サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

GLI  SPECIALISTI

監督:セルジオ・コルブッチ    
音楽:アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ    
出演:ジョニー・アリディ、ガストーネ・モスキン、フランソワーズ・ファビアン、マリオ・アドルフ、セルジュ・マルカン、シルヴィ・フェネック
1969年 イタリア/フランス/モナコ/西ドイツ映画    


今年1本目のマカロニ・ウェスタン。
セルジオ・コルブッチ監督が、フランスの人気歌手ジョニー・アリディを迎えて69年に発表した後期マカロニの1本。
もうこの頃は、日本でもマカロニは飽きられていたのか、本邦公開は1972年でした。
まあ、いつものようにどこかで聞いたようなストーリーではあるのですが、一応紹介すると、
ある日、ロングコートの男がぶらりと街へやって来ます。
この男、かつて銀行強盗の濡れ衣を着せられ殺された男の弟で、
真相究明と仇を討つため舞い戻ってきたことがわかります。
街の有力者たちは、兄をリンチの上縛り首にしたことへの復讐を恐れて、
保安官にこの男を街に入れないように申し入れます。
しかし、保安官の忠告も聞かず街に入ってきた男は、真相解明に乗り出し、
やがて意外な真実が明らかになっていく・・・・というお話。
マカロニというと、お○ぱいが出る作品は珍しいという印象があるのですが、
後期ともなるとコルブッチさんも大サービスで、無意味に2人もお○ぱいが出ます。
さすがマカロニという感じで編集が荒く、
序盤、クレジットが終わらないうちに音楽だけプッツンと終わったりします 笑。
クライマックスでライフルの乱れ撃ちで主人公が山賊を一網打尽にするシーンがありますが、
恐らく1発で4、5人倒さないと計算が合いません。それとも弾は散弾という設定か? 笑

 

 

 

 

音楽は、僕の苦手なアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ。
テーマ曲からして微妙な出来栄え。
普通のドラマのような曲調。緊張感のかけらもありません。
フルートがソロを取っちゃうという、マカロニにしては掟破りなパターン。
正直言ってメロもダサい 笑(ファンの方すみません。)。
劇伴ではそこそこマカロニ調の楽器が出てきて、派手なエフェクトのかかったギターが出てきたり、
ハーモニカのソロがあったりしますが、音色がマカロニしているだけで、メロがパッとしないので「燃え」ません。
中でも、この人の十八番であるオルガンがここでも出てきて、マカロニの雰囲気を宇宙の彼方にすっ飛ばします。
いきなりオルガンが「もわ~ん」と入ると、水戸黄門や大岡越前の劇伴を彷彿とさせてしまいます。
映画の公開当時、サントラは発売されず、80年代後半になって、フランスからコンピレーション盤LPが発売されました。この時は本作から5曲が収録されています。
その後、1995年に伊BEATレーベルから本作単独のサントラCDが発売されました。
Seqナンバー表記なので、眠っていた音源を引っ張り出してアルバム化したものと思われます。
素材が少なかったのか、収録時間は30分でおつりが来ます。

・・・・と、散々腐しておいてなんですが、アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ、苦手なくせに

つい聴いてしまう、不思議な魅力のある作曲家ではあります(#^^#)。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 


 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

Un uomo chiamato Apocalisse Joe
監督:レオポルド・サヴォーナ    
音楽:ブルーノ・ニコライ    
出演:アンソニー・ステファン、エドゥアルド・ファヤルド、フェルナンド・セルリ、メアリー・パズ・ポンダル、ヴェロニカ・ロロセック    
1969年 イタリア映画

 

 

 

