ゆめ日記

結婚以来、ずっと姑との同居。いろいろありました。でも・・・
姑が亡くなってみると、いい思い出かな?なので、タイトルも変えました♪


テーマ:
AD
コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
今まで私は胸を張って無宗教!と言っていました。
もちろん、今でもその気持ちは変わりません。

が・・・ちょっと異変が?


昨日、父の三回忌を無事終えることができました。
お参りいただいたのは、住職でした(笑)

てっきり、住職の奥さん(中学時代の恩師)がこられるものだと思っていたのに、ちっと残念?(爆)

いえ、いいんです。
亡くなった父は住職のことをすごく慕っておりましたから。

法要も終わり頃、住職がお話をされました。
もちろん故人にまつわることと、お釈迦様の教えなどです。

お釈迦様の教えと言われると、途端に引いてしまう私なんですが(爆)
昨日の住職の話の中には、「感謝」という言葉がたくさん出てきました。

そういえば最近の私って「感謝」という言葉を時々口にするなぁ・・・

多くは、ビーチのクラブの仲間に対してだったりしますが・・・(K子以外:爆)

その気持ちって、お釈迦様に通じるのかな?
っていうか、それって私が年を取った証拠?
え?まさかお釈迦様に近づいてる?(爆)

まー理由はどうであれ、感謝するという気持ちを持つことはいいことなんだよね。

漠然と、そんな気持ちになった三回忌。


三回忌は無事に終わったけど・・・ゆっくり母とも話せなかったような気がします(-。-;)

まぁ、叔母さんがいたからしょうがないんだけどね。
叔母さん、しゃべりまくってたから・・・

私さぁ・・・この叔母さん苦手!

周りの空気を読めない人なんですよね。。。
父の葬儀の時もそう。
寝ずの番をしてなきゃいけないので、交代で寝よう!って言ってる側から掃除機をガンガンかけたりしてたそうで・・・
みんながくつろいで談笑している所で、まだお茶残ってるのにさっさと湯のみを片付けようとしたり・・・
とんちんかんな話をしだしたり・・・
父の遺影を、自分の結婚式の時の写真にしよう!と言い張ったり・・・阻止しましたけど!

はぁ・・・叔母さんなんですけどね・・・(爆)

正月もお盆も、わざと叔母さんと日程をずらして実家に帰るんで、会うったって1年に1回会うか会わないかっていう程度なんですけどねw

でも、できれば会いたくない人ですねぇ(;´▽`A``
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
もうすぐ2月6日。
父が亡くなって丁度2年になる。

あっけなく逝ってしまった父。
去年の今頃も、父の記事を書いていました【ここ】

明日2月4日は、父の三回忌の法要をするというので、実家に行きます。

「簡単にするから、何も持ってこなくていいからね」

という母に甘えて(?)ご仏前は持っていかないでおこう。
どうせ持っていったって、受け取らないだろうし。

ただ、父の好きだったワンカップの日本酒は持っていこう(´∀`)

簡単にするというので、いわゆる親戚というのは呼ばず、娘である私とその夫と、孫である私の娘、そして父の妹の4人を呼ぶだけで法要を済ませるという事らしい。

実は・・・明日の法要にお参りいただくお坊さんは、もしかすると恩師かもしれないのです(笑)

母が法要のお努めをお願いした時、住職の奥さんが

「住職に予定を聞いてみますね」

と言われたらしいのですが

「住職さんが忙しいのなら、若(住職の息子さん)でも、奥さんでも・・・誰でもいいですから、お参りだけしてもらえればいいんです」

って伝えると

「あらそうですか?じゃー私(住職の奥さん=私の中学時代の担任の先生)でもいいんですか?だったらゆめちゃんに会えるねぇ~(^∇^)」

って言っていたそうです(^▽^;)

先生・・・

私たちが卒業した2年後には、教職を退いて、家業(お寺)に専念され、副業(保育所)の園長先生になられた先生・・・

去年、久し振りにお会いした先生は、全くお変わりなく、、私の母と同い年という事もあり、母とも私とも話が弾みましたっけ。

またあの日のように、思い出話に花が咲くんでしょうね(´∀`)

先生が担任だった時は、みんな影で「○○ばばぁ~」とかって言ってましたっけ(;´▽`A``
結構口うるさく(-"-;A
結構人懐っこく(´Д`;)
中学の3年間を受け持ってくれた先生・・・

やっぱり一番印象に残ってます≧(´▽`)≦

一昨日から昨日にかけて降った雪ももう止んで、今はとってもいいお天気。青空です。

父が亡くなった日もとってもいい天気でした。

明日も晴れそうです(*^▽^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
缶飲料まで生産中止になった不二家。
なんでも山崎製パンがバックアップに名乗りをあげているとかいないとか・・・

不二家っていえば、、、
去年、スタンプカードでトラベルバッグが当たったんだっけ。
それ、まだ一回も使っていないし、もちろん箱の中。

 ↓これ
 ペコちゃんトラベルトランク

なんか、もう使えないよなぁ~みたいな雰囲気になってます。

しかも、新に貰ったスタンプカードは、あとスタンプ2個でいっぱいになるんですよね・・・

お土産といえば「不二家のお菓子」
誕生日といえば「不二家のケーキ」

あぁーなんて危険なことを・・・

でも「今度はペコちゃんフィギアよ!(ж>▽<)y ☆」って気持ちで、集めましたとも、スタンプ。
それがあと2個というところで、事件発覚→閉店へ・・・

あぁ、あとスタンプ2個。
このスタンプカードは、もはや紙くずと化したのでしょうね(ノ_-。)

不二家の思い出には、もう一つあります。

今回、缶飲料も生産中止になっちゃいましたが、その「ネクター」です。

その昔。
まだ私が小学生だった頃のこと。
その頃はまだ父も元気で、、、でももう病気は発症していたのですが、、、会社勤めの帰りに、遠足のおやつを買ってきてくれる役目をしてくれていました。
小学生の遠足といえば「おやつは300円まで!」というお決まりのお約束事。

父はその300円の予算の中で、必ず買ってくるものがありました。
そう、不二家のネクター(桃)でした。

友達はコーラだとかファンタだとか、目新しいジュースを持ってきていたのに、私だけいつも「ネクター」でした。
きっと「体に良さそう~」だと思ったのでしょうか?それとも自分が好きだったからなのでしょうか?
当時、何故か父に聞くこともなく、イヤだなーとは思いながらもネクターを持って遠足に行っていました。
だから、父が居ない今、何故ネクターだったのかは、謎のままです。

嫌いじゃないですよ。うん。特別好きでもないですけど(爆)

不二家と聞けば、真っ先にネクターを持って行った遠足を思い出すって・・・(笑)

今回の事件で、思い出にも泥を塗られたような気がしてしまっています。
もうすぐ100年にもなろうという老舗の会社。何やってんだか・・・(呆)
国民的とも言えるマスコットキャラクターは、いったいどうなるんでしょう。

再起して欲しいという気持ちもあるけど、信頼回復なんてできないでしょ?という気持ちの方が強いかな?

今回の不二家事件で、「賞味期限」や「消費期限」が信用できないものになっていくのを感じています。

ほんと、この責任は重大です!
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

障害者には大きく分けて2つのタイプがあると思っています。


1つは、自分の障害を受け入れている人。


もう1つは、自分の障害が受け入れられずにいる人。



気性が激しく、すぐにカ~っとなって怒鳴る父。


動けないので、よく近くにある物を投げる父。


そのくせ気が小さく、お人よしの面もあり、子煩悩で、私のこともよく可愛がってくれました。


孫などは特に可愛いらしく、初産帰りで実家に居たときなどは、おむつも替えてくれました。



でも私の父は、全く自分の障害を受け入れてはいませんでした。



歩く事ができなかった父の移動手段は、全て手(腕)です。


腕の力だけで座ったままの体を移動させていました。



父はその姿を、決して他人には見られないようにと必死だったと思います。


結婚して私が家を出てからは、私にすらその姿を隠そうとしていました。



そんな父ですから、医者にも行きたがりません。


整形外科にはかかっていたのですが、薬だけを貰てきて飲んでいましたが、診察するのは1年に1回程度だったと思います。



そんな父に叔母(父の妹)が


「障害者手当てがもらえるかもしれない制度があるんだよ」という話をしてくれた。


歩けなくなってからかなり経ってからのことです。



叔母にしても、父の気性がわかっているだけに、言っていいものか言わない方がいいものかと、かなり悩んだろうと思う。


でもその叔母の勧めで、障害者認定を受け、1級の手帳を貰い、手当てを受け取ることができるようになった。


それでやっと少し、生活にも余裕ができた気がするし、何より父にとっても、ある程度の収入があるということで「自分は厄介者だ」という卑屈さから開放されたと思う。



でも思うように動かない足、やりたいことができない歯がゆさからか、何でもないことでもすぐに怒ったりという事を繰り返していました。



そんなとき、母は知人から「どうして別れないの?」とよく聞かれたそうだ。


放っておけない・・・ただそれだけだったと思う。



暴れる父にどれだけ泣かされていたか・・・


「死んでしまいたい」と何度も言っていた母。



でも、母は分かっていたんだと思います。


父が頼りにしているのは自分だけだと。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。