西方見聞録(旧パリレポート)

西方見聞録(旧パリレポート)

2015〜2020年パリ、2020年4月に本帰国しました。帰国後も”これは!”と思うものを探し、レポートしています!!

前回のブログで

「ユーチューブの作り方について

私なりのやり方なら書くことができますが

興味ある方いらっしゃいますか?」

と質問させて頂いたら、


何件か質問のコメントを

送ってきてくださった方が

いらっしゃいましたので、


もし需要があるなら

私の経験上での範囲ですが

僭越ながら書かせていただきたいと思います。


----------------------------------------------

まずユーチューブを作るとなると

決めなければいけないのが

【テーマ】だと思います。


つまり、

「どんな内容のチャンネルにするか」

ということ。


個人的には、このテーマ決めで

そのチャンネルがどうなるかが

半分以上は決まる、

と感じています。


この【テーマ】を決めるときに

まず考えることは、

そのチャンネルが

・多くの人に見てもらいたいものか

(できれば収入を得たいものか)

もしくは

・とにかく自分の表現したいことを

出していきたいか


これを考える必要があります。


もし後者の「自分のやりたいことを撮りたい」

「登録者や視聴回数はどうでもいい」

と考えているのであれば、


それは単に好きに作ればいいと思います。


カメラや編集などのことは

のちのち話すので、

今回の「テーマ決め」については

その方は関係ない話です。


問題は、

「多くの人に見てもらえるような

チャンネルを作りたい」

「できれば収入を得たい」


と考えている方です。


その場合、テーマは

できればニッチなものは避けたほうが

チャンネルの成長は見込めると思います。


そう言うと

「レッドオーシャン(競争が激しい所)で

争っても勝つのが大変だから

なるべく競争相手のいないところの方が

いいのでは?」


と思う方もいらっしゃるかもですが、

「ブルーオーシャン(競争の少ない所)」で

多くの人に見てもらうのはかなり大変です。


競争相手が多い、というのは

つまり「需要がある所」なので

簡単に言うと【大きな釣り堀】みたいなものです。


逆に競争相手が少ない所、

というのは【小さな釣り堀】みたいなものです。


つまり、【小さな釣り堀】で

どんなに一人勝ちしても、

結局はたかが知れてる、

ということ。


チャンネル登録数を

大きく伸ばすことは

かなり難しいチャレンジになります。


一方で【大きな釣り堀】は

たとえ一人勝ちできなくても

多くの人の目に止まるチャンスは増えます。


そしてもう一つ、

ユーチューブを運営するグーグル社は

「関連動画」を重視しており、


例えばめちゃめちや人気のチャンネルが

扱ったテーマと類似する動画を、

その人気チャンネルに登録している人に

「関連動画」としてオススメするように

しています。


つまり、あなたがまだ登録者が少なくても

あなたの動画が

多くの人の目に触れるチャンスが増える、

ということです。


これは、ユーチューブの特徴で

この特性を使った人が

後発でもチャンネルを大きくできる仕組みに

なっています。


と、長くなるので

とりあえず今回はここまでにします。


また続きは需要がありましたら

書かせていただこうと思います。

(需要がなかったらやめます、、😆)


と、私の動画も今日新しいものを

アップしましたので、

ぜひ見てやってくださいませ!!

https://youtu.be/tcccjURXBf0




できれば、イイねボタンと

感想をユーチューブのコメント欄に

残していただけると

めちゃ嬉しいです!

(その際、ブログを見ました、と

一筆頂けるとめちゃ嬉しいです!)


それでは皆様、

良い週末をお過ごしくださいませ!






こんにちは。大変ご無沙汰してます。


もうかなりブログ書いてないですが

まだ見てくださってる方

いらっしゃいますでしょうか、、、


パリから戻って特に書くネタがなく

ブログから遠ざかってしまっていますが、


もし皆さんの中で

ユーチューブの作り方、

登録者の増やし方など

興味がある方がいらっしゃったら


それなら書けると思ったので

もし興味がある方、

いらっしゃったらコメントで

おっしゃってください!


私のチャンネル(パリちゃんねる)は

現在16万人を超える登録者に

育ったので


私なりのやり方を書けるかも知れません。


もし興味がある方、

いらっしゃったら書こうと思います!


最新の動画をアップしたので

下に添付しておきます!

パリちゃんねる最新動画 



それでは皆様、
良い週末をお過ごしください!

現在ネット界隈で大きな話題となっている

フランス人サッカー選手の人種差別発言問題。


もう皆さんは問題の動画

ご覧になりましたでしょうか?


問題の動画 

 

ゲームの設定を変えてくれてる日本人スタッフを笑う動画です

フランスのサッカー選手【デンベレ】と
【グリーズマン】が、

遠征でやってきた日本のホテルで
サッカーゲームをやりたくて

ホテルのスタッフを部屋に呼んで
言語設定を日本語から恐らくフランス語に
変えてもらっているところです。

部屋にやって、設定変更に
四苦八苦してる日本人スタッフに対し

ビデオを撮ってるデンベレが
グリーズマンに言ったのは

----------------------------------------------------
この汚え面、、、

(お前が)プレステのサッカーゲームやるためだよ。
お前恥ずかしくないの?

何だよこのくそな言葉。

この国って進んでんのか?進んでねーのか?

----------------------------------------------------
というもの。


この発言に関しては、
意見が大きく2つに割れていて、

一つは、
【これはひどい差別!ゆるせん!】
というもの。

そしてもう一つは、
【これのどこが差別なの?】

というもの。

----------------------------------------------------
まず、【これは酷い差別!】というものですが、

それは、上の訳をそのまま受け取ったもの。
普通に読めば、差別発言だと感じます。

ところが、実は多くのフランス人は
このデンベレの発言を
【どこが差別的なの?】と思っているようです。

また、パリ在住の日本人、ひろゆき氏や
辻仁成氏も、そのような立場で発言。

その根拠は、
【汚え面】は、別に日本人の容姿について
言ったのではなく、

ゲームの言語設定に四苦八苦してる
日本人スタッフの困った顔を
【何て顔してんだ】と言っていて

自分たちが迷惑かけてしまって
そんな顔させてしまったことを
笑いに変えている、との解釈のようです。

そして、
【何だよ、そのクソ言語】についても、
日本語に対して言ったのではなく、
【言語が違うせいで、ゲームの設定も
変えなきゃいけなくて、
言語ってやっかいだな】的な意味で
使ったのでは?ということ。


最後の
【この国は先進国じゃなかったの?】
という部分は、
日本が先進国であることを前提に
【そんな日本なら設定の変更ぐらい
簡単なことでしょ?】

という意味で言ったのでは?
というものです。

----------------------------------------------------
確かに、そのように
差別の意図はなく
発言しているのかも知れませんが、

個人的には、それでもこの動画は
アウトだと思います。

まず、わざわざ部屋に来て
自分たちのために奮闘している人たちに対し

勝手に撮影して、勝手に笑い、
それをSNSにアップするなんて
失礼極まりない事です。

完全に舐めてるわけです。

----------------------------------------------------
と、今回この件について書いてるのは

〈デンベレの発言が差別的だ!〉
ということを主張したいわけではありません!

彼の発言は最低であることは
当然として、

この問題が浮き彫りにする
『アジア人差別に対するメディアの対応』
に問題がある、というのを言いたいからです!

----------------------------------------------------
まずは、フランスのテレビは
この問題をどう取り扱ってるか?
というと、

まったく報道していない
と言うのです。

この問題が取り上げられてから
私はすぐにパリのフランス人の
友人にメールをし、

フランスのテレビでこの問題は
どう扱われてるか?

聞いていました。

それに対する友人の回答が
「一部ネットで見る程度で、
ほとんど話題になってない」
ということ。

やっぱり、、、😠😠😠😠

なので、ほとんどのフランス人は
この問題を知らないとのことです。

アジア人差別の話題は
だいたいフランスでは
そんな感じで大して問題になりません。

----------------------------------------------------
では、一方で日本ではどうか。

私は、百歩譲って
フランスのテレビであまり報道されないのは
差別する側としては
あまり興味がない話題だから、

というのは分かるのですが、
問題は

日本のテレビがほとんど
この話題を取り上げてない!

ということ。

ただ、私の家では
テレビを設置するのをやめており
テレビを見られないので、

その話は、テレビ好きの友人に
メールして聞いたもの。

日本のテレビでも、めちゃ
取り上げられていたらごめんなさい、、、

しかし、友人の言うように
日本のテレビで取り上げられていなかったら
それは大問題だと思います。

この話題を取り上げると
何か都合の悪いことがあるのでしょうか?

芸能人の不倫や、不必要なまでに
コロナを煽るような報道ばかりで

正直、メディアとしての機能を
完全に放棄して、
数字が取れる話題ばかりを
深堀する今のテレビは

もう害でしかないと言われても
仕方がないことでしょう。

----------------------------------------------------
日本人は、
自分たちが被害にあった場合、

あまり激しく加害者を責めない
習性があるように思えます。

むしろ、加害者をかばうような
ケースすらあるほど。
(今回のひろゆき氏や辻仁成氏)

それが日本人の"大人な対応"
という進んだ精神からくるもの
なのかもしれませんが、

はっきり言って
加害者のマインドの人たちは
それだと
「あー、日本人には何言っても
問題ねーや」と

差別に対して
罪の意識を持つことが無くなります。

なので、このようなケースでは
徹底的に声を上げて
"ゆるせん!"という意思を示すことが
大事なのだと。

そしてそれにはまず
最も影響力を持つテレビが
ちゃんと伝えるべきでは!と。

すでに風前の灯のテレビですが、

ジャーナリズムの精神が
少しでも残っているなら
ちゃんとしてほしいものだと
思うばかりです。

こんにちは。


桜もだいぶ散ってしまい、

今週末あたりが東京では

最後かもしれませんね。。


ところで、昨日のブログでも

最後に少し書いたのですが、

アサヒスーパードライから

この春「生ジョッキ缶」という

アサヒスーパードライ「生ジョッキ缶」


全く新しい、新感覚ビールが

登場することをご存知でしょうか?


結構アサヒビールも

宣伝をしているし、

SNSでも話題になっているので

ご存じの方も多いと思いますが、


この「生ジョッキ缶」、

YouTube「パリちゃんねる」で

アサヒビール様から提供をいただき

動画を撮らせていただいたのですが

(本日アップしました!ぜひご覧くださいませ!)

パリちゃんねる「生ジョッキ缶」テイスティング 


撮影の後、私も何本か

飲ませていただいたのですが、


別に提供をいただいたから

忖度して言うわけではなく

こちらの「生ジョッキ缶」、


めちゃめちゃ楽しい!!!


何が楽しいかって、

まず、

開けたとき泡が立つ

この視覚的な楽しさ!


開けると、ジュワーっと

下から泡が沸き立ってきます。


その時点で、もうワクワクするのですが、

その泡のきめ細かいこと!!


まるでシルクのような

きめ細かい泡立ちで、

見るからに美味しそう!!


そしてもう一点が、

フタがまるでワンカップのように

フルで開くこと!


つまり、

フタがフルで開いて

泡が立つ。


蓋を開けたら、

そのままゴクゴク気持ちよく

飲めるわけです。


まるでジョッキで飲むみたい。


なので、「生ジョッキ缶」という

とのことですが、

本当にそのとおりで、

ジョッキで飲む感覚でした。


これは、ビール好きな方には

ぜひ体験していただきたい!


そして、皆さんご存知

アサヒスーパードライですが、

このビールの特徴は

その飲みやすさと、爽快感。


なので、この「生ジョッキ缶」と

めちゃめちゃ相性がいいんです!


スーパードライの良さを生かしているというか

かなり考えられた商品だな、

と思った次第です。


また、外国の方へのインタビューの中で

「こうゆう商品はあなたの国にありますか?」

という質問に、

皆さん口を揃えて「ノー!」


皆さん、初めて!

とのこと。


中には

「日本はいつも面白い商品を、

出してくる。

フランスは何年間もスーパーの棚が

全く変化ない」というコメントも。


確かに、日本って

新商品の開発が凄いですよね。


スーパーに行くと

いつも新しい商品が発売されている。


とても買い物が楽しい国です。


--------------------------

と言うわけで、

アサヒビールから発売される

新体験の缶ビール「生ジョッキ缶」、


4月6日(火)からコンビニで発売されるので

ぜひ飲んでみてくださいませ!


新体験で面白いですよ!!😉


では皆さん、よい週末をお過ごしください!


(最後にもう一度動画のリンク貼ります)

パリちゃんねる「生ジョッキ缶」テイスティング! 



春らしい気持ちいい気候となった本日。


自分は今、

〈朝食を抜けば(プロテインだけ飲みます」

お昼と夜は結構食べても大丈夫〉


というダイエット法を信じで

朝ごはんは食べてないのですが、


このダイエットの素晴らしい所は

«昼は結構食べても大丈夫»という点。


それでも、いつもは

そんなに重いものは食べないように

してるのですが、


今日はなぜだかこってりしたものが

食べたくなり、ラーメン二郎へ!


お腹いっぱい食べて

今度は急に食べたくなったのが

甘いもの。


そこで思い出したのが、

友人のフランス人との話。


その友人は、

フランスを代表する

超スーパースターパティシエの

下でスーシェフ(シェフの下のポジション)

として働いてきて


数年前に来日し、

日本でトップクラスに格式の高いホテルで

パティシエを務める友人と

日本のシュークリームをテイスティング。


日本人に馴染み深い

ケーキチェーンやコンビニの

シュークリームを食べて

そのパティシエが認めるものはあるのか、

食べ比べをしたわけです。


その結果、そのフランス人パティシエが

「これは美味しい」と

太鼓判を押したのが


ファミリーマートの

シュークリーム!


----------------------------------------------

と、そんな話をラーメン二郎を出たとき

思い出し、


甘いものが食べたかったので

じゃーちょっと買ってみるか、


と近くのファミリーマートへ。

どこにでもあるファミマです

で、店内でシュークリームを探すと
ありました、ありました!

これです。130円です

「濃厚カスタードシュー」

早速家で食べてみます。

クリームたっぷり、とのこと

取り出すと、
こんな感じ。なんか、良さそうです

半分に割ってみると
うん、とろっと美味しそうなクリームが!

これは濃厚そうです!

いただきます!

口にほおばると、
《クリームが凄い!!》

めちゃめちゃ濃厚でいて
甘ったるくなく、さっぱりしてもなく
ちょうどよい!

まさに極上です!
これが130円とは思えない!

確かに、シュークリーム専門店などで
買う、周りのシューがパリッとしてる
と言うのはないですが、

しっとり好きにはたまらないかも。

なんと言ってもクリームが最高で、
個人的にはしっとりしたシューと
抜群の相性でした。

なんと言っても、これが130円で買えるって
ほんとにすごい!

おすすめなので、見かけたらぜひ
お試しあれ!

----------------------------------------------------
それと、ファミリーマートの外観の
写真を撮っていたら
ガラスに貼ってあったのがこちら。
予告「スーパードライ生ジョッキ缶」4月6日(火)販売開始!!

というもの。

皆さん、
この「スーパードライ生ジョッキ缶」
ご存知でしょうか?

こちらです

まだこれから発売なので
ご存じない方が多いと思いますが、
こちらのビール、
何と、蓋がパカッと
上部全体が開き、
生ジョッキ缶のHPより画像拝借しました(以下同)

そして何と何と
あら不思議!
ビールが勝手に泡立つのです!
こんなふうに泡が立ちます

それも、シルクのような細かい泡が!

口が広くて、クリーミーな泡が立つ、
まるで、お店で生ジョッキのビールを
飲むかのようにグビグビ飲める、
というわけです!

お家時間のビールタイムを
もっと楽しくいいものに!

と、このスーパードライ「生ジョッキ缶」、
今回YouTubeパリちゃんねるで
アサヒビール様とタイアップして

「外国人にこの
スーパードライ生ジョッキ缶を
テイスティングしてもらったら、
どんな反応をするのか!」

という動画を作成しました!

日本初のこの生ジョッキ缶、
めちゃめちゃ楽しいですが、

缶を開けたら泡が出る
この新製品を外国人が試したら
どんな反応をするのか!!
ぜひその反応をご覧くださいませ!



日本って、ほんと
すごい技術を生み出しますよね!

それでは皆様、
よい週末を!!

先週末、満開を迎えた東京の桜。

しかし先日の雨風で、

だいぶ散ってしまい、

今は桜吹雪がきれいな状況。


毎日YouTubeの動画編集を

中目黒にあるカフェでやってるのですが

(家だとできないため)


そんなわけで、中目黒の

目黒川沿いに咲く桜を見る毎日で

一回咲き始めをパシャリと撮って

インスタにアップしたら


タイに住む友人から

「毎年目黒川の桜見に行ってて、

今はタイだから行けないので、

毎日撮ってアップしてほしい!」


というリクエストがあり、

毎日通う所だし、

では!

と毎日桜の様子を投稿。

(もしよかったらインスタも覗いてみてください!)

https://www.instagram.com/le_vagabond_in_tokyo/

インスタのリンク


---------------------------------------------------

と言うわけで、

最近桜の写真をパシャパシャ撮ってるわけですが、


そんな中、今日車で走っていると

たまたま通ったのが

「桜坂」という名の通り。


ん?あれ、まさか!?!?


と思って、調べると

やはり!


そう、あの福山雅治の名曲「桜坂」の桜坂!

「揺れる木漏れ日 薫る桜坂」の桜坂!

桜坂に架かる橋「桜橋」

まさに桜のトンネル。
めちゃきれいです!
めちゃきれい! そりゃ福山雅治も歌を作りたくなりますわ!

ウィキペディアの情報ですが
福山雅治はデビュー前、
この「桜坂」の近くに住んでいて
当時の思いなどを綴ったものだそうです。

もう満開は過ぎていて
桜がひらひらと舞い散っており
それがほんとに美しい!

キレイだなー、と写真を
パシャパシャ撮ってると、
ふと見かけたのがこちら。
旧中原街道の説明板です

え!?!?

そーなんだーーーー!!!!!びっくりびっくりびっくりびっくり

って、普通の人が見たら、
「は?中原街道??知らんわ」
となると思いますが、

この中原街道(旧中原街道)、
街道マニアの自分にとって、
一番心躍る街道の一つ!

え?なんで??

となると思いますが、
その理由は、

この中原街道、
東京で最も古い幹線道路

だからです!!

古いって、100年ぐらい前からある道?

いやいや!!
中原街道は1000年以上、
いや恐らく1400年近く前からある道。

1400年前と言えば、飛鳥時代。
聖徳太子の時代。

東京に街が建設され始めたのは
江戸時代から。
つまり、400年ほど前から。

それまで東京の地、つまり江戸の地は
湊としてはかなり
重要な地でしたが、

街ではなく漁村や農村が
広がるだけの街。

そんな土地なので
もちろん道は
ほとんど発達していなかったのですが

そんな中にあって、
古代から江戸を縦断する
重要な道だったのが
「中原街道」なのです!

現在の東海道が成立するのは
江戸時代から。

その前、古代から
江戸の地に行くための道が
「中原街道」でした。

徳川家康が豊臣秀吉に
寒村の江戸、
ボロボロの江戸の城に
移動を命じられ

部下たちを引き連れて
江戸に来るため歩いた道も
「中原街道」です。

-----------------------------------------------
そんな中原街道、
今はもちろん整備が進んで
太い道路になってしまっていますが、

たまーに
太い道路の「中原街道」に沿って
細い、昔ながらの「旧中原街道」が残されていて、

そんなものを見つけると
テンションが上がるのですが、

そんな中で出会ったのが
「桜坂」の「旧中原街道」の説明板。

「桜坂」は「旧中原街道」にあったんだ!

ということは、
この坂を徳川家康も通ったわけです。

家康だけでなく、
奈良時代の人たちも
平安時代の人たちも
鎌倉時代の人たちも
室町時代の人たちも

みんな通ったわけです。
「桜坂」何百年もここに存在する古道です

桜がいつから植えられたかは不明ですが、、、

-------------------------------------------
街道マニアとしては、
この「旧道」というのが
心をくすぐるもので、

「旧道」を見つけると
ついつい古くからの痕跡を
キョロキョロ探してしてしまうわけです。

---------------------------------------------
この「中原街道」、
先程書いたように、東京で
最も古い幹線道路ですが、

今はどうなってるのかと言うと、
都心部においては多くが
国道一号のルートとなっております。

上の田園調布本町にある「桜坂」を通り
武蔵小山→五反田→白金高輪→三田→
東京タワー下→飯倉→神谷町→虎ノ門→皇居

というルートをとります。

面白いのは、
都心部のルート。
このルートができた当時、
まだ江戸城(皇居)はなかったので、

別にこんなに内陸部を
通らなくても、良かったはずなのですが、

そうしなかったのは、
このルートより右側はかつて
海だったから!です!

もっと正確に言うと、
当時の海岸線より
少し内側の微高地の部分を
ルートに採用しています。
江戸時代前までは、こんな感じでした

つまり中原街道は
都心部においては、
海沿いの道だったわけです。

今では、東京のど真ん中にあった海は
完全に埋め立てられ
全く想像できないですが、

その痕跡を示すのが、
この東京最古の道、
中原街道のルートなわけです。

面白いですよね!

ちなみに中原街道は
現在はこんな感じです。
道幅はかなり太く、立派な幹線道路です

現在の中原街道は、
五反田付近で国道一号と分かれますが
現在の中原街道の起点(終点)

実は、分岐地点の直ぐ側に
「旧中原街道」が残されていて
ちょっと散策してみました!
旧中原街道。旧道はだいたい、道幅が細く、うねうねしてる

旧道で見つけたもやっとスポット

品川村、って書かれてます😄

青空ガラクタ屋みたいです

こうゆうモヤモヤスポットが
旧道の楽しみ(^^)

また旧道を歩くと
よくお地蔵様に遭遇します。
昔の史跡をよく見つけることができます

旧道巡り、めちゃめちゃ面白いし
発見が多いので
皆様もぜひやってみてくださいませ!

それでは!

こんにちは。


最近、全く更新していなかったブログ。

正直日本に帰ってきてから、

特に書くネタもなく

更新が滞ってしまってます、、、


私事ですが、

昨年の9月に娘が生まれ、


それからは毎日、

YouTubeの編集に育児に

てんやわ、、


YouTubeに関しては、

チャンネルのコンセプトは

基本的には

「日本のプロダクトをフランス人に

トライしてもらい、その反応を見る」

という趣旨で作っており


お陰様で登録者も14万人を超え

何とかかんとかやっておりましたが、


最近、弊チャンネルを

完全に真似したチャンネルが

パリに登場し、

もう、いろんな気持ちが錯綜。。。


実はYouTubeは

ヒット動画を出すと、

すぐに真似される世界なので、


これまでも

「初めてラムネ、開けられるか」

「初めて日本酒を飲んだフランス人の反応」

「初めてカップヌードルを食べた反応」

「初めてヤクルトを飲んだ反応」

など200万回を超える再生数の

ヒット動画を出すと

すぐに他のユーチューバーが

同じことをし、


更には

「外国人が初めて●●を食べた反応」

というタイトルの付け方まで

こぞって真似される始末、、、


そんなことが一年ぐらいあり

それに対して

「んーーーー、、、」と

悔しいというか、

何とかいうか


モヤモヤした気持ち、、、


そして、遂にパリで

完コピするチャンネルが登場することに。。


でも、このように

何かヒットするものを作ると

誰かがそれを真似する、

というのは何もYouTubeの世界だけではないこと。


人間が生み出したすべてのものは

真似で世界に広がり

人間は文明を高度化させてきたわけですから。


中東で始まった小麦を作る行為は

世界に広がり、

それによって人類は豊かになり


コーカサスで生まれたワインは

中東→ヨーロッパに伝わり


中国で生まれた火薬は

その後ヨーロッパに伝わって

銃(鉄砲)が生まれ


イギリスで生まれた蒸気機関は

ドイツに伝わってダイムラーさんが

ガソリンエンジンを開発。

自動車、飛行機が生まれ、


と、話は大きくなりましたが、

世界は模倣を繰り返すことで

発展してきたわけですから。


なので、

自分が作った動画を真似する人が

出てくるのは、

嬉しい反面、真似されることに対して

モヤモヤする気持ちがあることも事実。


弊チャンネルは現在、

パリの取材班(俊介さん)と

東京の編集班(私)の二人で

チームでやっているのですが、


そのパリ取材班の俊介さんが

弊チャンネルを真似している

ユーチューバーに遭遇!


俊介さんが近づくと

「あ!パリちゃんねるの!!!」と

気が付き、話をしたとのことなのですが


そのユーチューバーが開口一番

言ったのが、

「めちゃめちゃ参考にさせてもらってます!」

というもの。


すかさず俊介さんが

「いや、パクリじゃないですか」

と笑いながら突っ込んだらしいのですが、


二人は一緒に記念写真を撮ったそうです(^^)


このように、

今や「外国人が●●を食べた反応」

という動画は色んな人が

やるようになり、


弊チャンネルも

これまで唯一だったのが、

今では数あるチャンネルの一つに。


それによって、再生回数も

昔ほどは出せなくなり、

かなり苦しい展開が続いてるのですが、


一昨日出した新しい動画が

これまた数字が悪く、

最悪な滑り出し、、、


もう、ずっと数字とにらめっこで、

すかさずサムネイルを変更。


何度か変更を重ねるも

数字は伸びず、、、


結構頑張って作ったのに!!!😭😭


YouTubeは動画を投稿すると

グーグルからその動画の評価が

下されるシステムで、


例えば、伸びがいい動画だと

「順調です。動画のパフォーマンスは通常通りです」

や、

「素晴らしいです! いつも以上の評価を獲得しています」

などお褒めのメッセージが表示され、


一方、伸びが悪いと

「パフォーマンスの評価は低く、多くの人が関心を示していません」

など、厳しいメッセージが。


多くのユーチューバーは

このグーグルのメッセージに

一喜一憂するわけです。


で、一昨日アップした動画に

くだされたグーグル判定は最低評価、、、


もう、かなり落ち込むわけです、、、


なぜだ! 何がいけないのか、、、


と、昨日まで、気が臥せっていたのですが、

今日、朝から天気は最悪。


日曜日、暴雨。


実はこれはユーチューバーにとっては

最高のシチュエーション。


外に出ず

家で過ごす人が多くなるので、

必然的にYouTubeを見る人が増え

基本的には数字は上がる展開。


で、今日の夕方、

YouTubeの管理者画面を見ると、

グーグル様から

「パフォーマンスはいつもどおりです」

というお言葉。


「よかったーーーー😭😭😭😭」


決して昔ほどは数字は良くないですが

まー、グーグル様からそう言われると

涙がこぼれそうになるほど

ほっとする自分がいるわけです。


もう、毎回ほんとに疲れる、、、


毎回一喜一憂、、、

これを長くやってるユーチューバーは

ほんとにタフだと思います。


と言うわけで、

みなさんも是非、一昨日アップした

グーグル評価が「低」から「普通」に

格上げした動画、見てみてやって

くださいませ。


何か「こうした方がいいんじゃないか?」

という所がありましたら

ぜひご指摘頂けますと幸いです!


よろしくお願いします!

https://youtu.be/4M_eVCRS8s4

パリちゃんねるの最新動画 



皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨年はフランスから日本に帰国し、
ブログの更新頻度は
フランスにいる頃に比べて
だいぶ落ちてしまいましたが

今後も自分のペースで
ぼちぼちと続けられたらと思いますので
何卒よろしくお願いします!

---------------------------------------
さて、今回ですが、
トピックスは「YouTubeについて」。

皆さんはYouTubeって
ご覧になりますでしょうか。

私は最近はもっぱら、
YouTubeの動画を発信している身なので
かなり身近な存在ですが、

世間一般では、
そんなに普及していないのかなー
と感じることもしばしば。

先日うちの両親に会い
父親から「最近お前は何してんだ?」
と聞かれ、
「YouTubeの動画を作ってるんだよ」
と答えると、

「YouTube?? 何だそれは?」
という返答。
これまで何度も説明してきてるんですが、
一向にYouTubeが何かを
理解することはなく、

もう理解してもらうことは
すっかり諦めてる今日この頃、、、

-----------------------------------------
また、私の学生時代の友人と会っても、
「YouTubeは全く見ない」というケースか
「スポーツ」などを見るだけ
というのがほとんど。

いわゆるYouTubeのオリジナルコンテンツ、
つまり、YouTuberが作ったコンテンツを
見るケースはほとんど聞いたことがありません。

私の世代もやはり父親の世代に
感覚が近いのだな、と
強く感じます。

----------------------------------------
その一方で、
最近めちゃくちゃ多いのが、

「YouTubeをやりたいから
やり方を教えて」

という友人や知り合いからのお願い。

パリにいる頃から
それは多かったのですが、

日本に帰ってきてからも
友人や知り合いが連絡してきて
「カメラは何を使えばいいの?」
「マイクは?」
「パソコンは?」
とか
「編集ってどうやるの?」
「ソフトは?」
とか
「どうやったら登録者を増やせるの」
「視聴回数をたくさん取れる動画って
どうすればいいの?」

というもの。

それぞれ色んなタイプの方がいるので
それぞれの事情に即して
私の知る限りで話をするのですが、

最終的に、結局いろいろ話しても
ほとんどの方が
長く続けることができない、、、

YouTubeは、登録者数を増やしたり
多くの人に見てもらうための
テクニック、やり方はあるのですが、

一番難しいのは『続けること』。

たぶん、ブログも同じかもですが、
やはり登録者がなかなか増えなかったり、
視聴回数が上がらないと
どうしてもモチベーションを
維持することが難しく、

YouTubeの場合、
ほとんどの人はすぐにやめてしまいます。

せっかくいいコンテンツなのに、
ほんとにもったいない、、、

というのを、何度見てきたことか、、、

----------------------------------
と、そんな中、
最近、昔の会社の同僚が
転職した会社で

会社としてYouTubeを始めることになり、
自分にYouTubeのやり方を教えてくれ、

と連絡してきて、
さすがに実際に手を動かすのは
こちらの負担になってしまうので

方向性だけ相談に乗って、
もののついでに撮影も同行。

レストランでご飯を食べる、
という動画なのですが、

この日の撮影は4つの料理を
食べることになり
さすがに彼一人で4皿は食べられず
最後の一皿を食べてあげることに。
トマトタンメン。めちゃ美味しかった!

という流れで、なぜか私も
一つの動画に出演することになり、
「トマトタンメン」を食べる動画に
出演いたしました、、、
自分はもうおっさんなので、
自分のYouTubeにもほとんど出てないのですが、、

おっさんがタンメンを食べてる動画ですが、
もしよかったら見てやってくださいませ!

-----------------------------------------
それにしても
またコロナが増えてきて
嫌な雰囲気になってきましたね。

いろいろ不自由な事が増えますが、
この大変な時期を一緒に乗り越えましょう!

それでは良い3連休を
お過ごしくださいませ!
日本に帰ってから
テレビを設置するのをやめたので

フランスにいる頃から
カウントすると
日本のテレビは約5年半以上見てないのですが

その一方で見るのが増えたのが
Youtube。

自分がYoutube作る側であると同時に
めちゃめちゃYoutubeを見る側でもあるわけで、

そんなYoutubeで自分がよく見ているのが
オリエンタルラジオの
中田敦彦のYoutube大学。

日本や世界の歴史や
哲学、文学、テクノロジーなど
様々な分野の事を

非常に分かりやすく、
面白く解説してくれるので
(本を紹介する形で)

ずっと見てしまうわけですが、
そんな中田が最近始めたのが

雨上がり決死隊の宮迫博之と
タッグを組んで制作する
「Win Win Wiiin」という企画。
中田と宮迫がお金を出し合って作ったテレビのような企画

毎回ゲストを呼んで、
中田がそのゲストについてプレゼン、
宮迫が話を盛り上げる、
という企画ですが

その第二回目のゲストが
キングコングの西野亮廣。
この動画です

西野については、最近は
「何か絵本を描いてるんだよな」とか
「オンラインサロンってやつをやってるんだよな」
ぐらいにしか知らなく、

正直あまり興味がなかったのですが、
その「Win Win Wiiin」で西野のこと、
そして西野の絵本のことを深く知り、

え!?そんな人だったの!?

西野の絵本が映画になる?

と西野の活動に興味が湧いて、
その映画「えんとつ街のプペル」
見たいなーと思って、

先日たまたま六本木に行ったら、
六本木ヒルズでやっていたのが
「えんとつ街のプペル」の映画のPRイベント。
えんとつ街のプペルの絵本展です

おー、これはちょっと見て行こう!
と近寄って見てみます。
絵がめちゃめちゃきれいです!

この「えんとつ街のプペル」、
話は上のYoutube動画で
西野がどんな話がざっくり喋っていましたが、

簡単に言うと、
皆が信じない事を信じたり
誰もしない事にチャレンジすると

多くの人に
「そんなの無理だ」とか
「お前にできるわけない」と
否定されたり、罵られるわけですが

それでも諦めずにチャレンジし続ける者が
新しい景色を見ることができる、

という話。


その内容を聞いて、
「へー、面白そう。見てみたいな」と
思っていたわけです。

と言うのも、
私もこれまで、

出版社に転職すると決めた時も、
その時の上司から
「お前に編集の仕事なんて
できるわけないからやめとけ」
と言われたし、

出版社に入っても
全く新しい企画をやろうとした時
先輩方から
「そんなの無理」とか
「絶対失敗する」と
散々言われたし、

奥さんの帯同で
仕事を辞めてパリに行くと決めた時も
大学時代の友人から
「キャリアを捨てていくなんて
絶対やめたほうがいい」
と強く言われたし、

パリでYoutubeを始めて、
日本に帰国してから
大学時代の友人に久しぶりに会った時も
その友人から
「は? Youtuber? 何それ?」
と鼻で笑われ、
「今多くの人に登録してもらっていて
自分の動画を多くの人に見てもらうチャンスだから
頑張りたい」
と話したら、
「は? 何それ。それ意味あるの?」
と言われたし、

今もYoutuberと言うと
かなり身近にいる
味方となって欲しい人からも
「そんなんやってて大丈夫?」とか
「いくら稼げるの?」とか
白い目で見られるし、

とにかく散々何か
新しいチャレンジをしようとすると
多くの人たちから
めちゃめちゃ否定されてきたわけです。

なので、この「えんとつ街のプペル」は
そのあらすじを聞いたとき、
強く関心を抱いたわけです。

--------------------------------------
この六本木でのイベント、
絵本展にはグッズ販売のブースも出ていて
そこで売っていたのが
「えんとつ街のプペル」の絵本。

57万部のベストセラーらしく、
インターネットで全ページ公開されていますが、

絵がきれいだし、
せっかくなのでと一部購入。
一部購入しました!

家に帰って、早速読んでみました。

感想は、ネタバレですが
話的にはやはり児童向けなので
かなり分かりやすく、複雑さは
全くありません。

とてもシンプルな話です。

正直、かなり早い段階で
「あー、結論はこうなりそうだな」と
話の流れは分かる作りですが、
そこは子供向けの絵本なので。

また正直、かなり宮崎駿作品、
特にラピュタに影響を受けてるな、
と言うのはすぐに感じ取れます。

しかし、そんな事も含め、
オチは分かっていたとしても
とても素敵な話であることに
代わりはなく、

また絵もとてもきれいなので
一度読んで見る価値はあると
私は思います。

そして映画。
今日12月25日が公開日と言うことで
私もぜひ劇場に足を運びたいと
思っています。

皆さんも、インターネットで
無料で全ページを読めるので、
一度読んでみてはいかがでしょうか。
(5分で読めます)
先日YouTubeの「パリちゃんねる」で
フランス人に「カップ焼きそば」を
テイスティングしてもらう回を
やったのですが、

動画を作ってて知ったのが、
どうやら日本の焼きそばは
浅草が発祥ではないか、ということ。
東京発祥の地、浅草
(詳しくは以下の動画で解説してます)
https://youtu.be/yamU7JIHrmU

焼きそばはもちろん
中国発祥ですが、

中国の焼きそばと
日本の一般的な焼きそばは
ちょっと違ってて、

日本の一般的な焼きそばは
いわゆる【ソース焼きそば】。

屋台で食べる焼きそばも、
屋台の焼きそば。最高!

一番売れてる焼きそば、
【マルちゃん焼きそば3人前】も


カップ焼きそばも



全部ソース焼きそば。

そして、そのソース焼きそばの
元祖が「浅草」の焼きそばとのこと。


しかし、厳密には浅草が発祥かどうかは
定かではなく、

明治時代にヨーロッパから
ウスターソースなるものが入ってきて
イギリスで誕生したウスターソース

日本人はそれを、自分たちの口に合うように
ウスターソースの酸味を抑え、
果物などを足して甘みを出した
日本独自の「ソース」が完成。

ブルドッグソース

それを洋食に何でもかんでも
かけるようになり、

一説によると
ソースをかけて
ごちゃごちゃ混ぜて食べる
もんじゃ焼の店で

麺にソースをかけて食べ始めたのが
焼きそばの始まりで、

それが屋台などで売られるようになり、

当時の繁華街、
浅草で人気を博すようになった

と言われています(諸説あり)。

-------------------------------------------------------
話が長くなりましたが、
と言うわけで一般的に
日本の焼きそばの元祖と言えば
浅草の焼きそば。

と言うわけで、
それを食べに行って参りました!
浅草の岸から対岸の向島を臨む。対岸は全部海だったなんて、今からは想像できません!

まず向かったのは、
現存する日本最古の地下街に店を構える
「福ちゃん」。
日本最古の地下鉄「銀座線」の始発駅、【浅草駅】の上に建つ松屋浅草

その松屋浅草の地下にあるのが、現存する日本最古の地下街、「浅草地下街」

どうですか、この感じ!

地下街に入っていくと、、、

かなりディープな世界が! 完全に昭和にトリップ!

ここが浅草名物(?)「福ちゃん」。1965年(55年前)創業

このノスタルジックな店内。やばい、、、最高です!

頼むのはもちろん「焼きそば」!
懐かしのアルマイトの皿!

いざ、頂いてみると
この太麺!

ごっつい太麺に、
濃厚ソースが絡んでうまい!!
懐かしい味です(^^)

ぺろりと頂きました。
即完食です!

この焼きそばを食べてる間、
隣にいた酔っ払いのおっちゃんが
後ろで飲んでた3人組の女性に
「おう、焼きそば奢ってやるわ」と

頼んだ焼きそばをテーブルに置いて
「お姉ちゃんたち、どこから来たの?」
などいきなりナンパ??

その隣にいた
肉体系のお仕事をされている
(と思われる)
ごっつい体の荒々しい感じのお兄さんが

ビール瓶を何と、ラッパ飲み、、、

え? お店のカウンターで
ラッパ飲み??

言葉を失いました、、、
------------------------------------------------
次にやってきたのは
浅草から一駅離れた田原町にある
焼きそばの名店「花家」

店内は撮影禁止ですが
「これは撮ってもいいよ」と
おばちゃんが指差したのがこちら。
かなり年季の入った「焼きそば」メニュー

「もう76年になるよ」

さっき福ちゃんに行って
二軒目なんです、

浅草の焼きそばを食べ歩いてるんです
と告げると
「浅草の焼きそば食べ歩き?
変わってるねあんたも」

浅草の焼きそば、有名なので

「浅草の焼きそばが有名?
そんなことあるかね?」

なかなかチャキチャキの
江戸っ子おばちゃん。

出てきた焼きそばがこちら。
先程の福ちゃんとは違って細麺。

食べてみると
味は薄めです。
テーブルにソースが置いてあり、
足りなければかけるスタイルのようです。

ぺろりと完食!

食べてるときに、
おばちゃんが言うには
「あんた、浅草に来たなら
【馬賊】食べなきゃだよ」

馬賊? 何ですか、それ

「ラーメン屋だよ。
近くにあるから食べ終わったら行ってきな」

なかなかチャキチャキのおばちゃん。

もう2杯焼きそば食べたのに
他のラーメン勧めてくるって、、、

しかし、ここで食べなきゃ
男がすたる!

というわけで、
炭水化物でパンパンのお腹を携え
そのラーメン屋へGO!

こちらがその【馬賊】

店内に入ると
品の良いおばちゃんが
席を案内してくれ

おばちゃんに
「花家のおばちゃんに
勧められてきたんです」

「焼きそば二軒食べて
3軒目です」

と言うと、

あらあら
食べられるかしら

とこれまた品の言い返し。

こちらの馬賊の売りは
手打ち麺!
親父さんが手打ちしてます

出てきたラーメンがこちら!
昔ながらのラーメン、という感じ

頂くと、
麺がチュルチュル!
モチモチで最高です!

3杯目の炭水化物でしたが
あっという間に完食してしまいました!

花家のおばちゃんの言うとおり。
来てよかった!

------------------------------------
以上、
浅草の焼きそば&ラーメンレポートでした。

みなさんも浅草にお越しの際は
ぜひ行かれてみてはいかがですか?

それではよい一週間を
お過ごしください!