いろいろcafe

看護師、OLを経て、専業主婦になった私が、いろいろな体験・経験を通し成長(?)するさまを日記にします。


テーマ:
20070824185004.jpg
「天国で君に逢えたら」を読破した翌日、「ガンに生かされて」を読み終えました。

著者の飯島夏樹さんをうらやましいと思い、また勇気づけられました。

私も同じく、うつになり、今は休養途中。

小学生の頃から、脳卒中の祖父に影響を受けて、看護婦になることを夢に掲げ、ひたすら頑張ってきた。

夢のきっかけとなった祖父は、私の高校3年生の夏に20年近くに及ぶ闘病生活を終え、亡くなった。
そこから燃え尽きはじめていたのかもしれない。。。

看護師になり、天国に近いといわれた大学病院の10階放射線内科と血液内科、手がつけられない循環器外科、内科で自分と同じくらいの年頃の人が亡くなっていく姿をみた。
どこでも眠ることができ、眠ることが得意な私が眠れなくなって、情熱もなにもかもなくなった。
でも仕事は続けていかなくてはならず、死に直結しない慢性腎不全の患者さんを対象にした透析や創薬に関わる仕事につき、生きてきた。

でも、うつが酷くなり仕事もできなくなって、今年で2回目の夏を迎えた。
飯島さんの、心についての文にいろいろはげまされた?癒され?共感しました。

そしてハワイの風や空気を感じられ、優しい気分になれました。

ありがとう。
この本に出会えてよかった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
肝細胞癌で亡くなったプロサーファー飯島夏樹さんの小説です。

この小説を手に入れた頃は、まだ、飯島さんは生きていらっしゃいました。ドキュメンタリー番組で、奥様と知り合ったことや闘病生活が紹介されていました。

当時の私はうつ病の手前にいて、小説を買ってみたものの読むことができず、ずっと本棚に並べてありました。

なぜ、今かというと、体調も少しずつよくなり、映画化された作品を見たくなったからです。

小説は死と向かい合う飯島さんしか描けないような、繊細な感情が入ったものでした。
残さないといけない家族を思いやり、自分の存在をしっかり表したシュージは飯島さんの分身ナノでしょうか?

ハワイの風や空気、空のいろまで感じることができる、切ないけど、爽やかな気分になれる作品でした。

もっと知りたくて、昨日見つけたばかりの「ガンに生かされて」も読んでみることにしました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
子供向けの絵本的な物語だと思ってましたが、きちんと読むと結構大人の世界にも通じる素敵な話でした。
アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ, Antoine de Saint‐Exup´ery, 山崎 庸一郎
小さな王子さま


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 シンプルな「死」という題材の、泣ける作品です。


目を閉じれば、いつでも会える。。。

死んだ大切なひとは心の中でいつまでもいきつづける。


犬ではなく、飼い主の少女のみきちゃんが死んでしまうのが斬新な作品です。

菊田 まりこ
いつでも会える
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
柴田 励司
39歳までに組織のリーダーになる―活躍スピードを加速する

理解しやすい言葉で、書かれていて頭にスーッと入ってきました。

この本を読んでから、組織のリーダー=社長 本に興味を持つようになりました。


近日、セミナーを聞きに行ってきます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。