サウンドトラック秘宝館

最近買ったサントラ、持ってるサントラなど、スコア盤を中心に思いつきで紹介するサントラレビューです。


テーマ:



UN BEAU MONSTRE
監督: セルジオ・ゴビ
音楽: ジョルジュ・ガルヴァランツ
出演: シャルル・アズナヴール、ヴィルナ・リージ、ヘルムート・バーガー、フランソワーズ・ブリオン、エディット・スコブ
1970年 フランス映画

またまた「お前、熱でもあるんじゃないか。」と思われるかもしれませんが、
今夜は70年代おフランスの映画。
ストーリーは、妻が自宅のベランダから転落死するところを部屋から見ていた男と、
その様子を向かいの建物から見ていた女性を中心にお話が展開します。
男は当初警察から殺人の容疑も含めて取り調べを受けますが、お向かいの女性の証言により釈放されます。
男はその女性に近づき、いつしか2人はデートを重ねるようになり、そして結婚するが・・・・みたいなお話。
異常な行動を重ねる男に振り回されながらも、その男に染まっていく女性を描いたような作品といえばいいのでしょうか。
原作は、ドミニック・ファーブルの「美しき野獣」なんですが・・・・。
これは、かなり後味の悪い作品です。
観終わってもスカッとしない。
この手の映画が好きな人はハマるかもしれませんが、
僕は苦手だなあ。子供の頃、深夜枠のテレビ洋画劇場なんかで観てたら
絶対トラウマになってそうな作品。



音楽は、ジョルジュ・ガルバランツ。
主題歌”Stay”は、ベルギー(だったかな)のWallance Collectionが演奏しています。
フォーキーなプログレ・ソフト・ロックという感じの曲で、イタリアのビクシオ=テンペラ=フリッツィが書きそうな歌です。
主題歌をモチーフとしたスコアなど、イージーリスニングな劇伴?も多く、
BGM系サントラとしては聴きやすい。
おフレンチ映画特有のフランシス・レイ風の混成コーラスも入っています。
個人的には、フルートやシタール、ハモンドオルガン等をフィーチャーした軽快なロック調のスコアがお気に入り。
でもここにもフランシス・レイ風のコーラスが・・・。
当時のフランス映画のサントラって、これが入らんとはじまらなかったのか。
そんなイージーリスニングなサントラですが、
劇伴の中には、明るいモチーフをマイナーキーにしたダークなスコアもあって、
ここで聴かれる女性コーラスは、前衛風というか、昔の日本映画のスコアに出てきそうな、今聴くと結構恥ずかしいタイプのやつ。
サントラは、当時日本でもシングル盤が出ていましたが、
アナログ盤のみでCD化はされていません。
コンピレーションもののCDに本作からの楽曲が収録されたものはある程度です。
本編はすっかり忘れ去れていますが、CDだとガルバランツのスコアということで案外売れるかも。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



いいね!した人  |  コメント(2)
PR
同じテーマ 「ドラマ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:




SHANE
監督: ジョージ・スティーヴンス
音楽: ヴィクター・ヤング
出演: アラン・ラッド、ヴァン・ヘフリン、ジーン・アーサー、ブランドン・デ・ワイルド、ジャック・パランス、エミール・メイヤー、ベン・ジョンソン
1953年 アメリカ映画


今夜はまさかの50年代名作西部劇のご紹介。
たまには、こういうのもいいかなと思って書き始めたのですが、
さて・・・・何を書こう。
小学生の頃、母親と一緒にテレビで観たきりなので、ほとんどストーリーを覚えていない。
この映画で印象に残ってるのは、アラン・ラッドが子供の目の前で、ファニングの早撃ちを披露するとこと、ラストの「シェ~ン、カムバ~ック」のとこだけ。
そういえば、子供の頃、カロヤンのCMで「シェ~ン!髪バ~ック!」「抜け始めて分かる、髪はなが~い友達」っていうのがあったなあ。なんだか下らないことばかり覚えています。
このブログで、ジョージ・スティーヴンス監督作品を紹介するの実は初めてなんだよなあ。
なんだか肝心の本題から反れたことばかり書いてますが、
ストーリーは、開拓移民のお世話になることになった流れ者が、町の諍いに巻き込まれた移民の家族を助けるみたいな、そんなお話だったような(かなりいい加減)気がします。
まあ、あまりに有名な作品なので、あえて紹介は不要でしょう。
・・・・なんか、書いてるうちにだんだんつまんなくなってきた。どうしよう。
でも、万人が認める西部劇の傑作であることは間違いありません。
僕があまり関心を示さないことが何よりの証拠です。



音楽は、ヴィクター・ヤング。
おお、ヴィクター・ヤング作品を紹介するのも、うちのブログでは初の試み。
これまで1000枚以上の作品をレビューしてきましたが、ヴィクター・ヤングを全く
スルーしてるところなど、このブログの偏り具合を象徴してますね。
あまりに有名な「遥かなる山の呼び声」と題された主題曲は、昔からいろんな形で演奏されていますが、正真正銘のサントラって発売されたことがなかったようです。
ヴィクター・ヤング楽団のシングルも再録音だと思ったけどなあ。
2012年になって、米La-La-Landレーベルから2000枚限定でついにサントラがリリースされました。
35ミリのモノラル・フィルム音源から拾った音なので、音質は推して知るべしという程度ですが、歴史的価値を考えると、このCD化は快挙といえるでしょう。
50年代のサントラなので、60年代以降のサントラとは明らかに肌触りが違い、
僕などは違和感を感じてしまうのですが、テーマ・モチーフを必ず劇伴の中に盛り込んで
全体の統一感を出しているところなどは、さすが正統派、教科書的で素晴らしい。
しかし、このCDジャケ、ひでえなあ。
どうにかならんかったのかなあ。
昔のシングル盤のジャケの方がずっといいけどなあ。

こんな感じ
  ↓
 




それにしても、なんでこのCD買ったんだっけ。
たまには名作のサントラでも買わなきゃと思ったんだっけなあ。
飲んで酔った勢いでポチって買ったようにしか思えません。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Shane/Original Soundtrack

¥3,381
Amazon.co.jp

シェーン [Blu-ray]/出演者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

シェーン [DVD]/アラン・ラッド

¥1,620
Amazon.co.jp





【数量限定特売】NFカロヤンガッシュ 無香料 240ml 【第3類医薬品】

¥4,094
楽天

【送料無料!!2本セット】NF カロヤンガッシュ (無香料)(240ml)【第3類医薬品】□

¥10,080
楽天

NFカロヤンアポジカシグマΣ(無香料)200ml【第3類医薬品】【メール便不可】【第一三共ヘル...

¥3,990
楽天

カロヤン ジェット 無香料 スーパークール 185ml【医薬部外品】

¥565
楽天

いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:



THE MAN WITH THE IRON FISTS
監督:RZA
音楽:RZA、ハワード・ドゥロッシン
出演:ラッセル・クロウ、カン・リー、ルーシー・リュー、バイロン・マン、RZA、リック・ユーン、デヴィッド・バウティスタ、ジェイミー・チャン、ダニエル・ウー、パム・グリア
2012年 アメリカ映画


クエンティン・タランティーノPresentsでRZAが撮った黒人カンフー映画。
RZAって、そもそも誰?
ヒップホップのスターらしいけど、その手の音楽を全く聴かないおっさんとしては
どんな素性の人物なのか、さっぱり分からないのです。
調べようともしないけど。
でも、監督と主演を兼ねているこの黒人、映画としてはそこそこ面白いものを作ってます。
B級テイスト満載の怪しげな「アチョー映画」として素直に楽しめました。
香港カンフー映画へのオマージュもたっぷりなんだと思います。
カンフー映画好きな人だと本作のキャストなんかを見ても、「お~、あいつが出てる!」なんて発見があるんでしょうね。
アクションコーディネーターはコリー・ユンだそうです。
(この辺も「おおっ!!」というリアクションをすべきところか?)
ストーリーは、19世紀の中国の村を舞台に、二つの武装勢力が覇権争いを繰り広げる中、
皇帝の金塊輸送を巡って武装勢力同士で内紛が起こり、勢力図が大きく変わります。
実権を握ったのは極悪非道な男たち。
村には、武器を作って双方の組織に売っている鍛冶屋がいましたが、
この鍛冶屋が内紛で追われた男を匿ったことから、
一味に捕まり拷問の末に両腕を切り落とされてしまいます。
しかし、鍛冶屋は自らの腕に鋼鉄の義手を取り付け、復讐に立ち上がる・・・というお話。
鑑賞後は、何も残りませんが、スカッとしたい時にはオススメ。
あ、そうそう、イーライ・ロスもRZAと共同で脚本書いてます。



音楽は、RZA本人とハワード・ドゥロッシン。
オープニング・テーマは、シリアスでダークなバックトラックはいい感じなのですが、
歌?ラップ?が入ってておっさんはかなり興醒め。
何言ってんだかさっぱり分かんない。
黒人男性が「ワイワイガヤガヤ」なにやら大声で叫んでます。
ヒップホップが好きな人はこういうの大好きなんだろうけど、おっさんには相容れない部分だなあ。
カンフー映画なんだから、ブルース・リーもののような
大袈裟でインチキ臭いけど一応ヒロイックなメロディをもったテーマが欲しかったなあ。
そんな感じですが、全体を通して聴くと決して悪いスコアではなく、
劇伴の所々でダイナミックなスコアもチラホラと顔を出します。
まあ、往年のカンフー映画調のスコアの雰囲気もちょっぴりあるような気もしますが、
基本的には別モノのと考えたほうがいいでしょう。
スコアには、いろんな楽曲のフレーズが入っていて、
アイザック・ヘイズの曲や、ブッカーT、しまいには「バビロンA.D.」のスコアからの引用もあります。
サントラは、2種類出ていて、キャストの顔が映っているのは歌モノ企画盤。
スコア派のおっさんは、こぶしがぶつかり合ってるジャケのものを買いましょう。



よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



こっちがスコア盤
Man With the Iron Fists/Various Artists

¥1,911
Amazon.co.jp



これはコンピレーション盤
Man With the Iron Fists/Various Artists

¥1,621
Amazon.co.jp



アイアン・フィスト [DVD]/RZA,ラッセル・クロウ,ルーシー・リュー

¥3,456
Amazon.co.jp

アイアン・フィスト [Blu-ray]/RZA,ラッセル・クロウ,ルーシー・リュー

¥4,104
Amazon.co.jp

Digi Snacks/RZA

¥1,778
Amazon.co.jp

Vol. 1-Rza Presents Shaolin Soul Selection/Rza

¥1,730
Amazon.co.jp

バース・オブ・ア・プリンス/RZA

¥2,592
Amazon.co.jp

Bobby Digital in Stereo/RZA

¥843
Amazon.co.jp

Rza Hits/Rza

¥754
Amazon.co.jp

Digital Bullet/Rza As Bobby Digital

¥1,778
Amazon.co.jp

World According to Rza Instrumentals/Rza

¥1,512
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:




ANGEL HILL
監督:イグナツィオ・ドルチェ
音楽:ステファノ・マイネッティ
主演:リチャード・ハッチ、ドナルド・プレザンス、バシーリ・カリス、アンソニー・ソーヤ
1988年 イタリア映画



先日、このサントラを某所で発見!!
おおっ、これはラスト・プラトーンではないか! しかも500円。
いやあ、パチモンは普通の人たちにはカス同然だから、
運が良ければバカ安で購入できるというメリットがあるのでうれしいなあ、と
迷わず購入。


嬉々として購入し、しばらく開封せずに部屋で保管してました。
今日早めに帰宅できたので、さあ聴こうと満を持してCDケースを開けました。

















・・・・・・・。


・・・・・中身が無い!!

ひどすぎる・・・・・(T_T)

やられた。
これ中古だから、返品しても帰ってくるのは現金だけだよなあ。
絶対に中身はどこいったか分かんないだろうな。
あ~あ、ぬか喜びでした。
「ラスト・プラトーン」のケースだけ持ってても意味ないじゃん。


てことで、今夜はあんまりがっくり来たのでレビューはなし。
もうふてくされて寝ます。
今夜は変則的な記事ですみません<(_ _)>

おやすみなさい。(T_T)



アマゾンで買うと、こんな法外な値段がついてます。
Angel Hill: Last Platoon/Various Artists

¥7,499
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


※ 本日は、パチモン過去記事を再編集してアップします。

Zombie Holocaust
監督: マリノ・ジロラーミ
音楽:ニコ・フィデンコ
主演:イアン・マッカロック、アレクサンドラ・デリ・コリ、ドナルド・オブライエン、シェリー・ブキャナン
1980年 イタリア映画


本家「ゾンビ」の大ヒットで、ゾンビものに活路を見いだしたイタリア映画界が、
80年代に量産したマカロニ・ゾンビ・ホラーの中の1本。
ニューヨーク(という設定だと思う)の総合病院で、安置してあって遺体から臓器が取り出される猟奇事件が発生。
犯人は逃走途中にバスに轢かれて死んでしまいますが、
容疑者が体に彫っていた入れ墨を元に、医者のチームが事件を追って南海の孤島へ足を踏み入れる・・・・・・というようなお話。
基本的に南国の人々=人食い人種という誤った世界観をベースに、
腐ったゾンビ、ウジ、頭皮強制剥離、眼球つぶし、臓物喰いといったグロシーンが連続します。
特殊メイクは、「サンゲリア」でお馴染み(でもないか)マウルツィオ・トラーニに、「デモンズ」のロザリオ・プレストピーノ。
悪趣味の限りを尽くした極悪特殊メイクを披露しています。
監督は、「勝手にプラトーン/戦争はバクハツよ!(1981年)」の(そんな映画、誰もしらんか)マリノ・ジロラーミ。
出演は、「サンゲリア」にも出てきたイアン・マッカロック。
なんか、エコー&ザ・バニーメンみたいな名前だなあ。
このおっさんが出ているために、本作と「サンゲリア」はよくこんがらがってしまいます。
この映画、日本ではビデオスルーだとばかり思っていましたが、
1988年ににっかつの配給で劇場公開されちゃってます。



音楽は、マカロニ・ウェスタン等でもお馴染みのニコ・フィデンコ。
マカロニ・ウェスタンや「ブラック・エマニエル」もののような、
しっかりしたメロやトロピカルなチューンはここでは出てきません。
テーマ曲は、シンセと混成コーラス、それに南国風のコンガなどが入って、
ちょっぴりトロピカルなフリをした、シリアスなんだかどうなんだかよく分かんない曲。
でもなんとなく、晴れやかでないところがホラーらしいかも。
劇伴は、この頃のスコアにしては珍しく、雰囲気重視のアンダースコアが多いようです。
その中でも、マカロニ・ホラーにありがちなアナログ・シンセのくぐもった音が
ダークでアングラなホラー感を一層引き立てています。
テンポのある曲も、グルグルと同じパターンのループを繰り返す
ミニマルチューンに終始しています。
ダラーンとしたゾンビの彷徨を思わせるチューンは、
ゴブリンの「ゾンビ」からの影響をモロに感じさせます。
サントラは、かつてドイツからブラック・エマニエルものの1作とカップリングされたものが発売されていたようです。
現在は、入手困難になってるかも・・・・でも、買う人いないか(^_^;)





・・・・と、ここまでが過去の記事。
なんと、イタリアにおいて本作のサントラが再発されます。
しかも、待望の単独リリースです。(誰も待望してないか。)
エンリコ・デ・ジェミニによるマスタリングも施されているということで音質向上も期待されます。
さらに、収録曲数も30曲と大幅にアップ。
しかも、限定盤になっていない感じです。
BEAT RECORDS強気だなあ、売れると思ってんのかなあ。
新ジャケ
 ↓






よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村






人間解剖島ドクター・ブチャー<ヘア解禁オリジナル完全版> [DVD]/イアン・マッカロック,アレクサンドラ・コール

¥5,040
Amazon.co.jp

Zombie Holocaust [Import anglais]/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

人間解剖島ドクター・ブチャー<ヘア解禁オリジナル完全版> [DVD]/エスピーオー

¥5,040
Amazon.co.jp

スプラッター・カーニバル DVD-BOX/エスピーオー

¥15,120
Amazon.co.jp

ブッチャー 幸福な流血―アブドーラ・ザ・ブッチャー自伝/東邦出版

¥1,470
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード