15頭を笑顔で看取った
ペットロスカウンセラーReibiです。





ペットロスから

早く立ち直らなければならい。





あなたは、

そう思ったことがありますか?









私は、

ペットロスカウンセリングを始める前




クライアントさんを

早く立ち直らせなければ

いけない。





と思っていたことがありました。




なぜなら…





↑シンクちゃん、最近、目でご飯を訴えます





早く立ち直らせられないということは
自分のカウンセリングの腕が悪い
ということだから。






確かに、これも一理あるのです。





腕が超良ければ、
早く立ち直らせられるのかもしれない。











でも、



人それぞれのタイミング

ってあるな



って今は思うのです。
↑あれ、逃げてるだけかな?とも思いつつ








↑コロネちゃん





同様に




死ぬときも


その子それぞれの

タイミングってあるな



と思うのです。






自分の腕の中で死んで欲しい…


と思って、

そうなることもあれば
そうならないこともあります。





死に立ち会えることもあれば
立ち会えないこともあります。






もちろん、



できれば、1人で逝かせたくない…

そばで見送りたい…

腕の中で穏やかに逝って欲しい…




きっと、

あなたもそう思うのではないでしょうか。





私も、

できるならそうなればいいなって思います。






でも、



もう体はきついけど、

あなたのためにギリギリまで生きよう





としてくれることもあるし





あなたが、

「もういいよ」って言ってくれたら

そのタイミングで逝くこともある。








やっぱり

死のタイミングは

その子が決めているし

その子がわかっている



と感じるのです。





↑シャーちゃんの仮設住宅




シャーちゃん、

ソファーの下が定位置でしたが、

ソファーが無くなったので

しばらく仮設住宅でした↑






しかし、

シャーちゃん気に入ってくれず

結局、フェレットたちが使ってました。






↑オランダから取り寄せたシャーちゃんの新居




そして、

昨日、シャーちゃんの新居が完成!





新居建築中、

びっくりして逃げたシャーちゃんですが

今日、めでたく入居してくれました。








話を戻して…




ペットロスから立ち直るのも

その人それぞれの

タイミングがあるな



って思うんです。






↑結局、フェレットが遊んでいる




もしかしたら、




ペットロスから

劇的に立ち直ることを

あなたは求めるのかもしれない。






でも、




元気になったと思ったら

また悲しくなって

少し元気になったと思ったら

また悲しくなって…





それを繰り返しながら

階段を少しずつ上がっていくイメージが

自然なのかなって私は思います。

そして、確実です。






同じように命が終わるときも

だんだんだんだん下降していくのが

自然だなって思うのです。

そして、痛みが少ない。






↑近所の肉まんやさん。





私は、

どちらも自然な方がいいと考えます。







個人的には、

劇的なやつが好きですが…





でも、





死ぬときも、

ペットロスから立ち上がるときも、

自然がいいと考えています。






動物(大切な子)は自然の一部だし

そして、

私たちも自然の一部だからです。







私たちが自然の一部である以上

自然のサイクルに乗っ取った方が

うまくいきます。

というか、

乗っ取るしかないとも言えます。






↑早く食べたくて、わくわくエルボー





それを無理矢理に劇的に変えようとすると

反動が起こります。

まるで、薬の副作用のように。






そして、

無理して表面的には元気に見せたとしても

そこで抑え込まれた感情は

無くなっていません。







ただ、

蓋をして見えないようにしただけなので

いつか、爆発するときが来ます。







現代社会で生きていくには





大切な子が亡くなり

どんなに辛い状況でも

仕事に行かなければいけなかったり、





周りに心配をかけないように

気丈に振る舞ったりしなければならない

(と、あなたが考える)こともあります。






↑期間限定カカオまん頭(これ、好きです)






でもね、

一番大事なのは、

どんなあなたの感情をも

感じてあげることなんです。






それは、

少し時間がかかる作業なんです。





今まで、

自分の感情を抑えてきた人ほど

時間がかかる作業なんです。





だから、

自分は進んでいない。

立ち直れていない。

そう感じてしまうことも

あるかもしれない。







↑肉まんとまん頭





だけど、

それは違うんだよ。





あなたは、着実に進んでいる。





自分の感情とちゃんと向き合うことは

大切な子を失った今のあなだけでなく

過去のあなたをも癒す作業なんです。





だから、時間がかかって当然なんです。





でも、

そうやって向き合った分は

必ず返ってくるからね。





人間自身が亡くなる前に(病気になると)、

感情的になる時期があると言われています。





まさに、

まだ死を受容できていない時でもありますが、






その時期に、感情的になるのは、

過去の癒されていない、

蓋をしてきた感情が

たくさんあるからなんだよ。






あなたは、

今、その癒されていない感情と

向き合うチャンスの只中にいるのです。