サウンドトラック秘宝館

最近買ったサントラ、持ってるサントラなど、スコア盤を中心に紹介するサントラレビューです。


テーマ:
blue max


・・・・今週はちょっとバタバタしたので、過去記事でインチキしちゃいます。


THE BLUE MAX
監督: ジョン・ギラーミン 
音楽: ジェリー・ゴールドスミス 
出演: ジョージ・ペパード、ウルスラ・アンドレス、ジェームズ・メイソン、ジェレミー・ケンプ、カール・ミカエル・フォーグラー、アントン・ディフリング
1966年 アメリカ/イギリス映画 


第一次世界大戦下のヨーロッパを舞台に、ドイツ空軍の最高勲章ブルー・マックスを手に入れるため野望に燃える青年将校の姿を描いてます。
複葉機によるドッグ・ファイトがふんだんに盛り込まれており、発射速度の遅い機関銃の音も相まってかなりレトロな空中戦が展開されます。
主演のジョージ・ペパードは「特攻野郎Aチーム」のハンニバル・スミス役、この作品のころはまだ若くて痩せてます。
主人公は汚い手も使いながら英雄として上り詰めていきますが、上官の陰謀により・・・・・「出る杭は打たれる」というところでしょうか。
この作品では、複葉機の飛行シーンもふんだんに盛り込まれていますが、第一次世界大戦特有の塹壕戦シーンがたくさん出てきます。
これがかなりリアルに作ってあって好感が持てます。




音楽は、巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
60年代のゴールドスミスはまだ現在のスタイルが完全に確立されていない時期で、作品によっては怒濤の70年代以降とは趣を異にする作品も多々あります。
そんな中で、この作品は後のアクションスコアの源流の一端を垣間見ることができる好スコアです。
というより、70年代アクションスコアがここで既に完成型となっているという感じです。
テーマ曲は、ミリタリー調というよりも雄大なイメージを強調したおおらかな曲です。
アクション・スコアなどは低音のブラスの使い方が、後の「キング・ソロモンの秘宝」の原形と見てとれる等、聞き所も多い作品です。
なお、ゴールドスミスは戦闘シーンのバックにもたくさん音楽を入れたそうですが、爆発音等でかき消されてしまい、
この反省から「パットン大戦車軍団」では、戦闘シーンにはほとんど音楽をかぶせなかったそうです。
劇伴の中にテーマのバリエイションが随所に出てきますが、さすが巨匠、武骨なアクション・テーマがいろんなアレンジで表情を変えます。
本作は、これまで2度CD化されています。
一度目は、米VARESE盤で、4曲のボーナストラック入りで発売されました。
一部のマニアの間では、こちらの方が現在発売されている盤よりも低音にパンチがあるという意見もあります。
現在発売されているのが、2回目にCD化されたLEGACY盤でもともと15曲入りのオリジナルに、倍の15曲もの未発表トラックを入れてさらに音質もクリアになっています。




・・・・と、ここまでが過去記事。
このサントラ、人気盤なのでその後もCD化されていて、2010年には米Intradaから限定2500枚で、
2014年には、米La-La-Landから限定2000枚で、それぞれCD化されています。
La-La-Land盤に至っては、フィルム音源だけでなく、LP音源も丸ごと入った2枚組という贅沢な仕様になっています。
これまでに出たVarese盤、Legacy盤も含めて、どこがどう違っているのかよく分かりませんが、
発売するごとに収録時間が長くなっています。
こう何度も何度も再発されるたびにボーナストラックが増えたり、
収録曲が違ったりするのは、ほんとファン泣かせで困ったもんです。
でも、それだけ名盤ということなのでしょう。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



これはLegacy盤です。
  ↓

The Blue Max: Original Sound Track Recording/Jerry Goldsmith

¥2,139
Amazon.co.jp

ブルー・マックス [DVD]/ジョージ・ペパード,ジェームス・メイスン,ジェレミー・ケンプ

¥2,700
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



AUDREY ROSE
監督:ロバート・ワイズ
音楽:マイケル・スモール
出演:アンソニー・ホプキンス、マーシャ・メイソン、ジョン・ベック、スーザン・スウィフト、ノーマン・ロイド、ジョン・ヒラーマン、ロバート・ウォーデン
1977年 アメリカ映画

名匠ロバート・ワイズ監督が「スター・トレック」を撮る前に手掛けたオカルト・ホラー。
リーインカーネーションを扱った作品ですが、安いドッキリホラーではなく、
真面目かつ丹念に作り込まれていて、とても見応えがあります。
製作年がかなりズレるんですが、この映画、確かうちの地元では「ロッキー2」と同時上映だったような。
地味な作品ながら、ついでに観たにも関わらず一気に引き込まれたのを覚えています。
ストーリーは、幼い我が娘が11年前に交通事故死した少女の生まれ変わりだと聞かされた夫婦が、
次第に亡くなった少女の霊に苦しめられるわが子を救うために奮闘するが・・・・というお話。
自分の娘は本当に死んだ少女の生まれ変わりなのか、真相解明のため裁判や催眠療法まで出てきます。
ラストはちょっと「あれれ?」な終わり方をするのですが、何とも言えない余韻を残す作品です。
亡くなった少女オードリー・ローズの父親役で、アンソニー・ホプキンスが好演しています。
この人、後に「ハンニバル・レクター」役で有名になりますが、
当時は僕の中では「遠すぎた橋」のフロスト中佐というイメージでした。





音楽は、マイケル・スモール。
メイン・タイトルは、どことなくジョン・ウィリアムズのドラマスコアを思わせる和やかな雰囲気の曲です。
しかし、オカルトホラーだけあって劇伴は不穏な音を配したミステリアスなスコアが中心です。
コップの淵を指で擦って出す音のようなのも入っていて、これがまた気味が悪い。
ただ、B級ホラーにありがちな、音でビックリさせるような安っぽい仕掛けはありません。
エンド・タイトルでは、ビアノとストリングスによる優しい調べが再び出てきて安堵します。
小編成のオケによる70年代のテレビムービーを思わせるスコアではありますが、
マイケル・スモールの丁寧な職人ワザを感じさせる内容で好感が持てます。
サントラは、公開当時は発売されなかったのですが、
2011年になって米Kritzerlandレーベルから1000枚限定でサントラが発売されました。
このサントラ、映画会社の倉庫に眠っていた蔵出し音源だった上に、
状態の悪いモノラル音源だったようで、一応マスタリングは施されていますが、
そんなに音が良くないのがちょっと残念。
マイケル・スモール、地味なせいでサントラが極端に少ない人だったのですが、
近年少しずつサントラがCD化されて嬉しい限りです。
地味だけどなぜか好きなんだよなあ、この人のスコア。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Ost: Audrey Rose/Various

¥5,737
Amazon.co.jp

オードリー・ローズ [DVD]/アンソニー・ホプキンス,スーザン・スウィフト,ジョン・ベック

¥1,024
Amazon.co.jp

オードリー春日“ボディビルダーへの道”DVD 【Loppi・HMV・MMJ限定販売】/出演者不明

¥3,980
Amazon.co.jp

オードリーのオールナイトニッポン [DVD]/オードリー(春日),オードリー(若林)

¥2,940
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:


・・・今夜は過去記事いじってます。


THE AVIATOR
監督:ジョージ・ミラー
音楽:ドミニク・フロンティア
出演:クリストファー・リーヴ、ロザンナ・アークエット、ジャック・ウォーデン、サム・ワナメイカー、スコット・ウィルソン、タイン・デイリー、
マーシャ・ストラスマン
1985年 アメリカ映画


本日は、未見の未公開映画のレビューです。
1920年代のアメリカを舞台にした懐古調の冒険もので、
レオナルト・ディカプリオが出た、同じようなタイトルの作品とは全く別のお話のようです。
大富豪のお嬢さんを乗せた輸送機がロッキー山脈に墜落して、パイロットとお嬢さんは反目しながらも過酷な大自然の中を懸命に生き抜こうとサバイバルを展開する・・・みたいなお話のようです。
かつてはビデオも発売されたことがあるようですが、残念ながら未だに観たことがありません。
主演は、2004年に惜しくも心臓発作で他界した「スーパーマン」ことクリストファー・リーヴ。
他にロザンナ・アークエット、ジャック・ウォーデン、サム・ワナメイカーと、本邦劇場未公開作品にしては
キャストが豪華です。
監督は「マッド・マックス」のジョージ・ミラーではなくて、「ネバーエンディング・ストーリー第2章」を手掛けた
イギリス人のジョージ・ミラー。
なんだかややこしいですが、同名異人のようです。



音楽は、ドミニク・フロンティア。
印象的で良質なスコアを書く人なのですが、何故か手掛けた作品は限定盤や廃盤になったものが多く、息の長いサントラに恵まれない人です。
作品自体が地味なものが多いせいかなあ。
本作も、キャストは豪華なのに本邦未公開となった作品です。
しかし、このスコア、懐古的な本編に合わせて作曲されたと思しき内容で、
スコアも懐古趣味満載の華麗な調べが満載です。
メイン・タイトルから流れるような美メロと豪快なオケに圧倒されます。
劇伴も聴き所が多く、アクションスコアに至っては、
「この人こんなスコア書けたんだ」と感心させられるほど正統派なフルオケサウンドを聴くことができます。
起伏に富んだ内容で、古き良き時代のサントラを彷彿をさせます。
本編未見の僕がアルバム1枚まるごと聴いても全く飽きがきません。
80年代後半はまだこんなスコアが存在してたんですよねえ。
サントラは、かつて米VareseレーベルからLPが出ていましたが、長らく廃盤の状態でした。
2007年に米La-La-Landレーベルから、本作と「奴らを高く吊るせ」と「鷲と鷹」がカップリングされたCDが、3000枚限定で発売されました。
LPとは曲のタイトルと曲ごとの収録時間がかなり違っていて、曲数も1曲多いので内容が違うのかも知れませんが、
LPを持っていないので比較のしようがありません・・・・謎です。
CDは現在廃盤になってしまっており、Amazonでもプレミアをつけられています。


・・・・と、ここまでが過去記事。
この度、米Intradaレーベルからめでたく単独CDが発売されました。
「奴らを高く吊るせ」等とのカップリング盤では、本作からは19曲の収録でしたが、
今回は、大幅に増曲して全35曲75分収録されています。
おっさん好みのオールドスタイルの好スコアなので、既にカップリング盤を持っているとはいえ、とても惹かれるものがあります。
ついでに、「鷲と鷹」もフルスコア出ないかなあ。
限定は掛かっていないので、しばらく検討の上、購入するかどうか決めたいと思います。
最近の円安、輸入盤愛好家にとっては、とってもイタいんだよなあ。
久々にライブ活動を再開するため、スネアとシンバル新調しちゃったし・・・・
しばらくは、新譜の購入にはシビアにならざるを得ない状況です。




みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Hang ’em High/the Aviator/Dominic Frontiere

¥3,913
Amazon.co.jp

Aviator [VHS] [Import]/Christopher Reeve,Rosanna Arquette,Jack Warden

¥657
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:



WHITE DOG
監督:サミュエル・フラー
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:クリスティ・マクニコル、ポール・ウィンフィールド、バール・アイヴス、リン・ムーディ
1981年 アメリカ映画

「最前線物語」のサミュエル・フラー監督による社会派サスペンス。
僕の中ではこの監督と言えば、まず「最前線物語」が出てきちゃうのですが、本作も小粒ながら負けず劣らず秀作です。
ビデオが先に出て、そのあと劇場公開されたそうです。
僕は「魔犬」というタイトルの方が馴染み深く、
当時クリスティ・マクニコルが出てるってことで、
ミーハーなティーンズホラーかと思って借りて観て、
予想を裏切る内容に圧倒されたのを思い出します。
本編については、ササポンさんのブログで熱く語られていますので、
そちらをご覧いただければと思います。(横着してすみません(^_^;))

  ↓

ササポンさんのブログ


最近、DVDにもなったみたいで、久々に観てみたくなりました。





音楽は、巨匠エンニオ・モリコーネ。
メイン・タイトルは、控えめなストリングスに始まり、モリコーネ作品でよく登場するピアノのリフが加わり、徐々にスケール感が増していく展開が素敵。
劇伴奏は物悲しい旋律のスコアや、抑制の効いたサスペンススコアが多く、
決して派手さはありませんが、
さすが巨匠、いつもながらの聴きごたえあるスコアに感心します。
モリコーネのスコアって、その数たるや相当なものがありますが、
何となく似たようなスコアはあっても、
決して過去作の使い回しになっていないところがスゴい。
本作に関して、ちょっと残念なのはイタリアで発売されたCDの音質が極めて悪いこと。
これがもっとクリアな音だったらなあ。
ほとんどブートレッグ並みです。(実際のところ、ブートみたいなもんかも知れません)
CDはMASKレーベルという怪しげなところから、ライアン・オニール主演の「恋のジーンズ大作戦」とのカップリングという形で発売されていました。
今から13年前のディスクですが、中古が割と安価で入手できるのではないでしょうか。

・・・・と思ってたら、5年前にFSMから3000枚限定でCDが出てた。
おっさんとしたことが、不覚にもこれはスルーしてたなあ。
音質は改善されてるんだろうなあ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


White Dog/Soundtrack

¥2,904
Amazon.co.jp

White Dog/So Fine by PID 【並行輸入品】/Ennio Morricone

¥価格不明
Amazon.co.jp

ホワイト・ドッグ~魔犬 [DVD]/クリスティ・マクニコル,ポール・ウィンフィールド,バール・アイヴス

¥1,543
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
{654B2923-0309-4662-979F-3B15CFA2E853:01}


なんてこった。ジェームズ・ホーナー 享年61歳。
飛行機事故で亡くなったそうです。
お気に入りな作曲家の一人でした。
初期の自作の使い回しやクラシックからのパクリが懐かしい。こういうお茶目なことするB級テイストなところが好きだったなあ。
傑作は数あれど、個人的に思い入れが激しいのは誰が何と言おうと「宇宙の7人」。
劇場で観た時のテーマ曲の大迫力とLPで聞いた時のしょぼさのギャップがたまりませんでした。
合掌(T . T)

いいね!した人  |  コメント(11)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