みなこのブログ。
  • 19Jan
    • 私にできること

      今日からセンター試験三男の大学受験、いよいよスタートです。「明日はおにぎりで」と昨日言われていたのでちょっと早めに目覚ましをかけておにぎりを握りました。昨日もいつものように塾に行きいつものように帰ってきていつものようにあの子の冗談に大笑いしながら夕飯を食べていつも通りの時間を過ごした昨日の夜。「明日センターなんだけど、緊張してないんだよなぁ」なんていうあなたの言葉は本当にあなたらしい。高校は3年間無遅刻無欠席を目指すんだと言って駅で倒れそうになってもタクシーで学校に向かった子高校に入学する時、「授業料オレも払うから、塾を続けさせてほしい」そう言ってバイトも始め毎月 家にお金を入れてくれることも忘れなかった子閉室日以外はほぼ皆勤で塾に行き毎日毎日勉強していた子私の離婚 四男との生活 etcあなたが思いもしなかったことがやってきた時も誰も責めないで 誰も悪者にしないで現実を真っ直ぐに見つめて自己決定を重ねてきた子誰も傷つけない本当に本当に穏やかで優しい子。「たかてぃんに頑張ってって言いたいから」と早起きをしてきた四男と一緒に「頑張ってな!」って言ったら「さて、ゲーセンでも行ってくるわ〜」と言って家を出ていきました。ったく、そんなとこもいつも通りでしたわハハハ…ねぇ、たか。母さんは 本当にあなたにたくさんのものをもらってるあなたの存在が私の力だよ。私がしてあげられることは本当に何もなくて今朝だっておにぎりを握っただけ。それでも「ありがとね」って言ってくれるあなたのその言葉にまた たくさんの力をもらうんだ。こつこつと続けられるという力はあなたの最大の強みだって、母さん思ってる。淡々と。粛々と。たか。頑張れ!!!傾聴カウンセリングのご案内心の中を吐き出しにいらっしゃいませんか?傾聴カウンセリングのご案内です。http://ameblo.jp/meinaiziminako/entry-12263192819.htmlご予約・お問い合わせはこちら

      28
      6
      テーマ:
  • 07Jan
    • 傷つくメリットと、信じるという愛。

      一つ前の記事についてFacebookで匠さん、ナノさん、なおちゃんからコメントをもらってそれに答えながら自分の感情を一つ一つ触っていく私が傷つくことを選ぶメリットってなんだろう私は欲しがりだあの子からの愛を確信したい。「男の子は何やかんや言ってもお母さんが一番だから」とか「子どもは親のこと結局好きなもんだよ」とかもしそれが本当だとしたらそうだという確証がほしいんだ。あの子は私のことを愛してくれてる…って思うからこそもしそうじゃなかったら、、、って考える隙間を見つけてはその隙間に予防線を張る傷付けられる前に、自分で自分を傷つけておく。それが、予防線。そしてあの子がまっすぐ人を愛せるようになったらいいのに とかいやいや、今はあの子が私と思いを擦り合わせたくないんだ とか確認もしてないのにそんな妄想で 現実と予防線の間を埋めていく。ややこしいったらありゃしない(苦笑)私さあの子に愛されたいよお母さんが好きだよって言ってもらいたいんだよ。あぁ、、、私は本当に欲しがり屋だね。大切だからこそ傷つくのだとしたら傷つくことも愛なのかもしれないでもそうじゃない愛もきっとあって私はそっちを選びたいって 今 思う。信じる、という愛を選ぶんだ。数ヶ月前から、3月にみんなで温泉でも行くか、って話をしてて次男と三男と四男とはすぐに話がついたんだけど長男だけ、、、声がかけられなくてさ断られるかも…と思っただけで勝手に凹んでしまってどうしても伝える勇気が持てなかったどんだけビビりなんだ私(苦笑)でもさ、言おう!って何だか急に湧き上がってきてすっごい勇気を出してさっき、長男に会いに行ってきました。そしたらさ、「ん。分かった。空けとくよ」だって。ははは、、、( ; ▽ ; )相手の何かを見て安心するのはやっぱり不安定なことだと思うだってその安心は相手の思いに左右されちゃうからさそれよりは自分の中にある愛を信じよう。信じるという愛を選ぶって決めたからさ。ね。

      28
      テーマ:
    • 傷つくことを選んで、そして信じる。

      自分でもほとほと嫌になる。長男といるとどうして私は傷つくことを選ぶのだろう。あの子と話す時私は事前に脳内で何度も何度もシュミレーションをするクセがあるこう言おう そして こう返そうそんなものは所詮脳内での妄想であの子が思ったような反応をしてくれることが前提の私の想像が作ったたわごとだ。私は知っているシュミレーションをするのは傷つきたくないって思うからそれは私が傷つくことが前提になっているということだから結局 私は傷つくつもりでいるんだよそりゃ…傷つくよね。傷つくに決まってる。自分の将来に口をつぐむあの子の今に今は言いたくないんだね、と口にできない私を情けないなと思う。自分が情けない。あの子にだけどうしてあの子にだけそれが言えないのだろう。あの子の心の中が知りたい知りたい知りたい知りたい知ったところで何ができるわけでもないって分かってるけどそれでも知りたいのは私が安心したいからだ。あぁ、、、私は大切なことを話すことが愛情の表現だと思ってるんだね私はあの子から愛されてるという確証がほしいんだ。…アホやなぁ、私。おい、私、あんたは自分の親に対してどうだった?何にも話さなかったじゃん子育ての辛さも 身体の苦しさも夫婦の不仲も離婚に至る道筋だって全部全部隠してきたじゃん何にも言わなかったじゃん!!!それが私なりのその時の精一杯の愛情表現だったと今になると思うけどさ。…ね。あの子の今は私のその時とは別物であの子が私を愛しているのかそれは全然分からないただ言うことも言わないこともその時の自分の自己決定そしてそれに対して責任を持つのもやっぱり自分。だからさ。私はあの子の人生に口出しはできない。あの子が選ぶ人生はあの子のものだ。結局 私が信じるのは、やっぱり私。あの子を愛しているという私自身だ。

      21
      テーマ:
  • 04Jan
    • 大好きな二人

      みなさま、明けましておめでとうございます。2019年スタートなり!今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。さて。毎年1月2日はこの二人と一緒に初詣と決めてまして。ゆっちょ。う、美しい。。。モーリス。か、かっけぇ!三人での初詣も今年で五年目なんとなくキリがいい感じじゃん?なので、今回は大宮氷川神社の参道を一の鳥居から歩き始めよう!と私が勝手に決め wさいたま新都心駅に1時集合ね、ってこれも私が勝手に決め w w集合場所に早めに行くのが私の中のお約束なので15分前に行ったら、、、モーリスすでに到着。さすがですモーリス。程なくゆっちょも合流しそぞろ歩きスタート〜〜〜〜<豆知識>氷川神社の参道は日本一長いらしい一の鳥居から歩く人はそんなに多くなくて参道もゆったり歩けて話も弾む弾むなんせモーリスは一年ぶりだからねどうしてたか今どうなんだか私もゆっちょもやたら気になるわけです ハハハモーリスの中高校生時代の話やらを聞き出し驚き、すげー!と感心する40代と50代二の鳥居からはいつもの参道ババ混みっす。。。屋台をのぞきつつはし巻きという屋台に心引かれつつ w三の鳥居に到着です。これも毎年恒例干支の前での記念撮影!そして今年は三人でも撮ってみたひゃっほいっっっ境内は思いのほか空いていてゆるりと拝殿で手を合わせることができました。おみくじを引きそのあと 参道の屋台であれこれを調達して道っぱたに座って一杯やるという恒例を今年も敢行し程よく体が冷えたところでこれまた恒例の卓球っす。やっぱ卓球よ卓球!二人ともえらく腕を上げててさ!!!!!(どっかで自主練したんじゃないか疑惑浮上)1時間わーきゃー言いながらバッチリ汗をかいて飲み会突入。*飲み始め。*3時間後。三人で会うのは一年に2回あれば多い方でモーリスもゆっちょもSNSの発信がごく稀なので普段はどうしてるのやらほぼ分からずですが数日前に、「1月2日はいつものとこね」ってメッセを送ったらばっちり集まってくれる私が病み上がりでそろりそろりと動き始めた頃に知り合ったからもうすぐ八年になるね私はどうしてもどうやっても二人が大好きでさなんでだろねすごーーーーーく深いところで繋がってる気が勝手にしてるんだ気ぃ使いだけどそれを見て見て!って感じが全然なくてめっちゃさりげないゆっちょと優しすぎるぐらい優しくていっぱいを飲み込んで周りを大切にしてきたモーリスは私を絶対に傷つけない私は二人といて絶対に傷つくことはないんだ。年齢も 生まれ育った場所も生きてきた道筋も違う三人がどこかで近づいて交わって繋がって繋がって…続いていく大人になってからだっていくらでも友達はできる。私がそうしようと思ったらちゃんと仲良くなれるって二人に教えてもらったようなそんな気がします。大好きな二人。私の大切な大切な友達。これからもずっとずっと勝手に繋がってくからね!あぁ、、、本当に大好きです!!!

      24
      2
      テーマ:
  • 31Dec
    • それぞれの一年とそれぞれの年越し

      四連チャンの忘年会も終わったなーと思ったらもう大晦日!大したことはしないけどそれでもおせち料理を作ったり そこそこの掃除をしたりなんとなく気忙しい感じもする今年最後の日です。この家で年を越すのも3回目離婚前と比べたらぐんと減った洗濯物やままごとみたいな量の食事作りももうすっかりそれが当たり前になっていて慣れる…ってこういうことなのかもなと思う。今年。この一年。今年最後の買い出しに近所のスーパーに出掛けながら空を見上げて写真を撮る。こんな時ってふと子ども達のことを思う長男はバイト行ってんのかなぁそうそう次男はお蕎麦食べにうちに来るって言ってたっけ家で、腹減ったーって言いながら三男待ってるんだろうなぁ初めてのインドの旅で、四男は何を感じてるんだろうそして、私。それぞれが、それぞれの場所で過ごしている、今。正面に見える富士山子ども達は本当に大きくなったなぁと思う。私があの子達にできることはもう 本当に何もないんじゃないかと思うくらいそれぞれが自分のことを考えて自己決定を重ねているあの子達にはあの子達の世界があってそれは私のものとは別のあの子達の掴んだ大切な世界能も 大学も 受験も インド行きもそういえば相談されたことは一度もなくて相談されなくてもそれは私にとってはもう当たり前のことでなんかさ、私にできるのはご飯作って掃除して洗濯して話を聴いて…まぁ、そんなことなんだよね。私は息子達が誇らしい。誰のせいにも何のせいにもしないで自分の人生を自分で選んで歩いているあの子達が誇らしいよ。塾がお休みで珍しく家にいる三男が貸してみ、って言いながらカーペットに掃除機をかけてくれたんだあの子、掃除機かけながら仲良くしようぜ、なんて改めて言うからさ不意を突かれて、、、涙がこぼれたよ何言ってんのよ、もう十分仲良しじゃんあんたといたら いつだって母さん楽しいんだからねコタツ布団をかぶる三男私さ、すっごい勝手だけど思うんだ滅多に会わなくて滅多に話をしない長男でさえも私を愛してくれてるんじゃないかってなんか、、、そう思うんだよそれがたとえ壮大な勘違いだったとしてもそれはそれで全然よくってさだって そう思うってことは私が長男を愛してるってことの証明だから。さぁ、バイト終わりに次男が来るぞお蕎麦を準備してあの子を待とう四男は今頃インドのどこかで慣れない右手での食事にオタオタしてるのかもしれないねそれもいい経験だ ^^私は私の今を最大限大切にしながら変らず丁寧に生きていこうと思う息子達離れて暮らしてる両親私を支えてくれている仲間達私はたくさんの愛に囲まれて生きている。

      22
      テーマ:
  • 27Dec
    • 川越という街

      次男がお腹の中にいる時に大阪から越してきたから今年で22年目になった川越での生活…とつい言ってしまうくらい川越は私の街になっています。実際は、離婚時の転居とともに市民ではなくなっているのだけれど住まいは数分歩けば川越市のとこだし勤務先も川越市内でやっぱ心は川越市民19歳になる春に私は実家を出ているのでそれよりも長く住んでるんだよなぁそう思うとなんか妙に感慨深かったりします。引っ越してきたばかりの頃は街の右も左も全然分かんなくて友達だってもちろんいないしそんなとこから一つひとつ手探りでやってきたんだなぁと思う長男次男の子育てをしながらママ友作るのに必死だったり三男四男が生まれて保育園に預けるようになりPTAの役員や少年野球の役員を一手に引き受けてたりそのうち仲良しの友達ができてあちこち連れていってもらうようになって一人でカフェに行けるようになったのも川越が初めてだった飲み会だってこちらで暮らすようになって30歳過ぎてからのデビューだったしね日本酒の試飲機私は居場所を探していたのだと思う。近所の公園も ママ友との繋がりもPTAの役員も 子ども達の習い事もお気に入りのカフェも 飲み屋さんも安心して存在できる場所を私はずっとずっと探し続けていたのだと思う。獅子舞にかぶりつかれる四男w心の調子を崩したタイミングで私はこの街で出会った人との繋がりを断ちました。それは断とう という自分の意思というよりはそこにいたくない という思いだったようなそんな気がします私は、別の人間になりたかったんだ。魔法の質問に出会ったのがきっかけでナノさんと出会って傾聴に出会って自分を見つめ主観を広げ愛すること 愛されることを自分のものとして心に置くことができるようになって私は私以外の誰にもなれないのだとようやく気づいたよ私は私だ。夜のマルヒロ昨日は以前住んでた団地時代のお友達と初めて二人で飲みました。今ね、もう一度繋がり直しを始めています。私の中でもういいのかもね、って思いが湧いてるのが自分でわかる握ってた悲しさや辛さや寂しさがいつの間にか過去になってる思い出して笑えるくらいもう遠い昔になってるんだなぁ私は、もうそこで傷つくことはない。年明けはSmile upの理事メンバーで川越初詣ツアー!アンテナ立ちまくりでロケハンだって行きまくり w w w w w私が大好きな街をみんなが一緒に歩いてくれるんだって、、、そう思うだけで溢れるものがいっぱいあるよいっぱい歩いて いっぱいしゃべっていっぱい食べて いっぱい飲んで〜〜〜〜わいわい、楽しみだ

      27
      2
      テーマ:
  • 24Dec
    • 今日はNPO法人Smile upの誕生日!

      NPO法人 Smile upは2014年12月24日に登記しました。今日で丸4年!養成講座を卒業したタイミングで立ち上げの話に出会い本当に手探りで代表のナノさんを中心に いっこいっこ確認しながら理事のみんなで立ち上げたSmile up毎月の理事会総会勉強会 イベント開催企業様への傾聴カウンセリング外部イベントへの出店その時々に自分達でできることを話し合いながらその時の精一杯を出し切ってやってきました。「傾聴を広げるために」本当にただそのためだけに立ち上げたSmile upたった12人の理事から始まったそれは丸四年で正会員の皆様が100名近くになりました!!!感謝でいっぱいで、、、本当にありがとうございます(涙)この4年間の私の週末は傾聴のあれこれで彩られていて(ナノさんには遠く及ばないけど)私はそれを選んで歩んできたね。傾聴の活動を楽しみにその週を乗り切ったことも数え切れないくらいあって私が救われてる、って改めて思います。傾聴は自分の価値観を後ろに置いて何のジャッジメントもなくただただ寄り添わせていただくという愛です。アドバイスはしないよアドバイスはただの私の価値観だから私たちはあなたの中に答えがあるって信じてるうん、信じてるんだ!だから どんな答えも正解で答えを出さないという答えも正解で全部あなたの中にある。ビビリで気の回りが今一歩の私だから至らないところもきっとたくさんあるって思う、、、迷惑かけてたらほんとにごめんなさい。それでも傾聴 という愛をたくさんの人に届けたいという思いは本当にそれだけは揺るがない。今までと変わらず丁寧に丁寧に傾聴をお届けしようという思いは決して揺らぐことはありません。正会員の皆様に支えられての私たちです。皆様からの愛があってこその私たちです。本当に本当にありがとうございます。傾聴が必要とされる限り私たちは全力でそれをお届けすべく活動してまいります。これからもNPO法人 Smile up を可愛がっていただけたら嬉しいです。何卒よろしくお願い申し上げます皆さまへ心を込めて。。。MERRYCHRISTMAS!

      23
      テーマ:
  • 23Dec
    • 今年のクリスマスイブは

      大学受験まであと1カ月ほど相変わらず塾通いの三男の部屋は敷きっぱなしの布団、参考書、問題集、各種プリント、模試の問題等々であふれかえっており足の踏み場がありません。もう、ぐちゃぐちゃです(苦笑)証拠写真。。。片付けなよ!って何度も言ってるんだよだってさ ほんと危ないのよ何度もプリントで滑りそうになるし布団の角に引っかかって転びそうになるしまた肋骨折るんじゃないかってまぢ思うんだよねそれなのにうん、わかったよ^^ ってニコニコして言いながら一向に片付けないわけです。転びたくないのでとにかく床が見えるようにと散乱物を積み上げてたら本棚の下からこの子が出てきた。くっくん。もう10年以上も前だよ何気なく作ったぬいぐるみだったんだけど三男がいたく気に入って自分で名前もつけていつも持ち歩いてた。どこにいくにも一緒でね自分の洋服の中に入れてTシャツの襟首のとこから顔を出させたりしてね綺麗にしてね、って頼まれたから何度も何度も洗濯してるうちに鼻周りとか頭の上とか薄くなっちゃってるじゃん「オレの荷物は一切残すつもりはない」そう言って大概のものを処分して本当に少しの荷物だけでこっちに引っ越してきたその中にこの子を入れてくれてたんだねまだ持っててくれてたんだ!あの子の心は優しさでできていると私は本気で思ってる決して人を そして自分を傷つけない子反抗期らしきものも全くなくて私がイラッとしてる時でも四男が文句ばっかり言ってる時もうまいこと冗談にして返してくれてさそうそう、「反抗しようとか思ったことなかったの?」って聞いたことがあるんだけど「反抗するようなことがなかったからなぁ〜」って言うのよそんなことないだろうにさ、、、ほんとすごいやつだよなって思う。目の前の大学受験に一生懸命で四月から偏差値10以上 上げたんだよそれでも第一志望校にはもう一歩らしく本人 もっと早くから勉強しとけばよかったとか言いながらも諦めないで冬休みも毎日塾に行くんだってこんなに頑張ってるんだから合格さしたって!!!って母さんまぢでそう思うけどこればっかりはどうしようもないね元ダンナから、24日集まろう って誘いが来たけど断りました。私、こっちの家で過ごしたいって思った。そのことを三男に伝えたら「それでよし!」って言ってくれたからやっぱ、それでいいって思う。クリスマスイブの日は母さん ご馳走とケーキ準備しとくよ、ノブも一緒に3人でお祝いしよう。母さんのありったけの感謝はこんなことじゃ表せないけどまぁ、あんたの部屋を少々片付けたのでそれで勘弁してください(笑)たか。大切な大切な私の息子。大好きだよ!

      20
      2
      テーマ:
  • 21Dec
    • 二学期終了!

      今日は終業式二学期が終わりました。とりあえず一人お疲れ様会!久しぶりに仕事で悩んだ学期でした30年ぶりに大学で障害児教育を学び直したのが4年前最新の療法 アプローチ アセスメントetcいっぱい持って現場で働き始め目の前の子ども達からいっぱい教わりながら私なりの支援のあり方を私なりに重ねてきて自負も芽生え始めた今だからこその悩みだったのかもしれないと今になると思う私の考える支援の枠に子ども達を当てはめようとしてないか集団に入れることひらがなが読めることトイレで排泄できること etc etcそれって子ども達が本当に望んでること?誰のための支援?誰のための学校?誰のための私?二杯目の梅干しサワー学問的に研究されたマニュアルのようなものは確かにあってそれを以って進めることで子ども達が獲得できることは本当にたくさんあると思う学校にも経営のマニュアルはあってそれで進めてたら間違いないのかもしれないでもさ私が向き合ってる子ども達 お家の方達は今を生きてる生身の人間なんだよね昨日と今日が違って当たり前だし1秒前のその人と違うのだって当たり前なんだよ。だって生きてるんだから。なんて長いソーセージ!子ども達が成長したのは私のお手柄じゃないお家の人が楽になったのだって私のお手柄じゃ 決してないその子が お母さんが お父さんがそうなりたいと思ったからそう願ったから そう決めたから…そうなったんだよね。教員は環境だ、と思う。子ども達が成長するための環境だと思う。私にできることは私自身が安心安全な場所であること子ども達が お家の方が安心して本音を口にできるその場所であること。シメの焼きおにぎりおい、私!自分のジャッジが 自分の正しさが全ての正解じゃないんだよ!どこ見て教員やってる?あんたは誰のための先生なの?そしてお茶まだまだ学びが足りませんまだまだ経験が足りませんまだまだ未熟者ですただ子ども達のための お家の方のための私でありたいその思いは全然変わらないそれは教員としての私の軸あいたかったよ というナノさんからの言葉をかみしめながら子ども達に お家の方達に思いを馳せて二学期のシメとします。お疲れ様でした、私!

      21
      テーマ:
  • 05Dec
    • 私からの精一杯のプレゼント

      子どもと関わるのが苦手だった私が四人息子の母になりそして教員として子どもたちと向き合っている自分でも不思議だなと思う。… … … … … … … … … …現在 通知表書きの真っ最中学期末はどうしても残業が続いちゃうねそれでも子どもたちの顔を思い浮かべながら書く通知表は全然苦にならなくてこんなことがあったね あんなことがあったねって頭の中でエピソードを丁寧になぞりながら子どもたちの成長を綴ります。2学期になって子どもたちとの距離がぐっと近くなった気が私はしていて自分で自分の顔はよく分からないけれどきっと子どもたちと笑い合う時間がいっぱいだったと思う一緒にいるとね子どもたちの思いが伝わってくる気がするんだたとえ言葉がなくても子どもたちは私たち教員にたくさんのことを伝えてくれる目線 表情 ジェスチャー ちょっとしたタイミングで伝わるものが本当にいっぱいある私にとって子どもたちとの出会いは一期一会のすごくすごく大切な出会い大切な大切な宝物です。追いかけっこを楽しんでくれてありがとう一緒に読む絵本を楽しみにしてくれてありがとう私を待っててくれて手を繋いでくれてありがとう先生大好きって言ってくれてありがとう先生さ、通知表はみんなへのプレゼントだって思ってる楽しかったこと、いっぱい書くね成長したこと、いっぱい書くねお家の人にみんなが学校を楽しんでる姿が伝わるといいなそう思いながら精一杯書くね子ども達の笑顔も泣き顔も怒った顔も全てが愛おしい3月までのあと4ヶ月私はこの子達の担任でいさせてもらえる出会ってくれてありがとうの思いを噛みしめながら頑張ろうって思う溢れる感謝の思いを子ども達に伝えながら共に過ごせる時間を大切にしようって思うあぁ、先生になって本当に良かったなぁってしみじみ思います。通知表締め切りまであと1週間頑張ろう!!!

      25
      テーマ:
  • 25Nov
    • 三男の視点と私の視点

      猫が大好きな三男。にゃんこをなでなでしながら「本当のところどうなんだろうね」って話し出した。猫は本当のところどう思ってるんだろうね美味しいご飯がなくても外で自由にしてるのがいいのか不自由だけど食べる心配しなくていい家の中がいいのかどっちが好きなんだろ猫に聞いてみないとわかんないよねねー。ほんと。どうなんだろうね。三男は時々ハッとするようなこと言うんだよ離婚することを伝えた時もそうだったオレは離婚してほしくはないけど母さんがそれぐらい思うってことはそれなりのことがあったんだと思う離婚してほしくないけどお母さんも色々あったんだって思うそう言ってくれたのも三男だった。いつだって穏やかでほんと怒らない子誰のことも決して否定しない子だけど流されて生きてるわけでは決してなくて自分の思いはちゃんと持ってるそしてそれを私に上手に伝えてくれる分からないことは分からないとちゃんと言い誰かを否定することなく自分の奥の気持ちを素直に伝えられる子すげーなぁ私なんて傾聴を学んだ40代後半以降だよ、自分の本音を掴めるようになったのはそれが18歳でできるんだよなぁ。。。なんかね、勝手にね、勝手にだよあの子が私を大切に思ってくれてる気がするんだよね家にお金を入れてくれてたり私が大切にしてる絵本を何気に読んでくれてたり一緒に映画行こうぜって誘ってくれたりチームアフロに入りたいって言ってくれたり w w w w wあの子と二人で始めた新しい生活はいつの間にか丸2年が過ぎていて四男も加わってこれが今の私の当たり前になってるあの子との生活はイラつくこともないしストレスを感じることがない楽しい以外に何もないのホント、楽しくてさ!あの子が本当のところどう思ってるのかは確認してないから分かんないんだけど私が楽チンで楽しいのは間違いないです今日、あの子にちゃんと伝えました私が一生懸命子育てをしてきたことみんな同じように愛してることだから誰かだけを特別扱いするのはやっぱり違うと思っていること。四人とも、全員特別っていうことだからあなたも特別だっていうこと!あの子なら私の伝えたいこと、きっと分かってくれたと思う。まっすぐ受け取れる子だもん、きっと大丈夫!ねー。

      33
      テーマ:
  • 24Nov
    • 時間と記憶

      長男のことで時折思い出すのが幼稚園の年中さんだった頃のことうちの長男、悪性リンパ腫の疑いがあった時期が数年ありました。当時岩槻にあった小児医療センターで診てもらってたんだけど予約を取ってても数時間待ちはザラだったから診察を待つその間 私は持ってきた本を読んでて長男は私のそばで持ってきたおもちゃで遊んだり近くにいた同じように診察待ちしてる子と遊んだりしていやだとかもう帰ろうとか全然言わない子で本当に我慢強くて私を困らせるようなこと全然しない子だったレントゲン、エコー、CT、生検etcetcやったことないような検査も、一回もぐずらなかったしぶっとい注射にも顔を歪めて涙をポロポロこぼしはするんだけどいやだと言ったことは一回もなかったなぁ病院からの帰り道マクドナルドに寄ってあの子の好きなものを食べるのが当時のお決まりのコースで主治医の先生が、目を閉じて「大豆大が1個2個3個…小豆大が1個2個3個、、、」ってブツブツ言いながら首のリンパ節の腫れを数えて診察してくれてたんだけどそれが二人の間で妙にツボでゲラッゲラ笑いながらその先生の真似をして二人でハンバーガーを食べたっけあー、懐かしいなぁ病気に対する拭っても拭ってもぬぐい切れない不安はそりゃあった今思えば笑い話だけどもうこの子は死んじゃうんだって勝手に思って勝手に絶望的になった記憶も確かにあってでもさ今私が思い出すのは頑張り屋だった長男の姿と先生の呪文のようなヘンテコな言葉と二人で笑いながらハンバーガーを食べたことそれは二人で過ごしたちょっと特別な時間。あー、昨日長男の話をしててさっきたまたま会ったからさなんか思い出しちゃった^^時間は本当に優しいね今までの不安も悲しみも今はまるっと優しい気持ちで包むことができるなかったことにするんじゃなくてそれもあったね、って優しく包むことができるよ私の中のあの子はいつだって可愛くて愛おしいどんなに大きくなってもどんなに離れていてもやっぱり可愛くて愛おしいよ

      22
      テーマ:
  • 18Nov
    • やっぱり猫が好き!

      いやはや、なんで私はこんなに猫が好きなんだろうと、最近特に思う。にゃんことチビ。毎日欠かさず読む猫ブログは10本以上、読む本も猫がらみ、絵本もやっぱり猫。昔から実家にはずーーっと猫がいて、毎晩一緒に寝るのが楽しみでね。弟と、どっちが寝るかで取り合いしてたことを思い出します。出産にも何度も立ち会いました。学校からすっ飛んで帰ってきて産箱の段ボールに張り付いてたっけ(*´◒`*)亡くす経験も数えきれないくらいありました。病気の子もいたし、交通事故で目の前で亡くなった子もいたなぁ。。。それでもやっぱり猫が好きで、猫を拾っては飼い拾っては飼い…… … … …それにしても最近の猫ブログへのあたり方は今までにないほどだと思う。目に入るもの片っ端から、って感じ。そして楽しくて可愛い投稿とともに必ず読むのは、亡くなった時の投稿。数年前の亡くなった時の記事も、遡って必ず読む。泣くの分かってて、何度も読んでる記事もある。なんかさ 猫に限らず動物って自分の命の道を粛々と生きてる感じがして、ほんとにいいなと思う。食べたくないならエサは食べないし飲みたくないと思えば水だって飲まない死にたくないと大騒ぎするでもなく今の自分に正直に生きてるように感じられて本当にいいなぁ、って思う。なんか、理想。じゃあ私は?私はどう生きてる?私はね、今を大切にして一生懸命で生きているそれは言い切れるよ。うん。私の中でキーワードは、やっぱ一生懸命、だな。一生懸命 は後悔のないことに繋がってる気がするから。生きることは、必ず死につながっている。自分の死を考えることは自分の生を考えること死生観を整えることは生きるを整えること。今の私は引き続きそこに旗が立っている。あ、猫に直接話を聞いたわけじゃないから、猫が本当のところどう思ってるかは分かんないんだけどねー (´∀`*)ハハハ…ま、とにかく私は猫が好きってことで!

      23
      テーマ:
  • 15Nov
    • 私、幸せで生きてるよ!ー”全部全部愛だった。”

      今朝 母親から久々に電話がありました。おじさんが亡くなったという連絡のあとは「そっちはどう?元気にしちょーかや?」という いつものやつね^^うんうん、元気だよぜーんぜん変わらずみんな元気だよそう返事をしました。私と両親は昔から何か必要があるときのみ連絡し合う関係ですただ「どうしてる?」みたいなことでは電話しないんだよねそれでも数ヶ月に一度話をすると母親は決まって「そっちはどう?元気にしちょーかや?」って聞くんだよもう30年近くお決まり。必ずね。4人息子の子育てにアップアップで夫婦がうまくいってなくてでも離婚に踏み切れなくて家の中が全然うまく回ってなくてそれでも何事もなかったかのように振舞ってた頃は、「どう?」って聞かれるのが本当に嫌だったそりゃそうだよ、「うん、特に何もないよ。みんな元気だよ」ってウソだったからね…あぁ、ずいぶん長いことそうやってきてたなぁ。。。そう思ってたらこの記事が上がってきた。2年前の今日だったんだね。絶対幸せで生きていくそう自分にした約束、私、ちゃんと守れてる。うん、ちゃんと守れてる!!!お父さん お母さんあなたの娘は元気でいます。毎日いっぱい笑って一生懸命を選んで生きています。お父さんに譲ってもらった車元気に走ってるよお母さんが送ってくれた野菜しっかり食べてるよノブやたかには母さん ますますおばあちゃんに似てきたなぁってしょっちゅう言われるんだよまぁ、昔からよく似てるって言われてたからさ、、、しょうがないね (苦笑)私が幸せでいることが親孝行になるのなら私は世界一の孝行娘だって思って…いいよね!2年前に感じた無限の愛は私のプレゼンスとして私の生きる力として心の中に間違いなくある。二人にいただいた命です大切に大切にしてこれからも生きていきます。これからもずっとずっと…ね!

      15
      テーマ:
  • 14Nov
    • 怖いことと怖くないこと。

      今日は埼玉県民の日で学校はお休み。なので私もお仕事お休みです。洗濯だけ終えてご近所でモーニング。ここは肋骨骨折で病休してた時に気分転換に時々通ったカフェです。お店が広くてテーブルが大きいのとここのBGMがなぜかその時々の自分とドンピシャなことが多くてそれ以来 好きでよく伺ってます。パソコンと本と編みかけのセーターは必携でのんびりのんびり過ごすのが心地いい今度のSmile upのイベントでの新しいブースのコンテンツをまとめようというのが自分としては本日のミッション…ブログ書いてるけどね(苦笑)最近つくづく思うのが「違う」があることを知るって大事だなぁということこの間も三男とそんな話になってね「電車でブツブツ独り言言ってる人がいてそれを見た親子連れのお母さんが子どもに「怖いからこっちこっち」って言って逃げててさオレもどうしていいかわかんなかったんだけどその言い方はちょっと違うんじゃないかと思って」三男が出会った光景は特段珍しいものじゃないと思うそしてそのお母さんが感じた「怖い」の感覚もそうかもなと思う知らないことや知らないものに「怖い」って感じることは一種のセキュリティだと思うしね私も、、、そうだったしねこの仕事をするようになって障害を持つ子どもたちと時間を共にするようになって「怖い」がいつの間にか消えていた本当に消えるんだよ身長190cm、体重130kgの子が「おぉぉぉぉ〜〜〜〜!!!」って言いながら走ってきてもその子のことを知ってたら怖くなくなるんだよどうしてそうなる?その行動はどうして?そこにはその子なりの理由がある気持ちを伝えたいわかってほしい僕は私はこう感じてるんだその表現の仕方は本当に人それぞれなんだよね75億人いれば75億通りの感じ方があって75億通りの表現があるんだって思う。自傷とか他害のような不適切な表現があればそれを適切なものに置き換えていくことを学校や家庭や社会で学んでいくんだ。三男に「その人(声を出してた人)はどんな様子だった?」って聞いたら「ニコニコして楽しそうだった」って言うのでじゃぁ、その人はきっと楽しかったんだと思うよそんな時は声をかけなくて大丈夫もし困ってる感じがしたら「何かお手伝いすることはありますか?」って声がかけられたらいいねと話をしました。私だってもちろん100%の正解なんて分からないそんなものがあるかどうかも分かんないしね。いつだって目の前の人に答えがあるのだとしたら「あなただったら」と最大限に考えて寄り添う(傾聴じゃん!)それが今の私の正解なのかな、とも思う。だとしたら「あなただったら」と考える色んな「あなた」を知っていることはそう悪いことじゃないんじゃないかなって思うんだ。色んな見方、色んな聞こえ方、色んな感じ方こんなのもあるねって知ってたら怖いことの範囲が小さくなるような気がします。

      19
      テーマ:
  • 11Nov
    • もう一つの卒業式

      卒業式シーズンでもなんでもないのだけれどお話をひとつ。ある3月の午後もう一つの卒業式がとり行なわれました。その子は事情があってお父さんと遠くへ引越ししなきゃいけなくてその子のための卒業式でした。校長先生は午前中の卒業式で読み上げた奉書紙を読まれていましたが途中でそれを閉じて静かにおっしゃいました。「ここからは◯◯さんのためにお話しするね。」込み上げてくる涙を時折拭われながら校長先生はこうおっしゃいました。午前中はみんなに2つのことをお願いしました。校長先生はね、◯◯さんにも一つだけお願いをしたいと思います。人は様々な経験をします。それは◯◯さんもそうです。いろんなことがあったよね。過去の事実は、残念ながら変えられない。でもね、未来は自分で切り拓くことができます。そして◯◯さんにはその力がある。私はそれを信じています。◯◯さんは未来を見て進んでほしい。自分で切り拓く未来は、光り輝いています。そこに向かって、一生懸命生きてほしいと思います。〇〇さんは流れる涙を何度も何度も制服の袖でぬぐいながらそのお話を聴いていました。「年度末で先生方お忙しいでしょうからできたら出席、で全然構いませんから」と校長先生おっしゃる中職員全員 誰一人として欠けることなくその場にいました。誰一人欠けることなく。最後はその職員全員でアーチを作りみんなでその子の門出を祝福しました。その子とお父さんの姿が見えなくなるまで、みんなで拍手をして。… … … … …学校って、いろいろ言われる場所だよね。とんでもない先生もいるし、とんでもない学校もあるのかもしれない。でもさ、全部が全部そうじゃない。できることをできる限りで頑張る教員がいてできることをできる限りで頑張る学校がある私はそう思っています。

      26
      2
      テーマ:
  • 10Nov
    • 4年前の私よりー”私の中の「べき思考」”

      今朝 最近の次男のことでブログを上げたら4年前の今日の記事が上がってきた。なんてタイミング!4年前の自分はこんなんだったんだね。自分の正しさを声高に伝えたい頃は外側からの承認がいっぱい欲しかった頃だったのだと思う。そうだよねそれでいいよね 間違ってないよ!って言葉がいっぱい欲しかったんだぁ…と今になると思う。世間やみんなを絡めての「◯◯すべき」はもう使わなくなってるねそれはさ 今の私には必要なくなってるから。私には私の正しさがあなたにはあなたの正しさがそれぞれにある一緒じゃなくていい、ってかもともと一緒じゃないし!!!傾聴で学んだことはこうやって私の生きやすさに繋がってる。

      14
      2
      テーマ:
    • だてに引きこもってたわけじゃない

      3、4か月ぶりぐらいかなぁ、ほっっっんとに久しぶりに次男がご飯を食べに来ました。いやー、安心しましたというのも、あの子つい先日まで体調不良だったんだよね3週間近く微熱と咳が続いていて病院に行ったら「栄養不足」って言われたって聞いてたからさ離れて暮らす私としては「オレの分(のご飯)作っといて」ってLINEが来ただけで超ホッとするわけです。この時代に栄養不足ってさ、、、日頃何食べてんだろ、とかどうしても思っちゃう40㎏台だった体重も50㎏まで回復してたし(それでも身長175cmで50㎏だけどね)髪型とか洋服も小綺麗にしてたのでホッとしました。ってか、小綺麗以上でホストみたいだったけどNE!ホストといえばバイト先の人にもそう言われたらしくウチに来るなり「それって褒め言葉かなぁ〜」なんて言ってましたわまぁ、そんな次男見た目は確かにチャラい感じです。どう贔屓目に見てもやっぱチャラい。でもさー、いっぱいのことを考えてる子なんだよね。「お母さん、ちょっと聴いてくれる?」ときたので傾聴ボタンを押してあの子の話を聴きましたバイト先でマジギレした話から始まってあの子の友達の定義とかあの子が大切にしてる価値観とかいっぱい話してくれてそしたらさ「友達と思ってたヤツだったから影であれこれ言われたのが悲しかったんだよね」って気持ちを、、、口に出すことができた。うんうん、それだけ大切に思ってたってことだよねそれだけあなたにとっての友達の定義がきちんとあるってことだよねあなたの中にあなたの正しさがちゃんとあるってことだよねそれでさ、「人間って違うじゃん、だから同じ意見じゃなくていいんだよ違っててもいいからさ、オレは自分の考えをきちんと持っててそれを話し合えるヤツが、オレにとっての友達なんだ」…って。あの子の口から友達、って言葉が出たそして上辺だけじゃない、本音を伝えあえる関係を大切に思ってるってさ、、、いつの間にかそんなこと考える子になってたんだね。自分に自信がなかったあの子小学校6年生あたりから本格的ないじめに遭い始め自分にバツばっかり付けて学校に行けなくなった中学時代家に引きこもって昼夜逆転 ゲーム三昧友達なんていねーし!って言っていたあの子その子がさ、今 言うんだよだてに引きこもってたわけじゃないって。結構な黒歴史、って言ってたあの頃をマルにできてるんだね。…すげーじゃん!!!!!あの子とは口論もいっぱいしたし取っ組み合いの喧嘩も何度もやったあんまり理不尽なこと言うもんで頭をはたいたら返り討ちをくらって骨折したこともありましたそんな中で私とあの子は本音を伝え合うことを学んでいったように思う私も私の思いを伝えあの子もあの子の思いを口にする私の中で 許すこと許さないことの線引きを教えてくれたのもあの子だったあぁ、本当に時間は優しいね別々に暮らしている今でも何かあれば「ちょっと聴いてよ」って話しに来てくれる「オレの黒いとこもさ、家族だから話せるじゃん」って言ってくれるんだ。家族。家族を大切に思ってくれてるあの子がいてくれる。次男の中にもちゃんとあったよ、家族。私の大切な大切な息子たち。私の中にあの子たちはいつもいてくれている。そして子ども達の中にも、きっと私の存在があるって信じてる。

      14
      テーマ:
  • 05Nov
    • 傾聴カウンセリングのご案内

      12月9日(日)NPO法人として浅草でイベントに出展します!!!「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」NPO法人Smile upとして初の出展です。1時間(実質50分)以内の傾聴カウンセリングを1000円で体験していただけます。タロット、カラーセラピー、手相etcetc いろんな癒しがある中傾聴カウンセリングもぜひ!!!私は12時〜 の枠で入っております。もしよろしかったらお話されにいらっしゃいませんか?嬉しいこと悲しいこと、辛いこと苦しいこと自慢だってなんだってOK!絶対にジャッジのない安心安全な場所であなたの心に寄り添わせていただきます。当日いらしていただいて空きがあればもちろんOK!ご心配な方はご予約も承っております^^お申し込み・ご予約はNPO法人Smile upのお問い合わせフォーム(こちら)私のFacebookのメッセンジャーアメブロのコメントでどうぞ〜〜〜お待ちしております

      21
      テーマ:
  • 04Nov
    • 大切な仲間へ感謝と愛を込めて。

      昨日はジェノグラムプレゼント講座でした。家系図を書きそこに家族間の関係をのせながらの傾聴カウンセリングを学ぶ講座そこで私をプラスに支えてくれる社会資源、って考えた時に真っ先に浮かんだのが傾聴の仲間だった。先週の大同窓会で(大同窓会の記事はこちら)同期のえびちゃん、よしえりちゃん、ももちゃん、はなちゃんの顔を見たらわ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!会いたかったよ〜〜〜〜〜!!!!!ってなってそして、嬉しくて嬉しくてこんな顔になるほど泣きました。ひどい顔だけどさ(苦笑)、でもこんな顔して泣ける自分がいいなーって思ってる。それぐらい3期の仲間は私の中にいてくれて私を支えてくれているみんなでお互いの大切な思いに触れ合っていっぱいの愛がそこにあることを知って自己呈示じゃない本当の自己開示 が何なのかを学んだ場に一緒にいてくれて私のその景色を見てくれた仲間。私、、、みんなにどれだけ感謝しても足りないよ大雪の日新宿のあの部屋に一人として欠ける事なく集まって学んだことロープレで悪態ついたひどい私を諦めないでいてくれたことそうそう、休憩時間にお菓子を食べたじゃんあれは11期の今も健在だよ!^^一緒に学んだ半年が今の私に繋がっている。ねーねー、みんな!私、いつでもみんなに会いたいよ!ゆみちゃん。ゆきちゃん。はるか。えびちゃん。ざちょー。はなちゃん。なっちゃっん。あーぼーちゃん。よしえりちゃん。ゆんちゃん。みっちー。りえちゃん。けいこちゃん。みほさん。ももちゃん。それぞれがそれぞれの場所できっと一生懸命に生きている私もさ、頑張るね。同じ3期として恥ずかしくない自分でいられるよう私、最大限の一生懸命で 色んなこと頑張るね!!!

      14
      2
      テーマ:

プロフィール

めいないつう

性別:
女性
自己紹介:
【教員】【傾聴カウンセラー】 ■教員生活4年目になります。特別支援学校で子ども達と関わりながら、たく...

続きを見る >

フォロー

ブックマーク




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス