繊細さんの読書会&カウンセリング~こもれびの部屋(HSP・内向型)

繊細さんの読書会&カウンセリング~こもれびの部屋(HSP・内向型)

大分県豊後高田市ののどかな場所にある
小さなカウンセリングルームです。
こかげでほっと一息つくように
ゆるやかに過ごして頂けたら嬉しいです。



大分県の豊後高田市のはずれの
小さなカウンセリング&図書ルームを拠点に

繊細で気持ち細やかな心の女性が
ありのままの自分を肯定し、
心の幸せを育てていくお手伝いをしています。

木かげでほっと羽根を休めるように

ご利用していただけたらうれしいです。


クローバー現在ご利用できるメニュー(オンライン、電話も可)はこちら です。



こんにちは。

かわのみどりです。
今、辛いあなたに読んで欲しい。私の自己紹介はこちら
 

 

 

今の状況から

変わりたいから。

もっと気持ちよい毎日を
過ごしていきたいから。

 

もっと自分を大切にしてみよう

自分に向き合ってみよう!

そんな歩みを始めた方から

時折伺うことがあります。

 

 

それは…

 

「なんだか、前より苦しくなった気がする」

「今まで、だいじょうぶだったことが嫌になってきた」

「これでいいのですか?間違ってない?」
「進むのが怖い…」  

 

そんな気持ち。

         
 

 

 

 

今まで、

「すべきこと」

「しなくちゃいけないこと」

「周りに喜んでもらえそうなこと」を

優先して、自分の気持ちを
見ないようにしていたり、

後回しにしてきた方にとって、

 

自分の気持ちを

みつめることって、

それだけでも、

ドキドキしますよね。

 

みつめてみて

それまで気づかなかった

気持ちに 気づいた瞬間に

 

頭の中の「こうすべき」や

「そんなことは許されない」が

のしかかってきて、

どうしていいか分からなくなることもあるかもしれません。

 

 

けれど、自分の中の

「なんか嫌だな」

「これは、違うな」

「これをしてみたい」

「本当は、こういうことが好きなんだ」

 

そんな気持ちや感覚に

気づけたことは、すばらしいことです!

 

 

 

まずは、ここまで

こられたことに

花丸をあげてくださいね

 




 

そのうえで、

そんな自分のために

小さなことから少しずつ

できることを、見つけていけるといいですね。

 

 

たとえば、

今まで、同僚と当然のように

ランチを食べていたけど、

実は、その時間が楽しくなくて、

「本当はひとりでのんびり過ごしたいんだよなぁ…」

と気づいたとしましょう。

 

だからといって、無理に
「明日から、ランチを別に!」

なんて、しなくていいと思うんです。

 

今の状況の中で

なにか できそうなこと

 

 

たとえば

今までより、少しだけ早めに

同僚とのランチをきりあげて、

5分は外に出てゆっくり空気を吸う。

 

ときどき、

何か理由をつけて

ランチを一緒にしない日をつくる。

 

逆に、

ランチが少でも楽しみに

なるような、おいしい

デザートや話題を用意してみる。

 

とりあえず、

仕事のあとには

お気に入りの眺めのいい場所や

好きなカフェによって、一人のじかんを

つくるようにしてみよう。などなど。

 

 

 

 

すると、

それだけのことでも、

気分が変わったり、

身体がほっと 楽になるのを

感じられるかもしれません。

 

 

 

 

状況はこんなだし

周りの人はあんなだし、

 

どうしようもない。

自分にはどうしようもできない。

もしかしたら、

そんな風に思われる方もいるかも

しれませんね。

 

けれど、
今思い浮かばないとしても
できることは必ずありますし、

あなたが、本当に変えたいと思うなら、
変えていくことはできます。

そのことを、お伝えしたいなと思いました。

 




 

「自分を大切にするって、何からどうしたらいいか分からない」

「人のことばかりに時間をとられて、自分のことができない」

「毎日ストレスがいっぱい。どうしたら楽になれるんだろう」

「ほんとに、自分を大事にしてもいいの?」

 

 

そんな気持ちの方には

こちらのメール講座(無料)も

お役に立てると思います。

 

      ↓ ↓


 

 

 

 


また、したいことや

進みたい方向は分かっているのに、

なかなか…と感じている方は

 

頭とこころの葛藤を

じっくりと解きほぐしていけると

進みやすくなると思います。

 

