守谷市政ジャーナル+タウン情報(ブログ版)【週刊ナンダイ!?】
  • 22Apr
    • 【週間ナンダイ!?】 低投票率は国民/住民のテロかw!?

      夏の参院選の前哨戦、統一地方選挙は住民の関心が低いことが投票率に現れている。朝日新聞は、政権の常勝に陰りと報じるなど、現行政治に対する閉塞感の表れではないだろうかと危惧する。典拠:朝日新聞デジタル日曜朝の情報番組では、赤字国債が1,100兆円に達したこと、経団連会長が『終身雇用を続けるのは難しい』と発言したことを伝えた。今後ますます人手不足になり、それを補うAI技術やらロボットが人に置き換わるため、収入を得るための術を持たない人間が道端に溢れ、頭を垂れて物乞いする光景もそう遠くないことだろう。住み易さを求めることが、却って自らを苦しめることであるとは、なんともやりきれないではないか。ならばいっそのこと、議員をAI技術やらロボットにしてみたら、国の将来を見据える参考程度にはなるのではないだろうかw。。。。【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      テーマ:
  • 13Apr
    • 【週間ナンダイ!?】 フェミニズムから報われない時代へw

      法大卒の私は、フェミニストとして、当然、母校で教鞭を執られた田嶋陽子先生の名前を挙げる。私が大学にいた頃は、第一教養部の助教授~教授だったようで、残念ながら授業を受けたことはなかった。TVタックルなどの低俗番組にコメンテーターとして呼ばれ、完全アウェーの状況での論戦なので、視聴者の印象は薄いかもしれないが、仰っていることはとてもまともである。※田嶋陽子氏元々は、実姉からフェミニズムについて教わり、関心をもつようになったのだが、同じフェミニスト上野千鶴子氏の東大入学式での祝辞が意義深いと話題になっているので紹介しておきたい。苦難を乗り越えて入学してきた東大新入生を前に、上野氏は; << 以下、抜粋 >>『がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。』と言い、社会に根付く構造的差別に目を向けるよう求めた。『あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。』- BuzzFeed Japan / 伊吹早織より -新元号『令和』のもと、希望に満ちた新時代の幕開けと思いたいだろうが、『がんばっても報われない社会が待っている』と云うのが正しいモノの考え方のようだ。拙誌読者の皆さんは、この事を肝に銘じ、来る統一地方選・参院選に一票投じて頂きたい。【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      1
      テーマ:
  • 12Apr
    • 【週間ナンダイ!?】 守谷の無敵議員と云えばw

      弊誌読者の大方が納得であろう、茨城の無敵議員と云えば『中村喜四郎』衆議員で異論はないと思うw。茨城7区 中村喜四郎では、守谷の無敵議員と云えば、泣く子もグズる、ご存じ梅木伸二議長、ポスト松丸市長はこの御仁ではないでしょうか♪典拠: ご自身のFacebookより最近、拙誌へのアクセスがまた急降下してしまったために、苦しい時には、梅木議長を担ぎ出して購読数を上げるのがイチバンw。田圃を背にしてのポーズが決まっているように見えますが、実はこの方、神奈川県川崎市のシティーボーイなんですよ。氏のHPプロフィールには、梅乃木グループ代表取締役、日本廃棄物処理施設技術管理者協議会委員を始めとする種々の役職が並んでおります。現在、守谷議会連続トップ当選回数の記録を更新中!? 会田元市長を長く支えたのが松丸現市長であれば、新住民系ではありますが、梅木議長が松丸市政の屋台骨を支えているといって過言ではありません。ここまでヨイショすると、当然、面白くないのが、私のご近所、地元系の伯耆田元議長、長谷川市議かもしれませんので、少しご紹介w。  伯耆田富夫市議(元議長)  長谷川信市(しんいち)市議元々、資産家が首長を努めるのが守谷議会の常でありましたが、建設会社オーナーである松丸元議長が市長になったことから、伯耆田氏も『次はオレじゃねぇ~の。。。』と弊誌記事にクレームし、建設業者である長谷川氏も、拙誌が新住民系を取り上げることに難色を示すw。両氏とも歩いて1分のご近所であったこともあり、元々、保守的な守谷議会においては、比較的リベラルでグローバルな、とても良い人とお伝えしておきますw。【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      1
      テーマ:
  • 10Apr
    • 【週間ナンダイ!?】 パワハラのナニがいけないのでしょう。。。

      そりゃぁ、ダメでしょうw。組織の上に立つ者が、その立場を利用して嫌がらせをするなんて。織田信長や吉良上野介なんかは、歴史的な汚名として未だに語り続けられている。そもそも、組織が大きくなるほど、現場のパワーに業績が依存する訳で、現場力を削(そ)ぐような言動は、結果として跳ね返ってくるからです。よく、カリスマ経営者などと、持て囃すように使われますが、特に、モノ創りにおいては、年を経るに至って、技術革新や本人自身の老齢化もあり、アイデアが枯渇し、手先が上手く動かなくなるのは自明だからです。本田宗一郎もそれを悟り、創業経営者ではあったが、後進に道を譲ることに躊躇(ためら)いもみせず潔かった。典拠:文春オンライン住宅設備メーカー大手のLIXILで内紛が起きている模様で、現場を収拾しようとするトップも、ついついパワーが入ってしまうようだw。同じパワハラ事案ではあるが、出直し選挙で見事復活を果たしたのは、明石市の泉房穂前市長ですw。コチラは、民間企業ではなく、市役所の首長であり、仕事をせず給料(=税金)ドロボーの職員を罵倒してしまったのが、有権者のハートを掴んだようで、3選を果たした(市役所職員にしてみれば最悪であるw)。典拠:関西テレビ/日経新聞【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      1
      テーマ:
  • 09Apr
    • 【週間ナンダイ!?】 男子よチ○コを取れw!

      去年の話しで申し訳ありませんが、フトこんな記事が目に留まり、スクラップブックすることに致しました。勇ましいじゃありませんかw、空自初の女性戦闘機パイロットの誕生です♪松島美紗2等空尉(26)は昨年8月23日、新田原基地であった戦闘機操縦課程の修了式で男性隊員5人とともに修了証を受け取った後、報道陣の取材に答えた。※朝日新聞デジタルあと数日で令和の新しい時代が始まる。どぉ~だろ、男子もここらで頭を切り換え、家庭に入り、家事を仕切ることに情熱を沸(た)ぎらせたら。。。『貴女、いってらっしゃい♪』『おかえりなさい、貴女♪j』『今日こんなことがあったのよ、貴女、ネぇ~聞いてんの?』かなり昔の話で恐縮だが、『アニーよ銃を取れ!』と云う、アメリカ西部開拓時代を題材にした連続TVドラマがあった。前号で、独身者のセックスレス傾向について書いたので、この処、確かに女装男性を多く見かけるようになり、いっその事、チ○コを取って、頭も身も軽くしてみたらドぉ~なんだろうと、夜更けに思い耽った次第でした。 ←お粗末様w【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      1
      テーマ:
    • 【週間ナンダイ!?】 権力には金が集まり、貧困には苦労が!?

      昨晩のテレ東『池上彰あの大事件SP リクルート事件』をご覧になりましたかw?政治と金と云うよりは、権力のある所に金は集まり、貧困には次から次へと苦労が訪れる。。。 激動の昭和、混迷の平成を経てなお、貧富の格差は広がるばかり。バブル崩壊後、経済界の要請を受けて、小泉内閣がおこなった規制緩和により、非正規労働者が一気に増加し、低所得者層が生活に困窮する中、その間に企業はナンとか屋台骨を立て直そうと、事業改革を画策した時代なのでした。そんな中、あのリクルート事件の時代背景として、モノ創り企業から情報産業の時代へと産業はシフトし、人は汗して労働することを厭い、濡れ手に粟のごとく金が集まるビジネスを模索するようになる。リクルート事件後にも、村上ファンド事件・ライブドア事件などが起きている。貧困になるほど、男女交際もセ○クスもいたさず、唯々、生活費が減らぬよう、まぁそれよりも、もしも子供が出来てしまうと養育費に金が掛かってしまいとんでもない!コトにと、若者のセックスレス傾向が増加しているのだとw。【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      1
      テーマ:
  • 08Apr
    • 【週間ナンダイ!?】 推定無罪。。。

      ブログのネタがタイムリーなのか、アクセス数がかなり上昇しているw。一応、法学部卒なので、自分のしている事が他人の権利・名誉を毀損していないか十分留意してブログっている積もりw。昨晩も、『つまらねぇ~』と思いながら、テレ朝の特捜9season2を最後まで観てしまった。粗スジは、裁判官の父親を持つ検察庁・女検事長が青年期の親への反抗から不良と付き合い、1人の芸術家を自殺に追い込んでしまった。そんな過去を暴力団に揺すられ、関係者が次々と殺人されていくと云った、司法組織の要職に就く人間が犯罪に関与していたと云う、御下劣なストーリー。日本国憲法は第32条で『何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。』と規定している。要は、国民誰にも裁判を受ける権利があると云うのだが、果たしてそれが公平であるかは定かではないw。昨日、とある自動車メーカーN社の外国人元社長の裁判の行方を、推定無罪を基本とすべきところ、風評に迎合するかのように、有罪ありきで司法を応援するような拙誌の心根が恥ずかしいと反省している。 f(^^;)元々、N社の内部告発と、資本提携したルノーやその大株主であるフランス政府がN社の経営権の更なる強化を目論む動きを察知し、外国人経営陣の追い出しを画策した感が否めない事件である。業績不振にあえぐN社を、4年間で2兆1,000億円もの巨額借金を完済するなどV字回復を達成した元社長の高額な報酬に、N社取締役会はただ指をくわえて観ているばかりw。よって、一企業内輪の話なので、金融商品取引法違反としての役員報酬額虚偽記載での立件は難しいのだろう。逮捕された外国人経営者達は一様に、一部のみ支払われ、残りの支払いについては後日取り決められる方法であったので虚偽記載には該当しないと供述していると云う。4度目の逮捕も、特別背任罪での重要関係者である細君は、事情聴取を拒否して、仏国に帰国してしまい、仏政府に亭主の保護を要請していると云う。要するに、有罪が確定する前に、セレブならなし得る『逃げ得♪』を目論むのは当然なのだw。これに比べ、同盟国アメリカ司法では、今世紀最大の偽証モニカ・ルインスキー事件として名高い、クリントン元大統領がホワイトハウスの執務室でしでかした不倫事件を、青い衣服に付着したクリントンの精液を決定的証拠として提出して、辞任に追い込んでいるwww。モニカ・ルインスキー完全な証拠が提示できず、状況証拠だけで有罪死刑判決が下され例として、次の事件がある。興味がある方は、是非、ググって頂き、日本の司法制度の歪みを勉強してみて頂きたいw。和歌山毒物カレー事件 林真須美死刑囚 狭山事件 石川一雄死刑囚【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      1
      テーマ:
  • 07Apr
    • 【週間ナンダイ!?】 日本の司法は大丈夫なのかw!?

      ここに来て、拙ブログへのアクセスが向上しているw。ナンとお昼を過ぎた午後にピークがあるのが解析で判る。3~5流市政ジャーナル誌であるから、殆ど番組コメンテーターの請け売りなのに、ナニを喜んでアクセスくださるのか不思議であるw。折角なので、司法関連のトピックスとして、多くの人の関心が集まっている醜聞をもう一つ。言わずもがなな、カルロス・ゴーン日産元社長の裁判の行方である。カルロス・ゴーン氏の保釈で考える日本の『人質司法』として佐藤優氏の批評がネット上で見つけたので紹介したいw。ご存知でしょうか、元外務省主任分析官で、ロシア情報収集・分析のエキスパートとして活躍し、『外務省のラスプーチン』の異名を取ったあの御仁である。氏は鈴木宗男元衆議院議員と一緒に、鈴木宗男事件で長期拘留された体験を持ち、当然のこと検察大嫌い!であること間違いないw。※典拠:佐藤優の新・教養講座 『知』 カルロス・ゴーン氏の保釈で考える日本の「人質司法」好評を博したTVドラマ『下町ロケット』でも、下請け業者イジメが幾度となく繰り返され、ドラマとは云え、死者も出ている。実際に、コストカッターと異名をとるカルロス・ゴーンが行った日産リバイバルプランでは、2万余人がリストラされ、下請企業を半分に減らすなど大ナタが振るわれた。結果として、4年間で2兆1,000億円もの巨額の借金を完済したのだから、それに応じた報酬を受け取るのは当然と、現在、無罪を主張し、高額弁護士費用で無罪請負人との誉れ高い弘中惇一郞弁護士が本件を請け負っているのもキャスティングとしては申し分ないw。 ※弘中惇一郞弁護士                   ※週刊ポスト10.15日号大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件など日本の司法も地に落ちた感があるものの、本件は日本の威信に賭けても”有罪”を立件して貰いたいと拙誌は期待しているwww。【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      1
      テーマ:
    • 【週間ナンダイ!?】 出ました!? フライデー名誉毀損判決

      まだまだ花粉が飛び舞う時期であることから、仕方なく家で情報番組を見ていると、神奈川県茅ケ崎市役所が自治会を訴えると云う珍事が紹介されていたw。それでフト思い出したのが、例の写真週刊誌「フライデー」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の講談社に1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の行方であるが、東京地裁(小田正二裁判長)は3月5日、同社に165万円の賠償を命じたとの報道がなされていた事(SANSPO.COM)を拙誌の読者にお知らせしたいw。※Friday4/28号フライデー側は、この判決を不服とし、控訴を検討中だそうで、今しばらく法廷闘争は続く模様である。実は私、この写真週刊誌が発売された数日後に、市役所の新年度区長会合に呼ばれていまして、市長より事の経緯、副市長から官製談合を否定される談話を直接聞いており、『まぁ、そうだろうなぁ~』と1人パラパラと拍手応援したのを覚えております(←その場に居合わせた他の区長様達は、皆シラァ~とされていた場内の雰囲気をお伝えしたいw。)読者の関心は、記事のどの部分が名誉毀損に当たるのかと思われますが、松丸市長の説明によると、写真は市長選直後に、市内ではなく、当選を祝う知人を訪ねた際に撮られたモノを、さも談合現場かのように使われ、守谷市では公共事業は予定価格を入札前に公表しているにも拘わらず、市長の関連企業の落札率が異常に高く、まさに官製談合なのではとの書きようが頂けないのだそうだw。ついでなので、近隣の首長が住民訴訟により敗訴した例を紹介しておきたいw。北総線運賃値下げ問題で2010年、横山久雅子・前白井市長が市負担分の値下げのための補助金約2400万円を専決処分で支出したことについて、専決処分の違法性を認めた住民訴訟判決確定後、期限を過ぎても損害賠償金が支払われなかったことから市が横山氏を相手に損害賠償を求めた訴訟で、市は16日、横山氏が約1130万円を支払う千葉地裁の和解案を受け入れる方針を固めた。横山氏も和解案を受け入れる考えで、約7年に及んだ法廷闘争が終結する可能性がある。(典拠:千葉日報)【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      テーマ:
    • 【週間ナンダイ!?】 守谷市政について - 平成の総括

      前回の市長選後、拙誌が地元系にスリ寄るような言動からか、アクセスが激減してしまったw。 ←元々、地元系の多い大柏住人なので。。。 f(^^;)一時、新住民から若い候補者がグループで全員当選を果たすなど、市議会に新風を吹き込むかの勢いを見せはしたモノの、結局は前回の市長選で、会田真一元市長を引き継ぐ地元系候補が圧勝したことから、『しがらみ=地元業者との経ちがたい関係』が新住民にも容認される形となり、守谷”行政改革”についての議論に、一応の終止符が打たれたw。前回の市長選の興味深いデータとして、拙誌の根城である大柏の投票率は40%と、消極的ではあるが、若い新住民系候補者を応援する態度を見せ、これは他の地元系住民も同様であった。可笑しいかと思うかもしれないが、小規模農家が多い地元系では、意外と地元業者との甘い構図には冷淡なのであるw。さて、残り数日で平成ともオサラバしなければならず、弊誌なりに守谷市政を総括すると;バブル時~崩壊後における、大型事業導入=①宅地開発 ②大型商業施設 ③つくばTX等々は、茨城県下としては、”成功の部類”として評価して良いのではないか。 当初、都市計画で目論んでいた人口7万人には到達しなかったものの、いよいよ少子高齢化が始まる守谷市において、大した市負債も残さず、新住民が要望する保育施設・介護施設の充足向上もなかなかのモノである。激動の昭和、混迷の平成の時代に、地元の期待を受けて資産家の会田家から、父親に続き真一氏が町長・市長6期務め、現在の守谷市の骨格を作った。それを支えたのが現市長の松丸修久氏であり、渋チンの橋本昌県知事(当時)に日参し、予算をブン取ってきたのが小川一成県議である。3氏に共通する『地元愛』がなさせた大プロジェクトだったのではなかろうか。。。 ※各氏の画像の大きさに恣意はありませんw【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      テーマ:
  • 06Apr
    • 【週間ナンダイ!?】 ドーなる夏の参院選!?

      夏の参院選では、ナニかが起きる!?10月にいよいよ消費税が10%に引き上げられるとの危惧が強まる中、さすがに国民も『自民党に票を入れるべきか。。。』と悩んでいる筈であるw。そんな中、塚田一郎国土交通副大臣が5日、辞任する事態となった。下関北九州道路の整備をめぐり安倍晋三首相らに『忖度した』などと発言に対して責任を取った形である。典拠:産経新聞新潟選出(当選回数2回)ではあるが、麻生財務大臣の議員秘書だったこともあり、当然、麻生派だから九州の支援者の前でハシャいでしまったのは解らなくもないが、国民生活を託す国会議員にこの手の御仁が多いのに呆れ、ウンザリするは拙誌だけではない。景気の先行きが見通せず、公共事業を引き寄せたいのは山々ではあるが、それとは別にそのインフラ維持に莫大な費用が掛かり、それが選挙に参加していなかった孫子の代まで永遠と負債として残ることをナゼ、議員達は真剣に議論しようとしないのか、そもそも行政改革、議員定数是正って平成時代に片付けておくべき懸案であった筈w。そろそろ始まる統一地方選挙、参院選♪ 若い世代の社会保障費を確保すべく、消費増税は解らなくもないが、世界的に景気が後退しつつあり、東京オリンピックの前後に、テロや戦争が起こらないことを願うばかりである。【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      1
      テーマ:
  • 01Apr
    • 【週間ナンダイ!?】新元号が決まった本日の『冷話w』

      今上天皇が生前退位あそばされたいとの御意向を受け、元号を改めることになったのだが、それが本日エイプリルフールと云うのがいと可笑しいw。今回は、中国故事ではなく、万葉集を引用したとか。多分、冷え切った日中関係が関係しているのだろう。。。 明仁  ※右は中国に里帰りするシャンシャン典拠:ウィキペディア(Wikipedia)私の父親は国家公務員ではあったが、日中戦争・太平洋戦争と2度も召集され、幾度となく生死の境をさまよったため、昭和天皇が嫌いであり、決して彼の臣下としてではなく、国民全体の奉仕者として働いていた自負心があったように思える。そんな父親の思い出の一つに、大相撲観戦に行っても、国歌斉唱で起立することもなければ、陛下をお見送りするより先に退場してしまうほどである。そんな事もあってか、天皇家に親しみを感じる心境は私にもないw。関心があると云えば、精々、息子徳仁殿下の細君の体調が思わしくなく、公務に支障があるだの、孫娘の縁談がこじれていること位でありましょうかw。新元号が決まったことで、その『例話』として、年号と元号はほぼ同じ意味合いであるが、明治の改元から『一世一元』となっており、以来公称として『元号』が使われている。それまでは必ずしも元号と天皇の在位の期間が同一ではなかった。現在は一世一元となっているため、年号という言い方は、一般的ではないのだそうだ。最初の元号は大化の改新が起きた645年。孝徳天皇の即位元年につけられた「大化」が始まりとされている。因みに、『零和』とは、全ての和がゼロになることで、巨大な赤字を抱える日本の景気回復は令和の時代に解消されることはないだろうw。当て字ではあるが、本日の『冷話』としてどこか肝の片隅にでも銘じておいて頂ければ幸いです。ゴールデンボンバー/令和 Full sizehttps://www.youtube.com/watch?v=VeUQk7O-1E4【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      2
      テーマ:
  • 31Mar
    • 【週間ナンダイ!?】 平成最後の悪あがきw

      私事ではありましたが、母親(94)が亡くなり、しばらくは喪に服する面持ちでいたところ、読者から『しっかりしなさいッ!』との激励を頂き、それではナニやら認(したた)めようかと思案していたところ、次から次へと世の中を驚かす出来事が起き、とてもじゃありませんが連日、茶化したカキコミをするもの如何なモノかと、結局、ナニもせずに今日に至ってしまいましたw。ハノイで行われた米朝首脳会談は世間を騒がせた割にはナンら成果も上げられず、世界中でテロが次から次と起き、元号が変わり、来年には東京オリンピックが開催される日本ではありますが、参院選をにらむ自民党が果たして消費増税に踏み切るのか、2020年世界金融危機が囁かれる中、日本の景気が回復することなど夢の夢でしかない。。。【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      テーマ:
  • 20Jan
    • 【週間ナンダイ!?】 凄い!?この人 - 米山隆一元新潟県知事

      朝のバラエティー情報番組を観ていて、思わず平成最終年の書き出しはコレにしようと、久々にブログを開いた次第です。皆さん、覚えてらっしゃいますかw? 元新潟県知事の米山隆一(51)氏です。東大卒、弁護士資格を持つ独身男性で、一部報道によると、プロの美人局ではないかと覚しき女子大生との援助交際がリークされた事により、潔く首長の職を辞した御仁であります。典拠:生い立ち~今を生きるWikipedia: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%B1%B1%E9%9A%86%E4%B8%80_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)記者会見での氏の辞職理由を聞いていて、拙誌的には『辞めなければいけない事なんだろうか。。。』と、同じ男性として同情しいぶかったのだが、公職に就いたら、援助交際は社会モラル的にNGなのではないだろうかと、そう言い聞かした次第ですw。1/18(金)のNHK朝番組『あさイチ』プレミアムトークでは、あの村木厚子(63)元厚生労働事務次官(当時局長)が当時の検察による不当長期拘留を語って頂き、こちらも御本人のメンタリティーに深い感銘を受けました。典拠:NHKあさイチコチらは、残念ながらフランスのルノー本社でも会長職を解任する動きが報道し始めた時の人、カルロス・ゴーン氏であります。日産の社長に就任し、好き放題にコストカッターの辣腕を振ったのではありますが、やはり日本では理解できないその報酬額に、クビを切られた人達の怨念が付きまとているのかもしれませんw。裁判の長期化が懸念される事案であり、もし、有罪が確定すれば、現在の日産経営者数人の経営責任を問われるに違いありません。典拠: 東洋経済昨年晩夏に母親が逝去し、心にポッカリ穴が空いてしまった状態でしたが、それでも人は生き続けることを悟り、【週間ナンダイ!?】を今年・新元号になっても続けようと気持ちを新たにした次第です。【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      3
      テーマ:
  • 03Dec
    • 【週間ナンダイ!?】 市内からポスター掲示板が消える!?

      今朝、所用で市役所に行くと、傍らで県議員選挙のポスター掲示板を片付けている作業者がいた。私 『アレっ、選挙やんないの?』作業者 『人が集まんないから、無効になったんだっぺ。。。』あれ程、70才になっても朝夕勃つ♪と嘯いていた元気オジさんの身に何か起きたのかと不安を覚え、役所に入っていった。役所のカウンターで、この事を聞くと、無効ではなく、立候補者が1名しかいなかった為、選挙は無投票になり、掲示板が片付けられたとのこと。小川さんの立て看板には、『守谷なくして、県政なし!』のスローガンが掲げられている。奇しくも、『守谷では選挙なくして、牽制なし!』のエコ選挙となってしまった。因みに、小川氏は、スピードの今井絵理子参議院議員と同じ自民党所属。市内有数の養蜂家で知られ、ご自身のポスターにもミツバチが描かれている。【週間ナンダイ!?】編集長/にわか市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      4
      テーマ:
  • 25Nov
    • 【週間ナンダイ!?】 気になる/ならない茨城県議選w

      8月末に母親(94)が亡くなり、塞ぎ込みがちな気持ちは何とかならぬものかと、仔猫を頂戴してきた♪我が家のテラスを猫小屋に改造したり、ついでにキャットウォークも増設したりと、結構、気が紛れる。本日また、仔犬を頂いてきてしまったw。仔猫・仔犬らも心得たもので、飼い主の哀傷をあの手この手で癒やしてくれる。有り難いものである。日産の業績をV字回復させたカルロス・ゴーンが、特別背任容疑で逮捕され、巷では、その話題で持ち切りだ。そもそも、日産ほどの大会社が、なんで外国人経営者に頼らざるをえなかったのか?生え抜き社員同士では、竜闘虎争とでも謂うのであろうか、互いに足を引っ張り合うだけで、ベクトルを合わせることができず、結局、外資に頼って、2万人ものリストラが行われたに過ぎないw。このショック療法により、その後、日産の業績は回復するのだが、数十億円もの年俸を払うほどの人物でないと大規模リストラは行えないのだろうか、不思議である。。。ご存知、日本国総理は安倍晋三氏であり、彼の説くアベノミクス効果は未だ現れてこない。いよいよ来年、消費税が10%に増税されるが、その景気落ち込みを気にしてか、政府はポイント還元を検討しているとか。高齢者は、クレジットカードや電子マネーを持たず、彼等が財布のヒモを緩めることはないだろう。11月30日に茨城県議員選挙が告示知される。来年、茨城国体が開催され、2020年には東京オリンピック、その5年後には大阪万博が決定している。政治を託せる、傑出したリーダの登場が待たれる。【週間ナンダイ!?】編集長、守谷市政ジャーナリスト=福祉サンタ

      1
      テーマ:
  • 29Oct
    • 【週刊ナンダイ!?】 い、いかん、アクセスが伸びない。。。

      前々回、守谷市の人口が下降を始めた云々をお伝えしたしましたが、新住民の高齢化は深刻極まりない状況なのでしょう。市政ネタに興味を示さないどころか、自らの介護問題で頭を悩ませている厳しい状況なのかも知れません。拙誌のアクセス増加の鉄板ネタと云えば、地元系であれば小川一成県議ですが、新住民系なら、ネクスト松丸と目される、そうこの御仁、守谷市議会議長、梅木伸治氏でございまする。神奈川県川崎市で産業リサイクル業を営む父親に連れられ、新たな市場を求め、当時の守谷町に移ってこられました。『だっぺ』が話せず苦労したとのことで、守谷のカッペとは一線を画すシティーボーイでいらしゃりますが、近年、お父様が亡くなられ、梅乃木グループの代表取締役になられています。梅木さんのブログと云えば、自民党本部で撮ったのであろうか、元スピードの今井絵理子参議院議員とのツーショットが自慢げに掲載されていましたが、流石に最近の報道を気にしてか、消えてしまった。決して、悪くない趣味だと思うのだがw。スピードの代表曲と云えば、あの独特のハイトーンが特徴の『White Love』でしょうが、コレの綺麗な動画がなかったのでw、代わりにMy Graduationをどうぞ。https://www.youtube.com/watch?v=z_uIbCc0LN4あとお知らせしたいのが、世界ポップミュージックの大御所、サー・ポールマッカートニー氏の日本公演が月末から始まることを告知させて頂きます。https://www.i-bcc.jp/paul/gaiyo/お聴き頂きたい一曲は、ビートルズ時代最期のシングル曲『Let it be』です(from Live at NY Shea Stadium in 2008)。【週刊ナンダイ!?】編集長=福祉サンタ

      2
      テーマ:
  • 28Oct
    • 【週刊ナンダイ!?】 どーなる守谷、守谷なくして県議なしw

      守谷なくして県議無し!?茨城県議選は、今回、議員定数が3増4減となりましたが、守谷市には、資産・所得で常に上位の小川一成先生がいらっしゃいますので、県議席を失うことなど有り得ません。題名は、先生の『守谷なくして、県政なし!』をパクったものですが、その実績からも分かるように、小川先生が議会を席巻している内は、守谷は安泰ですw。この時期、小川先生は、殺虫剤を片手にスズメバチと格闘中だとか。殺人スズメバチからは、キラービーキラーと恐れられておりますw。因みに、プロのハチ駆除専門家、ハッチー小川氏は、全くの別人でございますw。守谷市はその歴史からも町村合併をくり返してきましたことが分かります。人口が減少し始め、より広域的な施設整備による一体的な街創りを行い、行政コスト削減するため、近隣市と合併することが予想されます。いずれは避けて通れない道です。こうなると、守谷にスーパー議員が必要です。守谷でスーパーと云えば、勿論、カスミ、西友、ヨークタウンですが、先月の美園に業務スーパーが開店しました。プロ御用達しのお店ではありますが、素人大歓迎とのことで嬉しいではありませんか。卓上ガスコンロ用ガスボンベ3本入りがナンと2〇4円でしたので、迷わず購入してしまいましたw。さてさて、話しは戻りまして、守谷市のスーパー議員と云えば、スーパーでのお買い物姿が目に浮かぶ、2人でもうすぐ150才♪の現職議員、佐藤弘子さんと山田美枝子さんを、久々にご紹介しましょうw。お二人は、12月と6月生まれのほぼ同い年です。どこぞのキャンパス前での1枚らしいのですが、可愛らしい女子大生じゃありませんか。【週刊ナンダイ!?】編集長=福祉サンタ

      1
      テーマ:
  • 27Oct
    • 【週刊ナンダイ!?】 守谷市の人口が下降し始めた!? 

      若い住民が多い守谷市とは言われますが、とうとう守谷市の人口が下降し始めた!?ようですw。10万人都市を目論だ計画も見受けられましたが、少子高齢化が現実として現れてきたようです。私の近所でも今年、高齢者3名が亡くなり、耕作者のいなくなった畑が手放され、そこが宅地開発されて住宅が建ち、若い家族が移り住んでくる以上に、高齢者が亡くなる、あるいは市外の施設へ移っていくのでしょう。下図は、総務省が作成した日本の人口推移です。20年後には、日本の人口が1億人前後になり、それは現在の2割減ということで、海外逃亡している訳ではありませんw。介護を10年続けると900万円掛かると謂われています。こうなると高齢者は益々、将来に備えてお金を使いません。では、ドーしたら良いのでしょう? それには、やはり健康寿命を伸ばすしかありません。特に意味はありませんが、今でも朝夕勃つという元気オジサンを見習いたいモノですw。【週刊ナンダイ!?】編集長=福祉サンタ

      1
      テーマ:
  • 25Oct
    • 【週刊ナンダイ!?】 どーなる守谷の県議員選挙!? 

      牛久市では、小松崎伸市議(60)出馬取り止めの記事が出回る中、守谷市でも小生が喪中のため出馬取り止め!?とのデマが飛び回ったのか、”朝夕勃ち”元気オジサンに立ち向かう御仁が現れない模様。元々、三顧の礼を尽くされても、首を縦に振らない小生ではあるが、ハチを頂く都合もあるとブログで一言いった途端、取手警察の刑事に追い回されるこの頃であれば、仔猫のようにナニもしないで日を過ごすことの尊さを改めに思い入った次第である。国会では、例の100万円口利き疑惑=片山さつきが気になる処である。片山さつき氏は、拙誌が総理にしたい女性No.1に挙げる御仁であるが、あぁ~この人までもが『政治と金』のスキャンダルにまみれてしまうのかと、『ハチはいつ頂けるのだろう。。。』かと指折り心待ちする自分をつい卑下してしまう。そー云えば、例のガールズバーも客足が揃わないのか、休店の模様である。景気は上向きだと政府の強気な発言がいつまで続くのか、どうも年号が変わる来年から消費増税となる見込みだが、不安だけが毎年、募る気がするのは私だけではないだろう。。。【週刊ナンダイ!?】編集長=福祉サンタ

      テーマ:

プロフィール

福祉サンタ=古谷一成のプロフィール

福祉サンタ=古谷一成

性別:
男性
お住まいの地域:
茨城県
自己紹介:
福祉サンタ=古谷一成です。守谷市民のみなさんに高度福祉をお届けします。詳しくは、『古谷一成の守谷市政...

続きを見る >

フォロー

月別

一覧を見る

お気に入りブログ

最近のコメント

Ameba人気のブログ