サウンドトラック秘宝館

最近買ったサントラ、持ってるサントラなど、スコア盤を中心に紹介するサントラレビューです。


テーマ:


・・・本日は過去記事いじりです。


ROBOCOP
監督: ジョゼ・パヂーリャ
音楽: ペドロ・ブロンフマン
出演: ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、ジャッキー・アール・ヘイリー、マイケル・K・ウィリアムズ、ジェニファー・イーリー、ジェイ・バルシェル、サミュエル・L・ジャクソン
2014年 アメリカ映画


「ロボコップ」のリブート。
劇場公開は、3月だそうです。
今度のロボコップは、最初だけシルバーなのかな?
本編の途中から黒光りするタイプのやつに代わるようです(ほんとかな)。
オリジナルに比べて、かなりスタイリッシュになっていて、
ロボットというよりパワードスーツのようです。
動きもかなり俊敏で、オリジナルのようなガチャガチャとした動きではないようです。
トレイラーやクリップを観る限りでは、かなりスピード感が増したアクションになっていて、SFアクションとしては結構楽しめるんじゃないかと期待してます。
「エリート・スクワッド」の監督なので、特にガン・アクションのキレはすごいと思われます。
キャストも、脇役にマイケル・キートン、ゲイリー・オールドマン、サミュエル・L・ジャクソンジャッキー・アール・ヘイリーなどをもってきたりしちゃって豪華です。
主演のジョエル・キナマンは、「ダーケストアワー」とかTVの「THE KILLING」なんかに出てるらしいのですが、よく知らない。
スウェーデン出身の役者さんだそうです。



音楽は、てっきりペドロ・ブロンフマン単独だと思ってたら、
ギャビン・グリーナウェイのクレジットが・・・・。
結果は・・・・おっさんには非常に残念なスコアになってました。
ギャビン・グリーナウェイといえば、ハンス・ジマー作品で指揮をやってた人物。
作曲に直接関わっているかは不明ですが、かなりRC印の添加物が入った作品になってます。
オリジナルのテーマもちょっとだけ出てきますが、
「ジャジャジャジャ」スコアにポールデュリスのモチーフは合わんでしょう。
かなりカッコ悪く聴こえます。
これなら使わん方がよかったんじゃないかな。
もちろん、ペドロ・ブロンフマンらしさを感じさせるスコアもあるのですが、
それはドラマ部分のスコア。
アクション・スコアはよくあるRC系のスコアになっちゃってて、
没個性的なカラオケ・スコア(コードだけでメロディがないスコア)です。
聴いてるうちに何のスコアを聴いてるか分からなくなるタイプのやつ。
さらに悪いことに、音だけは激しいので聴いてるうちに耳が疲れてきます。
おじさんは、メタル系の激しいロック聴いても全然疲れないのに、
何故かRCのアクション・スコアはアルバム通して聴いてるうちに嫌になってきます。
これは、映像と合わせて聴いてみないとなんとも言えないなあ。
劇場で観て気に入ったらサントラ購入するという選択の方がいいかも。
少なくともサンプルを聴いた限りでは、買おうとは思わないなあ。
もっと個性的なスコアを期待したのですが・・・・・
期待が大きかっただけに、非常に残念な1枚。

でも、これ、あくまで個人的な感想なので、あまりアテにしないでください。
散々なことを書いてますが、今のスコアとしてはなかなかの出来だと思います。
若い世代の人たちには支持されるスコアかもしれません。








・・・・と、ここまでが過去記事。
ブルーレイで本編をやっと鑑賞。
観た印象は思ったほど悪くない。
パヂーリャ監督のガンアクションのキレはさすがだし、
オリジナルのようなキワモノシーンも無く(個人的にはキワモノシーン好きだったのですが)、
悪党も極悪非道という感じではないので、
お子様にも安心してオススメできるSFアクションになっています。
警察内部の腐敗を織り交ぜたりするところなどは、「エリート・スクワッド」色が・・・。
スコアも、ペドロ・ブロンフマンのカラーはほとんどありませんが、
コテコテのRCという感じでもなかったので、本編を併せて聴くとそんなに悪くない。
ただ驚いたのは、ジャッキー・アール・ヘイリーやロボットを相手に銃撃戦の訓練をするシーンで、「悪魔の呪文」が流れるところ。
オランダが生んだプログレッシヴ・ロック・バンド「フォーカス」のヒット・ナンバーなのですが、誰が選んだんだろ、この曲。
高校の頃、プログレも聴いてたので、個人的には「おおっ」という感じでしたが、
この曲、必ずしも万人受けする曲ではないので、意外でした。
インストパートはハードかつキャッチーなロックがカッコいい名曲なのですが、
タイス・ファン・レアのヨーデルで一気に好き嫌いが別れる迷曲に様変わりします。
彼の歌声「ヨイヨロ、ヨイヨロ・・・・ロンパッパ~♪」は、
さすがにプログレに免疫の無い人には受け入れがたいものがあると思われます。
(高校の頃、これを聴かせた友人のほとんどがゲラゲラ笑ってた。)
でも、勇気あるなあ、この曲セレクトするとは・・・・。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Robocop - O.S.T./Masterworks

¥1,297
Amazon.co.jp

ROBOCOP PLAY ARTS改-kai- ロボコップ3.0/スクウェア・エニックス

¥10,290
Amazon.co.jp

ROBOCOP PLAY ARTS改-kai- ロボコップ1.0/スクウェア・エニックス

¥10,290
Amazon.co.jp

ロボコップ (特別編) [DVD]/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

¥1,490
Amazon.co.jp

figma ロボコップ/Max Factory

¥3,500
Amazon.co.jp

Robocop [Italian Edition]/Mgm

¥価格不明
Amazon.co.jp

ロボコップ DVD コレクターズBOX/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

¥6,804
Amazon.co.jp

ロボコップ・ブルーレイ・トリロジーBOX [Blu-ray]/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

¥5,980
Amazon.co.jp

ロボコップ/ ED-209 10インチ アクションフィギュア with サウンド/ネカ

¥10,500
Amazon.co.jp

【完全盤】ロボコップ(Robocop)/Intrada /Rambling

¥3,623
Amazon.co.jp

Robocop-the Complete TV Series [DVD] [Import]/Pid

¥4,336
Amazon.co.jp

ムーヴィング・ウェイヴズ/フォーカス

¥価格不明
Amazon.co.jp

PR
いいね!した人  |  コメント(10)

テーマ:




END OF WATCH
監督:デヴィッド・エアー
音楽:デヴィッド・サーディ
出演:ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ、アナ・ケンドリック、ナタリー・マルティネス、アメリカ・フェレーラ、フランク・グリロ、デヴィッド・ハーバー、ハイメ・フィッツシモンズ
2012年 アメリカ映画


戦争映画「フューリー」の11月公開が待ち遠しいデヴィッド・エアー監督の2012年製作のポリス・アクション。
ホラー映画でお馴染みPOVの手法を、アクション映画に持ち込んだハイテンションな映像にグイグイと引き込まれる逸品。
アメリカで最も危険な地区といわれるL.A.のサウスセントラルを舞台に、パトロール勤務の制服警察官の日常を描いています。
なんで警官がビデオカメラ持ってあるいているかというと、主人公の1人が大学か何かの課題で映像製作するためという設定にしてあります。これに加えて、パトカーの車載カメラの映像なども織り交ぜて、さながら観ている観客も現場にいるような緊張感を生み出しています。
ただ、ファウンド・フッテージものと違って、全編が手ブレカメラになっているわけではなく、
普通の映像もあり、ちゃんとスコアも入っているので、
この手の映画で酔って気分が悪くなってしまう方も大丈夫だと思います。
それにしても、POVでこういう使い方もありだなあと感心。
ストーリーは、メキシコ系と黒人のギャング団が対立するサウスセントラル地区を舞台に、
日々過酷な勤務に就いているパトロール担当の警察官2人が、
一般事件を取り扱ううちに、それがメキシコの麻薬カルテルに打撃を与える大きな事件に発展したことから、
カルテルから命を狙われることになる・・・というお話。
この映画、冒頭のパトカーの車載カメラを通して観せるカーチェイス・シーンから映像に引き込まれます。
この監督の最新作「フューリー」が益々楽しみになりました。




音楽は、デヴィッド・サーディ。
「ゾンビランド」や「ゴーストライダー2」など、作品数はまだまだ少ない人のようです。
というか、もともとこの人ミュージシャンでBarkmarketというバンドのギタリスト。
そのため、ロックなスコアが多いようです。
本作も、基本的にはバンド編成のスコアとなっています。
スコアの他に、いろんな既成曲が流れるのですが、
ラテン・ラスカルズ、ソルトン・ペパ、パブリック・エネミー、エル・マリアッチなどといったいかにも悪そうな曲(失礼)や、ゴールデン・イヤリングなんていうのに、
バンド形式のスコアは違和感なくマッチしています。
インスト・ロック系のスコアでギターがフィーチャーしてあるので、
スコアによってはモグワイを思わせる楽曲もあって、かなりおっさん好み。
サントラ盤は、幸いスコアを中心とした構成となっており、
歌モノは数曲に抑えてあります。
でも、全12曲収録で、最近のCDにしては収録曲が少ないのがちょっと残念。


font color="#FF0000">ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



End of Watch/Various Artists

¥1,995
Amazon.co.jp

エンド・オブ・ウォッチ スチールブック仕様 [4,000個 初回数量限定生産] [Blu-ray]/ジェイク・ギレンホール,マイケル・ペーニャ,アナ・ケンドリック

¥5,076
Amazon.co.jp

エンド・オブ・ウォッチ DVD/ジェイク・ギレンホール,マイケル・ペーニャ,アナ・ケンドリック

¥3,564
Amazon.co.jp

Gimmick/Barkmarket

¥1,779
Amazon.co.jp

L. Ron/Barkmarket

¥1,513
Amazon.co.jp

Vegas Throat/Barkmarket

¥1,513
Amazon.co.jp

Lard Room/Barkmarket

¥888
Amazon.co.jp

Lardroom/Barkmarket

¥1,111
Amazon.co.jp

Come on Die Young-Deluxe-/Mogwai

¥2,623
Amazon.co.jp

Rave Tapes/Mogwai

¥2,443
Amazon.co.jp

Les Revenants Soundtrack/Mogwai

¥2,782
Amazon.co.jp

Mogwai/Mogwai

¥888
Amazon.co.jp

Hardcore Will Never Die But You Will/Mogwai

¥1,556
Amazon.co.jp

モグワイ・ヤング・チーム(デラックス・エディション)/モグワイ

¥2,037
Amazon.co.jp

Mr. Beast/Mogwai

¥2,096
Amazon.co.jp

ザ・ホーク・イズ・ハウリング(DVD付)/モグワイ

¥3,065
Amazon.co.jp

PR
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:



MALOMBRA
監督:ブルーノ・ガブッロ
音楽:グイド&マウリッツイオ・デ・アンジェリス、ミシェル・ザノーニ
出演:パオラ・セナトーレ、ジョン・マイルズ、モーリス・ポリ、アリス・アダムス
1983年 イタリア映画


ブルーノ・ガブッロというヘンテコな名前の監督によるイタリアン・ソフト・コアもの。
削除されるとイヤなので、あんまり過激なことは書きませんが、
お○ぱいはふんだんに出てきます。
特に劇中、メイドさんが必要以上に何回も脱衣しちゃいます。
ストーリーは、これまた詳しく書くと削除されそうなので、自主規制バージョンで書くと、
妻を亡くした男が屋敷でメイドと妻の妹と同居しているのですが、
男は亡き妻にそっくりな義妹が部屋で自分で○○しているところを壁に穴をあけて覗くのが趣味のヘンタイ。
そこへ大学教授がやってくるのですが、メイドさんが大学教授を気に入って、何度も誘惑するのですが、
教授さんは男の義妹がお気に入り・・・・みたいな人間模様が描かれるのですが、話としてはつまんない。
お○ぱい目当てで、おっさんが観る映画です。



音楽は、パチモン界のピンカラ兄弟こと(違うか)グイド&マウリッツィオ・デ・アンジェリス兄弟とミシェル・ザノーニ。
兄弟、こんなエ○映画まで担当するなんて、隅に置けないねえ、と感心するやら呆れるやら。
サントラ1曲目の"Oasi"は、なんとこの兄弟にしては、珍しくしとやかで美メロをたたえたフランシス・レイの作品かと聴き間違えるほど(ウソウソ)良質なイージー・リスニング調の曲。
兄弟、やればできるじゃん・・・と思ったら、他人の曲だった。
ミシェル・ザノーニの曲でした。
劇伴も頑張っていて、バロック調のキーボードをフィーチャーしたセンチメンタルな曲があって、
おおっ、これはモリコーネやチプリアーニに代表されるメロウなイタリアン・サウンドトラックを継承するイタリアならでは楽曲!・・・とおもったら、これもミシェル・ザノーニの曲だった・・。
調べたら、ザノーニがサントラの半分の曲を書いてることが判明。
兄弟は残り半分を担当していました。
もともとこの兄弟は、パチモン・アクションを得意としているので、こういうエロチックなドラマは苦手なのでは・・・、と思っていましたが、
意外にもザノーニのスコアを台無しにすることなく、似たような雰囲気の曲を提供していたのでちょっと安心。
全編に渡って優しくてイージーリスニングな雰囲気にあふれた隠れた名盤!!(なんちゃって)
でも、僕の中ではアンジェリス兄弟は常にカスでなければならないので、こういう変化球はちょっと不満だなあ。

で、今日は若き日の兄弟の写真をご紹介
        ↓





ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


兄弟の作品で一番まともなのがコレ
    ↓
アラン・ドロンのゾロ Zorro/Maurizio De Angelis

¥3,460
Amazon.co.jp

PR
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:




VENDETTA DAL FUTURO
監督:マーティン・ドルマン
音楽:クラウディオ・シモネッティ
出演:ダニエル・グリーン、ジャネット・アグレン、ジョン・サクソン、クラウディオ・カッシネリ、ジョージ・イーストマン、ロバート・ベン、パット・モンティ、ドナルド・オブライエン
1986年 イタリア映画


久々のパチモンです(そうでもないか)。
マーティン・ドルマンこと「ドクター・モリスの島フィッシュマン」のセルジオ・マルティーノ監督が手がけたパチモン・マカロニSFアクション。
ストーリーは、環境保護団体の指導者を暗殺するため、悪徳巨大企業から送り込まれたサイボーグが、自我に目覚めて暗殺せずに怪我だけ負わせて姿を消しますが、悪徳企業はサイボーグを抹殺するため、FBIは事件の真相を明らかにするため後を追う・・・みたいなお話。
「ターミネーター」のパチモンだと思って観ていると、途中からサイボーグが田舎町でまったり腕相撲に興じちゃって「オーバー・ザ・トップ」にみたいになって中だるみしちゃいます。
最期には追手が来て女サイボーグと戦ったりします(なんと「ターミネーター3」の先取りか!? なんちゃって)が、
なんだか盛り上がらず終わってしまいます。
女サイボーグがエアロビクスの格好して、腰回りに透明なビニールのスカートみたいなのを履いてますが、
あれは「ブレードランナー」のレプリカントのパチモンか。
追手の悪党がショットガンの先っぽに小型のミサイルのようなものを装着して撃ったりしますが、あんなもんホントにあるのかなあ。
「片腕サイボーグ」ってタイトルになってますが、実は体の大半がサイボーグです。
SFなので、セルジオ・ステバレッティの特殊メイクも控えめです。




音楽は、ゴブリンのクラウディオ・シモネッティ。
この人、単独でスコアを担当するとかなり手抜きをするようですが、
本作ではそこそこ頑張っています。
特に、メインとなるモチーフのメロは何ともいえない哀愁を帯びた美メロ。
これは、作り方によってはかなりの名曲になりそうだったのに、機材が足りなかったのか、予算が限られてたのか、C級SFスコアの域を脱していない。いやあ残念。
劇伴奏はシモネッティのキーボードと打ち込みによる宅録系スコア。
アクションシーンのシーケンサーは、「デルタ・フォース」を彷彿とさせる瞬間もあります。
しかし、随所に入る安いオケヒットは、何とも困ったもんです。
音がしょぼい上に入れるタイミングがダサダサなのが、
聴いてて恥ずかしい。
とはいえ、アルジェント作品意外のシモネッティものの中ではかなりまともな方といえます。
サントラは、アナログ盤のコンピレーション"Ritratto D'Autore"に5曲入ってたことがありますが、
CD化はされておらず、メディア化が期待されます。("FANTAFESTIVAL VOLUME 4"にテーマだけ入ってたかも)
C級カス映画ですが、ゴブリンファンにはわりと評判の良いスコアなので、CDになればそこそこ売れるんじゃないかなあ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


映画パンフレット 「片腕サイボーグ」 監督 /マーチン・ドールマン 出演 /ダニエル・グリーン.../アットワンダー

¥価格不明
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:



BILL & TED'S EXCELLENT ADVENTURE
監督:スティーヴン・ヘレク
音楽:デヴィッド・ニューマン
出演:キアヌ・リーヴス、アレックス・ウィンター、ジョージ・カーリン、テリー・カーリン、ダン・ショア、ロッド・ルーミス、トニー・ステッドマン、アル・レオン、バーニー・ケイシー、ジェーン・ウィードリン
1989年 アメリカ映画


若き日のキアヌ・リーヴスとアレックス・ウィンターがバカなロック大好き高校生演じた
おバカコメディの名作。
ストーリーは、毎日エレキギターかき鳴らして遊んでばっかりの2人の高校生が、
歴史の授業の単位を落としそうになって、さあ大変。困ってるところに、電話ボックスがタイムマシンになっちゃって、過去から未来までいろんなところに行って、歴史上の人物本人に会って話しをして、しまいには本人たちを現代に連れてきちゃう・・・・というとんでもないお話。
まあ、よくこんなストーリーで映画作ろうと考えたもんだと感心します。
でも、これくらい潔いほどバカな映画だと、逆に観ていて気持ちいい。
クライマックスの宿題発表会のシーンなどは、ある種のカタルシスさえ覚えてしまいます。
ただ、映画を芸術として真面目に鑑賞される方はご覧にならない方がよいと思います。
あくまで映画は娯楽だと思っておられる方(つまりB級、C級映画ファン)にオススメします。

歴史上の人物がいろいろ出てきますが、ジャンヌ・ダルクをあの80年代ガールズ・バンドG0-G0'Sのジェーン・ウィードリンがキュートに演じています。



音楽は、2作目「地獄旅行」と同じくデヴィッド・ニューマン。
「地獄旅行」のスコアが骨太な感じなのに比べて、こっちは高校生の学園コメディのような雰囲気もあるので、ライトなタッチでとても聴きやすい。
本編はバカなコメディですが、スコアの方はそんなに遊んでません。
だから聴いていて嫌味がない。
でも、はっきりしたモチーフの柱というものがなく、そこがちょっと残念。
サントラは、これまで歌モノだけを集めたコンピ盤が出ていました。
まあ、これはこれで意外に良くて、劇中最大の見せ場となる発表会シーンのバックに使われたBricklinの"Walk away"がなかなか良かった。
ただ、この歌モノ盤にはスコアが全く収録されていませんでした。
そして、ついに米Intradaレーベルからスコア盤が発売となりました。
29曲収録されて50分の内容で、1曲1曲がちょっと短め。
さらに、本編ではエクストリームのヌーノ・ペッテンコートのギターがフィーチャーされていましたが、スコアには未収録。
「地獄旅行」の時も、スティーヴ・ヴァイのギターは収録されてなかったんだよなあ。
まあそこは我慢しましょう。
スコア盤は、2作目の方が先に出ちゃった形になりますが、あっちの方は既に廃盤になってます。
ジャケは歌モノ盤のデザインをほぼそのまま踏襲。
違うのは、タイトル文字の位置ぐらいか。
購入されるときは注意しましょう。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



これは歌モノ盤です。
  ↓
Bill & Ted’s Excellent Adventure (1989 Film)/David Newman

¥1,992
Amazon.co.jp



ビルとテッドの大冒険 [DVD]/ハピネット・ピクチャーズ

¥2,880
Amazon.co.jp

ビルとテッドの地獄旅行 [DVD]/IMAGICA

¥2,880
Amazon.co.jp

Beauty & The Beat/Go-Go’s

¥1,992
Amazon.co.jp

Vacation/Go-Go’s

¥1,111
Amazon.co.jp

Greatest Hits/Go-Go’s

¥2,959
Amazon.co.jp

Fur/Jane Wiedlin

¥1,334
Amazon.co.jp

Tangled/Jane Wiedlin

¥1,556
Amazon.co.jp

Jane Wiedlin/Jane Wiedlin

¥2,149
Amazon.co.jp

Kissproof World/Jane Wiedlin

¥1,779
Amazon.co.jp

ベスト・オブ・ジェーン・ウィードリン/ジェーン・ウィードリン

¥2,621
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード