サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

 

HUNDRA
監督:マット・シンバー    
音楽:エンニオ・モリコーネ    
出演:ローレン・ランドン、ラミロ・オリヴェロス、タマーラ、ジョン・ガファリ、ルイス・ロレンツォ、マリア・カサル
1984年 スペイン/イギリス映画

 

 

「コナン・ザ・グレート」のヒットにあやかって製作されたと思しきヒロイック・ファンタジー。
とはいうものの、完全な女性版剣劇という訳でもなく、かなり中途半端な仕上がりの1本。
ストーリーは、ローマ帝国時代のイギリスを舞台に(時代考証的に合っているのか?)、女戦士ハンドラが留守の間に部族が皆殺しにされます。生き残ったハンドラと妹は、部族を襲った男どもを一網打尽にして復讐を遂げます。さらに街に向かった彼女は、部族の再興のため男を見つけて子作りをしようとしますが、男勝りのハンドラは意中の男性に気に入ってもらえません。そこで、街の怪しげな寺院に行って女らしさを身に着けようとする・・・・・みたいな変なお話。
なんだかすごいお話です。
一応、アマゾネス系なのでお○ぱいも出ますが、そんなにサービスは良くありません。
主演のローレン・ランドンも確か脱がないハズ。
テーマとしては、男尊女卑の世界に果敢に挑戦する女戦士という感じなのかなあ。
で、子供も授かって幸せに暮らしたとさ、めでたし、めでたし、ということか。

 

 

 

音楽は、こんな映画にも気前よくスコアを提供するエンニオ・モリコーネ。
マエストロはパチモンだろうが亜流だろうが、手抜きは一切ありません。
この作品、スコアに救われたと言っても過言ではない仕上がりに感動です。
マット・シンバー監督作品には「タイム・トゥ・ダイ~地獄から帰った男~」(1983年)に引き続いてのスコア提供となります。
メイン・タイトルは、モリコーネ節のパターンの中の一つで、どこかで聴いたような雰囲気の曲ですが、
自作の使い回しとまでは行っていません。
ドラマ部分のシーンに使われる穏やかなスコアは、ストリングスが奏でる美メロにノックアウトされます。
その一方で、アクションシーンのスコアは、クラシックのような格調高さを持っています。
この映画にはもったいないくらいの壮大なスケールのスコアに圧倒されます。
サントラは、公開当時ひどいジャケのLP(上のやつ)が発売されています。
CDはこれまで2回発売されていて、1回目がベルギーのPrometheusレーベルから、2回目がLaserlightというアメリカのレーベルからでした。
CDは、LPより5曲多い仕様で発売されています。
なお、2007年にアメリカでDVDが発売されていますが、その中にもサントラCDが入っているようです。

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

HundraHundra
 
Amazon

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

GODS OF EGYPT
監督:アレックス・プロヤス
音楽:マルコ・ベルトラミ
主演:     ニコライ・コスター=ワルドー、ブレントン・スウェイツ、チャドウィック・ボーズマン、エロディ・ユン、コートニー・イートン、ジェラルド・バトラー、ジェフリー・ラッシュ
2016年 アメリカ映画

 


これは未見なのですが、アレックス・プロヤス監督なのに地雷臭がする歴史ファンタジーということで興味深々な作品。
なんでも古代エジプトで神様と人間が手を組んで平和な世界を取り戻す冒険の旅に出るらしいのですが、
エジプトで神様と人間が共存する世界って・・・歴史ファンからはおそらくブーイングの嵐でしょう。
荒唐無稽な子供っぽい作品という先入観を覚えますが、よくよく考えるとこういう滅茶苦茶な設定の歴史ファンタジーって、昔は結構あったよなあ。
「アルゴ探検隊の冒険」もそうだし、「タイタンの戦い」とかもだし、まだまだいっぱいあるんだけど、
なんかこの映画、世の中では評判が芳しくないようです。
「300」のジェラルド・バトラーなんか、予告編を見る限りではイメージピッタリのハマり役っぽいし、
さすがに劇場で観ようとは思いませんが、DVDが出たらすぐ借りに行きたいB級テイストな大作という感じです。
ストーリーは、どうやら神様オシリスが統治していた古代エジプトで、残忍な弟のセトがオシリスを殺し王座を奪ったことから、人々は圧政に苦しめられるようになります。そこで、オシリスの子ホルスが人間と手を組んで王座を奪還するための冒険に打って出る・・・・というお話のようです。

 

 


音楽は、マルコ・ベルトラミ。
滅茶苦茶な設定なのに、音楽は生真面目な作風が目立つ職人気質なマルコ・ベルトラミとはこれいかに。
どんなスコアなんだろうと、これまた興味津々となったわけです。
しかし、このサントラのジャケ、すごいなあ。
これじゃあ、アニメかと思っちゃいます。
アニメの苦手な僕は、最初マルコ・ベルトラミが担当したロボットアニメのサントラかと思って、軽くスルーするところでした。
しかし、聴いてみると、意外にこれがいい。
「アラビアのロレンス」あたりから脈々と受け継がれる(笑)、オリエンタルなエジプト系フレーズをベースに、
この人にしてはかなり起伏の激しい、いい意味でオールドスタイルなスコアを書いています。
「ハムナプトラ」などのスコアが好きな方は、ハマると思います。
バトルシーンのスコアも、ブラスが派手でかなりキレがある。
全体的に表情がしっかりしたスコアになっているので、おっさんにも楽しめます。
これは意外な拾い物です。
ジャケに騙されることなく、思い切って聴いてみることをおススメします。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

Gods of EgyptGods of Egypt
1,541円
Amazon

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



・・・今晩も過去記事ですみません(^_^;)


THE BEASTMASTER
監督: ドン・コスカレリ
音楽: リー・ホルドリッジ
出演: マーク・シンガー、タニア・ロバーツ、リップ・トーン、ジョン・エイモス、ロッド・ルーミス、ベン・ハマー、ビリー・ジャコビー
1982年 アメリカ/イタリア映画


「ファンタズム」のドン・コスカレリ監督が撮ったヒロイック・ファンタジー。
同じ年に「コナンザ・グレート」が公開されているところをみると、
イタリア映画界が「コナン」のパチモンを作るためにドン・コスカレリ監督を招いてサックリとこしらえた、ユルいソード・アクションという見方もできます。
ストーリーは、動物と交信することができるヒーローが、父の仇である悪の司祭を倒すため、動物やお姉ちゃんと一緒に旅をする・・・というお話。
動物連れてるところなんか、桃太郎みたいだなあ。
「ジョーイ」や「V」シリーズでお馴染みの、
実はマッチョなマーク・シンガーが活躍します。
タニヤ・ロバーツが、ここでは黒髪で頑張ってます。
邦題に「7つの大冒険」なんて書いてありますが、7つも冒険なんかあったかなあ。
あんましカンケイないかも。
パチモンだと思って期待せずに観ると、やけにすっきりまとまっているので
すごく得した気分になります。
なかなかのヒロイック・ファンタジーです。



音楽は、リー・ホールドリッジ。
基本的にラブ・テーマとか優しいメロディを書く人というイメージがあるのですが、
ヒロイック・ファンタジーということで、ここではそれに相応しい雄大なテーマを提供しています。
恐らく彼のフィルモグラフィーの中でも最もパワフルな作品だと思われます。
「燃え」系のスコアを演奏するのは、ローマ放送交響楽団。
サンタ・チェチェリア・アカデミー管弦楽団のメンバーも参加しています。
本作のスコアは、このヒロイックなテーマ曲に尽きます。
この映画の公開当時、AMラジオでCMをやってましたが、
オリジナルのスコアを使っていて、「お~、これカッコいいなあ」と思ったものです。
CDは、イタリアのCAMレーベルから単独で発売されています。
LPよりも1曲多い13曲入りです。
「The Battle On The Pyramid」という曲が増えてます。
ジャケデザインは、セブン・シーズから出た日本盤LPが一番カッコよかったなあ。

     これ↓

$サウンドトラック秘宝館









・・・と、ここまでが過去記事。
あれから、Quartetレーベルから2枚組CDが限定で発売されましたが、間もなく完売しています。
しかし、これはジャケがひどかった。
これでは買う気がしなかったなあ。
   ↓


そして今回、Dragon's Domain Recordsというレーベルから、限定1000枚で2枚組が再度発売されました。
あの素敵な日本盤ジャケも復活です。
このイラスト、生賴範義氏によるものです。さすがだ。
内容は、Quartet盤とほとんど同じですが、2枚目のラストに組曲が入っているようです。
1枚目がこれまでのLP音源。1枚目の途中からフィルム音源が収録されています。
今回はジャケも素晴らしいので、また早いうちに無くなるかも。





ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村







ミラクル・マスター Kaan Principe Guerriero (The Beatsmas.../Lee Holdridge

¥1,709
Amazon.co.jp

Beastmaster [VHS] [Import]/Marc Singer,Tanya Roberts,Rip Torn

¥874
Amazon.co.jp

The Beastmaster [VHS] [Import]/Marc Singer,Tanya Roberts,Rip Torn

¥3,498
Amazon.co.jp

The Beastmaster [DVD] [Import]/Marc Singer,Tanya Roberts,Rip Torn

¥3,498
Amazon.co.jp

これは、Quartet盤です。
   ↓

Ost: the Beastmaster/Lee Holdridge

¥3,991
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:



今夜はイレギュラーですが、平日更新です。
新年2本目の紹介なのに、またまた変な映画です。



Kochadaiiyaan
監督:スーンダルヤー・ラジニカーント
音楽:A.R.ラフマーン
出演:ラジニカーント、ディーピカー・パードゥコーン、ナーサル、ジャッキー・シュロフ
2014年 インド映画



インド映画の「ロード・オブ・ザ・リング」との呼び声高い「Baahubali:The Beginning」のサントラかと思って大いなる勘違いで買っちゃった1枚。
「ムトウ 踊るマハラジャ」のラジニカーント主演(といってよいのか)の歴史ファンタジー。
ストーリーは、古代南インドを舞台に、戦士である父を王に殺された男が、
敵国に逃れ戦士として成長し、王に復讐するために凱旋する・・・みたいなお話。
このプロットだけみると、ドラマチックな史劇ものと思われるかもしれませんが、そうはいきません。
この映画、実は実写ものではないのです。
モーション・キャプチャーで役者の動きを記録して、あとでCGで再現するという手法で撮られた作品です。
でも、アニメーションのクオリティが低くて、「ベオウルフ」あたりを想像すると大いに裏切られること間違いなしです。
なんか、プレステのゲームでも観ているような感覚になるシロモノです。
背景などもかなりチープで、トレイラーなどを観ると「アバター」などが引き合いに出されていますが、
遠く及びません。
各キャラクターのぎこちない動きにも苦笑い。
ヒロイン役のディーピカー・パードゥコーンという女性は、インド映画界ではかなり有名な女優さんのようです。でも、CGになってるので、素顔はどんな感じなのか今一つ分からない。



こんな映画ですが、音楽はA.R.ラフマーン。
中途半端なCG映画にインド映画音楽界屈指のコンポーザーが音楽を担当しています。
カスなイタリア映画でいうところのエンニオ・モリコーネという感じでしょうか。
インド映画なので、サントラにはスコアという概念がありません(笑)
全部歌モノです。
でも、一応すべて本作のためにA.R.ラフマーンが書き下ろしたものと思われるので許してあげましょう。
主題歌は、歴史ものだけあって、壮大なスケールで始まります。
このテーマ曲、悪くはありません。
さすが、A.R.ラフマーン。
これだけ派手だったら、歌がなくても曲として成立すると思うけどなあ。
でも、インド映画だから歌が無いことには始まらないのでしょう。
ただ、いつも思うのですが、インド映画のサントラって曲数が少ない。
9曲しか入っていません。
これだったら、劇伴も入れてもっとボリューム持たせればいいのにと思うのですが、
インドでは歌が無い曲はあまり喜ばれないのかも知れません。
ちなみに、歴史ものなので、この人が得意なボコーダー系のコンピューター・ボーカルは出てきません。
しかし、この映画も歌が入ると本編そっちのけでみんなで踊って歌うんだろうか。
・・・・おっと、1曲だけインストがあったぞ。
珍しや。演奏は・・・London Session Orchestra? なんだか怪しいなあ。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Kochadaiiyaan (Original Motion Picture Soundtrack)/Eros Music

¥価格不明
Amazon.co.jp


KOCHADAIIYAAN TAMIL DVD Fully Boxed (English Su.../出演者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



LADYHAWKE
監督: リチャード・ドナー
音楽: アンドリュー・パウエル
出演: マシュー・ブロデリック、ルトガー・ハウアー、ミシェル・ファイファー、レオ・マッカーン、ジョン・ウッド、ケン・ハッチンソン、アルフレッド・モリナ
1985年 アメリカ映画



リチャード・ドナー監督によるファンタジー・ロマンス。
ストーリーは、悪魔と取り引きした大司教に呪いをかけられ、昼は鷹の姿になる女性と夜は狼の姿になってしまう騎士とのロマンスを軸に
2人が自分たちにかけられた呪いを解くため、大司教に戦いを挑む・・・・みたいなお話。
確か、この2人がお互いの本当の姿をみることができるのは、昼から夜にかわるほんの僅かな間だけ、
しかも観るだけで触れ合うことも出来ないという設定だったような・・・。
このなんとも切ない設定が印象的な作品でした。
いかにもなベタな設定だけど、観始めると何故か最後まで観てしまう1本です。
ルトガー・ハウアーが呪いをかけられた悲劇の恋人たちの片割れを演じています。
この頃は、まだ若かったなあ。
イケメンとして描かれてます。

$サウンドトラック秘宝館


そんな彼も、今では「ホーボー・ウィズ・ショットガン」で、
ショットガン片手にゴロツキを退治するホームレスのじいさんなんて役やってます。

$サウンドトラック秘宝館



音楽は、アンドリュー・パウエル。
アラン・パーソンズ・プロジェクトのキーボーディストにして、オーケストレーション、指揮も手がける人です。
サントラの仕事は意外にもこれ1本という噂。
アラン・パーソンズ・プロジェクト自体がアルバムの中でサントラっぽいインスト曲やったりしてたから、
この人ももっとサントラの仕事してもよかったような気がするのですが、
本編を観るとスコアがあまりにポップすぎてかなり浮いているように感じたので
その後オファーが無かったのかも。
サントラなので、ボーカルレスなのですが、本家アラン・パーソンズ・プロジェクトの楽曲を彷彿させるインスト曲もあるので、
アラン・パーソンズ・プロジェクトが好きなサントラファンなら楽しめる内容になっています。
ただ、このサントラのおかしなところは劇伴がそこそこ楽しめるのに比べて、
メイン・タイトルが非常に残念なこと。
イントロのキーボードはすごくいい感じで始まるのですが、ベタな8ビートのリズムパターンが入ってから雲行きが怪しくなって、
段々と赤面もののクサいメロディが顔を出し始めて、
しまいにはウルトラマンタロウの主題歌みたいな和風なサビに突入するという驚きの展開をみせます。
実は、当時メイン・タイトルのこの展開がすごくキラいで、買ったサントラをさっさと売り飛ばしてしまいました。
大人になって、CDがボーナス・トラック入りで発売されると聞いて、
思い直して買ってみたのですが、やっぱりメイン・タイトルだけはいまだに受け付けないなあ。
劇伴がいい出来なだけにかなり残念な1枚。
サントラは、米GNPレーベルからLPに9曲追加した長尺盤が発売されていましたが、
既に廃盤のようです。
(例によって、Amazonではとんでもないプレミアが付けられています。)


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Ladyhawke: Original Motion Picture Soundtrack/Andrew Powell

¥5,945
Amazon.co.jp

レディホーク [Blu-ray]/マシュー・ブロデリック,ルトガー・ハウアー,ミシェル・ファイファー

¥2,500
Amazon.co.jp

レディホーク [DVD]/ミシェル・ファイファー,マシュー・ブロデリック,ルトガー・ハウアー

¥2,625
Amazon.co.jp

ブロマイド写真★映画『レディホーク』ルトガー・ハウアー/馬に乗って鷹を持つ

¥950
楽天

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。