サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

Straight Into Darkness
監督:ジェフ・バー    
音楽:マイケル・コンヴァーティノ    
出演:レット・ガイルズ、ジェイムズ・ルグロス、デヴィッド・ワーナー、ポール・ローガン、ダニエル・ローバック、ライアン・フランシス、スコット・マクドナルド、リンダ・ソーソン    
2005年 アメリカ映画


本邦劇場未公開に終わったことから、とんでもないビデオタイトルを付けられて地雷臭プンプンになって、
その結果レンタル数が激減したであろう気の毒な作品。
「悪魔のいけにえ3」のジェフ・バーが監督した変わり種の戦争映画ですが、
戦争の狂気を扱った幻想的で白日夢のような何とも言えない余韻を残す作品です。
ホラー映画の監督なので、必要上にゴアなシーンがあったり、死臭が漂ってきそうな暗く不気味なシーンがあったり、
戦争映画にしては非常に珍しい風合いを持った作品といえます。
ストーリーは、アルデンヌの戦いで誤って民間人の親子を火炎放射で死なせ、自暴自棄になり脱走した兵士がMPに捕まり護送されることになります。
護送の途中でジープが地雷を踏んで爆発しMPが死んだことから、脱走兵2人はさらに逃亡を続けることにます。
その途中、古い邸宅で老いた男女と孤児だけで構成されたレジスタンスと遭遇し、彼らと行動を共にすることになりますが、ドイツ軍の部隊が戦車とともに邸宅に近づいてきたことから、交戦が始まり・・・・・というお話。
孤児の大半が体に傷を負っていたり、暗い森の中で村人が惨殺され吊るされていたり、
脳裏に焼き付く描写があちこちにあり、ストーリーもそこそこしっかりしているので、
ボロカスなビデオタイトルに反して、低予算ながら心に残る作品に仕上がっています。
しかし、かつて「オシャレ(秘)探偵」などにも出ていたリンダ・ソーソンのお○ぱいが出てくるのですが、
既に60歳を超えているであろう彼女のお○ぱいを出す必要が果たしてあったのかと疑問が残ります。
老いた女性にお○ぱい出せと命じる脱走兵の姿に、戦争の狂気を重ねたのでしょうか。
これまたなんとも言えないシーンでした。


音楽は、マイケル・コンヴァーティノ。
この人、手掛けた作品は多いのですが、これといった代表作の無い人です。
個人的には、カイル・マクラクラン主演のSF「ヒドゥン」(1987)がお気に入り。
本作のスコアは、上記のような内容なので、ミリタリー調のスコアは皆無です。マーチなどあろうはずがありません。
オープニングも幻想的なスコアで幕を開けます。途中から男性コーラスが入り、グレゴリオ聖歌風になります。
全編に渡って戦争映画らしくないアンダースコアが続きます。
ヒーリング系のスコアの中で、カリンバのような楽器がリードを取るミニマルなトラックが出てきますが、
戦争映画にはかなり新鮮な印象を受けます。
機械音のようなパルスをモチーフにしたトラックもありますが、
あくまで抑制の効いた空気のようなスコアばかりです。
当然モチーフ的なものはなく、あえて言うならグレゴリオ聖歌調
の男性コーラス(本編後半は女性コーラスになるパターンも)に中世ヨーロッパ風のメロがついている程度でしょうか。
戦争映画としては極めて地味な作品ですが、なんと米Citadelレーベルから限定盤ながらサントラが発売されています。
ジャケのイラストだけ見ると、戦闘シーンバリバリの戦争アクションを想像してしまうので、
CDから出てくる音とのギャップはスゴいと思います。
決して悪いスコアではありませんが、本編を観てから購入を検討されることをオススメします 笑。






 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

戦革機銃隊1945 [DVD] 戦革機銃隊1945 [DVD]
4,104円
Amazon

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


・・・最近はめっきり過去記事の再編集ばっかりで、ほんとすみません(>_<)



IS PARIS BURNING?
監督: ルネ・クレマン
音楽: モーリス・ジャール
出演: ジャン=ポール・ベルモンド、シャルル・ボワイエ、グレン・フォード、アラン・ドロン、カーク・ダグラス、ゲルト・フレーベ、オーソン・ウェルズ、レスリー・キャロン、シモーヌ・シニョレ、 イヴ・モンタン、アンソニー・パーキンス、ロバート・スタック、ジャン=ピエール・カッセル、ジョージ・チャキリス、シュジー・ドレール、マリー・ヴェルシニ、ブルーノ・クレメル、クロード・ドーファン
1966年 フランス/アメリカ映画



「史上最大の作戦」と同じく白黒で撮られたセミ・ドキュメンタリータッチの戦争映画大作。
時折挿入される記録映像とのギャップを埋める意味でも白黒映像は大正解。
よくもまあ、これだけ集めたもんだと感心させられるオールスターキャストで構成されています。
あんまりたくさん出てくるもんだから、それぞれのスターの一人あたりの出番はそんなに長くありません。
ストーリーは、ノルマンディ上陸から勢いに乗る連合軍がドイツを目指して進軍する中、
ヒトラーはパリが連合軍の手に陥ちるくらいなら、メチャクチャに破壊してしまえという命令を下します。
そんなことをされてはたまらんと、レジスタンスを始めフランス国民は連合軍によるパリ解放に向けて動き出す・・・みたいなお話。
記録映像にはもちろんホンモノの戦車が登場するのですが、ドラマ部分では実車が登場するのは連合軍側のみ。
ドイツ軍側は、ウォーカーブルドッグを改造した?パンサー中戦車や米軍の車両を流用したハーフトラックなどが出てきます。
この映画で使用された改造パンサーは、たしか「将軍たちの夜」にも出てきたと記憶しています。
当時は戦争映画の製作現場同士でドイツ軍の軍服や軍用車両が不足していたらしく、お互いに融通しあって撮影したと聞きます。
なお、脚本を若き日のフランシス・フォード・コッポラとゴア・ヴィダルが共同で手がけています。
あまりに淡々とした展開なので、好き嫌いが分かれる作品だと思いますが、
セミ・ドキュメンタリーを狙ったのであれば、これはこれで良いのではないかと思います。




音楽は、巨匠モーリス・ジャール。
モーリス・ジャールって、史劇ものや戦争ものには、土俗的というか泥臭い曲をよく提供しますが、
本作も「アラビアのロレンス」を思わせるフレーズや、パーカスがドコドコというオシャレとはほど遠い(失礼)無骨なスコアを書いています。
本作の特徴は、ドイツ軍のモチーフを除いて、ほとんどが陽気でワクワクするような展開を持った楽曲で占められているということです。
パリの解放に向けた希望に満ちたスコアが多く聴かれます。
サントラは、たった4曲しか収録されていません。
そのうち、2曲が15分を越える組曲。
1曲として独立しているのは、「序曲」と「パリ・ワルツ」のみ。
まさに「流麗」ということばがピッタリな「パリ・ワルツ」は、ミレイユ・マチューが歌った(カバー)バージョンなどで知られる名曲です。
「序曲」も堂々とした内容で聴き応えがあります。
組曲風の2曲も非常に中身が濃いので聴いてて退屈することはありません。
特にアルバムのラストを飾る「パリの解放」は、「パリ・ワルツ」が力強く演奏されるクライマックスに向けて怒濤の勢いで曲が進んでいきます。
戦争映画なのに、悲壮感をたたえた曲がほとんど見当たらないのも本作の特徴です。
最初から最後まで力強く活気溢れたスコアになっています。
このサントラ、日本盤も含めて過去に何度かCD化されていますが、現在は廃盤の状態。
オークションで高値で取り引きされてしまっています。
今度はボーナス・トラックつけて再々発されないかなあ。


・・・・と、ここまでが過去記事。
さて、往年の名作の良質な再録音盤で知られるTadlow Musicから、去年、本作の再録音盤が発売されました。
ニック・レイン指揮によるThe City Of Prague Philharmonic Orchestraの演奏。
「将軍たちの夜」や「大列車作戦」、「地獄に堕ちた野郎ども」等の組曲を加えた2枚組のボリュームで大満足な内容です。
スコアを本編の進行に沿った形で配した内容で、未発表曲も多数。
さらにに24bit 96kHz Recordingと銘打ってあるだけあって、音もクリアかつ迫力満点で素晴らしい。
ご丁寧に、かつて出たサントラと同じ構成の4曲(うち2曲が組曲)バージョンも2枚目に入っているという念の入れよう。
でも、僕はこの4曲がサントラLPと同じ音源じゃないかと早とちりしてしまって、盤が届いたときは、ちょっと残念でした。
サントラ・バージョンも再録音したとは・・・・。参りました。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Ost: Is Paris Burning/Imports

¥3,085
Amazon.co.jp






これは。プレミア付きのサントラけられています。
      ↓
Is Paris Burning/Maurice Jarre

¥15,646
Amazon.co.jp





パリは燃えているか [DVD]/カーク・ダグラス

¥4,104
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

監督:ジョルジオ・フェローニ

音楽:カルロ・ルスティケリ

出演:ロベール・オッセン、マイケル・レニー、フレデリック・スタフォード、エットレ・マンニ、ジョージ・ヒルトン、イラ・フルステンベルク、リク・バッタリア、クルト・ユルゲンス

1968年 イタリア映画

 

 

久々のマカロニ・コンバット・・・・ですが、今回はちょっと様子が違います。

一応これもマカロニ・コンバットなのですが、イタリア軍部隊が主人公だったり、 他の諸作に比べてちょっと毛色の違った作品となっています。

タイトルからすると、ついアフリカ戦線におけるドイツ軍に立ち向かう連合軍コマンド部隊(ここがミソ)!

というインチキ臭い戦争ごっこを想像してしまいますが、本作は違うのです。

実在のイタリア軍フォルゴーレ空挺師団の誇り高き戦いを描いているので、カスを期待すると裏切られます。

お話は、アフリカ戦線のエル・アラメンでの激戦を背景に、実在のイタリア軍空挺師団の兵士たちの活躍を描いています。

そういうわけで、マカロニ・コンバットのくせにお金がかかっていて、戦車がたくさん出てきたり、 爆発シーンの迫力がすごかったり、カスをこよなく愛するおっさんとしては、「なんだよ、面白いじゃねえか」と不満タラタラの作品なのです。

当時の現用戦車に交じって、なんとイタリアのカール・アルマートやセモベンテといったイタリア軍の戦車が実車で出てくるから驚きです。

意外にまっとうなマカロニ・コンバットです。

監督は、「荒野の1ドル銀貨」のジョルジオ・フェローニ。 ロンメル将軍は、クルト・ユルゲンスではなくロベール・オッセンが演じています。

マイケル・レニーはモントゴメリー将軍のイメージそのまんまで笑った。

 

 

 

 

音楽は、カルロ・ルスティケリ。 ルスティケリファンの皆さん、ごめんなさい。

僕はこの人のスコア、どうしても好きになれません。

この人が担当したマカロニ・ウェスタン「裏切りの荒野」も、あの仰々しさがどうしてもダメで、 いまだにまともに聴けません。

本作も、冒頭、おっさんコーラスの主題曲が流れるのですが、これもモリコーネやチプリアーニに比べると 琴線に触れる部分が無い。

生真面目なスコアなんだとは思いますが、ワクワクする「何か」が無い。

ちょうど、アンジェロ・フランシスコ・ラヴァニーノと同じような感覚を覚えるのです。

劇伴も、ミリタリー調の血沸き肉躍るようなスコアは皆無に等しく、 なんだかヘビーで重いスコアが並びます。

これまでメディア化されなかったのも、なんとなく分かる気がします 笑。

とはいえ、これまで全く陽の目を見ることのなかったマカロニ・コンバット・スコアですので、 戦争映画スコアファンは持っていて損はない1枚だと思います。

サントラは、スペインのSaimelレーベルから、「(未公開)Giorno Da Leoni」とのカップリングで発売されています。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



THE MONUMENTS MEN
監督:ジョージ・クルーニー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダン、ボブ・バラバン、ヒュー・ボネヴィル、ケイト・ブランシェット
2013年 アメリカ映画


散々公開が延期され、日本では1年以上経過してからやっと公開された戦争映画。
ロバート・M・エドゼルのベストセラー「ナチ略奪美術品を救え」を元にした実話の映画化。
ジョージ・クルーニーが監督、脚本、主演の3役をこなしています。
そのせいか、最近では珍しい勧善懲悪型の痛快娯楽戦争映画に仕上がっています。
変なヒューマニズムや悲壮感は最小限に抑えられています。
B級大好きのおっさんとしては、どうせ映画なんだから娯楽に徹しなきゃという思いがあるのですが、
この作品は久々に余計なことを考えずに楽しむことができる戦争映画でした。
ストーリーは、第二次世界大戦末期のヨーロッパを舞台に、モニュメンツ・メンと呼ばれる歴史的建造物などを戦いから守る部隊が、ナチスに奪われた数々の歴史的名画や彫刻を奪還しようと最前線に乗り込んでいく・・・というお話。
この部隊、美術品に関する知識は天下一品なのに、戦闘経験はほとんどない素人集団というところがミソ。
実際にこの部隊はナチスが強奪した多くの美術品を取り戻したそうです。
モニュメンツ・メンを構成するキャストもなかなか豪華で素晴らしい。
ナチス側の役者に有名どころがいないのも、いかにも60年代、70年代のアメリカ製戦争映画っぽくていい。
時代考証もかなり頑張っていて、ちゃんとM4シャーマン戦車が出てきたり、
軍用車両や軍服もかなり凝っていたように思いました。




音楽は、アレクサンドル・デスプラ。
この人、以前はアンダースコア系の比較的地味なスコアを書く人という勝手なイメージがあったのですが、
そのうち、一連のウェス・アンダーソン作品などバラエティに富んだネアカなスコアが書ける人だということに気が付いた次第。
そして、本作・・・・。
久々の痛快戦争映画スコアの登場です。
映画自体の公開が遅れたこともあって、本編をブルーレイで観るまではスコアはノーマークだったのですが、
これがとても良かった。
テーマ曲もしっかりメロのある陽気なマーチ調で、
若干しっくりこない展開もありますが、久々の王道戦争映画スコアという感じです。
劇伴もヒロイックなファンファーレがあったり、雄大なスコアが並びます。
エンド・タイトルのミリタリー調のスネアも小気味よく、
今時珍しいオールドスタイルのスコアに、おっさん大満足です。
なお、本作はアレクサンドル・デスプラも出演しているというオマケつきです。
なんとマット・ディモンをパリに受け入れるレジスタン役だそうです。
ブルーレイで確認してみよっと。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Monuments Men/Alexandre Desplat

¥1,418
Amazon.co.jp

ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]/ジョージ・クルーニー,マット・デイモン,ビル・マーレイ

¥3,564
Amazon.co.jp

ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]/ジョージ・クルーニー,マット・デイモン,ビル・マーレイ

¥4,104
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



・・・・過去記事ばっかりいじってすみません。
新規更新する余裕が無くて・・m(_ _)m
でも今日はブログはじめた頃の記事なので、一応全面改修してます 笑。

BATTLE OF THE BULGE
監督:ケン・アナキン
音楽:ベンジャミン・フランケル
主演:ヘンリー・フォンダ、ロバート・ショー、テリー・サバラス、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ライアン、ダナ・アンドリュース、ジョージ・モンゴメリー
1965年 アメリカ映画


第二次世界大戦ヨーロッパ戦線における、バルジの戦いをオールスターキャストで描いた戦争大作。
戦車のプラモデルに凝ってた小5の頃にテレビで観たもんだから、すっかりこの映画のとりこになってしまいました。(確かゴールデン洋画劇場だったような気がします。)
戦争映画なので、骨太の男ばっかり出てくる作品で、劇中まともなセリフのある女性は2人しか出てこなかったような記憶が・・・・。
ストーリーは、敗戦濃厚なドイツ軍が、起死回生をかけて冬のアルデンヌで戦車軍団を投入して反撃に出る計画を進める中、この動きを察知した米軍将校が上層部に説明しますが、なかなか信じてもらえず、遂にはドイツ軍による反撃が開始される・・・・というストーリー。
この戦いを、米軍カイリー中佐(ヘンリー・フォンダ)、ドイツ軍ヘスラー大佐(ロバート・ショー)という2大キャラを立てて、両軍のドラマを描いていきます。
また、若干、史実とは異なる部分もあるようですが、
偽MP部隊によるかく乱作戦やドイツ軍による米軍捕虜の大量虐殺なども描かれます。
余談になりますが、この映画は大平原での戦車戦がウリで、戦車がたくさん出てきます。
しかし、残念ながらドイツ軍のタイガー戦車のホンモノを集めることなど不可能だったらしく、
タイガー戦車をアメリカ軍のM47パットン、アメリカ軍のシャーマン戦車を同じくアメリカ軍のM24チャフィで代用しています。
時代考証からすればトホホな設定ですが、
ドイツ、アメリカ両軍戦車の火力の差を視覚的に見せることには成功しています。
まあ、何より戦車があれだけ出てくるハリウッド映画は他に無いでしょう。
なお、スペインロケのため、冬のアルデンヌのはずが雪がなくなって快晴になっちゃうシーンもあります。



 
音楽はベンジャミン・フランケル。
この人はあまりサントラが出ておらず、「バルジ大作戦」は数少ない傑作の一つです。
非常に泥臭くてアクの強いメロディで、お世辞にも整った曲調とは言えませんが、
一度聞いたら忘れない強烈なインパクトを持ったスコアです。
また、フルオーケストラで演奏される怒濤のスコアの中で1曲だけ、
通称「パンツァー・リード」と言われる軍歌が入っています。
これは映画用に新たに作曲されたものか、もともとドイツ軍で歌われていたものかは不明ですが、この歌がまた「燃え」ます。
このサントラはかつてSLCから完全限定盤として世界初CD化され、すぐに廃盤となってしまい、しばらくプレミアが付いていました。
その後、曲数を増やした再録音盤が発売されました。
曲数が増え、当然のことながら音もクリアで迫力のあるものになっていましたが、
やはり泥臭くいびつな中にも独特の味わいのあるオリジナルの雰囲気には及びませんでした。
それが2012年に、米Perseveranceレーベルから突如として、LP音源がCD化されました。
一応限定3000枚だったような気がするのですが、どうやらまだ入手可能なようです。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Battle of the Bulge/Perseverance Records

¥1,575
Amazon.co.jp


これは再録音盤
  ↓
フランケル:映画音楽「バルジ大作戦」 (Frankel: The Battle of the .../CPO

¥2,063
Amazon.co.jp

バルジ大作戦 特別版 [DVD]/ワーナー・ホーム・ビデオ

¥1,543
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。