とか競合調査はあまりしておらず
自分の感覚として、これを出せばいける・よそはまだうまくできていない・そして私は実現できる
そういう勘だけで動くんですね。

数値をとって証拠を積み上げたりはしない。


わたしは、それが悪いことだと思わない。
そういう時の人の勢いというか、もっといえば魂のきらめきキラキラみたいなのはすごいです。
そこで、証拠を出せとか揚げ足をとると、
そのきらめきみたいなものがくすんでしまうことだってあります。


だから、そういう勢いというか、勘は大切にしたいと思っています。


ただ、ただね。
私も会社を7年やってきまして、
勘を人に伝えるには、やってみせる以外にないと気がついてきました。

やって見せれば「あぁそういうことかビックリマーク」と
みんな応援してくれるのでいいんですが


でも、そのスタイルだと
始める前に協力者を集めるとか、お金を集めることが難しいんです。


だから、多くの人が「ならば協力しよう」ということを
先に証明しておくのも、そんなに悪いことではないように思えてきました。

証拠を出すのは、思っているより難しくないです。
みんなが見たいタイプの証拠を、数字で出して、夢が広がるようにする。
私たちが頭の中で描いている「絵」を、「数字」に変換する


じつは、そういうことが得意な人もいるので
相談するとよいかもしれません。

お金のことは、マネーに強い職種の人に相談。
市場のことは、マーケの部署にいる友人なんかに相談。


反対に、数字で資料を作るのが得意な方で
どうしても企画が通らない!というかたがいらしたら
ぜひ編集者に相談してみてくださいグッド!

企画書の言葉や絵が、より人に伝わりやすくなるように直してくれると思います。




・・・それでも通らない場合は
やっぱり企画を見直したほうがよいですが、


お金とスケジュール・市場や競合・風

の3つの視点から分析してダメなものは、なかなか難しいということかもしれません。


勘でいける!というものが
お金や市場の問題で通らないのであれば

もしかすると、、ですが
3年後とか5年後には通せるチャンスがくるかも。

風を読む人は、ちょっぴり肌感覚が早めなことがあります( ´艸`)




「いいねグッド!」ってするのに証拠なんていらない、って思うんですが
ビジネスの世界でやっていくなら、パッションとひらめきも数字に通訳しないとですねあせる