サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:



SPECTRE
監督:サム・メンデス
音楽:トーマス・ニューマン
出演:ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デイ

ヴ・バウティスタ、アンドリュー・スコット、モニカ・ベルッチ、レイフ・ファインズ
2015年 イギリス/アメリカ映画


最近ちょっとバタバタして、更新できませんでした・・・・。


通算24作目となる007シリーズ最新作。
ダニエル・クレイグがボンドを演じるようになって4作目。
(彼がボンドを演じるのって、これが最後?)
今回は「スカイフォール」の続編のような体裁をしていて、さらにクレイグ版の4作がどこかでつながっているところがミソ。
まず、タイトルがいい。悪の組織の名前をそのまま冠したシンプルなタイトル、カッコいいなあ。
ストーリーは、メキシコの任務で派手な大立ち回りを演じたボンドは、Mから謹慎処分を言い渡されてしまいます。しかし、巨大な悪の組織の影を見たボンドは、Qたちの手助けで単身調査を進め、遂に組織を突き止めますが・・・・というお話。
ダニエル・クレイグ版になってから、かなりハードでストイックなイメージになったシリーズですが、
本作でちょっぴりかつてのボンドの雰囲気が戻った感じです(冒頭の建物崩壊シーンとか、ラストの大爆発シーンとか)。
B級バンザイのおっさんとしては、荒唐無稽な007も好きなので、
この手の演出は大歓迎です(笑)



音楽は、前作に引き続いてトーマス・ニューマンが担当。
最初はどうなることかと心配しましたが、線の細さも感じさせず決して悪くない。
冒頭のメキシコのシーンなどは、Tambuco Percussion Ensembleをフィーチャーしたエスニックなパーカッションにテーマがかぶるという粋なアレンジも。
やはりデヴィッド・アーノルドの頃と比べると、スコアもストイックな印象を受けます。
まあ、この辺はこの人の持ち味なんでしょう。
クールでハードな映像にはマッチしていました。
アクションスコアでも、どことなくクールなイメージ。
とはいえ、柔らかいイメージのトーマス・ニューマンの作品群の中では、1、2を争う怒涛のスコアです。
本編のエンディングには、ジェームズ・ボンドのテーマがたっぷり収録されています。
ただ、主題歌がなあ・・・・・・"Writing's On The Wall"。
前作に引き続いて、ガッカリな仕上がり。
おっさんが最近のポップスに全く興味が無いせいもあるのでしょうが、
これは苦手だなあ。
サム・スミス、この人のオリジナル・アルバムは全く聴いたことがありません。
サントラに主題歌が収録されなくても、全然残念じゃない。
印象薄う~。
メロが弱いというか、本編観終わった直後なのに主題歌を思い出せない。
残念。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Spectre 007/Thomas Newman

¥2,649
Amazon.co.jp

Writing’s on the.. -2tr-/Sam Smith

¥588
Amazon.co.jp

007 スペクター 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]/ダニエル・クレイグ,クリストフ・ヴァルツ,レア・セドゥ

¥4,309
Amazon.co.jp

007 スペクター [DVD]/ダニエル・クレイグ,クリストフ・ヴァルツ,レア・セドゥ

¥3,590
Amazon.co.jp

AD
いいね!(15)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



DAWN OF THE PLANET OF THE APES
監督:マット・リーヴス
音楽:マイケル・ジアッキーノ
出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マクフィー
2014年 アメリカ映画



SF映画としては、古典的名作シリーズとして知られる「猿の惑星」の2回目のリブート第2作目。
オリジナルは、禁じ手スレスレのタイムスリップまで持ち込んで力技で5作目まで作っちゃってましたが、
今回のシリーズは、いわば「新・猿の惑星」の終盤から「猿の惑星/征服」という流れの現代劇という感じ。
ストーリーは、高度な知能を持った猿シーザーをリーダーに、猿が人類に反乱を起こしてから10年後、
猿は独自の文明を構築して生活をはじていめます。
一方で人類は、猿インフルエンザの発生からパンデミックに陥り、存亡の危機に瀕しています。
ある時、猿が暮らす森に入り込んだ人が巡回中の猿に怪我を負わせるという事件が発生、
生き残った人類と猿との間で一触即発の状態が発生する・・・・というお話。
シーザーは、前作に引き続いてアンディ・サーキスが演じています。
でも、前作のジェームズ・フランコはビデオ映像のみで出てきません。
SFというより、異文明間の争いを描いた現代劇のような雰囲気ですが、
前作同様かなり見応えがあります。
3作目となる続編は、完成が延びて来年の夏になるとか。
3部作で完結かな?



音楽は、マイケル・ジアッキーノ。
彼らしい正攻法の風格のあるスコア。
そして、クソ真面目(失礼)な作風も彼ならではのもの。
前作のパトリック・ドイルのスコアは、どんなのだったかちょっと忘れちゃった。
こっちはまだレビューしてないので、また次の機会に・・・・。
前回のリブート作では、ダニー・エルフマンのドコドコスコアの迫力が素敵でしたが、
本作はエルフマンのアプローチとは違って、ドコドコ色は希薄。
スコアの中には、「クローバーフィールド」を彷彿とさせるトラックもあります。
ラストは、かなり重厚なスコアで幕を閉じ、さすがRC系とは違うなあと貫録を感じます。
しかし、最近はこういうスコアを書く人が少なくなったのは淋しいなあ。
もうちょっと贅沢を言うなら、この人、もっと70年代風な下世話な感じが出てくると
おっさんのツボにがっしりハマるんだけどなあ。
(裏を返せば時代錯誤なスコアということにもなるんですが・・・(^_^;))
おっと、スコアの他に、劇中THE BANDの"THE WEIGHT"も流れます。
この曲も好き。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Ost: Dawn of the Planet of the/Original Soundtrack

¥971
Amazon.co.jp

猿の惑星:新世紀(ライジング) [Blu-ray]/アンディ・サーキス,ジェイソン・クラーク,ゲイリー・オールドマン

¥2,057
Amazon.co.jp

猿の惑星:新世紀(ライジング) [DVD]/アンディ・サーキス,ジェイソン・クラーク,ゲイリー・オールドマン

¥1,533
Amazon.co.jp


Music From Big Pink/The Band

¥792
Amazon.co.jp

AD
いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



LA MIGLIORE OFFERTA
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン、ダーモット・クロウリー
2013年 イタリア映画

イタリア映画でありながらパチモンではない、名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督によるドラマ。
ストーリーは一流の鑑定士兼オークショニアでありながら、
裏では価値ある作品を贋作と偽って価格を低く設定した上で
仲間を使ってお目当ての作品を安値で競り落とさせ自分のコレクションにしている、ちょっとズルいじいさんが、ある女性から電話で古い邸宅丸ごと一軒分の鑑定を依頼されます。
しかし、この女性、電話で話しをするだけで、一向に契約の場に姿を現しません。
そして、ある時、この女性はあることをきっかけに屋敷内の隠し部屋に閉じこもり、他者との接触を絶ち一歩も外に出ない生活を送っていることを知り・・というお話。
ネタバレになるので詳しくは言いませんが、
何とも言えない余韻を残す作品ではあります。
う~ん、いろいろ考えてしまうなあ。
しかし、2回目観ると作品の印象が変わってくる不思議な映画でもあります。


音楽は、巨匠エンニオ・モリコーネ。
フィーチャーされているのはチェロかなあ、とても上品なスコアで映画の幕が上がります。
全体的に抑制の効いたストリングスをメインにした格調高いスコアです。
劇伴では、主人公が自慢の女性の肖像画コレクションに囲まれご満悦なシーンのスコアがちょっと気になりました。
女性コーラスにちょっと違和感を感じてしまします。エッダじゃないんだなあ、なんか寂しい感じもします。
後半は、めくるめくクラシック調のサスペンススコアになります。これまた良い。
驚きのラストはしんみりとした感じに終わります。
さすが巨匠、名匠ジュゼッペ・トルナトーレとの相性も抜群で、安定したお仕事。
恐れ入りました。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



La Migliore offerta (The Best Offer)/Ennio Morricone

¥2,538
Amazon.co.jp

鑑定士と顔のない依頼人 スペシャル・プライス [DVD]/ジェフリー・ラッシュ,ジム・スタージェス,シルヴィア・ホークス

¥1,296
Amazon.co.jp

鑑定士と顔のない依頼人 スペシャル・プライス [Blu-ray]/ジェフリー・ラッシュ,ジム・スタージェス,シルヴィア・ホークス

¥1,944
Amazon.co.jp

AD
いいね!(12)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



THE MONUMENTS MEN
監督:ジョージ・クルーニー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダン、ボブ・バラバン、ヒュー・ボネヴィル、ケイト・ブランシェット
2013年 アメリカ映画


散々公開が延期され、日本では1年以上経過してからやっと公開された戦争映画。
ロバート・M・エドゼルのベストセラー「ナチ略奪美術品を救え」を元にした実話の映画化。
ジョージ・クルーニーが監督、脚本、主演の3役をこなしています。
そのせいか、最近では珍しい勧善懲悪型の痛快娯楽戦争映画に仕上がっています。
変なヒューマニズムや悲壮感は最小限に抑えられています。
B級大好きのおっさんとしては、どうせ映画なんだから娯楽に徹しなきゃという思いがあるのですが、
この作品は久々に余計なことを考えずに楽しむことができる戦争映画でした。
ストーリーは、第二次世界大戦末期のヨーロッパを舞台に、モニュメンツ・メンと呼ばれる歴史的建造物などを戦いから守る部隊が、ナチスに奪われた数々の歴史的名画や彫刻を奪還しようと最前線に乗り込んでいく・・・というお話。
この部隊、美術品に関する知識は天下一品なのに、戦闘経験はほとんどない素人集団というところがミソ。
実際にこの部隊はナチスが強奪した多くの美術品を取り戻したそうです。
モニュメンツ・メンを構成するキャストもなかなか豪華で素晴らしい。
ナチス側の役者に有名どころがいないのも、いかにも60年代、70年代のアメリカ製戦争映画っぽくていい。
時代考証もかなり頑張っていて、ちゃんとM4シャーマン戦車が出てきたり、
軍用車両や軍服もかなり凝っていたように思いました。




音楽は、アレクサンドル・デスプラ。
この人、以前はアンダースコア系の比較的地味なスコアを書く人という勝手なイメージがあったのですが、
そのうち、一連のウェス・アンダーソン作品などバラエティに富んだネアカなスコアが書ける人だということに気が付いた次第。
そして、本作・・・・。
久々の痛快戦争映画スコアの登場です。
映画自体の公開が遅れたこともあって、本編をブルーレイで観るまではスコアはノーマークだったのですが、
これがとても良かった。
テーマ曲もしっかりメロのある陽気なマーチ調で、
若干しっくりこない展開もありますが、久々の王道戦争映画スコアという感じです。
劇伴もヒロイックなファンファーレがあったり、雄大なスコアが並びます。
エンド・タイトルのミリタリー調のスネアも小気味よく、
今時珍しいオールドスタイルのスコアに、おっさん大満足です。
なお、本作はアレクサンドル・デスプラも出演しているというオマケつきです。
なんとマット・ディモンをパリに受け入れるレジスタン役だそうです。
ブルーレイで確認してみよっと。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Monuments Men/Alexandre Desplat

¥1,418
Amazon.co.jp

ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]/ジョージ・クルーニー,マット・デイモン,ビル・マーレイ

¥3,564
Amazon.co.jp

ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]/ジョージ・クルーニー,マット・デイモン,ビル・マーレイ

¥4,104
Amazon.co.jp

いいね!(16)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
somewhere



・・・・今日は、過去記事を思いつきでアップします。


SOMEWHERE IN TIME
監督:ヤノット・シュワルツ
音楽: ジョン・バリー
出演: クリストファー・リーヴ、ジェーン・シーモア、テレサ・ライト、スーザン・フレンチ、クリストファー・プラマー
1980年 アメリカ映画


公開時はお客の入りが悪く、すぐ公開終了してしまったのに、ビデオ化でジワジワと人気が出てきた作品です。
設定が地味だったせいか、食わず嫌いのファンが多かったのだと思います。
ロマンスと時空SFを絡めた作品ですが、古典的な香りもする上品な作品です。
その昔、ビデオ版を観たのですが、ソフトフォーカスがかかったような映像でこれまた幻想的な雰囲気を感じました。
若い劇作家がパーティで知り合った謎の老婦人に「帰ってきて」と言われ、金時計を渡されます。
その後、町で見かけた若い女性の肖像画に心奪われますが、この女性こそ先の老婦人の若き日の姿だったと知り、募る彼女への想いに苦しみ、そして遂には時空を超えて彼女に出会う・・・・というストーリー。
これだけ書くとかなり荒唐無稽な設定に思えますが、上品な語り口のため上手い具合に納得させられてしまいます。
かなり幻想的な作品で、「ジョーズ2」のヤノット・シュワルツ監督の諸作の中でも屈指の出来だと思います。
昨年、心臓発作で急逝したクリストファー・リーヴの確かな演技が光ります。
クリストファー・リーヴといえば、「スーパーマン」シリーズで一躍有名になったものの、
95年に落馬事故で半身不随となり、それでも役者として頑張る姿には頭が下がる思いでした。




音楽は巨匠ジョン・バリー。
ジョン・バリーと言えば「007」シリーズが有名ですが、アクション・スコアだけでなく、実はラブ・ストーリーでも本領を発揮する人です。
いわゆる「バリー節」といわれる、独特のゆったりと流れるようなストリングスに甘く切ないメロディを乗せるという手法です。
ちょっとパターン化していて、どの曲も同じように聞こえるときもありますが、これもまた味わいの一つということで。
その甘いメロディ群のなかでも、本作は白眉の出来です。
本作をここまで美しくも悲しい作品に仕上げた要因の一つにバリーの音楽がある思います。
ロジャー・ウィリアムスのピアノがフィーチャーされていて、とろけるような美しい旋律を奏でます。
特にタイトル曲は、フルート、ストリングス、ピアノと続く甘く流れるような旋律が素晴らしい。
バリーの音楽の他に、ラフマニノフの「パガニーニの主題による変奏曲」が劇中で何度も流れます。
これもまた名曲です。




・・・・・と、ここまでが過去記事。
今では本編の人気もあって、サントラCDは比較的入手しやすく、
米Vareseレーベルからは、再録音盤まで出ています。
再録音盤の方は、10曲も増曲されており、演奏もオリジナルの雰囲気を上手く出していて、
録音の新しさから当然再録音盤の方が音質がクリアです。
こちらもなかなか捨てがたい。
ただ、ジャケットはやはりオリジナルに軍配が上がります。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Somewhere In Time: Original Motion Picture Soun.../John Barry

¥1,065
Amazon.co.jp

ある日どこかで オリジナル・サウンドトラック/サントラ

¥2,307
Amazon.co.jp

Somewhere In Time (1998 Re-recording)/John Barry

¥2,014
Amazon.co.jp

ある日どこかで [DVD]/クリストファー・リーブ,ジェーン・シーモア,クリストファー・ブラマー

¥1,543
Amazon.co.jp

Somewhere in Time [Blu-ray] [Import]/出演者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

いいね!(9)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。