このブログを書くのはナント1年ぶり。ほとんど1年に1作って間隔になってきて、ミュージシャンみたい。

まぁ、重たすぎる腰を上げるだけのことがあったのでキーボードを打つ気になったわけですが。

それが、このプログレッシブ・ロック・フェス2016です。


いつもツィートしているように、音楽における僕の本業はプログレッシブ・ロックと角松敏生です。


Youtubeにはプログレはあんまり上げておらず、「こいつどうせブラコンとかAOR好きなんだろ?」と思っている方も多いと思いますが、ソッチは好きは好きでも全然専門ではありませんので悪しからず。


でも、世の一般的な昔からのプログレファン同様に、プログレに関しては途中から新作を聴くことも少なくなってしまっていったわけです。

大大好きだったジェネシスやキャメルだって熱心に聞いていたのは、

ジェネシス…「そして三人が残った」(1978年)まで

キャメル…「リモートロマンス」(1979年)まで

でしたね。

1980年代に入ると角松さんもデビューするし、ソッチ系の音楽テンコ盛りで、身辺も急に賑やかになり、まぁ、じっくりとプログレを味わうような生活ではなくなってウン十年。そのまま今に至るわけです。


でも決してプログレ偉人達のことを忘れることはなく、新作は聴かなくとも、歴代数々の名盤やナンバーは折に触れて耳にし、「やっぱプログレ最高だよな。」とほくそ笑んでいたわけです。


そんな日々の中でも、エポックメイキングだったのは、ジェネシスの2代目ギタリスト、敬愛なるスティーブ・ハケット氏が何やらジェネシスナンバーを演っているらしいということに気付いたことでした。

「Genesis RevisitedⅡ」(2012年) えっ?つい最近じゃん。


このライブをYoutubeで聴いてみると、唖然!すごい…。

「一人ジェネシスを完璧に仕立て上げている」

「この時代にジェネシスが甦るなんてあり得ない」

「ただの懐古趣味ではなくて、完全に“今”に通用する内容だ」

相当な衝撃を受けました。


それも、このライブをやりに川崎に来てたなんて。

「えっ?日本のオジサンたち、これナマ?生だったの?」

えーっ、何で知らなかったんだ!!!!


人を羨んだり妬んだりすることはまずない僕ですが、この時だけは、頭の薄くなったオジサンたちがクラブチッタで「Firth Of Fifth」のソロをかぶりつくよう見ている光景が頭に浮かび猛烈な嫉妬心を抱きました。


それ以来、ハケット氏の存在が僕の中でまた大きくなっていったのです。


そんなある日、ハケット氏来日のニュースが。それとともにキャメルも!

えっ?ハケットとラティマー?一緒に来るの?あり得ないでしょ?ここロンドンじゃないし。

そもそも、自分ジェネシスよりキャメルのが好きだったし。キャメルは最初から聴いていたし。

「レディ・ファンタジー」なんて中学の時からコピーしてたし。

もう頭ん中グルグルです。


日程を見ると5月20日~5月23日あたりとか。

行けるか行けないか、行くのか行かないか。

ハケット氏とラティマー、どっちに行くのか。

また葛藤が始まったわけです。


(たぶん、つづく)

AD
前回(とっても1ヶ月以上前…)久保田利伸を取り上げましたが、

もう一丁!

今度は“若かりし頃”ではなく、今の久保田です。

曲は昔のだけど。

2011年、角松さんは30周年でしたけど、

久保田は25周年ということで、

同じようにアニバーサリーライブやってたんですね。

そこからナツカシィー!「北風と太陽」を。


なかなか良いですよ。

バックもしっかりしているし。

なんて偉そうに書いたら、

ナイル・ロジャーズに怒られちゃうか…(笑)


それにしてもダンサーのお姉さまの動き、

キレのあること、あること。

さすがですね。

“エンターテイメント”って感じで、

きっと観に行ったら楽しいんだと思います。






AD
懐かしいです。

久保田利伸はあんまり聞かないんだけど…。

特徴的なベキベキベース。

久保田と言えば、中村キタローですよね。

やれば出来るんだから、ベキベキベース。

だから角松さんだって、

リメイクの「AFTER 5 CLASH」で

キタローに弾かせてるんでしょ。


なかなか映らないですけど、

最後に出ますよ~。

髪の毛のあるキタローが(笑)

最後まで見てください。


youtubeにはいくつかのLIVEのものがアップ

されていますけど、

最初の頃のがやっぱ勢いあるかな、

ということでこれをピックアップしました。

キタローも髪の毛あるし(笑)



AD
今日の東京は元日らしい晴天で、穏やかに過ごせました。
と言っても、完全に引きこもってましたがw

アメブロもすっかり遠ざかってしまって、
最近はほとんど書き込みしていませんね~。

まだFacebookとTwitterの方がマシかな…。

Facebookは実名なので、読んでみたい方はご連絡下さい。
ほとんど無益な内容ですがw

Twitterの方はさらに無益ですが、
最近はお薦めの曲(というより自分の聞きたい曲?)を
たまにあげています。

このブログをPCで読まれている方は、
左側にツィートが出ているので
ご覧になっていらっしゃるかもしれませんが、
スマホなどの場合は出ませんもんね。

@Mr_tokyo_tower
です。

昨日はお仕事で、今日は引きこもっていたので、
書く記事も思いつかないので、
最近Twitterで紹介した曲を一挙公開!
しますかね。


ロバータ・フラック
Feel Like Making Love

ルーサーにも注目!ですね。




ロバータ・フラック&ダニー・ハザウェイ
The Closer I Get To You

男性ボーカリストとのデュエット、なら何と言ってもロバータ。




パフューム
不自然なガール

紅白でも良かったよ!あーちゃん、ホント痩せたな。




山下達郎
Magic Ways

今更コメントすることは何もありません。あっ、でも冬に聞いてもイイネ!



ブラザーズ・ジョンソン
Do It For Love

角松さんラジオのディスコ特集以来、またソウル聞きたくなっちゃって。




次回もこの続きやりますね。

一晩に4枚のCDを発注。


東京タワーサイドメモリー

芳野藤丸

YOSHINO FUJIMAL


東京タワーサイドメモリー

芳野藤丸

Romantic Guys


東京タワーサイドメモリー

松下誠

FIRST LIGHT


東京タワーサイドメモリー

松下誠
QUIET SKIES


今年の夏の終わり、何だか急にAB’Sが聞きたくなり、

YOUTUBEで「DEE DEE PHONE」や「Deja-Vu」を

久々に聴いたところ、やっぱり良くって。


また聴き込みたいなって思ったけど、CD持ってなくって…。

i tunes storeから1st落とすしかないかな~、なんて思ってたら、

ナント、10月に1stから4thまでまとめて再発されるとの話が!

またまた偶然なのか、絶妙なタイミング。


30年ほど前はリアルタイミングで聴き込んでたけど、

家にはカセットしかないため、次第に聴くことがなくなっていき、

過去のCD再発の時は忙しさにかまけて入手せず、

そして結局ほとんど聴く機会がなくなってしまっていた…。


聴きたくなった今、また聴けるかと思うと、何だか嬉しかったんだけど、

さらにさらに、それに先駆けて、

AB’Sの核でもある芳野藤丸と結成時の重要メンバーである松下誠の

ソロも9月に再発されるなんて!


このあたりもリアルタイムで聴いていて、

堪らなく良かったですよね~。

でも、全部当時付き合っていた彼女が先にLP持ってて、

録音したカセットを僕にくれていたんです。

だから、今の家には聞く手段のないカセットテープが

今の同居人に処分されるのを待っているだけだったんです。


リリースされ、すぐに買いました!

いや~、やっぱりいいです。


芳野藤丸の2枚、松下誠の「FIRST LIGHT」はもともと

非常に評価の高い作品ですが、今改めて聴くと、

さらに良さが分かります。


このブログを覗いて下さる方は、角松さんやANRI、

はたまたオメガトライブあたりを聴き込んでいた方々が

多いのではないかと思いますが、芳野藤丸の1stなんか、

そのエッセンスが詰まってますもんね。


あっ、松下誠の「QUIET SKIES」はプログレテイスト入っているので、

聴く人を選ぶかな。

(2ndの「THE PRESSURES AND THE PLEASURES」も)

前にも書いてきているけど、

ボクは音楽の中でプログレが一番好きな人なので、

ますますいいんですけど。


いや~久々に満足なまとめ買いしました。

この勢いで本命AB’S行きます。


おっと、それから中原めいこも11月に再発だって?!

最低でも「FRIDAY MAGIC」と「MINT」は買いだな。


同居人から「古いカセットいったいいつまで置いとくのよ!」

と全廃棄を迫られているボクを助けるかのような、この再発ラッシュ。

嬉しすぎるけど、年末までに資金難に陥りそうだわ…。

何だか、急に聞きたくなって。

昔LPでこの12inch持ってて、よく聞いたなぁ。


ロンドン・オリンピック閉会式でも演ってましたよね!


で、ネット漁ってたら何やら、

☆一昨日、3年振りにニューアルバムリリースした

☆来週、過去の作品を¥1,500円で再発する

だって。

ペット・ショップ・ボーイズ日本公式サイト


へぇ~、偶然だったんだけど、こんなタイミングもあるんだ。

杉山清貴&オメガトライブの「Misty Night Crusing」

で勢いづいて、“藤田浩一氏を偲ぶ”とばかり、

連続してトライアングル系いきます。



オメガトライブが好きな人は菊池桃子も聞いてましたか?

林哲司大先生の曲が好きな人や藤田浩一プロデュースを

追ってた人はどっぷり浸かってたはずですが、

それでも、このRAMUには驚きましたか?

$東京タワーサイドメモリー

Thanks Giving
RA MU



未だに「どうしてこうなった(菊池桃子がロックバンド結成?)のか?」

とか、「最大の問題作!」などとキワモノ的扱いをされているようですが、

“藤田ブランド”、“vap系”の期待を裏切らないアルバムだと思います。



菊池桃子にとしてリリースしたこの前作にあたる

「ESCAPE from DIMENSION」なるアルバムを聞いていれば、

(「Yokohama City Of Lights」なんていいですよね)

このRAMUにもすんなりと入ってこれたはずなんですが、

いかんせん、あの当時アイドルの象徴であった菊池桃子が、

外人女性のバックボーカリストを従えて、

「ハートがキュッキュッ ダンスがキュッキュッ」なんて

決して上手いとは言えない踊り見せながら歌う光景みたら

引いちゃっても無理ないか~(笑)



でも聞いたことない人はこれ聞いてみて下さい。

アルバムの頭を飾る「Rainy Night Lady」。

曲は杉山清貴が抜けた後のオメガトライブで

良い曲書いている和泉常寛です。







ちょっと上ので不完全燃焼してしまった方は、

スタジオ盤のこちらでお口直しを(笑)





“杉山清貴&オメガトライブ” 

みんな聴いてましたよね? あの頃。



ボクに“角松敏生”を教えてくれた綺麗な女の子が、

次のデート(集団ですが ^^;)で湘南にドライブ行った時、

教えてくれたのが、このオメガトライブでした。(ありがち ^^;)



角松さんとは明らかに音楽性も精神性も全く違ったので、

聴き込むことはなかったけど、ドライブでは結構聞いたかな。

特に『NEVER ENDING SUMMER』あたりは良かったですね。



あっ、そう言えば、大昔ここに、

角松さんの「NO END SUMMER」と

オメガトライブの「NEVER ENDING SUMMER」

どっちが先だ?!

なんていう記事も書いたっけ。



http://ameblo.jp/tokyo-tower/entry-10045450066.html





今日はそっちではなく、

このアルバム『NEVER ENDING SUMMER』の1曲目に入っている

「MISTY NIGHT CRUSING」を聞きたくなってしまったわけだ。



いいですよ~、これ。

杉山清貴自身が書いているなんて思えないもん。(失礼!)

てっきり、プロフェッショナル=林哲司 作だと思い込んでたもん。



シモンズをちょっと使いすぎちゃって、

あの当時は良かったけど、今はそこが?だけど、

それを抜きにしてもカッコいい。



まぁ、それ以上にエロい歌詞がいいんですけどね(*^^*)

角松さんの「TOKYO TOWER」のように

直接的、大々的なエロもいいんですけど(*^^*)、

この「MISTY NIGHT CRUSING」は、

直接的エロに行きつくまでの駆け引きを描写した

心理的エロとでも言うべき歌詞が、

よりeroticismを高めてくれるんですね~、これ。



さすが 康珍化 大先生。

さすが I CAN'T STOP THE LONELINESS。


自分が若かりし頃の解釈だと(笑)


>「電話して来たわ」と そっと君はまつ毛をふせてはにかんだ
⇒誰に?親、それとももしかして彼氏?(浮気かよ)覚悟を決めたんだ…

>知り合ったのは週末のカフェ 今日が2度目さ
⇒2度目で覚悟決めたか…

>この腕に君の 踊る髪 横たえるまでは
⇒最後まで、イクところまでイク気だな この男は

>カシミヤのセーター 細い体 やさしく抱いて
⇒こういう場合、やはり“ホッソリ”じゃないといけないんだな

>助手席の窓に 頬の熱 逃がしてた 
 覚悟したように さりげなく目を閉じているね
⇒ここが堪らない 絵が思い浮かびます(*^^*)

>ブレーキを踏む ひそかなチャンス探し続けて
⇒あはッ、直接的になったきた!

>君がヒールの脚を静かに組み替えたとき 合図さ
⇒ここまでくると笑い出ちゃうけど(笑)


あっ、久々に力説してしまった…。

すみませんでした。
ここをご覧になっている女性の皆さま方…
大変失礼致しました。

和田加奈子 1987年リリース 『KANA』に収録

いいよ!




アレンジは鳥山雄司先生。

“いかにも”って感じの印象的なギターカッティングも
鳥山先生らしさが出てるでしょ。

翌年リリースされたミポリンの『angel heart』でも
カッコいいアレンジ&プレイを炸裂されてて、
最高傑作『CATCH THE NITE』後、
「やっぱりミポリンは角松さんがやらなきゃダメだ…」
と腐っていたボクを少し元気づけてくれたんでした。

「Too Fast Too Close」
聞きたくなったんじゃない?




カッコいい!

NHKの音楽番組 『SONGS』。


今晩は、デビュー30周年、


ということで松田聖子特集の第1部でした。


(前にも同じ番組でやったような…)




今日の番組は“NHK”ということもあり、


『レッツゴーヤング』(懐かしい!)時代の


映像がちらほら出てきてました。




現代の松田聖子は、


妖艶というか何というか、


年季入っちゃっているところを


無理くり作り上げている感じですが、


今晩、30年前20才前後の聖子ちゃんを見て、


「結構昔は可愛かったんじゃん」、


って思ったりして…




アイドル時代のリアルタイムでは、


歌は別として、ルックスには、


全然魅力を感じてなかったんですが、


何だか、今日見たら良かったなぁ~、お嬢さんっぽくて。


(でも内面は全く違うはずでしょう)


今更ですが。




でもこれって、やっぱり、


単に自分がオヤジになって若い子が好きになってきている


ということの証明のような気がしてなりません(汗)


もう歌ってたご本人、50才に手が届こうかという状態に


なっているんですからねぇ(汗)




現代の松田聖子と、30年前20才前後の時の松田聖子を


代わる代わる見ていると、何だか不思議な感じです。


母親と娘という感じで。


変遷を辿っていくとまた違うんでしょうけど、


最初と最後(?じゃないけど)を見せられると、


何か変な気持ちです。




まぁ、歌っているご本人の容姿は変わっても、


松田聖子の歌は、もう日本において


“普遍的なもの”になっちゃってますよね。


好きとか嫌いとかは抜きにして。




ユーミンをはじめとした超一流の作曲家群と、


松本隆大先生の詞で仕立てあげた“松田聖子”は、


ボクらの世代にとってのある意味象徴なんでしょうね。




今聴いても全然良いですよ。


(やっぱりユーミンは天才だ、


という認識をまたまたさせられるわけなんですけど)




この松田聖子特集、次回Part2は


5/26 22:55~ または、


5/28  1:30~ だそうです。


http://www.nhk.or.jp/songs/program.html




これをお読み頂いている方は、


ボクと同世代の方が多いかと思いますので、


そのような皆さんはぜひどうぞ(笑)