✞ 風かおる丘で ~カトリック浅草教会・上野教会 入門講座ブログ~ ✞
  • 21Aug
    • 恵み溢れる聖マリア

      まだまだ暑いですが、つくつく法師が鳴き始めているようです。少しずつ秋の気配が感じられるようになってきましたこの間の日曜日、ミサの後でランチをご一緒した方から、シェアして頂きましたprotestant校の教育を受けた者としてcatholicをみた時、一番馴染み薄いのが聖母マリア崇敬でした。(protestantのあるある、じゃないでしょうか?)ロザリオの祈りの中の「神の母」とは?「御子の母」じゃなくて?神のお母さんなら神よりえらい感じ??思いがさ迷いつつ、初心者五ヶ月目のミサ、祈りの最中ふっと「みことばとしての神」という言葉が閃きました。有名なヨハネ1章1の証し、御子イエス=言葉=神。その手で抱き、乳を与え育てたイエス様の十字架の下で、凄絶な苦しみを共感されたマリア様は、御子の生涯を通して確かに「神の母」となったんだ、と直感しました。頭と心が素通りしていたものが見えてくるミサはやはり不思議な空間です。Lydiaさんが聖母のお取次ぎが意味することについて、前回ブログを書かれているので、とてもタイムリーに感じましたありがとうございますミサは本当に不思議な空間です♰どうぞいらして、その聖なる不思議な空間に一度身を置いてみてください。お待ちしています。Martha & Mary

      NEW!

      テーマ:
  • 18Aug
    • わたしの心は神の救いに喜びおどる

      先日の「聖母の被昇天」のミサは、みなさん、どうでしたか?私には、この記事のタイトル的なことが起こったんです。これは、ミサの共同祈願で会衆が歌った言葉です。この日、浅草教会は、キレイな水色の祭服を着た晴佐久神父さま司式の優しい空気のミサでした。お説教の中で、聖母のお取り次ぎが意味する「人のために祈る」ことについてのお話があったのですが、あれからずーっとそのことについて、考えていたんですよね。うまく消化できなくて。3日経って、何かがカチッとはまって、それがキッカケで、長年の疑問というか苦悩に対する答えが与えられました。それをうまく証できるといいのですけど。。。漫画『ONE PIECE』に出てくる、実は名前も忘れてしまった人物(最近記憶力がヤバくて)の、ある印象深いエピソードがあります。『ONE PIECE』はファンタジーなので、人間以外の存在も出てきて、彼は魚と人間が合体したような「魚人」という存在なんです。魚人を差別する人間もいる。そして人間の中には、この世界で絶対的な、それこそ神であるかのような権力を持った人間たちもいて、彼らはまあ、堕落しきっているのです。魚人の彼は、そいつらに捕まって(?)奴隷にされてしまい、そこで人間の、口にするのもおぞましいような行為の数々を見てしまうわけです。のちに彼は、奴隷を解放する襲撃を成し遂げ、海賊になります。しかしある事件で重傷を負って、輸血を受けなければ死ぬという状態で、しかしその時、輸血できる血が人間の血しかなかったんですね。でもどうしても彼は、人間の血を受け入れることができず、輸血を拒否して死んでしまうんです。ちなみに、すごくいい奴なんですよ!人間への恨みを伝えまくるような奴じゃなくて、そんなことは一切せずに、人間と共によりよい未来を望むような大きくてあたたかい人物。それなのに、彼の中に育ってしまった闇が、土壇場で、どうしても、どうしても、人間を愛することはできないと、人間の血を受け入れることはできないと、死を選ばせるのです。もう、かわいそうで、かわいそうで、号泣しました。私、聖書の「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈れ」(cf.マタイ5:44)などの箇所を読む時、そのエピソードが頭に浮かぶことがありました。「どうすれば、彼は救われたんですか?」って。彼ほど深刻ではなくても、誰の中にも、「愛することができない」という闇はありますよね。もしくは彼以上に深刻で苦しい闇を抱いている方もいるかもしれない。それは、自分ではどうすることもできない闇です。闇というのは死に至らせるものであり、愛は永遠のいのちです。自分の中の闇が自分を支配し殺してしまうのに、どうしても愛を選択することができない無力。それに対しての答えが「聖母の被昇天」のミサで与えられたんです。ただ、それを言葉にすることができません。私自身、よくわかっていないので。とてもシンプルに言うと、先ほどの聖書の文句で言うなら、「聖母に心を合わせて、敵のために祈る」ことで、自分の中で、愛(いのち)が死に勝利するのですね。1回祈って終わりじゃないし、何回祈れば達成、でもない。ただその瞬間、永遠なる神につながって、自分の中で闇が光に包まれて消える。これは、がんじがらめだった場所から解放されるかもしれない希望です。「聖母に心を合わせる」という恵みの種をいただいた気がするのです。神父さまのお話、つまり福音、み言葉の種を、心を開いて受け入れることができたのは、「聖母の被昇天」の恵み。聖母のお取り次ぎのおかげじゃないかと思うのですけど。からし種のように小さな、見失ってしまいそうな種だけど、大きく育ちますように。明日は主日のミサが10時からあります。よろしかったら、福音を聞きにきてくださいね。Lydia

      テーマ:
  • 17Aug
    • 8/12講話

      8月12日は上野教会で、菊地大司教さまによる平和を願うミサが捧げられました。その後、「平和を築くカリタスの業」という司教さまの講話があり、司教さまがカリタスの活動でアフリカなどの各地を訪れたお話をされました。その中で「人生には選択ではない、偶然的要素がある」と言われたのが、とても強く心に残りました。内戦、紛争のある地域、貧困地域に生まれた者と、日本のような安定した国に生まれた者。それはまさに本人の選択によるものではないし・・・人生には確かに不条理な部分があるのも事実です。すべては神さまの大きな大きな御手の中にあってのこと。でも、人間には答えの出せない問題です。考えさせられました。さまざまなできごと、思いに翻弄される日々の中、ミサでほんのひととき、天に思いを向けるとき、心静まりますお気軽にお越しくださいMartha & Mary

      テーマ:
  • 15Aug
    • 喜びの色に染まった朝

      今日は、「聖母の被昇天」の祭日です。浅草教会で19時から、上野教会で18時から、ミサがあります。ぜひぜひいらしてくださいね。今朝は、朝焼けが凄かったらしくて、母によると、「空の雲が全部、すごくきれいなピンク色に染まってた」そう。でも、「ちょっと怖いくらいだった」なんて言うので、「今日は聖母マリアの最大(?)のお祭りだから、きっといいキザシだよ」って言ったら、「そうよね」って納得してました。私たちって、すぐ不安になっちゃうんだけど、「本気で信じる」ってことを貫いて、そこのところの壁をブレイクスルーしたいな~と思い始めた今年の夏です。いつも喜んでいられますように。聖母マリアは、受胎告知から始まって、想像のつかない道を歩き抜いた方。その道の最後に被昇天があって、今、「すべての人の母」として、私たちに伝えてくれているメッセージは何か?そのとらえ方は人それぞれだと思いますけど、被昇天の祭日の朝、空は、聖母の喜びに染まったのだと思いたい。それで、今日のミサでは、その喜びに心を開く恵みが与えられるといいな(利己的すぎます?)。夏休み前の最後の入門講座で、晴佐久神父さまが『「大丈夫です!必ず元気になれますよ。大丈夫です」って言ったら、「大丈夫じゃないです!」って言われちゃった。』『でも、本当に大丈夫なんです。全然大丈夫なんです。全然大丈夫なんだけど、みんな、大丈夫じゃないと思い込んでる。』『これは、「本当に大丈夫なんだ」ってことを次第に体験し、そして、大丈夫なんだってことに慣れていく必要がある。だから、時間がかかる。』って、言ってました。色々なことが起こる日々にあって、大丈夫なんだっていうことに慣れていく恵みが与えられることを信じます。神におできにならないことはない。今日は、天の父と聖母に甘えましょう♪Lydia

      テーマ:
  • 14Aug
    • 一生の宝物

      相変わらずの猛暑で、残暑厳しい日々が続いていますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうかお盆休みという方もいらっしゃることと思います入門講座に出てらっしゃる方から、神さまの私たちに対する優しい心遣いを感じるお話をシェアして頂きました。つい先日まで、心の張りがなく、泣き出したい気持ちに襲われ、体に力が入らず、どこかにいくつもいくつも穴があいていて、すーーーと元気が漏れつづけているような、うまく言えないのですが、はじめての大きさの心の痛みで自分の力では修繕不能でした。3月から教会へ通いはじめ、きらきらした笑顔とあたたかい希望をいただいて、いつも助けられてやさしい気持ちになります。けれどもその日はあれこれ重なり、ミサへ行く気力もなく休もうかと迷いました。それでもなにもせずに家にいても仕方ないと、上野教会へ。席につきミサのはじまりを待っていたときに静かな声がして、席を探されていらっしゃるのかなと体をずらそうとしましたが、そうではなく、封筒を手渡されました。「なくしちゃっても壊れちゃっても、だいじょうぶだからね。心配しないでね。お祈りに使ってね。」ぼーっとしていたのでなにが起きたのか一瞬わかりませんでした。お顔はもちろん知っている上野教会の女性。通いはじめて日の浅いわたしは、深くお話しをしたこともなく笑顔を交わすくらいでしたのに。封筒にはロザリオがふたつ。そのひとつはわたしの大好きな色合いのロザリオ。もうひとつは洗礼を受けたら自分へお祝いに買ってあげようと思っていた銀色のロザリオ。うれしくて感謝の気持ちがぶわっと湧き、うれしさがあふれて涙がにじみました。こんなちっぽけなわたしを気にかけてくださるあたたかさ。しかもこの弱まっている今、しかもどんなふうな奇跡が重なっているのか洗礼のあとにご褒美と願っていた銀色のロザリオ。元気の漏れ出ていた穴はふんわりふさがり、讃美歌で心も体もあたためられて、ミサを感謝の気持ちでよろこびあじわいました。 この日もロザリオも、わたしの一生の宝物です。主に感謝♰教会のみなさま感謝の気持ちがいっぱいです。ありがとうございます。本当にすてきな神さまからの恵みをシェアしてくださり、ありがとうございますMartha & Mary

      テーマ:
  • 09Aug
    • 神さまの思い

      入門講座を通して様々な方とお知り合いになったり、お話ししたり、神さまから恵みを頂いています今年の復活祭に受洗された方がシェアしてくださいましたので、ご紹介します。私が読んだところでは、旧約の神は預言者を通して多くの掟を与えて、「守ればあなた方の神になるよ」と「呪いor祝福」を民に選ばせ、新約も度々「神の裁き」に言及してます。これは当時の考え方も影響してると思うんですけど。元々自分は疑り深い性格だし、救いの条件にかなう善人じゃないから、洗礼とか想定外に考えてたんですが・・・幼児洗礼の韓国人の友人が「神様の命令はただ一つ、【幸せになりなさい】だよ」と言ったのが心に刺さりました。そんな簡単でいいのかな?いや簡単なことだったのかもしれないと、晴佐久神父様のお話と重なって思い始めています。私もそう思います。神さまの私たちに対する思いは「愛しているよ!幸せになってほしいよ!」だと思います。今年受洗された方・入門講座に出てらっしゃる方から、シェアして頂いたことなどを、時々ご紹介したいと思います(もちろん、ご了承頂いて)お楽しみにMartha & Mary

      テーマ:
  • 07Aug
    • いざというときは

      今日は立秋で、暦の上ではもう秋ですねもちろん、秋などという気配は全くないですが・・・。でも、雨模様のせいか、今日の関東は気温があまり上がらず、過ごしやすかったです。(西日本では相変わらずの猛暑のようでしたが)明日からは台風の影響で、雨・風が強まりそうです。本当に、猛暑に、台風、いろいろありますね~。そういえば、7月の主日のミサ説教で、神父さまもこんなことを言われていました。いろんな大雨や洪水のニュースを聞かされて、日本はちょっと、やっぱり相当な国ですよね。私たち、相当な所に頑張って住んでるんだなってね。何十年に一度とか観測史上初とかが繰り返されると、やっぱり日本は相当な所なんだなあと。だからこそ、私たちの忍耐強さというか助け合いというかね、そういう特質もあるんだろうなあって、それは思います。だって大雨に限りませんからね。火山が噴火するとか、台風がやってくるとか、地震が来ますとか、津波が襲ってきますとか日本は本当に危ない国なんですね。皆さん、よく頑張って生きておられますね。いざって時は助け合ってやっていきましょうよ、まさにね、教会の仲間たち。災害の地で助け合ってやっていきましょうね。日本人のキリスト者はそういうとても粋な心をもって、お互いに助け合う、なんかそういう使命というか、誇りみたいなものを感じるべきではないかと。いざというときに、もっともっとお互いにつながって家族のように一致して、お互いに支え合う粋な仲間としてね。確かに、日本は相当な所かもしれませんね・・・。台風13号による大きな被害が出ないことを祈るばかりです♰Martha & Mary