一人では難しいなという部分は

カウンセリングで伴走

していくこともできますので

必要なときは、おっしゃってくださいね。

      ↓

繊細な心を整理し、あなたらしい幸せを育てるセッション

(現在、オンライン、電話にて実施しています)

 

 


(今日の写真は、最近庭に咲いたかわいいこたち)

 

 

 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆

 

 

 


 

 

こんにちは。

かわのみどりです。
今、辛いあなたに読んで欲しい。私の自己紹介はこちら
 

 


わたしのカウンセリングを

受けられる方は

 

相手のことを思いやり

先回りやがまんしすぎて

苦しくなってしまう

そんなタイプの方が多いです。

 

そして、

そういう方の多くに

共通するなと思うことがあります。

 

それは、

誰かの気持ちや状況を

思いやるあまり

相手が嫌がりそうな感情を

ひっこめるということ。


 

 

特に、相手が

お世話になった人だったり

仲良くしていきたい人だったりすると

 

 

「嫌だ」「悲しい」「好きじゃない」
「不満だ」「賛成できない」

そんな気持ちを、

瞬時に否定したり

 

気持ちを感じる前に

無意識で蓋をしてしまう

なんてこともあるかもしれません。

 

 

 

 

もし、あなたが

「わたしも、そうかも?」

と感じられるなら、

お伝えしたい大切なことがあります。

 

 

それは、

大好きな人に

「嫌い」って思ってもいいし

 

お世話になった人に対して

「嫌だ」って言っていいんだってこと。

 


(愛おしい たいちゃんでも、真夜中に起こされたときは、イラッとするしね^^)


 

そう、

大好きと 嫌い

ありがとうと 嫌だ

感謝してると 腹が立つ

どれも、両立するものなのです。

 

こころには、いろんな気持ちが

あっていいんです!

 

 

人のこころは複雑で奥深いもの、

好きな人だからって

24時間、365日

100%ぜーんぶ好き

なんて、なかなか、ありませんよね。

 

こんなとこが好き。

こんなとこもいい。

こういうとこも、素敵だなと思う。

けれど、あの時の態度は

わたしはすきじゃないな。 とか

 

 

あのとき、お世話になって

あのときも、助けられた、

あの時も、学ばせてもらった。

尊敬してるところもいっぱいある。

けれど、その考えは賛成できないな とか

 

そういうことは あっていいことですし、

あるのが、当たり前です。

 

 

 

そういう自分の中にある気持ち、

特に、小さな「嫌」や

モヤモヤやひっかかりを

一つ一つ大切にしていけると

 

自分のことが

もっと理解できて、

自分のいごこちを

よくしていけるようになります。

 

すると、人といることも

もっと、楽になりますよ

(一緒にいたくない人と、ちょっと離れるという選択もできるしね)


image

 

 

 

 

人間関係の原点は

いつだって自分との関係です。

 

人と気持ちよく

つきあえるようになりたいなら


がまんする、

自分を抑える以外の

もっと豊かでのびのびした

関係を育てていきたいなら

 


まずは、自分の気持ちを

1つ1つ大切にする。

どんな気持ちも

できるだけ、受け止めてあげる。

 

そこからはじめていきましょう♪



 



 


久しぶりの

メールマガジン、今晩配信します。

 

わたしが、無力感を感じたときに
助けてくれた習慣について

ご紹介してみました。


興味のある方はこちらからどうぞ。

 

    ↓ ↓



 


 

 

**

 

 

5月の繊細さんの読書会、

5・6月の貸し切り図書ルームは満席です。

読書会関連のお知らせは
公式LINEより優先してご案内しています。

お気軽にご登録くださいね。

     ↓

 

 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆

 

 

 


 

 

こんにちは。

かわのみどりです。
今、辛いあなたに読んで欲しい。私の自己紹介はこちら
 

 

昨日から、連続講座

「繊細さんが 安心で穏やかな毎日を育てるコース」

がはじまりました。

 



オンラインでのこのコースは

九州や関東各地より

ご参加頂いて

 

みなさん

それぞれ はじめまして同士

 

最初は、それぞれ

緊張されていた様子でしたが

(よーく分かります!)

 

 

お互いの

やさしいまさざしや

共通の想いにも触れながら

 

時間の経過とともに

場がじわじわとなごみ

あたたまってきた様子を

うれしく感じました。

 

 

今回は、

・自己概念を見直すこと

・自信がなくて苦しくなる3つの原因を知ること

・体と心を落ち着かせること などを

 

いくつかのワークをしながら

学び、感じていただきました。


 

 

コースの名前に

「安心」とついているのは

そして、はじめに

心身を落ち着かせることをしていくのは

 

周りの人の気持ちや機嫌

雰囲気を細やかに感じ

合わせすぎがちな

繊細なタイプの方にとって、

まず、安心や安全を感じられることが

何より大切だと感じるから。


 



身体が落ち着き、

こころが安らぎ

思考のぐるぐるを少し

ゆるめたり、休めることができたら、

 

あなたは、

もっと あなたでいることに

くつろげるようになるでしょう。

 

あなたは

自分でいることが、もっと

楽で、楽しく感じられることでしょう。

 


そうしたら、

 

もともとある

あなたの存在力や、

様々な魅力や、豊かさが

自然に広がって、

 

周りも

あたためられていくことでしょう。

 

そんなやさしい循環の

真ん中には

安心と安全が

不可欠だと感じるのです。

 


 

 

 

参加の方

おひとりおひとりが

 

こころを開いて

話してくださったことばや表情

ひとつひとつに、共感したり

じんわりしたりと、まだ、余韻に浸っています。

 

 

ご参加くださった皆さま

豊かな時間を

ありがとうございました。

 

 

次回も、ご一緒できますこと

とっても楽しみにしています。






 


 

講座やセッションなどの

最新情報は、メールマガジン

より優先してお知らせしています。

 

    ↓ ↓



 


 

 

**

 

 

5月の繊細さんの読書会、

5・6月の貸し切り図書ルームは満席です。

読書会関連のお知らせは
公式LINEより優先してご案内しています。

お気軽にご登録くださいね。

     ↓


 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆

 

 

 


 

 

こんにちは。

かわのみどりです。
今、辛いあなたに読んで欲しい。私の自己紹介はこちら
 


ゴールデンウイーク

いかがおすごしでしたか。

 

わがやは、

ほぼ家や近所で
のんびり過ごしました。


(今年は、イモもたくさんうえたよ~)

 

 

 


 

ここしばらく
思いがけないできごとが

続けてあって

なんとなく気持ちが

落ち着かない日々でした。


 

 

わたしが

できることはなんだろうと

あれこれ考えつつも

 

 

大きなものの

力を信じながら

 

自然とつながり、

自分とつながり

ここにしっかりいること。

 

それを、まずは

丁寧にやっていこうと思いました。

 

 

 

人生って

人それぞれに、

いろいろなことがありますよね。

 

「どうして?」って

思うこともありますよね。

 


今、辛い状況、

思いがけないことに

気持ちが波立っているあなたに


わたしも励まされた

このことばを

今日は、ご紹介させてください。

 

 

 


大きなことを成し遂げるために、
力を与えて欲しいと神に求めたのに、
謙虚を学ぶようにと、弱さを授かった


偉大なことができるように健康を求めたのに、
より良きことをするようにと、病弱をたまわった


幸せになろうと富を求めたのに、
賢明であるようにと、貧困を授かった


世の人々の賞賛を得ようとして、

成功を求めたのに、
得意にならないようにと、失敗を授かった


人生を享受しようとして

あらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるようにと、命を授かった


求めたものは

一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた


神の意にそわぬものであるにもかかわらず、
心の中の言い表せない祈りは、すべて叶えられた


私はもっとも豊かに祝福されたのだ


 

~グリフィンの祈り~ 

(ある兵士が教会の壁に書き残したことば)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このことばは、

10年位前に

はじめて出会ったのですが、

 

 

少し前に、

不思議な導きで

また味わう機会がありました。

 

 

以前より

ずっと素直に、そして

実感と共に受け止められる

自分が、うれしいなぁと思いました。

 

 

人も、

ことばも、

出来事も 

 

必要なときに ちゃんと、

出会えるようになっているのでしょうね。

 

 

 



 

 

(東椎屋の滝、神々しかった!)

