【58】ドクハリウッド

テーマ:
マイケルJホックスの作品は、今も大好きです。

パーキンソン病を克服して、また映画に出てきて欲しいです。


彼の作品を観たら、元気が湧いてきます。

ワーナー・ホーム・ビデオ
ドク・ハリウッド
AD

父親たちの星条旗

テーマ:
父親たちの星条旗 期間限定版
¥2,399
Amazon.co.jp 
 硫黄島からの手紙 期間限定版
¥2,480
Amazon.co.jp

硫黄島を舞台とした、クリント・イーストウッドの2部作のアメリカ人からの視点で描かれた作品。

硫黄島の手紙とリンクされた部分もあり、よく作られています。

戦争を正当化し、勝ってもどった軍人を英雄視するアメリカ。。。

しかし、実際に戦場で戦争を経験した者たちは、英雄視扱いされることに苦痛を感じる。

自分たちがしてきたこと、みてきたことをちゃんと理解しているから。

戦後60年以上たっても、アメリカ人の60%の人は、原爆は戦争を終わらせるには必要だったという統計があるそうです。
そして、唯一の被爆国の日本は一度も、アメリカに抗議していない。

確かに、日本がルールを破り先制攻撃し、負けたから非は日本にあるのだけれど。。。

平和な世界になるよう、日本人としてできることは何かよく考えなくてはいけないと思う。

AD

【56】硫黄島からの手紙

テーマ:
硫黄島からの手紙 期間限定版
¥2,480
Amazon.co.jp

武力をもって闘う戦争の無意味さ、悲惨さを感じました。

同じ同士、国や思想がちがっても、動物として相通ずることはあるはず。殺し合いなんて無意味です。

終戦記念日が近い今だからこそ、憲法9条改正がいわれているからこそ、もう一度考えなくてはいけないことです。

戦争は大昔のたにんごとではなく、いつ自分にも降りかかるかもしれない一大事なのだから。。。

AD

【45】アバウトアボーイ

テーマ:
独身貴族の男性が、子供によって変わっていく様がおもしろい。
ヒューグラントがかっこよくて、はまり役です。
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
アバウト・ア・ボーイ

【20】モンパルナスの灯り

テーマ:

画家モジリアニの生涯を描いた作品。


生涯、売れない画家として生きた苦悩が伝わった。


死んだ後に、作品を買いに来た画商が奇妙で、人間の怖さから身振いした。



【19】トゥーム・レイダー2

テーマ:
アンジェリーナ・ジョリー主演のアクション・アドベンチャー。
アンジーのアクションシーンがたくさん入っていてかっこ良過ぎます。

細菌兵器を狙う悪者と闘い、守り抜くといったシンプルなストーリーでしたが、

最後まで、欲に負けず、人類を守るといった主人公の姿勢が、国連難民弁務官事務所(UNHCR) の親善大使をするアンジー本人とキャラがかぶっているような気がします。

ジェネオン エンタテインメント
トゥームレイダー 2 プレミアム・エディション