みなこのブログ。
  • 20Oct
    • 持ち物とメリットと、最後は身ひとつで。

      先日の話。お友達から、飲みませんか?と誘われましてめっちゃ嬉しくさ!その日の仕事を鬼のように終えて車で帰宅途中そうだ、息子たちの夕飯!と思っていつものスーパーに寄って諸々を調達し駐車場に停めてた車のエンジンをかけようとして、、、ん?かからん…キュルキュル音はするもののエンジンがかからず……どゆことっ!!!とにかく脳内はフル回転保険会社にレッカー移動を依頼し知り合いの工場に連絡して状況を説明し車を持ち込んで修理を依頼友達には30分遅刻する旨を連絡して代車で帰宅し車を置いてすぐに駅へ!!!自分的には思いつく範囲内でできる限りのことやって、まぁ最善は尽くせたと思ってるんだけどその後の修理代が(車検と重なったこともあり)思いのほか高額だったしあ、車検受けるのに自動車税納付の領収書をあちこち探してワタワタしたし遅刻したのにも地味に凹んだし。。。車、面倒くさい。長男の出産祝いに車を頂き(お父さんありがとう)、そこから25年近く車のない生活はなく車があったから子どもの送迎はできたし家族6人でも頻繁に帰省できたし今だって通勤は車だし。メリットたくさん。10年以上も走ってる車だと、突然故障とかあるかもなって思いながらで修理とか車検とかも面倒で。。。それでも今は車が必要だなぁ。うん。今はね。離婚とともに持ち家一戸建てから賃貸マンションに引っ越すときに思ったのがミニマムな生活をしようだった。元々荷物は少ない方だし大物家電は新しく購入だったので自分の車で運べる程度の荷物で引っ越しました。ここに暮らして三年目自分の家!って言えるものが欲しくて結婚してる時に一戸建てを購入したんだけどそれは今思うと居場所が欲しかった自分と重なっている。私の家私の居場所外側にいっぱいまとっていたくてそんな頃もあったね。先週の札幌の空あぁ、私は今 自由だなぁ、と思う。今必要なものを選んで自分の周りに置く父から譲ってもらった10年選手の車も15年前に作った洋服も読んで心揺さぶられた本も日々の仕事も傾聴の学びも今 私は 私に必要なものに囲まれて生きているそれらは全て私が選んだものだ。今朝の空51年生きてきた中で経験した あまたのことはきっと思い出せないことの方が圧倒的に多くてそれらはきっと今の私にはもう必要のないもの。私は今を生きている。確実に歳をとり私はいつしか死んでいくそこに向かって整えながら最後の最後は身ひとつで死にたいと思う。そのためにも今を一生懸命に生きることが最も大切だと 私は思う。私の居場所は、外にはない。私の居場所は、私そのものだ。

      NEW!

      24
      2
      テーマ:
  • 16Oct
    • 三たび札幌!

      行ってきたよ、札幌!!!!!去年の9月がお初の札幌で今年の8月に2度目 そして今回が3度目こんなにご縁を感じる街になるとはね!(行きの羽田空港にて)今回は傾聴カウンセラー養成講座中級のお手伝いで行って参りました。中級は徹底的に自己理解たくさんの色々なワークを重ねながら自分を見つめ 自分の奥に触れに行くそれは信頼できる仲間との間だからできることだとナノさんと同じく私も思います。私の役割は受講生の皆さんが安心して自己開示できる環境の一つであることそしてそのためには私自身が自分の感情に正直であることがとても大切なことのひとつそしてどれだけ客観性をおびた主観でいられるのかという傾聴における最近の私のテーマとともにお手伝いさせていただきました。私ってどんな人間?自分をどう思ってる?どう思われてるって感じてるの?今までいろんなこと気にしながら生きてきたそれが必要な時だってあるさそれをね信頼できる仲間と一緒に紐解いてみると見えてきたのは奥の奥にあるいっぱいの愛だった。その時間を思い出すと今でも胸の中があったかくなるよみんなで囲んだみんなの愛優しい言葉であふれていたあの時間はこれからもずっと私の宝物です。中級のお手伝いをさせてもらうたびに思うのはみんな、すごい!ってこと自分の心の掘り方もまっすぐ自分を見つめるさまも選ぶ言葉も全然ヤサグレてないし。まぢすごいっす。(うにイクラ丼もすごかった)いよいよ来月は上級それまでの1ヶ月いろんな出来事や感情を目一杯重ねて迎えられるといいねーーーーフレーフレー チームサッポロ!!!応援しています!!!沢山の愛をありがとうございました。

      22
      テーマ:
  • 11Oct
    • 20分のマック時間で

      私はこの仕事が好きなのだとつくづく思う。行こう、っていう風にそっと握ってくれる手が本当に愛おしくて。「せんせ」って言ってのぞきこむ顔が本当に可愛くて。もうすぐ文化祭だね。一緒に楽しもう!一緒に笑おう ^^出来た!をいっぱい重ねよう。それがあなたの力にきっとなる。お家の人に楽しんでる姿 いっぱい見てもらおうね!…そんなことを思いながらの20分のマック時間でした。さぁ、家に帰ろう^^

      21
      テーマ:
  • 04Oct
    • あなたを愛してる

      私の中で長男と死は結びついているのだと二日間の傾聴講座を終えて改めて思う。あの子は私より先にいなくなってしまうんじゃないかという不安や恐怖は全ては私の主観の中で起こっていることでそれは今までの経験が形作っている私の主観それも分かってる。あの子に確認した訳でもないしあの子から何か話があった訳でもないただただ、私がそう感じてるということ。もう、、、自分を嫌いになりそうなくらいあの子の事で揺れる私あの子が笑ってると私が嬉しくてあの子が無口だと私が不安になるそれはあの子の不安じゃない…私の不安。全部、私。私、長男に会ったらご飯に誘おうと決めててね向こうの家に行ったら ちょうどいたから「たまにはご飯食べに行かない?」って言ったら「いいよ」って、、、さ全然、フツー。消え入りそうな儚げな様子なんて、全然ない。その、「いいよ」という言葉だけで心底安心して、、、本当に安心して涙が流れたよそれぐらい私、揺れてたね。勝手に心配して勝手に不安になって勝手に安心して勝手に泣く全部全部、私なんだ。そうだと分かってて、、、でも湧き上がる思いがある。あるものは、あるんだ。…しょうがない。ねぇ、ともご飯食べてる?ちゃんと眠れてる?バイト先で楽しく働いてますか?大学は、どうするか決めた?あなたが今 大切に思っているものは何ですかあなたは今 幸せですか母さん、色んな思いが湧いちゃって心配が先に立っちゃうけどさそれでもこうやってあなたへの思いを綴りながら、やっぱり思ったよあなたは生きたいように生きるのだと。23歳のあなたが 今の自己決定を重ねていった先に何があるのかなんて母さんに分かる訳ないもんね。私の中にある 信じる を母さんは今一度 置き直しています。泣いて ほっとして また不安になってそんなことを繰り返しながら猫ブログ読んだりエンディングノート書いたりははは、私、自分で自分を揺らしてるね。近いうちにご飯一緒に食べようねあなたの大好きなお蕎麦を一緒に食べようそして いっぱい話をしようあなたの今と母さんの今をいっぱい話そう。あなたを愛してる。

      24
      テーマ:
  • 24Sep
    • いっこいっこ。

      私は傾聴カウンセラーで、自己一致をして自分の今の感情をつかむことが意識できるようになって悩むことがぐんと減りました。まぁ、そりゃ色々な出来事は起きて気持ちが揺れることはあるけれど自分の中で折り合いつけて収めることが上手になって、、、そうやって過ごしてきてたんだけど。それでもさ、落とし所が見つけられなくてどうにもこうにも収まらなくてそんなことも、やっぱりある。ここ数ヶ月はそんな感じで過ごしてました。とはいえすっごい悩んでるわけでもなくて日々は楽しいことがいっぱいあってそれでもふと感じる自分の中にある硬いもの。怒りや意地悪な気持ちで固められた硬いもの。それを昨日豊橋のやっちゃんに聴いてもらいました。私がどんなに怒っているか どんなに冷たい人間なのか どんだけ意地悪なのか どんだけ悔しいかどれだけ悲しいか声を上げて 泣いて話しました。やっちゃんはまっすぐな目で聴いてくれました。私のそばにずっといてくれた。みなちゃんそれでいいよ、って言ってもらってる気がしたんだ。好きと悔しいが、同時にある。好きとふざけんな!が、同時にある。好きだから、悲しいんだ、、、よね。いっこいっこ、だ。好き 悔しい 悲しい全部私の大切な感情。全部あっていい。私の中に、あっていい。混沌とさせないで一つ一つ持っていよう。全部全部持っていよう。それでいい。それが、いい。豊橋に行って、本当によかったなぁ。くみちゃん、くみよちゃん、やっちゃんぶんちゃん、かおりんそして ナノさん私、話せてよかった。聴いてもらって本当によかった。ありがとう。みんなに、全部にありがとう。

      23
      2
      テーマ:
  • 23Sep
    • ナノさんのラジオを聴きました。

      ナノさんが出演するラジオがたった今 放送されました。今日は豊橋で傾聴勉強会の日私も参加するので前のりでこちらに伺っていてラジオは豊橋のホテルのベッドに正座して聴きました。まるでナノさんの傾聴講座を受講してるようなそんな気持ちでした。ナノさんが傾聴を伝えてきた道のりとかあぁ、ナノさん今どんな思いで聴いてるかなとか、いろんな思いが溢れてきちゃって、、、いっぱいの涙と一緒に聴きました。傾聴カウンセリングで大切にしていることジャッジしないアドバイスもしない目の前の人の中に答えがあることを信じて寄り添わせていただくその姿勢と そこにのせている思いがラジオから聴こえてくるナノさんの声と一緒に伝わってきてそしてナノさんがどれだけそれを大切にしてるかどれだけそこを信じているかナノさんの溢れる愛が伝わってきたよ。そしてその方向性は全く間違ってなくて求められてるものなんだって改めて思った。傾聴を 信じることをそして愛することを教えてくれたナノさんの溢れる愛がこれからもたくさんの方に伝わるように私ももっともっと学んでいこう!そう思いました。今日の放送は番組のホームページからも聴けます。(火曜日からだったかな^^)ウィークエンドケアタイム「ひだまりハウス」(ニッポン放送)http://www.1242.com/program/hidamari/ラジオから聴こえてくるナノさんの声はナノさんのままだった。優しくて謙虚なそのまんまのナノさんだったよ。また聴こう〜っと^^

      22
      テーマ:
  • 16Sep
    • ありがとうを言うのは私の方

      明日はアセスメントバリュー®️カードを使った傾聴カウンセリングの日手順を確認するのに三男に「ちょっと協力してくれる?」って声をかけてやってもらいました。アセスメントバリュー®️カードは自己決定を重ねながら自分が今 大切にしているものを可視化していくカード*ナノさん写真お借りしましたカウンセラーはあなたの中に答えがあるよって信じながらクライエントのそばでその景色を一緒に見させていただくそんなお役目とともに存在しています。これ前にもやったことあるな、なんて言いながらカードを手に取ってくれて時折考えながら一枚一枚を決めていく三男そうやって選んであの子の目の前に広がる世界は感謝 でした。お友達に 学校に 塾の先生にそして 母である私にいっぱいお世話になっていてだからたくさんのありがとうがあるってそう教えてくれました。母、号泣。。。たかありがとうを言うのは母さんの方だよあなたにどれだけ助けてもらったか分からないにいちゃん達に心ない言葉で傷つけられた時も母さんが離婚を決めてお父さんと暮らせなくなった時もノブが一緒に暮らすって言った時もあなたはいつだってまっすぐに自分の心を私に伝えてくれた悲しいも 寂しいも 嫌だっていう思いもあなたは自分の気持ちを丁寧にすくえる子だねだから今あなたの心の中には感謝が広がっていてそしてその感謝の思いも丁寧にすくえるんだって母さん、勝手に思ったよ。たか。私の大切な息子。そばにいてくれてありがとう。本当に本当にありがとう。あなたの中にある感謝はあなたの未来にきっとつながってる。