      テーマ:
  • 05Aug
    • このゆるぎないもの

      今日も暑かったですね~外に出ると、日差しが痛いほどの暑さです。日曜、教会に行ってミサに与り、天に思いを向け、聖なる空間に身を置くと慌ただしい日々の中、心静まります。復活祭に受洗された方がミサについての思いを綴ってくださいました!まだミサ手順を追うのに精一杯で完全に味わうところまでいってないですが、洗礼から4ヶ月、初めて、そして一番ミサの素晴らしさを実感したのは5/20中国センター合同の聖霊降誕日のミサ。とても感銘を受けました!中国語、日本語で交互に讃美歌と神父様のお話。韓国の方も居る。外ではその時々の外交状況に左右されても、ミサ空間では互いに平和の挨拶を交わし合う。あぁこのゆるぎなさががミサなんだなと思いました。世界中でこんなミサが度々出来たら‥また合同ミサに出たいです。暑いですが、気が向いたらミサにいらしてみてください!何か感じるひとときだと思いますMartha & Mary

      テーマ:
  • 04Aug
    • 8月前半ミサのご案内

      2018年平和旬間毎日、本当に暑いですね晴佐久神父さま司式の8月の主日ミサは、お休みですが、日曜日のミサは毎週あります。入門講座のお休み中は、教会のミサを体験してみませんか?天と一致し、日々の雑音から逃げだし、教会でひと時でも天国を味わって頂きたいです初めての方も大歓迎です。ちょっと言葉とか複雑そうとか、入りづらいとか色々不安に思うことはあると思いますが、心配不要です入口近くには、案内係が居ますのでお気軽にお声お掛けください8月前半のミサ予定ご案内カトリック浅草教会8月5日 年間第18主日司式: 大山神父さま10:00〜8月12日 浅草教会では、ミサはありません上野教会にて「平和旬間の平和を願うミサ」が捧げられます8月15日聖母の被昇天司式: 晴佐久神父さま19:00〜カトリック上野教会8月5日 年間第18主日司式: 井上神父さま10:00〜8月12日平和旬間の平和を願うミサ司式:菊地大司教さま10:00〜8月15日聖母の被昇天司式: ぺラール神父さま18:00〜暑い盛り、熱中症にはみなさんご注意下さいね後半ミサも近日中にご案内します。

      テーマ:
  • 31Jul
    • 夏休みはぜひ教会へ

      浅草&上野教会入門講座・福音講座受講生のみなさん、夏休み、いかがお過ごしでしょうかMartha & Maryさんも書いてらっしゃいますが、講座はお休みでも、ミサは毎週あります。ぜひいらしてくださいね。さて、先々週のミサには可愛らしいお客さまがいらっしゃいました。ミッション系中学の女の子。教会でのミサは初めてということで、お隣で一緒にミサに与りました。ミサに参加することが夏休みの宿題だそうで、でもそれだけじゃなくて、「興味があったんです」って言うので、ミサの後、「せっかくだから、神父さまに何か質問してみる?」って聞いたら、「え、いいんですか~!?」って嬉しそうだったので、こちらも嬉しくなりました。遅れて来たので別の席でミサに参加していたというお友達も加わって、神父さま待ちの列へ。順番が来て、晴佐久神父さまに彼女たちを紹介し、質問タイムです。第1の質問「聖書で一番好きなところはどこですか?」第2の質問「どうして神父になろうと思ったんですか?」入門講座での質問と違って、インタビューでしたね。新鮮でした。ちなみに、「聖書で一番好きなところ」については「好きなところはいっぱいあるけど、今日の福音(マルコ6・30-34)でいうなら、イエスさまが『(人里離れた所へ行って、)しばらく休むがよい』って言うところ」っておっしゃってました・・・おつかれさまです。その理由についても、真面目にわかりやすく説明してらっしゃいましたけど、正確に覚えていないので、カット。頑張り屋さん気質のカワイイ女の子に、聖霊からの優しいメッセージだったりして。中学生の女の子たちは見るからに元気そうでしたけど、みなさんは、この暑い夏、お元気にお過ごしですか心配事から解放されて、疲れた体と心と魂を回復させる時間をとることが、とても大切なような気がしています。とはいえ『人里離れた所へ行って、しばらく休む』ことができない時は、ぜひ日曜日のミサで神のみ言葉のうちに安らいで、お休みいただけたら・・・と思います。神のいつくしみによって、聖堂が、疲れた誰かにとって最高の避暑地になりますように。。。お待ちしています。Lydia

      テーマ:
  • 29Jul
    • 入門講座は夏休みですが・・・

      先週から、入門講座は夏休みに入りましたが日曜日にはミサがありますので、よろしかったら、お出かけください浅草教会・上野教会ともに10時からミサがあります♰初めての方でも、安心してお気軽にお越し下さい。最初は勝手がわからず不安に感じられるかもしれませんが、周りの方と同じようにしていれば、大丈夫ですので!その場に身を置くだけでも、ひととき、天に思いを向けることができます今日はあることで気持ちが塞いでいましたが、先輩信徒の方に話したら、気持ちを受け止め、慰めてもらい、改めて教会家族の良さを感じた日でした。日々の生活に疲れてしまった時に、ふらっとミサに来られても・・・いいかもしれないですお待ちしていますMartha & Mary

      テーマ:
  • 22Jul
    • 日曜入門講座からのお知らせ(@上野)

      入門講座も今週から夏休みに入りました第2日曜入門講座の9、10月の詳細がわかりましたので、お知らせ致します。9月9日と10月14日は都合により休講となります。11月からの開講となります。尚、第1日曜の福音講座兼入門講座は通常通りです。どうぞお気軽にお越しください!連日、猛暑が続いています。皆さま、くれぐれもお気をつけください

      テーマ:
  • 20Jul
    • 【金昼】憐れみといけにえ

      今日は、分かち合いでした。金曜昼の講座は、しばらく分かち合いをお休みしていましたので、今日は再開して2度目の分かち合いです。前回もその日の福音朗読の箇所を読んで、みんなでお話ししたのですが、面白いことに、前回と今回の福音朗読で、同じみ言葉が出てきたのですね。どちらもマタイによる福音書。前回は、マタイが召命される場面と、「徴税人や罪人と何故一緒に食事するのか」とファリサイ派に問われる箇所(マタイ9・9-13)。今回は、弟子たちが安息日に麦の穂を摘んで、ファリサイ派に文句言われる箇所(マタイ12・1-8)です。どちらの箇所でもイエスは、『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』というみ言葉を用いて、ファリサイ派に答えています。人と人のつながりや集いに、神の国を見るとするなら、そこでの「いけにえ」の1つのかたちは、「排除」です。何も問題がない時に、「排除しません」と言うのは簡単です。問題が起こった時、どうするか。先週の入門講座で、神父さまが「家族って、反吐を掃除する仲」って言ってたことなんかも思い浮かんで。ちなみに神父さま、ぶちまけられた反吐を1人で掃除したそうです。。。人って、やらかしてしまうことがあります。それこそ、「悪」としてさばかれるのが当然のことをしてしまう時もある。ある明確な目的のために集められたチームで、問題を起こす人がいる時、その人を外して、目的の達成を目指すことは妥当なことです・・・この世的には。だから、私の心には、正直に申しまして、「排除」に傾いていた案件がありました。だけど、どんな場合であれ、「父の家」を舞台とするのであれば、『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』と、この家の主はおっしゃっているのではないか。。。だからこそ、こんな私でさえ、安心して救いを信じられるわけで。そんなことをみんなに話して、みんなの意見も聞いて・・・という今日の分かち合いの時間でした。ちなみに、新改訳2017の聖書では、『わたしが喜びとするのは真実の愛。いけにえではない』と、訳されています。愛の宗教といわれるキリスト教。きっと、神さまのみ手のうちで慈しまれ、真実の愛とは何か、じっくりと教えていただいているのだと思います。なかなか理解しようとしない子どもたちを、怒るに遅く、慈しみ深く。恵みの日々です。Lydia

      テーマ:
  • 19Jul
    • 【木昼】分かち合いとBSお昼の映画 (入門講座 @上野)

      今日の講座も分かち合いでした。聖書と過去の主日のミサ説教のプリントを読んでそれぞれが自由に感じたままを分かち合っています。今日も皆さんが素直に自分の今、感じていることなどを話してくださって、深い分かち合いの時となりました。その後のお茶の時間も、皆さん、お隣の人とお話が弾んでいました。その時、お話しした方がこんなことを言っていました。「どうしていいかわからない時は、もう神さま、全部お任せします!って言ってしまうの」なんだかそれを聞いていて、晴佐久神父さまもそういうふうに言うだろうなって思いました。神さまに全部お任せ!私も改めてそう思いました。入門講座後、家に帰って、間に合ったので、「ミッション」という映画をテレビで見ました。87年の公開当時見に行ったのですが、31年ぶりに見ました。南米で布教するイエズス会宣教師たちの愛と正義、理想と現実における葛藤を歴史的背景を踏まえて描いたものです。また、主人公の自責の念とそれに伴う贖罪の行為、回心など、魂の苦悩・回復も描かれています。心打たれるところ、考えさせられるところのある、なかなか見応えのある映画です。お薦めです!Martha & Mary

      テーマ:
  • 18Jul
    • 【水夜】受けとめてください (入門講座 @上野)

      今日も相変わらずの猛暑でした・・・。今日は、参加されている方が提起してくださったテーマで分かち合いをしました。なかなか興味深い内容のひとときでした。ふと、集会室の日めくりカレンダーで目にしたお祈りです。けがれなきマリアさま、わたしの痛み、あの人の痛みをイエスさまと一緒に受けとめてください。私たちの心の痛み、からだの痛みを受けとめてくださる方がいる。本当に慰められる、感謝なことです。入門講座は来週から夏休みになります。Rosary

      テーマ:
  • 17Jul
    • 今週の入門講座@7月17日更新

      今週の入門講座のご案内カトリック上野教会7月18日(水) 19:00〜7月19日(木) 10:30〜カトリック浅草教会7月19日(木) 19:00〜7月20日(金) 10:30〜全ての講座晴佐久神父不在の為分かち合いになります。日々のこと分かち合いましょう🎶来週からは、夏休みになります。8月は全講座夏休みです平日の講座は9月12日からになります。9月日曜日入門講座は、9月2日よりこちらでもまたご案内いたします。

      テーマ:
  • 13Jul
    • 【金昼】必ずあなたは笑顔になります

      今日の講座は、福音カフェや、晴佐久神父さまのところに滞在していたポーランド人の神父さまとの出来事を通して、神が結んで出会った人たちが、「家族」になっていくプロセスのお話でした。一番響いたのは、先日、色々な思いがあふれて、顔をあげることもなくずっと泣いていたひとに、神父さまがおくったたくさんの言葉の中から、特にこの言葉。『必ずあなたは笑顔になります』神がその方に触れた瞬間。山上の垂訓みたい。神父さまの力強い宣言に、私もその方が笑顔になることをなんだか確信してしまったし、あと、勝手に私も勇気づけられてしまった。必ず笑顔になる!そして、つながる瞬間や人と人の間に神の国があることについて。『人と人が神の愛によって出会って、そこで何かつながる瞬間。そこでスパークした光だけが真実なんです。それがこの世界の意味だし、それがなかったらこの世界には意味がない。』『今、私がここにいて、あなたと向かい合っていて、そしてあなたとの間に本当に、愛と呼ぶのか労りと呼ぶのか、優しい気持ちが通い合ってそして信頼関係が生まれる。キラリとね、グッとくる何ものか。ポトポト涙こぼしている人を前にして、胸がグッときて、「あなたと私が会ったことには意味があります」と宣言する。この瞬間っていうのはかけがえない。そこから世界っていうものが始まる。それが一番価値あることだし、それ以上のものなんてないし、逆に言えば、それなしに全世界飛び回ったって、あらゆる活動、あらゆる組織・・・何の意味があるだろう?今目の前の人とグッとくるつながりをもてないのであれば。人間はほんとに孤独な生きものだけれど、もうひとりの誰かとつながることができるし、そこにつながっているもの、それこそが神の国。』『私たちの出会い。人と人の間。それをつなぐもの。そこで輝く何ものか。そういうものが神の国として、どんどん広がっていって、この世界を霊的な世界として、永遠なる世界としてつくっていく。』その瞬間こそが永遠であって、神の国であって、本当に大切なもの。でもこの世では、確かにあったその瞬間を見失ってしまうような気持ちになる時もたくさんあるから、晴佐久神父さまに倣って、意地でも、その瞬間こそが真実だと言い張る気概がほしい…と思う今日この頃です。Lydia

      テーマ:
  • 12Jul
    • 【木昼】マタイ19:29 (入門講座 @上野)

      今日は早朝は雨が降っていましたが、入門講座の始まる頃には雨もあがり、暑い中、いつも通り皆さん集まってくださいました。今日の講座ではこんなお話がありました。神父さまのところに、現在、滞在中のポーランド人の神父さまと(この神父さまは6/28、29のブログに登場されています!)昨晩、「福音家族」についてお話しされたそうです。その神父さまは、いくつかの福音家族の集まりにも出てらして、感想として、「マタイ19:29」と言われたそうです。cf 「わたしの名のために、家、兄弟、姉妹、父母、子供、畑を捨てた者は皆、   その百倍もの報いを受け、永遠の命を受け継ぐ」なんと!偶然にも、神父さまはマタイ19:29のみことばを基に、福音宣教8月号の連載を書かれたとのことでした。そこで神父さまはポーランド人の神父さまに、「心は一緒だね~!!」と言われたそうです。講座の後は福音家族の一緒ごはんでした。月に一度の食事会は、皆さんにすっかりお馴染みとなり、和気あいあいとした雰囲気で食卓を囲みました!来週は分かち合いです。8月はお休みなので、次回の食事会は9月になります。どうぞお気軽にお越しください!Martha & Mary

      テーマ:
  • 11Jul
    • 【水夜】意味がある (入門講座 @上野)

      先週は分かち合いでしたが、今日は入門講座&食事会の日でした!今日の講座は、「神様が意味を与える」というお話でした。神様は必要あって、障害のある方を教会に招いてらっしゃる。神様が意味を与える。障害ある方と出会って意味がある。私たちにはその意味がなかなか理解できない。「神におできにならないことはありません」と、天使ガブリエルがマリアに伝えた。(cfルカ1:26~38)そこに意味があると、神がそこに意味を与えてくださると信じること。東日本大震災にも何か意味があるのか。意味があります。ただ虚しいできごとではありません。私たちは何をするべきか。「はい」と受け入れること。今はわからなくても・・・必ず神様が意味を与えてくださると信じる者になりたい!そう思いました。来週は分かち合いです。神父様はいらっしゃいませんが、参加者同士気軽にお話しとかしていますので、よろしかったらぜひいらしてみてください!お待ちしています。Rosary

      テーマ:
  • 10Jul
    • 今週の入門講座@7月10日更新

      夏休み前の晴佐久神父による入門講座は、今週がラストになります。夏休み前のエネルギー補給に参加お待ちしています。今週の入門講座カトリック上野教会7月11日(水) 19時00分〜7月12日(木) 10時30分〜カトリック浅草教会7月12日(木) 19時00分〜7月13日(金) 10時30分〜指導司祭:晴佐久神父参加費、申込み不要今週の入門講座全クラス一緒ごはんです一緒ごはんももちろん無料‼️ごちゃ混ぜ福音家族を体験できますみなさんのご参加お待ちしています。

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス