サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


HEAVY METAL AUF DEM LANDE
監督:アンドレス・ガイガー
脚本:アンドレス・ガイガー
撮影:マルク・ロゴル
編集:ユルゲン・ヴェンケルブレヒ
2005年 ドイツ映画


ドイツの田舎町ドンツドルフ(人口1万人)で主要産業にまで成長したヘヴィメタル専門レーベル“ニュークリア・ブラスト”をフィーチャーした音楽ドキュメンタリー。
10代の頃はメタル・キッズだった僕としては、このドキュメンタリーには笑った。
ヘヴィメタルと村人たちの共存関係が面白い。
メタルって、今じゃ完全にメインストリームから外れちゃった音楽的な扱いを受けていますが、
このドイツの片田舎の村では、インディーズ・メタル・レーベルが村の第2の産業にまで成長しちゃってることに驚きます。
創始者のマーカス・シュタイガーはメタル好きが高じて、自らレーベルを立ち上げるのですが、
それがどんどん成長しちゃって、今ではアメリカをはじめ海外に支社を持つまでになっています。
なんと日本語サイトまであります(日本コロムビアがディストリビュート)。

http://columbia.jp/nuclearblast/

(でも、アーティストはおっさんには馴染みのない連中が多い(^_^;))
笑えるシーンの数々の中には、

○ スカルやデスメタルのCD、悪魔的なデザインのTシャツをプチプチにくるんで、せっせと梱包する村のおばさんたち

○ 将来のメタルドラマーを目指して、いい年をしてバカスカ家の2階でドラムをたたく息子を
 「いつものことだから」と気にしない年老いた母

○ メタルを邪悪な音楽として毛嫌いせず、「心の中で神への信仰があれば大丈夫」と妙にメタルに寛容な村の牧師さん 

○ 牛小屋みたいなところに機材持ち込んで爆音メタルセッションしている外で、じいさんが普通に牧草を集めてる

○ 村のパブで定期的に開催されるメタルバンドの轟音新譜試聴会にも、常連のおっさんたちは「1時間もすれば終わるから」
 とあんまり気にしてない

と、なんともシュールというかヘンテコな共存関係が生まれています。
「邪悪な悪魔の音楽」という偏見の目でヘヴィメタルを見ない、村人たちの寛容な態度にちょっと好感が持てたりします。
都会への進出を好まず、あくまで片田舎の村を拠点に活動していくインディー・レーベルっていいよなあ。
ドキュメンタリーのラストは、出演者の「Heavy Metal Forever!」という一言で締めくくられています。
カッコええなあ。



音楽は、ドキュメンタリーなのでありません。
所属する(していた)メタル・バンドの曲が流れたり、PVが挿入されたり、曲の一部が使われたりします。
このうち、PVがコラージュ的に挿入される、フィンランドのドラマティック・メタル・バンド「Nightwish」が
実はこのレーベルを世界的に有名にすることに貢献したようです。
女性ボーカルをフィーチャーしたこのバンドの「Once」(2004)というアルバムがレーベル史上初のプラチナ・ディスクを獲得したらしい。
このレーベルの所属アーティストは、デス・メタルっぽいものが多く、このブログの読者のみなさんにはかなりキツイ内容のものが多い中、
このバンドは、クラシックとメタルの融合を目指したバンドらしく、曲はドラマティックで映画音楽っぽい雰囲気も持っているので、
読者のみなさんも案外聴けるかもしれません。
ヨエンスー市立管弦楽団やロンドン・セッション・オーケストラなどをバックにクラシカルでオペラティックなサウンドを聴かせるバンドです。
そういえば、以前テレビのバラエティ番組で、世界で一番ヘビメタを聴く国はどこだってランキングやってましたが、1位はフィンランドでした。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



