子ども達のよりよい未来のためにママができること
  • 11Jul
    • 【開催御礼!子どもアート遊び!】

      夏が来た~!!で嬉しいのは、夏ならではの遊びが出来る水を使った遊び汚れても洗える濡れても冷たくないさっそく「子どもアート遊び」を開催しましたよ~Instagramのストーリーにて、アンケートの結果よりフィンガーペイント、色水遊び、ゼリー遊びすべてやりたい!とのお声も多かったのでじゃあ、そうしよう!との思いで今回ご用意させていただいています!(雨天の場合は色水がなくなりますごめんなさい)そして今年の子どもアート遊びもとっても楽しんでくれたお子さま達とお母様なんと!!やっぱり子ども達、水遊び魅力的ですよね~2日間とも!色水遊びにとっても集中していました子どもの「楽しい」は、ワイワイ、あははは笑っている時だけではなくて心から遊びに熱中して、集中しているときに表情には出ていなくても、心の中で楽しい!と思えてそんな時の終わった後の満足感、充足感はたまりません。(手も指も、脳も使ってぐっすりお昼寝もできることでしょう~)そして、参加されたお母様からとてもうれしいご感想をいただきました!我が子が夢中で遊んでる姿楽しんでる姿集中して遊んでいる姿を見るのって母としても、とってもうれしいですよね。毎日、我が子と過ごしていて、いつも同じことをして遊ぶ、繰り返し遊ぶことも大切です。「いつも同じ」は、子どもは安心して遊べます。しかし、発達も進むにつれて飽きることもある。これはもうできるからいいやとなることもある。だから我が子がこんなことにも、興味があるんだ!とか、こんなことができるんだ!と気づけるのは、何か新しい場面、新しい環境、きっかけがないと気づくことができないんですよね。そのことに、ご感想にいただいた通り、お母様が気づいてらっしゃる。そのことが素晴らしいな~と思いとても嬉しくなりましたお子様の姿をしっかり見ている証ですもんね💗(*’ω’ノノ゙☆パチパチやはり子どものことを見ていないとそれって、わからないものです。この目線こそが、子どもの好きなことや、才能を引き出すことの始まりだと思います💗🔷ご感想シェアさせていただきありがとうございました。*********どんな遊びも、1回きりではもったいない!何度も繰り返すことで遊びの中で確かめていく子ども自身が気づき、遊びを発展させていける。(ここがイベントの弱いところです。単発になっちゃう😭繰り返しするというところは、家で行うか、教室にしてしまうしかない。アート教室とかやってみたいけど)今回の色水遊びや、ゼリー遊びなど、夏ならではの水遊び。ぜひおうちでも繰り返し、遊んでみてくださいねまた違った姿、進化した姿が見られ、とても面白いですよ!でも準備や、片付け、めんどうくさい!というかたは、我が家へ「子どもアート遊び」にお越しくださいね!実際にやっているところを見るとこんなに気軽にできるのか我が家でも出来そう~という気持ちになってもらえるはず8月の子どもアート遊びは8月28日残席18月29日残席2持ち物 タオル、水分、着替え、     汚れてもいい洋服で来てください参加費 2000円場所 石川県野々市(ご予約頂いた方に住所お送りします)対象年齢 1歳過ぎ~       (口に物を入れなくなった頃~)          3歳頃まで夏休み中のお子さまでご兄弟など、ご相談応じますのでメッセージくださいね。返信をもって、ご予約完了とさせていただきます。ご予約はInstagramのDMからもしくはこちらから★メール画面にとびます。お名前、お子さまのお名前、月齢を送ってください。tea timeもありますのでお子さまにアレルギーがある方は教えてください。

  • 27Jun
    • 【開催御礼★@Nagaomi Yoga・・ ・子育て講座「こどもにとっての遊びとは」】

      Nagomi Yogaさんにてリクエストいただき、癒やし効果抜群な檜の香り漂うスタジオにて子育て講座「子どもにとっての遊びとは」開催させていただきましたわかこさんありがとうございましたそして、ご参加くださった皆様ありがとうございました今回は、4月まで行ってきた講座「子どもにとっての遊びとは」よりも内容をパワーアップしております。(講座を分けたことにより、細かくお話できるように!)「遊び」について細かくお話させていただいています。今回は、初めましての方もいっらっしゃいましたのでお話の冒頭に「親子の絆=愛着」についてのお話乳幼児期がなぜ大切なのか?ということも、体の発達、心の発達と合わせお話させていただきました。この「親子の絆」おかあさんとの信頼関係、絆があるからこそ心が育ち、イキイキと遊び込めますここが「子育ての軸」「子育ての本質」となる。という考えでおります講座では、積み木遊びのお話もさっそくたくさん積み木を積んで遊んでくれていました次は6月28日(金)金沢市上荒屋 カフェ ザボンさんにて子育て講座「子どもにとっての遊びとは」開催します。受講費3000円お好きなドリンクスイーツ付残席2ですままごと遊びや、積み木遊びのお話なんかもいたします8月27日(火)カフェザボン子育て講座「親子の絆で のびのび子育て」ご予約受付け中ご興味ある方、ぜひいらしてくださいねお会いできること楽しみにしております

