裏旋の超絶☆塩レビュー

裏旋の超絶☆塩レビュー

主にアイドル・推理小説・スポーツ・ゲームについて日々感じたことを毒を交えて熱く語るブログ。


テーマ:

※5月17日(金)

ラストアイドルがMステ初登場。

新規ファンのために

トップページに再掲載しておきます。

 

 

 

 

 

-------------

 

テレビ朝日系列で放送

『ラストアイドル』シリーズの

対戦結果をわかりやすくまとめたもの。

 

ネタバレ注意!

 

【詳細】を選ぶとブログ記事へ飛べます

 

 

 

【1st season】メンバー入れ替えバトル①

放送日:2017年8月12日~12月23日

(暫定メンバーVS挑戦者 ○勝者 ●敗者 ※ジャッジ →詳細リンク)

 

#1 <2017年8月12日>

バトルなし 7人の暫定メンバー紹介 →詳細

 

#2 <2017年8月19日>

第1戦

○小澤愛実(4)VS●王林(0)

 ※大森靖子 →詳細

 

#3 <2017年8月26日>

第2戦

●相澤瑠香(3)VS○古賀哉子(1)

 ※ギュウゾウ →詳細

 

#4 <2017年9月2日>

第3戦

○安田愛里(4)VS●朝日花奈(0)

 ※竹中夏海 →詳細

 

#5 <2017年9月9日>

第4戦

○長月翠(1)VS●滝口きらら(3)

 ※大槻ケンヂ

第5戦

○山田まひろ(3)VS●池松愛理(1)

 ※MAIKO →詳細

 

#6 <2017年9月16日>

第6戦

○間島和奏(4)VS●高橋真由(0)

 ※杉山勝彦 →詳細

 

#7 <2017年9月23日>

第7戦

○古賀哉子(4)VS●MISAKI(木村美咲)(0)

 ※日笠麗奈 →詳細

 

#8 <2017年9月30日>

第8戦

●山田まひろ(0)VS○鈴木遥夏(4)

 ※林真理子 →詳細

 

#9 <2017年10月7日>

第9戦

○長月翠(4)VS●八剱咲羅(0)

 ※倉田真由美

第10戦

○間島和奏(3)VS●松本ももな(1)

 ※白戸佑輔 →詳細

 

#10 <2017年10月14日>

第11戦

●間島和奏(1)VS○阿部菜々実(3)

 ※大森靖子 →詳細

 

#11 <2017年10月21日>

第12戦

○吉崎綾(4)VS●西村歩乃果(0)

 ※宇野常寛

第13戦

●長月翠(3)VS○蒲原令奈(1)

 ※吉田豪 →詳細

 

#12 <2017年10月28日>

第14戦

●小澤愛実(2)VS○大石夏摘(2)

 ※倉田真由美 →詳細

 

#13 <2017年11月4日>

第15戦

○蒲原令奈(2)VS●清原梨央(2)

 ※中森明夫 →詳細

 

#14 <2017年11月11日>

第16戦

○大石夏摘(4)VS●大森莉緒(0)

 ※YOU

第17戦

○吉崎綾(4)VS●籾山ひめり(0)

 ※ピエール中野 →詳細

 

#15 <2017年11月18日>

第18戦

○阿部菜々実(3)VS●猪子れいあ(1)

 ※蜷川実花 →詳細

 

#16 <2017年11月25日>

◆蒲原令奈が活動辞退

第19戦

○長月翠(3)VS●清原梨央(1)

 ※宇野常寛 →詳細

 

#17 <2017年12月2日>

第20戦

○鈴木遥夏(2)VS●中村守里(2)

 ※マーティ・フリードマン →詳細

 

#18 <2017年12月9日>

第21戦

○安田愛里(4)VS●石川夏海(0)

 ※大槻ケンヂ →詳細

 

#19 <2017年12月16日>

第22戦

○大石夏摘(3)VS●山本愛梨(1)

 ※吉田豪

◆すべてのバトル終了、『バンドワゴン』フルバージョン披露 →詳細

 

#20 <2017年12月23日>

◆デビューイベント、MV舞台裏密着

 

 

【2nd season】プロデューサーバトル①

放送日:2018年1月13日~3月31日

◆LaLuceは当時の「ラストアイドル」で表記

 

#1 <2018年1月13日>

バトルなし 組み合わせ決定 →詳細

 

#2 <2018年1月20日>

第1戦

○小室哲哉(ラストアイドル)(2)VS●指原莉乃(Someday Somewhere)(2)

 ※倉田真由美 →詳細

 

#3 <2018年1月27日>

第2戦

○つんく♂(Love Cocchi)(4)VS●秋元康(シュークリームロケッツ)(0)

 ※日笠麗奈 →詳細

 

#4 <2018年2月3日>

第3戦

●織田哲郎(Good Tears)(0)VS○小室哲哉(ラストアイドル)(4)

 ※マーティ・フリードマン →詳細

 

#5 <2018年2月10日>

第4戦

●つんく♂(Love Cocchi)(3)VS○織田哲郎(Good Tears)(1)

 ※竹中夏海 →詳細

 

#6 <2018年2月17日>

第5戦

●指原莉乃(Someday Somewhere)(2)VS○秋元康(シュークリームロケッツ)(2)

 ※大槻ケンヂ →詳細

 

#7 <2018年2月24日>

第6戦

●小室哲哉(ラストアイドル)(0)VS○つんく♂(Love Cocchi)(4)

 ※吉田豪 →詳細

 

#8 <2018年3月3日>

第7戦

○つんく♂(Love Cocchi)(1)VS●指原莉乃(Someday Somewhere)(3)

 ※古市憲寿 →詳細

 

#9 <2018年3月10日>

第8戦

○秋元康(シュークリームロケッツ)(1)VS●小室哲哉(ラストアイドル)(3)

 ※YOU →詳細

 

#10 <2018年3月17日>

第9戦

○織田哲郎(Good Tears)(1)VS●秋元康(シュークリームロケッツ)(3)

 ※日笠麗奈

第10戦

●指原莉乃(Someday Somewhere)(2)VS○織田哲郎(Good Tears)(2)

 ※中森明夫 →詳細

 

#11 <2018年3月24日>

◆人気投票の結果

1位:Someday Somewhere (20882票)

2位:シュークリームロケッツ (15484票)

3位:Good Tears (14731票)

4位:Love Cocchi (13712票)

5位:ラストアイドル (12537票)

準決勝

○秋元康(シュークリームロケッツ)(1)VS●つんく♂(Love Cocchi)(3)

 ※柏原収史 →詳細

 

#12 <2018年3月31日>

決勝戦

○秋元康(シュークリームロケッツ)(4)VS●織田哲郎(Good Tears)(0)

 ※大森靖子

◆シュークリームロケッツが2ndシングル表題曲。 →詳細

 

 

【3rd season】メンバー入れ替えバトル②

放送日:2018年4月14日~9月29日

 

#1 <2018年4月14日>

バトルなし 12人の暫定メンバー紹介 →詳細

 

#2 <2018年4月21日>

第1戦

○畑美紗起(4)VS●岡村茉奈(0)

 ※大森靖子 →詳細

 

#3 <2018年4月28日>

第2戦

○水野舞菜(2)VS●本城珠莉亜(2)

 ※吉田豪

第3戦

○山本琉愛(4)VS●高橋みのり(0)

 ※宇野常寛 →詳細

 

#4 <2018年5月5日>

第4戦

○町田穂花(3)VS●永井穂花(1)

 ※竹中夏海

第5戦

●河田梨帆(2)VS○栗田麻央(2)

 ※Zopp →詳細

 

#5 <2018年5月12日>

第6戦

●高橋美海(2)VS○田中佑奈(2)

 ※YOU →詳細

 

#6 <2018年5月19日>

第7戦

●小田中穂(0)VS○下間花梨(4)

 ※中森明夫 →詳細

 

#7 <2018年5月26日>

第8戦

○木﨑千聖(4)VS●岩間妃南子(0)

 ※バグベアこぎみいい →詳細

 

#8 <2018年6月2日>

第9戦

○山本琉愛(4)VS●大場結女(0)

 ※ROLLY →詳細

 

#9 <2018年6月9日>

第10戦

○上水口姫香(4)VS●米田みいな(0)

 ※中田花奈 →詳細

 

#10 <2018年6月16日>

第11戦

●木﨑千聖(3)VS○佐佐木一心(1)

 ※吉田豪 →詳細

 

#11 <2018年6月30日>

第12戦

○山本琉愛(4)VS●宮田有萌(0)

 ※ブラザートム →詳細

 

#12 <2018年7月7日>

第13戦:

○水野舞菜(1)VS●加藤ひまり(3)

 ※宇野常寛 →詳細

 

#13 <2018年7月28日>

バトルなし 3rdシングルヒット祈願バンジージャンプ →詳細

 

#14 <2018年8月11日>

バトルなし 2期生夏休み合宿 →詳細

 

#15 <2018年8月18日>

第14戦

○佐佐木一心(3)VS●奥村優希(0)

 ※マーティ・フリードマン →詳細

 

#16 <2018年8月25日>

第15戦

●篠原望(2)VS○橋本桃呼(1)

 ※竹中夏海 →詳細

 

#17 <2018年9月1日>

第16戦

○水野舞菜(3)VS●高木美穂(1)

 ※高田あゆみ

第17戦

○水野舞菜(4)VS●久保田沙矢香(0)

 ※千秋 →詳細

 

#18 <2018年9月8日>

第18戦

○佐佐木一心(2)VS●首藤百慧(2)

 ※中森明夫 →詳細

 

#19 <2018年9月15日>

◆上水口姫香が活動辞退

第19戦

○大場結女(2)VS●高木美穂(2)

 ※YOU →詳細

 

#20 <2018年9月22日>

第20戦

○田中佑奈(4)VS●宇田川桜夢(0)

 ※マーク・パンサー →詳細

 

#21 <2018年9月29日>

第21戦

○橋本桃呼(3)VS●白石真菜(1)

 ※大森靖子 →詳細

◆すべてのバトル終了、『愛しか武器がない』フルバージョン披露

 

【ラストアイドル in AbemaTV】プロデューサーバトル②

放送日:2018年6月3日~8月26日、10月6日

 

#1 <2018年6月3日>

バトルなし 組み合わせ決定 →詳細

 

#2 <2018年6月10日>

第1戦

●指原莉乃(Love Cocchi)(1)VS○近田春夫(Good Tears)(2)

 ※1(視聴者54.4%):2(吉田豪、竹中夏海) →詳細

 

#3 <2018年6月17日>

第2戦

○後藤次利(LaLuce)(3)VS●秋元康(Someday Somewhere)(0)

 ※3(視聴者61.8%、倉田真由美、竹中夏海):0(なし) →詳細

 

#4 <2018年6月24日>

第3戦

●後藤次利(LaLuce)(0)VS○つんく♂(シュークリームロケッツ)(3)

 ※0(なし):3(視聴者53.6%、吉田豪、柏原収史) →詳細

 

#5 <2018年7月1日>

第4戦

○秋元康(Someday Somewhere)(3)VS●近田春夫(Good Tears)(0)

 ※3(視聴者63.9%、ピエール中野、竹中夏海):0(なし) →詳細

 

#6 <2018年7月8日>

第5戦

●つんく♂(シュークリームロケッツ)(1)VS○指原莉乃(Love Cocchi)(2)

 ※1(視聴者53.9%):2(竹中夏海、吉田豪) →詳細

 

#7 <2018年7月15日>

第6戦

●近田春夫(Good Tears)(1)VS○つんく♂(シュークリームロケッツ)(2)

 ※1(ギュウゾウ):2(視聴者72.9%、倉田真由美) →詳細

 

#8 <2018年7月22日>

第7戦

●指原莉乃(Love Cocchi)(0)VS○秋元康(Someday Somewhere)(3)

 ※0(なし):3(視聴者52.6%、竹中夏海、柏原収史) →詳細

 

#9 <2018年7月29日>

第8戦

●近田春夫(Good Tears)(0)VS○後藤次利(LaLuce)(3)

 ※0(なし):3(視聴者69.2%、吉田豪、倉田真由美) →詳細

 

#10 <2018年8月5日>

第9戦

●秋元康(Someday Somewhere)(1)VS○つんく♂(シュークリームロケッツ)(2)

 ※1(ギュウゾウ):2(視聴者69.5%、西寺郷太) →詳細

 

#11 <2018年8月12日>

第10戦

●後藤次利(LaLuce)(1)VS○指原莉乃(Love Cocchi)(2)

 ※1(視聴者56.3%):2(高田あゆみ、西寺郷太) →詳細

 

#12 <2018年8月19日>

準決勝

●指原莉乃(Love Cocchi)(1)VS○後藤次利(LaLuce)(2)VS●秋元康(Someday Somewhere)(0)

 ※視聴者58.2% →詳細

 

#13 <2018年8月26日>

決勝

○後藤次利(LaLuce)(3)VS●つんく♂(シュークリームロケッツ)(0)

 ※3(視聴者59.3%、高田あゆみ、吉田豪):0(なし) →詳細

 

◆LaLuceが4thシングル表題曲、Love Cocchiが共通カップリングに決定

 

#14 <2018年10月6日>

総集編 →詳細

 

【ラストアイドル】『ラスアイ、よろしく!』バラエティ回まとめ

 


テーマ:

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』

第7話

「タタリ騒動の元凶」

 

 

亜由美を助けるため

ジオ・テクニクス社に潜入した

有馬たくやだったが

朝倉香織の裏切りで

あやうく濡れ衣を着せられそうになり

危機を脱したものの

カオスの矯正で

前のセーブポイントに戻されてしまう……。

 

 

第7話から別ルートに分岐。

リスタート地点は

剣ノ岬で倒れたところから。

夏休みの最初から

やり直したたくやは

タタリ騒動の噂のある

龍蔵寺の屋敷に向かう。

そこで謎のタペストリーを見たり

父・有馬広大の研究が

不老不死だったことや

龍蔵寺の罠にかかりそうになったり

気になる伏線がたくさんばらまかれている。

 

結城との会話で

タタリ騒動に言及したことから

会話の流れが変化したようだ。

龍蔵寺の

「3人目の犠牲者にはなりたくないものだ」

報道では1人しか犠牲者はいなかったのに?

保健室の神奈のネックレスも気になる。

脱ぎ捨てた絵里子先生の行方も気になる。

 

島津澪の

「変態が大変態に変態したところよ!」

やはり釘宮さんの声が

このキャラにバッチリはまってる。

 

美月の謎の偏頭痛。

最近の龍造寺の様子がおかしいと

ここでも言及。

 

龍蔵寺の武家屋敷に

資料を届けに来たたくやたちを

龍蔵寺の母が出迎え。

気になる土蔵が登場。

 

その母親が気になる台詞を放つ。

「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」

志を高くもつ者の考えは、

そうでない者には理解できないという意味。

 

 

 

400年前のタペストリーが登場。

 

熱心にスケッチする澪ちゃん。

 

たくやは龍造寺と2人きりで会話へ。

広大と龍蔵寺と今川教授の研究。

不老不死を研究していた父。

宇宙の始まり。

たくやの母ケイティア(恵子)の話。

幼いたくやは頻繁に発熱があった。

 

 

 

龍造寺があの質問を投げかける。

「君は広大から何かを渡されなかったかね?」

たくやは誤魔化そうとしているが

映像で見たら

何か隠しているのがわかりやすい。

 

催眠術のような

龍蔵寺のあやしい光の幻惑。

これは怖い。

「さあ持ってるものを出したまえ」

右手が後ろポケットに伸びる。

それを渡しちゃいかん。

 

澪たちが部屋に入って来て

なんとか助かったが

龍造寺はやべーやつだった。

事前にセーブしておかないと。

 

 

<ネットの反応>

  • YU-NO7話見たぞぉ!!!! ついにカオスの矯正により別の並列世界に飛ばされたたくや。「燕雀いずくんぞ」の意味とは? タペストリーの意味は? 今後の展開が気になり過ぎて毎週楽しみだわ…
  • 7話、振り出しに戻されたけど以前の世界とは微妙に、だが確実に違う。どのヒロインのルートかな?と思ったら、まさか龍蔵寺ルートとはw 悪役感を出しまくっている龍蔵寺だけど、単なる欲ボケではないのがポイント。こんなに早くヒントを出しまくって良いのかな? タペストリーの謎も忘れずに。
  • この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 7話「タタリ騒動の元凶」…今回おっさんとの会話だったw・・・少女まだぁw 
  • ニュースで発表されてる犠牲者は1人なのに龍蔵寺は3人目の被害者になりたくないって言ってたな
  • 宇宙の存在とか何か凄く風呂敷広がったな。龍蔵寺が執拗に求めているデバイスはやはり重要な鍵か。タペストリーに描かれた絵が三角山で起きた事件にも似てて関係ありそう。
  • そもそも「認知症」って言葉は1995年当時まだ存在しなかった(法令用語としては「痴呆」からの置き換えが決定されたのが2004年らしい)はずだけど、これが龍蔵寺先生が未来の言葉を使って喋ってしまったという描写なのか、ただの脚本上のうっかりなのかは、ちょっとわかんないな。
  • 1話の最後のシーンにワープ。あまりに淡々と進むので、たくやが前回の記憶を一時的に失ったというオチかと思った。竜造寺を警戒する描写さえないのはかなり不自然。しかもお父さんの研究資料は結局渡しちゃったの? 新たに撒かれたネタ自体は興味深かった。
  • 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』7話。有馬たくやに母親の金髪は遺伝しなかったようだ。龍蔵寺には大悪党の風格が漂っていて、こいつを躱してハッピーエンドを迎えるのは大変そう。ところで、本作の舞台は1995年だった
  • 研究に対する龍蔵寺の異常な執着。彼と有馬博士との親しげな過去回想とは対照的に両者の疑心暗鬼が垣間見えた。2話での息子へ宛てた有馬博士の伝言は龍蔵寺の裏の顔を察しての事だったのか。またお婆さんの言葉は燕雀=婆、鴻鵠=龍蔵寺を示すようにも思えるがどうもまだ黒幕が潜んでいそう
  • ようやくタイトルと関係ありそうな話になってきた。いかにも昔のゲームのヒント係で出てきそうな婆さん。「燕雀安くんぞ~」って高校で習うね。古いジュブナイルSF感満載。20年前はビッグバン説はまだ胡散臭い話だったんだね。まあ、今でも良く判んないけどさ。亜由美さんは20代半ば位の設定?
  • 俄然面白くなってきた。今まで辛抱した甲斐があったというもの

 

 

謎だらけで

面白い展開になってきたね。

こういうホラーミステリー要素があると

続きが見たくなってくる。

ゲームプレイ時もワクワクしたなぁ。

 

 

 

第8話は

「燕雀いずくんぞ」

 

 


テーマ:

5月12日22時30分放送。

『あなたの番です』

第5話の感想。

 

>第4話のダイジェスト。

 

 

 

<ここまでの被害者と犯人>○被害者【死因:凶器】---●犯人

第1話:①床島比呂志(竹中直人)【転落死:地面】---●事故?

第2話:②山際祐太郎(森岡豊)【不明:不明】---●管理人さんと書いた人?

第3話:③田中政雄(名倉右喬)【爆死:ガス爆発】---●藤井淳史?

第4話:④赤池美里(峯村リエ)【斬殺:刃物】---●シンイー?

第4話:⑤赤池吾朗(徳井優)【斬殺:刃物】---●シンイー?

 

<引いた紙、紙の向き、書いた人物>

手塚菜奈(原田知世)「縦書き」→【こうのたかふみ】 ←田宮淳一郎?

田宮淳一郎(生瀬勝久)「縦書き」→

シンイー(金澤美穂)「縦書き」→【赤池美里?】

黒島沙和(西野七瀬)「横書き」→【織田信長?】

藤井淳史(片桐仁)「横書き」→【タナカマサオ】 ←シンイー

久住譲(袴田吉彦)「横書き」→

北川澄香(真飛聖)「横書き」→

石崎洋子(三倉佳奈)「横書き」→【吉村?】

浮田啓輔(田中要次)「横書き」→【赤池幸子?】 ←赤池美里?

赤池美里(峯村リエ)「横書き」→

榎本早苗(木村多江)「横書き」→

床島比呂志(竹中直人)「横書き」→

尾野幹葉(奈緒)はすぐしまったので「不明」→

 不明①:誰かが書いた【管理人さん】

 不明②:誰かが引いた【山際祐太郎】

 不明③:石崎洋子が書いた【石崎洋子】

 

第1話の感想

【あなたの番です】第1話の感想・交換殺人ゲームの始まり

第2話の感想

【あなたの番です】第2話の感想・山際の死、次は藤井「あなたの番です」

第3話の感想

【あなたの番です】第3話の感想・追いつめられた藤井はタナカマサオを殺すのか?

第4話の感想

【あなたの番です】第4話の感想・翔太が交換殺人ゲームのことを知り、細川の正体も判明する

 

 

 

第5話の伏線らしきもの

 

犯行時

玄関と窓は開いていた。

第1発見者は

手塚菜奈(原田知世)、

手塚翔太(田中圭)、

榎本早苗(木村多江)、

藤井淳史(片桐仁)の4人。

 

尾野幹葉(奈緒)が翔太と

親しそうなのが気になる菜奈。

 

被害者の赤池美里(峯村リエ)

赤池吾朗(徳井優)

椅子に座ったまま左の首の

頸動脈を刃物で切られていた。

後ろから回り込んで切れば左利きだが

右から切りつければ右利きでも

同じ創傷になるため

利き腕は関係なさそう。

 

死体発見時と警察到着後に

あるところが違います。

誕生日ケーキの「赤池美里」の

チョコプレートが無くなっていること。

4人の誰かが隠した。

 

すみだ署刑事の

水城洋司(皆川猿時)

怖くて死体をまともに見れない。

そんな刑事いるか!とイライラ。

 

翔太が「引っ越そうか?」と提案すると

菜奈が心の中で思う。

「私が紙に書いてしまったあの人は、この後どうなるんだろう?引っ越したら、何も探れない

重要な手掛かり。

「あの人」であって「この人」では無い。

だから翔太はセーフ。

そしておそらくあの人は

「細川朝男」だと予想するが

この言い方だと他の住人もあり得る。

 

そして菜奈が「何かを探るため」

ここに引っ越したことが判明。

それはキウンクエ蔵前の住民に

関係することなのか?

この302号室が(浮田によれば)

「事故物件」なのも引っ掛かるところ。

 

OPで死亡した人物

床島・美里・吾朗の3人が

モノクロ写真に変化。

 

凶器は刃渡り8cm~15cmの刃物

現場からは発見されなかった。

第3者が持ち出していない限り

自殺の可能性はほぼ無い。

現場にいた赤池幸子(大方斐紗子)

当時の状況を話せる状態では無いらしい。

最初から狙いにあって放置したのか。

 

アリバイの無い人物は7人。

浮田啓輔(田中要次)、

柿沼遼(中尾暢樹)、

妹尾あいり(大友花恋)、

リン・シンイー(金澤美穂)、

西村淳(和田聰宏)、

尾野幹葉、

佐野豪(安藤政信)

 

シンイーの紙を落とした際に

神谷将人(浅香航大)刑事の手元が映って

他の人物のアリバイ確認表が見えた。

久住譲(袴田吉彦)は「JB設備 勤務中」

児嶋佳世(片岡礼子)は「自宅(英語教室中)

石崎洋子(三倉佳奈)は「自宅(夕食中)」

事件発生時刻は午後7時52分。

英会話教室の時間にしては遅い気がします。

久住の勤め先が設備会社なら

エレベーターを停止させることもできそう。

 

めくった2枚目の紙では

児嶋佳世は「買い物中」になっている。

ん?どういうこと?ミス?

不自然に紙を落としたので

シンイーに注目させたいのか

この紙に何かあるのか。

 

502号室の部屋から

指紋が出て来たという5人。

妹尾あいり、

黒島沙和(西野七瀬)、

イクバル(バルビー)、

江藤祐樹(小池亮介)

メンチカツ事件の時に転んだ幸子を助けて

部屋に運んで触ったためだと思う。

 

実際に犯行以前に

部屋に入ったのが確認できたのは

菜奈と江藤だけなのは覚えておきたい。

逆に第一発見者の

翔太はドア開けたし床に手をついたのに

指紋は残っていないらしい。

早苗はおばあちゃんを心配していたが

他には触っていないのか?

 

榎本正志(阪田マサノブ)

自分の出世のために

自分が住んでいる

マンションで起きている事件を

隠蔽したがっている。

新潟のアイドルグループみたいな話。

 

佐野はヘビースモーカー。

マンション敷地内は禁煙。

 

木下あかね(山田真歩)

佐野が出したゴミから

血のついたタオルを発見

 

臨時住民会に集まったのは9人。

 

菜奈がゲームのことを

警察に話すべきと主張。

ケーキの「赤池美里」に気づいている。

ゲームのことを知られたくない

菜奈が隠した可能性が高いが

やけに冷静だった早苗もあやしい。

 

脅されていたシンイーが

美里を殺したかどうか

注意深く表情を見たが

とても怯えてる印象で

自分で殺したようには見えなかった。

 

自分の名前を書いてしまった(と言う)

石崎洋子は警察に話すと

殺人教唆で捕まるのではと心配する。

それを幹葉が鋭く反撃。

「自分が殺されるかもしれないのに、共犯になることを心配するんですか?」

 

引き籠っていた

田宮淳一郎(生瀬勝久)が住民会に来る。

ずいぶん澄ました顔で、

以前は2分遅刻しただけで

頭を下げていたとは思えない変わりよう。

 

黒島沙和から声を掛けられて

びっくりする田宮。

BGMが変化したので

かなり重要な伏線。

 

藤井は警察に話すのを反対。

「殺人マンション!?」と

ホワイトボードに書いた。

 

幹葉は誰かれ構わず

犯人扱いしてすぐ茶化すから

みんなと口論になる。

尾野幹葉は人狼でいう

「狂人」と思ったほうがいい。

 

藤井とシンイーに

奇妙なアイコンタクトがあった。

殺してほしい人を

殺してもらった立場だから

疑われている2人。

 

神谷刑事が

ケーキにプレートが無かった事に気づく。

 

紗和が空気を変えようと

「あの、落ち着きましょう。ほら、以前机叩いて怪我した方もいらっしゃいますし」

田宮が「それ私です」と名乗り出る。

確かにその場面はあった。

しかし

第3話で田宮が机を

叩いた時の住民会、

黒島沙和は欠席していた。

なぜ見たようなことを言ったのか?

冗談を言うキャラでもないはず。

慌てて「想像で言った」と誤魔化したが

この会話は違和感が残る。

(「黒島沙和もう1人いる説」は後で述べます)

 

みんなが笑顔になっても

久住は項垂れていた。

何か悩みがありそう。

 

田宮の防犯カメラは

最近は録画していないと言うが

かなり嘘臭い。

手掛かりを得る役割なら

田宮が「占い師」の役回りだろう。

 

菜奈が書いた名前は

「いろいろあって嫌いな人」

 

翔太が戻って来た時

木下あかねが302号の

郵便受けを開けていたように見えた。

翔太がいなくなった後で

302号のポストに鏡を入れて

宛名を読もうとしている。

 

菜奈、早苗、紗和の3人が

警察に言うべきと挙手。

久住は警察に言う方に賛成だったのに

決選投票では手を挙げなかった。

 

住民会終わり

幹葉がさっと手帳をしまったが

何を書いていたのか。

 

102号室で住民トラブル。

北川澄香(真飛聖)が児嶋佳世と喧嘩。

そら君に勝手に服着せたり

髪を切ったり

「ヤス君」と呼んだり

自分の子供みたいに

面倒見ているのが怖いと口論になった。

 

本編だけ見ると児嶋佳世は

頭のおかしいおばさんだけど、

Huluで102号室の扉の向こうを見たら

少し印象が変わって見える。

佳世は夫・俊明の精子の状態が悪く

不妊症で子供ができなかった。

そのため夫婦仲が冷え切り

俊明は浮気をしているらしい。

そのため英会話教室で出会う子供を

異常に可愛がるようになる。

ヤス君は生まれた

男の子につける名前だった。

 

菜奈の帰りを待つ翔太は

菜奈が嘘を付く時

手を組む癖があることを指摘。

住民会のことを聞かれたら

だいたい嘘で返している。

 

翔太が会議室へ様子を見に行くと

電気が消えていて

ホワイトボードに

「殺人マンション!?」の文字が

綺麗に消えてないから残ってる。

消し方雑すぎ。

 

西村淳と出会い

鍵を回す音から

管理人さんが死んだ夜に聞いた

あの時の音だと思い出す翔太。

 

浮田が自分の車の中に

菜奈、早苗、紗和を集めて、

自分が「赤池美里」と書いたと告白する。

美里を殺したのは自分じゃないと言うが

あの夜は言えないことをしていたらしい。

赤池美里と妹尾あいりのトラブルが原因で

浮田もずっと無視されていた。

 

でもここで疑問が生まれる。

浮田は「赤池幸子」を引いたと言うが

幸子は精神に異常をきたして

病院から老人ホームなどへ行って

殺すチャンスが減ってしまいます。

浮田が美里を殺す時に

一緒に赤池幸子も殺せば一石二鳥。

幸子を殺していないのは

浮田が犯人ではない証拠になると思った。

まあ元からあやしい動きの

浮田たちが犯人なら

あからさま過ぎて面白くない。

 

ケーキは赤池美里本人が購入していた。

神谷刑事はプレートが

消えていることに気づく。

水城刑事は「食べちゃったんじゃない?」

血のついたチョコを普通は食べない。

でも食べないのは普通の人。

人を殺す人間や犯罪を隠したい人間が

証拠品を飲み込む実例なら

たくさんあります。

絶対無いとは言い切れない。

「そんなバカな!?」が起こるのがミステリーです。

 

赤池の親族が幸子を

介護付き老人ホームに引きとる。

引っ越しの手伝いをする

江藤の姿を見て早苗は意外そう。

菜奈は先日お邪魔した際に

江藤が部屋にいたことを思い出した。

どういう関係だったのか?

 

田宮が「俺はやるぞ!」と

やる気スイッチ入る。

 

藤井が病院のパソコンで

自分の裏垢「善良なお医者さん」を

削除しようとしたら

「人殺し」のブラクラ。

田中政雄(ドルジ)の顔写真。

お前が「あなたの番ですよぉ~」とか

言ってきたくせに?

そっちこそ殺人教唆だろ。

交換殺人ゲームの紙きれより

宇宙人脅迫動画の方がよっぽど

警察が信用してくれそうだが。

 

こんなことができるのは

もう江藤しかいないでしょ……。

あるいは江藤の助けを借りているか。

 

早苗と食事する菜奈のところに

翔太が木下と江藤と西村を連れて来た。

住民会に参加させてもらえないこと、

住民会で物騒なゲームをしたことを

問い詰められる。

 

江藤はゲームのことは

何も知らないと言う。

逆に西村は何か知ってそうな表情。

 

翔太が交換日記を提案するも

菜奈に断わられる。

 

菜奈は翔太を巻き込みたくなくて

ゲームのことを黙っていた。

 

翔太のいいセリフ。

「ひと言『信じて』って言ってくれれば信じるよ。言ってくれなくても信じてたわけだし。その代わり、俺嘘でも信じるからね。全部信じるからね。菜奈ちゃんが言うことは、全部俺にとっては真実になるんだからね。それくらいの覚悟は持っててよ?」

 

「すっげえ気持ちいいセックスしよう」も名言。

 

ネットでは

「田中圭黒幕説」が根強くあるが

今回の翔太は

かぎりなく白く見えるなぁ。

 

その夜

着信があって

菜菜がこっそり外に出ていく。

それを尾行した翔太は

マンションの外で

菜奈が細川朝男(野間口徹)と

密会する現場を目撃。

 

ここで気になったのが

2人とも笑顔で楽しそうに会話していること。

菜奈は細川を避けていたはず。

翔太は白かと思ったが

ここに来て菜奈はグレー。

何を探っているか

判明しないと信用できない。

 

ゴミ捨て場で

木下から「302号室の人」と

書かれた紙を受け取る。

誰かのゴミから拾ったものらしい。


紗和とすれ違う時

菜奈の様子が気になったのか

「大丈夫ですか?」と声を掛けられる。

 

菜奈に久住が

「俳優の袴田吉彦って知ってますか?」と質問。

「僕、よく似てるって言われるんですよ」

袴田吉彦自身がこのメタ発言。

袴田の新恋人発覚のスクープ記事を出す。

久住は袴田吉彦に似ていることが嫌で

紙に「袴田吉彦」と書いた。

 

外出する時に

本人と間違われないように

いつもマスクとサングラス。

それ逆にあやしい。

何か腑に落ちないな。

なぜそれを菜奈に打ち明けるのか?

 

その頃

時代劇を撮影中の袴田が

用を足しに林に入ったら

3人の黒ずくめの暴漢に襲われる。

いよいよ見える形で犯行が行なわれたか。

 

しかしな~。

こんな雑な殺人あるかね。

1人になるのを待たなきゃいけないし

あの怪しい姿でうろついて

気づかれないはずがないだろ。

なんか急速にコメディ化してしまった。

 

あの3人の動きも

すごい素人感。

しかも金属バットは無いわ。

なんとなく正体わかったかも。

 

久住から今度は

受け取った紙を見せられる。

そこには「細川朝男」の名前があった。

 

 

袴田吉彦を殺した犯人は?

 

黒い服の3人組というと

浮田、柿沼、あいり

思い浮かべると思う。

この3人の服装。

暴漢と完全に一致しています。

左が浮田、中央があいり、右が柿沼。

いかにもあやしいが

そんな簡単だと面白くない。

 

浮田は詐欺で何度も捕まり

すぐ嘘をつくだ何だの嫌われてますが

見た目より良い人で

かなり白寄りに見ている。

だから俺は

別の犯人を探してみます。

 

 

 

実は他にも3人組がいる。

 

住民会仲間外れの

木下、江藤、西村の3人。

しかし彼らはグループではないし

表立って動きが見える江藤以外は

現時点であまり関係なさそうだ。

 

シンイー、クオン、イクバルの3人。

ここがかなり怪しいです。

それはシンイーの引いた紙が

「赤池美里」だとは思えないから。

クオンが「あいつか!」と

言う人物が美里なら

イクバルが「知ってるのか?」と

聞き返すはずがない。

同じ住人なのだから。

つまりあの紙こそ

「袴田吉彦」だと見ています。

クオン「ほらちょっと前に」の

後に言ったのは

「新恋人スクープされた」

みたいな会話だったのでしょうか。

 

ただし

シンイーは殺していないと思う。

殺しに加担してほしくない。

 

で、あやしい3人組が

まだいたことを思い出す。

第4話で奥の部屋に寝ていた

不法滞在の外国人3人を。

こいつらなら心が痛まないから

犯人だといいなという程度の気持ちで

今回は彼らがシンイーのために

犯行に及んだと推理します。

 

どうやって袴田の居場所を突き止めて

あそこに入り込んだかは聞くな(笑)

 

 

「袴田吉彦」を書いた人物は?

 

これは久住で確定。

 

俺は久住をずっと黒だと思っている。

第5話を見てもまだ黒、ややグレーだ。

1番引っ張られている原因が

第4話のエレベーター前で菜奈が

「もしかして、もうとっくにどこかで殺されてるかもしれない」

と言ったのにニヤッと笑ったこと。

 

おかしいでしょ。

そこで笑うのは。

なんでそんな怪しい動きをするの?

菜奈の髪型がキノコすぎて笑ったの?

 

自分が書いた袴田を

誰か殺してくれたら嬉しいなって

そう思って笑ったんだろう。

 

そうとも受け取れるけど

俺は別の交換殺人計画が動いてることを

知ってるような笑いに見えた。

 

第3話冒頭

山際の生首に怯える藤井騒動で

停まったエレベーターから

出て来たこともあるし、

どうしてもどうしても

こいつを容疑者から

外すわけにはいかない。

 

 

「302号室の人」を書いた人物は?

 

筆跡を見ると

やけに字が歪んでいる。

ここがヒントになりそう。

 

<書いた人の候補>

・シンイー

・黒島沙和

・北川澄香

・榎本早苗

・床島比呂志

・尾野幹葉

・(木下あかね)

 

1番に想像したのは尾野幹葉。

しかしこの書き方だと

好意のある翔太の方も巻き込む。

幹葉なら「302号室の女」と書きそうだ。

 

次に思ったのが

木下あかねが書いた説ですが

ノートの切れ端と

4つ折りの跡は

ゲームの時と同じ仕様。

ゲームに参加していない木下に

そっくり同じ物が作れるか疑問があります。

菜奈を脅かしても何もメリットが無い。

 

シンイーはカタカナでしか書けない。

北川は他に書きたい人がいるはず。

 

これは第1話の早苗の筆跡。

「302」の数字の書き方を比べると

違うことがわかるため早苗でもない。

(「3」の角度が違う)

 

床島はイライラしながら

何度もシャーペンで

書いたり消したりしていた。

字の汚さもそれっぽい。

消した線が見えないので

どちらとも言えないが

床島の可能性は高い。

 

紗和が書いたとは

さすがに信じられないが……。

黒幕だったらあり得るのかな。

 

 

 

<引いた人の候補>

・北川澄香

・床島比呂志

・榎本早苗

・尾野幹葉

・赤池美里

 

ゲームに感心の無い人が捨ててそう。

北川澄香が第1候補。

次点で床島。

 

早苗はレシートを

きっちり残すタイプなので除外。

幹葉も捨てないでしょう。

 

菜奈も命を狙われる可能性があったが

捨てたということはセーフ?

それとも

思い出した相手に狙われる?

 

 

 

黒島沙和は双子?

 

ネットでは「黒島沙和双子説」もある。

怪我をしている暗い紗和と

怪我をしていない明るい紗和。

わずか1日前に眼帯をしていたのに

もう治っていたりよくしゃべったり

別人みたいな振る舞いをしている。

 

この公式の意味深な2枚の写真も

双子説の原因。

「“どっちのなーちゃん”が好きですか?」

 

 

麻耶雄崇の問題作

『夏と冬の奏鳴曲』の

舞奈桐璃を連想した。

ネタバレになるので詳細は伏せます。

 

第4話のメンチカツ事件で

車椅子の幸子を助けた紗和。

この映像を見た田宮は

直後にどこかに映像を切り替えて

目を見張って驚いた。

それはつまり同時刻に

「別の場所にも紗和がいたから」

推測することもできます。

 

第5話では紗和に話かけられて

BGMが変わるなど

明らかにおかしな挙動もあった。

第2話では

菜奈から1000円返してもらった時

記憶にないのか戸惑った様子で

「これ可愛いですね」と袋を褒める

変な誤魔化し方をしていた。

 

それでも俺は

具体的な証拠が無いため

今のところは

双子は無いかなーという気持ちが強い。

何年も住んでいて

双子の入れ替わりに

誰も気づかないってのは無理がある。

やるならマナカナでやってほしい。

DV彼氏が死んで

元気になった説の方がまだありそう。

 

とにかくなーちゃんが

謎めいた重要人物っぽくて

乃木坂ファンは嬉しい限り。

 

 

 

赤池夫婦の笑顔の死

 

赤池夫婦の死体の違和感。

 

ミステリーでは死の瞬間の表情が

重要な手掛かりになることがあります。

ただし「即死」の場合が多く

今回の赤池夫婦の死は

首の頸動脈を切られて

血を大量に失ったことによる「失血死」

普通は痛さで苦しみながら

のたうちまわるはずです。

 

しかし2人は椅子に座っていた。

それも穏やかな顔で。

これは何を物語るのか?

 

<仮説>

赤池吾朗は美里に殺されて

幸せそうに死ぬ。

美里は幸子の目の前で

大事な息子を殺し満足して自殺。

あるいは犯人が美里を殺す。

その凶器を犯人が持って逃げる。

つまり犯人は赤池美里自身で

第三者は協力しただけであるということ。

ありそう。

 

ただし

頸動脈を切った時の失血は

1分間に1lで

小柄な吾朗でも

2lの失血がないとショック死しない。

切られてから約2分かかるようです。

 

2分もじっと座ってられますか?

犯人が座り直させたのでしょうか。

う~ん。

フィクションを

真面目に考えすぎない方が

いいのかもしれない。

 

 

北川澄香か児嶋佳世、どちらか殺される?

 

これは俺の勝手な予想。

 

北川澄香または児嶋佳世は

どちらか(orどちらも)殺されると思います。

児嶋佳世は

交換殺人に便乗した殺人。

逆に児嶋佳世が殺される場合は

北川澄香が佳世の名前を書いたか

返り討ちにあうパターン。

 

この2人の「扉の向こう」が

早めに終わったのも暗示的で

早めに退場できる。

 

304号室の「扉の向こう」を見て

親子の愛に感動させておき、

102号室の佳世の心情も理解させて

そこから被害者にすることで

視聴者を一気に奈落に突き落とし

ストーリーが盛り上がるとか考えていそう。

 

 

 

 

次回の予告。

 

田宮が「信用しないほうがいいですよ」

誰かの秘密を掴んだ様子。

占い師さん頼みます。

 

児嶋夫婦は旦那・俊明と

愛人ユキちゃんの登場で

佳世が壊れてしまいそう。

 

次回のあらすじで

菜奈が「細川朝男」と

書いたことが確定している。

細川との本当の関係を知った翔太は

どうするのか?

 

 

Ameba人気のブログ