サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

・・・・今日は過去記事に追加してます。

 

THE FINAL COUNTDOWN
監督: ドン・テイラー 
音楽: ジョン・スコット 
出演: カーク・ダグラス、マーティン・シーン、ジェームズ・ファレンティノ、キャサリン・ロス、チャールズ・ダーニング、スーン・テック・オー
1980年 アメリカ映画


現代の航空母艦ニミッツが洋上でタイムスリップ、行った先はなんと真珠湾攻撃直前の太平洋だったというお話。
戦争アクションと時空SFを足して割ったような作品。
無理のある設定をそれなりにつじつま合わせをして、すっきり見せるところが好感の持てる作品でした。
T6テキサンを改造して日本海軍のゼロ戦に見立てて、F14トムキャットとドッグファイトさせるところは圧巻でした。
ただ、日本兵がまずかったです。
せっかくだから日本人使えばよかったのに、スーン・テック・オーという中国系(読者さんのご指摘で韓国系と判明)の俳優さんを使っています。
セリフも片言の日本語で、字幕版を見てビックリしました。
キャサリン・ロスを人質に取って、何だか意味不明な言葉を交えながら
「グスグス スンナ!!」とか
「・・・・○○ダッタラ、コノオンナヲコロス!!」とか
かろうじて日本語に聞こえるセリフが笑えます。



音楽は、ジョン・スコット。
彼の代表者とも言える作品にも関わらず、なかなかオフィシャルでCD化されなかった作品。
JOSレーベルという、ほとんどジョン・スコットのプライベートレーベルのようなレーベルから発売されました。
LPに9曲追加で全53分。
追加曲も派手な曲が多く、LPよりさらに「燃え」ます。
このサントラの目玉はなんと言っても、火曜サスペンス劇場の「聖母たちのララバイ」にパクられたといわれる「ミスター・タイドマン」でしょう。
巷では「聖母たちのララバイ」が本作に歌詞を付けたカバー曲だと思っている人がるようですが、どうやら間違いのようです。
これは、「パクラレた」そうです。
ジョン・スコットの承諾なしにメロディを盗用され、ジョン・スコットが抗議の手紙を出しても知らん顔されたので、
自ら日本の会社に乗り込んで著作権を奪い取ったとか。
盗作騒ぎばかりが先行するこのサントラですが、
「メイン・タイトル」をはじめ派手なマーチ調の曲の数々も素晴らしい出来です。
最近のサントラに比べてかなり大袈裟な音ですが、素直に「燃え」るスコアです。

 

 

 

・・・・と、ここまでが過去記事。

JOSレーベルのサントラも入手困難となっていたところ、ダウンロードで入手可能なことが分かりました。

Amazonでもi-Tunseでも購入可能です。

ただ、オリジナルのLPと同じ音源と思われます。

JOSレーベルのようなボーナス・トラックは無し。

さらに残念なことに日本盤LPに入っていた「コノオンナヲコロス!」などのダイアローグやS.E.も無しです 笑。

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

毎年のことながら、連休中はどこへも行けないので、地元を満喫しながら家ではブログ更新しまくり 笑。

 

 

 

ARRIVAL
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ    
音楽:ヨハン・ヨハンソン    
出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ、アビゲイル・プニオウスキー、ジュリア・スカーレット・ダン、ジャディン・マローン


