GRAPEVINE IN A LIFETIME
初日の渋谷AXに行ってきました。
そういやSHIBUYA-AXは今月いっぱいで営業終了とのことで、
それはそれでちこっと感慨深いものがありますね。

Lifetime/GRAPEVINE

¥3,146
Amazon.co.jp

1999年5月19日リリースの2nd”LIFETIME”
まぁどのアルバムにせよ外せる作品はないのだけど、
確かにこの2nd.は多くのファンを獲得したことも含めて、
特別な意味を持つ作品なんだろうな。
因みにあたし的なソレは3rd”Here”なのだけど、苦笑

ということで発売15周年を記念しての再現ライブ。
無論それだけでは時間が余ってしまうので、
本編と+αの2部構成でした。

第一部
「Lifetime」再現ライブ

第二部
1.This town
2.JIVE
3.空の向こうから
4.熱の花
5.豚の皿
6.Reverb
7.ミスフライハイ
8.超える
-en-
9.アナザーワールド

結果個人的に楽しめたのは本編じゃない方でしたね、、
やっぱり15年というのは長くて
あの作品の良さが発揮されるのは鬱屈した20代であってこそだな…と。
勿論成長した今の彼らが歌ってもそれはそれでよいのだけど、
年老いて乾いた心にあの内容はどうも窮屈な感じがするというか…
だから今現在の彼らが自ら選んで演奏した(であろう)
後半の楽曲の方がまだしっくり来る感じだったというかね。
まぁそれは喜ぶべきことだとは思います。
過去の栄光にいつまでもすがるのはらしくないというか、、
当時の楽曲が幾分ぎこちなく思えるいのは互いに成長している証かと。。

とは言いつつ
やっぱりLIFETIMEが名盤であることは間違いなく。
あたしが当時まず惹かれたのは”光について”だったなぁ…(遠い目)w
この出会いがなければここまでバインにハマってなかったかも?
何はともあれまだまだ彼らについてゆく所存です。。


AD
長かった冬が終わりを告げそうで、
間もなく桜もちらほら咲き始めそうなそんな頃。
やっぱり聞きたくなるのはhere♪(@YouTube)
多分生涯連れ添えるような音楽とは
多感で不安定な精神状態の若い頃じゃないと出会えないのかもしれない。

誰かを想うことを。
弱さゆえに覗かせた鋭利を。
センチメンタルや欲望や諦めを。
やり場のない苛立ちを。

それでも季節はめぐり色鮮やかな春を。
根拠のないポジティブを。

Here/GRAPEVINE

¥3,059
Amazon.co.jp

AD

ZIGGY 30th NIGHT STAND 2014

テーマ:
ZIGGY 30周年TOUR2014初日に行ってきました。
んで懐かしい動画も見つかったのでついでにw



あたしの中で彼らは 6th「KOOL KIZZ」で終わっていて、
特に好きなのは3th「HOT LIPS」4th「NICE&EASY」あたりで、、
故に今日は知らない曲も多かったのだけど、
それでも懐かしい想いも相まってなかなか楽しめました♪
特に1980年代後半の曲を主軸に構成された序盤と終盤がよかったですね。
でも結局メンバーが集まらなかったのとか、
個人的にはBORN TO BE FREE♪とかやってくれなかったのがちと残念。。

因みにサイト覗いたらいつの間にかAX追加になってる。
あたしはもうお腹いっぱいだけど、
O-EAST逃した人は是非★

NICE&EASY/ZIGGY

¥3,066
Amazon.co.jp

AD
19日の東京ドームへ行ってきました。
流石に年齢層は高めだけど、小学生や中学生等
親子や家族連れの姿もチラホラあり、ビートルズ人気?は
世代を問わず衰えない感じでしたね。
あたしも正直ポールのソロまでは追ってなくて、、
でも過半数がビートルズの曲だったので十分楽しめました♪
71歳で2時間半とか大丈夫なのかな?とか思いつつ、
いやぁ見事でしたね。余計な休憩もなく普通にやってのけてました。
音楽のみならず測りきれないほどの様々な功績を残した当人に生で会えるなんて、
内容よりソコへ行くことに意味があったイベントでした。

因みにあたしの場合、ビートルズは親がリアル世代で、
母なんかは学生当時レコード店でビートルズのLP眺めていたら
見知らぬ外人が買ってくれたりとかしたらしく、、
なかなか貧乏加減が伝わるエピソードを教えてくれたりしました。
まぁ当時の多くの日本人は貧しかったと思いますが。。
あとあたしら世代で言えばひらけポンキッキでビートルズの曲が
数多く使われていたのも刷り込まれた要因としてありますね、
PleasePleaseMe♪なんかは特に印象深いです。