  • 26Jun
    • 「心と体がのびのび育つ0~2歳児の遊び」

      梅雨の時期、熱すぎて外に出れないときお子さんも外に出たい~とぐずってみたり母としては何して遊ぼうどうしようどっか行こうかな~でもどこいく~?公園は暑いし外出るなら、お化粧もしなきゃだし、、みたいなモヤモヤ~とする時ありますよね当時の私です。特に動き始めた1歳すぎ~3歳まで。本当はそんなこと感じなくてもよくてそのまんまでいいんだけどね子どもの様子見ながら大好きな遊びをとことんやってみたり、興味もって集中して遊んでることを見守ったり、一緒に遊んだりそれだけでいい本当はそれでいいだけどねでもね、何かおうちでできることあったらいいなって思うよね?そこで、冬頃見つけたこちらの本「心と体がのびのび育つ0~2歳児のあそび図鑑」監修 波多野 名奈これがまぁイラストが可愛くてわかりやすくてめっちゃいい「遊びのねらいや、育つ力」なども書かれていて保育士さんや、赤ちゃんや、子育て支援に関わる方にもおすすめかももちろん保育士さんなんかは、「知ってる、知ってる」「日頃からしてるしてる~」ってことも書いてあるんだけど可愛いイラストになってて見てるだけでも癒やされる。と、それくらい道具がなくてもすぐに出来る親子のふれあい遊びなどが出ていて(道具が必要な遊びもあり、ボールとか)初めての子育て、赤ちゃんと何してあそんだらいいかわからない時間を持て余しちゃうことってありますよね。(何度も言うが、特別に何かしてあげなくちゃいけない!ってことはないんだけどね普通に抱っこしたり、歌ってゆらゆらしたり本当に大好きなお母さんとただ遊んでるだけで楽しいもんね)でも、なんか知りたいそんな方におすすめな1冊です。気になる方はぜひ読んでみてくださいね

  • 25Jun
    • こころの育ちを考える

      先日、野々市市教育センター寺井弘美先生のふれあい会に参加してきました。テーマは「こころの育ちを考える~誕生から関わりの視点~」わたしは、今0~3歳が最も大事だと思っているので0~3歳はもちろんそして保育士なので6歳まではわかる。しかし、その後の心の変化というものはあまり知らなかったので寺井先生のお話をお聞きしたい!と思い、行ってきました。0~80歳までの心の発達の過程を教えていただきましたそして感想はやっぱり「0~3歳の母性との関わりはとても大切だ」ということ。やっぱりそうだよね~と、うんうんうんうん、と首がもげそうなほどうなづきながら黙々と聞いていました「~してはいけない」だったり、しつけや決まりなどを受け入れられるようになるのは自分(子ども)をすべて認めてもらってからしっかりと十分「自分(子ども)」を受け止めてもらってやっとしつけや決まりを受け入れることができるということ。それからでないと、心を閉ざす、反発する、という姿になっていく。私たち子育て世代もまだまだ発達課題の途中子育てしながら、母自身も成長していくということ。(たしかにまだ人生80年だとしても半分もいってないもんね、今34歳)などなどこのようなお話は、私の子育て講座「親子の絆 のびのび子育て」で「親子の絆=愛着形成」をいう言葉で、お伝えしていますが新しい気づきや学びもたくさんあり自分自身のパワーアップになりました「親子の絆 のびのび子育て」お話聞きたいな~と思ってくださった方がいらっしゃいましたらぜひメールくださいねInstagramからでもどうぞ

  • 24Jun
    • 【満席開催御礼★子どもと親の姿勢と足育セミナー】

      6月22日「子どもと親の姿勢と足育セミナー」大盛況で終わることができましたお越しくださった皆様、本当にありがとうございましたそして、お声かけくださったリボンフットゆうこさん本当にありがとうございました石川県立大学 宮口先生中村接骨院 中村先生ありがとうございます私自身は、子どもの姿勢も足も、その土台は乳幼児期から始まっていると思っています。すべては繋がっていますのでお母さんに抱っこされる時期からハイハイをすることで全身運動をしながら体が作られていきますよねそして、あんよができるようになって五感が一番敏感なこの時期脳機能がものすごい勢いで成長していくこの乳幼児期に足の裏を刺激する足の指に力を入れることふんばることその他、いろんな刺激,経験が子どもの運動能力の基盤となっていく。だからこそ乳幼児期を大切にしたい足が、からだ全身支えてくれてるんですセミナーの打ち合わせで足のお話をしていたときに宮口先生がおっしゃっていた言葉「心身一体」身体と心は繋がっていて身体が不調だと、心も不調になる心が不調だと、身体も不調になるで、逆も同じ。身体が快調なら、心も快調。心が快調なら、体も快調!!これはどちらにも言えることなんですね。子どもたちには今だけでなく大きくなってからも心も体も元気で健やかでいてほしい!だから「赤ちゃんの時から姿勢を良くする」ということはとても大切であることがわかりますね。(姿勢が良いことは、自然に自信にも繋がります)そしてその姿勢を保つためには、筋力が必要です。その筋力を育てるには?はい、そうです「遊び」が育ててくれるんですねこのセミナーを通して、足や身体に知らないうちにいろんなトラブルを抱える幼児さんや、中高生さんのお話など色々お伺いしました。色々な原因はあると思いますが(靴や部活とか。。)でも原点は、乳幼児期の遊び体験です!!大いに、身体を動かして遊ぼうそして、お母さんも一緒に楽しんで遊ぼう(一緒に楽しい気持ちを共有できることも心の成長となります)このことをまたみなさまにお伝えしていきたいと!熱く思いました!!今日もお読みいただきありがとうございました遊びについては6月28日金曜日ザボンさんにて子育て講座「子どもにとっての遊びとは」ご予約受付中残席2ですご予約は、Instagram DMもしくはこちらからメール画面にとびますお名前、お子さまの名前、月齢をお書きの上送信してください

  • 23Jun
    • 手作りおもちゃ☆五感刺激マット

      足育セミナーにご参加いただいた皆様ありがとうございました足育セミナーでコーナーを担当させてもらい製作した!その名も!五感刺激マット!!(って名前はわからない)子どもたちは何度も何度も繰り返し、歩いてくれて、しかも黙々と黙って、この感触を確かめながら子ども達は、「楽しかったら何回もやる」「何回も繰り返す」んですそうして確かめてる(笑ってるだけが「楽しいこと」ではないんですね~)子どもってわざと、おうちなんかでおもちゃをバラバラにしてその上に乗ったり、歩いたりしません?我が家は、娘が1歳くらいの頃にお絵かきボードの上に乗り、お絵かきボード割れました。(止めるのが遅く、、すでに遅しでした。)でもね、これなら、好きなだけ踏んでくださいと言えるよInstagramのほうでお問い合わせのDMがたくさん来たので作り方といっても、すんごい簡単なんだけど、お伝えしますねジョイントマットに、接着剤で、「気持ち良さそうだな」「この感覚どうかな?」というものを選び、つけていきます!接着剤も、特に超~!!強力なものがおすすめ!!(私、これ3回やり直して作ってます家にあった木工用ボンドで作ったら娘が数回遊んだら、すぐにほとんどが取れました2回目も家にあった普通の接着剤でもやってみたけどそんな失敗をしてほしくないので超強力、プラスチックも貼れるというものを選んでください!ちなみに私はムサシで買いました!)素材選びも楽しくて何貼りつけよう?!ってワクワクこの他にも例えば、レゴや、文字、CD、保冷剤なんかも楽しそう写真でもすでにとれているものがありますが、貼りつけにくいものは、ヤスリでマットを削り貼りつけました。そのほうがとれにくい気がします!もちろん子ども達は「引っ張る」という行為も好きなのでマットから飛び出た物、くっついているものを取ろうとすることは当たり前なので、そこは温かく見守ってください。。内心とれるんじゃないかとヒヤヒヤするけどね3回直したけれど取れたのでまだまだ改善の余地はありそうです!自宅用なら、少しくらい取れても問題ないかなこの遊びは、五感が敏感な1,2歳さんが特に楽しめる時期だと思いますので作って遊んでみてくださいねまた私の講座の時にも持参します五感刺激マット作りワークショップとかあったら、みなさん来てくださるかな~また楽しいことしましょ~足育セミナー開催レポもまた書きますねお楽しみに

  • 21Jun
    • ★7月初開催★子育て講座「絵本のある子育て」

      私は保育士時代、保育研究のテーマが「絵本」だったこともあり学びに行く機会も多く絵本の力、絵本の楽しさに魅了され絵本が大好きになりました実際に、子ども達と絵本のつながりを目の前で見て本当に絵本の世界ってすごいなぁと思っています気にいったものは、手元に置いておきたい、すぐに読みたいという思いから買ってしまうもちろん図書館でも借りて、良い絵本ないかな~と探したりもしていますそんな大好きな絵本についてお伝えしたいと思います(個人的に大好きな絵本の紹介もさせてください)絵本のことを知ると、思わず自分が読みたくなるそしてお子さんにも読んであげたい!どんな反応するだろう!ワクワクって楽しみになる子育てに絵本の時間を絵本をお子さんと一緒に楽しみませんか?ご予約受付中子育て講座「絵本のある子育て」日時 7月16日(火)10時~11時半場所 the bonds受講費 3000円(お好きなドリンク+スイーツ付)ご予約はInstagram DM もしくはこちらから↓ メール画面に飛びます★お名前、お子さまの名前、月齢を書いて送ってくださいお会いできることを楽しみにしています

  • 20Jun
    • 出会いを大切に★

      6月22日に行われる足育セミナーも近くフットセラピストの北川裕子さんとご一緒することがあり色々とお話も聞いていただき、教えていただきすごく貴重なありがたい時間をいただいております。子どものファーストシューズや靴選びで迷うこともあると思いますがゆうこさんとのお話の中で印象に残ったのは「靴は道具のひとつ」ということ。だから足に合った物、良い物を小さな頃から足裏の固い歩きにくい走りにくい靴を履いて足から健康を害するのと(その蓄積が歪み、扁平足、浮き指となっていく)今からコツコツと足に負担をかけずいいものを履き、足の力、姿勢を正しく育てるのとどちらがいいか?もちろん後者ですよね。サイズアウトが早い、小さい時期ですが靴選びは大切にしていきたいですね。そしてゆうこさんは能美市のほうに、サロンをお持ちです。そのゆうこさんのお客様に対する思いが本当に素敵だな~と思うと同時にその思いにものすごく共感しました。裕子さんのHPはこちらです★(私たちの出会いも、実は10年前くらいにしいのき迎賓館で行われた裕子さんのウォーキングlessonに一度だけ参加した、、というだけだったんです!)1度でも出会えたことを大切にされていてゆうこさんの場合は、お客様の姿勢や、足が良くなっていく。それだけでなく、心も元気になって帰って行くときには、明るくなって帰られる。出会ったからには、プラスになるようにわたし自身は、4月まで講座がひとつしかなかったために出会えたお母様たちと、それきりになってしまい、その後はいかがですか?とお話もお聞きしたいこともたくさん。でも会えないさみしさ。一度ワークショップや、講座に来てくださった方にお会いできたときにはお話できてとても嬉しく、お子さまの成長を見られることもとても嬉しいです。(勝手に同志だと思っています💕💕)お子さんの年齢が上がるにつれまた子どもの姿も変わり、前とは違う悩みも出てきたりする。お子さまとの時間、お子さまの成長を一緒に共有しお母様方に寄り添っていけたらいいなぁと思い、どうしたら繋がることができるのか考えます何かいい方法ありますか?って聞いてみる笑また答えが出たら報告しますね

  • 19Jun
    • 【開催御礼】@ベイビーリゾートコロコ★子育て講座「親子の絆で のびのび子育て」

      ベイビーリゾートコロコさんでの初開催☆ご参加くださった皆様ありがとうございましたベイビーリゾートコロコさんでは、たくさんのおもちゃや遊具などもあり子ども達も遊びながら、そして保育士さん方もいらっしゃるのでとても素敵な場所です子育て講座「親子の絆で のびのび子育て」では特に母と子どもの絆についてお話させていただいております。まず大切なことありのままの子どもの姿を受け止めることこうして、この講座を受講してくださってる時点でお子さまのことを考えてらっしゃる。そのことがもう素晴らしい。本当に、素敵なお母様方ばかりで出会いにとても幸せな気持ちになりました。またお会いできたら嬉しいです。ベイビーリゾートコロコさんでの第2回目は8月9日金曜子育て講座「子どもにとっての遊びとは」です子どもは遊んで学びます一緒に学んで、子どもの「今」を楽しく過ごしていきましょうねその他スケジュール6月24日「子どもにとっての遊びとは」残16月28日「子どもにとっての遊びとは」残27月子どもアート遊び 満席7月16日子育て講座「絵本のある子育て」お会いできること楽しみにしています

  • 14Jun
    • 乳幼児期に経験しておきたい動作

      6月22日に開催される「足育セミナー」の打ち合わせに行ってきました!会うたび思うのですがフットセラピストの北川先生、整体の中村先生、石川県立大学の宮口先生(足を専門に研究)、、みなさま、足や、骨、専門の方々、お話しされることも熱く熱くマニアック。(で、おもしろい!)本当に新しい学びが多く、、お聞きするたび、乳幼児期の体験の大切さを痛感します。特に、乳幼児期に経験しておきたい動きや動作をしたのか、しなかったのかで、小中学生、大人になって、差が出てくる。(もちろんそれがすべてではなく、部活動や生活習慣などもあるかとは、思いますが)そこで得意不得意が出てきますし、例えば運動でいうなら、経験をしていないためにその力が育っておらず、楽しめず「運動が苦手」となる。他にも、斜面を登る降りる。登るのと、降りるのどっちがきついと思いますか?降りるですね。しっかりふんばらないといけない。私自身も斜面を下る遊び、経験をしたらいいよ~足の力つくよ~とお伝えしているのですがそんな話をしているときここで、宮口先生は斜面を下るときは「足の指の力を使っている」と教えてくれました。細かいですね~足の指でふんばってたのか(と、こんな足の細かいお話も聞けてとっても楽しいのですと、他にも土ふまずのこと、手首の動きなんかについても)と、これだけではありませんが乳幼児期に体験し、育つ力がのちのち大きくなった時の基盤、土台となって楽しめるようになる発揮できるようになるんですね足だけでなく、手も、体も、脳も!それはすべて生活の中で、遊びの中で育っていく。だから生活、関わり、遊びの環境、道具(おもちゃ)を親が知っているか知らないかで、子どもの未来、大きく変わると思いませんか?あーでもよかった★わたしとつながってくださっていたら大丈夫お伝えできるから今日も読んでくださってありがとうございます*******************そんな遊びについては、子育て講座「子どもにとっての遊びとは」で、お話させていただいています。6月24日、6月28日子育て講座「子どもにとってのあそびとは」残席わずかあります

  • 04Jun
    • ★活動理念★

      「子ども達のよりよい未来のためにママができること」輪田英里です。いつもお読みいただきありがとうございます6月の講座も、たくさんご予約いただきまして本当にありがとうございます楽しみにしております(残席わずかありますので気になっている方はお問い合わせください)お問い合わせはこちら✉メール画面にとびます↑それではわたしの活動理念について今まで、「私の思い」として綴ってきた理念でしたが、、改めて、こちらに活動理念についてかきたい!と思います。いつもいつも言っている笑0~3歳までの乳幼児期に、人として生きる土台が作られます。0~3歳までに脳の80%が完成します。そんな時期にまず大切になってくるのは親子の絆(愛着形成)です。「お母さん(養育してくれる人)」という存在が自分(赤ちゃん)のために笑ってくれる、不快から快の状態にしてくれる、遊んでくれる、優しく話しかけてくれる、安心する、信頼する。その過程により、親子の絆が築かれ(愛着形成=アタッチメント)この親子の絆があるからこそ、「お母さん」という存在が心にありそれが安全基地となって外に目を向けられるようになり失敗しても、もう1度してみようそんな意欲につながっていきますそして自分のことを信じることができるようになり(愛されているという自信=自己肯定感へとつながる)他者のことも信頼できるようになり、対人関係の土台となっていきます。そして、この親子の絆、愛着があって、安心して「遊び」の中で子どもは学んでいきます。心も体も、育っていくのです。この0~3歳の時期に、親子の絆を築き遊びを大切にしていくことで子どもがよりよい未来を生きていくことができます。なぜなら「自己肯定感」と「非認知能力」が育つからです。この力が、これから生きていく中で、自分を発揮する自分の好きを見つける自分で考えて判断し、行動する相手を思いやるという土台になってくるのです。我が子の将来、それは何年後になるかはわかりません。10年後、20年後、30年後。子育ては、すぐに結果が出るものではない。だからこそ、迷うことが多い。しかし一番五感が敏感で、成長が著しいこの乳幼児期に育つものは大きいのですだから私はこの乳幼児期の大切さを知っていただきこの時期を大切に過ごしてほしいなぁと思いますそうすれば、子ども達は、今も幸せだけど子ども達が大人になっても幸せに生きていける。子ども達が自分のことが大好きで自分を信じることができて好きなことに夢中になったり周りの人を大切にしたり、新しいことを生み出したり、、、いきいきと生きていける。これはどの親も願うことではないでしょうか。我が子のよりよい未来のためにできることはあります。そのことを伝え、一緒に子育てしていきたいそう思っています。

  • 03Jun
    • 私の自己紹介~保育士時代のこと~

      前回のわたしの自己紹介を読んでいただきありがとうございます★次はわたしが保育士時代に学んできたことです園では、保育研究をしていたのでそれを10年、わたしがつとめていた時で「絵本」「運動能力」「子どもの主体性を大切に」「生活リズム~早寝早起き朝ご飯朝うんち」などそして、前の記事にもかきましたが出会う園長先生方の思想が素晴らしく尊敬する方々ばかりに出会えたこと。その元で働くことができたことがまた「保育」「乳幼児期」の重要性への気づきになったと思います。↓そのほかネイチャーゲームリーダー(自然あそび)の資格をとったりサークルでは「積み木」「絵画」「けん玉」「音楽」「わらべうた」を学びました。こうやって書くだけでも本当にたくさんのことを学べたことを幸せに思います個人研究では、食育を栄養素の歌を作詞作曲し、、発表しました。(ここからも音楽が好きだったことがわかる)でも食育の研究は今思えば歌を作るよりももっと土に触れ、種に触れ、作っている人に触れ実際に体験、味わうことが大切だったな~と反省点、こうしたらよかっただろうな~って思うことがたくさん湧いてくる。というふうに独身20代は、夢中になって保育士を堪能した。そしてたくさんのことを学ぶことができた。そしてさらに、保育士をやめてから本を読んだりセミナーに行ったりなど「育児セラピスト」「ベビーキッズあそび発達インストラクター」「おもちゃコーディネーター」で学び実際に、出産し、母となり育児の現実園との違いに気づくこともたくさんあった。でも今までの経験と、知識が育児に役立ったことは間違いない次は私がお伝えする番だそんな思いで、あなたにお会いできるときにはお話したいと思っておりますどうぞよろしくお願いします

    • 私の自己紹介

      子どものよりよい未来のためにママができること輪田英里です今日は、改めましてわたしの簡単など~でもいい自己紹介よかったら見てね輪田 英里わだ えり石川県1984年生まれ獅子座O型長女好きな食べ物お抹茶、あんこの入ったもの、スイーツ好きな色は 白、ミントグリーン、ピンク、黄色っていろんな色かいてしまったけど色味のあるものが好きです過去の習い事は幼稚園年少の頃~18歳までピアノ。そろばん、トランポリンとかもしていました!中学部活はバトントワリング★(ここで、笑顔の大切さを学んだ気がします)高校部活は、華道部★(ここでは、お花の奥深さを)大好きな茶道は、表千家。これをきっかけに着物も好きに。着付けも習い、自分で着れるけど(綺麗には着れない)苦手なのは、料理、収納、パソコン料理は、応用みたいな、料理を生み出す系はほんとにひらめきがないです20代の頃、ABCクッキングにも通ってて、料理、ケーキのマスターコースまで。あとはアナログ人間なのでパソコンとかスマホとか本当に覚えたり、やってみるっていうのが苦手でって苦手だからって離れてたら、うまくもならない!と思いいろいろとチャレンジしていますブログもそのひとつです!好きな映画はチャーリーズエンジェルプリティブロンドプラダを着た悪魔ショーシャンクの空に奇跡のシンフォニー(音楽がいい!)バーレスク(踊りたくなる!真似して踊ってみたけど同じ踊りにならない)アラジン美女と野獣魔法にかけられてアランメンケンの音楽が好きでディズニー映画が3つも。そして、ジャスミンや、ベルのような強い女の子がかっこいい!と憧れますジブリだと、風の谷のナウシカが好き。やっぱり強くて聡明な女の子!音楽が好きなので常日頃、歌ってるので時々、娘から「歌わないで」と言われますとここまで読んでいただきありがとうございますどうでもいい自己紹介でしたがまたどんな質問でも聞いてくださいね何か共通点があれば嬉しいです