2016年 アメリカ映画
本日は、未見の新作レビューです。
予告編では、空中に縦置きのモノリスみたいな巨大物体が浮遊しているという神秘的な映像が流れるSF作品。
連休中どこへも行けないおっさんは腹いせにシネコンをはしごしてやろうかと思いましたが、
残念ながら本作は連休明けの5月19日の予定だそうです。
監督が「プリズナーズ」、「複製された男」、「ボーダーライン」のドゥニ・ヴィルヌーヴなので
是非劇場で観たいのですが、果たしてどうなることやら。
この人、「ブレードランナー2049」の監督にも抜擢されているそうで、今回も期待大です。
ストーリーは、ある日突然地球に12個の巨大な浮遊物体が飛来しますが、何のために飛来したのか目的が全く分からないことから、この知的生命体と思しき物体とコミュニケーションを取るため、軍人と生物学者がメッセージと思われるものの解読に挑む・・・・みたいなお話のようです。
ラストは感動的だということですが、予習しすぎると感動が薄れるので、これ以上予備知識を入れないようにします。
この人の作品は独特の乾いた感じがあるので、今回もかなりクールにお話が進むのではと勝手に推測しています。
ちなみにこの作品、アカデミー賞の音響編集賞を受賞したほか、8部門でノミネートされたそうです。
 

 


音楽は、ヨハン・ヨハンソン。
「プリズナーズ」、「ボーダーライン」に続いてのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督とのタッグとなります。
本作のサントラは、かなりユニーク。
人の声(Voice)がキーワードになっていて、いろんな声をサンプリングしてスコアの中に散りばめてあります。
スコア全体は、ブライアン・イーノ風の環境音楽(今でいうヒーリング)っぽくなっていて、荘厳な雰囲気があります。
ダークな重低音を利かせたスコアもありますが、イメージとしてはハンス・ジマーの「インターステラー」を地味にしたような感じです 笑。
シャーマニズムを感じさせる宗教音楽風のトラックや、サスペンスシーン用と思われるパルス系のシーケンサーにザクザクとした音のオケを重ねるスリリングなスコアもあります。
サントラは、なんとグラモフォンレーベルから出ているので、ジャケを見るとクラシックのCDかと錯覚に陥りそうです。
品のあるジャケもなかなか素晴らしい。
これLPだったらもっと絵になるなあ。
このユニークなスコアが映像と重なったとき、果たしてどのような効果が出るのか、今から楽しみです。

 



 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ

にほんブログ村

 

 

 

 

Arrival Arrival
 
Amazon

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



COMA
監督:マイケル・クライトン
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
出演:ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、マイケル・ダグラス、リチャード・ウィドマーク、リップ・トーン、ロイス・チャイルズ、エリザベス・アシュレイ、トム・セレック、エド・ハリス
1977年 アメリカ映画

マイケル・クライトンが脚本・監督を務めたメディカル・サスペンス。
病院を舞台に「昏睡」をテーマにした病院ぐるみの陰謀を描いています。
ストーリーは、大病院に勤務する女医が、親友をごく簡単な手術の失敗で失ってしまったことをきっかけに、
単身調査をしてみると、その病院では次々と健康な患者が手術中に昏睡状態に陥り脳死と判定されていることを突き止めます。
さらに、それらの患者はすべてある研究所に運ばれていることが分かり、背後に大きな陰謀が隠されていることに気づくが・・・というお話。
たくさんの患者が何本ものワイヤーで宙づりにされているシーンは、今観てもかなり異様な感じを受けます。
こういう演出がサスペンスをさらに盛り上げています。
今となってはそう目新しい題材でもありませんが、後半の盛り上げ方はなかなかのものです。
いつもなら映画を観ながらすぐ寝てしまう妻も、このDVDは最後まで起きて観ていました。
40年前の映画ですが、捨てたもんじゃないなと思いました。
マイケル・ダグラスもこの頃は、すごく若い。
さらに若き日のエド・ハリスとトム・セレックも出ています。



音楽は巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
御大の70年代作品は一番乗りに乗っていた頃なので、どれをとってもハズレがありません。
本作も地味ながら、後半のサスペンスをスコアでグイグイ盛り上げる作風になっています。
ちなみに本作は、中盤までスコアがほとんどありません。
中盤、ヒロインたちが束の間の安らぎを覚えるシーンで、はじめてスコアらしいものが出てくるのですが、
その後のサスペンスフルな展開を、時に不安感を掻き立て、時に一気に畳みかけるようにスコアが鳴り響きます。
ピアノの低音を利かせたゴールドスミス印のサスペンススコアはホントカッコいい。
よく本作の中からコンピものに収録される「愛のテーマ」は、
70年代にゴールドスミスが手がけたSFモノの中でも「2300年未来への旅」と並ぶ美しいテーマだと思います。
テーマ曲のバリエーションにディスコ・アレンジのものがあるのは、この時代ならではですね 笑。
ディスコテーマは、どうしても時代を感じさせてしまいますが、これはこれでショボイなりにも味わいがあります。
サントラはこれまで3回CD化されていて、1回目がBay Citiesレーベルから単独で、
2回目が今は亡きChapterⅢレーベルから「2300年未来への旅」とのカップリングで、それぞれ発売されています。
そして3回目が、Film Score Monthlyのシルバー・エイジ・クラシック・シリーズからの発売となります。
これは、「殺しのカルテ」「ウェストワールド」「コーマ」の3作品を集めた2枚組で、
限定3000枚で発売されました。
全部マイケル・クライトンつながりの作品です。
本作からは、オリジナルLPより5曲多い全15曲42分が収録されています。


 ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村
 
 
 
コーマ [DVD] コーマ [DVD]
2,160円
Amazon
 
Coma Coma
 
Amazon
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



MONSTERS: DARK CONTINENT
監督:トム・グリーン        
音楽:ニール・ダヴィッジ        
出演:ジョニー・ハリス、サム・キーリー、ジョー・デンプシー、カイル・ソーラー、ニコラス・ピノック、パーカー・ソーヤーズ、フィリップ・アルディッティ    
2014年 イギリス映画


低予算ながらヒットした「モンスターズ/地球外生命体」の続編にあたる作品。
前作では監督のギャレス・エドワーズがその手腕を買われて、「GOZILLA ゴジラ」の監督に抜擢されましたが、
今回は彼は製作総指揮にまわっています。
ストーリーは、今やモンスターが繁殖する危険地域になってしまった中東を舞台に、
米軍が武装勢力とモンスターの両方と戦う中、
連絡を絶った部隊の救出のため、新米兵士を含む部隊が投入されることになる・・・・というお話。
予算が増えたのか、今回は巨大なモンスターや野生動物サイズのモンスターがたくさん出てきますが、
モンスターとの大バトルを期待すると大いに裏切られる1本です。
モンスターはむしろ風景の一部といった趣で、モンスターと絡む部分もあるにはあるのですが、
主はあくまで米軍と武装勢力の戦いという設定です。
しかも、武装勢力との戦いも後半に向かって失速していくという展開。
イタリア映画など、最初から完全なパチモンとして観る作品には何とも思わないのですが、
このように中途半端に失速する英米の作品には落胆を隠せない、わがままなわたくし(#^^#)



音楽は、ニール・ダヴィッジ。
この人のこと、ほとんど知りません。
「Halo 4」などの音楽も担当しているそうですが、「Halo」ってゲーム?
(ゲームを一切しないおっさんにはよくわかりません。)
スコアはインダストリアル系に中東っぽい楽器が絡むという、おっさん好みな内容。
パルス系の電子音なども入って、無機質な中に民族音楽な感覚が広がる不思議な音響。
パーカッションは、砂漠に近い土地の殺風景な景色を思わせる乾いた音が多いのが特徴。
ピアノや弦楽器がメロを取る小曲もあって、ノイズ一辺倒のスコアではありません。
さらに、アンビエントに広がる深淵なスコアもあり、その手の環境音楽(今ではヒーリングというでしょうか)が
好きな人にはいいかもしれません。
こんなことを言ってはなんですが、知らない人とナメてましたが、
実はこのスコアがかなり本編を助けてないかなあと思ったり。
サントラは、イギリスで発売されていて、日本でもダウンロード版を購入することができます。
ダウンロード版の方は、劇中使用された歌モノも収録されていて、
The Amazing Snakeheads、The Gravetones、When Gravity Falls等、ハードなオルタナ系の曲が入っています。
歌ものを加えた収録時間は、全34曲1時間48分のボリュームとなっています。



 ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

ROGUE ONE A STAR WARS STORY
監督:ギャレス・エドワーズ    
音楽:マイケル・ジアッキーノ    
出演:フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、マッツ・ミケルセン、アラン・テュディック、チアン・ウェン、リズ・アーメッド、フォレスト・ウィテカー、ジミー・スミッツ    
2016年 アメリカ映画

 

 

スター・ウォーズ「エピソード4」の直前10分前までを描くアナザー・ストーリーもの。
反乱軍はいかにしてデススターの設計図を手に入れたかを描いたお話で、
エピソード4の冒頭に流れる有名なオープニングロールのほんの4、5行を133分の物語に膨らませています。
懐かしの戦争映画で言うところのコマンド部隊モノという感じの作品です。
寄せ集め部隊が決死の行動で敵の弱点に関する機密情報を入手するという設定なので、
当然部隊の命運は推して知るべしという感じですが、意外に後味は悪くない。
「633爆撃隊」などの、かつての英国製戦争映画を思い出しました。
旧来からのファンへのサービスも抜かりがなく、あちこちで懐かしいモノが出てきます。
ストーリーは、かつて目の前で帝国軍に科学者である父を拉致され母を殺された娘が、
成長して父がデススターの設計に携わっていたことを知ります。
究極兵器デススターは完成を間近に控えており、反乱軍としてはなんとしても完成を阻止したいところですが、
手立てがありません。
そんな時、娘はホログラムで父のメッセージを見せられます。
父がデススター設計に携わったのは敵を欺くためであり、デススターにはある弱点があるというものでした。
これを見た彼女は、反乱軍の極秘部隊の一員となり、デススターの設計図を入手するという作戦に身を投じる・・・というお話。
スター・ウォーズ史上で最も激しいと思われる後半のバトルシーンは迫力満点です。
前半がストーリー中心の内容から一転して、後半はバトルシーンの応酬となります。
SFのフィールドで戦争映画を作ったという感じの意欲的な(笑)作品で、
ディスニーでなかったらもっと激しいものが出来ていたのではないかと、不謹慎ながらちょっと残念。

 

 

音楽は、マイケル・ジアッキーノ。
確か「ゴジラ」に続いてアレクサンドル・デスプラが担当する予定だったそうですが、
マイケル・ジアッキーノに交代しちゃったそうです。
途中交代とはいえ、短い期間でこれだけのものを作っちゃうマイケル・ジアッキーノはスゴい。
ジョン・ウィリアムズの作風を上手に生かして、ブラスの高らかな3連符のフレーズやら、
本家の劇伴に出てきそうなフレーズが随所に出てきます。
当然、本家のモチーフも所々で顔を出すので、シリーズとの統一感もバッチリです。
本作のために作曲されたモチーフも、それぞれ印象的なメロを持っています。
コマンドものなのでヒロインのモチーフも悲劇的なメロなのがちょっと残念ですが、
それでもバトルシーンのスコアは、スター・ウォーズの伝統を継承するような作りになっています。
このあたりはさすがです。
ジアッキーノのスコアの中では、往年の「メダル・オブ・オナー」あたりを彷彿とさせます。
とても聴きごたえのあるスコアですが、一つ残念なのがエンド・クレジットが収録されなかったこと。
ジョン・ウィリアムズの有名なエンド・タイトルをベースにして、
自身の劇伴を織り交ぜていくという形の力作で、
「スター・ウォーズ」のテーマが思い切り鳴り響くスコアなだけに、とても残念です。
収録時間の関係だったのかもしれませんが、将来2枚組などで是非とも出してもらいたい曲です。

 

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。