いずれもまたどうゆう形かで次の世代にも伝えていきたいですね。
もちろん息子にはどこかのタイミングで伝わることでしょう♪

名盤ライブ「SOMEDAY」

テーマ:

SOMEDAY/佐野元春


1982年、佐野元春の3rdアルバム「SOMEDAY」
その名の通り”名盤”を忠実に再現するLiveに行ってきました。
名盤ライブは海外では一般的?とか聞いたことあるけど、
それの邦楽版ということで企画された第一弾がコレ。
今後どんな名盤が出てくるか気になるところですね。
因みに31年前の当時、あたしは小学3年生。
もちろんリアルで聞いていたわけではないけど、
やっぱりロックに触れればおのずとSOMEDAY♪は
知ることになる名曲ですよね。
とかく客層はあたしよりは大分年上が多かった感じで、、
まぁそりゃそうか…笑

改めて考えると1982年当時はまだレコードでしたね。
ジャケットからレコードを取り出してプレイヤーに乗せて、
オートモードでアームの針がレコードの外周に落とされて…
といった映像と共に1曲目「シュガータイム」が演奏される。
この演出はよかったですね。
A面最後のSOMEDAY♪が終わるとレコード盤裏返したりもw

佐野元春は昔から好きでアルバムも幾つか持ってたけど、
実は生は今回が初めて。んでその初めての生が
SOMEDAYの名盤ライブとはなかなか贅沢なひとときでした。
アルバムの再現なので時間も短めで年寄りには丁度良いかも?w
もちろん普通のライブもいいのだけど、
アルバムの曲順にだって想い入れはありますもんねぃ。。
既に解散してしまったバンドなんかは難しいかもしれないけど、、
もっとこの企画が続けばいいですね。

名盤ライブ「SOMEDAY」


グッド・バイ/安藤裕子


のうぜんかつら♪がきっかけで彼女の存在を知って、
あれからもう10年近く経つから、
やっぱり新作と言えど新鮮さは徐々に減ってきている。
かといってやっぱり彼女ならでは!
と思わせる部分もしっかりあるからなかなかやめられない。
いずれも彼女が歌手になる前のオーディションか何かで選んで歌ったのが
チャラの Break These Chain♪ だったということだけでも
彼女を追う理由には充分すぎる気もします…笑
(その選曲だけで彼女のポテンシャルが伺えます)

あとこれは全くもって主観なのだけど、
(そもそもブログはそれが前提なのだけど…)
歌にしろ絵画にしろ文学にしろ、
芸術というのはある意味”陰”であったり負の部分。
そういったのをいかに表現できるかなんだと思う。
そうゆう意味で彼女のネガティブテイストな楽曲が特に好きなのです。

あなたには私の涙もあげる
誰よりも強い悲しみを~♪


小さな生き物

テーマ:


スピッツの14枚目のアルバム。
いつか電車の吊り広告で新作が出るのを知って、
ちょっと気になったのでポチってみた。
今時アナログな媒体でピンと来ちゃうこともあるんだな、、
ただこれといった理由はないのだけど、
魔が差したというか、まぁ縁なんてそんなものかもしれない。
あ、CDではなくて、iTunesです。
一昔前まではCDを所有することの意味というか、
歌詞カードを手元に置いておけることもあったり、
積極的にCDを買っていたのだけど、
もう最近は歌詞なんてネットで幾らでも見れちゃうし…とか、
そう考えるとほんとせせこましい世の中になったものだ(苦笑)

んで新作の感想については良くも悪くもスピッツ♪である。
昔から変わらないクオリティは流石?
そうゆう意味では確かに新鮮味はないのだけど、
相変わらず癒しぃな感じの曲が多くてやっぱり和みますです。
歌詞はまだちゃんと把握してないけど、
きっと彼ららしいギミックがあるものと期待してたり…
そうゆうとこは大好きです。

因みにあたしのスピッツとの出会いは学生の頃の音楽雑誌で、
当時”ヒバリのこころ”とかいうワードが妙に印象に残っている。
ただちゃんと曲を聴いたのはロビンソンだけどw
でもってその頃は流行りすぎてCDまでは手にしなかったな。
結局買ったのは「フェイクファー」と「花鳥風月」に「三日月ロック」…
で終わってしまってました。
これを機にまた新作を買うか?と問われれば多分Noなのだけど、
スピッツに限らず、いつしか追わなくなった音楽と
たまに向き合うのも良いかもしれません。

小さな生き物/スピッツ

¥3,059
Amazon.co.jp



かつてのように若くはないのがおっかないが…
失った夢の続きを見るのだろう~♪

今回はなんとなく気負いがないというか、、
もう随分前からかもだけど、今回は余計感じましたネ。
思春期ノスタルジィな悲壮感がないのはそれはそれで寂しいのだけど、
まぁね、アラフォーのオッサン達ですから…苦笑
いずれも仲良く楽しそうに演奏してる彼らを観るのも良いものです。
特にアニキの投げやり?ピック投げ。がちとツボでした、笑
んでもってセトリ(セットリスト)↓

1.なしくずしの愛
2.冥王星
3.I must be high
4.迷信
5.マリーのサウンドトラック
6.うわばみ
7.コヨーテ
8.ピカロ
9.Wants
10.Pity on the boulevard
11.1977
12.It was raining
13.太陽と銃声
14.われら
15.虎を放つ
16.NOS
17.白日
18.ナポリを見て死ね
19.片側一車線の夢
20.無心の歌
-en1-
21.Darlin' from hell
22.Reverb
23.フラニーと同意
24.真昼の子供たち
-en2-
25.作家の顛末

個人的には冥王星、マリー~、ナポリ~、作家~あたりが
キュンとしちゃったかなぁ、、
逆にやっぱり1977はライブは難しいと思いました。
いや曲は至極好きなんですけどね。
そういう意味で今作(アルバム)は至極POPだったんだなぁ…とか改めて。。

でかい当たりを掴んでしまった~♪

きっとバインファンはグレイプバインと出会えた事が
でかい当たりだったんだろうなと思う。
ここまできたらもうあぁだこうだ言うこともないので、
彼らの好きなように出来るだけ長く?続けていって欲しいものです。




愚かな者の語ること [初回限定盤]
(アナログ盤LPレコード・ジャケット仕様)
/GRAPEVINE

怒れる小さな茶色い犬-130503a

愚かな者の語ること。
日々エンドレスループで馴染ませながら
記事をupするタイミングを計っていたのだけど…、、
まぁ毎度ながら無意味すな(苦笑)
第一印象はふわっと軽いなぁ…てな感じがしたけど、
やっぱりじわじわきてますね。
このじわじわが自身の中であと何日?何ヶ月?何年?で
味を結ぶかは未知数です。。

まず最初と最後が好きになりましたね。
無心の歌♪なんかはバインの真骨頂というかど直球な感じだし、
この1曲でファンの心を鷲掴み間違いなし?(笑)
そしてラストの虎を放つ♪は鳥肌ソングとまでいかないけど
とても熱いものがこみ上げてきます。
全般的には序盤の暗さ…重たさが後半に向けて
徐々に軽やかになっていく感じかなぁ?
それこそミスチルが歌ったら普通に売れちゃいそうなうわばみ♪とか、
カントリー調の片側一車線の夢♪が後半にあるのも
そう感じさせる一因かもしれない。
あ、勿論アニキの癒しソングもなかなか好みです♪

んでふと気付けば”これが最期の…”が脳内ループで…

「刻まれるのはこんなもので…」(by 1977♪

あぁまたそんなこと言われると泣いてしまう。
もう彼の言い回しは随分と慣れっこなハズなのに、
性懲りもなくアホみたいにジンジンきちゃいます。。
まさに四十路男のカタルシス…?(笑)




愚かな者の語ること [初回限定盤]
(アナログ盤LPレコード・ジャケット仕様)
/GRAPEVINE



改めて、言い得て妙だな…(苦笑)

毎年似た様な事書いてるけど、
やっぱりまだあの頃はもっとシンプルで、
社会や大人といった敵対する対象が明確にあって、
教師だからとか立場を利用した理不尽な締め付けや
それに抗うといった構図も明確で、
その代償がバイクやガラス…

不自由である事の自由。
自由である事の不自由。

いつの時代も若者は悩みを抱えていて、
ただ今の若者を彼が救えるかは未知数で。。

そういえば尾崎ハウスが解体されたのは
つい最近のことのような気がしたのだけど、
調べたらもう2年近くも前のことだったんですね。
特にコレといった理由はないのだけど、
一度は訪れてみたかった気もしたりとか。




十七歳の地図/尾崎豊