 

 



あなたの日々が


大きな存在の

祝福とやさしさを


どうぞ感じられる

ものでありますように。







 

 

**

 

 

5月の繊細さんの読書会、

5・6月の貸し切り図書ルームは満席です。

読書会関連のお知らせは
公式LINEより優先してご案内しています。

お気軽にご登録くださいね。

     ↓

 


 

 

ものごとを細やかに感じ考え

悩みやすい女性のための

「幸せこころ通信」
のんびりペースで配信しています。

 

    ↓ ↓



 

 

 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆

 

 

 


 

 

こんにちは。

かわのみどりです。
今、辛いあなたに読んで欲しい。私の自己紹介はこちら
 

 

 

身近な人に「やさしくできない」って

お悩みを伺うことがあります。

 

そんなお悩みを

お持ちの方は、

もともと、やさしい人です。


 

たとえば、普段は

人の素敵なところを

たくさん見つけることができるし

 

誰かが上手くできないことも

「しょうがないよね」って
大概のことは理解しようとしたり

受け入れることができる。

 

まわりの人からも

「やさしいですね」

「気配りができますね」
そんな風によく言われる。

 

 

それなのに

 

身近な人に対しては、

ちょっとしたことでイラッとしたり

「どうしてそうなの?」

なんて思ってしまう。

 

なんだか厳しくなってしまう。

 

「やさしくありたい」と

思っているからこそ、

それは、悩みや苦しみに

なるのではないでしょうか。

 

 

今日は、そんな

あなたに向けて書きますね。

 



あなたが、身近な人に

やさしくできないのはなぜでしょうか。

 

 

理由はいろいろ

あるのでしょうが

多くの方に共通することとして

 

近くの人ほど、

自分の心をうつしやすい

という心のしくみが

影響していているのだと思います。

 

 

だから、身近な人であるほど

自分に課していることを
求めてしまうし

他の人には多めにみれることも

厳しい目で見てしまうのですよね。

 

 

特に、自分が

がまんしていることを

身近な人がしていると

とても、心が波立ちます。

 


たとえば、

 

時間やきまりを

しっかり守るあなたは

ルーズな旦那さんに

イライラするかもしれません。
 

 

人の気持ちをいつも考え

自分の主張を抑えているあなたは

言いたいことばかり言ってるお姑さんに

憤りを感じるかもしれません。

 

 

人に頼らず、なんでも

一人でがんばろうとするあなたは

甘えんぼうの子どもに

モヤモヤを感じるかもしれません。

 

 

 

 

 

…ということは、

身近な人に

やさしくできないあなたが

 

まず、やさしくして

あげたらよいのは誰でしょう?

 



 グワッ? グワッ?

 

 

 

 

 



 

そう、あなた自身です。

 

 

 

周りの人にやさしくしたいなら、

まず、自分にやさしくする。

 

 

日々の自分に対して

「よくやっているね。」

こまめに認め、いたわってあげる。

 

 

辛いときに、叱咤激励するのではなく

「きついね。」
「できる範囲でいいんだよ」

って伝えてあげる。

 

 

そういう自分への

日々のやさしいまなざしが

あなた本来のやさしさを

取り戻すチカラになるのです。

 

 

 

誰かにやさしくしたいなら

まずは自分にたっぷりやさしくしてください。

 

 


やさしい人でいたくて

つい、がんばりすぎたり

自分に後回しにしがちな

あなたに、伝えたいことです。

 

 

 (写真は 先週末の大神ファーム



ゴールデンウイークがはじまりますね。

 

やさしい心地よい時間が

過ごせますように。



 

 

 

**

 

 

5月の繊細さんの読書会、

5・6月の貸し切り図書ルームは満席です。

読書会関連のお知らせは
公式LINEより優先してご案内しています。

お気軽にご登録くださいね。

     ↓

 


 

 

ものごとを細やかに感じ考え

悩みやすい女性のための

「幸せこころ通信」
のんびりペースで配信しています。

 

    ↓ ↓



 

 

 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆

 

 

 


 

 

こんにちは。

かわのみどりです。
今、辛いあなたに読んで欲しい。私の自己紹介はこちら
 


少し前に

堀江敏幸さんの「なずな」

という小説を読みました。

 

生後2か月の赤ちゃんを

突然、預かることになった

叔父とその周りの人たちの姿が

やさしいまなざしで描かれている

じんわりする お話なのですが

 

 

その中に紹介されていた

まどみちおさんの詩がまた

このお話にぴったりすぎて

 

こころに響いて

 

なんども

思い浮かべてしまいます。




 

調べてみたら、「ぼくがここに」

という題名の詩でした。

 

 

・・・・・
 

ぼくが ここに いるとき
ほかの どんなものも
ぼくに かさなって ここに いることは できない

もしも ゾウが ここに いるならば
そのゾウだけ
マメが いるならば
その一つぶの マメだけ しか
ここに いることは できない 

 

ああ このちきゅうの うえでは

こんなに だいじに

まもられているのだ

どんなものが どんなところに

いるときにも

 

その「いること」こそが

なににもまして

すばらしいこととして

 

 

 

 

何ができるとか

できないとか

人から評価されるとか

されないとか

ここが違うとか違わないとか

 

それより

もっと、

すばらしいのは

あなたがそこにいること

 

あなたが

あなたでいること

 

 

 

 

そんなことを

胸の奥で感じながら

 

あなたにしか話せない

あなただけのお話を

大切に、たいせつに

聴かせていただいています。



 

 

 

**

 

 

5月の繊細さんの読書会、

5・6月の貸し切り図書ルームは満席です。

読書会関連のお知らせは
公式LINEより優先してご案内しています。

お気軽にご登録くださいね。

     ↓

 


 

 

ものごとを細やかに感じ考え

悩みやすい女性のための

「幸せこころ通信」
のんびりペースで配信しています。

 

    ↓ ↓



 

 

 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆

 

 

 


 

 

こもれびの部屋

かわのみどりです。

 

「図書ルーム、気になってるけど、どんな感じですか?」

「予約した人は、どんな風に過ごしてるの?」

と、聞かれることがあります。

 

そうですよね。

なかなか、イメージわきづらいですよね。

 

 

図書ルームは、

大分県豊後高田市のはずれにある

8畳ほどの小部屋です。

(普段は、わたしのカウンセリングルームです。)
※くわしい場所はコチラになります

 

 

小説、エッセイ、詩集、絵本、

メンタルケア関連の本 など

 

こころがほっとしたり

生き方のヒントになるような

本を1000冊程おいています。
 



このお部屋を、ごく限られた日数では

ありますが、ご希望の方に
ご利用いただいています。


以前は「どなたでも」という

形にしていたのですが

より安心にくつろいで

いただけるように現在は

完全予約制という形になっています。

 

お一人でも

お友達同士でも大歓迎です♪

 

5月まで満席ですが、
6月以降お越しになりたい方は、

こちらよりご予約ください。

6月ご利用の方 予約フォーム (残席1)

ありがとうございます。6月も満席になりました。



 

来られた方はどんな風に

過ごされるかというと、

 

たいがい入って、

「わ~」っていわれて
好みの本を手にとられたり

読まれたりされます。

 

15分くらい見学

される方もいれば、

1~2時間じっくり

読まれている方もいます。

 

その間は、

わたしは別室にいますので

ゆっくりおくつろぎくださいね。


(Mちゃん、Kちゃん、何度も写真使わせてもらってありがとう)

 

 

 

ご希望のタイミングで

隣の和室に、

お飲み物をお出ししますので、

一緒にお茶しましょう。

 

(もちろん、先にお茶&おしゃべりして

後から本を読むでも、OKです)


利用料は無料です。

 

全体で1時間半~2時間半位

過ごしていかれる方が多いです。

 

 

ただし、

「図書ルームの利用日」は

あくまで、お部屋の利用日として

ご準備していますので、

 

もし、

「いっぱい話を聴いてほしい」

「カウンセリングを受けたい」

というお気持ちのある方は、

そちらのコースを 

別にお申込みくださいね(こちらは有料です)

 

カウンセリング、傾聴などのメニューはこちら

 

 

(たまに、猫カフェになります)


 

 

 

図書ルームや、読書会の案内は

通常、公式LINEからさせていただいています。

もし、興味のある方は

ご登録されておいてくださいね。

 

     ↓

(読書会、図書ルーム専用公式LINEです)

 

 


 

 

 

 

メールマガジンでは、

ものごとを深く感じ考え

悩みやすい女性に向けて、

こころが喜ぶ毎日を育てていくヒントや
サービスの優先情報をお届けしています。

 

    ↓ ↓


 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆

 

 

こもれびの部屋

かわのみどりです。
今、生きるのが辛いあなたに読んでほしい私の自己紹介はこちら

 

 

気がつけば、4月も半分がすぎました。

もうすぐ5月…と思うだけで

こころが、

ポカポカしてくるわたしです。

 

 

さて、今日は

5月の繊細さんの読書会を

募集しようと思ったのですが・・


ありがとうございます。

今朝の公式LINEでの募集で

満席になりました。


参考まで、ご紹介させていただきますね。


 


今回は、好きな本を持ちよる気軽な会です。

それぞれの、「ほっとする本」を持ち寄って

ゆるやかに、おしゃべりしましょう♪

 



 

●繊細さんの読書会とは? 

 


カウンセラーとして

たくさんの女性のお話を伺ってきて

感じていることがあります。

 

居心地のよい毎日を

育てていくには、

自分に静かに向かい合う

時間が不可欠だと。

 

とくに、

周りの人の気持ちや

雰囲気に敏感なゆえ

無意識で周りに合わせたり

期待に応えようとしがちな繊細さんには、

 

自分の気持ちが

わからなくなったり

ついつい後回しになりがち。

 

自分のこころの声に

そっと耳をかたむける。

感じ、考えていることを口にしてみる。

そういう時間を意識して

とることがとても大切です。

 

 

そのとき本は

あなたのこころの鏡となり

そっと そばにいてくれる

やさしい友となってくれることでしょう。 

 

本を真ん中に、

自分につながり、人とつながり

こころが喜ぶじかんを過ごしませんか。
 


 (昨年の読書会に、参加してくださった
 「癒し人の唄」mayuちゃんが描いてくださいました♡)

 

 

形式は、

A) 課題本について語り合うじっくりタイプの会(有料)と

B) 好きな本を持ちよる、気軽な会(無料)とありますが、


今回は、B)の持ちよりタイプです。

準備は全くいりませんので、

カフェでおしゃべりするような気持ちで、ご参加くださいね。


 


 

●読書会の詳細&申し込みについて


 

 

 

【日時】 
 2021年 5月26日(水)10時~11時半

 

 

【方法】  
  ZOOMでのテレビ電話
 (ZOOMがはじめての方もご説明します)
 

【対象・定員 】  
・大人の女性  5名

ありがとうございます。満席になりました。



【持ち物】
・「あなたが、ほっとする本」1~2冊
 (小説、エッセイ、実用書、絵本、雑誌、画集 など なんでも構いません)
・お飲み物、クッションなどご自身のリラックスアイテム 

【内容】
・それぞれ持参の本をシェアして、おしゃべりします。
      

【料金】  
 無料


【お申込み】
 こちらのお申し込みフォームよりお願いします
 ⇒ 繊細さんの読書会(5月)お申込みフォーム

 



 


 

●今まで、繊細さん読書会(オンライン)に参加された方の声

 


参考まで、参加くださった方のご感想をご紹介しますね。(ありがとうございます!)
 


読書会では、素敵な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました!オンラインでも一緒にいるみたいな空気感で。

みどりさんが、会の始めに、すぐ言葉にならなかったり、話したくない場合はスキップで大丈夫、とおっしゃったことに、はっ!としました。人といるとき、何か話さなくちゃ、うまいことまとめないと、みたいに思うことが多くて、見透かされてるみたいでした。と同時に肩の力が抜けて、ここでは素のままでいいんだなと思えました(´ᴖωᴖ`)
 

普段チョイスしないような本に出会えて、もっと色んな本に触れてみようと思いました。読みっぱなしにするんじゃなくて、余韻に浸ったり、自分を取り巻く人を思い浮かべたり、思いを表現する時間を持つのはいいことだなーと。周りに流されたり、影響されすぎちゃうので、本当に自分が思ってることをじんわり感じてみることが心地よかったです。

みどりさんのお話しのトーン、進行もお人柄が滲み出ていて穏やかな気持ちになれました。
また参加させていただきたいと思います。
(2020年 11月参加 ともちゃんより)

 

 

 

最初は、とても緊張しましたが、自己紹介が終わって、みどりさんの本の朗読が始まると、緊張もゆっくりほどけて、本の世界観にあっという間に引き込まれてしまいました。

 

 

朗読されている間は、そっと目を閉じながら、体全体で聴いていたのですが、心の奥からじわじわと温かいものが広がってくるのが分かりました。

 

余りにも感動して、感想をシェアする時に、「余韻に浸りたいです!」と言ったら、暫く余韻に浸る時間も設けて頂けました。(中略)

 

参加された方の感じたことやその方の大切されていること、幸せだと思うことも伺って、その方の大事にされている在り方や優しさが感じられて、とっても幸せに包まれました。

 

 

本当に漢方薬みたいに後からじわじわと心が温まってくるそんな読書会でした。

 

 (2020年11月参加 まゆちゃん⇒全文はまゆちゃんのブログへ )
 


 

先日は、読書会を、ありがとうございました♪
みどりさんのブログをずっと読んでいて、今年こそはお会いしたいと思っていたので、勇気を出して申し込みましたが、やっぱり当日は緊張で逃げ出したくなる位でした。でも、みどりさんは想像通りの方で、ご一緒した方もとてもあたたかで、勇気を出して参加してよかったです!

絵本は、私のために選んでくださったのではと思う位、胸に沁みて沁みて…。まるで、気持ちを代弁してもらっているみたいで。読書会のあとすぐに買いにいきました!それから何度も読んで、支えてもらっている気がします。(中略)

みどりさんの問いかけに、思いもよらない本音が出てきたのも、びっくりしました。今年は辛いことばかりの年だったと思っていたのに、得ているものはたくさんあって、私もちゃんと成長していて、周りがどうではなくて、自分がどうしていきたいかが大切ということ。そういうことに気づけてよかったです。おかげで清々しい気持ちで新しい年を迎えられそうです。

やさしいオーラに触れられて、気持ちが浄化されました!また触れたいのでぜひ参加させてください!(2020年 12月参加 Sちゃんより)



 

みどりさんの本が好き~♡のパワーがとってもとっても伝わってきて、優しく温かな、私で私で居ていいんだな~と感じられる素敵な場でした。
 

私、いつしか物語を読み、ふくらまして感じるってことがなかなか出来なくなっていて、 でも今回、みどりさん、あけみさん、さとりっちさんに 一緒にその世界に連れていってもらったような、旅をできたような、ほんとに不思議な気持ちよい楽しい時間でした。

くすのきさんにもとっても興味が出てきて、子供たちに読み聞かせしたくなりました。

いつも読書会行きたいなと思ってたけど、距離があるしな、、、でもいつか行けるはずと思ってたら、こんな形で叶うとは!またひとつ願いはちゃんと叶うんだ♪と思えて幸せな気持ちになりました。 (2020年 11月参加 香織ちゃんより)


 

みどりちゃん、昨日は素敵な時間ありがとう💓
今回、みどりちゃんの日常の世界を感じることができて、とても落ち着いた愛情深い時間を過ごすことができました。

ありがとう😊

 

みどりちゃんがいないと、出会えなかった方達にも感謝します💓 (2020年 11月参加 さとりっちより)

 

 

 

少人数で、のんびりした会ですので、
人見知りの方も、はじましての方も

気軽に、ご参加くださいね。

 

 

 

 

**

 

 

読書会は少人数のため

毎回すぐ定員になります。
今後の情報を、確実に知りたい方は

こちらに登録しておかれてくださいね。

 

     ↓

 

 

 


  

メールマガジンでは、

ものごとを深く感じ考え

悩みやすい女性に向けて、

こころが喜ぶ毎日を育てていくヒントや
サービスの優先情報をお届けしています。

 

    ↓ ↓


 

 

 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆

 

 

こんにちは。

かわのみどりです。
今、辛いあなたに読んで欲しい。私の自己紹介はこちら
 

 

隔週土曜日の

わたしらしい仕事を育てる連載記事ですが、


何度か書いてみたのですが

なにか、しっくりこなくて。


かいている時期が
「今」に近くなってきたのも

あるのだろうなと感じています。

 

時間の経過があってこそ

整理できたり、

みえてくるものってありますよね。

 

なので、連載記事は
もう少ししっくりきたタイミングで書こうと思います。

楽しみにしてくださる方、ごめんなさい!

のんびり、待っていてくださいね。

 

 

**

 


さて、常々、

わたしは、何かをはじめると

色々なことに、ぽろぽろと
もれが出てくるタイプ(笑)なのですが

 

この2、3か月は

この春からの新講座

安心で穏やかな毎日を育てるコース

に気持ちがぐぐーっといっていました。

 

 

「何をお伝えしたら、お役に立てそうかな」

 

「どう表現したら、分かりやすいかな」
 

「どんなワークだと、この感じが体感できるかな」
 

「どうしたら、安心を感じていただけるかな」

「どの流れだと、理解しやすいかな」

 

 

 

参加してくださるやさしい方々の

ことを思い浮かべながら


改めて関連文献を

読みかえしたり

整理ノートをつくったり

ワークを考えて、毎日自分でやってみたり

そんなことをしている時間は

楽しくて、ありがたくて

 

ついつい意識が

そちらにばかりいってしまい

最近は、夢に出てくる程でした(笑)

 


 

ようやくテキストも形になってきて

ほっとしています。

 

 





そんなこんなで、

気がついたら、インスタグラムは

すっかり更新が止まり

 

読書会も

2か月できなかったのですが

5月は、オンラインで

開催しようと思っています。

(今回は、気軽な持ちよりタイプで^^)

 

 

5月の貸し切り図書ルーム
のご案内も近々する予定ですので、

興味がある方は、
公式LINEを、ご確認くださいね。

 

 

繊細さんの読書会、

貸し切り図書ルームについては

公式LINEより優先してご案内しています。

お気軽に、ご登録ください♪

     ↓

 



 

**

 

ものごとを細やかに感じ考え

悩みやすい女性のための

「幸せこころ通信」
のんびりペースで配信しています。

最新号は、

「みどりさんは、嫌いな人がいたらどうしますか?」

という質問にお答えしましたよ^^

 

ご登録された方には、

最新号をお届けしています。

 

    ↓ ↓



 

 

 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆

 

 

 


 

 


こもれびの部屋

かわのみどりです。

 

数日前から、

クローバーの花が

ぴょこぴょこ、咲きだしましたよ。

かわいいー。
 


 



さて、先日お友達と話していて、

「がんばらない。って、勇気いるよね!」
「がんばらくていい!って言われたら、困っちゃう人もいるよね」
そんな話になりました。

 

思い出した記事があるので、

今日は加筆して再アップしますね (2017年秋の記事です)

 

 

 

   ・・


今でこそ、
「自分にやさしく」とか

「気持ち良いペースで」 

などと、お伝えすることの多いわたしですが、

もともと
がんばることが大好き!です。

逆に言うと、

ものごとを上手くいかせるために

「がんばる」しか方法を知らなかったのです。


特に、お勤めして

相談援助職をしていた頃は
毎日夜遅くまで

ヘロヘロになるまで仕事して。

休みの日も仕事して、勉強して。

わたしが

「がんばらなくてどうするの?」
「わたしが、やらなきゃ回らない」

そう思いこんでいました。

 

これをしたら、

次はあれもあるし、あれも、それも、…

 

人相手の仕事なので、

仕事に終わりはなく、

やればやるほど、次の仕事が

また、あふれ出てくるような感じで


それそれは

目の回るような毎日でした。

確かに、それで、
喜んで頂いたことや

感謝されることも
頼りにされることもありました。

けれど、一方で

余裕がなさすぎて
大切なことが見えていなかったり

 

本当に必要なことに

しっかり力が注げなかったり

 

周りの人たちの力や

全体としてのバランスや、

高めあっていくような機会を、

奪っているような面もあったのでは。

 

なんて、今思い出しながら思うのです。
 


 

 

もちろん、何かをがんばりたい

と思えるのって素敵なことだし、

 

「ここはがんばりたい!」
そう心から感じるときは
がんばったらいいと思うけど、

 

いつも「がんばらなちゃ!」とか

「がんばらないと上手くいかない」って

思いこんでいる人がいるとしたら

 

がんばる以外の方法もあるよ

ってこと、伝えたいと思うのです。


ただ、ずっとがんばることを

続けていると、

それが普通になっているので、
 

がんばらないなんて怖い。
がんばらなかったら、
周りにがっかりされる…

居場所がなくなる…

なんて、怖さを感じるかもしれません。
(昔の私みたいに)

 

 

そんなときは

普段なら、10個するうちの、
1つだけ誰かに
そっと、お願いしてみるとか

 

週に1回はノー残業Dayを作るとか。

日曜日の朝は朝ご飯つくらないとか

どうしようかなと思うことは
手を出しすぎないで

少しだけ待ってゆだねてみるとか

 

ほんの小さなことからでいいので、

「ちょっとだけ、やめる」

「ちょっとだけ、頼る」

ってことをやってみてください。

 

きっと、
「以外にだいじょうぶだな」

って思うはずです^^

そうして できた余裕で、

あなたのこころが喜んだり

ほっとすることをしてみてください。

 

そんな小さな積み重ねが

「がんばるだけの世界」から

「がんばるのも、がんばらなくてもいい世界」

への道筋を作ってくれますよ。




 

**

 

ものごとを細やかに感じ考え

悩みやすい女性のための

「幸せこころ通信」
のんびりペースで配信しています。

最新号は、

「みどりさんは、嫌いな人がいたらどうしますか?」

という質問にお答えしましたよ^^

 

ご登録された方には、

最新号をお届けしています。

 

    ↓ ↓



 

 

 

 

葉カウンセリング&小さな図書ルーム  こもれびの部屋 


・カウンセリング、傾聴メニュー(対面・電話・オンライン可)  →☆

・こもれびの部屋について→☆
Instagramこもれびの部屋インスタグラム →☆ ・facebookこもれびの部屋Facebookページ →☆
・お問合せはこちらからどうぞ →☆