元保健室の先生が教える思春期・反抗期の育て方・見守り方&コーチング

元保健室の先生が教える思春期・反抗期の育て方・見守り方&コーチング

保健室教諭21年の経験を活かして、思春期反抗期の子供の育て方見守り方をお伝えします。
月経、射精などのカラダの変化からココロの問題まで、思春期の子供の成長を学び、子育ての不安を解消!
コーチングの技術を使って、子どもの育て方、見守り方をお伝えしています。

● 思春期男子を育てるの、特別な感じがしていますか?!


 

こんにちは。三浦真弓です。

思春期・反抗期の男子を育てること

特別な感じがしていますか?

特別には、おもっていませんか。

 

イメージとしては、

思春期・反抗期になると、イライラが募って

つい、壁に穴を開ける!とか

「クソババァ」と言い出すとか、

そういう印象があるかもしれませんね。

 

 

思春期の子どもがいるママから、家の一部を壊したとか

ババァと言われたなどの話を聞くと


「きゃー! どうしてー! 

我が家もそんなことになったら、どうしたらいいのぉ…」

と悩まれてしまうでしょうか。

 

実際に、何か壊されたご家庭では、

「何があったのかしら? 私の息子理解が足りないのかしら?」
「もっと、子どものこころに寄り添わないと…」

なんて自分の子育てを、反省されるでしょうか?

 


最近は、共感してあげることが大事、と言われたり、

丁寧だったり、

子どもに寄り添う子育てが

よしとされる風潮にあるように思います。


ですから、お子様が壊した家の中を見て

「なんで壊すんだ!!」

と思いながらも、

 

「寄り添ってあげないと。。。」

 

と思われるかもしれませんね。
でもですね。


おうちの一部、破壊ですよ!

「なにやってんだー!ヾ(。`Д´。)ノ」

と怒ってよいのです。

親だって、

感情的に怒ってもよいんです。

特に、こんなおうちの一部破壊だなんてときには。



いや〜

怒っていいんですよというよりも

親として、ここは許せん!ということについては

 

ガツンと怒りましょう!!

「男子はかわいいからさぁ」

 

とか言ってる場合ではありません。

しかも、男子だから、女子だから、という

性別で叱り方を変えるのもね。

 

よくありませんよ。

 

感情的になってしまったなアセアセ

と思えば、後から

 

「ちょっと、酷い言い方になってしまったね。

ごめんね」

 

と伝えれば良いですからねウインク

 

性別で叱り方を変えるのではなくて、

一人一人の様子をよく見て、

そして、行なった行動を見て、

叱りたいですね。

 

男子だから(または、女子だから)

デリケートな思春期だから、

 

という言葉に惑わされずに、

大切だと思うことは、きちんと注意していきましょう。

 

 

「そうは言っても。。。」

と、お困りの場合は、こちらでご相談していただけますウインク

 

右矢印思春期の子育てに自信が持てる元保健室の先生三浦のメール相談

右矢印思春期子育ての不安を解消したいお母さんのための「元保健室教諭の個別相談」

 

 

● あなたの地域にお住まいの「思春期子育てに悩むお母さん」の指南役はいりませんか?

こんにちは! 三浦真弓です。

乳幼児期は、子育てが初めて!という方もいらっしゃるので、自治体主催の講座もたくさんあります。

思春期・反抗期の年代の講座は、、、どれくらいあるでしょうか?

思春期の子育てに悩んでいる保護者の方も、たくさんいらっしゃいますよ。

思春期の子どもを理解できる、地域の大人を増やしませんか。

E029F57A-2DC9-4D12-8705-4D3AE0F85385-5908-000002

4つの機能で「長男が世界征服したい」と言った質問をしたものです。

それに対して「トップを取りたい」と言う、一つの解を出して下さいました。

ある分野でトップをとれるような息子に育てていきたいと思います。

また、色々と分かりやすく説明下さいまして、ありがとうございました。

親子の関係が難しくなっていく思春期。

子どもとの関わり方を、どう持っていくかについて、勉強になりました。

ありがとうございました。

今日は、ありがとうございました。

自分が子どもだったときのことを振り返ると、

母親が息子の性的な成長に関わってくるのは、本当にやめてほしい!

ただ、母親としては、関わりたいくらい心配だったり、気になることなのだということがよくわかりました。

父として、家庭内でできることをしていく必要を感じました。

ありがとうございました。

お子様が小さいうちはご家庭にいらしても、小学生になり徐々に仕事に出られる方も増えます。

見た目の子どもは、まだまだ小さいので、お家の方は「子どもだ」と思って日々、過ごされるのですね。

しかし、実際には、

小学校高学年には、思春期に足を踏み入れています。

子育てに一生懸命な保護者の方がいらっしゃる一方で、

どのようにお子さまを育ててよいか、わからない方や、たくさんの情報に、混乱されている方も、いらっしゃいます。

色々な価値観、子育て観の保護者の方々がお子様を学校に通わせていることで、

学校現場からは「困っている」とか「現場が混乱している」というような声が聴こえてきていることと思います。

子どもたちは性的な発達をはじめ、カラダとココロの成長に戸惑いを見せたり、不安を感じたりしています。

学校や学区という身近な地域で開催される、子どものカラダや心の成長について学ぶ機会。

保護者の方々も参加しやすいですよね。

IMG_3350.jpg

私は、21年間の保健室勤務で、たくさんの子どもたちに出会い、保護者の方々から、相談を受けました。

そのときに、

「あぁ、小学生、中学生時期の子供のカラダや心の成長・発達について、保護者の方に知っておいていただけると、子育てがラクになりそうなのに…」

と思う場面に、何度も出会いました。

例えば、

もう3年生なのに、いつまでたっても、自分から歯磨きしようとしないんです。

歯磨きだけでなく、顔を洗うとか、学校の準備なども、全部言われないとしないんですよね。

毎日叱るのが、イヤになってきました!

うちの子は、小学生らしくないというか、何事にも冷めてるんです。

かわいげがないというか。

もっと子供らしくしていた方が、いいと思うんですが、言ってもきかないので、ほかっておいていいですか。

というご相談を受けたことがあります。

保護者の方のイライラするお気持ちが、伝わってきました。

お子様の年齢に合わせて、どうしてお子様がそのような状況になっているのかお伝えすると、

お子様の姿を理解していただけて、すっきりされていました。

ただ、学校現場では、一人一人のお子さまの成長に合わせて、保護者の方がどのような対応をされるとよいのか、説明することは難しいですよね。

そこで、今年度は、教育委員会主催で、

保護者の方々に「子供のココロとカラダの発達」について、学んでいただく機会を、設けてみませんか?

IMG_1813.jpg

私は、21年間の教員経験と21年間&3人(男女)の子育て経験(現在進行中)があるので、

子供の発達にあわせた子育てについて、理論と実践からお話をさせていただくことができます。

思春期・反抗期に向かう子どものカラダや心の成長、行動の様子などを前もってわかっていたら、

必要以上に子育てでイライラせずにすむのではないでしょうか。

これまで、次のようなところで、講座や講演会をさせていただきました。

名古屋市千種生涯学習センター親学関連講座

名古屋市北生涯学習センター親学関連講座

同じく、緑区、南区、守山区、名東区、中川区、熱田区の生涯学習センターの親学関連講座。

名古屋市立星ヶ丘小学校(千種区) PTA家庭教育セミナー

名古屋市立八王子中学校・大杉小学校・清水小学校(北区)合同講演会

名古屋市立香流小学校(名東区) PTA家庭教育セミナー

名古屋市立前山小学校(名東区) PTA家庭教育セミナー

名古屋市立上社小学校(名東区) PTA家庭教育セミナー

など、名古屋市内PTA家庭教育セミナー多数。

一宮市教育委員会主催 「お母さんの勉強室」

東京都三鷹市公立学校PTA連合会

大阪府寝屋川市人権文化課講演会

熊本県NPO法人竹田こねこクラブ様

三重県松阪市

津島市立蛭間小学校 学校保健委員会

知多市立東部中学校学校保健委員会

安城市子育て支援団体羽ぐくみさま

そのほか子育て支援団体様  など

IMG_0175.jpg

これまでの講演会では、このような感想をいただきました。

・子供が自己肯定感を低くしないように、自分の発言にも気を付けようと思う。

・わが子に存在価値を伝えてあげようと思う。

・大人同士でもなかなか聞きづらい話を講習していただけ、とても良かったです。

・三浦先生から子供(6年生)向けに講演していただけると、親子で話す機会につながると思います。

いかがですか?

ぜひ、次は、貴会でこんなご感想がいただける講演会を企画してみませんか?

IMG_7630.jpg

私の講演では、

思春期反抗期の子供のカラダや、ココロがどのように成長していくのか、

どのような行動をとるのかなど、

性的な成長に関することなどを、

保護者の方に学んでいただくことができます。

IMG_5034.jpg

実際にお子様が思春期反抗期に入ったと思われるときに、

どのように対応したらよいのか、予習していただいたり、考えたりしていただくことができるんですね。

講演は、いただいた内容に沿ってお話しをさせていただきますが、三浦からは、このような講演をご提案させていただいております。

・思春期はもう始まっている!保護者のための「娘のカラダ・息子のカラダ」

・子どもの「初体験前」に、親が言うこと・できること

・9歳までに教えておきたい「カラダの話と性教育」

・子どもへ届く魔法の言葉がけ

・10年後も抱きしめあえる「親子のキズナ」を深めるために今できること

・その子育ての不安はあなただけじゃない!
~誰もが抱える理想の母親像と現実の私のギャップ~

・子どもの行動の特徴に合わせたほめ方、しかり方、認め方

・子供の才能を伸ばすために親がすべき「自己評価」と「声かけ」

子育てに「よい」とされている方法は、たくさんあります。

もしも、初めての子育てであっても、性別の違う子育てであっても、

子育ての、大きなポイントさえわかっていたら、思春期に入りつつあるわが子に、うまく対応することができますよ。

IMG_9888.png

それでは、三浦真弓が承る講演に関する詳細です。

【時間】
1時間~ご希望にあわせて。

【スタイル】
講演はもちろん、ご要望に合わせて、ワークショップ形式にすることもできます。

【費用】
2時間 10万円~(交通費・宿泊費別途)

思春期は、ちょうど、カラダが大人へと成長するとき。

子供たちは、性のことだけでなく、何かにつけ、親に対して、話しにくさを感じる場面があります。

IMG_9889.png

思春期の子供たちのカラダとココロの成長の様子を知っていれば、

反抗期の子どもたちに、おそれることなく、親としての、毅然とした姿勢で、対応することができます。

PTA講演会はもちろん、教育委員会主催の講演会に、どうぞご利用ください。

お申し込み・お問い合わせは、こちらから、お願いいたします。

● ブログで使える写真を、たくさん撮っていただきました。

 

IMG_5013.png

 

こんにちは 三浦真弓です。

 

ブログはもちろん、お仕事に使える写真を

た〜くさん撮ってくださる撮影会に参加しました。

 

さっそく、主催者ののりんちゅさんこと

櫻井のりえさんが、報告記事を書かれております。

 

緊急事態宣言が、、、

というのは、本当に気になりましたが、

会場の換気の徹底をしてくださるということですし、

そもそも、少人数の撮影会ですし、

道中、たくさんの人に接しそうな場面を避ければ良いかな

 

と、マスク2重にして出かけましたウインク

 

感想は、一言で言うと

「ブログやSNSなど、写真が必要な方が参加すべき撮影会です」

 

IMG_5004.jpg

 

日頃、のりんちゅさんのブログを拝見していて

読みやすくわかりやすいのは、

写真がリアルというのもあると思っていました。

 

ご自身の写真はもちろん、お子様の写真も使われて

文章にマッチしているんですよね。

 

私も、いらすとやさんとか、素材写真のサイトから

選んだりしていますが、

 

もうちょっと、バッチリくる画像がないかな〜

と思うことも増えていました。

 

こちらの撮影会では、必要なポーズの写真を

たくさん撮ってくださいます。

 

私は、パソコンでお仕事している写真とか、

 

IMG_5012.jpg

 

ホワイトボード前の写真などを撮っていただきました。

 

お花の先生は、お花を持ってこられて

実際にレッスンをしているところも

撮っていただいていましたよ。

 

IMG_5006.jpg

 

生徒役は、のりんちゅさんです。

(Takaさんの頭が切れていて申し訳ないです)

 

そして

いろいろなシーンを撮ってくださるのですが、

その撮影したものは、すべて、いただけるのです。

 

よく見かけるのは、

「撮影○時間、お渡し○枚、費用○万円」

という、お渡し枚数に限度があるもの。

 

こちらの撮影会は、

 

納品枚数に制限なし!

 

ということなので、どれくらい届くのか

とても楽しみです。

 

シーンが変わるごとに、

「このように撮れていますよ」

と見せてくださっていて、その数だけでも多い実感があります。

 

IMG_5014.jpg

 

「希望のシーン・ポーズで」「たくさんの写真」を撮っていただける

 

というだけでも素敵な撮影会なのですが、

もっと素敵なこともラブラブ

 

上差しリアルのりんちゅさんとできる、ブログ談義

 

撮影の始まりは、それぞれ、緊張しているので

緊張をほぐすために、フリートークの時間がありました。

(その間に、自然な様子を撮影してくださっています)

 

その時に、のりんちゅさんに、ブログの話を

お聞きすることができましたハート

 

のりんちゅさんは、

我が家より、小さいお子様がいらっしゃるのに、

毎日4記事はアップされています。

 

そして、その記事はどれも、

アメブロを書いている人に

役立つ記事なんですよね。

 

私も、アメブロを書いている期間は長いので

お役立ち記事を、

もっと上げていこうと思います。

 

上差しのりんちゅさんの、すぐに記事をあげるコツを目撃!

 

Takaさんが写真を撮ってくださるのですが、

その後ろから、

のりんちゅさんも撮っていらっしゃることも。

 

IMG_5003.jpg

 

もう、頭の中には、この撮影会の報告記事を書くことが

おありなんですよねラブラブ

 

生徒役をされる場面もありますが、

そうではない時に

使おうと思われるシーンをご自身で撮影され、

文章も作っておく。

 

そう言えば、そういう記事を上げていらしたことも

あったなぁ〜

 

右矢印旅行中にも無理なくアメブロ1日3記事を更新する方法♪

右矢印ヒルトン小田原で、忍者になるの巻き!!

 

記事を、すぐに仕上げるためにされていることを

見せていただけたのも、リアルでお会いしたからこそラブ

ありがとうございます。

 

 

そして、さらにさらに!!

スペシャルサポーターからのアドバイスもいただきましたラブラブ

 

 

 

これですねー。

 

IMG_5011.jpg

 

 

このコメントを下さったマドモワゼル雪華さんとは、

のりんちゅさんの、アメブログループコンサルがご縁ですラブ

 

 

IMG_5016.png

 

グループコンサル以来、ツイッターなどでも

繋がって下さって、

私がツイッターにあげた写真を見て、

リクエスト下さいました。

 

確かに、映えてますよねウインク

 

マドモワゼル雪華さんは、

開催参加ブログにて、こちらの記事を読まれて

メイクも練習されたと教えて下さいました。

 

アメブロ公式トップブロガー・あねっささんの記事です

 

 

私、かつて、

ヘア&メイク付き撮影で、ちょっと失敗した

(メイクやヘアがバッチリすぎて、

普段の私と大違いな 笑

SNSにあげたら、リアル友達が引いた)

経験があるんですね爆  笑

 

普段も、そんなにバッチリメイクはしませんし、

ナチュラルな感じで良いのでは〜

と思っていました。

 

しかし、確かに、せっかくの機会ですからね。

自分ができる範囲で写真映えするのなら、

その方が良いでしょう!

 

と、ちょっと、頑張って(笑)出かけました。

 

 

が!

 

駅のトイレで、鏡を見たとき、

うわ〜眉がない!!

 

トイレの洗面所のライトが、

それはそれは明るくてひらめき電球

手を洗っている時に、ふと鏡を見たら、

眉、なくね!?

 

「そこは気をつけてね」

と、あねっささんのブログにも

書かれていたので、

いつもより、濃いめにしたけれども、

 

でも、まだ、薄いのか。。。

と、書き直して現地に向かいました。

 

で、これです。

 

IMG_5011.jpg

 

よかったー。

眉、ある(爆)

しかも、超・濃いわけでもない。

 

あねっささんブログを読んでいなかったら、

ぼんやり、いや、途中から、何もなし眉だったかも爆  笑

 

雪華さん、あねっささんという、

現地にいらっしゃらないけれども

強力なサポーターさんのアドバイスにて

 

自己メイクながら、

「なんか、いい感じ」

に、撮影していただけて、よかったです。

 

本当に、皆様、ありがとうございますドキドキ

 

という、素敵な撮影会でした。

 

IMG_5013.png

 

この先、今回写していただいた写真を使用して

よりわかりやすい記事を書いていきますね。

 

のりんちゅさんの撮影会は、次回は9月ごろの予定とのことです。

 

こちらの、撮影会報告記事には、

「どのように行われているか」

だけでなく、

 

次回の先行予約フォーム

 

 

マドモワゼル雪華さんの、

のりんちゅさんのスタジオ撮影会を満喫する3つのカギ

 

が掲載されていて、雪華さんの記事からは

あねっささんの

奇跡の一枚【写真映えメイク】髪&服まで

 

も載っています。

 

ぜひ、参考にされて、素敵な、だけれども

妙に盛りすぎてない写真をたくさん撮ってもらって下さい。

 

のりんちゅさん、Takaさん

参加の皆様と、スペシャルサポーターの皆さん

 

ありがとうございました!

 

● 【募集中】5/14・Wまゆみのおしゃべり・ランチ会、毎月開催しています!!

IMG_3633.jpg

こんにちは 三浦真弓です。


いつも、楽しくいろいろな話題で

 

盛り上がっている

Wまゆみのおやつ会

 

5月は14日(金
開催いたします。

 

緊急事態宣言が出されましたが、

 

・換気

・座席のジグザグ配置

IMG_3885.jpg

・食事をしていない時には、マスク使用

 

ということで、開催いたします。

消毒もご用意しています。

 

万友美さんに、

「オリジナル手帳の作り方を聞いてみたい〜」

 

とか、

 

三浦に

「性教育のことや、進路のことなど聞いてみたい〜」

 

ということでも大丈夫です♪

 

 

今回、参加表明してくださっている方も含めて、

万友美さんも、三浦も

 

「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」

で、学んでいますので、

 

「ちょっと、興味あるのですが〜」

 

という方も、大歓迎ですよー

 

 



かつて、毎月開催していた「Wまゆみのおやつ会」

IMG_2895.png

コロナで人が集まれなくなるわ、事務所が移転になるわ、、、

と言うことで、私のブログも、2020年7月の開催を最後に、書いておりませんでした。

Wまゆみのおしゃべり・ランチ会でした♪

でもですね。

実は、毎月開催しておりました。

8月のランチ。

IMG_1352.jpg

10月のランチ。

IMG_1946.jpg

(9月は、私はお休みしましたが、万友美さんが開催してくださいました)

ランチの写真だけで、まるで、マリカフェさんのメニュー表か!?みたいな感じですが(笑)

来月も開催いたします!

5月は14日(金)に開催いたします。

場所は、金山総合駅・南口から徒歩数分の、マリカフェさんです。

IMG_0807.jpg

マリカフェさんでランチして見たい人、いつものお友達とは違う人たちと話をしてみたい人、

子育てに関して、なんとなく、いつもと違うお友達と話をして見たい人など、どうぞいらしてくださいね!

また、これまでの、おやつ会同様、モーハウスさんのモーブラや授乳服なども、ご購入いただけます。

ただし、多くの商品を持ち込んで、どーんと展示販売!と言うわけにはいかないので、

ご希望の商品がございましたら、こちらからご連絡ください。

モーブラ1つだけ、でも大丈夫ですよ♪

「行ってみようかな〜」

という方は、ぜひ、ライン登録をお願いいたします。

IMG_0810.png

まだまだ、人数を限定した方が良い状況ですので、公式ラインから、日時などを、ご案内しております。

いつかは行って見たいな〜と言う方は、ぜひ、登録をお願いいたします。

IMG_2275.png
 

● まずは、ご自身(と家族)を整えることに学びを生かしていらっしゃいます 〜うつ病にさせないためのアドバイザー養成会

 

IMG_5002.jpg

 

こんにちは 三浦真弓です。

 

昨日は、以前に開催した

お母さんのための、「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」

にご参加くださった方々と

 

情報交換会をいたしました。

 

「これはいい!」

と、学んでくださったことを、

ぜひ、毎日の生活の中で生かしていただけたら、、、

 

と思いました。

 

ご参加くださった方に、学びで役に立っていることを

聞かせていただきました。

 

みなさん、

「まずは、自分と家族を整えること」

に、活かしてくださっていました。

 

お仕事の中で、使ってくださっている方も

いらっしゃいましたが、

 

仕事をする自分自身が、整っていてこそ、

お仕事の内容も、十分に発揮できますものね上差し

 

後半には、

「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」の

動画資料にも登場し、テキストを作成してくださっている

 

時任春江さんも、ご参加くださいました。

 

IMG_5001.png

 

打ち合わせのご予定が終了し、駐車場の車の中から

ご参加くださり、

 

いろいろな質問にも答えてくださいましたよ♪

ありがとうございます。

 

家族のことを思う気持ちが、想いが強すぎて

例えば、他の家族に、

 

「それ、何、学んできたの!?」

 

みたいな、生温かい眼差して見られることも、

時にありますがアセアセ

 

押し付けることなく、家族の方々や、お友達など

関心を持っていただけて、

 

「今、大変なんだ〜」

「ちょっと、辛いかも〜」

 

みたいな、ことを言い合える関係を作り

大変なことが続いても、

うつ病にさせない!ことができたら、、、

 

と思います。

 

GW明けの、お忙しい時に、ご参加くださいまして

ありがとうございました。

 

 

うつ病にさせないための考え方、行動の仕方などを

「アドバイザー養成会」にて、お伝えしています。

 

特に、お母様のために参考になるような内容の

ワークを取り入れております。

 

産後うつ予防にも、なります様に。

 

次回は、

6月11日(金)を予定しております。

 

参加ご希望の方、詳細を知りたい方は、どうぞ、

こちらから、お願いいたします。

 

右矢印6/11(金)お母さんのための、「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」

 

 

●「思春期の息子の気持ちがわかりました」思春期前の子を持つ母親のための10日間無料メールセミナー

こんにちは! 三浦真弓です。

毎日、家事や子育てに、頑張っていらっしゃいますね。

わが子が小さいときはもちろん、一人でいろいろできるようになっても、親としての悩みは、つきません。

むしろ、大きくなってからの悩みの方が、深刻なことが多くなるようです。

特に、子どもが思春期に入ると

・親に対して、小学生のときほど、話をしてくれない…。

・わが子を理解したいけど、会話が成り立たない。

・思春期のわが子を、どうやって理解したらよいのか…。


などの悩みがうまれ、突然のわが子の変化に、戸惑うことばかりです。

そこで、このたび、「わが子が思春期を迎える前に」というタイトルで、無料メールセミナーをご用意いたしました。

思春期のお子様を持つママが、主に悩まれることが5つ、登場します。

どんなことで悩まれるのか、そして、悩みを引き起こしたわが子について、どのように理解したらよいのか。

このメールセミナーで、考えていただけたらと思います。

◆「わが子が思春期になる前に」思春期前の子を持つ母親のための10日間無料メールセミナー ◆

○全10通

○毎日配信

○内容

【第1号】子どもに思春期や反抗期がくることも、怖くなくなりました。

【第2号】スマホやゲームの与え方を、よくよく考えようと思いました。

【第3号】お子さんの態度が反抗的になってきて、悩んでいませんか?

【第4号】お友だちが変わったり、仲間はずれになったりしていて、心配していませんか?

【第5号】小学校のときほど、話をしてくれなくなるわけがわかりました。

【第6号】勉強せずに、部活や趣味ばかりしていると、心配ですよね。

【第7号】子どものカラダが大きくなってきても、おそれずに注意することができます。

【第8号】性の話はどのようにしたらよいのか、わからずに困っていませんか?

【第9号】Hな写真や動画が隠されていたとき、どうしたらよいのかわかりました。

【第10号】結局、わが子はどんな大人になるのかと、将来を心配していませんか?

○「わが子が思春期になる前に」思春期前の子を持つ母親のための10日間無料メールセミナー ご登録はこちらから

○この後、思春期の子育て中のママ向けメルマガをお届けいたします。

(メルマガが不要の方は、どの時点からでも、配信解除していただけます)

思春期のお子様を育てていらっしゃるママはもちろん、思春期って、わが子がどうなるのかしら…と、先が気になる方にも、読んでいただけたらと思っています。

登録はこちらからです。



● GW終えて、息子くん、寮へ戻って行きました。
 
IMG_4975.jpg
 
こんにちは 三浦真弓です。
 
GWが終わり、息子も九州へ戻って行きました。
今回は、陸路ではなくて、飛行機です。
 
上の写真は、飛んでいった後の青空です。
 
1年前は、こんな空だったな〜
 
春休みに戻ってきている時に、
すでに、早割で予約しておりました。
 
月曜日から授業にしなかったのは、
日曜日に寮へ戻ってくるようにすると、
他のGWの帰省などと重なるため?
 
と思ったのですが、
もしかしたら、
今、九州内で聖火リレーをしているので
それも考えて、かもしれません。
 
 
こちらにいる間、勉強するものは特に持ってこずアセアセ
(まぁ、長期休暇ではないので、
そういうものですかね?)
 
単発のアルバイトと、お友達と遊んでおりました。
 
息子がいる間、ぐんぐん減っていったのは
お米と牛乳!
 
 
どんぶり飯を食べているわけではないのですが、
それでも、普段よりは、1度に炊く量が増えて
気持ちいいくらい(?)
お米が減って行きました。
 
そして、じゃんじゃん増えていったのが、
ペットボトル!
 
 
まぁ、これは、息子のせいだけでもなく、
出先で、ちょっと購入〜ってすることもあり
増えるのですが、
 
それでも、出かけていって帰ってくると
1本持ち帰る、みたいな場合もあり
からのペットボトルが、増えて行きました。。。
 
 
今回、学校の寮に戻るにあたっては、
学校のお友達のお家の方が、どこかの駅まで
迎えにきてくれるそうです。
 
それで、一緒にお昼ご飯を食べてから
寮まで連れていってくださるという、
なんて、ありがたいのでしょう。
 
ということで、名古屋名物を手土産に飛行機に。
 
IMG_4953.jpg
 
その前に、こんな面白いフォトスポットもありました。
 
IMG_4991.jpg
 
味噌煮っこみうどんだがね。
これからの季節とは、ちょっとずれますが
美味しいですよね。
 
今年は、2年生になり、
寮のお風呂掃除の指導係らしいです。
 
ヘェ〜
お家で、お風呂当番だったのが、活かされるでしょうか!?
 
まぁ、お風呂の規模が全然違うので
活かされるも何も、関係ないかウインク
 
 
宅配便で届ける荷物の荷造りで
私が段ボールの底に、斜めにガムテープを貼ろうと
しようものなら
 
「その貼り方は、運ぶ人が滑りやすくなるからしないほうがいいよ」
 
えー?そうなの?
何かの番組で、
一旦潰した段ボールは弱くなっているから、
 
底に、斜めにガムテープを貼ることで
そこを補強できるって聞いたんですけども。
 
でも、運ぶ人が滑りやすくなるのも良くないねえ。
と、従来の、十文字に貼りました。
 
アルバイトでも色々学んだGWでした。
 
今度、帰ってくるのは夏休み。
しかし、夏休み中に、試験とか、色々あるらしい。
 
まぁ、頑張っておくれー!
 
ということで、高校2年生GWの様子でした。
 
 
 
● 思春期の反抗期が、わかりにくくなっている部分がありますよね
 
 
こんにちは 三浦真弓です。
 
今、ここでぐずっているこの子を、なんとかして
この場から、いい感じに連れて帰りたい。。。
 
園児さんか、それ以前のお子様のぐずりって
素直に、その場で発してくれるので
わかりやすいですよね。
 
親としては、ガックリくることもありますが。
 
身体も小さいから、いざとなったら、
なんとか、連れていけるような気もするし。
 
一方で、中学生くらいの反抗期は、昔ほどは
外から見て、わからないものになっている気がします。
 
かつては、こんな感じの中高生を見かけることがありました。
 
 
でも、最近、います?
 
いらすとやさんのタイトルでさえ
「しゃがんでタバコを吸っている昔ながらの不良(つっぱり)のイラスト」
って!
 
昔ながらのラブ
 
かつての「不良」と言われる子供達は
制服を、自分の好きなように形を変えていたけど、
 
今は、ブレザータイプのものも増えて来て
制服を変形させることも難しい(?)んですよね。
 
校則が厳しかったから、それに反抗していた、
とも言えますが、
今も、昔とそんなに変わらない校則の学校もあれど
 
そこに反発して、何か、行動を起こすのでもなく、
 
この思春期に、あふれているであろうエネルギーを
何に使っているのでしょうか。
 
好きなものに情熱をかけているのなら、それはそれでよし。
 
 
上差し上には、
スポーツのイラストを入れてみましたが、
スポーツだけでなく
 
絵を描くとか、海外のこと・語学だったり、
将棋やゲームだったり、
天体のことだったり
身体自体はそれほど動かしていなくても、
 
何か、面白い、楽しい、ということで、
ついつい、自然に続けられていることがあると
良いなと思います。
 
情熱を、ドバーッとかけているように見えなくても、
淡々とこなしている場合もありますよウインク
 
 
最近は、
 
情熱を外に出すと、「ダッセー」と友達に言われたり
それほどのものでもないし、
ということで、
やめていたり、見えないようにしていたりして
 
子どもが楽しく、何かに、自分のエネルギーを注いでいること
あるのかしら?
何も見えないわ。
 
という場面が、増えているのかもしれません。
 
でも、思春期のこの時期に、なんらかのエネルギーは
子どもたちの中に、充満しています完了
 
 
それを、大人が、勝手に空気抜き(?)などすることなく
見守っていけたら、と思うのです。
 
エネルギーの出所が見えにくいからといって
何も、感じてないわけでもないですし
「うちの子、草食系なのかも」
なんて、心配しなくて良いですからね。
 
 
お子様の成長の、見えていないところに不安がおありでしたら、
こちらの講座をどうぞラブラブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
● 日常生活の中で、作られていく性に対する感覚を、考えていただいています。
 
IMG_4977.png
 
こんにちは 三浦真弓です。
 
昨年末くらいの募集で、性のメールセミナーを
受講してくださった方は
今は、この本の話題あたりを、お届けしています。
 
中堅の女子大に入った女の子と、東大に入った男子が
偶然であって、恋に落ちるのですが、
 
そのあと、男子側は、他の東大生と一緒に、彼女に
性的暴行を加えてしまいます。
 
男子側が、暴行を加えたんです。
でも、この事件が明るみになったら、女の子には
 
「東大生狙いだったんじゃね?」
 
みたいな言葉が投げかけられるようになります。
 
ひどい!
そして、その後、裁判にもなるのですが、
加害者の東大生の親の言い分も、相当ひどいです。
 
 
こうした怒りが生まれるのですが、
世間を見渡してみると、
 
例えば、
女子学生が電車の中での痴漢被害にあったとき、
 
「ミニスカートを履いてくるやつが、悪い」
 
みたいな声を聞くこと、ありませんか?
いやいや、
痴漢したやつが悪いに決まってんじゃん。
でも、世間では、こうした声も上がってしまう。
 
 
偏差値の高い学校にいるは、何をしても許されますか?
そんなことはないですよね。
 
こちらの話はフィクションとはいえ
他の偏差値の高い大学の、ミスコンがらみでも
事件が起きているとなると。。。
 
偏差値の高さと、行動の誠実さが、同じように
見られてしまう場合があるのでしょうか?
 
そのように考えると、
残念な場面もありますが、
こうした、現実の状況を把握しつつ、
 
「子どもたちが生きていく社会を、どのように
していくことができるのか」
 
ということも、考えていきたいですよね。
 
今の、我が子の性的な問題を解決することも必要。
 
そして、その上で、
 
すこしでも、よき社会にできるよう
何ができるのか、
どのように子どもに話すことができると良いか
 
一緒に考えていきたいと思っています。
きっかけは、我が子が、こんな被害にあったら
いやだなーでも良いと思います。
 
そこから、社会へ目を向けていくことができたら。
 
一例として、この事件は、本を読んでくださいませ。
 
性のメールセミナーの後半は
いろいろな事例と共に、
いろいろな角度から
性の問題を考えていく内容が届きます。
 
本日、募集の最終日です。
 
 
 

● 思春期はもう始まっている!小学生のココロとカラダ・メール&ZOOMセミナー
 

E029F57A-2DC9-4D12-8705-4D3AE0F85385-5908-000002

 

こんにちは! 三浦真弓です。
わが子にもいつかはやってくるであろう

「思春期・反抗期」

どのようにやってくるのか、

不安を感じていらっしゃる方も

多いのではないでしょうか。

ココロとカラダの成長・発達の様子がわかれば、

安心して向き合うことができますよ。


思春期はもう始まっている!小学生のココロとカラダ・メール&ZOOMセミナー
のご案内です
 

 

思春期はもう始まっている!小学生のココロとカラダ・メール&ZOOMセミナーとは?

 

小学生は割と、素直で元気に学校へ登校しているという印象がありませんか?

その一方で、思春期といえば、中学生で、その時期は、反抗期でもあると思われていますよね。

 

ですが、性的な成長が小学校の高学年になると現れてくるように、

心と体の成長のアンバランスさは、小学校の高学年になると見えてきます。

 

「見えてきます」と書きましたが、子ども自身も、

親も、自覚していないことの方が多いのではないでしょうか。

 

この講座では、

小学生のうちに見えてくる思春期の始まりとは?

思春期の始まりの大切さとは?

親として、どのように対応することが良いのだろうか?

どのように見守ると良いのか?

大人への階段を歩み出す子どもの心を、より豊かにする方法は?

 

など、この先、大人に向かって成長して行く

小学生時期の子育てで、大切なことをお伝えしています。

 


私の「思春期はもう始まっている!小学生のココロとカラダ・メール&zoomセミナー」の特徴


 

私は、公立中学校にて21年間、保健室の先生として仕事をしていました。

教室で授業を受けている生徒はもちろん、

保健室登校の生徒、不登校の生徒たち、そして

多くの保護者の方々と出会ってきました。

 

中学生は「反抗期」とか「中二病」みたいな言われ方をすることもありますが、

子どもは、中学生になって急に何かが起こるのでもないのを感じてきました。

 

心とカラダの成長を詳しく見ていると、

子どもは、拡大コピーをするように大きくなるのではなく、

 

カラダの各部位が充実して成長する時期や、

心が大人に向かって成長して行く時期など、

別々に、必要に応じて、成長して行きます。

 

成長途中の、アンバランスさが、思春期特有の行動を

引き起こしているのです。

 

そのことを、分かりやすく、事例を含めてお伝えする講座です。

 

私生活では、女2名男1名を出産し、母親として子育てもしてきました。

実生活における経験も、含まれております。

 


こんな方にお勧めです!


チェック(白地)子どもに反抗期が来るのが怖い

チェック(白地)子どもから「クソババァ」と言われる日が来るのが、嫌だと思っている
チェック(白地)いつか、子供部屋の壁に穴があくかと思うと、心配
チェック(白地)自分より身長が高くなったら、どのように叱ればよいかわからない
チェック(白地)いつまでも、仲良い親子でいたい
チェック(白地)反抗期は来ないで欲しいと思っている
チェック(白地)将来、ナメられたら怖い

チェック(白地)子どもが口を聞いてくれなくなる不安がある
チェック(白地)自立した大人に育つよう、できることを知りたい
チェック(白地)子どもの成長とともに、自分も親として成長したい
チェック(白地)子どものよいところ見つけたい
チェック(白地)「9歳の壁」「10歳の壁」という言葉が気になる
チェック(白地)子離れ・親離れが不安

チェック(白地)思春期の子どもたちの様子を知りたい

チェック(白地)実際の中学校の保健室から見た、子どもの様子を知りたい

チェック(白地)男女がいる子育ての、反抗期のリアルを知りたい

チェック(白地)子どもの思春期・反抗期について、時間をかけて学びたい

 




思春期はもう始まっている!小学生のココロとカラダ・メール&zoomセミナーの内容


 

第1章 ココロとカラダの成長編

 ① カラダ編

 ② ココロ編(ギャングエイジ時代)

 ③ 性的な発達

第2章 9歳前後の子どもたち

 ① 実際のトラブルから

 ② 子どものクラスを見守る

 ③ 親が具体的にできること

第3章 子どもの心の成長を目指して

 ① 力になるお話(各学年ごとのオススメの本と、その理由)

 ② お金と思春期の子ども

 ③ 地域社会と子ども

第4章 子どもの心を育てる関わり方

 ① 小学生編

 ② 小学生男女編

 ③ 小学生女子グループ編

 ④ 脳の仕組み編

 ⑤ 中学生男子編

 ⑥ 中学生女子編

第5章 これからの人生に向けて

 ① 親の想いを伝える

 ② 欲求を満たすために

 ③ 我が子との距離の作り方

 ④ 1/2成人式

第6章 まとめ

 

これらの内容が、メールにて届きます。

6回のメールコーチング、または、zoomコーチングが付いているコースと、付いていないコースを選んでいただけます。

 


お客様からのご感想


 

 

これは、ぜひ、

この時期の子どもを持つお母さん方には、

知っていてもらいたいお話です。

この時期の過ごし方って、子離れするのに

大事な要素がいっぱいです。

子どもの自立って何?って考えた時に、

この時期からどう過ごしていくか、

親としてどうかかわっていくのか、その視点を知ることが

とても役にたつと思います。

娘が1/2成人式を迎えるまでに、何回でも聞きたいな~

 

 

息子が9歳なので、ちょうどタイムリーなお話が多くて

本当に良かったです。

9歳頃は、カラダもココロも思春期へ向けた、

一歩を踏みだす変化の時期

と言うことがわかって良かったです。 

そういう事実を知っているのといないのとでは、

実際に、子どもが思春期を迎えた時の、

親の心構えが全然違ってくるかと思います。

1/2成人式のお話を伺って、ぜひ我が家でも、

何か記念に残るイベントをやろうと思いました。

 

 

前回初めて参加させて頂きました~

先生もさすが、優しくて、何でも不安な事とか話せちゃうし、

色々とこの時期の子育てに役立つヒントがたくさん。

異性の事以外にも、

女の子同士のグループの事、いじめや、体の変化、

親離れ(反抗期)など、色んな対応に、親も戸惑ってしまいがち。

こういう場で、皆で話し合って、共有できると、

今後の向き合い方などもまた違ってくるかもね。

 

同じ内容の、リアル講座の感想もございます。

このほか、たくさんの感想をいただいています。

 


思春期はもう始まっている!小学生のココロとカラダ・メール&zoomセミナーを受けていただくと・・・


プペコン小学生時期の、子どもの心とカラダの成長のことがわかります。

プペコンお友達同士のトラブルがあっても、冷静に対応できます。
プペコンお子さまに反抗期が来ても、怖くなく対応できます。
プペコン思春期のお子様の悩みに、寄り添うことができます。
プペコン成長を良き方向に促すことができるようになります。
プペコンもし、お子様が何かにつまずきそうになっても、手を差し伸べるタイミングがわかります。
プペコン子どもを「見守る」ということがわかります。
プペコン「クソババァ」と言われても、ビビらずにすみます。
プペコンこんな時はどうしたら?という不安が減ります。
プペコンHOWTO子育てにならず、広い視野で子育てができるようになります。

 

 

 

「何か、私が関わることで、少しでも良い子に育ってくれたら」

という親の愛は、皆さん、お持ちではないでしょうか。

 

ただ、その想いが強すぎたり、お子様の成長とズレていたりすると

反抗期の行動が強く出る心配があります。

 

「今どうしたらいいの?」

という視点ではなく

 

「心と体が、このように育っている、ここのところを、今、通過しているのねー」

 

という視点でお子様の成長を見守られることで

世間の情報に惑わされることもなく、

暖かい眼差し・姿勢で、子育てをしていただくことができます。

 

 

講座のメールが届くのは、基本的には1日おきですが、

1日おきに届いて、ワークなどできないかも?

という心配のおありの方は、

 

2日おきコースを選んでいただくことができます。

 

 

そして、受講期間中は、チャットワークにて

全期間、困りごとや講座の内容を相談していただけます。

 

 

心配事や気になっていることは、講座の内容だけでなく

相談でも解決していただくことができます。

 

もしかすると、今は、すでに

「ウッセーわ!」

くらいのことは、言われているかもしれませんが、

 

お子様を暖かく見守って、育てていかれることで

 

成人式を迎えたとき。

お子様が就職されたとき。

また、何か、人生の大きな節目のときに

「この家庭で育って、よかった」

と言ってもらえる、そのような日がくるのではないでしょうか。

 

子どもの思春期・反抗期にビビることなく、

より豊かに子どもが成長する方法を学びながら、

親としても成長し、さらに充実した毎日にしていきましょうニコニコ

 

 


思春期はもう始まっている!小学生のココロとカラダ・メール&zoomセミナー 詳細

【日時】今回の募集は終了いたしました。

【金額】*メールまたはzoomによるコーチングが付いている従来のコース5万円(全期間中の相談付き)

*コーチングは付いていない新コース2万円(全期間中の相談付き)

お支払いは、振込とクレジットのどちらかを選んでいただけます。
クレジットはペイパルを利用しています。
ご入力いただいた内容(例えば、カード番号など)は、私にはわかりません。
安心してご利用ください。

ペイパルの仕組みについてはこちらをご覧下さい。

【定員】今ところ、ございません。

【場所】ご自宅の都合が良いところなど。

お申込みはこちらからどうぞ矢印今回の募集は、終了いたしました。

 

*募集に向けて、お送りする情報を更新する期間を設けさせていただいております。
*次回の募集は、こちらのメルマガから、優先してお届けします。

右矢印思春期前の子を持つ母親のための10日間無料メールセミナー

*お申し込みの後、自動返信メールが届きます。もし、届いていない場合は、迷惑フォルダなどもご確認下さいませ。
それでも、見当たらない場合は、アドレス間違いやエラーの可能性がございます。下記まで、お問い合わせくださいませ。
右矢印お問い合わせ
「mayumi@coaching-mam.com」からのメールを受信できるよう、設定をお願いいたします。

 

 


■キャンセルポリシー


 

・お客様のご都合によるキャンセルは、1通目のメールが配信されてからは、お受けすることができません。

 

・お申込みフォームを送信された時点で正式なお申込みとなります。

 

・お申し込みフォームを送信されると、自動返信メールが届きます。

 

・入金前に、キャンセルされたい場合は、mayumi@coaching-mam.comまで、ご連絡ください。

 

 

【プロフィール】IMG_2223.jpg三浦真弓 公立中学校養護教諭(保健室の先生)として、21年間勤務する。保健室登校の生徒の対応をしながら、生徒の将来を考えたら、カウンセリングマインドだけでなく、コーチング的な視点で関わることの大切さを思い、コーチングを学ぶ。わが子の健康・子育てに関わるために退職したものの、「学校の事情・様子を知りたい」「中学生の子どもとのやり取りを良くしたい」などの声をいただき、子育て中の保護者(主にお母様)が、より生き生きと子育てを楽しまれるためのコーチングセッションや講座、子どもの心の成長発達に関わる講座を開講中。学校や教育委員会からのご依頼による講演も多数。