ゆめ日記

結婚以来、ずっと姑との同居。いろいろありました。でも・・・
姑が亡くなってみると、いい思い出かな?なので、タイトルも変えました♪


テーマ:
今日はパートはお休みです。

そんな連休最終日、町内の班から民宿に行って来ました(^o^)v

11時には民宿に到着し、先ずはお風呂。
源泉掛け流しのお湯は、軟らかくぽかぽかです(*´∇`*)

男性7人、女性4人という少ない参加者でしたが、盛り上がった~♪

寒ブリで有名な氷見の民宿です。

ブリの時期では無いにしろ、舟盛りや氷見牛の陶板焼き、焼き物や天婦羅や鍋物等々どれも美味しく、ビールも冷え冷えだし、班長が持ち込んだポン酒も旨かった~(*´ー`*)

お腹いっぱい食べて、ふらふらになるまで呑んで(笑)

思いっきり楽しんで来ました(^o^)v

で、まさかの口説かれもし(笑)
夫は今、高イビキですわ(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先々週の日曜日、実家に行ったあと

夕食の準備をするのも面倒&遅くなったから
ほか弁を買って帰ろうと思い、いつものほか弁へ行ったのだけど

え?更地?
店が無い!

ということで、その日は数軒隣にある「かまど家」に入ったのだけど・・・

どこかに移転でもしたのかな?と後で調べようと思っていながら
2週間・・・

思いついて今日調べてみたら、どうやら撤退していったみたい。

なので、どうしてもほか弁が食べたくなったら
隣町まで行かなきゃ・・・そこまでして行かないな・・・

これからはかまど家にするか・・・

あいにくこの町には、ほっともっともオリジン弁当も無い。

給食センターが出している一般家庭向けのお弁当屋さんもあるが
確かに美味しいのだけど、、、
好きなおかずを好きなだけ取って・・・っていう、量り売り形式のだと
迷ったりなんだりと、結構面倒っぽいので

決まったメニューの中から選ぶ方が、私は楽。

なので今後は、かまど家で落ち着くのだろうな・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう2週間も前の事。
まだまだ冬まっただ中の日曜日。
冬の晴れ間のその日を利用して、山奥の温泉に行ってきました。

と、その前に、坂の町「八尾」を散策&美味しいお蕎麦♪も堪能してきました。

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-八尾町

雪で、町自慢の石垣が全く見えません(笑)
それでも少しだけ歩いてみました。

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-八尾町 嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-大木

が、そろそろお昼時って事で、お蕎麦屋さんがある町の中心地あたりに移動。

「そうだ!諏訪町!」

と、夫が思い出したように言い、諏訪町に向かう。
っていう程の距離でもないけど(笑)

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-八尾諏訪町通り

「えんなか」を流れる水の音が心地よい。

「えんなか」とは、ここ八尾町では、町を縦横無尽に走っている用水の事です。
冬、軒先の雪を流しても詰まらないよう、かなり流れが早いようで、その為
水の音もよく聞こえるのでしょう。
「日本の音風景100選」に選ばれているのも頷けます。

でも、私的には「えんなか」=「囲炉裏」のイメージしかありませんけどね。
同じ富山県の中でも、意味が違う言葉(方言)があるんだなぁ~と思いましたね。

さて、目指すはお蕎麦屋さん。

「前に来た時に、開店時間だったんに蕎麦が無くなったとかで
 店が早じまいしてしまってて食べれんかった!」


という、夫が夢にまで(?)みた念願のお蕎麦屋さんなんだという。

このお店、八尾曳山会館のすぐ前にあるお店ですが、駐車場が無い。

なので、曳山会館の駐車場に車を停め、駐車場にいらした職員さんに
蕎麦屋さんに行くのにここに車を停めてってもいいのかと聞くと、

すごくフレンドリーな職員さんで(笑)

このあたりの家のほとんどがこの冬、業者さんに頼んで2回も屋根の雪下ろしをしたとか・・・

車はここに停めてもらって全然大丈夫!とか・・・

自分もそこの蕎麦屋さんに後で行くかもしれないとか・・・

春になれば1000本桜が綺麗だから、是非見に来てくれとか・・・

その時は、ここに車を停めて歩いていった方が、渋滞なんかに巻き込まれずいいよ!とか・・・

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-屋根雪

延々続くその話を聞いていると、お蕎麦がまた食べれなくなったら困る!って事で
まだまだ話したそうにしていた職員さんと別れ、いざお蕎麦屋さんへ。

蕎麦屋 少兵衛

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-少兵衛 嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-少兵衛

土日しか営業していないこのお店。

さて、何がいいかな~とメニューを見るが・・・
店内を見渡すと「少兵衛おすすめ!」の「八尾五菜蕎麦」というのが目についたので
お勧めなら!と、私はそれを注文。
夫はお蕎麦の味を堪能したいからと十割蕎麦を註文。

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-八尾五菜蕎麦 嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-十割蕎麦

いやいや、ほんとに美味しかった~!
こんな美味しいお蕎麦が富山県内でも食べれるなんて、なんて嬉しい事!

美味しくいただいた後、会計をしていると夫がさらに店内の貼り紙を見つけてこう言った。

「八尾五菜蕎麦(私が食べたお勧め蕎麦)って、週末だけのメニューなんですか?」

店内には、掲載されていた雑誌の切り抜きが貼ってあって
そこに「週末だけのプレミアム」とのコピーがあったのだ。

お店のおかみさん、困った顔でこう言った。

「いや・・・私んとこ、土日しかやってないので・・・」

夫・・・ん?という顔をしていたが、ようやくおかみさんの言われる意味に気付いた!

「あーそうか、週末だけしかやってないお店だから
 メニュー全部がプレミアムなんや~(笑)」


そうね、そーいう事になりますわね(笑)

大ボケをかました夫と大笑いしながらお店を後にし、一路山奥の温泉に向かったのでした。

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-雪道

ふぅ・・・温泉は遠いぜ(笑)

長くなったので、次へつづく~~~♪
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
温泉に入ってほんわかした所で、そろそろ夕方。

氷見から160号線を走り高岡に向かっていくと、
道路の左手に「二上万葉ライン入口」があります。

そこで夫が思い出したのです!

二上万葉ラインの上の方に、つけ麺のお店があって
夕方から夜の営業で・・・とても評判が良い!というのを
何かの記事で読んだ事を!

滅多に氷見方面には行かない私たちなので、
この場所に来る事も滅多にない・・・

そう思うと、

行ってみるか!

ってなって(笑)

行きましたよ。左折です(笑)

万葉ラインとは、二上山の山腹・山頂をめぐり
立山連峰から能登半島までの景観を楽しめる約8kmのドライブコース。
道沿いには、守山城跡、平和観音像、大伴家持像、仏舎利塔、平和の鐘
郷土資料館、万葉植物園、二上山キャンプ場などがあります。

大伴家持がこの地にあった「かたくりの花」を読んだ歌が万葉集にも載っていて
かたくりの花を持った大伴家持くんが、高岡のシンボルキャラクターにもなっています。

万葉ライン、超久し振り(笑)。
免許取り立ての時、東京から来た友達を乗せてここを走ったっけ。

その後、高校の秋の遠足(?)は、三年間ココでした(汗
それも、全行程歩き(ノ´▽`)ノ
めっちゃイヤでしたよ(笑)

さて、目指すお店ってどこ?
ずーっと走ってるけど、見当たりません!

が、途中バックミラーに家に灯る灯りが見えました。

なので、Uターンして戻ってみると
何やら古ぼけた、合掌造りっぽい家屋。
でも営業中の幟があって・・・
コーヒーという看板も出てた。

ここ?
まさか・・・

ラーメンのラの字も見当たりません!

でも、怖いもの見たさもあって

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-まるかん レストハウス二上

最初灯りも少ししかついていなくて、まるで幽霊屋敷・・・

怖!!!

っと思ってたら、中からばぁさんが出てきた(ますます怖!!)

で、営業してるって言う。

まるで古民家のような・・・

大丈夫か?って、内心思ったりして(笑)

で、メニューを見せてもらうと、つけ麺の文字。
もうひとつメニューがあって、それは喫茶メニュー。

なんじゃこりゃ?の世界だったけど
ちょっと夕飯には早かったけど、つけ麺をいただく事にしました。

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-まるかん つけ麺

富山の人にも受け入れてもらえるように、甘辛の味付け・・・だそうです。

正直、お店でつけ麺って食べた事ないんだよね~
お取り寄せとかで買って食べた事はあったけど・・・

でも、それとは全く違う食べ物って感じでした。

麺はうどんみたいに太くもっちり。
タレは結構どろんとした濃厚なもの。

メンマやチャーシューはしっかり煮込まれていて柔らかい。

が・・・
ちょいと濃すぎたかもな・・・私には・・・
若い人には丁度いいのかもしれないね。

食べログなどでは、ベタ誉めでしたし。
こんな夜に万葉ラインに行くってのは、若い人が多いでしょうし・・・ね。

まぁ、ばぁさんの怪しげな雰囲気と(笑)
喫茶メニューも気になったので

もしかしたらまた来るかも~と
夫と話してましたけど、、、、

さて、また来るのかなぁ?(笑)

ははは。

そんなこんなで、お腹いっぱいになった氷見ドライブでした♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
現状では「讃岐」と「稲庭」はほぼ「当確」という見方が強く
第三のうどんには、長崎県の「五島」、群馬県の「水沢」
富山県の「氷見」のほか、名古屋の「きしめん」が挙がることもある。

と、三大うどんに数えられる事もあるという、富山の氷見うどん。

これは私も大好きで、時々買ってきたり、いただいたりと
家でも結構食べるほうです。

で、この間、氷見うどんの製造元直営のうどん屋さんに行ってきました。

いつもは細めんをザルで食べる事がほとんどですが、
この日は妙に寒く、冷たい麺を食べる気になれず
氷見うどんとしては初めて鍋焼きうどんを注文しました!

夫は常に冷たい麺が好きなので、かき揚げザルを。
私は氷見牛スジ煮込みうどんです。
何故か夫の指定です(笑)

嫁姑対決!「ボケ老人を抱える嫁の奮闘日記」-海津屋うどん茶屋 氷見牛スジ煮込みうどんとザル

鍋焼きには太めんが使われています。
私的には、氷見うどんの太めんは初めて食べるかも・・・

もちもちとした食感とツルツル感は、鍋焼きにしても同じで
とっても美味しくいただきました!

今度は鍋焼き用に太めんも買ってみるかなぁ~って思った位、ちょっとハマりましたね!

ここで煮込みのうどんを食べる事ができて、いつもの氷見うどんの印象がまた良くなりました。

氷見うどん太めん 7本入り【お土産・ギフト】麺類/うどん2010年ニューショップ

¥3,150
楽天


お腹も一杯になった所で、氷見といえば漁港の街。

っていう事で、氷見のフィッシャーマンズワーフに行く事に。

が、まぁ、こんなもんです(笑)的に、さらーっと一周しても・・・
富山県人としてはそれほど欲しくてたまらない物って無いですねぇ。

ただ観光バスが結構来てて、新鮮なお魚や魚の干物など、大量に買い付けて
宅配の手続きを取ったりしていましたし、
館内のレストランもほぼ満席状態でした!

そうよね。。。
氷見のお魚ってったって、こちとらスーパーでいつでも買えるもん・・・
わざわざフィッシャーマンズワーフまで行き、
クーラーボックスまで用意して・・・
考えたら面倒臭い(笑)

フィッシャーマンズワーフを一通り見て回った後は
氷見あいやまガーデンに行く事にしました。

そこはメルヘンの丘でした。

続きはまた今度♪
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。