サウンドトラック秘宝館

最近買ったサントラ、持ってるサントラなど、スコア盤を中心に紹介するサントラレビューです。


テーマ:



FALLING IN LOVE
監督:ウール・グロスバード
音楽:デイヴ・グルーシン
出演:ロバート・デ・ニーロ、メリル・ストリープ、ハーヴェイ・カイテル、ダイアン・ウィースト、ジェーン・カツマレク、ジョージ・マーティン
1984年 アメリカ映画


やっと「まとも」な作品をご紹介しますが、うちのブログではイレギュラーな1本。
パチモン、ホラー、アクション、ウェスタン、SFが大半を占める当ブログにおいて
ひときわ異彩を放つ大人のロマンス。
デヴィッド・リーン監督作品「逢いびき」のリメイクだそうですが、オリジナルを観たことがないので
比較ができません。不勉強ですみません。
有名な作品なのでストーリーも割愛したいところですが、簡単に言うと「不倫」の映画です。
とはいえ、丁寧に作り込まれた作品なので大人の純愛映画と評されることもあります。
ご都合主義と評されることもある予定調和的な展開も、
万人受けしやすいから感情移入もしやすいというところではないでしょうか。
珍しく普通のおっさんを演じるロバート・デ・ニーロとメリル・ストリープの演技も素晴らしい。
いい映画には違いない。
しかし・・・・公開時のキャッチコピーがこれ。
「男は走り、女はためらう マンハッタン発、愛の終列車―」
およそ、うちのブログには不釣り合いな文章。
文字打っててこっちが恥ずかしくなっちゃった。
こういうロマンス系の映画って、やっぱり紹介するの苦手だなあ。


音楽は、デイヴ・グルーシン。
有名なMountain Danceがオープニングに流れる作品ですが、
この曲は本作のための描き下ろしではありません。
確か1980年頃の既成曲だったと思ったけど。
本作のために書き下ろされたメイン・タイトルは別にあったのですが、
本編では使用されず、Mountain Danceが使われちゃったようです。
でも、きっとMountain Danceっぽい曲を監督から所望されたのでしょう、
リズムパターンからピアノのリフレインからそっくりです。メロが違うだけ。
この未使用のメイン・タイトルはKritzerlandレーベルから出た1000枚限定盤で聴くことが出来ます。
メイン・タイトルだけすげ替えられちゃったわけですが、もともとMoutain Danceにそっくりなので、
劇伴に盛り込まれたモチーフもよく似た雰囲気で何ら違和感がありません。
映画公開時には、サントラは発売されなかったのですが、こうしてKritzerland盤を聴いてみると、
デイヴ・グルーシンのピアノを前面にフィーチャーした洒落たフュージョン・アルバムとして聴くことも出来ます。(ちょっと言い過ぎ?)
アンダースコアっぽいものがほとんど無いので余計にそう思うのかも知れませんが、とても聴きやすい。
捨て曲無しといっても過言ではありません。
1000枚限定がもったいない。
(なお、このサントラには「Mountain Dance」は入っていません。)


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Cinemagic/Dave Grusin

¥1,772
Amazon.co.jp

恋におちて [DVD]/ロバート・デ・ニーロ,メリル・ストリープ,ハーベイ・カイテル

¥1,543
Amazon.co.jp

マウンテン・ダンス/デイヴ・グルーシン

¥2,052
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:




今夜こそ、真っ当な映画を紹介しようとしてたのに、
こんなものが発売されることに・・・・。
今夜は過去のパチモン記事をいじります。


Killer Fish Agguato Sul Fondo
監督: アンソニー・M・ドーソン
音楽: グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス
出演: リー・メジャース、マーゴ・ヘミングウェイ、カレン・ブラック、ジェームズ・フランシスカス、マリサ・ベレンソン、ゲイリー・コリンズ、ロイ・ブロックスミス、フランク・ペシ
1979年 イタリア/ブラジル映画



僕のブログではかなり知名度の上がってきたマカロニ監督アントニオ・マリゲルティ(アンソニー・M・ドーソン)が手がけたピラニア・パニック映画。
キャストを見ると結構まっとうな映画に見えるので注意が必要です。
まあ邦題見たら誰でも「ヤバい」と思うでしょうが・・・・・。
明かに「ピラニア」の二匹目のドジョウを狙ったような作品ですが、
「ピラニア」自体が「ジョーズ」のヒットにあやかって作ったようなB級作品だったということを考えると、これはさらにその下を行くということが出来るでしょう。
ストーリーは、kazzpさんのブログに詳しいので、そちらを参考にしていただいて・・・・(豊富なスチールで映画の雰囲気がよく伝わります)。
まあ、とりあえずピラニアに人が食われるところがウリなんでしょうが、
何が柱なのかがよく分からないのが、この監督の作品の困ったところ。
宝石泥棒の内輪もめあり、ダム崩壊というスペクタクルシーあり、ピラニアの襲撃あり、なんかいろんな要素を片っ端から詰め込んだら面白くなるだろ~みたいな作りの映画です。
最後まで観ると実は本編全体を通じてピラニアなんて大してどうでも良かったんじゃないかという気になります。
また、ダム決壊のシーンはミニチュア然としているのが丸わかりで観ていて「いたたまれない」ものがあります。
でも、当の製作陣はきっと「パニック・スペクタクル大作が出来た!」とご満悦だったことでしょう。
まあ、そこがパチモンの醍醐味なんですが(*^_^*)

僕も、これまでの人生を振り返ってみるに、物心ついたころからパチモンにハマっていたような気がします。
子供の頃から、お菓子もプリッツは「グリコ」じゃなくて「カバヤ」が好き、「カルピス」より「森永コーラス」が好き、
ポテチも「カルビー」じゃなくて「コイケヤ」、サイダーも「ミツヤ」じゃなくて「サンガリア」、
まあ、うちの嫁もパチモンみたいなもんだし(^^;)



音楽は、これまたパチモンには欠かせないグイド&マウリッツィオ・デ・アンジェリス兄弟。
相変わらず、この手のアクション映画には脳天気なスコアを提供しちゃうご兄弟。
この人たち、プログレっぽいアプローチの曲を書かせるとすごく上手いし、ジャズっぽいスパイスの効いたスコアもなかなかの才能をみせるのですが、
カス映画にはカスなスコアしか付けないので困ったものです。
でも僕にしてみればそこがまたパチモンの匂いを増幅させる相乗効果を生んでいて「良い」のですが。
このころのアンジェリス兄弟は主題歌を提供することに凝っていたようで、
本作にもAmii Stewartによる主題歌「The Winner Takes All」が収録されています。
当時の流行りだった突拍子もないストリングスが恥ずかしいディスコ・アレンジの歌で、
ノリノリのテンポでAmii Stewartが熱唱しています。
なんかサビの部分がちょっとヒステリックに聞こえてしまうのが玉にキズですが、
そこそこポップで頑張っていると思います。
しかし、こんなパチモンでもかつてLPが出ていたというから驚きです。
誰も欲しいとは思わないだろうからプレミアの付きようもないのでしょうが、
ある意味これはトップレア・アイテムなのかなと思います(^^;)
CDなんか絶対出ないだろうなあ。



・・・と、ここまでが過去記事。
なんと、なんと、こんなサントラのCDなんて絶対発売されることはないと思ってましたが、
あろうことか、QuartetレーベルからCDが出てしまいました。
限定500枚ですが、余裕で当分残るだろうなあ。
でも、これは快挙です。
ありえないものがCDになっちゃって・・・・・。
すごい時代になったものです。
LPと同内容で増曲はありませんが、出たこと自体が奇跡です。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:



LA PUPA DEL GANGSTER
監督:ジョルジオ・カピターニ
音楽:ピエロ・ウミリアーニ
出演:ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、アルド・マッチョーネ、ピエール・ブリス、 ダリラ・ディ・ラッツァーロ、マリオ・マランツァーナ
1975年 イタリア映画

今夜はまともな映画を紹介しようと決めてたのに、
Kazzpさんが、こんな映画を紹介してるのを見つけてしまい、
仕方なくイタリア映画をご紹介(人のせいにしてる)。
ストーリーは、Kazzpさんの記事に詳しいので、そちらをご参照ください。
(と言って手抜きをしようとしている。)
        ↓
Kazzpさんの記事

間抜けなマフィアのボスとその情婦がドタバタするというだけのお話です。
ビッグ・ネームの競演なので、話題性は十分なのでしょうが、
監督が「ミラノお色気大混線」のジョルジオ・カピターニ(なんかカピカピみたいな名前だなあ)なので
そんなに面白くない。
キャッチコピーの”爆笑また爆笑”とか”ド肝抜くカー・チェイス”というのはウソです。
まあ、うちのブログの常連の皆さんはお分かりだと思いますが、しょせんイタリア映画ですからこんなもんです。
スターが2人競演しているからといって、油断してはいけません。
ワンコインDVDの位置付けで十分です。
2人の競演より「マッシュ・イタリアーノ全員集合」のアルド・マッチョーネが面白くておすすめ。。


音楽は、ピエロ・ウミリアーニ。
本編はスター競演のわりに大したことないのに比べて、スコアはそれなりに健闘しています。
テーマ曲は、シャバダバ系のスキャットが入った、どこからどう聴いてもウミリアーニにしか聴こえない曲です。
この曲結構好きなんだよなあ。
「ボルサリーノ」のパチモンのようなチャールストン風?なコミカルなスコアが出てきたり、
「ポワ、ポワ、ポワ~ン」という、昭和の時代のバラエティによく使われた
ラッパの間抜けな音も出てきます。
さらに、このチャールストン調のスコアに歌をつけた、劇中ソフィア・ローレンが歌う挿入歌もあります。
ただ、この映画、残念(でもないか)なことにサントラが出てない。
イタリアン・サウンドトラックのコンピレーション盤”Easy Tempo Vol.10”に辛うじてテーマ曲だけが収録されています。
フルスコアでサントラが出れば買うんだけどなあ。
陽気なスコアなので、CDにしても損はない作品だと思います。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Easy Tempo 10/Various Artists

¥2,048
Amazon.co.jp

ガンモール おかしなギャングと可愛い女 LBX-312 [DVD]/ソフィア・ローレン,マルチェロ・マストロヤンニ,アルド・マッチオーネ

¥514
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:




DEAD POETS SOCIETY
監督:ピーター・ウィアー
音楽:モーリス・ジャール
出演:ロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホーク、ロバート・ショーン・レナード、ジョシュ・チャールズ、ゲイル・ハンセン、ディラン・カスマン、アレロン・ルッジェロ、ジェームズ・ウォーターストン、ノーマン・ロイド、カートウッド・スミス、ララ・フリン・ボイル
1988年 アメリカ映画


たまには真面目な映画をご紹介(決して最近悩みがあるわけではありません)。

惜しくも他界したロビン・ウィリアムスが破天荒な英語教師を演じたヒューマン・ドラマ。
ストーリーは、名門進学校にやってきた新任の英語教師が、型破りな教育方針で、それまで勉強漬けだったエリート学生たちに様々な影響を与えていく・・・・というお話。
公開当時、この映画観てたら感動してただろうなあとつくづく思う作品。
あの頃は、ロックにどっぷりハマって、バンドばかりやって映画はほとんど観なかったからなあ。
おっさんになってから観ると、青臭さが感じられてそこまでの感動が得られないのが本当に残念。
「いまを生きる」ことの大切さ、教育とは何か、いろいろと考えさせられる映画です。
(でも、パチモン観すぎて単細胞になってしまった僕はあんまり深く考えない。)
いやあ、僕も高校の頃に、先生から
「大切なのは試験の点じゃなくて、自分で学び、自分で判断し、自分だけの答えを見つけることだ!」
って言われたかったなあ(^_^;)


音楽は、モーリス・ジャール。
僕の中では、どうもこの人は仰々しい作品をイメージしてしまいがちなのですが、
案外こういうヒューマンドラマも手掛けていたりします。
元来単細胞な僕は、ヒューマン・ドラマは苦手で普段あんまり観ないのですが、
たまに観るとこういう拾い物があります。
さすが巨匠、控えめですがちゃんとモチーフがあって、劇伴にきちんと生かされていて・・・
こういうスコアが最近少ないんだよなあ。
この頃、巨匠がお気に入りだったシンセが本作でも使われていますが、
使い方は決して前面に出ず、ストリングスの一つみたいな使われ方をしています。
ん? ほんとにシンセか? 実はオンド・マルトノだったりして。
バグパイプがフィーチャーされた感動的なスコアもあり、おっさん的にはかなりツボなスコアです。
この4曲に、ベートーヴェンの交響曲第9番第4楽章”合唱”の抜粋が2分弱収録されてます。
このスコア、実は英国アカデミー賞の作曲賞を受賞してます。
それなのに、サントラはカップリング盤しか発売されておらず、ジャールの曲はたった4曲です。
本編でスコアってそんなに無かったっけ。
そのカップリング盤も、発売年やレーベルによって変則的な内容となっています。
Varese盤は、本作と「刑事ジョン・ブック/目撃者」、「モスキート・コースト」、「危険な年」のカップリング。
Milan盤は、もともと本作と「危険な年」とのカップリングでしたが、1996年に再発された盤には、「刑事ジョン・ブック」から1曲(オーケストラ・バージョンなので再録音だと思われます)が追加収録されてました。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Dead Poets Society/Maurice Jarre

¥3,586
Amazon.co.jp

いまを生きる [DVD]/ロビン・ウィリアムズ,ロバート・ショーン・レナード,イーサン・ホーク

¥1,543
Amazon.co.jp

いまを生きる [Blu-ray]/ロビン・ウィリアムズ,ロバート・ショーン・レナード,イーサン・ホーク

¥2,571
Amazon.co.jp

アリストテレース 詩学・ホラーティウス 詩論 (ワイド版岩波文庫)/アリストテレース

¥1,512
Amazon.co.jp

ギリシア・ローマ名言集 (岩波文庫)/著者不明

¥605
Amazon.co.jp

ホラティウス全集/著者不明

¥16,200
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
{76C07813-D63E-40CE-AF01-B47C90FB1E64:01}


なんと ジョン・カーペンター翁のアルバムが発売されます。
タイトルからしてサントラ用音源のアウトテイク集か? あるいは
そんな風に思わせといて実は全部新録だったりして・・
このじいさん何するかわからないので・・
でも内容はかなり期待できそうです。
現在 アルバムからNightという曲とVortexという曲が視聴可能ですが、もろカーペンターのベンベン節が炸裂する アナログ感覚満載のシンセサイザーミュージックです。
アラフィフオヤジ必聴のアルバムとなっています。
これ恐らくサントラじゃないと思いますが、かなりオススメ。
発売は2月ですが今から楽しみです。










ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Lost Themes/Imports

¥2,345
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード