サウンドトラック秘宝館

最近買ったサントラ、持ってるサントラなど、スコア盤を中心に紹介するサントラレビューです。


テーマ:



THOR: THE DARK WORLD
監督:アラン・テイラー
音楽:ブライアン・タイラー
出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス、ステラン・スカルスガルド、イドリス・エルバ、クリストファー・エクルストン、カット・デニングス、浅野忠信、レネ・ルッソ、ベニチオ・デル・トロ、クリス・エヴァンス
2013年 アメリカ映画

MARVELつながりで今日は「マイティ・ソー」の続編をご紹介。
前作は、ケネス・ブラナーが監督したせいかどうかは分かりませんが、
かなり生真面目な作風だったような印象があります。
2作目は、逆にコミカルな要素を随所に盛り込んでいて(お下劣なネタもあり)
肩の凝らない作品となっています。
「アベンジャーズ」のメンバーの中で唯一の宇宙人(神様?)という変わり種なので、
宇宙規模の戦いでスケール感は他の作品を凌駕しています。
アスガルドを舞台としたシーンでは、ロード・オブ・ザ・リングを思わせる雰囲気があり、
現代ロンドンでの戦いと壮大なアスガルドでの戦いと一粒で二度美味しい欲張りな作品になっています。
クライマックスの9つ?の世界を瞬間移動しながらのバトルはスピーディかつコミカルで意外と面白かった。
まあでも、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」を観た後で、
ブルーレイで初めて鑑賞したせいか、満腹感たっぷりのあちらに比べて結構あっさり終わったという感じ。
先にこっちを観ていれば印象もだいぶ変わってたと思いますが、やはり企画ものは順番に観ないといけませんね。
エンド・クレジット後に「アベンジャーズ」シリーズお約束のシーンが追加されているので、
エンドクレジットが終わるまでしっかり観ないと損をします。


音楽は、ブライアン・タイラー。
前作はケネス・ブラナーつながりでパトリック・ドイルが担当していたのですが、
まさかのパトリック・ドイルのジャジャジャジャ化に驚いたものでした。
そのせいか、2作目をジャジャジャジャが担当しても違和感はなかったなあ。
まあ、最近のブライアン・タイラーは結構頑張っていて、
一時の手抜きスコアに比べたらだいぶ良くなった感じ。
一応、モチーフもあるし、史劇風の壮大なスコアで格調の高さを感じさせる瞬間があります。
ネタバレになるといけないので誰の葬式のシーンかは言いませんが、
この劇伴が壮麗で意外に良かった。
ただ、アクションシーンの劇伴になると一気に個性が無くなり、
後で目隠しプレイしても本作のスコアだとは分かんないと思います。
しかし、回を重ねる毎にコンポーザーが変わる「アベンジャーズもの」の中で、「アイアンマン3」と本作の2作を手掛けたのは大したもの。(2015年公開予定の「Avengers: Age of Ultron」を入れると3作になっちゃう。)
2作手掛けたのって、他にアラン・シルヴェストリぐらい。
(予定を入れるとヘンリー・ジャックマンもか・・・・。)
やっぱり人気があるんですね、この人。
今の目まぐるしい映像にはこの手のスコアがマッチするでしょうね。
そういえば、最近のCGによるスペクタクル映像って、情報量が多すぎておっさんは目が追いつかない。
何回も観ないと映像の全体像が把握できません。
乱視もあるし、2Dのはずなのに、3Dみたいに二重に観えたりするし・・・こまったもんだ。
それにしても、今週は健全なサントラレビューになったなあ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Thor: the Dark World/Thor: The Dark World

¥2,346
Amazon.co.jp

マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラ.../クリス・ヘムズワース,ナタリー・ポートマン,トム・ヒドルストン

¥4,320
Amazon.co.jp



これは前作
  ↓
Thor/Various Artists

¥1,556
Amazon.co.jp

マイティ・ソー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]/クリス・ヘムズワース,ナタリー・ポートマン,トム・ヒドルストン

¥4,104
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


THE AMAZING SPIDER-MAN 2
監督:マーク・ウェブ
音楽:ハンス・ジマー
出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス、デイン・デハーン、キャンベル・スコット、エンベス・デイヴィッツ、コルム・フィオール、ポール・ジアマッティ、サリー・フィールド
2014年 アメリカ映画


スパイダーマンのリブート第2弾。
なんでこんな短いサイクルでリブートするのか意味が分からなかった前作から2年ぶりの新作。
陽気で青春映画のような作りの前作の延長線上の2作目だったら、
あんまり観る気しないなあと思ってたら、いい意味で裏切られました。
ラスト近くで待ち構えるまさかの展開、こういう意外な結末、ありだと思います。
(うちの妻には「なんで?」と大変不評でしたが・・・・)
やっぱり、リブートするからにはライミ版スパイダーマンとは違ったテイストがないとと思った次第。
ストーリーは、普通の青年として人生を謳歌する傍らニューヨークの平和のために活躍するピーターの前に、10年振りに幼な馴染のハリーが現れます。ハリーは巨大企業オズコープ社の御曹司。このオズコープ社の黒い秘密がいろいろを明かされていく中で、この会社の電気技師が実験棟の配線工事で事故に遭い怪物エレクトロに変身して、スパイダーマンの前に立ちはだかります。一方、ハリーは不治の病に冒されていて、スパイダーマンの血を輸血すれば病気が治ると盲信していて、スパイダーマンから血液の提供を拒まれたことから、スパイダーマンを憎むようになり、遂にはおかしな注射を自らに打ってグリーン・ゴブリンに変身して、エレクトロとともにスパイダーマンと対決する・・・・みたいなお話。
こうして書いてみると、大したことないストーリーなのですが、まあ派手なエフェクトや高揚感あるスコア、意外な展開なども手伝って、なかなか見応えのある作品となっています。




音楽は、ハンス・ジマー。
1作目のジェームズ・ホーナーがなかなか良かったので、
何で交代するんだよ~と思ってましたが、
結果的にはロックおやじにはこれはこれでよかったという印象。
ハンス・ジマーの呼びかけで集まった6人のコンポーザーやミュージシャンで構成された
The Magnificent Sixというバンド形式のユニットの演奏とオケによるスコア。
メンバーは、ファレル・ウィリアムズ、ジョニー・マー、ジャンキーXL、スティーヴ・マッツァーロ、マイク・アインジガー、アンドリュー・カヴィンスキーの6人。
元スミスのジョニー・マーは「インセプション」の時より大活躍。
ミュートを効かせたギターのカッティングが相変わらずカッコいい。
スコア全体を通して高揚感のある「燃え」度の高い楽曲が並んでます。
ファンファーレ風のスコアもあり、最近のスコアとしてはかなりいい感じの仕上がりです。
ただ、オープニングシーンのテンションが高すぎて演技も含めて、ちょっと嫌味な感じがしたのが残念。
The Magnificent Sixの演奏は、アクションシーンでも大活躍しますが、
デジロック調のシンセがぶっといのがこれまたおっさん好みで素晴らしい。
このサントラ、2種類あって2枚組と1枚ものがあります。
1枚ものは、14曲のスコアとエンディングに流れるアリシア・キーズの主題歌を含む歌モノで構成された、全20曲の構成。
2枚組の方は、1枚目に20曲のスコア、2枚目に4曲のボーナストラックと1枚ものに入ってた歌モノプラスの7曲で、全11曲という構成。
まあ、アリシア・キーズって苦手なタイプだし、他の歌モノもそんなにおっさん好みじゃないので
すが、2枚組の方はスコアが6曲増えた上にボーナススコアが4曲というのがちょっと気になります。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


The Amazing Spider-Man 2 (Original Motion Pictu.../Columbia

¥3,036
Amazon.co.jp

The Amazing Spider-Man 2 (Original Motion Pictu.../Columbia

¥2,011
Amazon.co.jp

アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

¥5,122
Amazon.co.jp

アメイジング・スパイダーマン2TM アメイジング・バトルBOX (初回限定版) [Blu-ray]/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

