心をつかむブログの書き方を教えます!
  • 28Dec
    • 読者をあなたのブログに引き込む12の方法

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、『読者をあなたのブログに引き込む12の方法』についてお話ししていきます。「ブログの書き方」について毎日記事を書かせて頂いています。そして、毎日いろんな方から「ペタ」や「いいね」や「読者登録」を頂いています。本当にありがとうございます!読者登録して頂いた方には、簡単にですが、メッセージを送らせて頂いています。これをキッカケに、少しでもコミュニケーションを取れたらなと思っているので,気軽にお声掛け下さい!アプローチ頂いた方のブログを拝見させて頂いています。本当に様々な活動をされていて、自分は触れた事のない情報がたくさんあり、良い刺激になります。そんなたくさんのブログの中でも、「気づいたら見入ってしまっている」という記事があります。読んでいて面白いですし、なんか引き込まれるんですよね。そういったブログは当然、読者からの反応もたくさんあるのでしょう。「あなたのブログはどうですか?」「読まれてるな〜っていう実感はありますか?」「読まれるような工夫はされていますか?」ほとんどのブログ記事は、「読まれずスルーされる」ことが多いと、他の記事でもお伝えしています。読者は自分に必要な情報だと思うところしか読みません。なので、あなたが伝えたい事は、伝えられていないことがほとんどなんです。しかし意識次第では、100%伝えるは難しいかもしれませんが、80%、90%とあげていく事は可能です。そのためには、記事を書く時に、「読者が引き込まれる言葉」を盛り込んでいけば良いのです。そのポイントとなるものは全部で12項目あります。これを意識すれば、読者はあなたの記事に釘付けになります。伝えたい事が伝わりやすくなるので、反応率も上がるのです。その12の方法は下記の通りです。これらは、ビジネスを成功に導いた何百という広告をもとにした方法から抽出されています。なので、信憑性のあるポイントであると言えます。イメージしやすいように簡単な例文も添えて紹介しますね!テーマを「睡眠専門家が明かす、だるくて起きるのが辛い朝を、目覚めスッキリ・疲れゼロの朝に変える睡眠法」とした場合で説明していきます。【1.テーマを深く掘り下げて考える】○テーマに補足説明を入れて、理解を深めます。例)「朝の迎え方は人それぞれ違います。目覚まし時計に気付いても、だるくて二度寝してしまう人もいれば、スパッと起きて颯爽と朝活に向かい人もいます。」【2.質問をする】○読者に質問し、頭の中で解答させる事で、後に続く文章を自分ごとにさせます。例)「あなたは、いつもどんな朝を迎えていますか?」【3.専門家の意見を引用する】○「権威」ある人・団体が言っている事を盛り込んで、信憑性を高めます。 参考記事→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12227006748.html例)「医学博士の○○氏によると、人には睡眠の質が良くなる時間帯『コアタイム』があると言います。」【4.読み手にタダで体験させる】○具体的視覚的言葉を使って、読者の頭の中に体験しているイメージを与えます。 参考記事→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225795257.html例)「寝る時間は0時ちょうど。余裕を持って10分前ぐらいに布団に入りましょう。あ、目覚まし時計を6時にセットするのをお忘れなく。部屋の電気を消して、リラックスして目を閉じてください。」【5.読み手に効果を実証してもらう】○実際に行動に移してもらうように、オファー(提案・支持)を出します。例)「今日の夜から早速実行してみましょう。寝支度は早めに整え、リラックスしてください。」【6.疑問を挟む】○自分も最初は疑問を持っていた=今のあなたと同じだったけど、今は実感しているよ!ということを伝えます。例) この本を初めて読んだ時は、「寝る時間が同じなら変わらないんじゃないか?」と疑っていた。しかし、朝活メンバーに試してもらったところ、ほとんどの人が「いつもより頭が軽く感じる」と実感していた。 【7.他人の意見を伝える】○「バンドワゴン効果」という手法です。 こちらの記事に詳しく書いていますので,ご覧下さい!→【8.レポーターになる】○多くの情報を端的に伝えます。無駄がないので、読者の頭の中にスッと入っていきます。例)医学博士であり、睡眠の専門家でもある○○氏が推薦。朝スッキリ目覚める為に有効な睡眠時間帯「コアタイム」とは?【9.代名詞をとことん使った個別アプローチをとる】○限定語(あなた、私、彼、彼女)を多用することで、暖かみのある記事にする事ができます。  参考記事→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12231171775.html【10.ドラマチックなストーリー展開にする】○物語調にすることで、読者は都築が読みたくなるようになります。例)「医学博士の○○氏によると、人には睡眠の質が良くなる時間帯『コアタイム』があるという・・・」【11.細かいスペックを提示する】○詳細を知りたい読者の為に、細かい情報まで提供します。例)「縦20㎝、横15㎝、厚さ1㎝とコンパクトであるものの、図や表、イラストがたくさん盛り込まれたこの本は、全項目4章の中に要点のみがわかりやすくまとめられています。」【12. 短いセンテンスから始めて読み手を引き込む】○短いかつ共感を得られる言葉を提示し、読者を一気に引き込みます。例)「朝スッキリ目覚めたくないですか?」「朝がだるすぎる・・・」「二度寝したい」「起きられない」以上が「読者をあなたのブログに引き込む12の方法』の全貌です。おそらく一回では理解しきれないはずですので、何回も目を通してみてください。そして、実際にブログを書くときに実践する事をお勧めします。このブログを見ながらでも良いので、試しに書いてみるのです。人って、知識を入れただけ(インプット)では、頭に定着せず、すぐに忘れます。実際に書き、体験する(アウトプット)ことで自分のスキルとして身に付きます。これは脳科学的も証明されている事です。 読むだけに終わらせず、どんどん実行していきましょう!今回はちょっと長かったですね。笑でも、ここまで読んで頂いているあなたは、少なからず向上心がある方だと推測します。私と同じ匂いがします。笑よろしければ、コメントお待ちしております!今回はここまで。それではまた!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント」↓http://comment.ameba.jp/public/comment/displaycommentform.do?eid=12232675172&bnm=valprobro「アメブロのメッセージ」↓http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=valprobroからお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      171
      テーマ:
  • 23Dec
    • 「最後まで読まれるブログ」を書くための、具体的な5つのテクニック。

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、『最後まで読まれるブログ』を書くための、具体的な5つのテクニック。についてお話しします。これからお伝えする事は、書く時には常に意識して欲しい基本中の基本となるものです。「これができない状態で他のテクニックを使っても無駄」というぐらい重要なんで、しっかり読んでおいてくださいね^^あなたは「三国志」はご存知ですか?中国の歴史で「魏・呉・蜀」という三つの国が対立していた時代を描いた物語です。この物語を描いた本はもちろんのこと、漫画もありますし、ゲームもあります。あらゆる媒体で語り継がれている、幅広く人気なお話です。ここであなたに質問です。あるキッカケで三国志について知りたいと思うようになりました。学ぶ方法は「本」と「漫画」の2択です。どちらを選んでも構いません。あなたはどちらを選びますか?おそらく、「漫画」を選ぶ方が多いのではないでしょうか?私も「漫画」を選びます。なぜなら「わかりやすいから」です。「本」ですと「なんか難しそう」とか「感じが多くて読む気が失せそう」って思いますよね。「漫画」だったら会話で話が進んでいきますし、絵もあるので、頭に入りやすく楽しく学べそうです。このように、人は「わかりやすくて楽しい」を好む傾向にあります。最近では、一般的に難しいと言われている本の「漫画版」が売られていたりしますよね。例えば「7つの習慣」という本は、自己啓発本のベストセラーですが、とっつきにくく、一度では理解できないと言われています。こんな感じです。(参考ブログ:「ミーティング 7つの習慣 右脳左脳 担当たかはし」)→http://www.rakurakudo.info/blog/2015/04/post-15-67145.html文字がずらっと並んでいて、とても読みにくいです。文章も難解で、やはり一度じゃ理解できなさそうです。対して、こちらが漫画バージョンです。(参考HP:『まんがでわかる 7つの習慣』の人気がスゴイことになっている!)→http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/21597漫画ですと、「会話形式」で話が進んでいくので、純粋に楽しいですし、理解もしやすそうですよね。なので、あなたが書くブログにおいても、読者にわかりやすい文章であれば、たくさんのメリットが得られます。主なメリットは3つです。1)読んでもらえる  わかりやすい文章や会話調は、読者にストレスを与えないので,  最後まで読んでもらえる可能性が高くなります。2)理解してもらえる  読者があなたのメッセージを簡単に理解できれば、  あなたが意図した方向に行動してもらいやすくなります。3)楽しんでもらえる  楽しい文章を提供できれば、読者はあなたのファンになります。逆にわかりにくい文章だと、読んでもらえません。読んでもらえないと、あなたの情報発信は無駄に終わってしまいます。せっかくかけた時間が無駄になってしまうのは嫌ですよね?それでは、わかりやすい文章ってどんな文章なのでしょうか?一言で表すと、「小学生でもわかる言葉で書いた文章」です。ある本では、「チンパンジーでもわかるぐらい簡単に、率直に」とあります。笑商売や営業をやっている方であれば、同じような話を聞いた事があるかもしれません。「わかりやすい言葉を選ぶ」ことは、人に何かを伝える上では「基本中の基本」です。野球で言えば「素振りのフォーム」剣道で言えば「構え方」と同じです。これが身に付いてない状態でいくらブログの数を重ねても、無駄な努力で終わってしまいます。野球がうまくなりたいのに、バットでゴルフの素振りをしているようなものです。笑では、わかりやすく簡潔な文章を書く為に、何を意識すれば良いのか?主なポイントは次の5つです。1)文を短くする  「一文30文字以内」かつ「一文で一つの意味」を心がけてください。  30文字以上になってしまう場合は、切りのいい所で改行しましょう。2)限定された言葉を使う  「アイスが食べたい」より「ガリガリ君が食べたい」と   言った方がよりイメージ湧きますよね。   できるだけ「誰にでも通じる言葉」を使う方が伝わります。3)短くて簡潔な言葉を使う  「思案中」→「考え中」  「叱責する」→「怒る」   小学生でもわかる簡単な言葉を使う。4)一文につき一つの事柄を伝える  「朝6時に目覚ましが鳴ったので目を覚まし、いつも通り歯を磨き、   パンとヨーグルトという毎日お決まりの朝食をとり、   新調したスーツに着替えて、自転車で会社に向かいました。」   というように、一文にいくつもの事柄を盛り込まないこと。 5)代名詞を惜しみなく使う  代名詞とは「あなた」「私」「彼」「彼女」などの言葉です。  代名詞を使うと、言葉にぬくもりが生まれ、目に止まりやすくなります。  「あなたはもうブログを書きましたか?」など問いかける時に使うと有効。  大衆宛てのブログ記事が、個人宛ての記事に生まれ変わります。ブログを書く時はこの5つを常に意識してください。また、書いたブログは読み直しを行うと更にわかりやすい文章になります。読み直しは、次の日の朝がおすすめです。書いている時は気持ちが高ぶっているので、誇張した表現が多くなります。それを一晩寝かせて、次の日の朝に見直すのです。そうすると、冷静な視点で見直しする事ができるので、より質の高い文章にする事ができます。わかりやすい文章を書く事が、読者に読めれるブログの最低条件です。今日はこの辺で。それではまた!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント」↓http://comment.ameba.jp/public/comment/displaycommentform.do?eid=12231171775&bnm=valprobro「アメブロのメッセージ」↓http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=valprobroからお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      11
      テーマ:
  • 21Dec
    • 何事も、最初はみんな初心者!

      どうも!コピーライターの中田です。昨日、YouTubeでバスケットボールの動画を見ていました。いつも見ているのは、アメリカのプロリーグ、NBAの動画です。私は小学3年から大学まで、バスケ漬けの日々を送った、自称「バスケばか」です。バスケ大好き人間でした。今はほとんどやらなくなりましたが、このように動画を見ては、自分でプレイしているかのような妄想をして楽しんでいます。笑一通り楽しんでいると、関連動画に「NBAーステフィン・カリーの個人練習」というタイトルが出てきました。ちなみにステフィン・カリーは、今最も旬な選手の一人です。一昨年はチームをNBAチャンピオンに導き、本人もMVPを獲得しています。高確率の3Pシュートを武器とする、見ていても楽しい選手です。そんな一流選手は、普段どんな練習をしているのか?とても興味がわいたので,迷わず動画をクリック。2分程の動画です。興味がある人はこちらからどうぞ→https://www.youtube.com/watch?v=hJwP7ork-9cさぞかし難易度高めのえげつない練習をしてるんだろうな〜と、ちょっと期待して見てみると・・・・・・なんか普通。笑確かに動作のレベルは高いのですが、やっている練習内容は日本の中学高校の部活と変わりません。私も同じような練習していましたし。笑本番はあんなに華やかなプレイを見せてくれる選手が、こんな単調な練習を繰り返しているなんて。これはちょっと意外な発見でした。笑でも、この動画で「上達すること」の本質が見えた瞬間でもありました。どういうことか?それは、一流な選手ほど、基本を忠実で、身体にしみ込むまで反復練習をしているという事です。シュート、ドリブル、パスなどの基礎の積み重ねがあるからこそ、本番では人を魅了するプレイができるんですね。基礎ががなければ応用できないということです。メジャーで活躍しているイチロー選手も同じです。学生の頃、合宿での練習が終わり、夕食を食べ、みんなが寝静まった後でも、部屋を抜け出し、一人素振りを行っていたのは有名な話です。そんな積み重ねが、メジャー通算3000本安打という偉業を達成させています。どの道でも、一流の人物ほど、日々の単調な基礎練習を大切に積み重ねているんですね!ではこの教訓、ブログの世界では何にあたるのか?それは「とにかく書くこと」です。誰にでも楽しんでもらえる、質の高い文章を書けるようになるには、誰よりも多く書く以外に道はないと感じます。カリー選手が何万本もシュート練習をするのと同じように、イチローが何万回も素振りをしてきたのと同じようにです。あなたにも、理想としているブロガーさんやライターさんがいると思います。その人達でさえ、いきなり今のようなうまい文章が書けた訳ではありません。誰よりも多くブログを書き、反省改善してきたからこそ、皆に支持されるブログが書けるのです。確かに、うまい文章やおもしろいブログを読むと、自分の下手さ加減に正直へこみますよね。(私は毎日へこんでいます。汗)しかし、彼らに近づく為には、彼らと同じように書き続けるしかありません。最初はうまくなくても良いので、書き続ける事を意識しましょう!量が質に転換される日がきっと来ます!なんかストイックな記事になってしまいました・・・汗ついて来れてましたでしょうか。笑それでは今日はこの辺で。また!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント」↓http://comment.ameba.jp/public/comment/displaycommentform.do?eid=12229936754&bnm=valprobro「アメブロのメッセージ」↓http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=valprobroからお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      7
      テーマ:
  • 19Dec
    • 質問じゃないじゃん・・・笑

      どうも!コピーライターの中田です。いつもお読み頂き、ありがとうございます。^^今回は、「修辞疑問文」というテクニックのご紹介です。なんだか難しい単語が出て参りました。^^;国語の授業とかで出てきそうな言葉なので,あまり興味がそそられないテーマかもしれません。ただ、ブログの上手な書き方を学ぼうとしているあなたが、読まないなんてことあるんでしょうか!?ちょっとプレッシャー掛けちゃいましたか?笑まぁ、そんな難しい内容じゃないので、何卒,お付き合い下さい!このテクニックは、あなたの意見やメッセージを強調させ、読者の心に留める効果があります。一般的にブログでの言葉って結構スルーされやすいって言われます。ただ、このテクニックを使えば、車が赤信号を無視できず停車するように、読者もそのメッセージを無視できなくなります。なので、あなたのメッセージを受け取ってもらいやすくなるのです。強調させるさせないの緩急を付けた文章を書き、読者を楽しませるブログを書く為には知っておいた方が良いテクニックです。修辞疑問文とはどんなものかと言うと・・・「質問に見せかけた意見」です。例えば、「え!?中田さんがこの時間に帰ることなんてあるんですか?」これは、先日の飲み会にて終電でそそくさ帰ろうとした私を引き止める際に発した後輩の言葉です。笑「帰ることなんてあるんですか?」と質問形式でしゃべってますが、要は「帰るな」と言っているのです。意志の弱い私は「うん、帰る」とは言えずに手を引っ張られて苦手なカラオケに連行されました。笑ストレートに「帰らないで」と言われるより、「帰るんですか?」と言われる方が心にズンと響きますよね。その言葉を無視できないですし、なんか帰る事が「悪」みたいな・・・このように、人から何かを質問されると解答しなければならないという心理が働きます。また、解答するには質問の内容を把握しなければならず、一度頭で考えるので、記憶に残りやすくなるのです。これが修辞疑問文のメカニズムです。証拠や論理的な思考を用いなくても、説得力のあるメッセージを届ける事ができます。使う場面は、下記の一点のみです。「その意見を注目させ、強調したいとき」先程の飲み会の例だと「帰って欲しくない!」というメッセージを強調したい為に使っています。 また、この記事の11・12行目に注目してください。さりげなく使ってみました。笑「読んで欲しい!」という意見を強調したかったので、質問で訴えているのです。普通に「読んでください」というより、心に響きませんか?このように、ちょっとココ強調したいな〜という意見があれば、バンバン取り入れていってください。いつもより読者を引き込む文章になるはずです。ただ、本当に読者を説得したい場合には、修辞疑問文のスキルだけじゃ足らないので気をつけてください。あくまで、強調したいときに使用するだけです。説得には「証拠」というスキルが効果的なので、こちらを参考にしてください。→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12229734756.html今日はこの辺にしておきます。それではまた!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント」↓http://comment.ameba.jp/public/comment/displaycommentform.do?eid=12229936754&bnm=valprobro「アメブロのメッセージ」↓http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=valprobroからお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      7
      テーマ:
  • 18Dec
    • ブログが上手くなりたければ「名探偵コナン」を読め!?

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「証拠」のテクニックについて、お話ししていきます。あなたは「証拠」と聞いて、何を思い浮かべますか?私が最初に頭に浮かんだのは「名探偵コナン」です。笑小学生の頃とても好きで、漫画もアニメも映画も欠かさず見ていました。そういえば最近、漫画読んでないな・・・。何か面白いのがあったら読みたいので、おすすめがあったら教えてください。笑話を戻しますが、名探偵コナンの中では「証拠」という言葉が何回も登場します。コナンの声を借りた小五郎が「犯人はあなただ!」と言うと、疑われている人は、「証拠はあるのか?」と言い返し、否定します。しかし、「証拠ならある」と犯人に突きつけた瞬間、犯人は逃げ場がなくなり、あきらめて自白するのです。あんなに「否定」していたのに、’’証拠’’を突きつけただけで一瞬で「認め」させてしまう。このように「証拠」には人の心を180度変えてしまう、大きなパワーがあります。今回お伝えする「証拠」は、かなり強力なテクニックです。特に個人でビジネスをしている人は、必ずチェックして下さい。扱っている物の大小は問いません。あなたの商品やサービスが消費者に選ばれるか?あなたの口座にお金を振り込んでくれるか?はこのテクニックを使えるかに掛かっていると言っても過言ではありません。「証拠」の解説に入る前に、「ビジネスの本質」と言われるものについて少し触れておきます。ビジネス広告の基本原則は、「見込客に自分のサービスのメリットを伝え、納得させること」と言われてます。このサービスや商品は「私にとってどんなメリット・価値があるのか?」を分からせれば、お金を進んで交換してくれる可能性が高くなるのです。なので、あなたが取り扱っているサービスのメリットを深いところまで把握し、それをうまく伝える必要があります。「メリットを伝える事の重要性」は他の記事で詳しくお伝えしていますので,ビジネスをしている方は特にチェックしておいてください。→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12227577252.htmlしかし、メリットをたくさん盛り込んだ広告を作れば良いという訳ではありません。なぜなら、消費者はたくさんのメリットを期待しているのと同時に、カモにされたくないとも思っているからなんです。例えば、「誰でも簡単に月100万円稼げるようになります!」という商材をセールスされた時、「簡単に儲かるって書いてあるけど、なんかうさん臭い・・・」「詐欺なんじゃない?」なんて思った経験、あなたにもありませんか?あまり良い事が書かれすぎていると、逆に疑ってしまいますよね。ただ、そこに、「残高が100万以上の通帳の写真」が載っていたり、「実際に使ってみて、稼げました!というお客様の声」がズラズラと並んでいたらどうでしょう?「あ、これは本当かも・・・」って思っちゃいませんか?「詐欺でしょ」と疑っていたのが、「本当かも」って認める方向に心が動きますよね。コナンが犯人に「証拠」を突きつけた時のように・・・。これが「証拠」のテクニックの力です。人が何かを購入するかどうかの判断を下す時には、多くの場合「恐怖」がつきまとうと言われています。恐怖とは’’損失’’に対してです。「騙されるんじゃないか」とか「詐欺じゃないか」などがそうです。しかし、そこに’’確固たる証拠’’を提示し、それが「本物」であるという事を伝えられれば、あなたのサービスは選ばれます。「証拠」の定義は、「情報の発信源から生じた物」ではなく、「その発信源が裏付けとして使用した実際の陳述、もの、意見」です。具体的には、「事実、数字、証言、是認、調査、表、映像」などが使われます。「ラーメン屋に貼ってある芸能人の写真」なんかは良い例です。「ここのラーメンはすごくうまくて人気!」と言葉だけで伝えるより、店内に芸能人の写真が貼ってあるのを証拠として見せた方が、「あ、そんなにうまいんだ!」って、スッと納得しますよね。「証拠」を突きつける事で、相手を納得させ、信じさせることを常に意識してください。あなたの扱うサービスや商品を一度見つめ直し、「本物」だという証拠をたくさん見つけましょう。それを読者に淡々と述べていくだけでOKです。もし、何も見つからないという場合はそのサービス・商品はお勧めしない方が良いかもしれません。なぜなら、あなた自身がそれを良い物だと思えていないからです。良いと思えない物を人に伝えても、その人への価値提供にはならないですよね。価値提供にならなければ、お金を頂く事もできません。お金を頂いちゃったら、それは本当の詐欺になってしまいます。ブログや文章で何かを伝える時は、お勧めするサービス・商品をしっかり把握する事が重要なんですね。それでは今日はこの辺で。また!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント」↓http://comment.ameba.jp/public/comment/displaycommentform.do?eid=12229734756&bnm=valprobro「アメブロのメッセージ」↓http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=valprobroからお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      8
      テーマ:
  • 17Dec
    • ブログネタにも困らなくなる!「繰り返し」のテクニックとは?

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「繰り返し」のテクニックについてお伝えしていきます。先日、本業の仕事でちょっとイライラした事がありました。私がデスクで事務処理をしていると、一本の内線が。出てみると、他の部署の後輩からでした。「お疲れさまです。○○です。一般的な事をお伺いしたいのですが・・・」「良いよ」「○○銀行の事務手数料っていくらですか?」「54,000円だね」「わかりました!ありがとうございます。失礼します。(ガチャ)」数日後・・・「お疲れさまです。○○です。ちょっとお伺いしたいのですが・・・」「はいはい」「○○銀行の事務手数料ていくらでしたっけ?」「・・・54,000円だよ。」「わかりました!失礼しまーす。(ガチャ)」数日後・・・「お疲れさまです。○○です。すみません。前に一回聞いたと思うんですけど・・・」「○○銀行の事務手数料って5万・・・いくらでしたっけ?」「54,000円。メモっといてね」「すみません!ありがとうございました!失礼しまーす(ガチャ)」このような経験、あなたにもありませんか?何度も同じ事を聞かれるというあれです。笑特に新人社員が入ったの4月5月なんかは、このようにイライラする先輩社員が世の中に溢れ返ります。これは代表的な例ですが、基本的に人間って、興味のない事はなかなか覚えませんし、覚えてもすぐに忘れる生き物ですよね。だから何か伝えたい事があるなら、繰り返し繰り返し、反復して教えないとダメなんです。脳みそにすり込むまで伝えて、初めて人は記憶できます。そして、これはあなたが書くブログにも言える事です。もしあなたが何か伝えたいことがある場合、記事を一回書いただけでは読者には伝わりません。しっかり伝えたければ、同じ内容を伝える記事を、繰り返し書く必要があるんです。でも、何度も同じ内容を書くのって、なんか抵抗がありますよね。「これ前にも聞いたよ」とか「何度もうざったいな〜」って思われないか心配ですよね。私も最初は心配でした。でも、大丈夫なんです。読者は、あなたが思ってる以上にあなたの記事を読んでいません。笑そして、伝わっていません。(私の記事も例外ではありません・・・笑)読者は、必要な文章だけよんで、後は流し読みする事がほとんどです。あなたも他の記事を読む時はそうですよね?流し読みされているという事は、あなたが一番伝えたいメッセージはスルーされていると可能性があります。なので、核となるメッセージは何度も繰り返し書いて大丈夫なんです。むしろ書いてください。笑販売セールスの世界でも、「契約を取り付けるには、最低7回電話をかけなければならない」と言われています。広告の世界でも、「見てもらうには7回宣伝しなければならない」と言われています。このように、メッセージをスムーズに伝えるには反復して伝える事が常識となっています。読者に何度も目にさせる事で、「無関心の壁を破る(何度も目にする事で気になってしまう)」「気付かなかった人達に気付いてもらえる(7回目で初めて目にする人もいる)」という効果が期待できます。人に重要なメッセージを伝える方法として意識すべきは以下の2点です。1.伝えたい内容の記事を何度も書く。2.「ほとんど読まれてない」というスタンスで、  読まれるにどうすれば良いかを常に意識する。1については、全く同じ記事を何度もアップするのではなく、伝え方をちょっと変えていってください。私が良くやるのは、「○○についてはこの記事で詳しく説明しているので、チェックしてください→URL」みたいに、さりげなく重要ワードを登場させて、詳しく書いた記事へ飛ばす方法です。この方法だと、既に知っている人は思い出すだけで読まなくても良いので、うざったく感じません。知らない人は、気になってその記事に飛んで読んでくれます。両者に取って,気持ちのいい方法なんですね。2については、書く姿勢の問題です。この姿勢でいれば、「どうしたら読みやすくなるか」を考えるようになります。「もっと欲を刺激した方が良いか?」「具体的視覚的言葉」を使った方が良いか?」など。改善に力を入れるようになるので、質の高い文章になります。「欲を刺激する重要性」についてはこの記事で詳しく書いているので、チェック!→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225176548.html「具体的視覚的言葉を使う」についてはこちらをチェック!→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225795257.html↑この2つの紹介はもう5、6回目だと思います。笑(超重要なんで)以上、「繰り返し」のテクニックについてお伝えしました!何度も同じ事を伝えるという事を怖がらないでください。一度で覚えない新人に教えるが如く、重要なメッセージについては繰り返し発信していきましょう!もしかしたら、7回目の発信で誰かがあなたのメッセージに助けられ、感謝されることになるかもしれません。では今日はこの辺で。それでは!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント」↓http://comment.ameba.jp/public/comment/displaycommentform.do?eid=12229433405&bnm=valprobro「アメブロのメッセージ」↓http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=valprobroからお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      7
      テーマ:
  • 16Dec
    • ’’江ノ島’’でのある出来事

      どうも!コピーライターの中田です。先日、久々に「江ノ島」までドライブに行ってきました。透き通った青空が広がる晴天に恵まれ、シャツ1枚で過ごせるくらい暖く快適な気温。そよそよと吹く心地よい海風にあたりながら、堤防をゆっくり散歩しました。歩いていると、食欲をそそられる香ばしい匂いがしてきました。「イカの丸焼き」です。近くの漁港で取れたてのイカに、甘辛いタレがたっぷり塗られ、炭の上でパチパチと焼かれていました。お昼前でしたけど、よだれと胃液がハンパじゃなかったので、財布のチャックをジーっと開封。笑一口食べると、イカの風味と甘辛いタレのハーモニーにやられました。一撃です。笑その後はお目当ての「生しらす丼」早朝に水揚げされたばかりの生しらすをふんだんに使った、海鮮丼です。ご飯の上には「生しらす」「いくら」「サーモン」が山盛り。一つ一つのネタがきらきらと煌びやかに輝いています。添え付けの「岩のりのみそ汁」からは、磯の良い香りが漂っています。味はもう旨すぎて、吸引力No.1の某掃除機の如く、米一粒も残さず食べ尽くしました。もっとゆっくり海を感じながら食べれば良かったなぁと後悔しています・・・でも、とても有意義な休日でした!今日はこの辺で!それではまた!というのは冗談で。笑こんな所で終わりにはしません。ただ遊んだ話をして終わってしまっては、せっかく読んでもらってるのに失礼ですよね。汗実は、この話を書いたのには理由があります。「セルフ・デモンストレーション」というスキルをお伝えしたかったのです。このスキルを使うと、読者の感じる’’8つの欲’’を加速させる効果があるので、普通の文章よりも2倍も3倍も心を動かす事ができます。’’8つの欲’’を刺激する事が超重要なのは、この記事で紹介している通りです。→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225176548.html身につければ、「心を動かす=読んでいて面白い文章」を書くことができるようになります。それでは、「セルフ・デモンストレーション」とは一体どんなスキルなのでしょうか?一言で言うと、「読者の頭の中に動画を再生させる」ことです。文章を使って鮮明なイメージを与える事で、読者が実際に体験しているかのように思わせるのです。「近くの漁港で取れたてのイカに、甘辛いタレがたっぷり塗られ、炭の上でパチパチと焼かれています。」なんていう表現は、情景がかなり具体的に書かれていますよね。文章を読んで、実際によだれがあふれた人は少なくないはずです。(自分で書いててよだれ出ました。笑)このように「具体的視覚的言葉」を使って書くのがポイントです。「具体的視覚的言葉」についての解説はこちらから→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225795257.html人は、具体的に書かれている文章が好きです。好きというか、読んでいて面白いし、楽なんですよね。具体的でわかりやすい言葉は、一生懸命に情報処理する必要がないので、読者の負担が少ないのです。動画のインストールの如く、頭にスッと入ってくるので、これが読者を引きつける要素でもあります。しかし,正直なところ、具体的に書くのはとても「めんどくさい」です。言葉を選びますから、何も考えずに書くときに比べて、5倍10倍の時間を使います。「江ノ島で、いかの丸焼き、食べました」って書くのに5秒もいらないです。笑でも、時間をかけて、頭に汗をかくだけで、ブログの反応率が劇的に上がるなら、私は具体的に書く方を選びます。「セルフ・デモンストレーション」を使った書き方について、まとめますと・・・・「8つの欲」を意識する・「具体的視覚的言葉」を使って書くこの2点のみです。早速、次の記事から取り入れてみてください!それでは今日はこの辺で。また!本当に終わりですよ。笑参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント」↓http://comment.ameba.jp/public/comment/displaycommentform.do?eid=12229078077&bnm=valprobro「アメブロのメッセージ」↓http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=valprobroからお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      5
      テーマ:
  • 15Dec
    • できるビジネスマンは絶対読んでいる。顧客の心を掴んで収益に結びつける本。

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「できるビジネスマンは絶対読んでいる。顧客の心を掴んで収益に結びつける本。」についてお伝えします。今、お仕事は順調ですか?私はおかげさまで順調です。ブログの方も大変ありがたい事に、毎日いろんな方から、「いいね」や「読者登録」を頂いています。メッセージやコメントをしてくださる方もいらっしゃいます。本当に嬉しい限りです。いつも、ありがとうございます!そういった方って、ご自身の仕事でも人を大事にしている人なんだなって感じます。きっと、お仕事も上手くいっているんでしょうね。私も見習って、読んでくれている人にもっと価値提供をできるように頑張ります!これからも、どうぞよろしくお願い致します!毎日たくさんの方のブログをお邪魔しますが、ホントに「いろんなお仕事があるんだな」と、見るたびに思います。ただ、それがサラリーマンであろうが、経営者であろうが、共通している最終的な目標は「収入を得ること」ですよね。食べていく為には最低限のお金が必要ですし、自分の理想とする豊かな生活を送る為には、より多くのお金を得なければなりません。では、より多くの収入を得る為には、何をすれば良いのか?それは「自分のスキル」をあげる事ですよね。目標とする収入に見合ったスキルを身につけなければ、そこにはたどり着くことはできません。仮にたどり着いちゃったとしたら、それはまぐれの一時的なものです。長くは続きません。宝くじと一緒ですね。なので、世の中のサラリーマンや経営者は、日々成長の為にコツコツと努力を重ねているんですね。皆さん、ホントにお疲れさまです。今回は、あなたのブログはもちろん、ビジネスにも役立つ情報を紹介します。「心理学」に関する情報です。どんな仕事でも、人との関わりは避けられません。なので、「心理学=人間心理」を掴む事ができれば、どんな仕事でもうまくいくと言っても過言ではありません。コピーライティングも、その人間心理に基づいたスキルですね。今回の記事はちょっと長くなるので,小分けにして読んでもらっても良いです。ただ、時間がある時で良いので、全てに目を通しておくことをお勧めします。’’役立つ情報’’なんて偉そうに言いましたが、ご紹介するのは’’1冊の本’’です。その本とは・・・「影響力の武器」 ロバート・チャルディー二著もしかしたら、既に読んだことがあるかもしれませんね。かなり有名な本です。売上200万部を越えている、心理学のロングセラー本です。Amazonランキングでも1位になっていたと思います。主な内容は、「人間の行動に大きく影響を与える6つの方法」がわかりやすく書かれています。特筆すべきは、そのわかりやすさ。著者自身の実体験を元に書かれているので、頭にすっと入ってきます。また、実証済みの情報が書かれているので、情報に信憑性もあります。コピーライターだけでなく、優秀なビジネスマン(サラリーマン・経営者問わず)は必ず読んでいると言われているぐらい重要な本なんです。まだ読んでいなかったら、ちょっとヤバいかもしれません。この記事ではその6つの方法について、簡単に解説していきます。詳しく読み込みたい場合は、実際に本を買ってみてくださいね。1)社会的証明この言葉だけじゃわからないですよね。端的に言うと、「社会が認めていること=皆がやっていること」です。「みんなやっているのに、なんであなたはやっていないの?」と相手に訴えかけるテクニックです。例えば、「みんなスマホになのに、まだガラケーなの?」みたいなイメージです。ブログで使う例では「この記事を読んだ方からたくさんのコメントを頂きました!」なんて言うと、「気軽にコメントしていいのかも?」と思わせる事ができるはずです。このように、「取り残されるのは嫌だ」「何かに属したい」という人間心理を刺激していきます。ちなみに、他の記事で紹介した「バンドワゴン効果」も同じスキルです。→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12227302216.html2)好意の重要性このスキルは、相手に「私の事が好きなんでしょ?だったら私の言う通りにすべき」と訴える方法です。ちょっと嫌な感じですが、この方法は多く使われています。例えば、ふなっしーみたいな’’ゆるキャラ’’なんかはそうで、かわいがられる事でグッズが飛ぶように売れていきます。あとは、AKBのファンとかもそうです。この人を喜ばせたい、親切にしたいと思わせることは、セールスの世界では基本中の基本と言われています。読者に役立つ情報や楽しませる文章を書けば、おのずとファンがついてきます。そうなれば、自分の思うように読者を動かす事は簡単ですね、3)権威人は信頼できそうな人が言うことは、素直に信じてしまう心理があります。例えば、「医者」や「公的機関」「著名人の証言」などがそれにあたります。「このまま禁煙しないと肺がんになるよ」と奥さんに言われるのと、「このまま禁煙しないと肺がんになります」医者から言われたのではどっちがビビりますか?人は考えるのが面倒な生き物です。なので、ぱっと見でも信頼できそうと判断すれば、それは事実だと受け入れてしまいます。化粧品や洗剤などのCMで芸能人が白衣を着ているのを見た事はありませんか?あれも権威を利用した良い例です。何か提案したい物があれば、権威となる言葉も添えて文章を書けば、読者への伝わり方も変わるはずです。4)返報性先に「何かを与える事」で、「何かを恩返ししなければならない」と思わせるスキルです。「この前おごってもらったんで、今日はボクが・・・」のように、どんな些細な事でも借りを作ったら返さないと気持ち悪くありませんか?ビジネスの場面でよく使われる例は「無料サンプル」ですね。実際に試して欲しいという意味もありますが、この返報性の意図の方が強いと言われています。できるビジネスマンが、利益を追求せず先に与え続けるのは、それ以上のお返しがあるという、この返報性の心理をわかっているからです。5)コミットメントと一貫性ある事柄に対して、態度を明らかにすると、それを一貫して貫き通さなければならないと思ってしまう心理です。具体的な例をあげると「試食コーナー』が良い例です。特に「店員さんから渡されて食べるパターン」です。一度食べてしまうと、その場から離れるの辛くありませんか?笑誰もいない置いてあるパターンの試食は食べたらスッとその場を去れるのに・・・。これはその店員さんに「少し興味がある」という事を「食べる」という態度で明らかにしたからです。つい買っちゃう人もいるのではないでしょうか?6)希少性これはわかりやすいですね。読んで時のごとく、人は貴重なもの程欲しがる生き物です。ビジネスで言うと、「在庫限り」「一点もの」「冬季限定」など限りがある事を伝える手法です。伝わっていると思うので,これ以上は説明しません。笑以上が「影響力の武器」の6つの方法の解説です。これらをしっかりインプットして、使いこなせるようにしてください。「影響力の武器」に限らず、コピーライティングのスキル全般に言える事ですが、「使うぞ!」と思って使える物ではありません。書いている途中で、使う場面が来たときに如何に思い出せるかが、ライティングスキルの重要なポイントです。その為には日常からしっかりインプットする必要があります。街中やテレビCM、電車の中吊り広告などを注意して観察して下さい。そこで、良いなと思ったフレーズはメモして取っておくのです。そうやって、引き出しを増やしておけば、ブログを書いている途中ですんなり、表現する事ができます。まずは、1.基礎的な知識を頭に入れ2.日常からインプット3.そしてブログを書いてアウトプットの流れで日々コツコツ成長していきましょう!かなり長かったですね。笑ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました!引き続き、よろしくお願い致します!それでは!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント」↓http://comment.ameba.jp/public/comment/displaycommentform.do?eid=12228969690&bnm=valprobro「アメブロのメッセージ」↓http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=valprobroからお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      7
      テーマ:
  • 14Dec
    • 人を簡単に説得する単純な2つの方法

      どうも!コピーライターの中田です。今回は,「人を簡単に説得する単純な2つの方法」についてです。あなたは人を説得する事は得意ですか?それとも苦手ですか?おそらく苦手な人の方が多いのではないでしょうか。人を説得して、思うように動いてもらうことって難しいですよね。「説得」って言うと、「論理的な話術で逃げ道をつぶしていく」というような、いわゆる「論破」のイメージがあります。いろんな思考をこらして、いろんな状況を想定しながら進めていく感じで、なんか複雑な印象がありますよね。人には「感情」があるので、同じ言葉を使っても、その時々で結果が変わってきます。「お父さんの機嫌が良いときに欲しい物をねだる」なんかまさしくです。あなたも子供の頃に何度も経験があるはずです。そのように、相手の感情を読み、慎重に論理的な言葉を選んで進めるのが、「説得」の常識となっています。しかしながら、説得の受け手側は、たった2つのポイントで判断を下しているという事実をご存知でしたか?今回はその2つをご紹介していきます。この記事を読んで、2つのスキルを使いこなせば、「説得」への苦手意識が薄くなります。ブログや広告で文章として使うのはもちろん、話し言葉でも利用できます。会社員や事業者であれば、商談ごとが円滑になり、売上に貢献してくれるはずです。今回の記事をしっかり読んで、「説得」を自分の得意分野にしちゃいましょう!では、その2つのポイントって何なのでしょうか?それは・・・1.中心経路2.周辺経路これだけ言われてもまったくピンときませんよね。笑一つずつ解説していきます。【中心経路】・・・「論理、論証、深い思考を用いた説得」論理的な言葉を使う点では、一般的な「説得」のイメージに近いです。事実、統計、証言、調査、報告、事例を示すで読者に訴える方法です。使いどころは、「大きな決断」をしてもらう時です。例えば、「家」の購入なんかは、この中心経路を使います。「最寄り駅から徒歩7分なので,通勤には便利です。」「この価格は業者の買取価格と近いので、売る時も損はしにくい価格ですよ!」「この銀行の固定金利は1.03%です。過去最低水準なので、今ローンを組む人は勝ち組と言えます。」など、信頼できる数字やデータを盛り込んで、相手に伝えていきます。【周辺経路】・・・「楽しい事、前向きなイメージなどに結びつけて行う説得」楽しさ、ユーモラスさをイメージさせる言葉を盛り込んで相手に伝えます。この方法は、比較的重要度の低い「小さな決断」に使われます。例えば、あなたが次の休日に行きたい場所を提案する時、どのような方法をとりますか?SNSで友達が沖縄旅行ではしゃいでいる投稿を見せながら、「ここ楽しそう!行ってみたくない!?」って訴えてみたり、「ここのイルミネーションきれいそうだよ!行ってみようよ!」と、クリスマス特集の雑誌を見せたりしますよね?このような「小さな決断」なら、イメージだけで心を動かす事が可能です。この二つの経路は、うまく「使い分ける」のがコツです。あなたが提案するものに適した方法をとらないと、効果がない上に、読者に嫌悪感を抱かせてしまいます。例えば、「家」の購入を考えているお客様に、「部屋もきれいでこんなに便利な設備が整ってるんで、毎日快適に過ごせますよ!」「この広い庭でBBQとかできたら楽しそうですね!」など、周辺経路でしか伝えない不動産の営業がいたらどうでしょう?「わかったから、とりあえず月々かかる費用を教えて?」「市況と比べて価格はどうなの?隣人の人柄は?法律上問題なく建てられてる?・・・」など、一生に一度の大きな買い物である「家」については、楽しさよりも細かいデータが知りたいですよね。感情面だけアピールされても、イライラしますし、不安になります。逆に、彼女からのイルミネーションのお誘いが、「世界的に有名な照明デザイナーの○○氏がプロデュース。今シーズンは600万球を使用。宝石をテーマにした全7種類25色のイルミネーションが楽しめるらしいよ!」って感じで「中心経路」のみだったら、「そうなんだ!・・・で、写真とかないの?」ってなりませんか?笑どんなイメージなのか、ざっくり知りたいですよね。まずは、自分が提案するものはどっちの方法が効果的なのか考える事です。わからない時は、どっちも使って伝えてみて下さい。イルミネーションの提案も、写真(周辺経路)を見せながら、詳細(中心経路)を伝えれば、効果は2倍になります。写真が使えない場合は、「写真(周辺経路)」の部分をより具体的に書くことで伝えてください。’’具体的視覚的言葉’’を使えば、相手の脳に写真をダウンロードさせることが可能です。(詳しい紹介記事はこちらです。)→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225795257.html慣れるまでは、どちらの経路も使いながら書いて、訓練していくと上達が加速します。早速ブログに取り入れていきましょう!今回はこの辺で。それではまた!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント」↓http://comment.ameba.jp/public/comment/displaycommentform.do?eid=12228501342&bnm=valprobro「アメブロのメッセージ」↓http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=valprobroからお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      10
      2
      テーマ:
  • 13Dec
    • 読者が自ら率先して行動を変えてしまう強力な言葉とは?

      どうも!コピーライターの中田です。今回は,「読者が自ら率先して行動を変えてしまう強力な言葉とは?」というテーマでお伝えしていきます。あなたは,「自分を変えたい!」と思った事はありますか?変わるのってなかなか難しいですよね。一度その環境に安住してしまうと、なかなか抜け出す事ができないのが人間です。「ダイエットしようと思ったけど、結局お菓子がやめられない」「早起きして有意義に朝活をしたいけど、結局二度寝しちゃう」「禁煙しようと思うんだけど、3日も続かない」変わりたいと思って、断念するの繰り返し・・・そんな経験は一度や二度じゃないはずです。そんな私も、昔、なかなかやめられないことがありました。それは「モーニングセット」です。私はもともと朝型なので、仕事場の近くで一人朝活をします。(この記事もまさしく朝活中に書いています。笑)その時にはドトールやサンマルクなどのカフェに入り、コーヒーを注文します。そこで終われば良いのですが、「あと、、、チーズトーストを一つ・・・」って言っちゃうんです。汗カフェで食べるパンってなんであんなにおいしいんですかね?笑「食べ物を味わいたい欲」にいつも負けていました。「欲を刺激する」のは人を行動させる強力な武器でしたね。→「8つの欲」http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225176548.htmlそんな毎日続けていたら、ある日事件が起きました。普通預金通帳の残高が底をついたのです。ATMでお金を引き出そうとしても、お金が出てきません。暗証番号は?・・・合っています・・。ふと見た画面には、「残高が不足しています」の表示・・・嫌な汗をかきました。幸い、定期預金があったので取り崩し、難を凌ぎ。その日を境に、モーニングセットを辞めることができました。そんな過去が私にもありました。笑何が言いたかったかと言うと、(本題に入ります)人は大きなキッカケがあれば変わる事ができるのです。人が変わる事は、確かに難しいのは事実です。コピーライターの世界でも、「大半の人間は変化を好まない、その事実に向き合え」という言葉がある程です。しかし、全く不可能ではないんです。人が変わってくれる方法・・・それは、「実証的な証拠を突きつける」ことです。私の例で説明します。私の心の中には、「無駄遣いしている」という自覚はありました。でも、食べたい欲に負けて、サンドイッチをむさぼり食ってました。笑しかし、そこに「通帳残高ゼロ」という、「どうにも変えられない確固たる証拠」を突きつけられたのです。そこでようやく変わる事ができました。これが「人が変わるメカニズム」です。これを文章で伝える事ができれば、人の心を瞬時に変える事ができます。自分の考えに同調させることだって可能なんです。でも、決して悪用はしないでくださいね。笑書く時のコツはただ一つ。「実証的な証拠やイメージを提示する」これだけです。『実証的な証拠』とは主に統計・報告・調査・証言などです。「総務省統計局のデータでは・・・」「○○大学教授の証言によると・・・」なんて言われると、信憑性があり、スッと胸に入ってきますよね。他の記事でも紹介しましたが「信憑性」のスキルも合わせ技で使うともっと効果的です。→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12227006748.htmlまた、『イメージ』とは身近な事例やサクセスストーリーなども該当します。テレビや雑誌などで知らない人が、「FXは誰でも儲けることができます!」なんて言ってても、「本当かなぁ?」「たまたまこの人が儲けてるだけでしょ」と、あまり信じないですよね。でも、兄弟や親友が「FXやってみたら意外に簡単に儲かった」って言ってきたらどうですか?ちょっとやってみようかなって思ったりしませんか?少なくとも前者より聞く耳は持つはずです。このように、『実証的な証拠』や『イメージ』を突きつければ、人は変わらざるを得ないのです。ただ、気をつけて欲しいのは、人を無理やり変えようとしちゃダメです。「ファストフードばかり食べるな!」「少しでも良いから運動しろ!」こう言われると、逆に変わる気をなくしませんか?子供の頃に「早く風呂は入れ!」お母さんに言われて、「今入ろうと思ってたのに、入る気なくした〜」って思うのと同じですね。笑無理やり変えようとするのではなく、「自ら変わろうと思ってもらう情報」を提示するのです。「ランチにファストフードを週4回以上食べる人の約8割が、ニキビや肌荒れで皮膚科に通いはじめます。」「適度な運動はストレス発散となり、心の安定をもたらすことが、医療機関の研究で明らかになっています。」こういう書き方の方が、スッとはいりますよね。(因みに内容は適当です。笑)正面からぶつかるのではなく、あくまで客観的に淡々と「実証的な証拠」を述べていくのがコツです。かなり強力なスキルですので,早速あなたのブログに取り入れてみてください。それでは今日はこの辺で。また!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター中田裕二=================================

      11
      テーマ:
  • 12Dec
    • 予防接種はブログでも効果絶大!それってどういうこと?

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「接種理論」というスキルをお伝えしていきます。接種理論は、読者を自分の思い通りに誘導する事ができるスキルです。誘導と言うと、何かブラックな感じがしますが、そんな言葉を使いたいぐらいかなり強力です。力づくでガツガツした印象を感じさせることなく、さらっと読者の心を動かしてしまうのです。「接種理論」と聞くと、「予防接種」を連想してしまうと思いますが、実は、名前の由来はココから来ています。ちなみにインフルエンザの予防接種はもう受けましたか?私の会社では要望接種を受ける前に、インフルエンザが流行ってしまいました・・・私は無事ですが。汗まだであればお早めに!話を脱線させてしまいました。汗このインフルエンザの予防接種のように、弱いウイルスを身体に入れ、免疫を付けさせるところが似ている為、そのように名付けられています。接種理論のスキルは、以下の3つの流れで使って書いていきます。1.切迫した強い攻撃が来ると注意を促す2.弱い攻撃を仕掛ける3.強い守りを促すこう言われてもイメージが湧かないと思うので、一つ例を挙げますね。私が、本業の接客時によく使うトークの一部です。住宅ローンに付随する「団体信用生命保険の特約」を付けるか付けないかを選んでもらう場面です。私たちは、生命保険の代理店もやっているので,銀行での特約ではなく、一般の生命保険加入に誘導したいという目的があります。その前提で読んでみてください。私  : 住宅ローンの団体信用生命保険は無料なんですが、    特約を付けると金利が0.3%も上がっちゃうんですよ!顧客 : そうなんですか。(※ここではどっち付かずな方が多い)私  : 任意なんで付けて頂いても良いですが、金利+0.3%でも    35年間で考えると○百万円という費用負担になります。    また、ファイナンシャルプランナーによると補償内容も    それほど充実していないようです。    一般的な生命保険で見直せば、同じの補償内容を割安で    カバーできるので、9割型のお客様はそのようにされます。顧客 : え〜、そうなんだ〜。(明らかに嫌そうな感じになります。笑)私  :○○さんはどうされますか?顧客 : じゃあ、一般の生命保険でカバーする方向で!なんとなく、イメージできますか?解説すると、赤が、①切迫した強い攻撃が来ると注意を促す青が、②弱い攻撃を仕掛ける緑が、③強い守りを促すと、なります。実際にこのトークを使うと、9割くらいの確率でお客さんを誘導する事ができています。しかも、この文章では、他の記事で紹介したスキルも使っています。どの部分だと思いますか?まだの方はこちらもチェックして、確認してみてください!「信憑性」→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12227006748.html「バンドワゴン効果」→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12227302216.html先程、3つの流れを紹介しましたが、言葉が少し難しいと思うので、わかりやすく言い換えてみました。1.切迫した強い攻撃が来ると注意を促す  → 不利益を大まかに提示する2.弱い攻撃を仕掛ける  → 不利益を自分事でイメージさせる3.強い守りを促す  → どう思うか、どうしたいか問いかける。これが「接種理論」の型になります。この流れで書けば、簡単に「接種理論」使う事ができます。ただ、これは接種理論以外にも言える事ですが、あまり型にはまりすぎても良くないです。なぜなら、型を意識するあまり感情が乗らず読者に気持ちが伝わらないブログになってしまうからです。心に響きにくくなってしまうんですね。型通り書くのは基本なので、慣れるまでは良いです。でもどうせ書くなら、読者に伝わるブログを書きたいですよね?型は型として認識しておきながら、「自分の文章を読んだ読者は、何を考えるのだろうか?」と予想する事も大事です。この訓練が、相手の気持ちを理解し心をつかむ文章を書く事につながります。早速あなたのブログにもこの「接種理論」を取り入れてみてください!今日はこの辺で。それではまた!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。連絡方法は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      33
      テーマ:
  • 11Dec
    • 人がサービスを選ぶ時に働く真理とは

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「人がサービスを選ぶ時に働く真理とは」についてお話ししていきます。あなたは最近大きな買い物をしましたか?「念願だったマイホームを手に入れました!」「高くて手を出せなかった洋服を買いました!」「鍋パーティーのお肉を奮発しちゃいました!」買ったものも値段も様々でしょう。私は最近「サプリメント」を買いました。市販では売っていない「マルチビタミン」のサプリです。一ヶ月分3,500円です。大きな買い物ではないですね。笑なぜ私はサプリメントを買ったのでしょうか?「そんなの知らんわ!」と思わず、ちょっとだけ話に付き合ってください。購入した理由は、「不足しがちな栄養を補給して、健康的な身体になりたい」「最近発症した肌荒れを改善したい」からです。至って普通の理由ですよね。決して、サプリメント’’そのもの’’が魅力だから買った訳ではありません。「この丸みを帯びたフォルムが超絶かわいくて、部屋に飾りたかったんです!」「一つ一つの配色が色とりどりで、見ていて癒さるんですよね〜」もしそうなら相当な変わり者です。笑人は物やサービスを選ぶ時に、「二次的メリット=それを使うと自分にどういうメリットがあるのか?」で判断します。物の良さやデザインで選ぶ事はほとんどありません。美術品に関して言えば、物の良さやデザインなども重要視されます。しかし、美術品を飾る本当の目的って、「部屋に飾って、来客にアピールしたい」とか「自分のステータスをあげたい」ということではないですか?ものやサービスは、目的達成の為の手段でしかないんですね。なので、あなたがブログで何かをお勧めする時は、「二次的メリット」を意識して書く必要があります。その為には、「伝えたい物のメリットをどれだけ熟知しているか?」が重要です。伝えたいものに対する深い調査が必要なんです。例えば、あなたがブログで「レモン」を紹介するとします。そこで最初にやる事は、「レモン」のメリットを書き出す事です。何でも良いので思いつくだけ書き出します。・ビタミンCが豊富で美容に良い・抗酸化作用があり老化を遅らせる・クエン酸も含まれており、疲れが取れる・香り成分の「リモネン」が体内時計を整える・揚げ物のアクセントになる・(続く)こんな風に30個を目標にメリットを探してみてください。「そんな見つけられないわ!」と思うかもしれません。ただ、30を目標にした方が、絞り出す努力をします。極限まで絞り出した二次的メリットがあれば、ブログで文章を書くのが楽になるんです。もし、全然メリットが出ない場合は、そのサービスは紹介しない方が良いです。それを伝えたとしても、読者の為にならないですし、あなたのブログの価値を下げてしまいます。二次的メリットを意識してなかったのであれば、過去の記事を見直してみましょう。書き直してみれば、反応率がぐっと上がるはずです。それでは今日はこの辺で。また!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は小躍りして喜びます。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。お問合せ先は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      33
      テーマ:
  • 10Dec
    • 「みんな一緒」を伝えると、あなたのブログに人が集まる!?

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「みんな一緒」を伝えるとあなたのブログに人が集まる!?」についてです。「ポケモンGo」って知ってますか?まぁ聞くまでもないですよね。笑世の中をにぎわせている、ポケモンの携帯用アプリゲームです。(最近は落ち着いてきました?)発売開始と同時に、大人から子供まで日本中の人がこのゲームアプリをダウンロードしました。そして、その日から街を徘徊する人が増えました。笑スマホの光で顔がボウっと照らされ、夜の道を自分の意思を失ったかのように右往左往する姿は、もう幽霊そのものです。笑世界中の人がスマホに操られているかのようでした。アメリカでは、道路を塞いで大渋滞を引き起こしてしまった程です。そのくらい、たくさんの人がこのゲームに夢中になりました。かく言う私も、ポケモントレーナーの一人です。ポケモンなんて小学生以来です。そもそもゲームに興味をなくしていました。しかし、ポケモンGOに限っては、自分のスマホにダウンロードしたのです。なぜだと思いますか?ここが、今回のブログのテーマにつながってきます。人には、「みんなでワイワイ楽しみたい」「みんなと一緒なら安心」「仲間はずれになりたくない」という、何かの集団に属したいという心理があります。これを「バンドワゴン効果」と言います。ポケモンGoを日本中が一斉にプレイし始めました。そんな状況なので、「自分だけ知らないのはまずいかな?」なんて思い、興味もなかった私もダウンロードしました。このように、お試しでやり始めた人は私だけではないでしょう。「大勢の中に属したい」まさしく、「バンドワゴン効果」が働いています。バンドワゴン効果を使われた人は、大勢の集団に入りたくなり、そこに向かって自然と行動し始めます。なので、バンドワゴン効果をブログに応用させれば、読者をあなたのブログのファンを増やす事ができます。コメントをもらったり、紹介した物を使ってもらったりなど、思いのまま行動させる事ができるんです。バンドワゴン効果は、「みんなと一緒なら安心」という集団への所属欲求です。これは生まれた時から人間が持っている欲求の一つで、既に紹介した「8つの欲」の一つでもあります。(コピーライティングにおいて超重要なスキル「8つの欲」についてはこちらから)→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225176548.htmlまた、エイブラハム・マズローの「人間の欲求の階層」でも、人間の持つ根本的な欲求の中でも、3番目に重要な欲求だと提唱されています。 ※因みに1番目は「生理的欲求(衣食住)」、2番目は「安全への欲求(防護・安定・恐怖からの回避)」。人間は元々、集団で生活をすることで豊かになれる生き物です。今では個の力が強くなっているので,昔ほど意識されないかもしれません。ただ,結婚して好きな人と過ごしたいとか、上場企業に就職したいという願望は今も昔も変わりません。人間が幸せに生活する為には、集団への帰属が必要なのです。では具体的に、「バンドワゴン効果」をブログで使う方法をお伝えします。まずはじめに、①憧れの集団(人が属したいと思う集団)②連帯する集団(今の考えや価値観を共にする集団)の2つに集団をつくります。基本的に①は自分が紹介したいものやサービスの利用者です。そしてこの①を、文章を使って「持ち上げる(褒める)」。すると既に①に属している人は気分がいいですし、②の人は焦ります。「自分も早く①に行かなきゃ!」という気持ちになるんです。なので、②の人は①に行く為に自ら行動を起こします。チョットわかりづらいと思うので、例を出しますね。「人気商品につき、注文が殺到しています!お買い求めはお早めに!」こんな広告を良く目にしませんか?この場合、①は注文済みの人。②はまだ注文していない人です。この文章によって、①の人は「購入は間違っていなかった」と安心しますし、②の人は焦って注文しだします。何となく掴めましたか?「ターゲット(読者)はどうすれば集団に属したいと思うようになるか?」を深く理解し、表現するのがコツです。「バンドワゴン効果」はCMや街中の広告等によく使われるので、チェックしてみてください。そうやって、日常でもインプットしている人は、表現の引き出しが増えるので、文章の上達が普通の人より早いです。上達が早い分、早く結果を出す事ができています。常日頃から、身の回りの表現にアンテナを張りましょう!それではこの辺で。また!p.s.最後の4行、「バンドワゴン効果」を使ったの気付きましたか?笑(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は嬉しすぎて小躍りします。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。お問合せ先は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      3
      テーマ:
  • 09Dec
    • あなたのブログの「信憑性」を向上させる方法

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「信頼は借りる事ができる」というお話です。私事ですが。最近、便秘に悩まされています。(お食事中の方すみません。)大腸がピクリとも動いてくれません。偏った食生活が原因でしょうか・・・「ピンクの小粒」に頼ろうかと思いましたが、根本原因にアタックしないと改善しないと思い、食生活から見直すことにしました。(あくまで「ブログの書き方」と関係ある話です。少しだけ我慢して読んであげてください。)腸の調子を整える食べ物と言えば、「ヨーグルト」という事で、近所のスーパーの乳製品売り場へ。めんどくさがり屋の私にぴったりな「飲むヨーグルト」を発見。しかし、これには2種類ありました。一つは230円の「飲む’’フルーツ’’ヨーグルト」もう一つは、240円の「飲む’’プレーン’’ヨーグルト」プレーンの方が高いですが、「トクホ」のマークがついています。どちらも同じ「飲むヨーグルト」に変わりありません。あなたならどちらを買いますか?味も一緒に楽しみたいなら、フルーツヨーグルトが良いかもしれませんね。しかし、私は「トクホ」のプレーンヨーグルトを買いました。なぜなら、「トクホがついてて、効きそうだから!」です。このように・・・(やっと本題に入ります。笑)人は何か選択する時や行動に移す時は、より信憑性の高い方へ流れる傾向にあります。そして、ヨーグルトの例でいう販売者は、「人は信憑性に弱い」という事をわかっています。戦略的に販売促進を行っているのです。このように他の信頼性を利用するスキルを「転嫁」と言います。転嫁は当然、ブログを書く時のにも応用できます。転嫁を使ってブログを書けば、あなたのブログ記事の信憑性が格段に向上します。文章力がまだ未熟でも、読者に十分な信頼感を与える事ができるのです。しかも、そのスキルは今すぐに使えるので、即効性もあります。「読者に自分の要望を聞いてもらえていない・・・」「伝えたい事が伝わっていない気がする・・・」こんな悩みがある方は、「転嫁」の使い方を学べば解決できます。具体的に「転嫁」を一言で表すと、「信頼を借りる」という事です。「既に’’信頼’’を持っている人から’’信頼’’を借りてくる」のです。例えば、先程の例で言うと、ヨーグルトの販売会社は「トクホ」のマークを使って’’信頼’’を借りています。トクホとは、「有効性、安全性などの科学的根拠を示して、国の審査のもとに、消費者庁の許可を受けた食品の事を指す。」(サントリーのHPより抜粋)このように、トクホは消費者庁に認められたマークなので、’’公的機関の認可’’という信頼を持っています。その信頼が、私の購入を促したんですね。特に人はこのような、公的機関や科学機関、医学会などに弱いようです。もう一つ例は、「プロアクティブ」という商品です。言わずと知れた、ニキビケア商品です。この商品は市販では売っていないにも関わらず、米国の女性に支持され、飛ぶように売れています。人気の理由は、ジェシカ・シンプソンという有名な歌手にその効果を証明させたからです。「あのジェシカがおすすめしてるなら、キレイになれるに間違いない」このように、「権威あるもの」からの「推薦の言葉」は非常に効果があります。ジェシカさんを理想としている人だったら、尚の事、心動かされたでしょうね。理想像を刺激する事の重要性についてはこちらから!→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12226747020.htmlでは、なぜこのような転嫁や権威が人を動かすのかわかりますか?どういうメカニズムが働くのでしょうか?それは単純に、「人は権威や推薦の言葉に頼って、深く検討しない自分を正当化したい」からです。「ここが出している商品なら間違いない」「この人が言っているなら問題ない」と考える手間を省きたい訳です。なので、信頼性を象徴する表現を見た瞬間に、人はそのものに対して疑問を抱かなくなります。この「転嫁」スキルをあなたのブログに応用させていきましょう。例えば、「物」紹介する時であれば、著名人やメディアが関連していないか調べてください。「俳優の○○さんも愛用しています!」「雑誌やCMで話題の・・・」みたいにアピールするのです。また、伝えたい主張があるとき、同じ事を著名人が言っていなかったか?を調べてみてください。もしあなたが、「小さい事の積み重ねが大事です!」と伝えたければ、「小さい事を多く積み重ねる事が、とんでもないところへ行くただ一つの道 」(イチローのインタビュー記事より)と書くことで、普通より読者の心にズドンと響きますよね。このような引き出しを増やす意味で、普段から「良い!」と思った言葉はメモに取っておくと良いです。ただ、最初は他人の力を借りるのって、ズルしているみたいで気が引けますよね?でも、そんな風に思う必要はありません。自分の文章力で勝負したい気持ちはわかりますが、他人の力を利用する事も自分の力の一つです。いくらあなたが紹介するものが良くても、信頼がなかったら振り向いてもくれません。あなたの発信で助かったはずの人が助からなくなる事だってあるかもしれません。転嫁・権威を学び、早速今日からあなたのブログに取り入れていきましょう!今日はこの辺で。それではまた!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は嬉しすぎて小躍りします。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。お問合せ先は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      2
      テーマ:
  • 08Dec
    • あなたのブログを、読者にワクワクしながら読んでもらう方法

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「’’理想像’’をアピールした文章を書こう」です。あなたは「将来どんな人になりたい」ですか?「理想像」は持っていますか?「将来はブロガーとして自分の好きな情報発信をしながら楽しく活躍していきたい。」とか、「あの有名モデルさんみたいにかわいくなって、前から好きなあの人とお付き合いしたい。」とか、「稲森和夫さんみたいな絶対的な経営者になって、日本の経済に貢献できる人になりたい」など・・・大なり小なり人は「理想」を持って生きています。因みに私の理想像は「デヴィット・ベッカム」です。元イングランド(イギリス)代表のプロサッカー選手です。既に引退していますが,今は持ち前のルックスでモデルや俳優業で活躍しています。2002年の日韓ワールドカップでは、ソフトモヒカンスタイルの「ベッカムヘアー」でブームを巻き起こしました。ベッカムのどこに引かれているかと言うと、「男としてかっこいい」は言う間でもないのですが、それだけではないところです。・子煩悩(3男1女を愛し愛されまくっている)・いつまでも奥さんとラブラブ・趣味を楽しむ(バイク、ファッション、スポーツ観戦など)・チャリティーや慈善活動に積極的こんな感じで、公私ともに「完璧」なんです。私はこの目指すべき理想像へ近づくために、たくさん真似しました。ファッションは実際に同じブランドを取り入れました。考え方を学ぶ為に、エッセイ本も買いました。もちろんベッカムヘアーにもしました。笑このように、人は「理想としている姿」を目の前に提示されるとそれに近づくために自ら行動します。例をもう一つあげると、以前話題になった「資生堂 TSUBAKI(シャンプー)」のCMもそうです。違う個性を持つ日本を代表する女優6人を起用し、国民的アイドルのSMAPの曲で作られたCMには、50億円が投入され、当時話題となりました。これを見た女性達は、「この女優さんみたいにきれいな髪になりたい!」と、こぞってこのシャンプーに買い替えました。その結果、2006年の売上は180億円だったそうです。この「’’理想像’’を提示する」というスキルは、人への影響力がかなり強いです。そして、このスキルは「文章」にも使う事ができます。コピーライティングの世界では、「’’自我’’にアピールする」と言います。あなたののブログで「読者の理想像」をうまくイメージさせる文章を書いてください。自分の発信で読者の理想実現へ手助けできるだけでなく、自分のブログの価値もあげる事ができます。自我とは、その人が’’理想としている姿’’のことを指します。人はこの’’自我=理想’’を目の前に提示されると、それに関する物を買ったり、サービスを利用するなどの「行動」を自ら起こします。なぜでしょうか?それは、「理想像になりたい」という’’欲’’が刺激されるからです。’’欲’’への刺激は、人の心を動かし、行動を変える力があります。その「欲を刺激すること」の重要性については、他の記事で紹介しているので,まだの方は読んでください。→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225513971.htmlなので、何かを伝える時は、伝えたいものを「解説」するような文章だけではダメです。例えば、先程の「TSUBAKI」の例で言うと・・・「’’持続型のヒアルロン酸’’でうるおいを持続するので、パサつきがちな髪もまとまる髪へ仕上がります」と、これだけだと何かもの足りないですよね。しかしこの文章に、女優さんの写真を一緒に載せたり(上記の商品では女優の「杏さん」が載っていました)、「女優の○○さんも愛用の」と載せるだけで、読者の理想像を脳内にインストールさせ、’’なりたい欲’’を刺激することができます。こうすると、説明文だけの時よりも格段に反応率が上がるのです。つまるところ、写真や文章で人の’’欲’’をうまく刺激できれば、伝えたいものの説明は二の次で良いんです。では、読者の’’理想像’’へ効率的にアピールするには、具体的にどうすれば良いでしょうか?一番重要なのは、「読者の理想像を深いところまで把握する」という事です。「’’これ’’(あなたが伝えたいもの)を欲する人は、どうような理想像を持っているのか?」「’’これ’’を使って読者はどうなりたいのか?」を深く理解する事です。理解する方法として、特別なものはありません。読者のニーズが把握できれば、手段は何でも良いです。ただ、強いて言うなら、「同じテーマのブログを読み込む」ことは効果的です。変な話,反応が取れているブログのエッセンスを真似すれば、同じように反応が取れるブログが書けちゃいます。こう言うと、「他人の真似をするなんて、わたしのプライドが許さない・・・」って思うかもしれないですね。笑しかし、そこはぐっとこらえて、情報収集の一環として割り切りましょう。そのブログを越える情報提供ができれば、実質あなたのブログが一番反応が取れるブログになります。その他の方法としては、読者と直接話ができればそれに越した事はありませんし、SNSの投稿を読んでみても良いです。読者の理想像を把握できたら、後は言葉で表現するだけです。文章を書く時は「具体的視覚的言葉」を使ってください。「具体的視覚的言葉」についてはこちらに記事をご覧下さい。→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225795257.html抽象的な言葉より、具体的に伝える事ができれば、理想像をより鮮明に与える事ができます。「私の言う通りにすれば、理想像に近づけますよ!」と伝えるのみです。ちょっと偉そうですが、それぐらい強気な方が伝わります。笑’’理想像’’を伝える事は、「おもしろいブログ」を書く事につながります。なぜなら、読者はあなたの文章によってインストールされた’’理想像’’に浸り、妄想に耽るからです。そんなブログは読んでいてワクワクしますよね。あなたも今日から「読者の理想像は何か?」を意識してブログを書いてみてください!今日はこの辺で。それでは!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は嬉しすぎて小躍りします。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。お問合せ先は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      2
      テーマ:
  • 07Dec
    • 【悪用厳禁】ブログで「恐怖」を与えれば人は動く。その方法とは?

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「恐怖は人を動かす」についてです。突然ですが、あなたの一番「怖いもの」は何ですか?「お化けが恐い」「ジェットコースターが怖い」「会社の上司が怖い」「奥さんが怖い」「貧乏になるのが怖い」などなど。いろんな種類の怖いがありますし、人それぞれ怖いものは違います。最近、私が感じた怖いものは、「健康を害すること」です。実はここ半年ぐらい、「肌荒れ」に悩まされています。ある日を境に、突然肌が荒れ始めたんです。何の前触れもなく、かゆみを伴う赤い斑点や小さいポツポツが浮き出てきて、勝手に消えていくの繰り返しです。「健康を害するって。何だ、たかが肌荒れかよ」と思われた方がいるかもしれませんね。笑私も最初はそう思って、放っておいたのです。でも、一向に良くなる気配がありません。そして、何を試しても、改善しないのです。「原因不明の肌荒れ」これはさすがに普通じゃない・・・と思い、数々の改善策を試しました。①とりあえず市販の薬で・・・→効かず。②じゃあ通販のもっと良さげな薬は?・・・→効かず③水道水を飲んでるのがいけない?→ミネラルウォーターにしたが変わらず④水道水を浴びてるのがいけない?→シャワーヘッドを変えたが治らず⑤エアコンのカビ?→クリーニングしたが変わらず⑥寝具のダニ?→丸洗いしたが変わらず。⑦単純に栄養不足?→サプリを飲むが変わらず。ここまでしたのに全くダメなので、ようやく皮膚科へ行きました。(最初から行けば良かった・・・)診断結果は「じんましん」。医者曰く、「ストレスが原因じゃないか?」との事でした。「じゃないか?」なので、断定はできないようです・・・汗今では薬を塗ってよくなってます。あと長時間のパソコンで目が疲れるとひどくなるようなので、PCメガネを買ったところ、症状が軽減しました。ストレスってすごいですね・・・・前置きがだいぶ長くなってしまいました。(まだ読んでくれていますかね?笑)結局何が、言いたかったかと言うと・・・「’’恐怖’’は人の行動を変える力がある」と、言うことです。今回の例で言うと、「原因不明の肌荒れ」に直面した私は、「なんで治らないの?;」「なんかに感染した?;;」「もしかしたら変な病気になった?;;;」と、あらゆる’’恐怖’’に襲われました。その結果、①〜⑦の行動を、何の躊躇もなく行ったのです。おまけに、いろいろ買ってます・・・総額4万〜5万は使ってますね。このように、「恐怖」一つでここまで人は動くのです。しかも嫌々ではなく、自ら率先して。では、この「恐怖」を伝えるというスキルを、あなたのブログに取り入れたらどうなるでしょうか?例えば・・・あなたがおすすめしたい「サプリメント」があって、「毎日ファストフードばかり食べて、栄養が不足していませんか?」「栄養失調の人は総じて、年収が低いと言われています。身体が十分に機能せず、仕事に支障が出るからです。」「一生節約生活で人生を終えても良いんですか?」「そうならない為に、このサプリメントで・・・」 例なのでフィクションも交えましたが,こんな感じで「このままじゃダメなんだ」という恐怖をうまく文章で伝えるのです。そうすると、読者は提示された「サプリメント」を使うようになり、読者に感謝され、救ってくれたあなたのファンになったりします。では、「恐怖」はどのようなメカニズムで人を行動させるのでしょうか?「恐怖」は全人類に共通し、生物学的にプログラムされている「8つの強い欲」の内の一つです。「8つの欲」の重要性についてはこちらの記事でお伝えしています。→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225176548.html「恐怖」という’’欲’’と言っても、「恐怖が欲しい」ということではありません。「恐怖から逃れたい」という欲です。「恐怖を感じる」→「恐怖から逃れたいという’’欲’’が生まれる」→「行動する」という流れで、人は恐怖に対して反応します。そして、この恐怖が切迫している程、行動に駆り立てる力も強くなります。例えば・・・あなたが家族と離れて暮らしているとしましょう。あなたのところに、兄弟(姉妹)から「お父さんが寝込んだ」という連絡が入っても「大丈夫なの?」と心配して電話を入れるぐらいですよね?しかし、「お父さんが事故にあって昏睡状態」という連絡が入ったら、電話だけで済むでしょうか?おそらく、全ての予定をキャンセルして、飛行機に飛び乗りますよね。与える「恐怖=ストレス」が大きい程、人の行動力は上がるのです。「恐怖」がいかに人の行動を司るものか、なんとなくわかってきましたか?このスキルを自分のものにできたら、伝え方の幅が広がりそうですよね。ただし、使い方には十分気をつけてください。使い方を間違えると、読者には逆効果です。気をつけるべきは2つ。1つ目は、必要以上に「恐怖」で脅さないでください。単純に嫌われるからです。笑「恐怖」に関する説明を淡々と、適切に述べるだけで構いません。その「恐怖」が公的に認められている証拠があれば尚良いでしょう。(「権威」というテクニックですが、これはまた後日に) 2つ目は、「恐怖」を与えるだけ与えて、何も解決策を提示しないのはいけません。解決策がないと、逆に人は固まります。一刻も早くお父さん元へ行きたいのに、台風で飛行機が欠航だった場合、跪き、途方に暮れてしまうのと同じですね。恐怖を使うときは伝える順番が重要です。以下の流れが、「恐怖」を効果的に使う方法であると言われています。1.人が徹底的に恐怖に脅えているとき。2.恐怖を克服するには具体的にどうすれば良いか、  おすすめの行動案が示されているとき。3.その行動案が恐怖を軽減するのに効果的であると認められたとき。4.おすすめの行動案が取れると信じたとき。 特に3がないと、「恐怖」を与えても意味がなくなります。一つの要素も欠かさず、伝えましょう。恐怖を伝えることの有効性を感じて頂けましたでしょうか?まとめますと・・・「恐怖を淡々と伝え、そこから逃れることができる具体的で信用できる解決策を提示する」これを意識して文章を書けば、より影響力を持ったブログを書けるようになります。利益を訴えるブログは星の数程あります。なので、「恐怖」という不利益を訴えるブログが書ければ強いですし、他との差別化にもなるのです。「恐怖」を習得して、他のブロガーとの差をつけちゃいましょう!長文になりましたが、読んで頂きありがとうございます!まだ理解できないという方は・・・もう一度読んでみてください。笑今日はこの辺で。それでは!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は嬉しすぎて小躍りします。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。お問合せ先は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      1
      テーマ:
  • 05Dec
    • 面白いブログは、文章が「わかりやすい」!意識するのはこの1択のみ!

      どうも!コピーライターの中田です。今回は、「わかりやすい文章はおもしろい!」というテーマをお話しします。最近、住宅ローンの事で調べものがあったので、パソコンでググってみたり、本屋で立ち読みをしたりしました。様々な記事を読みましたが、ほとんどが「わかりにくい」文章なのでイライラしました。なんと言うか、「文章がカタい」のです。文中にはびっしりと専門用語のオンパレード・・・読む気がしません。そして、専門用語そのものがわからないので,当然その文章の言いたい事がつかめません。結局、解決できたのかもわかりません。笑読者にとって「わかりにくい」って’’悪’’ですよね。読んでいてつまらないですし、時間を無駄した気分です。逆に「わかりやすい」って’’正義’’ですね。読んでいて面白いですし、大袈裟ですけど良い時間を過ごしたなと感じます。あなたは、「わかりやすい文章」と「わかりにくい文章」の差って、何かわかりますか?結果から言うと、それは・・・「いかに具体的に書かれているか」これに尽きます。コピーライティングの世界で言うと、「具体的視覚的言葉」を使って書かれているかを指します。「具体的視覚的言葉」を使って文章を書くと、とにかく「わかりやすい文章」になります。読者にとって「わかりやすい=優しい」文章になるので、最後まで読んでもらえる確率が高くなります。それがアクセス数や読者登録の増加につながったり、「読んでいてわかりやすいです!」というような感謝につながったりする訳です。また、これが一番重要ですが、「具体的視覚的言葉」で書くことが、人間の’’欲’’を最も強く刺激する方法なのです。抽象的な言葉で伝えるより、より鮮明に’’欲を満たしているイメージ’’を伝える事ができるので、読者の心を掴み、行動してもらいやすくなります。行動してもらいやすくなるという事は、自分の紹介したいサービスや商品などの支持率や反応率が上がることにつながりますよね。’’欲’’を刺激する事の有効性や「どんな’’欲’’を刺激すれば良いのか?」については、こちらの記事で紹介しているので、一度目を通しておいてください。「生命の8つの躍動」→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225176548.html「後天的9つの欲」→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225513971.htmlでは、何を書ければ「具体的視覚的言葉」を使った事になるのでしょうか?一言で言うと、「読者の頭の中に動画を再生させる文章」を書く事です。「情景」や「状況」を鮮明にイメージできる文章を与える事で、読者の頭の中に動画を再生させ、想像上で体験させるのです。スーパーなどで良く「試食・試飲コーナー」があったりしますよね。あれは実際に食べたり飲んだりさせ、体験させることで購入してもらいます。しかし,「具体的視覚的言葉」は’’文章のみ’’で同じ効果を得る事を目指します。例えば、「良質な脂がのった霜降り和牛をふんだんに使い、絶妙にこねられたハンバーグが鉄板の上でジュージューと焼かれています。その香ばしい匂いがあなたの食欲を誘うのです。さあ一口頂きましょう。すると、あふれんばかりの肉汁が口の中いっぱいに広がります・・・」みたいな感じで、具体的な言葉を使って、実際に食べているような状況を表現するのです。とにかくおいしそうなことが伝わりませんでしたか?実際にハンバーグが食べたくなった方もいるかもしれませんね。笑このように、自分の伝えたいことを「具体的視覚的言葉」を使って表現すれば、うまく’’欲’’を刺激し、読者の「それが欲しい」という気持ちを増幅させる事ができます。広告の世界では、消費者が商品を買う時などは、「自分の頭の中で一度利用してから買う」と言われているぐらいです。「具体的視覚的言葉」を使った書き方がいかに影響力のある方法かがわかります。では、あなたがブログに、「具体的視覚的言葉」を盛り込んでいく時には、何を意識すれば良いでしょうか?重要なのは以下の2点です。まず1つ目は、「伝えたい状況を一つ一つ言葉で説明していく」ことです。さっきの例で言うと、「焼かれているハンバーグを見る→においを嗅ぐ→食べる」という流れを一つずつ書いています。加えて、そのハンバーグが「どんなハンバーグなのか?」も細かく説明を入れていますね。伝えたい状況や情景を構成する要素を、一つ残らず盛り込んでいくのがコツです。2つ目は、「’’五感’’を駆使する」という事です。五感とは「視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚」の5つです。これらを今まさに感じ取っている状況を言葉に表していきます。さっきの例で言うと、「脂がのった霜降り和牛」→ 視覚「ジュージューと焼かれて」→ 聴覚「香ばしい匂い」→ 嗅覚「肉汁が口の中いっぱいに」→ 味覚(触覚?)という感じです。この「五感」を意識して書くと、より人間の’’欲’’を刺激する事ができます。五感は人類共通なので、イメージしてもらいやすいからです。この2点を抑え、あなたのブログの文章に「具体的視覚的言葉」を盛り込んでみましょう。最初に入っておきますが、意識して書いてみるとかなりめんどうに感じると思います。端的に「ハンバーグを食べました」と書く方が簡単ですからね。笑ただ、この一手間で、ブログの反応率は10倍20倍と劇的に変わるでしょう。いかに頭に汗をかけるかが、「最後まで読まれるブログ」にできるかの分かれ道になります。今回の「具体的視覚的言葉」と他の記事で紹介した「生命の8つの躍動」の関係は、まさに「鬼に金棒」です。個別で使ってももちろん効果はあります。ただ、二つ掛け合わせれば、読者の欲を刺激しまくり、心掴みまくり、行動させまくりのブログが書けるはずです。この二つのスキルは、この後書くあなたのブログに今すぐに取り入れてみてください!今回はこのへんで。それでは!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は嬉しすぎて小躍りします。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。お問合せ先は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      2
      3
      テーマ:
  • 04Dec
    • ブログの影響力が増します!人間の持つ「9つの欲」も刺激しよう。

      どうも。コピーライターの中田です。今回は、「’’9つの欲’’を刺激して書く」をお伝えしていきます。人が行動するキッカケになるものって何だと思いますか?それはずばり、’’欲’’です。人は’’欲’’を刺激されると、それを何とか満たしたくなります。欲に心が掴まれている状態です。欲を満たす為には行動しなければならないので、必然的に動かざるを得なくなります。例えば、「お寿司が食べたい!」→「回転寿しに行く」「あいつよりも高い成績を残したい」→「人一倍勉強する」「気になるあの子と遊びたい」→「デートに誘う」みたいな感じですね。人間はこの’’欲’’から逃れる事はできません。毎日毎時間絶えず、外部からも内部からも欲を刺激されまくっているのです。電車の広告やテレビCM、SNSやブログの記事など、様々な媒体から情報が発信されていますよね。人は’’欲’’に勝つ事はほぼ不可能です。その無数の’’欲’’のなかでも特に強力な「8つの欲」が存在します。全人類に共通し、生物学的にプログラムされている最も強い「8つの欲」です。あなたの書くブログにこれらの要素を取り入れていけば、アクセス数を10倍20倍にする事も可能です。広告業界では最も売上に直結するスキルだと言われています。この「生命の8つの躍動」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。以降の記事を読む前に一度目を通しておいてください。→http://ameblo.jp/valprobro/entry-12225176548.html今回はその「生命の8つ躍動」以外にも、人間が二次的に身につけた「9つの欲」が存在する事をお伝えします。「後天的9つの欲」と言います。これらは、「生命の8つ躍動」のように生まれつき備わっている欲ではありません。なので、生物学的にこの欲を満たそうとする衝動は起こらないので,影響力としては「8つの欲」にはかないません。しかし、覚えておくと書き方の幅が広がるので、チェックしておくべき項目ではあります。その「9つの欲」はこちらです。1.情報が欲しい2.好奇心を満たしたい3.身体や環境を清潔にしたい4.能率よくありたい5.便利であって欲しい6.信頼性、質の良さが欲しい7.楽しさと,流行を表現したい8.節約し、利益を上げたい9.掘り出し物を見つけたい注目して欲しいのは、「お金が欲しい」という欲である「8.節約し、利益を上げたい」がココに入っているという事です。なので、お金関連は「8つの欲」ではないんですね。よく、ネットやSNSの広告などに、「今すぐ稼げます!」「簡単に稼げます!」「月100万円の収入が手に入ります!」なんていう言葉を良く目にします。確かにお金のことだけでも目を引き、影響される人もいますが、これだけじゃダメだということです。それよりも、「ミシュランに載っている高級レストランをハシゴしたくないですか?」「いつでも好きなときに海外旅行に行けるようになります」「モデルみたいな女性を彼女にする事ができます」みたいな感じで「8つの欲」を刺激した方が感情は動きやすく、与える影響は大きいです。なので、金銭的な事ばかりアピールしても、あまり効果はありません。お金そのものは「8つの欲」と関係がないので、メッセージ性が弱く、反応率は低くなるということです。「9つの欲」も使い方は「8つの欲」同じです。まずはあなたのブログで文章を書いてみて、「鮮明のイメージできるか?」「動画が再生されるか?」を追求してみてください。うまくイメージさせる事ができれば、「イメージで欲を刺激 → 欲を満たしたくなる → 行動する」という感じに、読み手に影響を与える事ができます。「8つの欲」と今回お伝えした「9つの欲」も取り入れ、あなたのブログに書く文章の幅を大きくしていきましょう!うまく取り入れていけば、読んでいて面白い文章を書く事ができます。今日はこの辺で。それではまた!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は嬉しすぎて小躍りします。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。お問合せ先は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      2
      テーマ:
  • 03Dec
    • 読まれるブログの絶対条件。人間が潜在的に持つ「8つの○○」を刺激する方法。

      Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;}どうも!コピーライターの中田です。今回は、「人間の持つ’’8つの○○’’を刺激せよ!」についてです。世の中には無数の広告やCM、SNSの投稿、ブログ記事などであふれています。家でテレビを付けていれば嫌でもCMが流れてきますし、ネットサーフィンでも消すのが面倒なくらい広告が表示されます。1日に数えきれない程、目にしてますよね。そんな広告の中でも、何となく記憶に残っていたり、ついつい目に止まってしまうものってありませんか?中にはその広告に影響され、商品を購入したり、Facebookで「いいね!」をしたりしているはずです。実はそれって、あなたが発信者に心を掴まれ、心を動かされている証拠なんです。そして、発信者の思惑通りの行動を取らされてしまいます。このように、人の心を掴んで動かす事ができれば、その人の行動まで変える事ができるのです。では、その「心を掴んで動かしてしまうもの」って何でしょうか?単刀直入に言います。ずばり、「欲」です。人は絶えず’’欲’’への刺激にさらされて生きています。あなたも欲にまみれて生活していませんか?私はまみれています。笑「おいしいもの食べたい」「友人とワイワイ遊びたい」「ぐっすり眠りたい」「彼氏彼女と×××したい」などなど・・・人間が’’欲’’に勝つ事はほぼ不可能と言われています。そして、人間は「欲」を刺激されると、それを満たす為の行動をとります。例えば、簡単な例でいうと、「お腹空いた〜」→「コンビニでお弁当を買う」「起きれない…眠い…」→「二度寝する」「あの子かわいい!付き合いたい!」→「LINEのIDを聞く」みたいな感じです。実際の話ですが、先日彼女とデート中に、ランチを何にするか悩んでいました。歩いているとどこからともなく「カレー」の匂いが・・・見事なまでに「カレー食べたい欲」を刺激され、カレー屋さんへ直行しました。(彼女も見事にカレー欲を刺激されていたため、満場一致で可決されました。笑)このように、人の行動の根本的なキッカケは’’欲’’からきています。このように「欲」をうまく刺激した広告やCM、ブログ記事などはついつい読み入ってしまうのです。なので、人間の’’欲’’を意識して書くだけで、あなたがブログ読者に与えるの影響力は向上します。人間には無数の’’欲’’に支配されていますが、その中でも最も強力な’’欲’’が存在します。それは全人類に共通し、生物学的にプログラムされている8つの強い欲です。この8つの欲を避ける事は不可能です。うまく利用すれば自然摂理の力を利用する事ができるので、使われた側は嫌でも影響されてしまうのです。広告業界では、他の欲よりもこの8つの欲を上手く使うことが売上に大きく影響を及ぼすと言われているぐらいです。実例として、書籍販売の際に8つの欲を使って売れない本のタイトルを変えただけで5倍〜10倍も売上を伸ばしています。これをブログに置き換えると、8つの欲を使ってブログのタイトルや記事を書くだけで、アクセス数が激増するという事ですね。では、その8つの欲とはどんなものか?それはこの8つです。1.生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい、2.食べ物、飲み物を味わいたい3.恐怖、痛み、危険から逃れたい4.性的に交わりたい5.快適に暮らしたい6.他人に勝り、世の中に遅れを取りたくない7.愛する人を気遣い、守りたい。8.社会的に認められたい因みにこの8つをまとめて「生命の8つの躍動」と呼びます。この「8つの躍動」が使われている例をあげると「週刊雑誌」がわかりやすいですかね。表紙を見るとわかりますが、必ずと言ってい良い程「グラビア」で飾られています。雑誌の中の漫画とは全く関係ないのにです。「肌の露出激しい水着を着た女性」=「4.性的に交わりたい」この欲を使って男を誘い込んでいるんですね。確かに、コンビニで立ち読みをしている人はほとん男性です。笑あとは牛丼チェーン「吉野家」のキャッチコピーである「はやい、やすい、うまい」などもそうですね。「はやい、やすい」=「5.快適に暮らしたい」「うまい」=「2.食べ物、飲み物を味わいたい」このように、広告業界ではこの「生命の8つの躍動」が多用されているのです。では、「生命の8つの躍動」をどのように使えば良いのでしょうか?これについては、あまり難しく考えなくていいです。意識する事は、「欲を満たされた状態を言葉で表現する」ことです。書いた後に一度 読み見返してみて、「頭の中で鮮明にイメージできるか?」「その光景が動画として再生されるか?」を確認してみてください。「ジャズのながれる高級感漂うカフェで、ふかふかのソファに腰掛け、煎れたてのコーヒーを味わいながら、のんびり仕事をする」みたいな感じで具体的な言葉をつかうとイメージしやすくなります。読み手の頭の中で動画を再生させれば欲が刺激され、行動させることにつながるのです。「人間のもつ生命の8つの躍動」を刺激する事の重要性をおわかり頂けたはずです。あなたがブログを書いていれば早速次の記事から、’’欲’’を意識して書いてみてください。最初はかなり「どストレート」な表現になってしまうと思いますが、それで大丈夫です。慣れてきたら徐々に調整できるようになります。「そもそも人が持つ欲をいまいち理解できない」という場合は、常日頃から人の欲を観察してみてください。「この人は今何を欲しているのだろう?」「この人は今どんな欲を満たしているのかな?」など、周りを観察するとたくさんの欲を見つける事ができます。それを言葉にする訓練を行えば、自然と文章で表現できるようになります。「生命の8つの躍動」をうまく利用し、自分のブログの反応率を10倍20倍にしていきましょう。今日はこの辺で。それではまた!(参考文献:「現代広告の心理技術101」)================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は嬉しすぎて小躍りします。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。お問合せ先は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      1
      テーマ:
  • 02Dec
    • 人の心を掴む文章術=コピーライティングとは何か?

      どうも!コピーライターの中田です。今日から本格的に「心をつかむ文章・ブログの書き方」についてお伝えしていきます。「心をつかむ文章」ってどういう文章だと思いますか?このブログの「序章」という記事でもご紹介しましたが、それは「コピーライティング」を使った文章です。今回は初回なので、「コピーライティングとは何か?」という本質や概要の部分をお伝えしていきます。あなたはコピーライティングを使うとどんなメリットがあるか想像できますか?コピーライティングは、あなたが思っている以上に汎用性があり、可能性を秘めているスキルなんです。このスキルは人生のあらゆる場面で活用する事ができます。例えば、サイトやブログを通して商売をしている人は、集客に活用したり、商品の魅力を上手に伝える事で売上向上が期待できます。会社勤めの人が資料作成で活用させれば、上司や取引先の心をつかみ、評価を上げたり契約の受注につなげることも可能です。ブログを運営していれば、読者を引きつける文章を書く事で、自分のファンをつくることもできます。このように、事業者や会社員、ブログを楽しむ老若男女など、どんな人でも人生のプラスにできるスキルです。コピーライティングは、比較的「ネットビジネス」に利用される事が多いです。「ネットビジネス」なら、商品の魅力を伝える紹介文をコピーライティングを使ってブログやサイトに書いておけば、自動的にお客さんが集まり、勝手に売れていきます。ブログやサイトは「書き残す」ことができるので、積み重ねれば、それが自分の資産となるのです。自動的に商品が売れるサイトを何個も作れば、いわゆる「不労所得」を増やす事につながる訳ですね。特にネット販売が増えてきた近年では、コピーライティングを使ったWebコンテンツが増えてきています。このスキルを取り入れない事が、逆に機会損失になりつつあるのです。 また、コピーライティングが「書くだけ」にしか活用できないスキルと思っていたら、それは間違いです。「リアルビジネス」にも活用できます。「リアルビジネス」なら、コピーライティングで学んだテクニックをそのまま自分の口で話せばいいだけです。対人での営業で使えば、言葉で相手の心を掴む事ができるので、自分に有利な商談を進める事ができます。これらの事からわかるように、コピーライティングは「人間心理」に基づいたスキルです。人間の持つ悩みの根本原因は、ほとんど「人間関係」からくると言われています。コピーライティングを通して「人間心理」を学ぶ事で、人間関係の悩みの解決にもアプローチできるはずです。詰まる所、コピーライティングは、「学んでおいて損をすることはあり得ないスキル」と言えるのです。では、「 コピーライティングってそもそも何なの?」という話をします。私が当初抱いていたのイメージは、「コピーライティング」=「文章で人の心を操り、自分の思い通りに誘導する」というものでした。あなたも同じようなイメージをお持ちですか?「心を操り・・・」なんて言うと、詐欺師みたいで暗い印象ですよね。笑だから華やかなイメージがないのかもしれません。そんでもって、これがあながち間違ってはいないのです。人を動かす言葉や文章のフレームなど、「テクニック」はたくさんありますので,勉強し駆使していく事が重要です。こう言うと、「結局そうなのか。人を操るなんて、そんなブラックめいたことはできない!」と、思うかもしれませんね。笑しかし、そういったテクニックを学ぶ前に大切なことがあります。「大切なこと」というか「大切な心構え」です。それは、「人を良い環境に導き、信頼関係を築く」という心構えです。コピーライティングを使って「その人の為にならない環境」へ誘導してはいけません。それをやってしまうと、「洗脳」です。「洗脳」して相手の為にならない環境へ導いても、その人に対して本当の価値提供にはなっていません。本当の価値提供とは「その人の為になる環境へ導くこと」です。良い環境へ導ければ、その人はあなたを信頼してくれます。その信頼関係が、人とのつながりを生み出します。その人とのつながりが、また別の人とのつながりを生み出します。そのようなサイクルが回りだすことで、読者も増えていったり、物が売れていったりするのです。「人を良い環境に導き、信頼関係を築く」この心構えが持つことがコピーライティングは学ぶ上では最重要です。では、具体的にどうやってコピーライティングを学んでいけば良いでしょうか?手前味噌ですが、まずは私のブログを読んでください。笑私は常に勉強し続けており、そこで学んだ事をあなたに共有する為に、このブログを開設しました。テクニックや知識を各記事に小分けにして紹介していくつもりです。なので、読んでもらえばある程度の知識は身に付きます。物足りなれば、コピーライティング関係の本は売っているので、読んでみても良いでしょう。テレビやCM、電車の広告、HPの商品紹介ページを読むことも有効です。そこにどんなコピーライティングが使われているか、分析してみてください。「あ、この前勉強した○○法が使われてる・・・」という気づきがあったり、「こうやって書けば、心に響くのか・・・」など学べる事が多いです。これらで学んだことをご自身のブログや会社での資料作成などに使ってみてください。実際に書く事で、自分のスキルとして身に付いていきます!今日はこの辺で。それではまた!================================【お知らせ】当ブログを読んで頂き、ありがとうございます!もし、記事を読んでいて何か感じる事がありましたら、お気軽にご意見やご感想をお聞かせ下さい!^^一言でも頂ければ、中田は嬉しすぎて小躍りします。笑そして、できる限り私のほうからもご返信させて頂きたいと思っています。お問合せ先は、「アメブロのコメント・メッセージ」からお願い致します。それでは今後ともよろしくお願い致します!^^コピーライター 中田裕二=================================

      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス