元保健室の先生が教える思春期・反抗期の育て方・見守り方&コーチング

元保健室の先生が教える思春期・反抗期の育て方・見守り方&コーチング

保健室教諭21年の経験を活かして、思春期反抗期の子供の育て方見守り方をお伝えします。
月経、射精などのカラダの変化からココロの問題まで、思春期の子供の成長を学び、子育ての不安を解消!
コーチングの技術を使って、子どもの育て方、見守り方をお伝えしています。

● 性の話は、寝た子を起こすなVSできるだけ早くから! ではなくて。
 



こんにちは。三浦真弓です。

性の話を、いつから、どのように子どもに伝えると良いのか。

私は、
「子どもの成長や興味関心に合わせて、伝わるように」
が大切だと考えています。



世間には、
早くに伝えることで「寝た子を起こす!」(ので、急がなくて良い)
という考えの方もあれば、

(誤解したり、被害にあったりしないように)できるだけ早く!
という考えの方もありますね。

早くても、お子様が自分の体のことを理解していない場合は、

大切なことは伝わりません。

ですので、
小さいうちは、自分の体を大切にすることや、清潔にできること。
これができるようになることが、最初かなーと。

そして、周りにいる人のことも、大切にできるように、

日頃の生活の中で、行動できるようにしていけたらと思います。


寝た子を起こすなという言葉も、時に、聞きます。

ですが、いつまで寝てるのでしょうか?
いつ、起こすのがちょうど良いでしょうか?


 

最近では

「刺激的な情報が、寝ている子どもを起こしている」

とも言われるようになってきました。

 

適切な時期に、適切な起こし方をすることが必要だと考えると、

「体の成長に合わせて」が一番良いと思います。

今では、小学校3、4年生の「ほけん」の時間に、

体の成長について、学習します。
そういうタイミングで、お子様と話をされると良いですよ。

なんだか、照れちゃうかもー!という方も、

教科書を間に挟んで話をすれば、

そんなに照れずに済む場合もあります。
 

2023年には、命の安全教育も始まります。

右2023年4月から「命の安全教育」が始まります。


お子様と一緒に、ほけんや理科の教科書を見て、

体の話をしてみてください。



そうすれば、

お子様がどれくらい、性的な成長についての関心があるのかな?

ということもわかってきますよ。

寝ている子を起こさないように、でもなく、早くに!でもなく。

適切な時期に、適切な話ができるようになるヒントや、

考え方をお届けしている性のメールセミナー。

右こちらで、成長に合わせた関わり方を学んでいただけます
 

◆10日間で思春期前の心構えをわが子が思春期を迎える前に知っておくとよいヒント
◆思春期子育ての不安お聞きします→元保健室教諭の個別相談
◆30日間いつでもメールサポート→メール相談
◆お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

● コーチングのパーソナルセッション募集のお知らせ

 

 

こんにちは 三浦真弓です。

 

毎日の生活の中で

「子育ても、ママ業も、仕事も頑張っているのに、なんだかスッキリしない!」

「子どもへの対応、これで良いのか、不安になる」

「受験生の子どもに、やる気スイッチを入れたくてしかたがない!」

などなど、

 

頑張っているんだけど、どうしたらいいのー!?

 

ということ、ありますよね。

そんなあなたへ、

コーチングパーソナルセッション
のご案内です。

 

矢印お申込フォーム

 

 

● コーチングのパーソナルセッションって、なに?

 

誰かと話をしていて、元気になったり、

やる気がわいて来たりする経験、ありますよね。

 

コーチと、目標に向けての会話をしていく中で、

「口に出したから」気づくことができたことや

新たな想いが生まれることがあります。

 

そうしたことを大切にして、

ご自身のしたいことや、目標にむけて

行動を決めて、動いていくことができる。

 

それが、パーソナルセッションです照れ

 

自分一人で決めて、行動することも出来ますが、

自分ではない誰か(この場合は、コーチ)と共通の話題にすることで

 

「ま、今日はやらなくてもいいかぁ」と

自分に甘くなりがちな場合も

 

「そうだ!次のセッションが、●日だった。

その日までに、チャレンジしておこう!」

というように、

 

自分自身が動き出すきっかけになったり、

奮い立たせたりすることができます。

 

 


私のコーチングのパーソナルセッションの特徴


 

保健室の先生時代、保健室登校の生徒に対して

「登校刺激を与えてはならない。

生徒の気持ちにより添い、受け入れましょう」

と言われていました。

 

寄り添い、受け入れていく中で、

生徒自身が、自分自身を受け入れ、パワーを貯めて

その後、元気に学校生活を送ることが出来た!

 

そういう生徒もいましたが、結構時間がかかりました。

保健室登校の状態のまま、

卒業することになった生徒もいました。

 

 

登校刺激を与えてはいけない、ということでしたが

保健室内での、たわいもない会話のなかで

「それって、どういうこと?」

「やってみたら、できるんじゃないの?」

ということが、きっかけで、

 

自ら行動しだした生徒もいました。

 

もやもやしていたり、忙しくて頭が混乱していたり

そういうことはときにあります。

 

そのときに、

どのような行動をとることができたら、よいのか?

どのような行動なら、動くことが出来るのか、

を考えて、一歩踏み出すことで

もやもやや、忙しさの混乱の中から

抜け出すことが出来ます。

 

何か進めたいにもかかわらず、色々な理由で、出来ない状態にいる。

また、少しは出来ているけども、理想の状態になっていない。

 

そういう方の、

行動を変える一歩を、お手伝いいたします。

 

理想の行動をとることが出来ない原因に

感情が上がってくる場合がございます。

 

こんな悔しさ・悲しさから、○○が出来ない状態にある…というような。

 

そうした感情を無視することはありません。

ただし、その感情をメインにして

その感情を掘り下げて、行動に至らない原因をみつけるような

そういう会話はいたしません。

 

行動に注目して、セッションを行っています。

 

パーソナルセッションについて、

よくある質問を、こちらにまとめております。

右コーチングについての、よくあるQ&A

 


こんな方にお勧めです!


チェック(白地)わが子の通う学校PTAで、役員を任されることになった。役目をより良く果たしたい。
チェック(白地)パートナーシップをよくしたい。
チェック(白地)やる気の出ない家事を頑張りたい。
チェック(白地)本来の自分自身を取り戻すために、色々考えたい。
チェック(白地)わが子の成長に寄り添いながら、自分自身も成長したい。
チェック(白地)しなくてはいけないことがいっぱいあって、整理整頓したい。
チェック(白地)子どもへの声かけをよいものにしたい。

 

などなど、

自分自身の行動を、いまより、より良いものにしたいこと全般!

具体的に、セッション内でリクエストくださいませ照れ
 

 

 


 パーソナルセッションの内容


 

対面、またはオンライン(zoom)にて、1対1で行います。

 

セッションのお時間は、30分/回と、60分/回を選んでいただけます。

セッションの回数は、1ヶ月内に1回、または2回を選んでください。


セッションの開始前に、叶えたい夢や目標に向けて、

どのようなことを考えていらっしゃるのかを振り返っていただく、

シートをお渡しします。

 

セッション前に、ご記入&提出をお願いしています。

 


お客様からのご感想


 

まゆコーチの、心から応援してくれる愛情と、鋭い指摘、ワクワクする未来への誘導、
そんなコーチングのおかげで、

今では、夫婦仲良く、お買取サロンもオープンし、
毎日、子育て、お店育て、を楽しむ生活を送ることができています。^^

 

最初は、子どものおもちゃがいっぱいの、リビングの片づけが目標でした。
でも、色々話しているうちに、
気になるのはリビングに置いてある、夫の荷物だとわかりました。

そして、実は、夫に言いたいことが言えていない、
自分に腹を立てていることがわかりました。

 

学んだことを思い出すことで、自分が「変わる」ことができたかなって、
思うときがあります。

それができたときは、夫の行動が自由人でも、そんなに気になりません(笑)。

 

職場での立場、家庭における夫としての立場、妻の想いなど、
広い視点で、考えることができました。

視野が広くなったように思います。

 

 


 パーソナルセッションを受けていただくと・・・


プペコンなりたい自分に向けて、どのような行動をとろうか、考えることが出来ます。

プペコン自分の本来の気持ちに、気づくことができます。
プペコンなりたい自分への行動の一歩を踏み出せます。
プペコンコミュニケーションを、落ち着いてとることが出来るようになります。
プペコン前進している自分にOKが出せるようになります。



自分一人でも、目標に向かって計画を建て

一歩ずつ、歩いて行くことは出来ます。

 

でも、ときに応援し、ときに「それで大丈夫?」みたいな

声をかけてくれる人がいたら、さらに元気よく前進できそうですよね。

 

「目からうろこが落ちました!これで、頑張れます!!」

というような、ミラクルなやりとりは、

多分、ございませんm(_ _)m

 

ただ、後から振り返ってみると…

あのときの、セッションのやりとりの中から、

いくつか行動にうつすことが出来て、

その結果、今、このような状況になっているのだなぁ

 

そう言うことは、起きうると思っています。

 

あなたの夢の実現に!

今、なにか変えたいと思っていることの伴走に

 

どうぞ、ご利用くださいませ。

 


 

 


コーチング・パーソナルセッション 詳細

【金額】 <継続コーチング>3か月~
     18000円(60分/回 月2回)
       9000円(60分/回 月1回) 
       9000円(30分/回 月2回)
       5000円(30分/回 月1回)
    
     <単発コーチング>
     10000円(60分)

【場所】オンライン(zoom利用)
【日程】 ご相談の上、決めて進めていきます。

お申込みはこちらからどうぞ矢印お申込みフォーム

 

 

 


■キャンセルポリシー


 

・お客様のご都合によるキャンセルは、開始1週間前までに(自動返信メールに日にちを記載しています)、ご連絡ください。

・お申込みフォームを送信された時点で正式なお申込みとなります。

・お申し込みフォームを送信されると、自動返信メールが届きます。

・入金前に、キャンセルされたい場合は、mayumi@coaching-mam.comまで、ご連絡ください。

 

【プロフィール】IMG_2223.jpg三浦真弓 公立中学校養護教諭(保健室の先生)として、21年間勤務する。保健室登校の生徒の対応をしながら、生徒の将来を考えたら、カウンセリングマインドだけでなく、コーチング的な視点で関わることの大切さを思い、コーチングを学ぶ。わが子の健康・子育てに関わるために退職したものの、「学校の事情・様子を知りたい」「中学生の子どもとのやり取りを良くしたい」などの声をいただき、子育て中の保護者(主にお母様)が、より生き生きと子育てを楽しまれるためのコーチングセッションや講座、子どもの心の成長発達に関わる講座を開講中。学校や教育委員会からのご依頼による講演も多数。

 

 

 

 

● 地域の子にも声をかけてみようと思います ~「思春期の子育てに悩む保護者様」向けの講演・ご感想

 

 

こんにちは。三浦真弓です。

以前、
PTA連合会合同研修会の
講演に伺い、その時にいただいた感想です。

 

子どもからのSOSに気づけるといいなと
思いました。

地域の子にも声をかけてみようと思います。

 

自分の子どものSOSに気づけるとよいですよね。

 

それと同時に、

地域の子どもたちが、どこかでSOSを発しているかもしれない。

 

親が気づくことが出来なくても、

地域の誰かが気づけたら…

こんな良いことはないですね。

 

どうぞ、地域の子どもたちにも、声をかけて上げてくださいませ。

 

 

 

こちらの団体様のように、

保護者様向け講演会、ワークショップなどをお考えの場合は

こちらをご覧いただいて、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

右あなたの地域の「思春期の子育てに悩む保護者様」向けの講演・ワークショップを受け付けております

 

◆10日間で思春期前の心構えをわが子が思春期を迎える前に知っておくとよいヒント
◆思春期子育ての不安お聞きします→元保健室教諭の個別相談
◆30日間いつでもメールサポート→メール相談
◆お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

 2023年4月から「命の安全教育」が始まります。

 

 

こんにちは 三浦真弓です。

 

なかなか、学校では性教育が行われない!

と思われる方もあるかと思いますが、

 

今年2023年の4月から

「命の安全教育」

が、始まります。

 

文部科学省が「するように」といって

教材なども用意しているので、

どこの学校でも始まることでしょう。

 

(でも、すでに、各自治体で独自のカリキュラムをつくって

性教育を実践されているエリアでは、より授業がしやすくなりますね)

 

 

受験科目!と言うわけではないですが、

こうした授業が始まると言うことにも

関心を持っていただけたらと思います。

 

「学校では、何にも教えてくれないんですよ!」

という文章に

「えええええ~そうなの~?」

と思い込まずに。

 

少しずつですが、時代は変わっていくので。

そして、発信している人が、どのエリアのことを知っていて

発信しているか? にもよりますからね。

 

「うちの子の学校では、すんでいるこの自治体では

どうなっているんだろう?」

と言う視点を、持っていて欲しいなと思います。

 

ほら、算数とか、英語とかの教科なら、

「○○先生、教えるのが上手なのよ~」

「あ~!○○先生、移動されちゃったのー?」

みたいな感じで、

関心を持たれますよね?

 

 

それと同じです。

 

そして、普通の教科と同じように、

「学校で100%身に付けてくるとは限らないので、

おうちでも話題にして欲しい」

です。

 

なんといっても…

文部科学省が用意している教材が、100%素晴らしいとは

言いがたい部分もあるので…アセアセ

 

たとえば、プライベートゾーンについて。

もう、すでに、プールの前などに、説明をしてくださる

小学校の担任の先生も、増えてきています。

右今年は、プールの授業をしない学校が多いようなので。

 

上差しの記事に書いたように、

プライベートゾーンというのは

 

「あなたの体の、本当に大切なところ」

「次に命を繋いでいく、大切なところ」

 

と伝えるのが良いかなとおもうのですが、

文部科学省の教材ですと

 

「みずぎでかくれるところは

じぶんだけのだいじなところだから」

 

 

サッカーやってるお子様からすれば、

水着で隠れていないけど、

足は、とっても大事なところになります。

 

ピアノをものすごく頑張っているお子様は

手首から先は、なによりも、大切なところでしょう。

 

わかるけど…わかるけどー

ちょっと、惜しい…

 

ただ、担任の先生は、どのように授業を展開されるのか

わかりません。

文部科学省の教材を、そのまま見せるだけ~なんていうのは

あまりにも、創造性のない授業で

クラスの子どもたちの実態にあってるかどうかも

検討されていない可能性があることになるので、

 

ぜひ、子どもたちの実態・成長・発達にあった授業を

行っていただきたい…と思います。

 

保護者の方は、

「そう言う授業が始まるのか~」

と知っていただいて、お子様との会話の中に

取り入れていただきたいなと思います。

 

 

学校での活動と、日常生活における情報とで

お子様の成長に合った、身につく性教育をしていただきたいと思います。

こちらでもお伝えしています。

右【2月10日まで】親子で性の話ができるようになる、性のメールセミナー

 

◆10日間で思春期前の心構えをわが子が思春期を迎える前に知っておくとよいヒント
◆思春期子育ての不安お聞きします→元保健室教諭の個別相談
◆30日間いつでもメールサポート→メール相談
◆お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
 

● 思春期子育ての不安を解消したいお母さんのための「元保健室教諭の個別相談」



こんにちは!三浦真弓です♪

子供の成長は本当に早くて、

あっという間に、大きくなっていきます。

子育て本を読んだり、一生懸命考えたりして、

「こんな子に育って欲しい~」と思って育てて来たのに、

気づくと心配なことだらけ。
 

・だんだん家では、学校の様子を話さなくなってきたけど、
お友達とうまくやっているのかしら?

・急に、子供が反抗的な態度をとるようになったけど、
これまでの子育てが、悪かったのかしら。

・勉強している気配が全然ないんだけど、将来、大丈夫かしら。


子供が思春期に入っているだけに、
直接本人にきいた方がいいのか、
または、
お友達とか周りの人から様子をきいた方がいいのか、慎重になりますね。

でも、その慎重さが、また子供の神経を逆なでしたりして、

こんなにわが子のことを心配しているのに、やっかいな年頃です。



こんな思春期反抗期の子供について、

・家の中の事情がママ友にバレルのはイヤだ。
・ママ友には相談しにくい。
・学校の先生にも話しにくい。


という方は、ぜひ、私にご相談下さい。

私は21年間、中学校の保健室の先生をしていました。



その間、不登校の生徒、保健室登校の生徒を始め、

たくさんの生徒の相談を受けました。

また、保護者の方からの、

子供との対応の相談も受けさせていただきました。

生徒や保護者の相談を受ける中で、
 

・子供の成長にあわせて、知っておいていただくとよいことがある。

・子供の成長にあわせた対応を、保護者の方にしていただきたい。

・そのためには、子供の成長をよく見てほしい。


そんなことを感じました。

そして、実際に、保護者の方の対応が変化すると、

生徒の様子が変わったんです!

私が保健室の先生をしていたころ、

「子供はもう中学生なのに、つい、小さい頃のように、

子供のすること全てに母親の自分が手を出してしまう。」

というお母様がいらっしゃいました。

このお母様には、

お母様が気になることがあっても、まずは1分間何もしないで、

お子さまを見守っていただくように提案しました。

すると、その生徒は保健室に来たときに

「最近、ママが、うるさくなくなった」

と言うようになったんです。

また、イヤで授業に出ていなかった教科も、

教室で授業を受けることが、だんだんできるようになっていきました。


生徒だって、親に言われている内容は、わかっているんです。

でも、親に言われてから行動したと思われるのがしゃくにさわって

(ここが、思春期の子供の心のポイントでもありますね!)

態度を変えずにいたのですね。

小学校高学年くらいから、

子供はカラダがぐんと大きくなりますし、性的にも発達していきます。

この頃の子供は、みんな親をうっとうしく感じる年代なんです。

実は、思春期・反抗期の子供には、

それまでの子育てと同じ声掛けや行動は通用しません。


思春期・反抗期の子供には、特有の接し方があるのです。
個別対応では、そのコツ・ヒントをお伝えします。


これまで、ご相談させていただいた方からは、
 

・経験に基づいたお話しは、深く納得がいきました。

・元保健室の先生と言うことで、緊張せずにお話しできました。

・今まで本で知っていたことと、現実の違いがよくわかりました。

・理想論や絵に描いたような内容ではないことが、よく理解できました。

・子どもに対して、どんな親でありたいか、自分が発見できました。


という、感想をいただいています。



子育て本はいっぱいありますが、

実際、わが子に対してどうなの!?ということが、いっぱいありますよね。

個別相談では、それら「わからない」を、

一つひとつ一緒に解決していきましょう!

思春期のわが子を、これまでとは違う視点から見つめ、

自立していこうとする姿を信頼しながら、一緒に見守っていきませんか?

それでは、個別相談の詳細は、こちらです。
 

*思春期子育ての不安を解消したいお母さんのための
「元保健室教諭の個別相談」*

【日時】

*土日や、夜のご希望については、ご相談の上、日時を決めます。
右ご相談希望のや時間帯を、申し込みフォームにてチェックしてください。

【時間】
90分

【方法】
オンライン(zoom使用)と対面を選んでいただけます。

【費用】
15000円(銀行振込・クレジットを選んでいただけます)

【その他】
時間の長さや、回数は、相談の上変更可能の場合もあります。

■キャンセルポリシー


 

・お申込みフォームを送信された時点で正式なお申込みとなります。

・お申し込みフォームを送信されると、自動返信メールが届きます。

・入金前に、キャンセルされたい場合は、mayumi@coaching-mam.comまで、ご連絡ください。

 

【プロフィール】IMG_2223.jpg三浦真弓 公立中学校養護教諭(保健室の先生)として、21年間勤務する。保健室登校の生徒の対応をしながら、生徒の将来を考えたら、カウンセリングマインドだけでなく、コーチング的な視点で関わることの大切さを思い、コーチングを学ぶ。わが子の健康・子育てに関わるために退職したものの、「学校の事情・様子を知りたい」「中学生の子どもとのやり取りを良くしたい」などの声をいただき、子育て中の保護者(主にお母様)が、より生き生きと子育てを楽しまれるためのコーチングセッションや講座、子どもの心の成長発達に関わる講座を開講中。学校や教育委員会からのご依頼による講演も多数。

 ぴよりんチャレンジ ~殿を自宅まで、ちゃんと届けるのだ…の巻き

 

image

 

こんにちは 三浦真弓です。

 

先日、徳川ぴよ康公を

無事に自宅に連れて帰ることが出来ました。

 

ぴよ康公はいつまでだったかなぁ?と検索していたときに

「ぴよりんチャレンジ」

という言葉があるのを知りました。

 

ぴよりんを、購入したときのかわいいお姿で

自宅まで連れ帰ることが出来るのか?

というチャレンジのこと、だそうです。

 

あ、ちなみに…

「連れ帰る」って生き物みたいに言っていますが、

そもそも、販売しているところでも

 

「2羽まで」って言っていますし

image

 

私が、初めて、ぴよりんなるものを知ったときには

image

(2015年10月15日に。でも、なぜ4羽?)

 

購入しようとすると

 

「何羽、お連れ帰りになられますか?」

「こちらのぴよりん、お生まれになって日が浅いので、

どうぞ、丁寧につれてお帰りくださいませ」

「一緒に歩き回れるのは、2時間くらいまで。それ以上になりますと

ぴよりんに疲れがでますので、お気を付けくださいませ」

 

なんて言われたんですよね~笑

 

image

(2017年4月1日 この日は5羽いるなぁ)

 

なので、丁寧に連れて帰るに限るのですが、

ネット上には、確かに、自宅にて、

疲れ切ってしまったぴよりんたちの、オモシロ?写真が

アップされていました。

 

image

(2017年5月17日 初めて期間限定ぴよりんを♪)

 

今回、10時10分頃購入し、

名古屋駅界隈での予定をすませ、

自宅帰宅が、お昼過ぎるだろうなぁ~

というなかで、

無事、連れて帰るために、気をつけたこと。

 

ただただ、余計な振動は与えない。

&暖房に気をつける

です。

 

これまでにも、目が、落下していたことくらいはあるのですがてへぺろ

ぴよ康公が、横になられるのだけは、避けたい!

 

購入して、しばらくしてから、この日は

名古屋市内の書店に、あちらこちらへ行く計画でした。

右正木民子の初出版本を探せ! ~日本初のバストアップ鍼灸師のセラピー本

 

少し早めのランチにも、お連れしています。

 

image

 

この後、栄に行きたいんですよね。

地下鉄で。

混んでいないとは思うけど、

移動させるの、どうなんだろうなぁ。

 

そもそも、ポスターには、

連れて歩くのに推奨時間が1時間程度って。

 

image

 

でも、保冷剤は2時間まで無料ってことは

それくらいは、行けるってことよね。

 

でもな~栄のまちを歩くので、連れて行くのは気が引ける…

(子どもが小さいときに、実家で見ていてくれる方が

買い物しやすい~みたいな 笑)

 

ということで、殿には、ちょっと暗いでしょうが

いい感じの室温のところで、待機していただくことにしました。

 

image

 

地下鉄東山線・名古屋駅のコインロッカーです(笑)

一応、生存確認をして…

 

image

 

よしよし。みんな、げんきじゃのう。

あぁ~いい匂いラブ

いってきま~す。

 

身軽になった私は、栄の本屋さん2軒と、

調子に乗って、

千種の本屋さんにもバスで移動しちゃったりして

右正木民子の初出版本を探せ! ~日本初のバストアップ鍼灸師のセラピー本

 

名古屋駅へ戻ってきました。

 

殿~ご機嫌はいかがですかぁ?

image

 

え?こんな向きに入れたっけ?

一瞬ドキッとしましたが、生存確認してから

この向きにしたんだったかな。

 

殿、ただいま帰りました。

 

image

 

お。かわらず、お元気そうです。

ただ、どうなんでしょう…

すでに、購入してから5時間くらいたってるぅ…

 

この季節なので、待機いただいた場所が

冷蔵庫と変わらない温度ですよね…多分…

 

でも、プリン!としての体力は

どうなのでしょう…

 

ということで、

帰宅のJRは空いていましたが、

座席には、直接置かないようにして

(温かくなっていますので。この時期)

 

私の荷物を膝に載せ、その上に載せて自宅最寄りの駅まで。

 

駅からは、車の後部座席に乗せて、そぉっと運転。

その後、もう1軒本屋さんにも寄りましたが、

殿に、車内待機をお願いいたしまして、

無事、自宅へ、殿をお連れできました。

 

image

 

苦労してお連れしたからなのか、

そもそもの「岡崎おうはん」卵の味が濃いのか

プリンの味が、とても美味しかったです。

 

あ、隠し味の八丁味噌のため、かなぁ。

 

殿のカラダの茶色い点々は、

八丁味噌パウダーとのことです。

 

我が家にもあるので(!)

いつでも、たくさん振りかけて食べるぞ~

くらいの気持ちでしたが、

 

image

 

不要!

余計なことはしなくてよかったです。

 

まだまだ気温が低いので、

移動する乗り物の暖房にあてず、

そおっと持ち替えることが出来たので、

なんとか! 

5時間くらいは、元気に連れて帰ることが出来ました。

 

そういえば、これまでも真夏には購入していなくて

2020年12月27日とか

image

 

2021年5月14日とか。

image

 

かつて、こんなに大人気になる前は、

7月に七夕シリーズを見たことがありました。

 

夏ですからね!

ひこぼしぴよりん、おりひめぴよりんは

連れて帰るのが大変かも…

 

そういうときは、カフェで食べてくるのがよいですね。

 

image

 

2020年11月4日・紅茶ぴよりん。

image

 

これは、多分、妹が来ていて

名古屋駅から帰る前に、食べたのだと思われます。

 

販売されるのが、1日のうちの

10時、14時、17時と限定されているので

テイクアウトしたいときには

並ぶことになってしまうのですが、

 

かわいくて、美味しいので

名古屋駅にいらしたら、ぜひ~照れ

 

回し者じゃないけど、

美味しいからオススメ!シリーズでした(笑)

 

公式サイトを貼っておきます。

ぴよりんの歴史がかわいい~

そして、バレンタインとかあまおうぴよりんも

食べたことがあるのを思い出しました。

 

 

(それにしても~テイクアウトは何時から発売とか

ポスターに書いてある情報がすぐわかるようにして欲しい…)

 

◆10日間で思春期前の心構えをわが子が思春期を迎える前に知っておくとよいヒント
◆思春期子育ての不安お聞きします→元保健室教諭の個別相談
◆30日間いつでもメールサポート→メール相談
◆お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
 

● 今度の土日、親子で下着を買いに行ってみませんか?



こんにちは! 三浦真弓です。
 

この土日は、
親子で下着を買いに行ってみませんか?
 

気候的な問題もありますが、

子どもたちは、知らないうちに、ぐっと大きくなっていたりします。





そして、成長に伴って、子どもが

「下着を替えたいな」

と思っていることもよくあります。

男子の場合は、

小学生の時はブリーフだったけど、トランクスにしたいとか。
女子の場合は、

胸が大きくなってきたし、

お友だちもつけているからブラが欲しいとか。

 

夏のような、下着が見えるかも?とか

透けるかも?みたいな服装ではない季節は

それほど、下着に意識が行かないかもしれません。

 

温かい時期なら、

冬服夏服の期間枠がなくなったり

上着を脱いだり、

早めに中間服がOKになったりしたときに、


登校前の着替えなどに

「この下着、透けるからやだー」

なんて、言い出すことがあったりしますけどね。

 

冬に向けて、暖かめの下着を購入に~と言う口実で

生理用ショーツとか、

ブラ、お気に入りのショーツ・トランクスなどを

見に行くというのはありです。




こうしたことをきっかけに、お子様に

「ママに、身体のこと、相談してもイイかもー」

と思ってもらえるとよいなーという意図も、ありますよ♪

 

成長していく身体の話、ちょっと、しにくいなぁとお考えの場合も

身体測定をしているこの時期をつかって

話題にしてみてくださいね。

 

 

こうした日常生活における、親子での性の話題のチャンスは

こちらでもお伝えいたします。

右【2月10日まで】親子で性の話ができるようになる、性のメールセミナー

 

●  【2月10日まで】親子で性の話ができるようになる、性のメールセミナー

 

こんにちは 三浦真弓です。

 

お子様の性的な成長に合わせて

お子様が学校で学んでくる性の話題に合わせて

 

世間で起きている性的な事件や

社会問題なども、

親子で話をしていただけるための

メールセミナー


親子で性の話ができるようになる、性のメールセミナー
のご案内です

 

 

 

●  親子で性の話ができるようになる、性のメールセミナーとは?

 

性の話は、大切だと知っていながらも、

子どもと、どのように話したら良いのか、

何を話したら良いのか、

 

私たち親自身は、

学校や親から学んできていないことが多いために

「どうしたらよいのか?」

悩むことが多いものです。

 

この講座では、

子どものどのような成長のときに、どのような話ができるのか

学校では、いつ、どのような話題が出るのか

という

 

子どもと、性の話をするのに丁度良いタイミングや

その話題について、

 

また、成長するにつれ、心配になる性の問題や

現在、社会的に問題になっている話題にも触れて、

 

日常生活の中で、

お子様と性の話題をしていただけるように

メールで学んでいただける講座です。

 


私の「親子で性の話ができるようになる性のメールセミナー」の特徴


 

私は、21年間、公立中学校の保健室の先生をしておりました。

中でも、2校目に勤めた学校では、小規模校ということと

学校体制が整えられていて、

全学級の、保健体育の「保健の授業」を担当しておりました。

 

当時は、男女別の授業ではありましたが、

だからこそ、異性の目を気にすることなく

意見が言える、そういう場面もありました。

 

性的な成長に関わる指導も、たくさんしてきました。

個別の相談も、受けてきました。

 

そのときに得た経験も、メールセミナーの中に

含めております。

 

実生活では、娘2名息子1名の母親として、

性的な成長の時期を見守り、対応し、

 

この先、一人の大人として、良き行動をとることができるよう

困りごとがあれば対応し、見守っているところです。

 

保健室の先生として過ごしてきた経験と、

一人の母親としての実践を含めた内容が詰まっている

メールセミナーです。

 


こんな方にお勧めです!


チェック(白地)子どもが性的な言葉を口にしたら、ドキドキしてどうして良いかわからない
チェック(白地)子どもの性的な成長に、どのように関わったら良いか、わからない
チェック(白地)性の話を子どもとしたいけど、こちらが照れてしまう

チェック(白地)「赤ちゃんは、どうしたらできるの?」に、良いお返事をしたい

チェック(白地)子どもが男子なので、性的な成長に、どうしたら良いかわからない
チェック(白地)ドラマでキスシーンなど出てくると、チャンネルを変えたくなる
チェック(白地)子どもの部屋で、性的なものを見つけて、困っている
チェック(白地)子どもの成長に合わせた、声のかけ方を知りたい 
チェック(白地)何をどれくらい話せば良いか、知りたい
チェック(白地)子どもが男女なので、この先の関わり方が不安
チェック(白地)ニュースなどで話題になる、性の問題や事件について、子どもと話したい
チェック(白地)性の話をしながら、自分のことも周りの人のことも大切にできる子供に育てたい

チェック(白地)学校では、どのような性教育がされているのか知りたい

 

 

私たち親世代は、自分の親から性の話を

してもらっている人が少ないです。

 

いつ、どのように、何を伝えれば良いのか、

わからなくて、普通です。

 

お子様の性的な成長に合わせて、

学校の授業や行事などのタイミングに合わせて

お話できると、親子共々、

無理なく、話ができるようになります。

 

 

IMG_0175.jpg



 親子で性の話題ができるようになる、性のメールセミナーの内容


 

●家庭内で、子どもと性の話題ができるタイミングについて

・学校で行われている性についての学びの内容

・子どもの成長に合わせたタイミング

・日々の生活の中でのタイミング

 ・プライベートゾーンとは

 ・性的な器官の名前や洗い方

 ・保護者の月経時

 

●子どもからの質問に答えたり、話題にする

・性のお話で使う言葉を、増やそう
・子どもからの、性の話題に対応するには
・あかちゃんは、どうやってできるの?に答える
 

●性的な成長がみられるようになったら…

・お風呂や寝室問題、性的な成長にあわせた、思春期の子どもへの性的な配慮

 ・思春期の性に関する感情や性欲

 ・子どもが自分の性器を触っているという心配

 ・家族全体で育てる愛情

 ・男女平等という言葉と性
 ・性情報、TVドラマ、ネットの情報などの日常生活で出会い、育てられていく性に関する感覚

 

●「性」からの「生きる」話

・家庭環境や地域とのつながりなど、周りの人々と協力し合い育てていく性の感覚
・性的な成長のためのからだ作り、誕生日を利用した、性に対するイメージ作り
 

●そのほか

・SEXとからだのしくみ
・避妊や性被害の防止について
・性に関するニュースなどの、日々の情報から親子で考えたいこと
・生理の説明、家族間の問題、性に関する情報、性教育におススメの本など、性に関する講演会などで多くいただくQ&A

 

上記の内容のメールが届きます。

 

受講期間中、お届けさせていただいた内容について

ご不明なことがありましたら

何度でも、質問していただけます。

 

また、三浦からのメールが届くだけでなく、

メールには、その内容を深めていただくための

宿題ワークが、毎号、ついています。

 

できるだけ、チャレンジしてみてください。

 

内容について、また、実際にお子様と話をしてみて

うまくいかなかったこと、うまくいったことなども

ご質問や報告をしていただいて、

 

次に繋げていただくことができます。

 

 


お客様からのご感想


 

性の話は、聴かれたことは全部話してあげないと! 正しく伝えないと!という想いで、いました。

それでいて、どう話すと、全部話したことになるのか、ちゃんと伝えることができるのか、わからずにいました。

今日のお話を聞いて、できることからでも、よいように思いました。

赤ちゃんができる方法も、全部話さなくていいんですね。

まずは、伝えられることから順番に、伝えて行こうと思います。

 

今まで、子どもからの質問は、答えられれば答えて、答えられないときはかわす感じで、過ごしてきました。

これからは、ごまかせないなと思っていたので、今日のお話は参考になりました。

話せることからでもよいと聴いて、安心しました。

パパにも協力してもらいながら、できることから伝えていこうと思います。

 

「性のことは、子どもにどのように伝えていくとよいのか?」というのは、ずっと頭の中にあったので

今日は、とてもよい勉強になりました。

すべてを語らなくてもよい。

とにかく、子どもと会話を続けることが大切というのが、一番心に残りました。

わかりやすい事例も多くて、楽しい講座でした。

ありがとうございました。

 

自分の幼少期に、これだけ母親がきちんと教えてくれていたら、戸惑うこともなかったのにー!と思うことばかりでした。

ので!

我が子にはきちんと向き合いたいと思いました。

 

実際に、家庭で実践できる内容が多くて、嬉しいです。

子どもからの質問に、どうしたらよいのか困ることが多かったのですが、今の私でも、できることがあることがわかりました。

完璧に話さないといけないと思っていたので、助かりました。

できることから、伝えていこうと思います。

 

 


 親子で性の話ができるようになる性のメールセミナーを受けていただくと・・・


プペコンお子様と、性の話ができるようになります。
プペコンお子様と性の話をするための、必要な言葉がわかります。
プペコンお子様が何歳でも、できることがあることがわかります。
プペコン急に、性的な質問をされても、落ち着いて対応できます。
プペコンお子様の理解に合わせた話が、出来る様になります。
プペコン家庭内で、性の話をしても良いタイミングがわかります。
プペコン伝えられることから伝えれば、それで良いことがわかります。
プペコン自分一人で頑張らなくても、家族みんなでできることがわかります。
プペコン大人が思う「全て」を話さなくても、大丈夫だとわかります。
プペコン学校で学ぶタイミングがわかります。
プペコン性の話ができることで、これからの人生についても、話ができるようになります。
プペコン子どもを一人の大切な人間として、一対一で話ができるようになります。
プペコン自分のことを、大切に思うことができるようになります。


性に関する話は、子どもとした方が良いと思いながらも、

いつから、どれくらい、どのような内容を

伝えれば良いのか、悩みますよね。

 

 

年齢が低いうちに伝えれば、照れずにすむかな〜

ということも頭をよぎるかもしれませんが、

 

子どもに理解できる言葉で、わかる内容でないと

結局、何を言われているのか、伝わりません。

 

性の話は、例えば、精子や卵子のように、

見えないものを語る必要がある場面も、あります。

 

大切なのは、お子様に必要なことが伝わること。

お子様の、知りたいことが伝わること。

 

メールで学んでいただいたことを

ご家庭で実践していただいても、

「うまく、伝わっているような気がしない」

ということがあれば、

 

どんどん、相談してくださいね。

心配なこと、気になっていることは、

すぐに解決していきましょう。

 

お子様の性的な成長に対する不安を

解消しつつ、

必要なアドバイスをしてあげられるようになります。

そして、親子共々

成長していくことができます。

 

 


親子で性の話ができるようになる性のメールセミナー 詳細

【金額】 2万円 お支払いは、振込とクレジットのどちらかを選んでいただけます。
クレジットはペイパルを利用しています。
ご入力いただいた内容(例えば、カード番号など)は、私にはわかりません。
安心してご利用ください。

ペイパルの仕組みについてはこちらをご覧下さい。

【定員】 現在のところ、設定なし

【場所】 メールが届きます。お好きなところで、お好きな時間に学んでください。

【その他】お申し込みフォームに入力いただくと、自動返信メールが届きますので、ご確認ください
  *メールは、mayumi@coaching-mam.comを受け取ることができるよう、設定をお願いいたします。
  *自動返信メールが届かない場合は、迷惑フォルダなど、ご確認ください。
  *メールアドレスの入力間違いなど、お気をつけくださいませ。
  *メール相談の方法は、ご入金確認後1通目のメールに掲載しています。
 

矢印クレジットにてお申し込みされる場合は、こちらから

矢印振込にてお申し込みされる場合は、こちらから

 

 

 

■キャンセルポリシー

 


 

・お客様のご都合によるキャンセルは、1通目のメールが配信されてからは、お受けすることができません。

 

・お申込みフォームを送信された時点で正式なお申込みとなります。

 

・お申し込みフォームを送信されると、自動返信メールが届きます。

 

・入金前に、キャンセルされたい場合は、mayumi@coaching-mam.comまで、ご連絡ください。

 

【プロフィール】IMG_2223.jpg三浦真弓 公立中学校養護教諭(保健室の先生)として、21年間勤務する。保健室登校の生徒の対応をしながら、生徒の将来を考えたら、カウンセリングマインドだけでなく、コーチング的な視点で関わることの大切さを思い、コーチングを学ぶ。わが子の健康・子育てに関わるために退職したものの、「学校の事情・様子を知りたい」「中学生の子どもとのやり取りを良くしたい」などの声をいただき、子育て中の保護者(主にお母様)が、より生き生きと子育てを楽しまれるためのコーチングセッションや講座、子どもの心の成長発達に関わる講座を開講中。学校や教育委員会からのご依頼による講演も多数。

 

 

 

 性的同意と、自立は、つながっているんだよ

 

 

こんにちは 三浦真弓です。

 

最近の性教育では、

「性的同意」

というワードに注目されることが多くなりました。

 

相手の気持ちの確認を、ちゃんと取っていますか?

ということです。

 

性に関わる犯罪において

「性的同意があったのか?」

が問題になることがありますが、

 

それと同様に、いや、それ以上に

「きちんと、NOが言える場面で、YESの返事をもらったのか?」

ということも、大切になります。

 

 

NOと言いづらい関係ではなかったかどうか。

 

NOと言うことで、

この先のお互いの関係が、悪くなるような気がして…

本当は、NOの気持ちでいっぱいだったけど

どうしようか、意思表示をしないでいるうちに

YESだと思われた可能性がある…

 

ということでは、

性的同意がとれているとは、言えません。

 

相手の人と、そもそも、色々な立場が平等ではない。

そう言う場合もありますね。

(会社の上司、部下と言う立場とか、学校での、先輩後輩とか

親と子ども、とかも入ります)

 

 

また、自分がNOと言ったとしても、

誰もだれもその意見を聞いてくれないんだよね~

 

というように、

自分の「NO」には力がないと思ってしまっている場合もあります。

 

このことについては、

2年ほど前に、NHKのあさイチで、

芸能人のシェリーさんが

ご自身のお子様たちに、自分の発するNOには力があると言うことを

教えるために

 

「やめてを2回言わせない」

ように心がけている、と言う紹介をされました。

 

「例えば大人がくすぐりっこをするじゃないですか。

こしょこしょして「やめて」と言われたら、絶対にやめています。

「やめてと言っても、大人がやめてくれないんだと思ったら、

自分のNOには力がない、と思わせてしまうから」

 

(イメージ写真です。シェリーさんのお子様でも、

うちの子でもないです)

 

素敵ですね~

そして、わかりやすいたとえですね。

 

こういうご紹介をすると、ときに

「では、子どもが『いやだ~』と言ったことは

みんな聴いてあげるべきなのですね」

みたいなことを、言われることもあります。

 

それは違います。

 

「もうゲームは終わりだよ」「やだー」

「そろそろ、寝なさい」「やだー!」

 

に、すべて、聴いてあげることは出来ませんよねウインク

 

 

子育てをしている保護者として、

子どもの年齢が低ければ低いほど、

健康に配慮して育てることが大切です。

 

そのために、

いつまででも、公園で遊ばせておくのが良いわけでもないし、

適切な時間帯に食事をさせて、寝せる必要があります。

 

それは、親が主導権をもってよいです。

 

ただ、「子ども自身の体に直接触れている」行動については、

子ども自身の体は、子ども自身のものなので、

子どもが主導権を握ってよいんですよ。

 

なので、子どもがこれ以上触るのがいやだ~というのなら

やめましょうね。

 

そのあたり、ごちゃごちゃになりませんように。

 

 

性教育は、子育ての中でも大切な部分ですが、

子どもを育てると言うことは

いろいろ、トータルで育てることになりますから。

 

適切に関わることで、

性的同意に関することから、お子様の自立にもつながります。

 

リニューアルした性のメールセミナーは

2月10日まで、募集いたします。

 

◆10日間で思春期前の心構えをわが子が思春期を迎える前に知っておくとよいヒント
◆思春期子育ての不安お聞きします→元保健室教諭の個別相談
◆30日間いつでもメールサポート→メール相談
◆お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
 

● あなたの地域の「思春期の子育てに悩む保護者様」向けの講演・ワークショップを受け付けております

こんにちは 三浦真弓です。

 

乳幼児期は、子育てが初めて!

という方もいらっしゃるので、

自治体主催の講座もたくさんあります。

思春期・反抗期の年代の講座は、、、

どれくらいあるでしょうか?

思春期の子育てに悩んでいる保護者の方も、

たくさんいらっしゃいますよ。

思春期の子どもを理解できる、

地域の大人を増やしませんか。

 

あなたの地域の「思春期の子育てに悩む保護者様」向け講演会
のご案内です

IMG_1813.jpg
 

 

 

● 思春期の子育てに悩む保護者様向け講演会・ワークショップとは?

 

お子様が小さいうちはご家庭にいらしても、

小学生になり徐々に仕事に出られる方も増えます。

見た目の子どもは、まだまだ小さいので、

お家の方は「子どもだ」と思って日々、

過ごされるのですね。

しかし、実際には、

小学校高学年には、思春期に足を踏み入れています。

子育てに一生懸命な保護者の方がいらっしゃる一方で、
どのようにお子さまを育ててよいか、わからない方や、

たくさんの情報に、混乱されている方も、いらっしゃいます。

色々な価値観、子育て観の保護者の方々が

お子様を学校に通わせていることで、

学校現場からは「困っている」とか

「現場が混乱している」というような声が

聴こえてきていることと思います。

子どもたちは性的な発達をはじめ、

カラダとココロの成長に戸惑いを見せたり、

不安を感じたりしています。

学校や学区という身近な地域で開催される、

子どものカラダや心の成長について学ぶ機会。

保護者の方々も参加しやすいですよね。

 

IMG_9540.jpg

 


私の「思春期の子育てに悩む保護者様向け講演会・ワークショップ」の特徴


 

私は、21年間の教員経験と、

22年間&3人(男女)の子育て経験(現在進行中)があります。

子供の発達にあわせた子育てについて、

理論と実践、経験などから、

お話をさせていただくことができます。

思春期・反抗期に向かう子どものカラダや心の成長や発達、

行動の様子などを前もってわかっていたら、

必要以上に、子育てでイライラせずに

すむのではないでしょうか。

 

そして、より、お子様が生き生きと成長されるために

大切な見守り方、お声の掛け方などを

お伝えさせていただきます。

 

また、中学校勤務時代には、保健体育の保健の授業を

年間通じて、担当していた学校もございます。

 

その経験をもとに行なっている

参加者様参加型のワークショップは、

わかりやすい!楽しかった!

とのお声をいただいております。

 

IMG_7630.jpg

 


 対象


チェック(白地)自治体の生涯学習課で、親向けの講座を企画されている方
チェック(白地)思春期の子育てで悩む社員を退職させたくない、企業の社員研修
チェック(白地)PTAの講演会
チェック(白地)家庭教育教室
チェック(白地)思春期の親向け関連講座
チェック(白地)NPO法人による、子育て教室
チェック(白地)子育て中の保護者向けに活動されている団体様
 

そのほか、保護者同士で学びあいたいことがある場面での講師として、

お招きいただくことも可能です。

 

ご希望のテーマに沿って、お話しさせていただきます。

 

 


講演の内容


 

これまでに講演させていただいたタイトルは次のようになります。

 

プペコン保健室の先生として、子どもの成長・発達に関わる内容

「思春期の子育てに気を付けたいこと ~保健室からみた子どもの心~」

「思春期の子どもの変化を知る ~心と体の成長を正しく理解~」

「心のサインに気づきたい 〜心に寄り添うとは〜」

「元保健室の先生が教える思春期・反抗期の子どもの育て方・見守り方 

  〜子どものやる気スイッチはどこにある? 誰が押す?」

「子どもの“今”を知っていますか~思春期・反抗期の子どもたち~」

 

プペコン子どもの性的な成長・発達に関わる内容

「性の不安を安心に変えるCommunication 〜「性への働きかけ方〜」

「家庭で伝える性教育 〜こんなとき、どう伝える?〜」

「小学生のうちに教えておきたい「カラダの話」と性教育」

 

プペコン子どもとのコミュニケーションをよくする内容

「子どもともっと関わらなきゃもったいない 〜思春期のコミュニケーション〜」

「もっと自分を好きになる子を育てるための親の声のかけ方・認め方」

 

プペコン子育てとスマートフォンに関わる内容

「今ドキッ!子育て論 〜スマホ時代に生きる親として」

「子供をスマホ依存にしないために」

 

プペコン子育て中の親の姿勢・態度・考え方などに関する内容

「理想の母親像とのギャップを解消し、自信を持って子どもの自立心を育てよう」

「子どもの成長、親の成長 ~我が子の成長を見守る親のスタンスとは~」

「幼児期に育みたい親子の心」

「楽しい入学の日を迎えたい 〜親も子も笑顔で過ごすために〜」

「子どもの成長、親の成長を楽しみませんか!? 〜学童期の子どもとの関わりから〜」

「リビング学習は子どもが伸びる?ウソ?ホント?」

 

 

これまでにご依頼いただいた、主なタイトルとなります。

その他、お子様のご様子や保護者の方々のご希望など、

ご要望によってオリジナルな内容で、講座をご用意いたします。

お気軽にご相談くださいませ。

 

右お問い合わせフォーム

 

 

講演のスタイル


 

講演は、現地にてリアル開催、オンライン開催、オンデマンド開催をお選びいただけます。

 

・(左)現地リアル開催 

 当日、会場に伺います。参加者さまも、お越しいただきます。

 参加者さまのリアクションや様子を見ながら、話している内容に事例を入れたり、細かくお伝えしたりできます。 

 お話を聴いていただきながら、疑問点などは、講演最後の質疑応答で、確認していただけます。

 

image

 

・(左)オンライン開催

 当日、インターネット環境にある会場に伺います。

 参加者さまは、ご自宅など自由な場所で見ていただけます。

 ご家庭に小さなお子様や、介護が必要な方がいらしても、聴いていただけます。

 お話を聴いていただきながら、疑問点などは、講演最後の質疑応答で、確認していただけます。

 

 

・(左)オンデマンド開催

 動画を見ていただきます。

 参加者さまは、視聴期間内に何度でも見ていただくことができます。

 保護者さま、みなさんで、見ていただくことも可能です。

 視聴中・後の質疑応答がしづらいので、他の方法よりも、打ち合わせを細かくさせていただく場合があります。

image

 

どの方法も、選択していただけます。

団体さまのご希望やご都合、社会情勢に合わせて

選んでくださいませ。

 


お客様からのご感想


 

「長男が世界征服したい」と言った質問をしたものです。

それに対して「トップを取りたい」と言う、
一つの解を出して下さいました。

ある分野でトップをとれるような、息子に育てていきたいと思います。

また、色々と分かりやすく説明下さいまして、
ありがとうございました。

 

親子の関係が難しくなっていく思春期。

子どもとの関わり方を、どう持っていくかについて、
勉強になりました。


ありがとうございました。

 

今日は、ありがとうございました。

自分が子どもだったときのことを振り返ると、
母親が息子の性的な成長に関わってくるのは、
本当にやめてほしい!

ただ、母親としては、関わりたいくらい心配だったり、
気になることなのだということがよくわかりました。

父として、家庭内でできることをしていく必要を、感じました。

ありがとうございました。

 

IMG_1812.png

 

感想は、毎回、たくさんいただいております。

随時、ご紹介していきます。

 

これまでにいただいた感想で、

ブログでもご紹介させていただいたものを、

こちらにまとめさせていただきました。

 

右【感想記事リンク集】「思春期の子育てに悩む保護者様」向けの講演

 


 自治体・PTA・自治体などでの講演・ワークショップの実績


プペコン名古屋市内・各区の生涯学習センター親学関連講座
プペコンPTA家庭教育セミナー
プペコン一宮市教育委員会主催 「お母さんの勉強室」
プペコン東京都三鷹市公立学校PTA連合会
プペコン大阪府寝屋川市人権文化課講演会
プペコン熊本県NPO法人竹田こねこクラブ様
プペコン三重県松阪市青少年育成市民会議嬉野支部・家庭教育研究会
プペコン津島市立蛭間小学校 学校保健委員会
プペコン知多市立東部中学校学校保健委員会
プペコン安城市子育て支援団体羽ぐくみ
プペコン菊武ビジネス専門学校PTA総会

プペコンママのホンネ研究所 セミナー&座談会
プペコンNPO法人・一般社団法人・子育て支援団体各種

など、小中学校での講演を含め、多数。

 

IMG_9889.png

 

 

IMG_0175.jpg



 

 金額など


 

10万円〜(2時間〜)

 

学校をはじめとする教育機関、自治体、また、子育て支援団体様などはご相談くださいませ

 

全国、どこへも伺います。

金額、時間、講座内容など、ご相談に応じます。

遠方の場合、交通費(宿泊費)をご負担いただく場合がございます。

対面、オンライン、共に対応致します。

講座内容によっては、プロジェクターやスクリーンのご用意をお願いいたします。

 

 

こちらから、お気軽にお問合せくださいませ

 

右お問合せフォーム

 

 

【プロフィール】IMG_2223.jpg三浦真弓 公立中学校養護教諭(保健室の先生)として、21年間勤務する。保健室登校の生徒の対応をしながら、生徒の将来を考えたら、カウンセリングマインドだけでなく、コーチング的な視点で関わることの大切さを思い、コーチングを学ぶ。わが子の健康・子育てに関わるために退職したものの、「学校の事情・様子を知りたい」「中学生の子どもとのやり取りを良くしたい」などの声をいただき、子育て中の保護者(主にお母様)が、より生き生きと子育てを楽しまれるためのコーチングセッションや講座、子どもの心の成長発達に関わる講座を開講中。学校や教育委員会からのご依頼による講演も多数。