仲俣申喜男さんの作曲した『夜の鳥』との不思議な日々が終わりました。


前日の夜から積もった雪が音を消し、

なぜか鳥たちも沈黙して、

この世の生き物がみんな息を潜めているような静寂の北軽井沢で、

仲俣さんのエラールを弾いて、

『夜の鳥』を録音しました。


はっきりわかったことは、仲俣さんは無念でも不幸でも不運でもなかったということです。


それは、仲俣さんの分身のピアノを弾きながら確信しました。


ピアノを介して仲俣さんと出会えた。


もしかしたら。。。

私の指を使って、仲俣さんはもう一度だけ愛するエラールと戯れて、天国に帰っていったのかもしれません。


弾き終わると、ピアノの正面の窓の向こうに、晴れているのに雪がキラキラ光って舞っている青空が見えました。




★本日の即興演奏★

(一日一即興820日目2019年3月8日)
一日ひとつ即興演奏をしています。
なにも考えず、その時その空中に漂っているものをピアノに渡す実験です。


★このブログのいきさつ★


ようこそ!ピアニーノ


ピアニーノ目覚める


秘密のサイン


★即興演奏について★


なぜ即興?① ー 満月と即興


なぜ即興?② ー キャッチ・アンド・リリース


なぜ即興?③ ー 音即是空 空即是音