サウンドトラック秘宝館

最近買ったサントラ、持ってるサントラなど、スコア盤を中心に紹介するサントラレビューです。


テーマ:




JUST TELL ME YOU LOVE ME
監督:トニー・モルデンテ
音楽:ディック・ハリガン
主演:ロバート・ヘギス、リサ・ハートマン、デブラリー・スコット、アン・ロックハート、ロバート・コスタント、クリス・レモン
1980年 アメリカ映画

今日はちょっと手抜きモードで短めの記事。

珍しくコメディ仕立ての80年代青春映画をご紹介。
と言っても、うちのブログのことですから、本邦劇場未公開の変化球。
ハワイのマウイ島を舞台にした男女4人のラブ・ストーリーだそうです。
本編を観たこともないので、これ以上のことは分かりませんが、
本国でもそんなにヒットしなかったのでしょう。
じゃあ、なんでそんなもん紹介するんだ?!ということになるのですが、
アメリカのフォーク・デュオ、England Dan & John Ford Coleyの歌が大きくフィーチャーされているからなのでした。
England Dan & John Ford Coleyと言えば、サイモン&ガーファンクルのフォロワー的なフォーク・デュオが70年代にいろいろ結成されましたが、その中の1つとして活動してた人たちという認識。
実は、おっさん、普段はゴリゴリのメタルやインダストリアル、スカ、フランク・ザッパなどを聴いてますが、こういうフォーク、AOR系も実は大好物。
聴いてる音楽に全く統一感がありません。
これも音楽を聴き始めたルーツがサントラだからかも知れません(笑)。




音楽は、ディック・ハリガンが担当。
England Dan & John Ford Coleyのラスト・アルバム的な扱いになっているため、
彼らがスコアを担当したかのような誤解を招いているようですが、
スコアを担当したのはディック・ハリガンのようです。
ただ、サントラLPは彼らの歌がほとんどなので、サントラとしては
England Dan & John Ford Coleyの準アルバム的な存在と言ってもよいのでは?
主題歌の「just tell me you love me」は、さすがに美メロでオケまで入ってて素晴らしい。
サントラにはこの曲のインスト・バージョンも入っています。
残念ながら映画が全然ヒットせず、日本でも未公開に終わったことから、未だにCD化もされていませんが、主題歌は彼らのベストアルバム「Vol. 1-Essentials」で聴くことができます。
この主題歌、よく聴くと2人のうち片方しか歌っていない。
この後の解散を暗示しているかのようです(なんちゃって)。
他の収録曲では、「Part of Me Part of You」が「Very Best of England Dan & John ford coley」に入っています。
・・・・なんだか、よそ行きの記事になっちゃったなあ。
この手の記事は筆が進まないなあ(^_^;)



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Vol. 1-Essentials/England Dan

¥価格不明
Amazon.co.jp

ヴェリー・ベスト・オブ/イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー

¥1,851
Amazon.co.jp

The Atlantic/Big Tree Recordin/Dan England & J.F. Coley

¥3,586
Amazon.co.jp

Dr.ヘッケル&Mr.ジャイヴ/イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー

¥2,160
Amazon.co.jp

Some Things Don’t Come Easy/Dan England

¥2,531
Amazon.co.jp

Fables/England Dan & John Ford Coley

¥価格不明
Amazon.co.jp

Dowdy Ferry Road/Dan England

¥2,531
Amazon.co.jp

Nights Are Forever/Dan England

¥2,531
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



VAI GORILLA
監督:トニーノ・ヴァレリ
音楽:フランコ・ビクシオ、ファビオ・フリッツィ
主演:ファビオ・テスティ、レンゾ・パルマ、クラウディア・マルサーニ、サルベリオ・マルコニ
1976年 イタリア映画

今夜は連日の残業の疲れを癒すべく、ストレス解消にパチモン・アクションをご紹介。

ストーリーは、悪徳実業家の用心棒として雇われることとなった男が、その悪徳実業家を脅迫している謎の一味から自らも命を狙われるようになる・・・・というお話。
監督はエリオット・ラッキー、主演はフランク・テスティー・エスポジトなんてなってますが、ホントは監督はトニーノ・ヴァレリで主演はファビオ・テスティです。
Youtubeにも一部動画がアップされていますが、圧巻は走行中の列車と並走するパトカーとの間で繰り広げられる銃撃戦。
主人公がパトカーから他の乗客も乗ってる列車に向って、マシンガンを撃ちまくります。
こんなことしたら流れ弾で巻き添えになる乗客いっぱい出るだろ~、と思っていると、
やっぱり中で何人も死んでます。
さらに、通過駅のホームで列車待ちをしている人々にも容赦なくマシンガンの銃弾を浴びせる悪党も凄すぎ。無差別殺人にも程があります。
こんな映画ですが、かつてはレンタルビデオが出ていて、カス映画ご用達のフナイから発売されていました。
このフナイが付けた邦題がまたヒドい。
「殺戮スコープ/凄絶!!眼球貫通男」。これ見ると、スコープが眼球に突き刺さるのではないかと期待(笑)してしまうではないか。
さらに、トンデモビデオパッケージにはこんなキャッチコピーが・・・・「眼球に突き刺さるアクション巨編」だってさ。


音楽は、フランコ・ビクシオとファビオ・フリッツィ、ヴィンス・テンペラのトリオ。
ルチオ・フルチのマカロニ・ウェスタン「荒野の処刑」などでもスコアを担当しています。
ユーロ・プログレッシヴな香りのするシンセ・アクション・スコアや、アコギをフィーチャーしたフォークっぽいスコアを得意とする人たちです。
本作は70年代マカロニ・アクションということで、シンセをあしらったイージーリスニング・ミュージックが展開します。
お国柄か、ちゃっかりチプリアーニ系なサウンドになっちゃってます。
決して悪くはないのですが、これチプリアーニの曲って言われても、
ほとんどの人は気付かないだろうなあ。
サントラは、公開当時シングル盤が出たのみでしたが、
後に、ドイツのChris' Soundtrack Cornerというかなりマニアックなレーベル(自主?)から、サントラCDが発売されました。
なんと、i-Tunesでもシングル盤の音源2曲をダウンロードすることが出来ます。
興味のある方はどうぞ。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Ost: Vai Gorilla/Soundtrack Classics

¥4,460
Amazon.co.jp

Vai gorilla/Cinevox

¥価格不明
Amazon.co.jp

Vai Gorilla (Original Motion Picture Soundtrack)/Cinevox

¥価格不明
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



THE RAID 2: BERANDAL
監督:ギャレス・エヴァンス
音楽:ジョセフ・トラパニーズ。
出演:イコ・ウワイス、アリフィン・プトラ、ティオ・パクソデウー、アレックス・アッバド、松田龍平、遠藤憲一、北村一輝、ヤヤン・ルヒアン、オカ・アンタラ、ジュリー・エステル
2013年 インドネシア映画


インドネシア発の強烈なノンストップ・バイオレンス・アクションの続編。
前作も相当濃いアクション映画でしたが、今回はさらにパワーアップ。
前作でのマフィアとの壮絶な戦いを生き延びだ主人公の若手警官が、
今度はマフィアと通じる汚職警官の摘発のため潜入捜査を開始しますが、
そこで日本のヤクザも巻き込んだマフィア同士の抗争が勃発し、
渦中に巻き込まれていく・・・というお話。
この手のアクションは90分枠のものが多い中で、なんと146分も上映時間があります。
殺戮シーン、ファイトシーンがてんこ盛りなので鑑賞後はどっと疲れますが、
不思議と長さを感じさせません。
監督のギャレス・エヴァンス、なかなかの強者です。
オムニバス形式のPОVホラー「VHS ネクスト・レベル」の1エピソード「SAFE HEAVEN」も監督して

いるのですが、これもかなりパワフルで圧倒されました。
「Safe Heaven」で狂った教祖様を強烈に演じたEpy Kusnandarという役者さんが、
本作でも裏ビデオ製作スタジオのボス役で出てきて、早々に殺されます。
このおっさん、存在感すごいなあ。
この人。
 ↓



バイオレンスシーンが半端ないので、過激すぎる部分はカットして日本ではR15+で公開。
(後でR18+バージョンも限定公開されたようですが・・・)
ブルーレイはR18+バージョンのようです。


音楽は、ジョセフ・トラパニーズ。
前作は、「リンキン・パーク」のマイク・シノダとの共作ということになっていましたが、
今回は単独でスコアを担当しています。
今回は、アクションに合わせるように、正にリズム主体のスコア。
バキバキに硬派なテクノ・トラックを中心に構成されています。
一応、ピアノ・ソロ的な曲もあることはあるのですが、
あまりに激しいアクションのため、メロは必要ないと判断されたのかも知れません。
メロディなんてものはほとんどありません。
全体の印象は、クールなヒーリング・ミュージックというか、環境音楽といった方がしっくりくるかも知れません。
エンド・タイトルがノイズまみれのオリエンタル風トラックで、かなりカッコいい。
インダストリアル系のスコアなので、その手が好きな人にはお勧めのサントラ。
でも、そういうのが苦手な人は手を出さない方がいいかも。
かなりリスナーを選ぶ内容ですが、ちゃんとCDが出ています。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Raid 2: Original Motion Picture Soundtrack/Joseph Trapanese

¥1,663
Amazon.co.jp

ザ・レイド GOKUDO アンレイテッド [Blu-ray]/イコ・ウワイス,アリフィン・プトラ,松田龍平

¥5,076
Amazon.co.jp

ザ・レイド GOKUDO アンレイテッド [DVD]/イコ・ウワイス,アリフィン・プトラ,松田龍平

¥4,104
Amazon.co.jp

ザ・レイド Blu-ray/イコ・ウワイス,ヤヤン・ルヒアン,ジョー・タスリム

¥2,700
Amazon.co.jp

ザ・レイド [DVD]/イコ・ウワイス,ヤヤン・ルヒアン,ジョー・タスリム

¥1,944
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


「パチモンから一週間待たせといて、次はこれかい!」とお叱りを受けそうですが・・・。
「やっぱり、カスが好き!!」ということで
カスの匂いがプンプンの最近のアメリカ映画をご紹介。


ZOMBEAVERS
監督:ジョーダン・ルービン
音楽:アル・カプラン、ジョン・カプラン
出演:レイチェル・メルヴィン、コートニー・パーム、レクシー・アトキンズ、ハッチ・ダーノ、ジェイク・ウィアリー、ピーター・ギルロイ、レックス・リン
2014年 アメリカ映画

これ、絶対ビデオスルーだと思ってたのに、7月に日本でも劇場公開されるアニマル・ゾンビ・ホラー。
当然、未見なのですが「ゾンビーバー」って、あんた、タイトルがあまりに安直。
この一言でお分かりのとおり、ゾンビ化したビーバーたちが湖畔に遊びに来た若いカップルたちを襲うという身も蓋もない設定の映画です。
スコアもそうなのですが、アナログで80年代な風合いを目指しているような節があって、
予告編を観る限りでは、特殊メイクもCGではなくて、手作りのようです。
予告編から察するに、人間にも感染するのか?
しかし、サントラのジャケがスゴイ。
ポスターのデザインを流用したジャケなのですが、
ビーバーとビーバーショットのダブルミーニングになってるとこが素敵。
(分かる人には分かる表現で自主規制(笑))
個人的には、今年一番のヒットデザイン。



音楽は、アル・カプランとジョン・カプランの2人。
脚本も手掛けているということで、よく言えばコストパフォーマンスに優れた、
悪く言えばなんと安上がりなスコア。
しかし、これが案外おっさんにはしっくりと来る内容。
80年代B級ホラーのスコアを彷彿とさせる独特の臭いを持ったスコアです。
メイン・タイトルなんか、チューブラー・ベルズを原点とする例のオルゴール系チューン。
ジョン・カーペンター作品かと思わせる、チャーミングにも聴こえるけど底知れぬ恐怖を秘めたいい感じの曲になっています。
一応、悲しみをたたえたおセンチなトラックがあったり、低予算なりに頑張ったホラーアクション・スコアがあったり、死霊のはらわた調のサスペンスフルなストリングスがあったり、なかなか充実してます。
こいつら侮れん。
まさか、ソール・カプランの息子か?な~んてね。
エンディングには、Nick Amadoというおっさんをフィーチャーした
「ゾンビーバー~♪」という呑気なサビが人を小馬鹿にしたような主題歌も収録。
米La-La-Landレーベルからサントラが出るのも納得の仕上がり。
限定1000枚なので、興味のある方はお早目に(って、そんなに売れんか)。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





これはダウンロード
  ↓

Zombeavers (Original Motion Picture Soundtrack)/La-La Land Records

¥価格不明
Amazon.co.jp


海外では既にブルーレイが出てます
     ↓
Zombeavers/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp


ビーバーS/吉徳

¥1,620
Amazon.co.jp

ビーバーのコスプレ衣装ハロウィン・コスチューム 大人用 パーティー 結婚式二次会 演出

¥15,600
楽天

【コスプレ 人気 着ぐるみ】可愛い 水生 動物 ビーバー 本格的着ぐるみ ゼンタイ 全身タイツ...

¥31,860
楽天

隣の美人妻 堀口奈津美 スキモノ!開脚ビッチ妻 編/A-GRIO

¥価格不明
Amazon.co.jp


安心安全 SM グッズ SM拘束具 M字開脚 羽交開脚 拘束具 手枷 足枷 M字 KS11/kazenoko

¥4,980
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:




連休で余裕が出来るとすぐこういうものを紹介しようとする僕の悪い癖
今夜はパチモン・マカロニ・スパイ映画です

SUPERSEVEN CHIAMA CAIRO
監督:ウンベルト・レンツィ
音楽:アンジェロ・フランシスコ・ラヴァニーノ
主演:ロジャー・ブラウン、マッシモ・セラート、ロザルバ・ネリ
1965年 イタリア映画

この映画、もちろんテレビで観たことはないのですが、
ネットで調べると「女王陛下の極秘作戦」という身も蓋もないタイトルでテレビ放映されたようです。
海外では一応DVDが出ているので、視聴することは出来るのですが、一度観たきりで、字幕も無いのでストーリーがよく分かりませんでした。
とはいうものの、マカロニ・スパイ・アクションですから、話の筋は大してどうでもいいのです。
話の筋どころか、主役の男優もどうでも良かったのではないかと思わせるくらい、主演のロジャー・ブラウンは冴えんおっさんです。とても美女にモテモテの凄腕スパイには見えません。
ストーリーは・・・スーパーセブンと呼ばれる世界を股にかける英国諜報員が、行く先々で美女といちゃいちゃしながら、暗躍する悪の組織を壊滅させる・・・そんな感じのお話だったと思います。
放射性物質がらみだったかな。(よくあるベタな設定)
例によって小ネタしかないので、万年筆型の仕込み銃とか、髭剃り型の通信機などのショボイ小道具がドヤ顔で使われてた。
まあ、職人監督ウンベルト・レンツィが手がけているので、当たり障りのないところで上手にまとめてはありました。



音楽は、アンジェロ・フランシスコ・ラヴァニーノ。
オルガンと大袈裟なオケとハープがうねりまくる、
妙に仰々しくて、一体何の映画なのかさっぱり分からないメイン・タイトルがすごい。
一応、カイロも舞台の一つなのでエキゾチックな雰囲気を出したかったのかなあ。
この人、いつもオルガンを多用する人なんですが、どうもこのオルガンの音色が常にブキミな怪奇映画風で、アクションなのに古典ホラーでも観てるかのような感じです。
何でこんな音にしたんだろうなあ。正直、嫌な感じは否めません。
全体的にジャズをベースにしたスコアなんでしょうが、遊園地風の何の屈託も無いスコアあり、サスペンスフルっぽいアンダースコアありの内容です。
もともとサントラは出ていなかったのですが、なんと物好きにも程があるとしか言いようがない、去年伊BEATレーベルがCD化してしまいました。
でも、タイトル・トラックがすべて「Seq.○○」という表記なのが味気ないなあ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Superseven Chiama Cairo/Various Artists

¥4,739
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