サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。

NEW !
テーマ:

 

LA POLIZIA STA A GUARDARE
監督:ロベルト・インファセッリ    
音楽:ステルヴィオ・チプリアーニ    
出演:エンリコ・マリア・サレルノ、リー・J・コッブ、ジャン・ソレル、ルチアナ・パルッツィ、クラウディオ・ゴラ、ラウラ・ベッリ、ジャンニ・ボナグラ    
1975年 イタリア/フランス映画

 

 


パチモンポリス・アクションかと思っていたら、実は社会派作品(と言ってよいものか)だったという1本。
監督は、うちのブログではお馴染み(じゃないだろ)「特攻ファイター!МT要塞」の製作を担当したロベルト・インファセッリ。

ちなみに、この人が監督した作品で、日本公開されたものは無いようです。
本作も思いきり劇場未公開で、ビデオスルーしています。
ハリウッドで多くの作品に出演した性格俳優リー・J・コップが出ていますが、主役はエンリコ・マリア・サレルノ。
リー・J・コップ、パチモンでも脇役扱い。可哀そうだ。
ストーリーは、富豪の子供が次々と誘拐されますが、犯人は身代金を受け取ると子供を無傷で解放します。
子供が無事だと分かると途端に捜査を打ち切る警察の体制に疑問を抱いた新署長は、これではいかんと力説します。
そんなある日、署長の息子が誘拐され、身代金を要求されます。
怒り心頭の署長は身代金を払わず、息子を取り戻すため犯人を追う・・・というお話。
70年代のマカロニ警察ものですが、アクションは後半にまとめてあって前半退屈します。

 

 

 

音楽は、ステルヴィオ・チプリアーニ先生。
チェンバロを駆使したメイン・テーマが先生らしい仕上がり。
ただ、メロが無くてコード進行だけで出来ているような曲です。
チェンバロとブラスの掛け合いで曲が構成されているような感じ。
簡単に言うと「タリラリ、タリラリ・・・・」、「ブワァッ、ブワァッ・・・」にストリングスがかぶるというイメージです 笑。
劇伴も基本的にこのテーマのバリエーションと思っていただければ良いでしょう。
ただ、愛のテーマ扱いの曲は、さすが先生の十八番というところで、
モリコーネ風のイージーリスニングで軽やかな旋律を楽しむことができます。
サントラは、公開当時は本国でシングル盤が発売されただけだと思われます。
その後、ドイツのマニアックなレーベルChris' Soundtrack Cornerから、
マカロニ刑事もの3作品のカップリング盤が発売され、その中に本作から8曲が収録されました。
ちなみに、これらのナンバーは、Amazonのダウンロード版でも購入することができます。
良い時代になったもんだ。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

ROGUE ONE A STAR WARS STORY
監督:ギャレス・エドワーズ    
音楽:マイケル・ジアッキーノ    
出演:フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、マッツ・ミケルセン、アラン・テュディック、チアン・ウェン、リズ・アーメッド、フォレスト・ウィテカー、ジミー・スミッツ    
2016年 アメリカ映画

 

 

スター・ウォーズ「エピソード4」の直前10分前までを描くアナザー・ストーリーもの。
反乱軍はいかにしてデススターの設計図を手に入れたかを描いたお話で、
エピソード4の冒頭に流れる有名なオープニングロールのほんの4、5行を133分の物語に膨らませています。
懐かしの戦争映画で言うところのコマンド部隊モノという感じの作品です。
寄せ集め部隊が決死の行動で敵の弱点に関する機密情報を入手するという設定なので、
当然部隊の命運は推して知るべしという感じですが、意外に後味は悪くない。
「633爆撃隊」などの、かつての英国製戦争映画を思い出しました。
旧来からのファンへのサービスも抜かりがなく、あちこちで懐かしいモノが出てきます。
ストーリーは、かつて目の前で帝国軍に科学者である父を拉致され母を殺された娘が、
成長して父がデススターの設計に携わっていたことを知ります。
究極兵器デススターは完成を間近に控えており、反乱軍としてはなんとしても完成を阻止したいところですが、
手立てがありません。
そんな時、娘はホログラムで父のメッセージを見せられます。
父がデススター設計に携わったのは敵を欺くためであり、デススターにはある弱点があるというものでした。
これを見た彼女は、反乱軍の極秘部隊の一員となり、デススターの設計図を入手するという作戦に身を投じる・・・というお話。
スター・ウォーズ史上で最も激しいと思われる後半のバトルシーンは迫力満点です。
前半がストーリー中心の内容から一転して、後半はバトルシーンの応酬となります。
SFのフィールドで戦争映画を作ったという感じの意欲的な(笑)作品で、
ディスニーでなかったらもっと激しいものが出来ていたのではないかと、不謹慎ながらちょっと残念。

 

 

音楽は、マイケル・ジアッキーノ。
確か「ゴジラ」に続いてアレクサンドル・デスプラが担当する予定だったそうですが、
マイケル・ジアッキーノに交代しちゃったそうです。
途中交代とはいえ、短い期間でこれだけのものを作っちゃうマイケル・ジアッキーノはスゴい。
ジョン・ウィリアムズの作風を上手に生かして、ブラスの高らかな3連符のフレーズやら、
本家の劇伴に出てきそうなフレーズが随所に出てきます。
当然、本家のモチーフも所々で顔を出すので、シリーズとの統一感もバッチリです。
本作のために作曲されたモチーフも、それぞれ印象的なメロを持っています。
コマンドものなのでヒロインのモチーフも悲劇的なメロなのがちょっと残念ですが、
それでもバトルシーンのスコアは、スター・ウォーズの伝統を継承するような作りになっています。
このあたりはさすがです。
ジアッキーノのスコアの中では、往年の「メダル・オブ・オナー」あたりを彷彿とさせます。
とても聴きごたえのあるスコアですが、一つ残念なのがエンド・クレジットが収録されなかったこと。
ジョン・ウィリアムズの有名なエンド・タイトルをベースにして、
自身の劇伴を織り交ぜていくという形の力作で、
「スター・ウォーズ」のテーマが思い切り鳴り響くスコアなだけに、とても残念です。
収録時間の関係だったのかもしれませんが、将来2枚組などで是非とも出してもらいたい曲です。

 

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

監督:ガブリエーレ・マイネッティ    
音楽:ガブリエーレ・マイネッティ、ミケーレ・ブラガ
出演:クラウディオ・サンタマリア、ルカ・マリネッリ、イレニア・パストレッリ、ステファノ・アンブロジ   

2015年 イタリア映画

 

 

今日は、パチモン王国イタリアの新作映画という変化球。
日本では、去年のイタリア映画祭2016で上映されたそうで、一般公開は今年5月頃だそうです。
監督のガブリエーレ・マイネッティが製作も音楽も手掛けるというところから、なにやら地雷臭を感じますが、
本国イタリアでは、イタリア・アカデミー賞16部門ノミネートで、うち7部門受賞したという力作だとか。
予告編を観るに、宣伝文句は
「犯罪と汚職がはびこるローマの下町で、アニメヒーロー『鋼鉄ジーグ』に憧れる女性の為、
正義の戦いに立ち上がる男の純情が美しい ガンバレ、君は鋼鉄ジーグだ!!」
ということになってます。
女性が「鋼鉄ジーグ」に憧れるかぁ? なんで鋼鉄ジーグなんだ??
鋼鉄ジーグといえば、子供の頃に観た永井豪原作のロボットアニメだけど、
なんでイタリアで「鋼鉄ジーグ」? と疑問は深まるばかり。
調べてみると、どうやらイタリアでも「鋼鉄ジーグ」は放送されていたようで、
監督はこの作品の熱狂的なファンなのだそうです。
主人公のおっさんは、ある日突然、超人的なパワーを得て、
それを使って悪と対峙する・・・・という、要はダークヒーローもののようです。
イタリア版マーベルヒーローものという感じなのかなあ。
ってことは、パチモンじゃん 笑。

 

 

 

音楽は、監督のガブリエーレ・マイネッティとミケーレ・ブラガ。
サントラは、イタリア本国でCDが発売されていますが、Amazonでもダウンロード版を購入することができます。
最近のサスペンスアクション風のスコアで、パルス風のデジタル音がリズムを刻むハリウッド映画でもお馴染みパターン。
奇をてらうわけでもない、そつのないスコアです。
メインとなる楽器はピアノ。そこにモヤモヤのシンセ音やパルス音、ストリングスがかぶるといった感じです。
曲によっては、無音に近い空気のようなものもあります。
ダークヒーローものということなので、あんまりヒロイックな音は似合わないのかな。
アクションシーンに使われていると思われるスコアは、メロこそはっきりしませんがリズミカルなので、そこそこ盛り上がります。
スコアの中に、Hiroshi Shibaという日本人の名前のような曲がありますが、
鋼鉄ジーグの主人公「司馬宙」のことか?笑。
Supereroという曲は、曲の構成がなんとなくハンス・ジマーの「マン・オブ・スティール」を思わせます。
サントラのラストを飾るのは、むさくるしい感じのおっさんが歌う主題歌。
けだるい感じの枯れた味わいのあるロックで、華やかさはありません。
歌っているのは、なんと主人公を演じたクラウディオ・サンタマリアでした。
結構、自分たちで何でもやっちゃってる作品ですが、5月の公開が楽しみです。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

GLI  SPECIALISTI

監督:セルジオ・コルブッチ    
音楽:アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ    
出演:ジョニー・アリディ、ガストーネ・モスキン、フランソワーズ・ファビアン、マリオ・アドルフ、セルジュ・マルカン、シルヴィ・フェネック
1969年 イタリア/フランス/モナコ/西ドイツ映画    


今年1本目のマカロニ・ウェスタン。
セルジオ・コルブッチ監督が、フランスの人気歌手ジョニー・アリディを迎えて69年に発表した後期マカロニの1本。
もうこの頃は、日本でもマカロニは飽きられていたのか、本邦公開は1972年でした。
まあ、いつものようにどこかで聞いたようなストーリーではあるのですが、一応紹介すると、
ある日、ロングコートの男がぶらりと街へやって来ます。
この男、かつて銀行強盗の濡れ衣を着せられ殺された男の弟で、
真相究明と仇を討つため舞い戻ってきたことがわかります。
街の有力者たちは、兄をリンチの上縛り首にしたことへの復讐を恐れて、
保安官にこの男を街に入れないように申し入れます。
しかし、保安官の忠告も聞かず街に入ってきた男は、真相解明に乗り出し、
やがて意外な真実が明らかになっていく・・・・というお話。
マカロニというと、お○ぱいが出る作品は珍しいという印象があるのですが、
後期ともなるとコルブッチさんも大サービスで、無意味に2人もお○ぱいが出ます。
さすがマカロニという感じで編集が荒く、
序盤、クレジットが終わらないうちに音楽だけプッツンと終わったりします 笑。
クライマックスでライフルの乱れ撃ちで主人公が山賊を一網打尽にするシーンがありますが、
恐らく1発で4、5人倒さないと計算が合いません。それとも弾は散弾という設定か? 笑

 

 

 

 

音楽は、僕の苦手なアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ。
テーマ曲からして微妙な出来栄え。
普通のドラマのような曲調。緊張感のかけらもありません。
フルートがソロを取っちゃうという、マカロニにしては掟破りなパターン。
正直言ってメロもダサい 笑(ファンの方すみません。)。
劇伴ではそこそこマカロニ調の楽器が出てきて、派手なエフェクトのかかったギターが出てきたり、
ハーモニカのソロがあったりしますが、音色がマカロニしているだけで、メロがパッとしないので「燃え」ません。
中でも、この人の十八番であるオルガンがここでも出てきて、マカロニの雰囲気を宇宙の彼方にすっ飛ばします。
いきなりオルガンが「もわ~ん」と入ると、水戸黄門や大岡越前の劇伴を彷彿とさせてしまいます。
映画の公開当時、サントラは発売されず、80年代後半になって、フランスからコンピレーション盤LPが発売されました。この時は本作から5曲が収録されています。
その後、1995年に伊BEATレーベルから本作単独のサントラCDが発売されました。
Seqナンバー表記なので、眠っていた音源を引っ張り出してアルバム化したものと思われます。
素材が少なかったのか、収録時間は30分でおつりが来ます。

・・・・と、散々腐しておいてなんですが、アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ、苦手なくせに

つい聴いてしまう、不思議な魅力のある作曲家ではあります(#^^#)。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

THE BAD NEWS BEARS
監督:マイケル・リッチー    
音楽:ジェリー・フィールディング    
出演:ウォルター・マッソー、テイタム・オニール、ヴィク・モロー、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョイス・ヴァン・パタン、ベン・ピアッツァ、クリス・バーンズ、エリン・ブラント、ゲイリー・リー・キャヴァナロ    
1976年 アメリカ映画

 

 

珍しく本日2回目の更新です。

 

 

70年代スポーツ・コメディの傑作。
子供たちが主人公ですが、大人でも十分楽しめる内容になっています。
当時かなりヒットして、第3弾まで製作されて、TVシリーズにもなりました。
ウォルター・マッソーも顔負けなテイタム・オニールの好演が印象に残る作品です。
問題児ばかりの弱小チームに助っ人が表れて、チームが一丸となって成長していくという、
とってもベタなプロットなのですが、マイケル・リッチーの演出の上手さもあって退屈することなく鑑賞できます。
ストーリーは、元プロ野球選手で今は清掃の仕事をしている男に、弱小少年野球チームの監督のオファーが舞い込んできます。
メンバーは問題児ばかりですが、男は元恋人の娘にスポーツ万能の不良少年を加えてチームの立て直しを図り、
メンバーも次第に結束を強めていく中で、試合で段々と頭角を現していく・・・というお話。
てんでバラバラな問題児ばかりのチームが一つにまとまっていく過程や、共通の目標に向かって一丸となっていくところ、投手として抜群の才能を持った少女が途中で腕を故障し上り調子のチームがピンチに陥るところ等々、
ベタベタな設定がうまい具合に演出されています。

 

 


音楽は、ジェリー・フィールディング。
クラシックの「カルメン」をモチーフに持ってきたスコアが有名です。
スポーツ・コメディなので、いつものフィールディング節は極力抑えられています。
若干スネアドラムのパターンにフィールディングらしさを垣間見ることができますが、
パッと聴いただけでは、フィールディングとは分からない「楽しい」スコアになっています。
そもそもフィールディングは硬派なアクションを中心とした仕事が多いので、
こういう陽気なスコアは大変珍しく貴重だと思われます。
そんな楽しいスコアなのですが、これまでサントラは発売されませんでした。
しかし、この度シリーズ3作まとめて念願のCD化が実現しました。
1作目からちゃんとステレオ音源で、当時の蔵出し音源としてはクリアな音を楽しむことができます。(但し、各曲の長さが1分前後と短いので、1作目などは37曲も入って47分しかありません。!(^^)!)

イラストのジャケも当時のサントラの雰囲気が出ていてイイ感じ。
Quartetレーベルからの発売で、3枚組で限定1000枚のしばりがありますが、
これは持っていて損はないアルバムだと思います。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。