¥19,224
Amazon.co.jp

【ムービー・マスターピース】『アメイジング・スパイダーマン2』 1/6スケールフィギュア スパ.../ホットトイズ

¥26,000
Amazon.co.jp

The Amazing Spider-Man 2 with Amazon Exclusive .../Foxx Electro Bust

¥価格不明
Amazon.co.jp

大人用 アメージングスパイダーマン2 The Amazing Spider Man 2 For.../RUBIE’S JAPAN

¥10,692
Amazon.co.jp

The Amazing Spiderman スパイダーマン 子供用ヘルメット プロテクターセッ.../Spiderman

¥4,800
Amazon.co.jp

THE AMAZING SPIDER-MAN 2(スパイダーマン2) シャープペン/Movie

¥価格不明
Amazon.co.jp

海外リミテッド KIDS 子供用 THE AMAZING SPIDERMAN スパイダーマン .../作者不明

¥4,860
Amazon.co.jp

MAFEX SPIDER-MAN (THE AMAZING SPIDER-MAN2)/メディコム・トイ

¥4,104
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



週末、全く記事をアップできなかったので、過去記事ですが・・・・。


THE OTHER SIDE OF MIDNIGHT
監督:チャールズ・ジャロット
音楽:ミシェル・ルグラン
主演:マリー・フランス・ピジェ、ジョン・ベック、スーザン・サランドン、クリスチャン・マルカン、クルー・ギャラガー、マイケル・ラーアー、ソレル・プーク、アンソニー・ポンジニ
1977年 アメリカ映画


シドニー・シェルダンのベストセラー「真夜中は別の顔」を映画化した大河メロ・ドラマ。
上映時間が2時間半を越える大作で「風と共に去りぬ」の再来とまで言われた作品ですが、
公開時はあっさりコケてしまったようです。
ストーリーは、第二次世界大戦中、貧しい暮らしをしていた薄幸な女性が、ある男に馴され捨てられたことをきっかけに
数奇な運命をたどり、女優そして大富豪の妻にまで登り詰め、自分を捨てた男に仕返ししようとするが‥‥という愛と憎しみのお話です。
懐古趣味全開のオープニングは良かったのですが、
愛する人に裏切られたかわいそうな女性が、だんだんもの凄い悪女になっていく過程に共感することが出来ず、
自分がのし上がっていくために「女の武器」で男を踏み台にしてセレブになっていくという展開に
「すごいえげつない」ものを感じてしまい、なんだか幻滅したことを覚えています。
まあでも、もとはと言えば純真な女性を騙した最初の男が一番悪いのですが・・・・・。
理由はどうあれ悪いことをした人には最後には「天罰」が下るんだぞというお話と理解すれば見れるかなあという感じです。
この映画は「因果応報」を描いた映画なのだと思うことにすれば何となく納得かなあ。
ロマンスとかそういう次元の話じゃないのは確かです(^^;)
「愛の名作」を期待して観るととんでもないことになりますので、ご注意を。
畳み掛けるような波瀾万丈の展開は観ていて飽きませんでしたが・・・。


音楽は、フランスの巨匠ミシェル・ルグラン。
本編がコケてしまったために、彼のフィルモグラフィーの中では案外知られていない作品なのではないかと思うのですが、
これがなかなか美しいメロを持った好スコアになっています。
ピアノがメロを奏でるテーマ曲となる「ノエルのテーマ」は特に素晴らしいバラードで、
この曲が流れるオープニング・シーンは懐古的ですごく叙情溢れる美しいシーンでした。
このテーマをモチーフに、スコア全体はこの曲のバリエーションでほぽ構成されています。
全編にわたってオケを贅沢に使ったゴージャスで美しいクラシカルな音作りが魅力的です。
残念ながら、本編がコケだせいで、サントラ盤はLPが廃盤になったらそれっきりで、
優雅で華麗なスコアなのに未だにCD化されていません。

・・・とここまでが過去記事。
ようやく米IntradaからCDが発売されました。
増曲なしのLPと同内容ではありますが、スコアの方は美メロを持った名作なので
買って損はないでしょう。(なんて、適当なことを言ってますが、僕はこのスコア、好きです。)
LPは一部でとんでもないプレミアがついていたので、
これからはより多くの人に適価で聴いていただけることでしょう。
良かった。良かった。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


【映画チラシ】真夜中の向う側/監督・チャールズ・ジャロット  //洋マヤ/FOX

¥価格不明
Amazon.co.jp

映画スチール 「真夜中の向う側」白黒5枚/アットワンダー

¥価格不明
Amazon.co.jp

真夜中の向う側 上 (ハヤカワ文庫 NV 243)/シドニイ・シェルドン

¥410
Amazon.co.jp

真夜中の向う側 下 (ハヤカワ文庫 NV 244)/シドニイ・シェルドン

¥410
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:




Questo si che e amore
監督:フィリップ・オットーニ
音楽:ステルヴィオ・チプリアーニ
主演:スヴェン・ヴァルセッキ、クリストファー・ジョージ、ゲイ・ハミルトン、マウロ・クーリ、ローラ・トロッター
1980年 イタリア映画


今日ご紹介するのは、2004年にフジテレビで放送されたテレビドラマではありません。
オビディオ・G・アソニティス製作による「マカロニ難病もの3部作(笑)」の3本目となる
作品です。
「メリーゴーランド」、「ラスト・コンサート」で味を占めたオビディオ・G・アソティニスが
3匹目のどじょうを狙って製作したもので、
主人公は生まれつき血液抗体欠落症という難病に侵され、ガラス張りの無菌室で成長した誰の目から見ても気の毒な8歳の男の子。
ほんと、このおっさん、人の弱みに付け込ませたら天下一品です。
この少年が例によって最後には天に召されるのですが、まあプロットのすごいこと。
ストーリーは、無菌室で暮らす難病の少年が両親の不仲に心を痛め、遂に離婚することになった両親をみて、離婚の原因は自分の存在なのだと思い込み、2人を仲直りさせるために病院を抜け出し、かつて両親が愛し合った田舎の家へ向かう・・・・というお話。
本編のラスト、「僕がいなくなっても仲良く暮らしてね・・・・。」と言い残して、両親の腕の中で息絶える少年・・・。
これで泣かないやつは人間じゃない。
恐るべし、オビディオ・G・アソティニス。
一体何人のいたいけな少年少女を息絶えさせれば気が済むのか。
まあ、一応これで満足したのか、アソティニスの難病シリーズは本作をもって一段落します。



音楽は、ステルヴィオ・チプリアーニ。
イージーリスニング調の甘々なサウンドトラックに定評のある人で、
お涙頂戴のためなら何でもやるアソニティスおやじの下で、
本作でもいつもながらの美メロを惜しげもなく披露しています。
本作では美メロの中に哀愁や悲壮感はありません。
あくまで甘々な「愛のテーマ」調です。
とても聴きやすいメロディで、不覚にもうっとりしてしまいそうになります。
主題歌は、なんと主演の少年に素人っぽく歌わせるという姑息な手を使って
観客のお涙を最後の一滴まで搾り取ろうという魂胆です。
主題歌”Questo si che e amore”を書いたのは、ステファーノ・トロッシってなってますが、ほとんどアレッサンドロ・アレッサンドリーニが書いてるみたいです。
もう1曲の歌モノ”Little Lady”は、アイザック・ヘイズのような声のおっさんの”黒いジャガー”のような語りと女性ボーカルのデュエットによるけだるい歌。
歌っているのは、ゴードン&ケイ(一体誰?)
公開当時イタリアで発売されたシングル盤には、作曲はスティーヴ・パウダーってクレジットされてますが、要はチプリアーニのこと。
もともとは歌モノ2種類のシングル盤しか発売されなかった本作ですが、
先頃、遂に伊BEATレーベルから待望の(誰も待望してないって?)完全盤CDが発売されました。
クリアなステレオ音源で、12ページのブックレットもついています。
もちろん、シングル2種もしっかり収録されていてトータル74分という大盤振る舞いです。
これ、限定って書いてないけど普通に売るのかなあ。


ということで、今週は結局パチモン・マカロニ映画しか紹介しませんでしたが、
たまにはそういう週もあるということでご勘弁を
ほんとは紹介したいハリウッド映画もあるのですが、こっちの方が書いてて楽しいので・・・。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Questo Si Che E Amore/Imports

¥2,754
Amazon.co.jp

映画スチール 「ラストクリスマス」白黒5枚/アットワンダー

¥価格不明
Amazon.co.jp

映画パンフレット 「ラスト・クリスマス」監督フィリップ・オットーニ 出演クリストファー・ジョージ/アットワンダー

¥価格不明
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:



LOS 3 SUPERMAN DESAFIO AL KUNG FU
監督:ビット・アルベルティーニ
音楽:ニコ・フィデンコ
主演:ロベルト・マルコルム、アントニオ・カンタフォーラ、サル・ボーゲス、アルベルト・フランセ、羅烈、施思
1973年 イタリア/香港映画


本日は、未公開パチモン・アクション・コメディをご紹介。
1973年という年代からお分かりのとおり、「燃えよドラゴン」のヒットにあやかって
ただでさえパチモンの「3人のスーパーマン」シリーズにカンフーをミックスしてしまったパチモンにパチモンを上塗りした作品。
「3人のスーパーマン」シリーズは、本国イタリアでは何故か人気があって、何本も作品が製作され、西部に行ったり、しまいには東京に行ってしまう作品まであります。
うちのブログでは、過去に「西部へ行く」を紹介してます。

3人のスーパーマン西部へ行く

ストーリーは、あんましよく分からないのですが、麻薬捜査の過程でギャングに拉致されたエージェントを助けに3人のスーパーマンが香港に乗り込み、現地のカンフーの達人らの助けを借りてエージェントを救出する・・・・・というしょーもないお話。
一応香港合作になっているので、香港の役者さんも出てくるので、
カンフー・アクションはまとも・・・・かと思いきや、カンフー映画にしては動きにキレがない。
どうせ、イタリアのスタッフが「東洋人ならだれでもいい」とか言って値切ってショー・ブラザーズと交渉したんでしょう、きっと。
ラストは、3人のスーパーマンが赤いレオタードスーツに仮面ライダーみたいなベルト、黒いマントで大活躍します。
このレオタードスーツですが、特殊な繊維で出来ていて(笑)、
なんとこれを着用すると弾丸さえ跳ね返してしまいます。
超薄型の防弾チョッキかよ。なんたるテクノロジー。開いた口が塞がりません。
クライマックスでは、羅烈、施思の2人もこのスーツを着用して
スーパーマンが5人になります。



音楽は、なんとニコ・フィデンコ
主題歌は、オリバー・オニオンズがさらに下品になったような男性ボーカルが乗っかったロック。
シャウトというよりも地声でがなるタイプのボーカルがうっとおしい。
これ、スタッフに歌わせてんじゃないかと思わせるほどへたくそ。
スコアは、やはり「燃えよドラゴン」を意識してか、ワウギターをフィーチャーしたジャズロックなテイストのスコアがあります。でも、カッコ悪い。
とはいえ、大半は「黒いエマニエル」と大して変わらないのんきな劇伴です。
香港という舞台設定に合わせたスコアは、「Mr.BOO」のような劇伴になっていて、
そのあたりは現地の雰囲気を上手く表現できていたということか。
プニャプニャという音のシンセがショボさを際立たせています。
サントラは、もちろん発売されておらず、データベースによってはニコ・フィデンコのフィルモグラフィーからも漏れてしまっています。
こんな作品ですが、1作目はサントラが出ていて、パチモン王国のことですから、
音源さえ発掘されれば、500枚限定とかいって出すんじゃないかなあ。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード