東京タワーサイドメモリー

あの時君はここにいて僕もここにいた。僕達の前にはいつも東京タワーがあった。
あの頃のトキメキいつまでも忘れないでいたい。


テーマ:






杏里


Bi・Ki・Ni




暑い暑いと言われながら、この夏も残すところあと20日を切ってしまいました。


今年の夏ももう終盤です。


みなさん~、夏を楽しんでますか?




夏に聞く音楽と言えば、巷ですぐ名前のあがるようなバンドには見向きもせずに、


今年も角松敏生!そしてANRI。


この黄金コンビがいつの間にか帰ってきてました。25年ぶりに。




今でも多くの音楽通に杏里史上最高の名盤と言われ続ける1983年発売の『TIMELY!!』。


その『TIMELY!!』のまさに続編とも言える1984年発売の『COOOL』。


そして、この2枚の試金石ともなった1983年発売の『Bi・Ki・Ni』。


角松敏生が若かりし頃、当時の有り余るパワーをフルに使って完成させた3部作


(正確にいうと、『Bi・Ki・Ni』は半分なので、2.5部作ですが)


がこの7月16日に再発売されていたのですよ。


それも、リマスタリング・紙ジャケ仕様で。




みなさん~、この夏、改めて聞いてますか~?


夏の演出にこれ以上のアルバムはありませんよ~。(あとは山下大先生のモノ位か)


でも、7月中旬の発売じゃ、夏向けとしては遅すぎるリリースです、フォーライフさん。


せめて6月には間に合わせなきゃ。


おまけにその辺のCDショップじゃ、置いてないか、


あっても一番のヒット作であった『TIMELY!!』だけだったりして。




みなさん~、買いましょうよ。


角松さんがどれだけのものをプロデュースしてきたか、


一番分かってないのが、音楽業界の連中、組織でしょう。


売れなきゃ、話にもしてくれないんだから。




でも、再発してくれただけでもホントうれしいです。


感謝してます、フォーライフさん。




僕も、アナログ盤しか持っていなかった『Bi・Ki・Ni』を即買いに走りましたよ。


やっぱ角松プロデュースの頭から5曲は最高ですね。


インナーも懐かしく、杏里もちょっとイイ女風に写ってますよ(笑)




あれっ、もう1時過ぎてますね。


まだまだ全然書き足りないんですが、


また時間切れだ~。




なんといっても


、あっ、もう12日になりました?


角松さんの誕生日なんですよね、今日は。




そして、今晩は吉祥寺で


Toshiki Kadomatsu presents T's Romantica


なんですよ。


チケット争奪戦に参加した結果。


http://ameblo.jp/tokyo-tower/entry-10108768616.html






途中で眠くなりたくないので、


もう寝ます。


ライブレポは、あるかどうか分かりません(笑)


なかったらゴメンなさい。




あ~、もっと3部作についても書きたかったぁ。


でもまた今度。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

“スマステ”で、『80年代超人気曲ベスト20!』というのをやっていた。

よくある企画だが、“あの頃”の曲が多いのでつい見てしまう。


メジャーな方々がランキングを付けられて、どんどん出てくる。

「松任谷由美が19位かよ。低すぎるだろう。」とか

「レベッカが3位ぃ?土橋さん、良かったね。未だに凄いんだね。」とか

TVに乗せられて思ったりするが、ランキング自体は番組制作の上で、

適当にふられているわけなんだろうから、それ自体意味はない。


僕が、熱心にアルバムを揃えたりするようなアーティストは、

この20組の中にはほとんどいないが、80年代というのは、

個人的に一番いろんなことがあった時期だし、音楽も沢山聴いていたので、

思うところがあるアーティストや曲も結構あります。


だから、今後、たまにこの辺のことを書いたりするのも

面白いかもしれないと思いました。



今日は、プリンセス・プリンセス。


“赤坂小町”の頃から存在は知っていたけど、別にファンではありませんでした。

大ヒットした「ダイヤモンド」や「世界で一番熱い夏」などは結構嫌いで、

積極的に聞くことはありませんでした。


しかし、いつだったか忘れましたが、友人達とスキーに行く車中、

そいつの車には、プリ・プリの『SINGLES 1987-1992』しか音源がなく、

ゲレンデに着くまで、ずっとこればかりかけてました。


その時に、琴線に触れるものがあり、気にするようになりました。

でもその後も、アルバムを買うことはなく、結局持っているのは、

このシングル3枚だけです。





PRINCESS PRINCESS

KISS

SEVEN YEARS AFTER

ふたりが終わる時



慣れないバンドのことを書くとどうしたらよいのか分からなくなりますが、

何が言いたいかといいますと、奥居香は天才だ(った)、ということです。


今までに僕が天才とあっさり認めたのは、

ポール・マッカートニーと荒井由美だけです。


プログレ大好きな僕が心酔するバンドは英国中心に数多くあり、

また、ここをお読みの方はよくご存知のように、

僕にとって“角松敏生”は特別扱いです。

山下達郎だって、角松さんの大先生ですから、もちろん最高です。

マイルス・デイヴィスほど音楽を導いてきた人もいないと思っています。

パット・メセニーとライル・メイズのコンビも永遠に不滅でしょう。

でも、僕の中では、誰にも“天才”という称号は付かなかったんですね。


僕にとって、音楽における天才=メロディーメーカーなんだと思います。

だからジョン・レノンではなく、ポール・マッカートニーなんでしょうし、

どちらかと言えば、サウンドクリエーター的な人達の音楽を好んで聞いてきたので、

その中には、メロディーメーカー的な要素はあまりなかったからかもしれません。



奥居香(今は岸谷香ですね)は、“音楽が溢れてきてしまい”それを書き留めるように作曲してたようです。

今回あげたような曲を聞くとよく分かるような気がします。

あまり好きではない曲もありますが、やはり良い曲が多かったから、ここまで支持されてきたのでしょう。


ギターの中山加奈子も、音が太いし、バッキングもなかなか格好いいかも。

(僕にとって、骨太女性ギタリストはこの人と千年コメッツに入ったCHIEさん位です)

ドラムの富田京子は、テリーボジオが好きだっていってたけど、良い趣味してますよね。

(何よりも“僕の曲”=Mの作詞者だっていうのがいいじゃないですか!)

キーボードの今野さんはルックスが僕好みですし、

ベースの渡辺さんは、同じベーシストとして男の僕から見ても、格好いいな~と思ってました。

(いつのまにか“さん付け”ですが)


というわけで、やはりなかなか良いバンドだったんですね。

以上のメンバー5人は僕と同世代ということもあり、

バリバリの女性ミュージシャンとして、やっぱり気になる存在になっていきました。

今でも、尊敬の念を持ってますよ。

(昔NHKで放送された「プリンセス・プリンセス大百科 A to Z」という番組は

とても興味深かったです)


あと20日ほどで、解散してから丸12年たってしまうわけなんですが、

その後、彼女達みたいな才能とガッツがあるガールズ・バンドが出て来ないこともあって、

その名と音楽は今でも燦然と輝いているというわけです。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:




スペース サーカス

FUNKY CARAVAN



高校に通っていた頃、ボクは音楽漬けだった。

勉強もせずに、毎日音楽を聴き、バンドを演っていた。

周りにもバンドを演っている連中が沢山いた。


もっぱら聴くのはロックが多く、

特にプログレが大好きであったが、

次第に、周りの連中の聴く音楽はロックから、

当時日本では黎明期を迎えていた

“クロスオーバー”(今でいうフュージョン)

に変わりつつあった。


ボクらの中で最初に人気を博したのは

『プリズム』だった。

ファーストアルバムが出てすぐ、

和田アキラの超早弾きは、あっという間に

学校内でも話題の的となった。


ボクも学ラン姿で六本木行き、

ピット・インのかぶりつきで、

「どんな演奏をしているのか」と目を皿のようにして

見ていた覚えがある。


そんな中、ボクの学校で今度は

物凄いベースプレイをするバンドがあることが

話題に上っていた。


ボクはベースを演っていたので、

非常に関心を持って、そのバンドの曲を

友人に聞かせてもらった。


まだ、『リターン・トゥー・フォーエヴァー』も

スタンリー・クラークも聞いていなかったボクにとって、

そのバンドのベースプレイは、驚き以外の何ものでもなかった。


そのバンドこそ、

『スペース・サーカス』。

ブッ飛びの曲は、1stアルバムの冒頭を飾る「アリババ」。

そこで“神憑った超絶技巧”(後年よくこう評されている)の

ベースを弾いていたのは岡野ハジメである。


今から30年前に2枚のアルバムを残しただけの

バンドであるが、彼らの存在と演奏は完全に伝説になっていった。

(原宿のラフォーレに彼らのライブを見に行ったことは非常に貴重な経験だった)


CDの時代になって、特殊レーベルから、2nd「ファンタスティック・アライバル」が

1991年にリリースされ、たまたま運良く見つけたので即買い。

しかし、その後はCDを出されることもなく、2006年にやっと1stも含め、

リリースされたと思ったら、各種事情で、即発売中止。

ヤフオクでは当然“数万”の値段が付いたものが取引されていた、

という状況であった。



そ・れ・が、ついに正式にCD化。

そ・れ・も、岡野ハジメがマスタリングにも参加し、ライナーノートまで書いているという、

本家本元公認で、初回限定盤とは言え、“あの大手の”BMGから4月23日に発売されたんですよ~。


もう当然1stは即買い。

今日、amazonから到着しました。

もうさっきまでに「アリババ」十回聴きましたよ~。

いや~、30年経っても、いいものはいいですね。凄いッス。

他の曲も懐かしくって。


2ndも聴きたいんですけど、ここ数ヶ月、家の中に、見当たらなくって(汗)

これで無くしたCDいったい何枚?(泣笑)

今ならチャンスだから、また買っておくか…。

ボーナストラックも付いているようだし。


あっ、今更言うのも気が引けるんですけど、念のため、今の若い方達に言っておきますと、

この岡野ハジメって人は、ラルクやっている人と同じ人です。

30年前のプロデビューがこの「スペースサーカス」だったんですね。

(大昔、渋谷の居酒屋で見かけましたけど)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ANRI

もう悲しくない~No More Loneliness  


先週、3年ぶりに発売されたANRIの新曲。

何でも、万人が知っているアノ曲、「悲しみがとまらない」のアンサーソングだそうです。

といっても、「悲しみがとまらない」がリリースされたのは、1983年。

もう25年以上も前の話なんですよね。

“その後のふたり”と言われたって、ピンとこない。

さすがに、二人ともイイ年こいた大人になっているわけだし、

今更そんなこと歌われたって、って感じです。

あっ、でもボクもプロフに書いてるように、“イイ年こいた大人”でしたね!(^^;)

ハイハイ。


でも、イイ年こいた大人ともなると、

女性とは、男が思っているより

はるかに現実的な思考を持ち、

そして何の躊躇もなくそれを行動に移すものでもあり

この歌の主人公のように、

「見果てぬ夢追って ここまで生きてきた」

「言い訳なんか しなくてもいい」

「愛してた あれからずっと 答えは変わらないの」

なんてこと言ってくれる人は、ほとんど絶滅種である。

ということはとっくの昔に分かってますよね(笑)


まぁ、曲の方も、お気楽ソング的であまりピンとは来ません。

間違っても、“あの頃”を期待しないように(笑)

でも、悪い曲ではないですよ。ANRIも頑張って作ってます。


でも、“イイ年こいた大人”になる前、

女性に対して憧れと理想ばかり持っていたボクが、

夢と現実を行ったり来たりしていた“あの頃”、

今はもう思い出となってしまったいくつものシーンを

彩ってくれていたのは、間違いなくANRIの歌の数々でした。


デビュー30周年おめでとうございます☆


http://www.amazon.co.jp/BOOGIE-WOOGIE-MAINLAND-%E6%9D%8F%E9%87%8C/dp/customer-reviews/B00005G5CX/ref=cm_cr_dp_all_recent?ie=UTF8&customer-reviews.sort%5Fby=-SubmissionDate&coliid=&showViewpoints=1&customer-reviews.start=1&colid=#customerReview
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:




林田 健司 紅組
              
              林田 健司 白組



                          




元々CDレビューから始まったこの「東京タワーサイドメモリー」、久々の本業復活です。




角松さん凍結中の1993年から1998年までの5年もの間、ファンの皆さんは何を聞いていたのでしょうか?


もちろん、「角松敏生プロデュース」という数多く放たれた最高級ブランド物以外の話です。




「君をこえる日」でのあまりにも痛々しい角松さんの凍結入り以降、僕は早々と路頭に迷いました。


もちろん、先日書いた「1981~1987」であるとか、以前書いた米光美保であるとか、余りある力を


最大限に発揮した最上級の素晴らしいアルバムは欠かさず聞いてきましたが、ご自身の最前線復帰も


皆目見当も付かず、今まで角松さんにあらゆる意味で全てを預けてきた僕は、苦しい日々を送っていました。




そんな中で、耳にしたのが、“林田健司”です。


角松さんとの出会いのような鮮烈さはないので、どうして聞くようになったのかはよく覚えてませんが、


「角松さん復帰まで、この人を拠り所にしていこうか」と思わせる位、ハイレベルな作品を出していました。




今回ご紹介するのは、1994年にリリースされた「紅組」と「白組」です。


この2枚は『花の紅白歌合戦』として、2枚同時に出たわけですが、両方ともGOODな出来です。




林田健司というと、「青いイナズマ」とか「$10」、「KANSHAして」などSMAPのヒット曲の作曲家として、


知っている人が多いのでしょうけど、いやはや、スゴイですよ、この歌の上手さ。


1980年代後半から、日本でも“R&B的”シンガーがチラホラ見られるよようになりましたが、ダントツです。


曲も、ファンキー・キャッチーで、すごく良く、今回のアルバムでも、“CHOKKAKU”こと島田直角という


非常に優秀なブレインを擁し、他の追随を許さぬ曲を放っています。




「紅組」は、林田がミュージシャンとして本来やりたかったサウンド。


「白組」は、リスナーを意識した、プロデューサー林田としてのサウンド。


という色分けはされているようですが、そんな境界線は彼の力量の前では、関係なくなっていると思います。




「紅組」の『COOL』や、「白組」の『ランデヴー In the Sky』を聞いてもらうだけでも、素晴らしさが分かります。


途中休業なども挟んでいますが、最近でも精力的な活動をされているようなので、これからますます期待をしていきたいと思います。(吉田美奈子と一緒にヤルという話もあったようですが)




YOU TUBEを見ると、デビューの頃と、最近のライブパフォーマンスが分かります。


若かりし時はサウンド同様尖がり粋がったパフォーマンスを見せてますが、


15年経過した最近の方では、貫禄が出てきた容姿で笑みさえ浮かべながらの


余裕を感じされるライブを行っています。




角松さんもそうですが、実績に裏づけされた余裕を感じさせる“大人の男”って、ホント格好いいです。


僕もそうなりたいのですが、なかなか一般人には難しいですよね。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:



Yumi Arai

1972-1976


キリンのCMですが・・・、たまらないですね。

『シャングリラIII』も凄かったみたいですけど。


TV見てたら、『卒業写真』が流れてて、「おっ、ユーミン。若作りしているな~。」と思ったら、

「オッ、鈴木茂じゃん!アレッ、林立夫も!」


鈴木茂、カッコいいです。

ユーミンを聞き始めた頃、僕はロック少年で、ジミー・ペイジ命。

鈴木茂の上手さ、凄さを知るにはまだ子ども過ぎました。

もちろん今では、角松さんが「マイフェバリット・ギタリスト」とおっしゃるのがよ~く分かります。


ボトルネックを操っての華麗なソロはもちろん、バックに回った時の自由なリズムの刻みなど、

まさに“one and only”。「『Band Wagon』の録音でアメリカに行ってしまった時、

東京には彼のようなギターを弾けるものは他にはおらず、音楽関係者はみんな困った。」なんて話も、

「そうだよな~」って納得します。


今日ビックアップした『Yumi Arai 1972-1976』。

『ひこうき雲』から『14番目の月』まで初期の4枚をセットしたいわゆる“BOX”です。

ユーミンの作品自体については、30年以上たった今でも、改めて言うまでもなく、誰が何といおうと、

泣く子も黙る、“日本の音楽至上最高の作品群”というステイタスに揺るぎはないのですが、

ここでも、鈴木茂若かりし時の、溢れ出んばかりのエネルギッシュで、かつアイディアの詰まった

ギタープレイが堪能できます。


この4枚は持っている人も多いと思いますので、ぜひぜひキリンのCM見ながら、また『ミスリム』でも、

『コバルト・アワー』でも聞きなおしてみて下さい。林立夫の最高のドラミングもたっぷり聞けますよ。


鈴木茂は角松さんの作品にも沢山参加していますが、“鈴木茂らしさ”から選ぶとすると『Distnace』

なんかどうでしょうか。

P.S.この曲も含め、“航空・空港もの”(笑)はさすが角松さん本領発揮で、ホント名曲揃いだよな~


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

スペクトラム

スーパー リミックス 1991


リアルタイムで知ってはいたけど、当時、まだ生粋のロック少年だった僕には対象外だったバンドがこのスペクトラム。良い音楽はギター・ベース・ドラムス・キーボードで演るものと、固く信じていたため、ホーンが入っているだけで、拒否反応を持った位でした。しかし、その後、AB’Sを知り、気に入り、「ベースとドラム、いいじゃん。スペクトラム出身?」てな感じで、身近な存在になっていきました。

それにしても、今聞いてもメチャクチャ格好いいですね。曲はいいし、テクニックは凄いし、ボーカル群がこれまた最高。歌詞もグッドだしね。こんなバンドが実質2年しか活動してなかった何て、日本音楽界の大きな損失ですよ。

このアルバムは後から弄ったものなので、本当だったら、他のアルバムを紹介した方がいいのかもしれませんが、スペクトラムらしい遊び心も溢れてるし、いいと思いますよ。

再結成を望む声は当然前から上がっているわけですが、若くないと出来ない部分ってのもあるわけで・・・、

どうなんでしょうかね。でも、ホントいいバンドでした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
角松敏生
存在の証明

角松敏生。my most favorite sound creator、です。ようやくこのブログに登場したんだけど、あれ?「存在の証明」?満を持してここに登場の暁には「あるがままに」であり、「after 5 clash」・「gold digger」であり、または「1981~1987」だったはず、なのに。せめて解凍後からなら「incarnatio」でしょう。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/music/B00006JLC1/customer-reviews/ref=cm_cr_dp_2_1/250-6911038-9297020

なのに、「存在の証明」なのです。

今TVで「電車男」をやっていて、伊東美咲がかなり綺麗なもんで僕も毎週見てますが、エンディング・テーマがサンボマスターの『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』 です。なんかこの曲を聴いたら「存在の証明」を聴きたくなったんです。サンボマスターのことは何にも知らないし、角松さんともちろん同列であるわけはありませんが、なぜかです。

このアルバムは角松さんが今後のことを考えて、相当力入れて作った作品だと思います。聴けばそれはよく分かります。でも、いわゆる角松ファンからの評価は決して高くなかったんじゃないかなということも聴けば分かるし、周辺から聞こえてくることもそれを裏付けるようなことが多かったように思えます。

しかし、真の角松ファンなら、他のアルバムと同様に、角松さんのDNAがあっちこっちに散りばめられた角松さんらしい作品だということは分かると思います。それは角松さんが“はっぴいえんど”に端を発したいわゆる日本のロックの間違いなく正統的な継承者の一人であるということです。守備範囲の非常に広い角松さんなので、この部分は結構見逃されがちなのかもしれませんが、このアルバムを聴けば、はっきりと分かります。そういった意味からもアルバムラインナップ上、実は非常に重要な作品なんですよね、これは。角松=夏から外れた作品みたいなことをおっしゃっている方もいらっしゃるようですが、このアルバムほど夏に聞くと気持ちいいのはないんじゃないですか?だって「夏休み」はあるし、「浜辺の歌」はあるし、「週末」はあるし、ってのは冗談だけど、ほんと夏にぴったりだと思いますよ。

もっと語るべきところがあるアルバムですが、今日はこれで。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
アーティスト:キャメル
タイトル:ムーン・マッドネス「月夜の幻想曲(ファンタジア)」

キャメルです。プログレッシブ・ロックの範疇に入れられてしまったことは、彼らにとっては不幸なことだったのではないか、と今では思います。心地よく進行するコードの上に、この上なく綺麗なメロディーが乗り、ロック界でも最上級の艶やかなギターと、マニアにはたまらないキーボード群、そしてこれほどの不当評価はないんじゃ?と思えるテクニック抜群のドラム、本当に良いバンドでした。彼らの初期には名盤と呼ばれるものが目白押しですが、本日取り上げたのは「moonmadness」。キャメルと言えば、「snow goose」が有名ですが、目立たない名盤はこちらでしょう。ジャケットの綺麗なトーンが内容を象徴しています。ジャケットと中身の統一がきっちり果たされています。(これ、名盤の条件)

内容にはあえて触れませんが、アンドリュー・ラティマーのギターを中心にバンドアンサンブルが見事なまでに果たされています。ピーター・バーデンスのストリングスアンサンブルが冷徹な響きを奏でており、このアルバムの特徴になっています。「Luna Sea」でのそれは、必聴です。

個人的は「Sprit Of The Water」のボイスなんかも大好きですよ。そして、「Air Born」~ 「Luna Sea」とラストを締め括る部分は圧巻です。

One And Only的な部分を考えると、やっぱりプログレシブ・ロックなのかな。でもイエスやジェネシスとは全く違う。それがまた素晴らしい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アーティスト:米光美保
タイトル:FOREVER

素晴らしいよ。前作の「From My Heart」もこちらに負けず劣らず素晴らしい出来ばえだったけど、角松プロデュース第2弾となるこちらの方がさらにクオリティーは高いような気がする。吉田美奈子の「恋は流星」も入っているしね。角松さんのサウンドデザインはもちろん言うまでもなく完璧だけど、米光美保の、声が、歌が、スゴイ。さすが、子供の頃から家庭内カラオケで鍛えていただけのことはある。同じグループ出身だと、篠原涼子は小室哲哉に目を付けられたわけだけど、角松敏生はこの米光に目をつけたわけだ。さすが、プロフェッショナルならではの選択。角松さんと数々の名盤を作ってきたベテランエンジニアの内沼映二さんが、このアルバムに高い評価をされていたそうだが、さすが耳の肥えた方は分かるんだなぁ、という感想です。

角松プロデュース以降は僕もほとんど聞いておらず(薄情・・・)、どうしているのかと思ってましたが、元気にやってらっしゃるようです。篠原涼子はTVドラマで大活躍中ですが、米光美保にはそれ以上に音楽の方で頑張って欲しいですね。それだけの逸材です。心の中では陰ながら応援してるんです。昔、今は亡き、日清パワーステーションに彼女のライブを見に行ったことを思い出しました。


http://www.yonemye.com/


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。