  • 01Jun
    • してみたかったから!!”★金髪にした理由と、やってみて分かったこと”

      毎年行っている百万石茶会へ。やっぱりこの時期が来るとお茶会だぁ~とワクワクしてしまうどこのお茶室行こうかなって。去年まで、娘が小さいこともあり21世紀美術館の松濤庵での立礼式に入っていました。で、やっぱり私は着物が着たいので用意をしていると娘も「着る~!!着たい~!!」と。それならばと、浴衣で行ってきましたお茶会は、待ち時間もあるし、なんで小さい子を?!と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが娘も3歳後半。約束はしっかり守ってくれますので和室のお茶会にいってみよう!といってみましたそして、わたしの大好きな茶道の時間を過ごせてやっぱり素敵なおもてなしの時間に幸せいっぱい子どもと一緒だからお茶菓子が取りにくいだろうからと、個別にお菓子を渡してくれたり、、去年は、娘に、お団子くれたり、「頑張ったね」のお言葉をくれたのですよね。毎年、毎年、ほんとに行く度に茶道の良さを改めて感じることができるんですで、そんな想いに浸っているときに心屋さんのブログを見ましたしてみたかったからと、金髪にされたようで!やりたいことをやっている人を見せることがどんな心理学よりも人を幸せにすると書いてありました。なんだかすごく共感したんですよね~。私は今日、ちょうど自分の大好きな茶道(お茶会)へ娘にはもしかしたら楽しくないことだったかもしれないけど私は、すんんんごく楽しくて幸せだった。だからもちろん、娘には「付き合ってくれてありがとう~」感謝の気持ちを伝えたしとってもありがたい気持ちにもなった。母になると、1歳までは、まったく自分のやりたいことって考える余裕もなかった。いや、すべて諦めてていや、思考の中に「~したい」なんて発想もなかったかも笑「これしたい!」っていう大きな夢で無くても「ちょっとおいしいスイーツ食べたい」とか「ドラマ見たい」とかほんとちょっとしたことでもやりたいことやってみたいこと食べてみたいものなどなど叶うだけで、とっても幸せな気持ちになりますお子さんが小さいうちは本当になかなか自由時間ってもてないかもしれないけどほんの少しでも自分のやりたいこと好きなこと食べたもの自分の願い叶えてあげてくださいねpsそして、帰宅後お茶会を経験した娘は家でお茶会ごっこをしていた「お客さんなって~!!」コールがすごい

  • 31May
    • 【おすすめ子連れランチ@TASTE&SCENT】石川県金沢市寺町

      今日は、初めて石川県金沢市寺町にある「TASTE&SCENT」さんでランチをしましたホームページはこちらそうです、忍者寺の近くですなので?というわけなのかわかりませんが英語でも表記してありました座敷はありませんが子どもの遊ぶスペースがあっておもちゃも、いいおもちゃばかり~あの皇太子御用達おもちゃのひとつ。ベビーキューブも置いてありましたひとつひとつ、違う音の出る積み木です。軽くて、色合いもとっても綺麗です型はめパズルも~スイーツもとってもおいしかったしキッズメニューもあって子どもにも優しいありがたいよね~(子ども椅子、おむつがえコーナー、トイレには補助便座あり)あまりにも、いいおもちゃがあるので、思わずお店の方に聞いてみると元々、ここは「子ども服とおもちゃのお店」だったとのことそこでサンプルに置いてあったおもちゃだったそうですこんなおもちゃでも遊べて体にも優しいごはんを食べれる寺町の素敵な雰囲気を味わえるめっちゃええやん興奮してしまいました今度は娘もつれて、忍者寺からのランチコースにしてみよう~駐車場4台くらいありました子連れでごはん。行く場所にすごく迷いますよねご参考になれば幸いです

  • 30May
    • お子さんの好きな遊びなんですか??

      子ども達のよりよい未来のためにママができること★輪田英里です「お子さんの好きな遊びなんですか?」3歳の我が子は、お人形遊びが大好き時には、お姫様ごっこなど、なりきり遊びにもとっても夢中です(製作遊びも、いろいろ遊びが広がってきた~)「我が子が今、好きな遊びなんだろう」「最近何して遊んでるかな?」「何に興味もってるかな?」どうですかもしわからないという方は、子どもをよ~く観察してみてください今、何を楽しんでいるのかがわかってきます。何日間か、子どもの遊びよく見てみましょう今日は、ネットのニュースで見つけたさかなくんのお母さんのお話です。はいまず!ここです!成績が悪く、お父さんからも、先生からも指摘を受けるけどお母さんは「我が子の気持ちを大切に」という信念でかかわってらっしゃる。もしここで、お母さんまで「もっと勉強!」「なんでわからないの?」となっていたらさかなくんの今はないですよね。続きます⬇以上記事より引用こんな記事でしたが最後「一番大切なのは、好きなことを自由にやらせてあげること」とあります。しかしまずポイントとなってくるのはどこか?それは!!お母さんが成績が悪くても、我が子を否定せず、信じていてくれたこと。そして、「たこがみたい、買ってきて」という子どものつぶやきにしっかり耳を傾けていたことたくさんのたこや魚を見せる環境をつくったということ。そうです。この土台がしっかりある。これがあるからこそ「好きなことが自由にできる」んです。もしこの「たこがみたい」という言葉を忙しさのあまりに、適当に聞いていて忘れていたら?もうそこから、さかなくんの興味、関心は広がらなかったでしょう。子どもは何もしなくても勝手に育ちます。でも、子どもが「好き」と思ったこと興味関心をもっていることを深めてあげることができるのは「母」です。そう、可能性を広げてあげられるのは母なのです。子どものありのままの姿を受け止め子どもの姿やつぶやきにしっかり向き合っていきたいですよねわたしも、さかなくんのお母さんと同じ気持ちです我が子の好きは、何かな?まだお子さんが小さい時は、「好き」を見つけるはじまり興味を持って触っているものは何かな?つかめた前に進めた動けた引っ張るなどなどいろんな動き、遊びがありますがひとつずつじっくり付き合い、一緒に遊んでいきたいですね石川県保育士おもちゃコーディネーター日本アタッチメント協会あそび発達インストラクター育児セラピスト輪田 英里

  • 29May
    • 理想の子育てって何?!

      先日の講座にて「親子の絆で のびのび子育て」のお話でちょうど「イヤイヤ期」のお話をしていたんです。「共感してあげよう」「選択させてあげよう」「事前に知らせておこう」「見通しがもてるように話しておこう」という対処法をそんなお話を事例を穏やか~に話していたんだけど思わず「でもね、、、(こんな対応を)できんときもあるよね?!」と私は言っていたもしかしたら、講師としてはあるまじき言葉かもしれませんでもね、、、でもね本当にそうだもん「~したらいい」っていうことはしっかりわかっててもその対応ができないシュチエーションってある私も、先日、幼稚園のお迎えに行ったときに娘が「なんでここの駐車場なの~?!(遠くの駐車場に停めて欲しかった~)」と泣いたの。しかも2時で眠すぎたのもあり、(眠いのでどんな理由でも泣くのだが)号泣。そして駐車場が狭いため、次々と車が来て、並んで待ってる。もしこれがゆっくり時間のある状況なら娘にしっかり説明し、お話してあげられたと思う。しかし強制的に抱っこ→車へ(車でも泣いている)→帰宅そして家に帰り、泣き止んだときに駐車場についてお話をして一件落着。満足して、夢の中へ、、、はい、これが現実の子育てですこんなことってきっとよくあるよね。時間がないときご飯を作っているとき手が離せないときなどなど。私も、今こうして子育て講座をしてお話させていただいているけれど決してすべて完璧に子育てしているわけではありません。でも知っているからこそできなかったときのフォローや、子どもの気持ちを尊重できたり大切にしたいところはしっかりおさえることができると思っています。わたしは、講座で「~あるべき」「~せねば」ということを伝えているわけではなくもっと気軽にこんな方法もあるこんな選択肢もあるこんな遊び方もあるそんな風に聞いていただけたらと思っています。そしていわゆる理想の子育てのような「~したほうがいい」「こうあるべき」ということができなかった時に決して自分は出来ない、とかそんな子育てできんわぁ~って不安にならないでほしいなと思いますママはもう十分頑張ってる子育てに正解はないというように子どもひとりひとりもまったく違う。兄弟さえも違うもんね。うまくいかないのが当たり前。「~すべき」にとらわれず目の前の我が子の姿にしっかり向き合っていくことで我が子だけの「あなたの子育て」を見つけてほしいなと思います。その点でも、まずはママと子どもの絆が結ばれていてこそその絆築いていきましょう予約受付中子育て講座「親子の絆で のびのび子育て」令和元年6月17日(月)10時~11時半場所ベイビーリゾートコロコ(コメヤ薬局県庁前店内)おもちゃ遊具あり受講費 3000円内容○乳幼児期がなぜ大切なのか○親子のかかわり方○発達に合わせた声かけ、対処法などご予約はこちらからメール画面にとびます!お名前、お子さまのお名前、月齢を明記の上送信してください。返信をもって予約完了とさせていただきます。子育て講座は三つあります。その他「子どもにとっての遊びとは」「ママと子どもの絵本時間」3つすべて受講すると、修了証をお渡しいたします今しかないこの時期を楽しく子育てしましょう~

  • 24May
    • 【開催御礼】@the bonds 子育て講座「親子の絆で のびのび子育て」

      本日初めてのthe bondsさんにて、子育て講座「親子の絆で のびのび子育て」開催しましたまたもや集合写真を撮り忘れると言う😭😭😭生後3ヶ月のお子さまから2歳前のお子さまがいらしてくださいましたありがとうございました持参したおもちゃでいきいきと遊んでくれて、次から次へと遊びを生み出していて心の中で「さすがだな~」と思っておりましたお写真いただき、ありがとうございます!3月まで開催してきた講座では乳幼児期の大切さ、そして遊びについてお話していたのですが内容がもりもり過ぎること😃💦大事なことがたくさんありすぎることから、5月からテーマを3つに分けてお話することにしています。今回の「親子の絆 のびのび子育て」では主に乳幼児期の大切さ、親子の絆(愛着形成、アタッチメント)お母さんとの関わり、信頼関係について言葉がけの仕方などについてお話させていただいております。子育てにおいて大切なのはまずこの親子の絆=愛着(アタッチメント)なのです。この絆があるからこそ遊びの中でいろんな事を吸収し夢中になって、安心して遊ぶことができる本日お越しいただいたお母様達はすでにお子さまのことを想い日々過ごされている方々ばかり本当に素晴らしく、そのままでいい本当に、お母様方おひとりおひとりのお話を聞いていてそれだけで、私が幸せな気持ちにさせていただきましたありがとうございましたまたこれからの子育ての中でお役に立てる子育ての軸のひとつになったら光栄です。次回の カフェ the bondsさんでの講座は予約受付中「子どもにとっての遊びとは」6月28日金曜日10時~11時半受講費3000円(お好きなスイーツ+飲み物付)定員5組内容・遊びを通して子どもの発達のために親ができること(環境設定、かかわりなど)・発達(年齢)に合わせた遊びの発展の仕方などティータイムもありますザボンさんのおいしいドリンクスイーツを頂きながらゆったりお話を聞いてくださいねすごくおいしいの~飲み物の種類も豊富💕💕↑カフェ ザボンさんです✨ぜひお越しくださいねご予約はInstagram DM もしくはこちらをクリック☆→メール画面に飛びます。お名前、お子さまの月齢を送信してくださいお待ちしております

  • 22May
    • 思いやりの心ってどうやって育てるの?

      親ならば少なくとも我が子には☑健康になってもらいたい☑勉強ができてほしい☑特技を見つけてほしい☑思いやりのある子になってほしいなどなど、いろいろな想いがあると思いますあなたは、お子さんにどんな風に育って欲しいと思っていますか特に、聞かれるのは「思いやりのある子」だと思います。(園での、保育理念、保育目標などにもよく出てきますよね)でも思いやりってどうしたら育つと思いますかと、その前に「思いやり」ってなに?ってところかな?ネットで検索したところ「思いやりとは、他人の心情や身の上などに心を配ることやその気持ちのことをさす」簡単に言うと相手の気持ちを考えるってことじゃあ、その思いやりの心相手の気持ちがわかるようになるのってどうしたら育つのかそれは乳幼児期にまず共感してもらうこと共感してもらった経験が相手と共感できる感情のスタートになる赤ちゃんが抱っこしてほしいと求めたときに「抱っこしてほしかったね~」と抱っこしてもらえたとき。転んで泣いているときに「痛かったね」と言ってもらえたとき(親が「痛くない!痛くない!」なんて、痛いことをないことにされたら?否定されたことになるよね)おむつがえをして、「きもちいいね~」と声かけてもらったなどなどどんな場面でも「共感してもらえること」で肯定してもらえたと思えるし心も満足しますよね。イヤイヤ期にも「共感」は威力を発揮します。逆に共感してもらえず、受け止めてもらえず否定ばかりされていたら??親、ましてや他人の気持ちは考えられません喜びも悲しみも共有できないんです「共感できる」ということが人間同士のコミュニケーションの始まりです。(子どもの成長に飛び級はない著 佐々木正美より引用)0歳から、ぜひぜひ言葉にして共感してあげてくださいねママの表情も言葉も届いていますよ~それでは

  • 21May
    • 【お客様の声】ご感想、ヨガ×ベビーキッズ遊び教室@ののいちカミーノ

      先日のヨガbabykidsあそび教室でのご感想をいただきました現役保育士さん(育休中Aさん)乳幼児期の大切さをお話させていただき、このように感じていただけたこととても嬉しく思いますありがとうございます日頃から丁寧に子育てされているAさん知識も遊びのネタも豊富そんなお母様に、お話するなんて当日まで実はドッキドキ!!緊張していたんですよ~でも実際に目の前にしたらプライベートでも仲良しのママなので安心し、ゆったりお話できました日々、生活しているとめまぐるしい毎日。目の前の子どもの「○○できない」「○○してくれない」姿に心配したり、戸惑ったりしてしまうけど「子どもの生きていく土台」を頭の片隅に持っていたら子どもを信じることもできるできないことも待ってあげられる手伝ってあげられる要求に応えてあげられる見守れるそうですママの意識、対応が変わるそしたら、必然的に子どもの姿も変わってきますよね一番大切なことは目には見えないというけれど一番育てたい心の根っこ体の土台一緒に育てていきましょう~