珍しくマカロニ・ウェスタン2連発。
アンソニー・ステファン主演の後期マカロニの拾い物。
名前だけみると、アンソニー・ステファンとトニー・アンソニーとどっちがどっちだか分からなくなりそうです。
もうこの頃になると、マカロニも飽きられてしまってたのではないかと勝手に想像しますが、
本邦でも劇場未公開(テレビ放映あり)のこの作品、意外に面白い。
3Dばかり強調した「荒野の復讐」に比べると、いつもように単純なお話ながらこっちの方が断然面白い。
ストーリーは、役者志望のガンマンが、不審な死を遂げた叔父から金山を相続するため、街にやってきます。
街では悪党一味が幅を利かせていて、保安官もほとんど言いなりの状態。
さらに、ガンマンが相続するはずの金山は、悪党のボスが実質支配してます。
ガンマンは、叔父は悪党に殺されたものとみて調査を開始、証拠をつかんだ末に、
大勢の一味を相手に得意の変装を駆使して1人また1人と始末していく・・・・というお話。
小品ながら、クライマックスでは、1対30と称せられるほど次々と悪党を倒していく趣向を凝らしたガンファイトシーンが30分ほど続きます。
これは面白い。意外な拾い物です。

 

 

 

音楽は、ブルーノ・ニコライ。
モリコーネ直系のマカロニ節がさく裂する金太郎飴的な安定感あるスコアで観るものを魅了します。
やはり、マカロニ・スコアはこうでなくては。
定番の楽器が使われるところなども、「お、待ってました。」という感じで嬉しくなります。
冒頭から、ニコライお得意のフレーズが飛び出します。
ペナペナの音やファズを利かせた「ウェスタン」ばりのギターもいつも通り登場します。
たまにミスター・ノーボディを彷彿とさせるリコーダーが出てきたり、
これぞマカロニ・ウェスタンというスコアです。
クライマックスのスコアもなかなかカッコ良く、どこかで聴いたようなフレーズもあるものの、
こういうスコアがバックに流れるマカロニは作品自体のクオリティも高く見えます 笑。
カルロ・サヴィーナのファンの方には申し訳ないのですが、アメリカ製ウェスタンを意識したような曲の多いサヴィーナ氏のスコアに比べると、おっさんとしてはどうしてもブルーノ・ニコライの方に軍配をあげたくなります。
サントラは、公開当時には発売されなかったようですが、これまで伊BEATレーベルから2回CD化されていて、
2回目の2012年には、本作単独で21曲入りのサントラが発売されています。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

COMIN'AT YA
監督:フェルディナンド・バルディ    
音楽:カルロ・サヴィーナ    
出演:トニー・アンソニー、ジーン・クインターノ、ビクトリア・アブリル、リカルド・パラシオス、ルイス・ゴードン    
1981年 イタリア映画

 

 

「暁の用心棒」のトニー・アンソニーが、80年代に入って製作まで手掛けて作っちゃったマカロニ・ウェスタン。
この映画、80年代のマカロニというだけでも珍しいのに、なんとマカロニ史上初の3D映画なのです。
3Dだけあって、画面に向かって槍が飛んできたり、拳銃向けられたり、金貨が画面に振ってきたり、
とにかく画面に何かが向かってくる描写がしつこいぐらい多い。
さらに、時折登場する意味不明なカラーとモノクロのコントラスト映像。
製作者の意図が全く分からない編集が笑えます。
俺たち、こんなことも出来るんだぜ的なただの見せびらかしのようにも思えます。
ストーリーは、結婚式の最中、花嫁を強奪された花婿が、連れ去った悪党どもを追い詰めて、
メキシコの売春宿に売り飛ばされようとしていた花嫁をはじめとするたくさんの女性を救出する・・・というそんだけのお話。
監督がフェルディナンド・バルディなので、ストーリー的にもそこそこ鑑賞に堪えうる作品となっています。
でも、ブームも過ぎ去った後の作品なので、本邦では当然のことながら劇場未公開に終わっています。
ちなみに、本作の翌年ほとんど同じスタッフ、キャストによる「秘宝の王冠」という姉妹編も製作されています。
こっちも3Dだったような気がします。