ヘヴィメタル・イン・ザ・カントリー Nuclear Blast Story [DVD]/出演者不明

¥3,990
Amazon.co.jp

Once/Nightwish

¥1,106
Amazon.co.jp

Imaginaerum/Nightwish

¥1,574
Amazon.co.jp

イマジナエラム/ナイトウィッシュ

¥2,780
Amazon.co.jp

ダーク・パッション・プレイ/ナイトウィッシュ

¥1,850
Amazon.co.jp

Oceanborn (Reis)/Nightwish

¥1,785
Amazon.co.jp

Wishmaster (Reis)/Nightwish

¥1,785
Amazon.co.jp

Century Child/Nightwish

¥1,785
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


Angeli Bianchi...Angeli Neri
監督 ルイジ・スカチーニ
音楽 ピエロ・ウミリアーニ
1969年 イタリア映画

監督は、「フリーセックス地帯を行く 天国か地獄か」を撮ったルイジ・スカチーニ。
監督だけでなく、撮影に音楽にほとんどのスタッフがおんなじです(^_^;)
世界のいかがわしいセ○クス教団とか、秘密の儀式を追ったドキュメンタリーですが、
実は僕はこの作品を観たことがありません。
オムニバス形式でいろんなエピソードが紹介されているようですが、
「セ○クス教団の狂乱宴」とか「OL嬢のサディスト教入信」とか「処女を捧げる入信式」とか「奇怪!死人殺人事件」等々・・・。
よくもまあこんなんばっかり集めたなあという感じです。



音楽は、イタリアのモンドなコンポーザー、ピエロ・ウミリアーニ。
個人的には、怪しげなドキュメンタリーとかエッチな映画のイメージの強い人です(^_^;)。
派手なジャズ・フィーリング溢れる、パチモン・スパイ・アクションみたいな主題歌がご機嫌です。
Shirley Hammerという女性シンガーが歌っていて、途中のソロはハモンド・オルガン。
これ、イントロは大人しい入り方するけど、途中から俄然盛り上がる曲です。
劇伴も、この人ならではのB級ラウンジ色溢れるオシャレなサウンドが満載です。
歌モノが結構多くて、Mark Davidという人や、なんとノーラ・オルランディが歌っている曲もあります。
「マナマナ」みたいなキワモノ紙一重で寸止めしたようなインパクトの曲はありませんが、
アルバム単独で十分鑑賞に堪えるスコアです。
モリコーネ作品の常連、アレッサンドロ・アレッサンドリーニやエッダも参加していて、
実は何気に超豪華だったりします。

CD化に際してボーナス・トラック入って60分弱の収録時間になってます。



よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Angeli Bianchi Angel/Piero Umiliani

¥2,600
Amazon.co.jp

Angeli Bianchi Ang [12 inch Analog]/Piero Umiliani

¥4,478
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


ON ANY SUNDAY
監督: ブルース・ブラウン
音楽: ドミニク・フロンティア
出演: スティーヴ・マックィーン、マート・ロウウィル、マルコム・スミス
1971年 アメリカ映画

1971年のアカデミードキュメンタリー長編賞にノミネートされたオートバイ・レースのドキュメンタリー。
アメリカ各地で開催されるモトクロスバイクのレースの模様が描かれています。
日曜日に開催されるレースを追った作品なので、映画のオリジナル・タイトルは、「On Any Sunday」。
ドキュメンタリーなんだけどスターが出ていて、バイク好きで知られるスティーヴ・マックイーンが出てます。
マックイーンは、この映画の製作にもタッチしているようです。
ドキュメンタリーなので、ちょっと地味な印象の作品ですが、
「栄光のル・マン」のすぐ後だったので、日本でもそこそこ客が入ったのではないかと思います。


音楽は、ドミニク・フロンティア。
本作では、ソフト・ロック調でモンドな香りもする曲を提供しています。
主題歌は、爽やかでリズム感のある軽快な曲。
劇伴も、レアグルーヴ+サイケな雰囲気の曲が多く、
軽めでロックなフィーリングが満載です。
参加ミュージシャンもすごい。
トミー・テデスコにトム・スコットにトミー・モーガンに・・・そうそうたるメンツが参加しています。
非常に聴きやすいスコアに仕上がっています。
ただ、ちょっと気になるのはアルバム前半でヘンテコなシンコペーションが入る曲があること。
いきなりリズムがガラッと変わるとノリが一時的に死んじゃうというか、
「ガクッ」と来ちゃうのが玉にきず。
個人的には、グルーヴィーで派手なホーンやサイケ・ギターが炸裂する「Sunday Drivin'」がお気に入り。
収録時間は、LPと同じ27分ちょっとですが、
これは本編から切り離してアルバム単独でも十分楽しめる内容になっています。
CDは、「フォロー・ミー」のCDでお馴染み、イギリスのHarkitレーベルから発売されています。
しかし、このジャケがなあ。
オリジナルLPジャケの方が絶対いいのに。

オリジナルジャケ
  ↓

$サウンドトラック秘宝館




よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



On Any Sunday/Various Artists

¥1,860
Amazon.co.jp

栄光のライダー [DVD]/スティーブ・マックイーン,マルコム・スミス,マート・ローウィル

¥2,940
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


ANVIL! THE STORY OF ANVIL
監督: サーシャ・ガヴァシ
音楽: デヴィッド・ノーランド
出演: スティーヴ・“リップス”・クドロー、ロブ・ライナー、ラーズ・ウルリッヒ、レミー・キルミスター、スラッシュ、トム・アラヤ、スコット・イアン
2009年 アメリカ映画


今では「ターミナル」の脚本家として知られるサーシャ・ガヴァシ監督が、
かつて自分がローディーをやってたことのあるヘヴィ・メタル・バンド「アンヴィル」を題材に、
まさかのドキュメンタリーを撮ってしまいました。
いつの間にこんなドキュメンタリーが製作されていたのでしょう。
アンヴィルが今頃になって注目されるとは・・・・・・。
それ以上に、まさかこいつらまだ健在だったとは・・・・。
正にバンド名「鉄床」を地でいくような頑固一徹な姿勢。
80年代初頭に華々しくデビューして、アルバム2、3枚で鳴かず飛ばずになってしまったのに、
その後20年以上も存在し続けていたとは。
しかもこんな素敵な予告編のドキュメタリー撮ってもらえるなんて、なんて幸せなメタルおやじたち。
ボーカルのリップスなんて、バンドじゃ食っていけないからって今じゃ給食の配達しながら、それでも20年以上バンドやってるらしい。
そんな八方塞がりな連中を暖かく見守る人々がいることにも感動。
こんなにも周囲の人々に優しく見守られたメタル・バンドって、他には無いよなあ。
彼らを観て育ち、今ではビッグなったメタリカ、アンスラックス、スレイヤーの面々が出てくるのも素敵。
ヘヴィ・メタルっていうと、轟音でやかましくて歌詞には「悪魔」だとか「死」とかがいっぱい出てくるけど、
やってる奴らって意外に礼儀正しくてイイ奴多いもんなあ。
なお、予告編を観ると、84年の日本でのモンスターズ・オブ・ロックの模様も映し出されるようで、
懐かしさも満点です。




音楽は、デヴィッド・ノーランドって人になってますが、
本編でアンヴィルの名曲(?)の数々が流れるので、スコアは不要でしょう。
新曲もあるのかなあ。
中高生の頃、熱狂してアルバム聴いてたのを思い出すなあ。
早弾きギターもそこそこ上手いし、ドラムは手数が多くてコピーしようにも、
当時の僕のテクではどうにもならなかった。
初心者泣かせの曲が多かったなあ。
初めて買ったのが、「スクール・ラヴ」のシングル。
B面はストーンズの「黒くぬれ」のカバー。
ガンズよりずっとずっと前に、こいつらがカバーやってたんだぞ。
僕もかつては地元のメタル・バンドのドラマーしながら、ちょっとは考えたなあ。
これで飯喰っていけたらなあ・・・・。
結局、そんな勇気もなくて地元でしっかり就職しちゃいましたけどね。
でも、僕の身内にもまだアンヴィルみたいなこと未だにやってるのがいるだけに、
この映画は他人事に思えないリアリズムがあります。
これ、絶対観たい!!
アンヴィル、もう一度日本でライヴ観たい!
こいつら、最高!!
CDほとんど廃盤だけど、アルバム、買い直すぞ~!!


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Hard ’n’ Heavy

¥1,522
Amazon.co.jp



Metal on Metal

¥1,522
Amazon.co.jp

This Is Thirteen~夢を諦め切れない男たち~

¥2,520
Amazon.co.jp

Forged in Fire

¥1,298
Amazon.co.jp

Past and Presence: Live

¥1,432
Amazon.co.jp

Backwaxed

¥1,260
Amazon.co.jp

Anthology

¥7,953
Amazon.co.jp

Back to Basics

¥2,382
Amazon.co.jp

Plugged in Permanent

¥8,462
Amazon.co.jp

Strength of Steel

¥8,080
Amazon.co.jp

Speed of Sound

¥6,409
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
サウンドトラック秘宝館

SVEZIA INFERNO E PARADISO
監督 ルイジ・スカチーニ
製作 ルイジ・スカチーニ
撮影 クラウディオ・ラッカ
音楽 ピエロ・ウミリアーニ
1968年 イタリア映画

今日は、とんでもないタイトルの作品を紹介します・・・・(^^;)

イタリア映画界が得意としたジャンルの一つに「世界残酷物語」に代表される「ドキュメンタリーもの」がありますが、
実はこれもその中の1本で、しかもエロ・ドキュメントです。
スウェーデンの性の実態を赤裸々に描くとかなんとか言って、イタリア人から見たスウェーデンの風俗最前線みたいな仕上がりになっています。
イタリア人から見た妄想と偏見に彩られた部分も案外多く、この手の映画のせいで、70年代にはスウェーデンという国は「エロスの殿堂」みたいなレッテルが貼られてしまったような気がします。
事実、僕が小学生の頃は、既にスウェーデン=エッチな国という先入観が植え付けられていました(^^;)
ドキュメントの前半は、スウェーデンの進んだ性教育のしくみ等について紹介されて、わりとまともですが(とはいうものの結構お下品だったりします)、
後半、その性の解放がもたらす性風俗の闇の部分(スワッピング、レズ、ホモ等々)を次々と紹介していくという内容になっていました。
まあ、イタリア人の妄想や偏見で撮られた映像なので、どこまで信じていいのか分かりませんが、
こういう映画が元で、スウェーデンといえばエロみたいな図式が出来上がってしまったことを思えば、
冷静に考えるとヒドイ話だなあと思います。


音楽は、60年代を中心にイタリアでB級作品を中心に活躍したピエロ・ウミリアーニ。
この人、現役の頃はあんまりメジャーな作品に恵まれず、本編自体はトホホな作品が多かったのですが、
90年代になって突如としてサバービア系からリスペクトされて大ブレイク、陽の目を見なかった過去のLPがどんどんCDになりました。
本人さんは、2001年に亡くなっているので、晩年、思わぬところで再評価されていい余生が送れたんじゃないかなあと思います。
この人が30年も後になってリスペクトを集めたのにはそれなりに理由があって、ジャズをベースにしたラウンジ系のモンドな音作りがとってもオシャレなのです。
本作もそんなモンドな音作りが全編に渡って堪能できる素敵な内容になっています。
特に本作には、ラウンジ系では超有名な曲、「マナマナ」が収録されています。
「マナマナ・・」という鼻が詰まったようなおっさん声に、女性の「チッチ~リビリ、チッチリッチ・・・」というスキャットが絡むなんともユニークな曲です。
この曲は、かつて「セサミ・ストリート」(「マペット・ショー」)で使われて有名になったらしいですが、
子供向け番組で使用された愉快な曲の元ネタが、実は性風俗ドキュメントのために書き下ろされた曲だったとは驚きです。
ピエロ・ウミリアーニは、自身もジャズ・ミュージシャンとして活動していた時期があって、
実験的なモダン・ジャズを中心に取り組んでいました。
そのため、有名なジャズメンとの交流があり、特にチェット・ベイカーとの親交がよく知られていて、
ウミリアーニのサントラにはチェット・ベイカーが参加したものが結構あるようです。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。