サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


・・・本日、2回目の過去記事いじり。
ジョージ・ケネディ追悼ということで(T_T)



AIRPORT
監督: ジョージ・シートン
音楽: アルフレッド・ニューマン
出演: バート・ランカスター、ディーン・マーティン、ジーン・セバーグ、ジャクリーン・ビセット、ジョージ・ケネディ、ヘレン・ヘイズ、ヴァン・ヘフリン、モーリン・ステイプルトン、ロ
バリー・ネルソン、ダナ・ウィンター
1970年 アメリカ映画



後にブームになったパニック映画の草分け的存在にして、「エアポート」シリーズの原点となった傑作。
豪華なオールスターキャストやグランドホテル形式のドラマ展開など、
後のパニック映画のお手本のような作品に仕上がっています。
「エアポート」シリーズとの違いは、旅客機と空港の両方にスポットを当てていること。
胴体に風穴が開いた旅客機を着陸させるべく、
猛吹雪で機能停止に陥った空港滑走路を急ピッチで修復するシーンなど、
手に汗握る場面が展開します。
ちなみに後のシリーズは飛行中の旅客機に重きが置かれていて、空港は最初だけだったりします。
ただ、ちょっと人間ドラマの部分がかったるい気がしたなあ。
がたたみかけるようなスピード感溢れる展開に水を差しているような気がしました。
本作は、ヘレン・ヘイズがアカデミー助演女優賞を受賞したほか、7部門でノミネートされています。
個人的には、60~70年代アクション映画の名脇役ジョージ・ケネディが出ていることと、
ジャクリーン・ビセットが出てるのがポイント高し。




音楽は、これが遺作となったアルフレッド・ニューマン。
往年の古き良き映画の時代のスコアを数多く手がけた人で、作品は200を越えると言われています。
基本的にクラシックをベースにしたまさに王道路線のフィルム・スコアを書く人で、
ジャズやラテンの要素をほとんど取り入れたことが無かったように思います。
そういう中で、遺作である本作では、メイン・タイトルにこれまでと違ったアプローチを聴くことができます。
これまで彼が手がけてきた西部劇スコアっぽい迫力ある前半部に続いて飛び出すのが、
コンガをバックにあしらったちょっぴりラテンっぽい展開。
なんとなく当時のアクション映画のスコアを意識したような都会的な雰囲気を醸し出しています。
とてもスリリングな曲で、この曲も後のパニック映画スコアのお手本になっているような気がします。
ただ、いきなり2曲目に登場するのが、とっても甘美な「愛のテーマ」。
世間では、この曲が人気あるようで、パーシー・フェイス楽団(だったかな?)がカバーしてヒットしているようです。
そのため、MCAのサントラ・コンピレーション盤なども「愛のテーマ」が収録されてたりして・・・・、メイン・タイトルの方はあんまり重要視されてなかったのかなあ。
でも、個人的にはこんなユルユルな愛のテーマより、メイン・タイトルの方が絶対いいと思うんだけどなあ。
他の劇伴も、ライトなロック・アレンジの曲があったり、愛のテーマの延長のようなゴージャスな曲があったり、
そっち系の「甘い」スコアが中心で、スリリングな展開の曲はほとんどありません。
アクション・スコア好きには、ちょっと物足りない内容かも知れませんが、
メイン・タイトルは一聴の価値ある傑作だと思います。
しかし、CDは現在廃盤のようで、プレミアが付けられています(やれやれ)。



・・・・とここまでが過去記事。
遅ればせながら、ジョージ・ケネディが亡くなりました。
60~70年代に活躍した性格俳優・・・・享年91歳。
この「エアポート」シリーズは4作全部出演してたんですよね。
このところ、好きなアクターやミュージシャンがどんどん亡くなって淋しい限りです。

なお、このサントラ、2年ぐらい前だったかな「永遠のサントラ999 BEST&MORE」シリーズ第2弾にラインナップされ、比較的お手軽な価格で購入することが出来るようになりました。
但し、これ限定盤らしいのでCD持ってない方はお早目にどうぞ。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



大空港 オリジナル・サウンドトラック/アルフレッド・ニューマン

¥2,300
Amazon.co.jp


大空港 [DVD]/バート・ランカスター,ディーン・マーティン

¥980
Amazon.co.jp




AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:



JAWS: THE REVENGE
監督:ジョセフ・サージェント
音楽:マイケル・スモール
出演:マイケル・ケイン、ロレイン・ゲイリー、マリオ・ヴァン・ピーブルズ、ランス・ゲスト、カレン・ヤング、ジュディス・バーシ、リン・ウィットフィールド
1987年 アメリカ映画


3D以外はほぼカスだった「3」で絶対打ち止めだと思っていた「ジョーズ」シリーズに、まさかの続編が登場。
さすがに本作以降は新作が出ていませんので、これが最終作ということになるのでしょう。
今回は、サメに家族を殺された復讐を果たすため、今度は署長の奥さんがサメと対決するというお話。
ブロディ署長が殺され、さらに今回は息子も殺されちゃうから始末に終えない。
妻であり、母でありブロディ夫人は復讐の鬼となってジョーズをバハマまで追いかけるという執念の復讐劇。
エンディングは2種類存在するらしく、ジョーズがヨットの折れたマストに突き刺さって終わるパターンと、
突き刺さった後何故か爆発する(何で爆発するんだ?笑)パターンとがあるようです。
「サブウェイ・パニック」の名匠ジョセフ・サージェントも、この映画以後はテレビムービーばっかり手がけているってことは、
この映画がコケたせいかも。
でも、僕はそんなに悪い作品だとは思わないなあ。
(あ、マイケル・ケインが出てるから評価甘くしてるだろって?
バレたか(笑))
それに、イタリア製パチモン「ジョーズ」で耐性が出来ているので、
あれらに比べたらこっちの方が相当クオリティ高いです(笑)。





音楽は、「3」のアラン・パーカーからマイケル・スモールにバトンタッチ。
一応、シリーズのスコアに統一感を持たせるために(というよりあまりにメジャーなテーマなので使わないという選択肢は最初から無い?)、
ジョン・ウィリアムズのモチーフを使っています。
これに、マイケル・スモールのオリジナルの劇伴を加えたという内容。
この人、作品に恵まれないせいか、いま一つメジャーになり切れない人ですが、個人的には好きな作曲家の一人。
正直なところ、生真面目で地味なスコアが多い人ですが、
サスペンス描写などは、結構迫力があり、なかなかのものです。
正統派のフルオケ・スコアだけでなく、トロピカルなレゲエ+フュージョン調の劇伴といった異色の曲も入っています。
本作は、公開当時はサントラは発売されず、8曲入りのComposer promoがCDで出たのみでした。
まあ未来永劫サントラなんか出ないだろうなあと諦めていたところ、なんと先月、米Intradaからサントラが出てしまいました。
しかも51分も収録された豪華盤。
まさかこれが発売されるとは思わなかったなあ。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Jaws the Revenge/Intrada

¥4,772
Amazon.co.jp

ジョーズ 4/復讐編 [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥1,543
Amazon.co.jp

ジョーズ3 [DVD]/ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

¥1,008
Amazon.co.jp

ジョーズ 2 [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥1,543
Amazon.co.jp

ジョーズ [Blu-ray]/ジェネオン・ユニバーサル

¥2,037
Amazon.co.jp

ジョーズ [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥1,543
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:



・・・・今日2本目の記事は過去記事追加ものです。


INTO THE STORM
監督:スティーヴン・クエイル
音楽:ブライアン・タイラー
出演:リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム=ケアリー、アーレン・エスカーペタ、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス
2014年 アメリカ映画




最新映像で描くPOVスタイルの竜巻映画。
この手の映画が出来るたび、70年代の一連のディザスターものを思い出しちゃうんですが、
破壊映像は当時とは比べ物にならないほど進化してることを痛感します。
その反面、ドラマとしてはどうでもいい感じになってるなあとつくづく感じます。
本作も上映時間たったの89分。
まだ未見ですが、90分を切る本編にドラマ性は期待できないなあ。
ストーリーは、アメリカの中西部の町を襲う巨大竜巻とストーム・チェイサーを描いてるのかな?(なんかツイスターとほとんど一緒じゃん。)
猛烈な竜巻映像をご披露してたら、ドラマなんか描きこむ余地なんかないだろうなあ。
わぁ~っ!!すげぇ~!!で1時間半が終わって、
観終わった後は、どっと疲れたけど後には何も残らないという映画なんでしょう、きっと。
チラシの宣伝文句も「全身で観ろ」。
てことは、体感型アトラクション・ムービーということか。
劇場のスクリーンで観てスカッとしたい人にはいいかも知れません。



音楽は、ブライアン”ジャジャジャジャ”タイラー(笑)。
RC系のジャジャジャジャ・スコアの権化ともいうべき人ですが、
メタリカのTシャツ着てたりするので、案外こっちに近い感覚もある人なのかなと思ったり・・・。
最近は、一時のジャジャジャジャ・カラオケ・ノンメロ・スコアから脱却するかのような、メロっぽいものを持ったスコアが出てきて、ちょっと見直してるところです。
そんな中での新作スコアなのですが、あろうことからPOVものの映画にスコアが付いちゃってます。
ところが、案外これがイケるのです。
派手派手なのはいつものことですが、やっぱりなんとなくメロらしいものがある。
なんと、タイラー君、いい感じのスコア書けるようになったじゃないか、という感じです。
メロっぽいものがあって、バリエーションもそこそこあってスケールがでかい。
これは聴きごたえがあります。
とはいえ、実はおっさんの耳がタイラーのスコアに慣れちゃっただけだったりするのかも知れません(笑)。



・・・・・と、ここまでが過去記事。
今日、ブルーレイで本編を鑑賞しました。
映像に関して勝手な思い込みでかなり勘違いしてました。
POVスタイルと書いてましたが、ビデオ映像も入れてるというだけで、
完全なPOVではありませんでした。
「エンド・オブ・ウォッチ」に近い感じです。
それに、ストーリーも結構面白かった。
90分を切るお話ですが、十分楽しめました。
前言撤回です。
単純にハラハラドキドキ楽しめる作品でした。
年末年始にご家族でスカッと楽しむにはいい映画だと思います。


スコアの方もタイタス号登場シーンとエンド・タイトルが特に印象的で、
近頃のブライアン・タイラーは、やはりおっさんリスナーにとっては確実にいい方向に進んでるように思います。
毎度のことながら、激しすぎて何回も聴くには疲れるのは確かですが、
それでも一頃のワンパターンからは脱したように思います。
今後に期待。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Into the Storm/Various Artists

¥2,002
Amazon.co.jp



イントゥ・ザ・ストーム ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [.../リチャード・アーミティッジ,サラ・ウェイン・キャリーズ,マット・ウォルシュ

¥4,093
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:




SHARKNADO
監督:アンソニー・C・フェランテ
音楽:ラミン・コーシャ
出演:アイアン・ジーリング、タラ・リード、ジョン・ハード、キャシー・スケルボ、ジェイソン・シモンズ
2013年 アメリカ映画

まあ、身も蓋もないタイトルがつけられた呆れたアメリカ製C級パニック・アクション。
要はカスです。
でも、これTVムービーなのでカスでも仕方ないか。
ストーリーは、海で大規模な竜巻が発生し、サメを大量に巻き上げてそのままカリフォルニアにやってきて、カリフォルニアの大地に巨大なサメが落っこちてきて、人々を襲います。
勇敢な主人公は、家族を救うとともに、被害をもたらすサメの入った竜巻を手製の爆弾で吹き飛ばしていく・・・・というお話。
なんて話だ。ひどすぎる。
さすがのイタリア映画でも、なかなかここまでひどいのは無いなあ。
しかし、この監督これで懲りずに今年第2作目「シャークネード カテゴリー2」なんてのも作ってます。
サメCGなら雨までCG、TVムービーとはいえ、ここまで安く上げていると呆れて物も言えません。
昨日も書きましたが、イタリアはもともとカスしか作らないと思ってるし、
自分でも最初からカスだと思って観はじめるので全然腹は立ちませんが、
まともだと思って観始めた(まあ、シャークネードというタイトルでまともだと思う人はいないと思いますが・・・)アメリカ映画でこの手のカスを観させられると、何故か腹が立ちます。
お金と時間を損した気分になります。


音楽は、ラミン・コーシャ。
誰それ、という感じですが、一聴すると意外にスコアはまともそうに聴こえます。
RC系の臭いもしますが、コテコテではない感じ。
なんだか妙な透明感のあるスコアが不思議です。
スコアの前半は、雰囲気重視のアンダースコアがほとんどです。
聴いててもあんまりおもしろくない。
中盤あたりから出てくるアクション・スコアは、
インダストリアルなパーカッシヴなシンセが面白い。
とはいうものの、そんなにもりあがらずにアルバムが終わってしまいます。
アルバム全体を通して、明確なモチーフというものは存在しないような
個性という点では、インダストリアルなシンセ音だけだったという
何ともトホホな結果に。
こんなもん、どこが出すんだと思ったら、
Lakeshoreレーベル。
なるほどね。
でも、CDが出たり、続編が出来るってことは、そこそこ評判良かったのかなあ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Sharknado/Ramin Kousha

¥2,433
Amazon.co.jp

シャークネード [DVD]/アイアン・ジーリング,タラ・リード,ジョン・ハード

¥5,184
Amazon.co.jp

梅水晶[うめすいしょう]700g サメの軟骨・鶏軟骨の南高梅和え

¥2,890
楽天

100円サプリ新・サメの軟骨エクセレント 100粒【グルコサミン】【コンドロイチン】【ヒアルロ...

¥100
楽天

お刺身OK!沖縄産深海鮫アイザメ肉(サメ肉) 【1kg】沖縄のロハス商品【RCP】fs04gm

¥1,026
楽天

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
昨年は、週末限定の更新で年間100本を紹介するのが精一杯でしたが、
いつもご覧いただきありがとうございます。
今年も同じようなことになりそうですが、気長にお付き合いいただければ幸いです。

本年1本目は、干支にちなんでヘビ映画を探してみたのですが、
「ドラゴン」は結構あるのですが、「ヘビ」の映画というとあんまり思い浮かばず、
ジェニファー・リンチ監督のヘビ女映画にしょうと思ったらサントラがなく、
結局これに落ち着きました。



Anacondas The Hunt for the Blood Orchid
監督:ドワイト・H・リトル
音楽:ネリダ・タイソン=チュウ
出演:モリス・チェスナット、ケイディー・ストリックランド、ユージン・バード、ジョニー・メスナー、マシュー・マースデン、ニコラス・ゴンザレス、カール・ユーン
2004年 アメリカ映画



ジャングルで大蛇が大暴れするB級パニック映画の続編。
この手の映画にしてはキャストが豪華でそこそこヒットしたせいか、
続編の登場となりました。
B級映画の続編というと、必ず地雷のニオイがするものですが、
この「2」は意外に楽しめました。
「ラピッド・ファイアー」のドワイト・H・リトル監督の演出が良かったこともあり、
スピード感ある映像は最後まで飽きずに観ることができました。
ストーリーは、ボルネオ島を舞台に、アメリカの科学者チームが、老化防止に劇的な効能がある希少植物を探しに島を訪れますが、ジャングルの中で大蛇の大群に襲われる・・・・というお話。
今回、キャストは残念ながらメジャーな人はいません。
ストーリー自体は、前作とは直接的なつながりはなく、舞台も南米からインドネシアに変わっています。
なお、劇場映画としてのアナコンダはここまで。
「3」からは、ルーマニア・アメリカ合作のTVムービーに格下げされているので
C級映画ファン以外は観ない方が無難でしょう。



音楽は、ネリダ・タイソン=チュウ。
リチャード・フランクリン監督の未公開作品「ゴーストアビス」なども手がけていますが、
手がけた作品の多くは、TVムービーやオーストラリア映画のようです。
オープニングタイトルは、ジャングルの空撮のバックで壮大でオリエンタルなスケール感あるスコアが登場しますが、すぐ劇伴に切り替わっちゃので、ちょっと残念。
このモチーフ、もうちょっと聴きたいという感じで終わってしまいます。
劇伴は、サスペンスフルなアクションシーンでは、ストリングスが気持ちよくザクザクと切り込む
スコアを提供しています。
最近のRC系とは違った新鮮味があってなかなかいい感じ。
ボルネオ島が舞台なので、それなりにオリエンタルな竹笛のような音(ジェームズ・ホーナーが良く使うやつ)があちこちに挿入されます。
サントラは、VareseレーベルからCDが発売されています。
最近、ぶつ切りのスコアが多い中、このアルバムのラストには、11分に及ぶ大曲が収録されています。
なお、この人、写真を見るまではてっきり男だと思ってのですが、実は女性でした。
  ↓

$サウンドトラック秘宝館


エンド・クレジットには、Bluerootというバンドの”ChaPow!”という曲が流れますが、
サントラには未収録。
この曲、ファンキーなベースがブリブリいって前面に出てて気持ちいい。
こういう曲、結構好きだなあ。


みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Ost: Anacondas: the Hunt for T/Nerida Tyson-Chew

¥1,944
Amazon.co.jp

アナコンダ 2 [DVD]/ジョニー・メスナー,カディ・ストリックランド

¥3,990
Amazon.co.jp

Holocene Epoch/Blue Root

¥1,659
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。