      27
      テーマ:
  • 03Sep
    • 今度は私の番

      昨日は傾聴実践講座の日。お題は「信じる」。数日前からその箱のフタが開いているのは自分でも十分意識していてそこにきちんと旗を立てて講座に臨みました。傾聴講座の副題は「信じることから始めよう」ナノさんがとても大切にしている信じる ということを私は自分にどう落とし込むのか私にとって信じるってどういうことなのかカウンセラーとしてクライエントとして一人の人間として私は何を信じているのか徹底的にそこを見つめた1日だったように思います。私、自分でもビビリだと思う。失敗したくないってやっぱり思うし人からよく思われたいって思う心も、捨てられない。だからさ、自分から何かを渡すことが怖かった。そんなもんいらねーし、って言われたら私、潰れちゃうって…思ってた。それは、子ども達に対してもそうだったように思う。あの子達に嫌われたくない、って思ってた。目の前で心を閉ざしていく長男に私は何も言えなかったんだよ私や学校や先生方に怒りをぶつけていた中学時代そして それすらも諦めたかのように動かなくなり家に そして部屋に閉じこもるようになりあの子の姿は私の前からどんどん消えていった。本当に、、、あの子が見えなくなって姿も、心も、見えなくなってたのに私は何もできなかった。…ううん、違うな。できなかったんじゃない、しなかったんだ。怖かった。あの子が怖かったんだよ。あの子の目が私を見る目があっちにいけよ!お前なんか大っ嫌いなんだよ!!!って言ってるようで私は自分が傷つきたくなくてあの子に自分の気持ちを渡すことを避けていたんだと思う。あーあ、ひどいな私…そんな私に信じることを教えてくれたのはナノさんでした。みなちゃん、深呼吸だよみなちゃんには長男くんの他に3人の子がいるんだからねまずみなちゃんが落ち着くことだよそう言ってくれて何かあれば、連絡してと言ってくれたナノさんは確実に私の心のそばにいてくれてた。たった1回食事しただけの私に自分にバツばっかりつけてた私だったのに欲しがってばかりでかまってちゃんだった私だったのにそれでも私のそばにずっといてくれてたんだ。だからね、私長男が自分の命を終わりにしようとして私に抗うことなく私の腕に身を任せてる時にあなたに死んでほしくないよあなたがいなくなったらすごくすごく悲しいよあなたが、、、すごくすごく大切なんだよ!!!!って伝えることができたんだよ。私は一人じゃなかったから。プレゼンス。「一度好きになった人は絶対に嫌いにならない」というナノさんの言葉は私のお守り。ナノさんが真っ先に信じるを私に渡してくれた。みなちゃん信じてる!信じてるよ!って伝え続けてくれたから、今の私がある。ねぇ、見て私、こんな顔で笑えるようになったよ!だからね、今度は私の番。私が 信じる を伝える番。ナノさん、ありがとう。私、伝える人になるよ。ナノさんに 傾聴に ありったけの愛を込めて。

      40
      テーマ:
  • 31Aug
    • 親の人生、子の人生。

      次男、現在大阪から米子へ向かっております。…バイクで。いやー、あの子がバイクを手に入れるにあたり一悶着ありました。私もゆらゆらと揺れまくりましたよ。というのも、私はいとこをバイクの事故で亡くしていてねしかも後ろに乗せてた子も巻き込んじゃってて(その子は一命を取り留め今は元気に暮らしている)その時のおばさん(亡くなったいとこの母)の姿が35年経った今でも心の中にずーーっと残ってるおばさん やっと離婚して自由になってさぁこれから!って時だったのも、、、なんか勝手に自分と重ねてしまう一生働かなくていいくらい保険金が下りたらしいんだけど「そんなことのために保険金をかけたわけじゃない!!!!!」っておばさん号泣してたって、父親から聞いたりもしててバイク = 危ないという図式が私の中には今でもガッツリあります。あるんだよ。どうしてもあるんだよ。あるものはしょうがないんだよ!…だからさ、正直に伝えました。いとこをバイクで亡くしていることだからバイクは怖いって思ってることあなたがもしそんなことになったら母さん悲しすぎて生きてけないかもしれない、って思ってること。それでもあの子はどうしてもバイクが欲しかった。バイクは、、、あの子にとってもしかしたら大人になった証(あかし)みたいなものなのかな、と勝手に思う免許を取りに行くこともバイクを買うこともそのためにローンを組むことも「二十歳過ぎてんだから」を連発していたあの子いろんなこと 自分で決めて動きたかったのかもしれない。次男が「こうしたい」を伝えるたびにお父さんと喧嘩になりそれでもあの子は頑として自分の意見を譲らず私の気持ちを聞いたあとも「悪いけど、それでもオレ気持ち動かないんだよね」と言って自分でローンを組んでバイクを買いました。あーあ、親の心子知らず。いや、知ってるけど敢えて買ったんだった(苦笑)しかもバイクで大阪行ってー、米子行ってー、、、やってみな!って背中を押す自分と危ないわぁ…って不安が沸き立つ自分とが混在していてなんとも心がわさわさします。よく考えたらさ、私だって大概なことしてきたんだよ19歳の時、50ccのバイクで東京ー米子を往復したじゃんね20歳の時、バックパック背負って一人で中国旅したじゃんね21歳の時、大学休学して中国に留学したじゃんね…あぁ、、、次男の比じゃありません。両親がよく文句も言わず送り出してくれたなぁと思う。あの頃の両親の気持ちは私には今でも分からなくてきっと私の今の気持ちとも同じじゃない。だって、別の人間だからさ。でもね私のことを信じてくれてたんじゃないかな、とは思うんだ。留学を斡旋してくれるところを自分で探して勝手に手続きをしてさっさと留学を決め一人で成田空港に行って一人で飛行機に乗って誰も知る人のいない大連に勝手に行っちまったそんな娘、、、よく見捨てないでいてくれたよ。いっぱい裏切ったかもなぁ悲しい思いもさせちゃったよなぁ親の思い通りな娘じゃなかっただろうなぁ…それでも、帰省したら今でも「おかえり」って迎えてくれるんだ。うん。やっぱり信じてもらってるね、私。だからさ、今度は私が親になって子どもたちを信じる番。…だと思う。でもさ、、、いっぱい試されてる気がする。それでもさ、、、かあさんは あんたには負けないからね!って思ってたんだけどさ…なんだよ、次男!!!素気ないラインだけど消息は伝えてくるし*私も十分そっけないですがGPSで位置情報は共有してくれるし時々の出会いも ちゃーんと報告してくれる w↓くそーーーーーー、私から信用を渡そうと思ってんのに先越されてた感ハンパないんですけど!!!ハハハ…私の両親も、私も、そして次男もみんなそれぞれの人生を生きてるんだね。事柄は同じでも感じるものはやっぱりきっと違ってる違う、がデフォルト。だからこそ大切な人にこそ自分の思いはちゃんと伝えたい。こうしとけばよかった、って後悔しないよう私の本当の気持ちをこれからも伝えていきたいと思う。言えない美奈子からの脱却!…ですな

      25
      テーマ:
    • 久々の四人集合!!!

      三日前は四男の誕生日でした。その日、3人(三男・四男・私)でインド料理でも食うか!って話しになってねちょうど向こうの家(離婚前に住んでた家)に行く用があったんででかけてみたらたまたま長男と次男がいてさ「一緒にご飯食べる?」って聞いたら長男も次男も「行く行く〜」って言ってくれたもんで久しぶり、本当に久しぶりに四人息子が集合しました。多分、、、1年半ぶりくらいかなぁ。。。「何で写真撮るの?」って四男に聞かれて「冥土の土産だよ」って答えた私 wそれぐらい四人が一緒に写ってる写真は貴重でさ!しかも写真嫌いのはずの長男がピースしてくれてるって激レアよ、激レアそして四人が映画の話とゲームの話で盛り上がってる横でスキあらば盗撮する51歳母 w w w w w*盗撮2連チャン!長男23歳、次男20歳、三男18歳、四男16歳。みんな、本当に大きくなりました。体だけじゃなく、心もね。「かあさん ちっちぇえな〜」「シワ増えて、米子のおばあちゃんそっくりじゃん!」「食べる量減ったねぇ」「顔 たるんでね?」等々歯に衣着せぬ物言いは相変わらずですが (特に次男)それってさ、なにげに私のこと見てくれてるってことじゃね? と母は都合よく解釈しておりますYO!母さんはさあんたたちが元気で生きててくれてるなら、それでいいんだよ。そして、たまにこうやって四人揃ってくれて一緒にご飯食べてくれて母さん、もう、それで十分幸せです。みんなーーーー!何を選んで生きてる?今までだって色々あって、今もそれぞれに抱えてることがあってそしてこれからだって、いろんなことがきっとある。でもさ、あなた達が重ねた経験と自己決定に間違いは絶対にないって母さん思ってるんだ。それは、私がそうだったから。私が、重ねた経験と自己決定の力を強く信じてるからなんだよね。「母さんはいっつも楽しそうだよなぁ」ってノブが言ってくれるの、すごく嬉しいんだ^^母さんは今まで同様楽しいこといっぱい選んで生きていきます!最後になっちゃったけど。。。改めまして。コホン。ノブ、誕生日おめでとう!!!

      18
      テーマ:
  • 22Aug
    • それでも、、、繋がってる。

      おとといの月曜日、「ノブ(四男)いる?」って次男から電話があってね次男、「洋服買うのに付き合えよ」ってノブを誘ってました。お店で落ち合えばいいのにわざわざうちまでやって来てさちょうど私が握ってたおにぎりを「おっ!懐かしい味だ」なんて言いながら食べてたか(三男)やノブとゲームの話で盛り上がり wどうやらノブを自分の運転するバイクの後ろに乗せたかったみたいなんだけどノブはビビリなので断固拒否バイクとチャリで別々に出かけて行きました。次男は身なりにとっても気を使ってるんだよね髪の毛も月1ぐらいでカットに行ってるししゃれたピアスやアクセサリーも身につけてて洋服なんか会うたんびに違うんだよ冬用のアウターとか10着近く持ってるんじゃなかろうか私なんかよりずーっとおしゃれさんです^^あの子の洋服選びに付き合ったことがあるんだけどとにかく妥協がないのよ!予算と欲しいデザインのものがマッチするまで何件でもハシゴします。こだわりハンパない(苦笑)その次男に付き合わされて四男も大変だろうなぁ、なんてのんきなこと思いながら久々のお家一人時間を楽しんでたら次男からのライン。こんな写真が送られてきた。おーおーおー、ヘアセットされて洋服着せられてネックレスまでつけられてポーズまでつけさせられてノブが次男にいじられてるやん!ハハハ…そしたらさ、「コイツ、イケメンやろ?」ってメッセ来た。「たかてぃんは いじれる髪ないし(短髪ですからね)兄さんはいじらせてくれないからさ、ノブだけなんだよね、色々できるの」って。…私、そこでやっと気付いたんだ。もうすぐノブの誕生日だ。しばらくしてノブが帰って来てね、「ひとにいちゃんに服買ってもらった!」、、、だって。「これいいでしょ〜」って私の前でもジャケット羽織って見せてるノブを見てやられた…って思った。(ノ_-。)参るよなぁ、次男。それならそうって最初から言ってくれよそしたら母、泣かなくてすむのにさ。次男、、、相変わらず優しいな。夫婦の不仲を見ながら大きくなって不登校も経験してその上両親は離婚して私や三男とは別に暮らす選択をして私と暮らすと決めて四男があの家を出てそれでも、、、ちゃんと繋がってくれている。私とも、三男とも、四男とも。私思うんだいっしょに住んでなくても繋がってるんだ、って。三男が一人カラオケしてる時に長男と次男が合流してたり(随分前のことらしいけど、昨日知った)次男と三男がオンラインでゲームしてたり四男がそれに混ざりたがったりさ私が何かをしてあげなくてもあの子達はあの子達のちょうどいい在り方でちゃんと繋がってるんだよ離婚しないで夫婦仲良くできてたらそれが一番いいんだもんだから私、離婚を正当化しようなんて思ってないそこに至るまでの過程であの子達をいっぱい傷付けて来たのも分かってるそれでも離婚を受け入れてくれて今それぞれに 色々ありながらも自分達の道を歩んでいて私のことを 母さん と言ってくれているもう、それで充分だよ。母さんさ、今 幸せだよ楽しい をちゃんと選んで生きてる。そしてその私を母さんと呼んでくれるあなた達がいてくれてもう、、、それでいい。私の中のあなた達はいつだって私の大切な四人の息子達でいつだって可愛くていつだって愛おしい。愛してる。愛してるよ。

      30
      2
      テーマ:
  • 21Aug
    • 私は利用しない。

      去年、特別支援学校に異動してますます子ども達の多様性を実感する日々です。例えば 椅子に座れない、ということ一つとっても本当に色々ある。椅子に座るということは決して当たり前にできることじゃない離席したりぐにゃぐにゃしたりするのは活動に興味がなかったり疲れてたりということもあるし腰回りの筋肉が硬いとか上体を支える力が弱いことだってある先生の興味を引きたくて離席することだってあるだろうし椅子の高さが合ってないことだって考えられるほんと、たくさんあるんだよ。それを理解しないで「ヤル気がない」という視点だけで指導するのは絶対に違うと思う。先日、ナノさんの記事をシェアした時の私の思い。……………人というのは多様性に富んでいるのだと、学校で子どもたちを見ていて本当に思います。勉強の好きな子もいるし、全然興味のない子もいる。かけっこで負けて悔しい子もいれば、ゴールを目指すことにとんと興味がない子だっている。いろーーーーんな子がいるんだよ。だから私たち教員は子どもたち一人一人を、本当に一人一人を曇りのない目で見ていかなくちゃいけないんだ。教員の信念は大切だと思う。だけど、それが本当に子どもたちのためになっているのかを常に自問自答していかなければならないと思う。そして時にはそれを起動修正する柔らかな心が必要だと思う。子ども達を、教員の思いを達成するための道具にすることは、絶対にやっちゃいけないんだ。子どもは駒じゃない。……………私は、自分の思いを達成するために子どもたちを利用するようなことは、決してしない。教員の良かれが本当にその子の良かれなのか?99人の良かれかもしれないけどそうじゃない子が1人でもいることだってあるんだその視点は絶対忘れないようにしようと思う。学校は子ども達のためにある。

      21
      4
      テーマ:
  • 16Aug
    • ただいま、って言える場所

      今年の帰省は1週間ちょっと長かったかなぁと思いながら取ったお休みも過ぎてみたらあっという間の1週間でした。帰省の楽しみといえばあちこち出かけたり城三昧≧(´▽`)≦ハハハ♪美味しいもの食べたり肉三昧(´0ノ`*)ホホホ♡まぁ各種ありますがその中でも毎年恒例なのがお友達に会うこと( ´∀`)ノ!中学卒業以来全くと言っていいほど連絡を取らず無精ばっかりしてた私をゆかちゃんが繋いでくれてさ8年ぐらい前だったかなぁあの頃は体もメンタルもズタボロでぐっちゃぐちゃで体重は35kg目前まで激減 薬は手放せずのそれはまぁとんでもない時期のとんでもない私だったんだけどそんな私に、「いつでも帰って来ないよ。待っとるけんね。」ってずっとずっと言い続けてくれたのがゆかちゃんでその言葉は ずっとずっと私の心の支えで、、、そして、今だって、そう。だからね、帰省の予定が立ったら真っ先にゆかちゃんに連絡するんだよ!ゆかちゃんが声をかけて集まった仲間の中に私も毎年入れてもらえてさ^^「みなちゃん、おかえり」ってみんなに言ってもらえて私は本当に幸せだなぁと思う。そしてね今年は高校時代のお友達のあちこちゃんが「米子で会おう!」って声かけてくれてね!!!元々 演劇部とか超科研で集まってたみんなの中に私も入れてもらったんだぁ〜〜〜〜〜 ( ;∀;)高校時代 全く面識がなかったくらいの私を何ということもなく「久しぶり〜〜〜!」って言ってくれてずっとずっと友達だったんじゃないかって私勘違いしそうになるくらいのみんながそこにいてくれてもう、、、何度も泣きそうになった。そして、こっちに帰る前日には宇山くんに会ったんだよ!宇山くんは中学時代の部活のひとつ後輩で当時は「うやまぁ〜」って呼び捨てにしてたくらいなんだけどね(ごめんね)今じゃプロのジャズドラマーで雑誌に載ったり ライブで全国回ったりCD出したりしてすごい人なんだけどさこれでもかってくらい謙虚で腰が低くてそして 仕事に対してストイックに追求する姿勢が半端なくて今の優先順位を明確に分かってる とてつもないヤツになってたYO!最後は二人ともただの酔っ払いでしたが(苦笑)なーんかさぁ、私、本当にラッキーだなぁと思う。米子には、おかえり、って言ってくれる友達がいてくれて東京にも「みなちゃん、おかえり」って言ってくれる仲間がいてくれてるそして大切な息子たちと51年間ずっとずっと私に愛を注ぎ続けてくれている両親。私は一人じゃないね。優しくてあったかい仲間と愛する家族がいつだってそばにいてくれてる。私にはただいま、って言える場所が ちゃんとある。ちゃんとあるんだ!胸いっぱいの感謝の気持ちをみんなにどう伝えたらいいのか分からないんだけど、、、みんな、本当にありがとう。本当に本当にありがとう!!!!!

      27
      2
      テーマ:
  • 07Aug
    • 今年の帰省は

      昨夜は久しぶりに三男と二人で過ごしました。あの子が塾から帰宅したのが10時過ぎ遅い夕飯を向かい合って食べながらあれやこれやと話したんだけど本当に久々に二人で過ごした時間でした。お母さんって占いしてもらったことある? とか子育てで苦労したって思ったことある? とかお母さんはどうやって志望大学を決めたの?とかお母さんが傾聴を学ぼうと思ったきっかけは何なの? とかあの子から尋ねられるのがなんだか嬉しくてビール片手にいっぱいしゃべっちゃったよあの子と過ごす時間は私の中で感謝が溢れる時間とても穏やかで優しい時間です。私の隣で世界史の図録を読む、昨日の三男。子育てにあっぷあっぷで子どもから離れたくてしょうがなかった頃は私は自由には動けないんだと自分で自分を縛っていた頃のんびりしたくて実家に帰っても子ども達4人との帰省はやっぱり大変で帰省するたびに誰かが熱を出し田舎でもかかりつけの病院があったぐらいやっぱり大変だったんだと今でも思うそれがさ四男は一人旅ができるようになり三男は受験勉強のため塾の夏期講習を選び私は一人で実家に帰るそんなことが、いつの間にかできるようになってるんだよね。今朝、塾に行く支度をしながら三男が「そっか、母さん ばあちゃんち行くんだよな。しばらく会えないね」と言って「じゃあ」って少し後ろを振り返って右手を上げて玄関を出て行ったその姿を見送りながらあの子の優しさを感じて、、、涙がでました。ったく、ね(苦笑)あの子が優しいのはいつものことであの子に対して感謝の気持ちがいっぱいあることは自分でもわかっててブログにも何度もそのことは書いててもういいやろ、って自分に突っ込みたくなるくらいなんだけどそれでも何かにつけて思いが溢れてその度に自分の気持ちを確認するんだあぁ、やっぱりあるね、ってね。たくさんの感謝の気持ちを持って帰省できること本当にありがたく思います。さぁ、帰ろう。のんびりしてきまーす^^

      22
      テーマ:
  • 06Aug
    • 世界平和を考えたから広島に行ったわけじゃない。

      今日は広島原爆の日。四男は、平和記念式典に参加したいと昨日の夜行バスで広島に行きました。今朝、四男から送られてきた写真。去年ぐらいからかなぁ、四男が世の中のことに興味を持ち始め安倍政権 オウム真理教北朝鮮 シリア情勢 etcetc私にあれこれと持論を語る。あきらかそれはおかしいんじゃない?という知識もあって母さんはそうじゃないと思うけど〜、なんて時にはゆる〜く議論しながら夕飯を食べる時もあったりします。「一度は参加してみたかったんだよね」と言っていた平和記念式典。「なんで行こうと思ったの?」って聞いたら「日本人なら一度は行っといたほうがいいのかな、って思って富士山には、日本人なら一度は登らなきゃって思うのと一緒だよ夏休みだから、おばあちゃんちにも行かなきゃだし」、だって。それ聞いてさ、あぁ、いいなぁって思ったんだよね。平和記念式典と富士山とおばあちゃんち三つが同列な感じ。世の中を変えなきゃ!とか世界平和のために!とかそんなんじゃなくてさ今気になってることの一つとして出かける、というスタンスがあの子の今なんじゃないか、って思って。自分自身についても思うんだけど、私にできることってたかがしれてるなぁ、って思う。教員として障害を持つ子ども達と日々関わる中で私一人の力ではどうしようもないことって、やっぱりある。人手の足りなさ施設の老朽化就学先の決定システム文部科学省のいう合理的配慮 インクルーシブ教育時折耳にする 差別的な侮蔑的な発言どうにかならんのかいっ!って思うことは本当に山のようにあるんだ。それでも、時間は確実に過ぎていく。そしてそんな私にできることはやっぱり目の前の子ども達と共に同じ時間を過ごすこと人として平等である、ということを今一度心に刻みます。私ね、私にできる合理的配慮の根っこは聴くことだって思ってる。曇りのない目でジャッジすることなく目の前の子ども達の話を聴き子ども達の言葉にならない思いを「あなだたったら」という愛で聴くそれこそが合理的配慮のベースにあり最も落としてはならないことだと思ってるんだ。それがあるからこそ子ども達のニーズに関わることを許されるんだと思うしトライさせてもらえるんだと思う。特別支援教育では子ども達一人一人に目標を立てますそしてそれに対する手立てを考え実行し、評価する評価はテストじゃないんだよね立てた目標に対してその子がどのように取り組んだかということ成長したかということを文章でお伝えします。だからさ、私、子ども達にペーパーテストをしたことがないんだよそもそも目標が「1日の流れを把握することができる」とか「自分の思いを言葉やサインで伝えられるようになる」とかテストじゃ判断できないんだよね私たちの評価は、そこではできないところにある。あれ、、、四男の話がいつの間にか私の話になってる(汗)とにかく。私も四男も目の前の身の丈にあったことを丁寧にやってるんだよ、っていう、そういう話ってか、、、私にはそれしかできないんだよね。そしてそれでいいと、私は思っています。

      16
      テーマ:
  • 02Aug
    • 今の私の、長男の愛し方

      8月になったねぇ。。。三男は 学校や塾で毎日ガリガリ勉強しています。頑張る受験生 ᕦ(ò_óˇ)ᕤ!四男は クッソ暑い中、秋の学園祭に向けての映画撮影に嬉々として参加したりしててそうそう、この間次男に誘われて一緒にご飯食べたのよ、そしたら必修の単位落として留年するかもって凹んでた。 (頑張れ次男!)三人とも、それぞれに課題と楽しみを持ちながら夏休みを過ごしています。そんな時ね長男はどうしてるかなぁ。。。ってふと思う。車で10分もかからない 歩いてでも行ける距離にあの子は住んでいてバイト先なんて我が家から歩いて5分だよご飯食べる?って誘えば「いいねぇ〜」ってついて来てくれるしその時だってバイトの話や友達の話元カノの話だって笑いながらしてくれるのにね。繊細な子でさ優しくてビビりで傷つくのが怖くて…すごくね、いい子なんだよ。私を始めて母さんって呼んでくれた子私を母親にしてくれた子大切な大切な、私の息子。あなたの心の奥を知りたいとやっぱりどこかで思ってる。だってさ、傾聴だってそのために学んだんだよあなたと話がしたかったから苦しんでるあなたを見たくなかった助けてあげたかった17歳のあなたに「もう十分生きたから」なんて、、、言わせたくなかったんだよ。誰が?…私が、だ。私が苦しかった。あなたのそばにいるのに何もできない自分が苦しかったんだよ。結局自分、なんだよね。ねぇ、ともあれから6年も経ったんだね。母さんさ、分かったよ。自分を置き去りにしたままの あなたのため と自分を大切にしながらの あなたのため は、全然違うんだって。母さん、自分を大切にできるようになったよ。全部が自分に返ってくるんだって分かっててそれでも あなたのため、って思う。あなたのため、って。あなたが大好きだから。あなたを愛してるから。この写真は、私の宝物。「写真撮ろう!」って言ったら私の肩にあなたが手を回してくれて母さんさ、めっちゃ嬉しそうな顔してるじゃんね!あなたを信じてる。

      34
      テーマ:
  • 31Jul
    • 耳かきから始まった話

      この間、三男と耳かきの話になってね母さん、オレ達の耳かきするの好きだったよなしょっちゅう耳かきされてたわーなんて言うもんでやらせてくれんの? って聞いたらキモ!嫌に決まってるじゃん!って即答で拒否(苦笑)そりゃそうだよなー高校三年生のでっかい息子が母さん膝枕で耳かきとかないわなーって思ったけどそういや私、結構大きくなるまで(といっても小学校3、4年生ぐらいまでだったと思うけど)父親に耳かきされてたじゃん!って思い出してそのことを話したのねそしたら三男、「じいちゃんが耳かき!? まぢ!?信じられない!!!」って言うじゃんね(孫たちの中のじいちゃんは自由奔放に好きなことを勝手にやってる像です)「えーーーー、あのじいちゃんが母さんの耳かき!!!信じられない、嘘だろ嘘だろ!!!」ってあんまり何度何度も言うもんだから「じいちゃんにだって若い頃はあったんだよ。アルバム、見る?」って聞いたら「見る見る!!!」…となり。久しぶりに、本当に久しぶりに昔のアルバムを引っ張り出して見てみました。これが、アルバムの一番最初に貼ってあった写真ひーーーーー、これ誰よ!(私です)わ〜〜〜〜、母親若っ! おばあちゃんも若っ!!!これ、東京の家だね。おばあちゃん、遊びに来てくれてたんだぁ。。。つかまり立ちの頃だね。井之頭公園の近くに住んでて、毎日みたいに散歩行ってたって母親から聞いたことあったな。その中に、こんな写真があった。若い若い父親が(たぶん26歳だと思う)首も座らない私にミルクを飲ませてくれてる写真。なんかさ、これ見てさ、、、私愛されてたんだ、って思った。そして隣で一緒に見てた三男に「母さん、愛されてたんだね」って言葉にして伝えてた。写真一枚一枚に添えられた言葉はたぶんその時の両親が感じた言葉で全部が愛だ、って思った。船が好きで車が好きで働くのが好きで今でもアクティブに動いていて人生を謳歌している父親の80年近い人生の中に私はちゃんと存在していていっぱい愛してもらっていてそして、きっと今も愛してくれている。田舎から出たことのない母親が慣れない東京で一生懸命に私を育ててくれていたんだと今更ながら、その時の母親の心情に心を寄せられるように、私、なったよ、お母さん。いっぱいの愛で大きくなった私は今度は息子たちに、いっぱいの愛を渡す番。両親からもらった愛は今でも私の中にちゃんとある。お父さん、お母さんいっぱいいっぱいありがとう。本当に本当にありがとう。今年の夏も、1週間ほどそっちで甘えさせてください。娘、、、でいさせてくれて本当にありがとう。

      19
      テーマ:
  • 30Jul
    • 傾聴講座と私。

      昨日の傾聴2day講座の余韻が残ったまま夏休みに突入した今日ふと思って、傾聴講座のテキストを並べてみました。昨日いただいたのも含めて、全部で12冊。傾聴に始めて触れたのが2012年の冬ゆーじさんとのコラボの講座だったなぁ。そして、始めて初級講座を受けたのが翌年の6月もう、完全クライアントだった、ぐじゃぐじゃな自分の頃。そして、養成講座。自分の心に触るのが怖くて、でも気づいてほしくて悪態をついて逃げようとしていた、そんな頃。そして、このテキストで私はナノさんと仲間に支えられて傾聴カウンセラーになったんだ。その後、お手伝いにもたくさん入らせていただいてテキストもいつの間にか増えて、全部で12冊ありました。こんなんもあった!!!離婚して初めてのお手伝いだったんだねーこんなことからも自分の歴史を感じたりする w同じテキストで2〜3回、ってこともあったから初級、中級、上級合わせると20回以上も学ばせてもらってるんだと思う。テキストを開くとその時々の自分がそのまんまそこにいるマーカーの引かれた箇所余白に書かれたメモ技法が大事だったりクライエントの心の奥を当てたくてしょうがなかったり天狗になりそうだったりそれを戒めてたりできたという手応えが欲しかった自分きちんとやりたいと思っていた自分ほーんと、その時の私がテキストの中にいる!その時々に自分が大切にしていたものがテキストにはいっぱい詰まってて胸がいっぱいになったよ。。。お手伝いを重ねさせてもらいながら主体が自分から受講生の皆さんになりその時の一生懸命でお手伝いをさせていただいてきた自分がそこにちゃんとありました。お手伝いとしての目の配り方や表情声のかけ方や自己紹介の仕方講座内での具体的な私の動きクライエントとしてのあり方歩き方からロープレの時の身の置き所 etcetcやらかしたり いいよって言ってもらったりしながら自分なりに考えてやってきたんだなぁってなんか自画自賛みたいだけど思ったりしてね。やっぱさー、ナノさんの姿がお手本なんだよ。見て学ぶ、っていうか、私にとってはそんな感じ^^誰のための講座なのか。なんのための講座なのか。そこなんだ、って思う。受講生の皆さんを信じて、目の前にいる覚悟受講生の皆さんを信じて、心を開く覚悟お手伝いのたびに自分の信じる力を確認します。大丈夫。そこは全然鈍ってないって、自分で思う。受講生の皆さんは一人一人が自己決定で受講を決め初めましての一人一人がこのタイミングで集い緊張と不安で始まったって、最後は必ず笑顔で終わるんだよ私ね、講座終わりはいつも「またね!」って声をかけるんだ全然根拠はないし約束だってしてないけどでも、なんかまた会える気がするんだよね。傾聴で繋がった仲間、、、って、勝手に思ってるんだ。ナノさんがどれだけ心を配って細心の注意と最大の愛を乗せて講座を作っているか私、、、もちろん全部じゃないけど、知ってるとこだってある、って思ってる。それは、ナノさんが私を信じてくれてるからそう思えるんだと思う。みなさま、お疲れさまでした!東京12期、ぜひ実現しますように〜〜〜!

      18
      4
      1
      テーマ:
  • 24Jul
    • 傾聴を広げる私なりの覚悟。

      私、51歳。半世紀以上生きました。自分が子供の頃の51歳といえば子育ても一段落し、子ども達も結婚云々の年齢になって定年後の人生を見据えて着々と準備をし夫婦二人の老後についてもきちんと設計をして…みたいなイメージでした。(多分父親がそんな感じだった)社会的にも義務と責任をきちんと果たしその上でやりたいことやる大人、ってな感じ。(あ、これもがっつり父親を映してますな)そして、今の私を考えてみる。… … …先日のNPO法人Smile upの総会で、ナノさんが勇気を持って発言した「ついてきてね」。ナノさん、どれだけの覚悟を持って言葉にしたんだろう。ナノさんの「傾聴を広めたい」というその思いが全てでそれに、私も!の思いを乗せて集まった私たち理事とSmileupの活動を応援してくださる正会員の皆様の思いを背にナノさんが丁寧に丁寧に、、、本当に丁寧に広げてきた傾聴。ついてきて…ってさ、私たちを信じてくれてるから、だから言葉にしてくれたんだよね!!!って思ったら本当に、、、身震いがした。私、覚悟してる?私なりの覚悟、してる?2012年の12月23日に傾聴に出会ってもうすぐ丸6年になる。6年。まだまだな、6年。…だけど。それでも一生懸命学んできた6年だったよ。自分にバツつけながらそれでも諦めないで学び続けてきた傾聴「できた!」というおごりや「できない…」という凹みでしゃばってみたり、引っ込んでみたり怖かったり、よし!って思ったりやらかしたことも、よかったなぁって経験もぜーーーんぶひっくるめて学びにしてきた、って自分では思ってる。傾聴6年生。6年生には6年生なりの覚悟がある、って思った。驕るでもなく卑屈になるでもなく6年生なりの自負を持って傾聴を広げていこう。私だからできることがきっとあると信じて。私を傾聴カウンセラーにしてくれたナノさんと私を仲間と思ってくれているみんなとともに。

      18
      テーマ:
  • 22Jul
    • 大切にしているものを確認した日

      昨日はアセスメントバリュー®カード講座の日でした。アセスメントバリュー®カードはナノさんのオリジナルカードです。様々な言葉が書かれた80枚のカードを自己決定を重ねて選んでいく(ここ大事)それは 今の自分の大切なものを選んでいく作業で傾聴カウンセリングとバッティングさせることのできる数少ないアセスメントの一つです。年に一度しかないこの講座、今ではドM講座よりもレアになっちゃったよ!18名の傾聴カウンセラーが期を交えて一堂に会したので新宿の会場はとってもカラフルでね^^るみるみが「地方での期を除いたら全部の期が集まってるんじゃない?」って言うからさ参加者全員で手を上げて確認したら1期、3期、5期、6期、7期、8期、9期、10期…ほんとだ!!!す、すごーーーーーーい!!!!!そりゃカラフルになるよね!!!!… … …ここんとこの自分に、実は少々失望する日が続いていました。私の価値観に触れることが起こると自分の価値観を正しいとする自分が発生して抑えられなくなり「あなたのそれは違うだろ!!!」って声を大にして言いたくなるそしてそれを、「あなたはあなた、私は私」って頭で思っててもなかなか切り離せなくて違って当たり前じゃん!その人の正解はその人の中にあるんじゃん! っていくら思おうとしても私の正解が頭をもたげてきて、そのことが頭から離れないなんだかなーなんだかなーイライラして怒りさえ湧くのにそれを手放さない私ってなんだかなーそこまでの自分を掴みながらセッションを受けました。そしたらさ私が選んだ言葉は「信頼」「信用される」「自分」「プライド」「行動する」だった。私さ、この言葉から自分の力強さを感じたんだ。私は信頼される、信用されるに足る自分になるんだとそれを自分の軸として、真ん中にある私の芯として心に置いている。それはカウンセラーとしての自分教員としての自分そして人としての自分の有り様なんだと。だからさ私の価値観を私は大事にしているんだ。だからさ、だからね簡単に許さない! 簡単に好きって言わない!そう、、、思いました。そんなんで午前中は終了。みんなで例のお店でランチをいただきもう、心は全開だよ!開きっぱだよ!な状態で午後のロープレに突入。私がクライエントでさカウンセラーは、、、、えびちゃん…ここまで書いて、もうあかんわ、、、(涙)えびちゃんは養成講座3期の仲間グダグダだった私を知ってるえびちゃん自分にダメ出しばっかりしてる私を知ってるえびちゃんそれでも大好きだよって言ってくれたえびちゃん彼女の前に座ったら一緒に過ごした時間の様々な場面やエピソードがいっぱいいっぱい目の前に浮かんできてもう、カウンセラーとしてのクライエントとか全然考えないで溢れ出る想いをただただ えびちゃんに聴いてもらいました。一緒に過ごした時間 一緒に学んだ仲間卒業試験の時のえびちゃん その場で合格をくださったナノさん全部が私の大切な宝物でカウンセラーとしての自分を支えてくれてるその底にあるのはあの時の全てなんだ。えびちゃん、聴いてくれてありがとね。本当にありがとうね。ねぇ、私、すごーーーく楽しそうに笑ってるよ!!!カウンセラーが心を開くからこそジャッジしない私が伝わってここは安心安全な場所だよ、ってクライエントに伝えられるだから、クライエントが心を開くことができてだから、丁寧に自分の本音を触りにいくことができるカウンセラーはそのための場所なんだよね。私が今ここに存在できてることに感謝します。今まで私を支えてくださった皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。私、これからも頑張ります。カウンセラーとして 教員としてそして人として信頼されるに足る人間であるべくこれからも頑張ります!!!

      21
      テーマ:

プロフィール

めいないつう

性別:
女性
自己紹介:
【教員】【傾聴カウンセラー】 ■教員生活4年目になります。特別支援学校で子ども達と関わりながら、たく...

続きを見る >

フォロー

ブックマーク




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス