サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

 

MONKEY SHINES
監督:ジョージ・A・ロメロ    
音楽:デヴィッド・シャイア    
出演:ジェイソン・ベギー、ジョン・パンコウ、ケイト・マクニール、クリスティーン・フォレスト、ステファン・ルート、スタンリー・トゥッチ、ジャニン・ターナー    
1988年 アメリカ映画


「ゾンビ」映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督が亡くなったそうです。
肺ガンを患っておられたとのこと。享年77歳。
「○○ of the dead」シリーズの次回作が決まっていたという話もありますので、非常に残念です。
ということで、追悼の想いも込めて、本ブログで紹介したことのないロメロ作品をアップしてみました。

 

「死霊のえじき」で、ある意味ゾンビものの頂点を極めた師匠が次に描いたのは正統派サイコスリラー。
特殊メイクとトム・サビーニが担当していますが、ゴア描写はほとんど無かったような記憶が・・・・。
ストーリーは、交通事故によって首から下が麻痺してしまった青年の下に、ヘルパーとして訓練された1匹の猿が贈られます。
この猿は、ヘルパーとして訓練されていただけでなく、人間の脳細胞のエキスが注入されていたことから、
青年の意識を察知する能力が芽生え、青年が怒りを感じた相手を攻撃するようになり、遂には殺人を犯すようになる・・・というお話。
高い知能を持った猿が人間を襲うというと、
どうしてもリチャード・フランクリンの「リンク」を想起させてしまうのがちょっと残念。

でも、個人的にはなかなか面白い作品だったと記憶しています。

 

 


音楽は、デヴィッド・シャイア。
正統派サスペンススコアで、オケを使った生真面目な作風が印象的です。
サスペンス描写には、マイケル・J・ルイスあたりを彷彿とさせる部分があったり、
かなりショッキングで唐突な音が入る部分があり、ちょっとドッキリします。
チャカポコと打楽器が鳴るスコアが出てきますが、猿の惑星を意識したのかなあと思ったり・・・。
後半で尺八が登場し、オリエンタルな雰囲気を醸し出します。
メイン・タイトルとエンド・タイトルはストリングスがメインの穏やかな曲調のスコア。
美メロの流麗なスコアもあり、デヴィッド・シャイアならではの手堅い仕事だと思います。
サントラは、公開時には発売されず、2002年になって米FSMレーベルから「さらば愛しき女よ」とカップリングになったCDが2000枚限定で発売されました。
この盤は既に廃盤になっていますが、その後ダウンロード版が発売されていて、i-Tunesでは現在も購入可能です。


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

Monkey Shines Monkey Shines
 
Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER
監督:バラン・ボー・オダー    
音楽:ミヒャエル・カム    
出演:トム・シリング、エリアス・ムバレク、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング、アントニオ・モノー・Jr、ハンナー・ヘルツシュプルンク、トリーヌ・ディルホム、シュテファン・カンプヴィルト    
2014年 ドイツ映画

 


ハリウッドでのリメイクが決定しているらしいドイツ製サスペンス。
これがなかなか面白かった。
ツッコミどころがどうのこうの言わずにフラットな気持ちでご覧になることをお勧めします。
観客の予想を裏切るどんでん返しが売りの作品ですが、観終わった後もう一度観たくなる作品です。
ストーリーは、ハッカー集団クレイのメンバーが警察に出頭してきますが、
この男、ロシア・マフィアとつながりのあるハッカー界の大物に命を狙われており、
大物逮捕に向けた捜査協力と引き換えに警察に保護を求めます。
この男の話では、ハッカー集団クレイは、遊び半分でハッキングを繰り返すうちに、
ハッカー界の大物に認められたいと思うようになり、次第に危険なヤマを踏むようになり、
遂には連邦情報局の機密情報を盗み出すことに成功しますが、
大物にこの情報を提供したがために、
影で警察に協力していたハッカーの存在がバレてしまい、
マフィアがらみの殺人事件に発展して・・・・というお話。
サイバー空間を地下鉄の車両内に置き換えて見せたり、なかなか面白い作品でした。
でも、ヨーロッパ映画って、ハリウッドでリメイクするとあんまり面白くなくなるような気もするのですが・・・・。



音楽は、ミヒャエル・カム。
スコアは、デジタル時代を象徴するシンセスコアとなっています。
さすがジャーマン・プログレッシヴの影響を感じさせるダークなトーンのスコアで、
時折、タンジェリン・ドリームを彷彿とさせる瞬間もあって、
おっさんには大変楽しめるスコアになっています。
ただ、基本的にはアンダースコアなので明快なメロもありません。
パルス系のシンセ音が硬派な印象を与えます。
サントラは、既成曲とのコンピレーション仕様となっていますが、
既成のテクノが場面によくマッチしていて、選曲のすばらしさを痛感します。
Boys Noize、Fukk Offf、Carpet、Hanuman Tribe、Jaro Messerschmidt & Nik Reichといったアーティストが楽曲を提供しています。
CDは発売されておらず、ダウンロードで27曲入り1時間25分収録のものが入手可能です。

 




 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

Mayday Mayday
 
Amazon

 

 

I LOVE TECHNO 2008 I LOVE TECHNO 2008
2,754円
Amazon

 

Power Power
 
Amazon

 

Hanuman Tribe Hanuman Tribe
 
Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

CLUE
監督:ジョナサン・リン    
音楽:ジョン・モリス    
出演:レスリー・アン・ウォーレン、ティム・カリー、アイリーン・ブレナン、マデリーン・カーン、クリストファー・ロイド、マイケル・マッキーン、コリーン・キャンプ、マーティン・マル、リー・ヴィング
1985年 アメリカ映画

元ネタはボードゲームという、「名探偵登場」に良く似たサスペンス。
製作と原案にジョン・ランディスが絡んでます。
ストーリーは、人里離れた大豪邸に8人の男女が招待されますが、実は全員に共通点があって、
全員が探偵で、なおかつ同じ男に脅されて金を支払っているということ。
そして、正にその脅している張本人も屋敷に現れます。
そのうち豪邸の電気が突然消え、再び点灯した時にはその男が床に倒れて死んでいた。
全員に動機がある中で、果たしてこの男を殺した犯人は?・・・・・というお話。
公開当時、別々の3パターンのエンディングを用意し、劇場ごとに結末が異なるという面白い趣向が話題になったようですが、3パターン全部観るにはちょっとキツかったかもしれません。
ビデオ化にあたってその3パターンすべてが収録されました。
監督は、「隣のヒットマン」や「いとこのビニー」のジョナサン・リン。
演技陣は、70年代映画ファンには嬉しいキャスティングでした。

音楽は、ジョン・モリス。
メル・ブルックス作品でよく知られる人ですが、ここではあえて80年代の映画に
ベタな古典的サスペンススコアを提供しています。
メイン・タイトルなどは、バーナード・ハーマンかダニー・エルフマンかというような
特徴的なストリングスのサスペンス・チューン。
スコアは基本的にはフルオケなのですが、所々がシンセがリードを取るのが80年代風。
コメディ・スコアが多い人なので、随所でお遊び的なコミカルなスコアも出てきますが、
こういうのを書かせたら、さすがに上手いなあと感じます。
不穏な空気を漂わせるスコアの合間にこういうのが入っているとホッコリします。
ただ、サスペンス映画なので、やはり突然「ジャ~ン!!」という音の演出もありますので、
あまり大きな音で聴かれると、途中でビックリするかもしれません。

エンド・タイトルは実際には映画には使用されなかったようですが、メイン・タイトルにビートを効かせたとても聴きやすいバージョン。

ストリングスのリフがダニー・エルフマンの「MIB」を彷彿とさせます。

サントラは、2011年にLa-La-Landレーベルから3000枚限定でCDが発売されました。
全27曲、約51分収録です。


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

SPLIT
監督:M・ナイト・シャマラン    
音楽:ウェスト・ディラン・ソードソン    
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソン
2017年 アメリカ映画


我れらがM・ナイト・シャマラン監督による新作スリラー。
毎回いい意味でも悪い意味でも観客の期待を裏切り続けるインド系監督。
「サイン」あたりからこの監督の作品にどことなく「地雷臭のようなもの」を感じるようになり、
それは「ヴィレッジ」で確信に変わり、その後は作品を追うごとにラストのオチのショボさに騙され(笑)続けてきましたが、前作「ヴィジット」で再びかつての勢いを取り戻したように思います。
今回もかなり期待をしています(でもやっぱり騙されるかなぁ)。
現在、劇場公開中でまだ観ていないのですが、
ストーリーは、3人の女子高生が23人もの人格を持つ多重人格者に拉致監禁され戦慄の恐怖に陥れられるというようなお話のようです。
1800円払って劇場まで観に行ってまた騙されたら嫌だけど、前作のクオリティを考えると今回も期待してしまうし・・・・。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編も観たいし「メッセージ」も観たいし、悩ましいところです。






音楽は、ウェスト・ディラン・ソードソン。
全然知らない人だったので調べてみましたが、デヴィド・O・ラッセルが監督した2015年の「ジョイ」(豪華なキャストなのにビデオスルーになった不遇な作品)を担当したことくらしか分かりませんでした。
全体的に口数の少ないスコアで、明快なメロを持ったモチーフはありません。
スコア全体を重低音や不気味な電子音が支配するアンダースコアです。
左右に蠢くケモノの動きを彷彿とさせる重低音の使い方は斬新です。
時折、ピアノ単独のスコアもありますが、これもどちらかというとホラー寄り。
ピアノの使い方も、低音域の単音を使ったものや、マイナーキーでリフを繰り返すものが多く、
音楽というよりも音響と表現した方が相応しいスコアもあり、
決して楽しい作品でありませんが、映像を引き立てるには抜群の効果を生むスコアなのではないかと
勝手に想像してます。
サントラは22曲1時間収録されていますが、このような内容だからでしょうか、
今のところダウンロードしか販売されていないようです。

しかし、ジャケも渋いのでCDで出してほしいものです。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

THE NEON DEMON
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン    
音楽:クリフ・マルティネス    
出演:エル・ファニング、キアヌ・リーヴス、クリスティナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン、アビー・リー、デズモンド・ハリントン、ベラ・ヒースコート
2016年 アメリカ/フランス/デンマーク映画

 

 

本日は未見の新作レビューです。

 

「オンリー・ゴッド」が強烈だったデンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフン監督によるサスペンス。
キアヌ・リーヴスが出ていて、音楽もクリフ・マルティネスなので気になっているのですが、
「オンリー・ゴッド」がかなり異様な作品だったので、鑑賞はDVDが出るまでちょっとお預けです。
ポスターやサントラジャケを見るにスタイリッシュな映像美で見せる作品のようですが、
R15+がついているのでバイオレンスもそれなにあるのかなと想像します。
(あ、でもグロではなくエロによるレイティングである可能性も・・・)
新人モデルがファッションモデル界でのし上がっていく姿を描いているようですが、
欲望渦巻く世界で恐怖の体験をすることになる・・・みたいな感じなのでしょうか。
宣伝コピーは、「無垢な夢が邪悪な毒に染まる」となっています。

 

 

音楽は、クリフ・マルティネス。
僕はソダーバーグ作品の頃からのファンで、新譜が出るのをいつも楽しみにしていますが、
今回は全編がシンセスコアでビックリ。
しかも80年代風のアナログっぽさを強調した作風となっています。
ヴァンゲリスを彷彿とさせる瞬間があったり、タンジェリン・ドリームっぽかったりで、
この感じはおっさんの大好物で正にツボを抑えた音に仕上がっています。
キラキラとしたシンセの音が随所に盛り込まれ、ヒーリングミュージック的な要素もあります。
その一方で、ダークなトーンのトラックもあり、ドスの効いた重低音が迫力満点でまたカッコいい。
青と赤を基調としたスタイリッシュなサントラジャケもカッコいい。
サントラには、スコアの他に歌モノが2曲収録されていますが、こっちの方はあんまり興味ない。
特にアルバムのラストを飾るSiaの歌は、ごく普通のポップスです。

おっさんとしては、もっと奇抜な曲を入れて欲しかったなあ。

(と、本編も観ずして好き勝手なことを言っています 笑)

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。