不信のとき

テーマ:

むかし(中高生のころ)は、ほぼ全部のドラマを見尽くしていたほどドラマ好きだったのに、


今のクール、見続けているドラマは 「不信のとき」(木曜夜10:00~)だけ。


松下由樹(愛人) VS 米倉涼子(正妻) の対決が見ものなのだけど、


でも、ゼッタイ! 原作のほうが面白い!!!




原作は 有吉佐和子さんの「不信のとき」

有吉 佐和子
不信のとき〈上〉

有吉佐和子さんといえば、「華岡青洲の妻」や「恍惚の人」などで有名。


ワタシはなぜか高校時代彼女の作品にハマッたことがあったのですが、


「不信のとき」を読んだのはわりと最近。


でも、時代の古さを感じさせず、どんどん読み進めたくなる躍動感は健在で、


久しぶりに有吉ワールドに引き込まれてしまいました。


一気に2日で読んでしまい、


「華岡青洲の妻」を一気読みした高校の図書室を思い出したワ(^^;





さて、


浮気相手と本妻、双方との間に子どもをもうけ、


満ち足りた二重生活を送る主人公(浅井義雄)に対して、


最後には女二人がどんでん返しを食らわせる、というあらすじだが、


人物像が、原作では本妻が40近く、愛人が30間近の若いホステス、


と設定されていたので、まずドラマを見て、そこがしっくりこない


本妻がドッシリした感じで、愛人がはかなげで控えめ、というイメージなんだよね。


ドラマを見ると、どう見ても 「松下由樹がドッシリだろー」 って印象むっ


原作では、愛人が常に控えめに浅井に接してきたからこそ、


最後のどんでん返しの衝撃も大きくてビックリ!


時代設定も、戦後という設定なので女性の奥ゆかしさがまだ残る。


女性が我慢に耐え忍んでいたからこそ、最後の反撃の驚きが増すんだと


思うんだけどねー。そしてそれが原作では醍醐味であると思ったのに。




まぁ、どんでん返しのカラクリなど、時代が変わって事情も大きく変わったから、


それに合わせようと思うといろいろ設定が難しかったんだろうけど・・・。


なんだか杉田かおるの役もよくわからないしなー。




とにかく、原作のほうが面白いコト間違いなし!!


ただ、それがどうアレンジされてドラマになるのか、


気になるので毎週見てしまうのでした~(^^ヾ




よかったら、原作にも手を伸ばしてみてください☆



AD

幻の・・・

テーマ:

昔はいわゆるキャリアウーマンに憧れてました。


20代後半まで結婚するチャンスもなく、一通り満足のいく仕事ができるようになったところだったので、

カレとお付き合いしていなければ、南米へ仕事をしに行くつもりでした。


でも、結局カレという大事なひとができたとき、


仕事は決断さえすれば一人でできることだし、どうしてもやりたかったら結婚してからでもできる、

でも結婚して家庭を築くことは一人ではできない


と思い、カレとの結婚を選びました。


理想の夫婦=両親のもと愛情タップリの家庭で育ち、幼いときにその母を亡くしたワタシは、「家族」 というものへの憧れも強かったんだなぁ~。



そんなワタシが手に取った本はコチラ・・・


日本経済新聞生活情報部
男にナイショの成功術―50人の「キャリアの軌跡」

国内外の企業で、女性であるからこそぶつかるいくつもの壁を乗り越えてキャリアを積んでいる方たちのお話デス。

もとは新聞のコラムなので、読みやすくまとまっているのも◎


ちょー有名大企業のCEOから自分で事業を立ち上げた起業家まで、結婚・出産・子育てや男性社会での荒波など苦労もたくさんあるだろうに、その生き生きしたようすがちょっぴりうらやましくも思えてくる。

もしかして結婚していなかったらワタシもこんなふうになってたのかも?と幻の自分の姿を思い浮かべる・・・。


でも、そんなことよりも、こうやって今までは女性には考えられなかったようなお仕事をしている方がたくさんいることを知り、すっごく元気が出た!


経歴を見るだけでも努力の軌跡がうかがえて面白いのだけど、さらにちょー大企業のエグゼクティブもだんなさまやお子さまとの食事の時間を大事にしていたり、そういう自分の世界とそう離れていない生活を想像すると一気に親近感がわく。

女性だから、結婚したから、こどもがいるから・・・。

もうそういう理由は言い訳にしかならない。

そんな仕事には不利とも思える足かせがありながらも、これだけやり遂げているひとがたくさんいるんだもの!!

自分で可能性を狭めないで、どんどんチャレンジするキモチは、何においても大事なものなのかも☆


ワタシも結婚したからできなかった~、なーんて自分以外のほかのことのせいにして後悔するようなことはしたくない。

(ワタシの場合、結婚したら仕事もないような田舎に引っ越すわけで、がんばりたくても選択肢自体限られているのだけどさ・・・)

でも、やりたいこと!がんばりたいこと!それは持ち続けたいなぁ~、と思いました。



仕事の目標がなくなってしまったとき

将来の自分と仕事の関係を考えるとき

結婚・出産などでキャリアをどうしようか悩んだとき・・・

この本を読むと、


よっしゃー!ワタシももうちょっと仕事がんばろーっと!!


と思えます

AD

LOHASな生活~

テーマ:

みなさま、LOHAS (ロハス)ってご存知ですか?

最近ちまたでもウワサになっているのでご存知と思いますが、

「Lifestyles of Health and Sustainability」

のことで、健康と地球環境のことを考えたライフスタイルのことだそうです。



これまでの数十年、産業・工業が大きく発展してきましたが、それにともなって地球の環境破壊も大きな問題に・・・。

だけど、一昔前の「エコ」って、ちょっとマニアックだったりすっごく頑張らなきゃいけなかったり、結局みんなでずっと続けられるものではなかったみたい。

そこで最近、「環境にやさしく、自分も楽しく、いつまでも続けられる方法で・・・」 という 「LOHAS思想」 が生まれたのだそう。

何が何でもエコ!という、頑張りすぎていつかひづみが出る方法ではなく、ちょっぴり環境と自然を意識した生活に、という考え方はワタシも賛成☆

環境を考えた製品を使ったり、添加物のない有機野菜を食べたり・・・そんなこともLOHASなのです。



ワタシ自身、東京で一人暮らしをしている現在は、あんまりエコを考えられてないかも・・・(^^ヾ

ゴミを増やさないようにしたり分別に気をつけたり、ヨガやジムに通って適度に運動したり、海や山でノンビリ過ごしたり・・・そんなくらい?

でも、別にソーラー発電機つけたり、ゴミ処理機買ったり、そういうことしなきゃ、っていうんじゃないんですヨ、LOHASは、たぶん。

昔ながらの方法でも自然と仲良くできるやり方で、無理せず気持ちよく生活できればいいんです!

そして、それで生まれた時間と心の余裕を楽しめれば、それはステキな生活になりそうじゃありませんか?


自然に囲まれて、家族みんなの暮らす家のことを考える立場になるのだと思うと、LOHASなアイデアをいろいろ知っておいて、自分の生活にも取り入れていきたいナ~☆

と思って読んでいるのが、コレ↓↓↓



http://www.realsimple.jp/


シンプルながら、自分も豊かになれる生活。

それって理想じゃないかな~、と思う。


もともとアメリカで生まれた雑誌のようですが、この10月に日本でも創刊されました。

変わりゆく女性の役割・・・、その中で仕事も家庭も自分の時間も大事にするためのヒントが隠れていそうな雑誌デス。

結婚して、東京の喧騒を離れて、海に囲まれて、今の仕事も離れて・・・、生活もガラリと変わると思いますが、今よりもずっとシンプルな生活が送れるかな?と楽しみでもあります。

そして、この雑誌をそのヒントにできればな~、と今日も眺めているのでありました。



それから、


http://nikkeibp.jp/ecomom/


こちらは無料購読できる雑誌です。

(REAL SIMPLEもecomomも日経だけど、日経の回し者ぢゃないからネ・・・。日経好きだけど笑)


こちらもLOHAS思想に基づいた内容。

そのタイトルどおり、未来のこどもの代まで素晴らしい地球で過ごせますように、と家族を守るお母さん方向けの雑誌なのですが、そこにはとっても参考になる生活の知恵がいっぱいなので、今から読ませてもらってマス。

今は専業主婦でもないし、毎日お料理もしないし、こどももいないし、たいしたエコもできてないけど・・・。

でも、いつかこういう知恵を身につけて、ナチュラルな暮らしを楽しみたいナ☆



みなさんの周りのLOHAS、

おしえてください♪


AD

さおだけや

テーマ:

半年ほど前から、いつも平積みにされているこの本が気になっていた。




「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」


身近な疑問から始める会計学 というサブタイトルのとおり、昔から 「さ~おや~さ~お~だけっ!」と言って近所をまわっているくせに、一向に売れている様子のないさおだけや が なぜ潰れないのか?といったところから、この本は始まる。


まぁ、結局さおだけやのカラクリ自体はどうでもよいのだけどね、そんな身近なところからも 「会計学」 ってものを考えることはできるのヨ、という本である。

要するに、「会計学」 ときくとスッゴク難しく感じて、数字に強くないとわかんな~い と丸投げにしてしまいそうになるのだが、ちょっとした発想の転換で日常的に会計のカラクリを考えることは可能なのである。

たとえば、住宅街にヒッソリとたたずむバカ高いフレンチレストランはどうやって成り立っているの?とか、一見して繁盛していないように見える商売も、ちゃんと成り立つカラクリがあり、それを支えているのは会計という発想なんだな、ということがわかった。



・・・というのも、結婚したらワタシは自営業のおうちのお嫁さんになるので、商売をする上での経済観念はあったほうがいいかな~、 と思って手に取った一冊。

別に、自分で商売しているひとでなくても、数字なんてチンプンカンプンというひとでも、この本はよくわかる。それくらい、平たいことしか書いていないというか、わかりやすく基本のキホンだけが書いてある。

だけど、とりあえず読んでみてヨカッタ。

世の中のカラクリを知るというのは面白いものです。くす



それはそうと、主婦になって時間ができたらもう少し本腰をいれて株をやってみたい!!!

今はついつい放置しがちになっちゃうからな・・・。



金は天下の回り物だから、みなさんもどんどん回した方がいいですよ!(笑)

だけど、うまく回すためには世の中のカラクリを知っていないと損をするから・・・。

賢いお嫁さんになって家計を守るためには、経済についても勉強しよう☆


今日、宝くじを買いに有楽町まで散歩してきたら、ついでにこんな本を見つけて買ってしまった!!


「母に習えば ウマウマごはん」

小栗 左多里 (ソニーマガジンズ)


「ダーリンは外国人」シリーズでヒットした、小栗さんの新作だ。

あのシリーズ、トニーと小栗さんの日本語、日本の見方のちがいが面白く、毎回買ってしまう・・・。

ダーリンであるトニーとのオモシロ夫婦漫才は一休みして、今回はお料理教室の先生だというお母さんとのコラボ。

マンガとお料理のレシピが合体した本なのだけど、そのバランスがよい!

お料理は、誰でも作れそうなお手軽料理が多く、レシピを見て自分でも作れそう♪

でも、単なるお料理の写真とレシピだけじゃないところがミソであって、そのお料理をつくるお母さんと小栗さんのかけ合いや、お母さんから学んだちょっとしたコツなどがマンガ部分に込められていて、レシピだけでもマンガだけでも成り立たない、ステキなお料理本に仕上がっています☆


わたし的には 「豆腐のラザニア」 がおいしそ~!!!と思いました。

今度作ってみよ♪




それにしても、お料理本って見てるだけでとっても楽しくて、作るのをついつい忘れてしまいますよネ・・・(^^ヾ


わたしはけっこう ケンタロウさんのお料理本、好きです♪


今、持っているのはこの2冊!



「ドカンと、うまいつまみ」   「ふたりのハッピーメニュー」

小林 ケンタロウ


「ドカンと・・・」 は、ホントにおいしいおつまみメニューが満載!!

ケンタロウさんのメニューって、男の人が好きな味付けになってる気がするの・・・。(笑)

その中でも、この本のメニューは、おつまみとしても、ごはんのおかずとしても、パーティーメニューとしても、ゼッタイおいしいっ!って言ってもらえるものだと思うのです。

ぜひぜひお試しあれ。


そして、「ふたりのハッピーメニュー」

これは全てレシピが2人分になっているのも使い勝手がよいし、ベーシックなお料理にひと工夫したものが多くて、カレに作ってあげるにはまたまたピッタリ☆

メインメニューから、もう一品!ってときも、デザートもこれ1冊でだいじょうぶです。



ケンタロウさんの本って、美大出身のイラストレーターでもあるから、本としてもレイアウトや写真などがステキで、見てるだけでも楽しくなってしまう♪



あ、コレも持ってた!


「ケンタロウの野菜がうまいッ!」

小林 ケンタロウ



これは、いろんな野菜ごとにお料理がまとめられていて、その野菜の旬の時期、処理のしかた、保存方法なども書いてあるので、基本から勉強したい人にぜひオススメ!!

わたしも、お料理事典は持っているものの、ちょっとしたコツをつかむのに便利☆ 重宝してます!



みなさんの、おススメのお料理本はありますか?

なつかしの・・・

テーマ:

最近わたしのマイブームは


なつかしのマンガ


です。



友達の家に遊びにいくと・・・

あらあら、中高生のころに読んだマンガが!!

お借りして読みふけってしまいました・・・。


ということが、ここのところ続いていて(^^ヾ



昨日、今日と読んでいたのがコレ!


NY小町 大和和紀



ご存知の方も多いと思いますが、「あさきゆめみし」 「はいからさんがとおる」 などで有名な大和和紀さんのマンガ。

20年ほどまえに連載されていたマンガで、明治時代の男勝りな娘・志乃と開拓史としてアメリカから来たダニエルの恋模様が描かれています。

二人がお互いを敬いながら愛を貫く姿がステキだし、和装洋装さまざまな文化が入り始めた時代背景も面白い!

志乃の着物姿が、またカワイーの!!!


文庫で4巻なんですが、よかったら読んでみてくださいまし☆



ちなみに、このなつかしのマンガブームに火をつけたきっかけは


Candy Candy♪♪♪


何度読んでも面白いワ~。

あと、同じ作者の「ジョージィ!」も。

ありえない物語の展開の早さについていくのが大変だけど(笑)、まさに異次元に入り込んだかのごとく楽しめます☆



こうした一昔前のマンガって、登場人物がみんな素直でスレてないのがまた魅力的なのよネ!

名作といわれるこうしたマンガは、いつまでも読み継がれていいと思います。



みなさまの思い出のマンガってなんですか???

知っておきたい

テーマ:

今日オススメする本はコレッ!!




     


「食べ方のマナーとコツ」 (渡邊忠司、伊藤美樹)





結婚する、しないには関係なく、楽しい食事の時間を過ごすにあたり周囲のひとにも心地よく食事してほしいならマナーを知るべし!


この本はキュートなイラストで、フランス料理から焼き肉、たこ焼きの食べ方まで、またレストランに入るときの注意点からお呼ばれのマナーまで、食事にまつわるマナーがたくさん載っています。

どれもそうかけ離れた話ではなく、日々の生活で身につけておきたいことばかり。


食事、って毎日のこと、そして一緒に過ごすひともカレ、友達、家族、上司・・・とさまざま。

そのワンシーン、ワンシーンを、相手を不快にさせない、洗練されたマナーでキモチよく楽しい時間を過ごせたらステキだな~、と思いませんか???


結婚したら今度は、望む望まないに関わらず □□クンの奥さん、○○さんちのお嫁さん、という見方をされる可能性もなきにしもあらず。

そう見られても 「あら、ステキ☆」 と思わせるマナーを身につけてみましょ♪

虹 吉本ばなな

テーマ:

吉本ばななさんも「キッチン」のころからずうーっと好きだ。

いちばん好きなのが「うたかた」なのは今も昔も変わらないし、以前よりはばななさんの本を手に取ることも少なくはなったが、好きだ。


昨日は「虹」を読んだ。

こころがぎゅーっとなって、思う存分泣いてしまった。



主人公とわたしでは、まったく状況がちがう。

この本は、母の死で体調を崩し大好きな仕事を休んでからいろいろなできごとが起こって、タヒチでそれらを見つめなおす、というような話である。

ただ、主人公ほどではないにしろ好きな仕事を休まざるをえない自分、戻れるのか戻れないのか不安な気持ち、そこに光を与えてくれるような存在・・・。

それらすべてを通して所在なさげにいるしかない、どこをどうさまよっているのか自分でもわからない、自分のキモチをもてあましたかんじが、今のわたしとおんなじだったのだ。


そんなキモチが余すことなくタヒチの中で文字にされてるさまが、わたしのこころをぎゅーっとしたんだと思う。

けれど、涙が出るほどぎゅーっとなる一方で、タヒチの自然のようすはこころを解き放ってくれるように心地よかった。

読んだ後は、自分もそのうち出口が見つかるんじゃないか、と思えた。


タヒチ・・・

行ったことないけれど、新婚旅行はタヒチにしようと思っていた。

この本を読んだら、ゼッタイ!!新婚旅行はタヒチにするぞ。

と思いました。

赤い長靴 江国香織

テーマ:

江国香織さんはだいすきな作家のひとり。



この本も年明けに新刊で出ているのを見て買った。

江国さんの小説ですきなところは、淡々とした日常が描かれているところかな。

コレといった事件があるわけでもなく、登場人物のそれぞれに起こりうることが淡々と書きこまれ、それは本が始まる前もそうであり、本が終わったあともそのまま続くのであろう、と思わせる。

そこがすき♪


本作「赤い長靴」もそんな話。

結婚して十年になる日和子と逍三。

その二人がそれぞれの視点から生活を見つめる短編連作集になっている。


読んでみるとすぐに、日和子と逍三はけっして理想の夫婦像ではないことがわかる。

自分自身もそうなりたいとは思わない。

けれど、静かでちぐはぐに思われる生活のなかに、きっとこの二人だからこそ、この時点にいたるまでの間に作り上げてきたものがあり、それが今の二人なのだと思った。


わたしは、うんうん、とちゃんと話を聞いてくれて返事をしてくれる、ことばのやりとりの多い夫婦になりたいナー♪

顔 FACE  横山秀夫

テーマ:

ゴールデンウイークを実家で過ごしたのは、大学入学時に一人暮らしを始めて以来、10年ぶり!のことでした。

実家に帰るにあたり、ヒマだろう、と本を何冊か持っていった。

その中の1冊がコレ。

 

横山秀夫さんは「半落ち」で有名になったが、わたしはこの人の警察小説大好き♪


こどもの頃は赤川次郎に始まり江戸川乱歩、アガサ・クリスティなどミステリー小説も読んでいたが、最近めっきり恋愛小説派になってしまっていた。

そんなわたしをミステリー系に引き戻してくれたのが、横山秀夫さんの警察小説である。

"警察″という未知の世界を垣間見る面白さはもちろん、厳しい上下関係が想像できる職場にもかかわらずその間に見られる人間味あふれるエピソードの数々。読後はナゾがとけたことだけではない、すがすがしい、サッパリとした気持ちになれるのである。

 

さて、この「顔 FACE」は鑑識課で似顔絵作成を担当していた婦警を主人公とした短編集。

わたしは警察が公表する似顔絵なんて、似てるんだか似てないんだか・・・、写真を模写したのかー?なんて思ったりしていて、似顔絵だけで解決するとも思っておらず全然重要視していなかったのですが、それって自分があまりにも無知だったなー!と思い知らされました。

目撃者の証言だけを頼りに描き、その似顔絵を頼りに全捜査員が動く・・・。

その仕事のプレッシャー、醍醐味、両面を味わっている主人公の様子に、どんどんのめりこんでしまいました♪

現在仕事を休職しているわたしにとっては、仕事上のトラブルから休職、部署換え、そしてまたいつか似顔絵描きへ・・・、という道をたどっていった主人公にも共感できたのでした。


オススメ☆☆☆☆