サウンドトラック秘宝館

最近買ったサントラ、持ってるサントラなど、スコア盤を中心に紹介するサントラレビューです。


テーマ:



JAWS: THE REVENGE
監督:ジョセフ・サージェント
音楽:マイケル・スモール
出演:マイケル・ケイン、ロレイン・ゲイリー、マリオ・ヴァン・ピーブルズ、ランス・ゲスト、カレン・ヤング、ジュディス・バーシ、リン・ウィットフィールド
1987年 アメリカ映画


3D以外はほぼカスだった「3」で絶対打ち止めだと思っていた「ジョーズ」シリーズに、まさかの続編が登場。
さすがに本作以降は新作が出ていませんので、これが最終作ということになるのでしょう。
今回は、サメに家族を殺された復讐を果たすため、今度は署長の奥さんがサメと対決するというお話。
ブロディ署長が殺され、さらに今回は息子も殺されちゃうから始末に終えない。
妻であり、母でありブロディ夫人は復讐の鬼となってジョーズをバハマまで追いかけるという執念の復讐劇。
エンディングは2種類存在するらしく、ジョーズがヨットの折れたマストに突き刺さって終わるパターンと、
突き刺さった後何故か爆発する(何で爆発するんだ?笑)パターンとがあるようです。
「サブウェイ・パニック」の名匠ジョセフ・サージェントも、この映画以後はテレビムービーばっかり手がけているってことは、
この映画がコケたせいかも。
でも、僕はそんなに悪い作品だとは思わないなあ。
(あ、マイケル・ケインが出てるから評価甘くしてるだろって?
バレたか(笑))
それに、イタリア製パチモン「ジョーズ」で耐性が出来ているので、
あれらに比べたらこっちの方が相当クオリティ高いです(笑)。





音楽は、「3」のアラン・パーカーからマイケル・スモールにバトンタッチ。
一応、シリーズのスコアに統一感を持たせるために(というよりあまりにメジャーなテーマなので使わないという選択肢は最初から無い?)、
ジョン・ウィリアムズのモチーフを使っています。
これに、マイケル・スモールのオリジナルの劇伴を加えたという内容。
この人、作品に恵まれないせいか、いま一つメジャーになり切れない人ですが、個人的には好きな作曲家の一人。
正直なところ、生真面目で地味なスコアが多い人ですが、
サスペンス描写などは、結構迫力があり、なかなかのものです。
正統派のフルオケ・スコアだけでなく、トロピカルなレゲエ+フュージョン調の劇伴といった異色の曲も入っています。
本作は、公開当時はサントラは発売されず、8曲入りのComposer promoがCDで出たのみでした。
まあ未来永劫サントラなんか出ないだろうなあと諦めていたところ、なんと先月、米Intradaからサントラが出てしまいました。
しかも51分も収録された豪華盤。
まさかこれが発売されるとは思わなかったなあ。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Jaws the Revenge/Intrada

¥4,772
Amazon.co.jp

ジョーズ 4/復讐編 [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥1,543
Amazon.co.jp

ジョーズ3 [DVD]/ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

¥1,008
Amazon.co.jp

ジョーズ 2 [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥1,543
Amazon.co.jp

ジョーズ [Blu-ray]/ジェネオン・ユニバーサル

¥2,037
Amazon.co.jp

ジョーズ [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥1,543
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

実は、今日でこのブログ開設から10周年になるんです。

長いようであっという間に10年も経ってしまいました。
仕事が忙しくなって記事がアップ出来なくなり、
何度かブログを辞めようかと思いましたが、
その度に読者のみなさんからは「ゆっくりでいいよ」とか「気長に更新待ってます」など、
たくさんの温かいお言葉をかけていただき、
週末限定のアップでなんとかここまでやって来れました。

気が付けば、これまで1567枚のサントラを紹介してました。
これも読者のみなさんのおかげです。
応援ありがとうございました。

これからも当分週末限定の更新になりそうですが、
今後ともよろしくお願いします

ということで、1568枚目がこれ。
10年目の今日もこのサントラのレビューを書いたのですが、
今日は追加ではなく最初から書き直してます。
僕のサントラ道のルーツ、そしてドラマーとしてのルーツがこれ。







THE OUTLAW JOSEY WALES
監督:クリント・イーストウッド
音楽:ジェリー・フィールディング
出演:クリント・イーストウッド、ジョン・ヴァーノン、ソンドラ・ロック、ビル・マッキーニー、チーフ・ダン・ジョージ、ポーラ・トルーマン、サム・ボトムズ、ジョン・デイヴィス・チャンドラー
1976年 アメリカ映画



今では「アメリカン・スナイパー」などの秀作を連発する巨匠となったクリント・イーストウッドが、70年代に監督・主演した異色ウェスタン。
ストーリーは、南北戦争を舞台に、北軍の愚連隊一味に妻子を殺された農夫が、
復讐のために銃を持ってゲリラに加わり、インディアン居住地などに身を隠しながら、
遂には復讐を果たす・・・というお話。
フィリップ・カウフマンの脚本も素晴らしく、西部劇というよりは行く先々で仲間を増やしていくロードムービー的な要素の強い作品。
イーストウッドのウェスタンはどれも好きなのですが、個人的にはこれがダントツ。
上映時間130分を超える作品なので、前半は中だるみする部分もありますが、
それを差し引いても後半の展開や、寡黙な男同士の抑制の効いたやり取りがイカす。
使ってるリボルバーも渋い。
西部劇というと開拓時代のコルト・フロンティアが有名ですが、本作ではちゃんとコルトネービー使ってるもんなあ。
そういえば、この映画のチラシには「アメリカ建国200年記念・・・」とかなんとか書いてあったなあ。



音楽は、ジェリー・フィールディング。
スネアを多用した独特のスタイルに、トラディショナルなフレーズを織り交ぜながら、独特のウェスタン・スコアを書きあげています。
数あるウェスタン・スコアの中でどれが一番好きかといえば、僕は間違いなく本作を挙げます。
キャッチーなのはスネアドラムが大活躍するメイン・タイトルとエンド・タイトルだけで、
その他のスコアはアンダースコア的な色彩が強いのですが、それでも本作は素晴らしい。
このサントラ、小学校6年生の時に初めてラジオで聴いたのですが、
それまで西部劇のサントラといえば「荒野の7人」とか「夕陽のガンマン」をイメージしていたので、
このスコアを聴いた時の衝撃は大きかった。
今思えば、フィールディングといえば、「ワイルド・バンチ」をはじめ、スネアのロールはトレードマークなのですが、当時はほんとに驚いた。
これ、戦争映画じゃないの?と思ったものです。
異色のウェスタン・スコアですが、スネアがすこぶるカッコいい。
僕はこれを聴いてドラムの虜になり、ドラマー(アマチュアです)としての道を歩み始めたのでした。
僕の場合、ロックに目覚める前にこれを聴いてしまったので、子供心に楽器=ドラムという選択肢しかなく、エレキギターを弾こうと思ったことは一度もありませんでした。(*^_^*)
このサントラ、意外にも未だにレギュラーでCD化されたことがありません。
かつて米SAEからファンクラブ仕様のリリースで、
57分強収録のフィルムバージョンのスコア盤CDが出たことがあるのですが、
LP音源はいまだCD化されたことが無いという状況です。
70年代未CD化サントラの中ではかなりの大物だと思うのですが、
是非是非CD化して欲しいものです。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



これは、LPのようです。
   ↓
  
The Outlaw Josey Wales/Jerry Fielding

¥価格不明
Amazon.co.jp



アウトロー [Blu-ray]/クリント・イーストウッド,チーフ・ダン・ジョージ,ソンドラ・ロック

¥2,571
Amazon.co.jp

アウトロー 特別版 [DVD]/クリント・イーストウッド,チーフ・ダン・ジョージ,ソンドラ・ロック

¥2,700
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:



RENE LA CANNE

監督:フランシス・ジロー
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:シルヴィア・クリステル、ジェラール・ドパルデュー、ミシェル・ピッコリ、ジャン・カルメ、リカルド・ガローネ、ジャック・ジョアノー、ステファノ・パトリッツィ、ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニ
1977年 フランス映画


シルヴィア・クリステル主演の艶笑ドタバタコメディ。
”艶笑”コメディというところがミソで、「エマニエル夫人」ばりの露出を期待するスケベなおっさんたちはご用心。
一応、ヌードシーンはありますが、一回くらいしか出てきません。
よこしまな考えは捨てて、思わせぶりな邦題にも騙されることなく、素直にコメディとして楽しみましょう。
ストーリーは、第二次世界大戦下のパリで、宝石泥棒のルネが逮捕されますが、精神異常を装って精神病院に入院させられます。
病院をまんまと脱走したルネは、警察官のマルカンにかくまってもらいますが、2人とも捕まってドイツに強制労働に出されます。
2人はそこでも脱走を図って、ルネの愛人を加わえた3人組みで泥棒稼業に励むことになる・・・・というお話。
古い作品なので、ギャグのツボが今の時代にマッチするかといえば、いささか疑問です。
今ではDVDも出ているようなので、興味のある方はどうぞ。
しかし、Amazonでこの映画のDVD検索すると、
「シルヴィア・クリステルのピンク泥棒 [DVD]をご覧になった人は、こんな商品もご覧になっています:」コーナーが全部「エマニエル」系になってる。
おっさんのやることはみんな同じかあ。目に浮かぶようです。
やれやれ。(*^_^*)



音楽は、エンニオ・モリコーネ。
コメディなので、師匠お得意のコミカルなスコアが全編に渡って展開する陽気なサウンドトラックになっています。
陽気でとぼけた雰囲気のテーマ曲がいかにもこの人らしい。
こういうミスター・ノーボディのような風合いの曲を書かせたらピカ一だなあ、この人。
イタリア人なのに、チャールストン?風のトラックがあるのが面白い。
でも、さすが巨匠、ちゃんとそれ風の曲調になっているところがスゴい。
これがグイド&マウリッツィオ兄弟になると、カントリー風の曲書いても、
バンジョー使ってるだけで、作りはユーロ・プログレ風だったりします。
2013年にMusic BoxレーベルからCDが発売されましたが、これが初CD化かと思ってましたが、
どうやら過去にイタリアで単体でCD化されたことがあるようです。
今回Music Boxレーベルから発売された500枚限定CDは、
本作と未公開作品”122 rue de Provence”がカップリングされて収録されています。
本作からはLPと同内容、増曲なしで約30分収録されています。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



シルヴィア・クリステルのピンク泥棒 [DVD]/ポニーキャニオン

¥4,104
Amazon.co.jp

エマニエル3部作セット 無修正版 [DVD]/シルヴィア・クリステル

¥10,800
Amazon.co.jp

エマニエル夫人 [DVD]/シルヴィア・クリステル,アラン・キュニー,クリスティーヌ・ボワッソン

¥1,543
Amazon.co.jp

エマニエル夫人 40周年アニバーサリー・エディション [Blu-ray]/シルヴィア・クリステル,アラン・キュニー,クリスティーヌ・ボワッソン

¥2,376
Amazon.co.jp

続エマニエル夫人 [DVD]/シルヴィア・クリステル,ウンベルト・オルシーニ,カトリーヌ・リヴェ

¥1,543
Amazon.co.jp

続エマニエル夫人 [Blu-ray]/シルヴィア・クリステル,ウンベルト・オルシーニ,カトリーヌ・リヴェ

¥2,037
Amazon.co.jp

さよならエマニエル夫人 [DVD]/シルヴィア・クリステル,ウンベルト・オルシーニ,アレクサンドラ・スチュワルト

¥1,543
Amazon.co.jp

さよならエマニエル夫人 [Blu-ray]/シルヴィア・クリステル,ウンベルト・オルシーニ,アレクサンドラ・スチュワルト

¥2,037
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:




THE EXPENDABLES 3
監督:パトリック・ヒューズ
音楽:ブライアン・タイラー
出演:シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、
アントニオ・バンデラス、ジェット・リー、ウェズリー・スナイプス、ドルフ・ラングレン、ケルシー・グラマー、テリー・クルーズ、ランディ・クートゥア、ケラン・ラッツ、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、アーノルド・シュワルツェネッガー
2014年 アメリカ映画


スタローンが企画したおバカ・アクション・シリーズも、早いものでこれで第3弾になります。
かつての主役級アクション・スターを贅沢に起用し、毎回新しいゲストを向かえていますが、
今回は、遂にウェズリー・スナイプスとアントニオ・バンデラスをメンバーに向かえ、それに留まらずメル・ギブソンとハリソン・フォードまで呼んじゃってます。
キャストとアクションだけは超豪華なシリーズですが、
その分、ストーリーは、どうでもいい内容になっています。
今回は、死んだと思われていたかつてのエクスペンダブルズのメンバーにして宿敵のストーンバンクス(メル・ギブソン)が生きていて、こいつを戦犯で裁くために生け捕りにしろと指令が出て、スタローンが動き出す・・・というお話。
今回は、いつものメンバーに加えて若手が4人加わります。
クライマックスの廃墟での市街戦シーンは、戦車や装甲車まで加わり、もはや戦争映画です。
さらに、さながら老いたランボーとマッド・マックスの決闘という趣きのガチンコ・バトルも用意されています。
「4」もめでたく出来るようですし、どんどんこのバカ企画続けていってもらいたいと思います。
次は、是非スティーヴン・セガールに出て欲しいなあ。もういっぺん説得してくれ~。



音楽は、シリーズを通してブライアン・タイラーが担当。
一時のワンパターンを脱したのか、おっさんの耳が麻痺したのかは分かりませんが、最近そんなに嫌いでなくなった。
一応シリーズ通してのモチーフが生きているので、聴きなれたフレーズが出てくると、やっぱり嬉しい。
これが「アイアンマン」や「X-MEN」になると無いので残念なんだよなあ。
劇伴には、巨匠ゴールドスミスのアクション・スコアを思わせるフレーズも出てきて和ませてくれます。
映像に負けないスコアでなければならないためか、シリーズを通じてスコアはド派手。
さすがメタリカのTシャツ着てるだけあって、ロックなテイストのギターの入れ方は手馴れたもの。
ハードで燃えるスコアに仕上げています。
劇中、ニール・ヤングの「Old Man」を使うところはニクかった。ここまできたら、「4」もブライアン・タイラーでお願いします。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Expendables 3/Various Artists

¥2,176
Amazon.co.jp

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション Premium-Edition [Blu-ray]/シルベスター・スタローン,ジェイソン・ステイサム,アントニオ・バンデラス

¥7,344
Amazon.co.jp

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション [Blu-ray]/シルベスター・スタローン,ジェイソン・ステイサム,アントニオ・バンデラス

¥4,104
Amazon.co.jp

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション [DVD]/シルベスター・スタローン,ジェイソン・ステイサム,アントニオ・バンデラス

¥3,564
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:




THE HUNGER
監督:トニー・スコット
音楽:ミシェル・ルービニ、デニー・ジャガー
主演:カトリーヌ・ドヌーヴ、デヴィッド・ボウイ、スーザン・サランドン、クリフ・デ・ヤング、ダン・ヘダヤ、ウィレム・デフォー
1983年 イギリス映画


トニー・スコットの監督デビュー作にして、ボウイ&ドヌーヴ主演ということで後にカルト的な人気が出たバンパイア・ホラー。
公開当時は不評だったようですが、レンタルビデオが出始めた頃にビデオが出てて、結構高回転だったような気が・・・。
ドヌーヴとスーザン・サランドンのラヴ・シーンや、ディック・スミスの特殊メイクなど、そこそこ見所も用意されています。
ストーリーは、何世紀も不老不死のまま生き続ける吸血鬼のカップルが現代のニューヨークに現れますが、ある時、男吸血鬼の体に異変が現れ、次第に老化していっていることが分かります。
女吸血鬼は、伴侶の老化を食い止めようと、ある女医のもとを訪れますが・・・・というお話。
よくある吸血鬼もののセオリーには従わない、斬新でスタイリッシュな作風となっています。
全体的に青みがかった映像も美しかった。
なにより、ボウイとドヌーヴという年齢不詳コンビが吸血鬼という設定がハマりすぎでした。
舞台はニューヨークですが、ほとんどロンドンで撮影されたイギリス映画というのもミソ。


音楽は、ミシェル・ルービニとデニー・ジャガー。
シンセによる不思議なスコアで、どことなくタンジェリン・ドリームを彷彿とさせる部分もあります。
自己主張はありませんが、いかにもアナログな独特の浮遊感があるシンセサイザーがいい感じ。
エキゾチックなパーカスが入ったこれまたストレンジな風合いのアクション・トラックもあります。
叫び声を模した管楽器の独特の音やかきむしるような弦楽器の音が現代音楽風です。
中にはStefany Spruillという女性のソロ・・・ボイス?がなり声?をフィーチャーしたものも。
スコアの他にクラシックが多用されていて、ドラキュラものとしては異色のお上品な仕上がり。
シューベルトの「ホ短調三重奏曲作品100」がサントラの冒頭と最後に収録されている他、
バッハの無伴奏チェロ組曲第1番、無伴奏ヴァイオリン/パルティータ第3番といったクラシックの小品が入ってます。
なお、オープニングだったかな?本編ではバウハウスの「Bela Lugosi's Dead」が流れますが、
サントラには未収録。
てっきり入ってるもんだと思ってサントラ買って、すごくガッカリした当時が懐かしい。





ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


The Hunger: Original Motion Picture Soundtrack/Denny Jaeger

¥2,176
Amazon.co.jp

ハンガー [DVD]/カトリーヌ・ドヌーヴ,デヴィッド・ボウイ,スーザン・サランドン

¥4,093
Amazon.co.jp

1979-1983ベスト・オブ・バウハウス VOL.1 VOL.2(紙ジャケット仕様)/バウハウス

¥2,880
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