 

 

 

 

音楽は、カルロ・サヴィーナ。
トム・サヴィーニは好きなんですが、カルロ・サヴィーナの作風はどうも好きになれないんだよなあ。
本作のサントラは、辛うじてエッダのボーカルをフィーチャーした魅惑のトラックがあることからポイントが上がっていますが、全体的には派手さはなくおとなしめの作風。
オープニングのトラックは、ハーモニカだけという静かなスコア。
劇伴もギターだけのものがあったり、オケはあんまり出てこない。
出てきたとしても、オケのメロはどちらかといえば捉えどころのない音で不完全燃焼  笑。
正直なところ、モリコーネみたいにカッコ良くない。
エッダをフィーチャーしたトラック狙いで聴くアルバムかもしれません。
この映画、アメリカでもそこそこヒットしたようで、サントラが出ています。
ただ、3D映画ということで飛び出すようなレイアウトのイラストがジャケになっていて、
パッと見るととてもマカロニ・ウェスタンだとは気づきません。
まるで冒険ファンタジーかコメディ映画のサントラのようです。

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

Comin’ at YaComin’ at Ya
5,776円
Amazon

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

the good

 

・・・・・・久々の更新なのに過去記事の再編集ですみません(>_<)

 

IL BUONO, IL BRUTTO, IL CATTIVO
監督:セルジオ・レオーネ
音楽:エンニオ・モリコーネ
主演:クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォーラック、チェロ・アロンゾ、マリオ・ブレガ、ルイジ・ピスティッリ
1967年イタリア映画


マカロニ・ウェスタンの中でも、スケールの大きさでは他に類を見ない大作。
先日、「午前十時の映画祭」で初めてスクリーンで観ることができて大いに感動したところです。
従来の162分版に未公開シーンなどを追加した178分(ほぼ3時間!)の長編でしたが、
お世辞抜きで全く長さを感じませんでした。
基本的には、大金を巡って3人の男がしのぎを削るというお話なのですが、
レオーネ監督お得意の長回しのシーンが結構時間を食いますが、
それも退屈することなく3時間があっという間でした。
南北戦争が背景にあるので、エキストラの使い方も贅沢で、橋を巡る攻防のシーンでは
他のマカロニでは考えられない数のエキストラによる突撃シーンが観られます。
橋の爆破シーンは、間違いなくマカロニ・コンバットよりずっと大量の火薬を使ってるようでした。
ただ、この映画祭、残念だったのは音声がモノラルで高音が若干耳についたこと。
もともとがモノラルだったのかもしれませんが、音響に少し不満が残りました。
その分、映像はノイズもなく綺麗でしたが・・・・。
一応、クリント・イーストウッドが「いい奴」という設定ですが、
案外、一番悪知恵を働かせたのはイーストウッドだったりします 笑。
リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォーラックのアクの強さも相当なもので、
イーライ・ウォーラックに至っては、出てる間ず~っとしゃべってる感じです。
黙ってるのは、ガンマニア必見の拳銃改造シーンの時くらいかなあ。

 

 

 

音楽は、巨匠エンニオ・モリコーネ。
劇場でこの名スコアを堪能できたのも、「生きてて良かった」という感じです。
特に「ゴールドのエクスタシー」。
この曲が始まったときには、ほんとに鳥肌が立ちました。
メタリカのライヴのオープニングでも使用されるこの曲、
テーマ曲と並んで、本編のクライマックスに相応しい名曲です。
サントラは、2001年に伊GDMレーベルから完全盤ともいえる21曲収録のCDが発売され、
同じ音源をもとにリマスターしたと思われる日本盤も安価で発売されています。
この盤は通常盤に大幅に増曲されていますが、追加収録された音源はモノラルというのが、ちょっと残念。
クライマックスの三角決闘のバックで流れる「IL TRIELLO」も、
通常盤は5分00秒のところ、7分14秒になっていますが、追加収録された部分はモノラルに切り替わります。
本作のテーマ曲は、かなり遊びの要素が含まれていて、モリコーネの余裕すら感じられます。
オーソドックスで格調高い「夕陽のガンマン」に比べて、変な声のコーラス?や超絶トランペット・ソロなど、結構エグい仕上がりです。
実はウーゴ・モンテネグロ楽団のカバーの方が、こなれていて聴きやすかったりします。
でも、このアクの強さがマカロニなんでしょうね。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

VAMOS A MATAR, COMPANEROS
監督:セルジオ・コルブッチ    
音楽:エンニオ・モリコーネ    
出演:フランコ・ネロ、トーマス・ミリアン、ジャック・パランス、フェルナンド・レイ、イリス・ベルベン
1970年 イタリア/フランス/西ドイツ映画


これ、迂闊にも今まで紹介したことがなかった・・・・・・、

 

ということで、久々にマカロニ・ウェスタンをご紹介。
マカロニ・ブームも下火になりつつあった時期に製作されたセルジオ・コルブッチ作品。
「豹(ジャガー)」に引き続き、同じようなスタッフ、キャストで製作された1本。
大袈裟な邦題が大作を思わせますが、スケールはそれほどでもありません。
ただ、メキシコの農村を中心にチマチマとお話しが繰り広げられるマカロニ作品もある中、
一応メキシコとアメリカを舞台にお話しが展開します(あくまで一応ですが・・・)。
フランコ・ネロもスウェーデン人の武器商人という設定で、国際色を出そうとしています。
まあ、同じような年にセルジオ・レオーネが「夕陽のギャングたち」で同じようなメキシコの動乱を題材に
マカロニを撮っていて、ここではジェームズ・コバーンがアイルランド人の爆破のプロを演じています。
スケール的にはどうしても「夕陽のギャングたち」に軍配が上がりますが、
アクションに徹した本作もなかなかの出来栄えで、「クサい」ラストシーンを除けば、本作もかなり頑張っています。
パロディの要素もあり、フランコ・ネロの出世作「続・荒野の用心棒」に出てきたマシンガンにそっくりなのが出てきたり、
銀貨で命拾いしたりと遊んでます。

 

 

 

音楽は、巨匠エンニオ・モリコーネ。
テーマ曲は、モリコーネのマカロニ節がダイジェストで紹介されるような楽しい曲になっています。
ソロの部分で、口笛、エレキ、奇声、トランペット等々、モリコーネのマカロニ・チューンに出てくる印象的な楽器(声)が
総動員され、ファンは思わずニンマリの出来栄え。
巨匠のセルフ・パロディとも思える内容で、この曲は一聴の価値ありです。
テーマメロ以外にも、登場人物に合わせて複数のモチーフが用意されていて、バリエーション豊富で聴いていて飽きさせません。
牧歌的な曲からドラマチックな曲、メキシコを連想させる曲など、巨匠の貫禄の仕事ぶりを堪能できます。
本作では、まだブルーノ・ニコライが指揮を担当しています。
サントラは、公開当時はシングル盤しかなかったように記憶していますが、
後年になって何度かCD化されています。
日本のヴェリタ・ノーテから出た24曲入りのものが決定版という感じで、
ステレオ・マスターから音源を取ってクリアな音を実現しています。
ソース・ミュージックなども収録されています。
今では、この日本盤はかなりのプレミアがついてしまっていますが、
2年前に伊GDMレーベルから出た限定盤のCDが曲数が同じなので、
ほぼ同じ内容になっているのではないかと思われます。
こちらのイタリア盤は300枚限定となっていますが、どうやらまだ入手可能なようです。
但し、ジャケはイタリア盤シングルのデザインを採用した日本盤の方が断然良いです。

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

ガンマン大連合ガンマン大連合
2,613円
Amazon

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。