『道』Blog



第一回課題発表

 

AABブルースのテーマとアドリブ

 

面白いブルースが出来ましたか?

 

課題発表はいつも楽しいですね!

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

この授業は三つのテーマがあります。

 

1.Blues編(1〜4回)

2.BeBop編(6〜9回)

3.Mode編(11〜14回)

 

それぞれのテーマが持つ特徴を練習法に応用しながら、それぞれのテーマのサウンドのカラーを楽しんでいただけるように工夫しています。

 

Bluesの解説では、

グーフォームを使った練習法

チョキブルース・スケールを使った練習法

パーそしてコード進行を使った練習法

 

と言う構成でした。

 

BeBop編 Mode編では又色んな練習法を紹介しますので、乞うご期待!

 

ルンルンルンルンルンルンルンルンルンルン

 

音楽の父、バッハの言葉に

 

「音楽は共通言語であり、翻訳の必要がない」

 

という物があります。

 

みなさんもそうですよね?

 

音楽聴くのに、

 

外国の音楽か、自国の音楽か、

歌詞ありか、無しか、

人間か、それ以外か?

 

関係ありませんよね?

 

好きなもんは好きなのです。

 

電気グルーブ が「中2の時に聞いた曲を一生聞く」という事をおっしゃってましたが(良い事言う)全く同感!

 

かくいう私も今でも「あの頃の曲」を良く聞きます。

 

朝の散歩時 、ウィングスの「バンド・オン・ザ・ラン」を聞いて立ちすくんでしまったり・・・

 

グランド・ファンク・レイルロードの「ロコモーション」を口ずさんで人に避けられたり・・・

 

グッ至福の時ですね・・・

 

余談が過ぎてしまいました(失礼)

 

歌詞の意味なんて全く解らなかったのに小中の頃の私を夢中にさせた・・・音楽の秘密を知りたくて旅に出た私の心は、未だドキドキが続いています。

 

ブルースは、音楽探究の旅の途中で出会った、「サイコロをくれたあのじいさん」なのかも知れません・・・(意味不明酔っ払い

 

雲雲雲雲雲雲

 

これまでの授業で行った項目のまとめをしておきましょう~

 

上差しその1

AABブルース

 

*構成を使ったアドリブ練習法とテーマの作り方

 

*ブルースはリリック・フォーム(歌詞の構造)を利用したAAB形式で出来ている。

 

*それを利用してアドリブの練習やテーマを作曲してみよう〜

 

上差しその2

メジャー&マイナー・ブルース・スケール

 

*ブルースのメロディの作り方

 

*メロディが圧倒的な主役をつとめるブルースを、スケール目線で解析。

 

*メジャーとマイナーを両方使ってブルースのコード進行を表現する方法。

 

上差しその3

ドミナントを使い方とブルースのコード進行

 

 

*リハモナイズを利用してブルースのヴァリエーションを作る〜

 

*ドミナント7thコードが持つ2つの特性を生かしてリハモナイズを考える。

 

*いろんなブルース進行を研究〜

 

といったお話をいたしました。

 

皆さんもブルースを研究してみてください!

 

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

次のテーマはBe Bopです。

 

BeBopとは? 

 

即興演奏の自由形(クロール)である?

 

ガーン「は?」

 

すいません、意味不明で・・・

 

Be Bopは音楽ジャンルの一つですが、もしBe Bopを即興演奏手法の一つとして例えると、ハーモニーとリズムの画期的なコントロール法と言えるでしょう。

 

どんな方法で即興しても良いというルールで演奏してるうちにBeBopという手法が最後に残った、そして其の技法が今も受け継がれて進化を続けている・・・と、言う意味でクロールなんです。

 

ムキー「よけわからん!」

 

滝汗「すいません!」

 

Be Bop を理解する為にとても効果的な方法を紹介しましょう。

 

それは・・・

 

Charlie Parker

 

聴きましょう!

弾きましょう!

歌いましょう!

 

そして好きになりましょう〜

 

です。

 

「好き」は無理しないでもいいですが・・・

 

個人の自由ですから。

 

しかし、聴いてください(録音悪いけど・・・)

 

そして、弾いてください(ムズイけど・・・)

 

歌ってください(恥ずかしいけど・・・)

 

歩きながら鼻歌でドナリーやコンファメーション等、嗜めるようになれば、あなたは立派なバッパーです。(ラッパーではありません)

 

これは宿題ではありませんが、せっかくCharlie Parker に接する機会があるので是非トライしてくださいね。

 

推薦書

 

 

 

 

 

 

 

それでは、これからも、音楽の旅を、皆さんと共に続けたいと思いますのでよろしくお願いします。

 


「音楽は君自身の経験であり、君の思想であり、知恵なのだ」

 

「もし君が真の生活を送らなければ、君の楽器は何も真実の響きを持たないだろう」

 

by Charlie Parker

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログは洗足音楽大学の授業How to Improvise の予習復習用に書いております。履修学生の方に特化した内容ですので、御理解の上お楽しみください。

 

How To Improvise第2クールは

 

Be-Bop

 

課題はリズム・チェンジです。

 

リズム・チェンジとは何か?

 

それは、授業の中で説明致しますので、乞うご期待…

 

 

ニコニコ皆さんはこの機会にBe-bopをたくさん聞いてみてくださいね。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

今回そして次回の2回に分けてBe-bopのアドリブを演奏する時に重要な要素である「コード・トーン」を使ってメロディ(フレーズ)を作る方法を紹介します。

 

上差し「3つのコード・トーン・ソロイング」

 

part1)ネイバー・トーン&転回形

 

part2)7-3の法則

 

part3)テトラトニック

 

ルンルンルンルンルンルンルンルンルンルン


右差しpart1「ネイバー・トーン」

 

とは「近く(隣)の音」です。

 

コードが変わる時はなるべく近く(隣)の音に行きましょう〜というテクニック?です。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと
 
まずはトライアド(3和音)を使って説明します
 
進行は1625(C A Dm G)です。
 
先ず、
1625進行( C A Dm G )の「 ルート・ポジション 」の「 トライアド 」を
 
譜面に 書いてみましょう。
 
譜例1)ルート・ポジション
 
譜例1を見ながら弾いてください。
 
音が飛びすぎていて見にくい(弾きにくい)ことないですか?
 
あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと
 
「転回形」
 
上差し次は同じコード進行を転回形で書きましょう。 
 
譜例2)転回形

なるべく動きが少ない内声を作りました
 
最短距離のヴォイシング(内声の配置)

どうでしょう?

やりやすい(弾き易い)しスムースに感じませんか…?
 
(転回形の説明は既に楽典等で勉強してると思うのでここでは省きます)
 

転回形の目的は

なるべく動きが少ないヴォイス・リーディングを作る事です。

(ヴォイスリーディング=内声の動き)

 

どうでしょう?譜例1を見ながら弾くより、

やりやすい感じ、しませんか?

 
もやもやもやもやもやもやもやもやもやもや
 
何故転回形を使うと何が良いのか?
 
「弾きやすく」そして「美しく」する為にいいのです。(頭は使うけど)
 
上差し「弾きやすく」というのは、ピアノで見れば一目瞭然です。
 
目の前に12個の音が順番に並んでいるので、次のコードへの最短音がすぐ分かります。
 
鍵盤以外の楽器は頭の中で転回形を作ってそれを楽器に反映させなくてはなりません。
 
転回形に関しては、ピアノを使っての学習が効率的でしょう。
 
上差し「美しく」?コードの内声は動きがなるべく少ない方が「美しい動き」とされています。
 
転回形は慣れるまで少し戸惑うかもしれませんが…楽譜に書いたりして頭の中で作れるようになりましょう。(そうすると便利です)
 
キョロキョロ次のコードの近い音(ネイバートーン)は、転回形が頭に描ける様になると分かるようになります。まずは貴方が練習したいコード進行のコード・トーンを転回形を使って書いてみましょう。
 
 
練習問題…
転回形を使ってなるべく近くの音でコードを書いてみましょう〜
 
転回形が作れると、近い音が分かりますよね?
 
次はネイバー・トーンを使ってコード・トーン・ソロイングを作ろう〜です〜
 
 
上差しコード・トーン・ソロイングというのは、いわゆるアルペジオの練習とは違います。
 
アルペジオの練習とはコード・トーンが自分の楽器の中にどのように配置されているか?ということを習得するのが目的であるといえます。したがって、なるべく幅広い音域で様々な音程で、コード・トーンを練習することが好ましいです。
 
それに対してコード・トーン・ソロイングは、コード・トーンの中から「音を抽出する」ことです。
 
抽出とは?メロディを作るという事です。
 
コード・トーン・ソロイングは作曲のアイデアでもあります。
 
 
上差し実際に転回形を使ってメロディを作ってみましょう。
 
 
転回系によって作られた動きの少ないヴォイス・リーディングを見てください(譜例2)
 
Ex1)
次のコードに行くとき必ず近くの音(又は同じ音)に行く
 
Ex2)順番はどうでもいいのでネイバートーンに行く
 
 
Ex3)ランダムに〜
 
Ex4)リズムを加える
 
上差し7thコードの場合も同じです
 
譜例3)転回形によるヴォイスリーディング(最短距離のヴォイシング)
 
譜例4)転回形によるヴォイスリーディング別ヴァージョン(最短距離のヴォイシング)
 
上記の様にいろんな転回系を作っておいてそれを見ながらネイバートーンの練習をしてみましょう。
 
Ex5) 譜例3を使ってメロディを作る
Ex6) 譜例4を使ってメロディを作る
Ex7) 譜例3を使ってメロディを作る
Ex8) 譜例4を使ってメロディを作る
 
 
Ex9) 
 

ただコード・トーンを弾くのではなくどうやったら音楽的なリズムを加えられるかいろんな工夫をしてくださいね

 

上差しコード・トーンを使ったアルペジオのエキササイズを作って行くのも楽しい練習の一つです。

 

アルペジオ・エキササイズ(色んなコードタイプで練習しましょう〜)

 

arpeggio ex1)

 

arpeggio ex2)

 

arpeggio ex3)

 

arpeggio ex4)

 

arpeggio ex5)

 

arpeggio ex6)

このようなアルペジオ・シークエンスを自作しそれらにリズミックなバリエーションを即興で加える練習等DIYをしましょう〜
 
 
あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと
 
上差しコード・トーン・ソロイング(書きソロ例)
 
 コードが変わる時に最短距離(ネイバートーン)で次のコード・トーンにつながっています。
 
 
真顔ここで、小ネタを1つ・・・
リズミックなアイデアを得る為に既成の曲のリズムをモチーフにするのも良いでしょう。

上差したとえば、チャーリー・パーカーのビリーズバウンスやコンファーメーション等の素晴らしいリズミックアイデアをパクリンコしてみましょう。


Ex9) Billie's Bounceをモチーフに・・・

Ex10) Confirmationをモチーフに・・・

Ex11) Au privaveをモチーフに・・・
 
ハートラブラブハートラブラブハートラブラブ
 

Charlie Parkerのメロディの中にはビバップの2代要素である、ハーモニーとリズムが絶妙なバランスで出てきます。
 
彼のメロディは単旋律にも関わらず「必ず」ドラムとピアノが両方聞こえちゃうのです。(一人バンド)

彼が活躍する1940年代以前のスイングジャズ(1930年代)の時代、メロディは単純な繰り返し(リフと言われていた)の曲が多く、コード進行とのシンクロ度合いもそんなに細かなものは在りませんでした。(殆どの曲がⅠ-Ⅳ-Ⅴのシンプル進行)
 
 

メロディの中にあるリズム自体も複雑なアクセントが少なく、メロディはメロディ、伴奏はリズムセクションと、分業になっていました。

 

そういったスイング・ジャズをビバップに発展させていったのが、チャーリー・パーカーを中心としたビバップ世代のミュージシャン達です。

 

彼らは単旋律のメロディの中にビートとアクセントとコード進行を同時に表現して行くという画期的な手法を発明しました。

 

Be-Bopとはリズム&ハーモニーが一体となったのスタイルなのです。

 

「独りでもスィングを表現できる!」

 

其のコンセプトに多くのミュージシャンが惹かれ、フォローしていくのであ〜る・・・

 

パーカーはその中でも特にリズムがユニークかつ大胆なアイデアの持ち主でした。
Charlie Parker Bud Powell Thelonious Monk Dizzy Gillespie 達の曲の研究、そしてもちろん演奏は是非聞いてみてください。

パーカーはタップダンスが大好きで、街角で踊ってるタップダンサーのビリーを見てビリーズ・バウンスを思いついた、と、なんかで読んだことがあります。とまあ、かなりうんちくになってしまいましたがさらなるコード・トーン・ソロイングは次週に続く…
 

次週は

7-3の法則&テトラトニックです。

 
 
右差しコード・トーン・ソロイングを練習するにあたって念頭に置くべき注意点

・コード・トーンを自分の楽器を使って覚える(アルペジオ練習)
・コード進行に沿ってインテンポで演奏できるように練習する。
・リズミッックなアイデアを意識する。
・手で音を選ぶのではなく、頭でコントロール(なるべく)しよう。
・先読み。次ぎにくるコードを想定しスムーズに音から音に繋げるよう事を心がけよう。
など、
など、練習するとき注意してくださいね~
 
 

 

 

 

新作「ベース無窮動トレーニング」予約開始〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今回は「ブルースのコード進行」についてのお話です。


上差しコード進行はジャズのアドリブを演奏する人たちにとって、

 

おすましペガサス永遠のテーマであり、

 

ランニングハードルであり、

 

ハサミ便利な道具であり、

 

乙女のトキメキ魅惑の存在?です。

 

コード進行が味方になるか、敵になるかによって、その人の音楽の楽しみ方が変わってくるかも知れません。


ポーンコード進行を勉強する時には言葉が沢山出てきます。

トニック、サブドミナント、ドミナント、サブドミナントマイナー、セカンダリードミナント、エクステンディットドミナント、モーダル何チャラ、リレーテッド何チャラ…

 

滝汗言葉が多すぎです

 

これらの言葉は「機能」と言って調性内におけるコードの役割を示したもので・・・

 

そんな説明が始まった途端、理論が嫌になる人もいるのではないでしょうか?・・・?

 

なんでジャズ理論ってこんなにややこしいのでしょう?

 

伝える為に作った「言葉」が、逆に理解を妨げているということかもしれません。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

ウインク今回はシンプルにコード進行を理解する1つの言葉を紹介します。

それは「ドミナント」です。

ドミナント(dominant) は優位・支配と言う意味です筋肉

 

コードが支配する?って、どういうことでしょうか?

 

それはドミナントが「解決したい!」という(我が儘な?)性格を持っているという事なんです。

音符ドミナント・コードとは

 

これです。

 

譜例1)
$『道』Blog

1.3.5.b7です・・・

 

例えば、

 

こんな風に曲が終わったら・・・

譜例2)

ええ〜〜〜っ?

 

ってなりませんか?

 

ドミナントはけじめをつけたいのです・・・


あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと


上差しドミナントには「動き方」が2つあります。

(本当は色々ありますが今はこの2つを覚えてください。)

注意それは「4度進行」と「半音進行」です。


譜例3)4度進行



譜例4)半音進行(俗に裏コード、サブ・ファイブなど呼ばれます)


CMaj7というコードに行きたいドミナント・コードは2つあるという事です。これはCm7でも同じです。

簡単ですがこれを使って色々出来ます。

上差し2つのドミナントを利用して「リハモ」を体験してみよう〜

リハモとはコード進行を「直す」という事です。

 

リ=直す ハモ=和声


拍手循環コード進行(Ⅰ Ⅵ Ⅱ Ⅴ)をリハモしよう〜

譜例5)



これをドミナントの2つの動きを利用してリハモします。

上差し上記の進行は4度進行(4th↑)なので、これを半音進行(2nd↓)に変えます。

 

譜例6)弾いてみましょう〜

どうですか?

サウンドがガラリと変るでしょう?


この理屈をこねくり回すと、いろんな進行を作れます。

 

例えば・・・

上差し4度進行(4th↑)と半音進行(2nd↓)を両方使うこともできます。

 

譜例7)ドミナントを2つに分ける。(弾いてみましょう〜)




上差し半音&4度進行ドミナントを使って1625をリハモ

 

譜例8)

注)これはセカンダリー・ドミナントと言いますが、理屈は後回しにして先ずドミナントの4度と半音の動きに注目してください)

 

半音と4度進行というキーワードでもう少し考えてみましょう・・・


譜例9)1625のヴァリエーション



という感じで、ドミナント・コードを使ってこねくり回すといくらでもリハモできます。

 

ウインクリハモとは、楽しいテクニックで、作曲、アレンジ、によし、伴奏によし、アドリブによし、ベースラインによし、いろんな利用価値があります。

 

この世には?いろんなリハモがありますが、今回はドミナント・コードの2つの動きを例に挙げて説明致しました。リハモナイズの話はまたいずれ深掘りしたいと思います。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと


それでこのリハモをブルース進行に当てはめてみましょう。

 

ウインク「ブルース進行のリハモ」

 

みんなでブルースのコード進行を考えよう〜〜〜のコーナ〜

 

4度進行、半音進行を使って、

 

先ずはシンプルな3コードブルースをリハモしてみましょう。

 

譜例10)シンプル・ブルース進行

 

譜例11)シンプル・ブルース進行のリハモ・ヴァージョン

半音のドミナントを使いました

どうですか?

おもしろくなりました(よね?)

 

 

続いてジャズ・ブルース進行をリハモしてみましょう。

 

 

 

譜例12)ジャズ・ブルース進行

 

 

譜例13)ジャズ・ブルース進行のリハモ・ヴァージョン

これも同様に半音ドミナントを使いました。

さらに、ジャズっぽくなりました(よね?)

 

ここで少しコード進行を利用したメロディの作り方を紹介します。

コード・トーンを使ってメロディを作るなんて、ブルースに対する裏切り行為的手法です・・・

 

譜例13のリハモを使ってコードトーンソロを作ってみた・・・

ね?ぞわぞわするでしょう?

 

コード・トーンを使ったアドリブの練習法については、第6回以降の授業でやりますので乞うご期待。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

前回もお話したとおり・・・

 

ブルースの主役はメロディです。

 

主役が身につける衣装がコード進行とするならば、あなたはどんな服をデザインしますか?

 

ブルースのメロディは強いです筋肉

 

ので、結構どんな服も似合っちゃうかも?

 

デザイナーの腕の見せ所〜

 

世の中にはどんなブルースの進行があるのか、ちょっとのぞいてみましょう〜

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

ジャズ・ブルースにも微妙に違った進行が存在します。

 

譜例14)ジャズ・ブルース進行(DimやⅡ−Ⅴ進行を追加)

 

チャーリー・パーカーはユニークなオリジナルブルースをたくさん作曲しました。

(説明の為にinCで表記しています)

 

譜例15)ジャズ・ブルース進行(バード・チェンジ)

 

譜例16)ジャズ・ブルース進行(Relaxin At Camarillo)

 

ジョン・コルトレーンも面白いコード進行があります。

 

譜例17)

 

譜例18)コルトレーン・チェンジ・ブルース(Giant Stepsのコード進行を使って私が作りました)

 

マイルス・デイビス はこんなにシンプルな進行を作っています。

譜例19)

 

と、言う風にジャズ・ミュージシャン達が作ったブルースは面白くてちょっぴり意地悪な進行がたくさんあります。アドリブを面白くするといった意味もあるのでしょう〜

 

ロックミュージシャンのリハモも、おもしろい物がたくさんあります

 

譜例20)T.born walkerで有名なStormy Monday は様々なジャンルのミュージシャンがカヴァーしています。

 

小節数もヴァリエーションがあります。

(必ずしも12小節ではない)

 

譜例21)16小節ブルースです。

 

譜例22)16小節、ゴスペルからの影響も感じられるユニークなコード進行のブルース・スタンダードです。

Peter Greenの十八番です。

 

譜例23)これなんかもうブルースじゃない!という声もちらほらですがブルース・ミュージシャン達に愛されている曲です。Eric Claptonの十八番です。

 

ジャムセッションで大人気?のブルース進行をあれこれ紹介しました。

是非聞いてみて弾いてみてジャムってくださいね。

 

 

ブルース進行は基本的に

 

 

と大きく捉えて考えれば良いと思います。

 

あるいは・・・

 

AAB形式にメロディに任せちゃってコード進行はさらに自由に発想してもいいかもしれませんね。

 

メロディや歌詞がAAB形式になっていればトニック、サブドミ、ドミナントといったコードの助けを借りずとも立派なブルースとして成立すると思います。

 

皆さんも想像を膨らまして面白いブルース進行を考えてくださいね。

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ


先週はブルースのメロディのお話をしました・・・

ブルースの原型と言われている「ワークソング」「フィールドハラー」には元々コード(和音)はありませんでした。

 

メロディだけの音楽です。

コードは後で付けたのです(誰かが・・・)

 

初期のブルースの伴奏はコード(和音)すら無かったと(私は)思います。

 

ルートだけだったかもしれません・・・

 

いやリズムだけ、ビートだけ、アクセントだけ、手拍子だけ・・・かも?

 

大事なことは、南部で生まれた「ワークソング」「フィールドハラー」達は旅をしたと言うことです。

 

足足足足足

 

初期のブルースは南部ど真ん中ミシシッピー・デルタで形になっていったそうです。

ギターを使って弾き語りをするおなじみのブルース誕生です〜

デルタ・ブルースの代表選手、Sun Houseの伴奏は完全なに3コードスタイルです。(G Blues)1920年代のブルースは録音が残されていて今も聞く事が出来ます。

 

デルタ・ブルースの代表的ミュージシャン

Sun House

Charley Patton

Robert Johnson

 

デルタ・ブルースは旅をしてシカゴにたどり着きます。

そこでパワーアップしたシカゴ・ブルースになったのです。

 

シカゴ・ブルースの代表的ミュージシャン

Muddy Waters

Howlin' Wolf

Otis Rush

シカゴ・ブルースはイギリスのロックミュージシャン達にも影響を与えました。

 

シカゴ・ブルースの映画

 

ギターギターギターギターギター

 

私の大好きなユニーク・ブルース・ミュージシャンを紹介します。

 

Blind Blake

 

ブルースの伴奏という点ではこの人は特筆ものです。

ラグタイム・ブルースの達人です。

 

元々ピアノの演奏スタイルだったラグタイムをギターでやっちゃった〜ちょっとどうかしてる?人ですが、めちゃくちゃ古いレコーディング(1926)にも関わらず完璧に全部の音が聞き取れます(しかも1音たりともリズムが崩れない・・・)

 

こちらの曲も3コードから離れて西洋的(ピアノ的)和声感覚でブルースを表現しています。

話が脱線しましたが、メロディしかなかったブルースの原型(ブルース・スケール等)を皆でよってたかってアレンジ&リハモ大会をやりまくった結果?R&B、ゴスペル、ソウル、ファンク、ロケンロール、ロック、果てはポップ&歌謡曲からBTSまで・・・ブルースのファッションショー未だ終わらず・・・いやはや、今更ながらブルースの奥と幅には驚かされるばかりです。

 

音楽を勉強される方は是非何処かの機会で、ブルースのシャワーを浴びてみるのも良いと思います。

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

さて・・・

 

それでは皆さんお待ちかね、

How to Improvise第一回の課題を説明致します。

 

課題発表は2023/5/20(月)です

 

ブルースのテーマAAB(1コーラス=12小節)

ブルースの書きソロ(1コーラス=12小節)

 

合計24小節

 

を作ってください。

 

メロディはAAB形式に(なるべく)なる様に。

アドリブは自由に書きソロを作ってください。

キー、テンポは自由です。

楽譜、音源の提出(又は演奏)でお願いします。

 

私のGoogle Classの中に「ブルース課題」というタイトルの提出箱を作りますのでそこに提出してください。

 

提出期限は5月19日の23時59分です。

 

最後に私が作った課題例を載せておきます。

稚拙な例ですが参考にしてくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事の続きです。

 

ジョー・パス ファンの私といたしましては、彼の魅力は数あれど、一押しネタは「ひとりバンド」だと思うのであります。

 

ドラムもベースもピアノもトランペットも….彼の演奏の中には全部あります拍手

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

キラキラ今回の練習法はギター以外の方にも有効です。

 

グラサンギターに限らず、ソロ(一人)で演奏する時の「最大の敵」リズム(タイム)・キープです。

 

ヘビたった1人でインテンポ(テンポ通り)で演奏できるのは、アンサンブルに関わる全ての人が出来た方がいい(出来るべき)演奏技術なのですが、ついついドラムやベースに「下の方」を任せちゃって、適当なリズムで弾いてしまいがちです(私も含め・・・)

 

ぶっちゃけ、伴奏がしっかりしてたら、ずーっと同じ音を延ばしていても絵になってしまう事はみなさん薄々お気づきだと思いますが、その怠け癖?が一人(ソロ)になった時に一気に負の要素として自分に襲いかかるのです・・・ゲロー

 

よく、メトロノームか?伴奏トラック(カラオケ)か?という論争を聞きますが、

 

の為には伴奏トラック(コード感を養う)

タイムの為にはメトロノーム(リズム感を養う)

 

それぞれの目的を持った練習するのがおすすめですね。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

キョロキョロジョー・パスの演奏の魅力の一つは、たった一人でインテンポ演奏を(どんなテンポでも)出来てしまう!ということですが、それをする為のテクニックをちゃんと用意しているのですね。

 

一直線に進んで行くリズムと、よどみなく、かつ解り易いメロディラインは後に多くのフォロワーを産む素晴らしいギタリストです。

 

そんなジョー・パスのソロギターから練習法をパクってみましょう!

 

「伴奏が主役、ソロが脇役」

 

ジョーパスがインテンポを演奏する時に良く使う手法で「伴奏とソロを交互にやる」というのがあります。

 

次に紹介する譜例を弾いてみてください。

 

まずは有名なスタンダード "So What"です。

 

譜例1)"So What" [Miles Davis]

メロディと伴奏が込みで一つのテーマになっています。いわゆるコール&レスポンス(ボケとツッコミ)系のジャズ・スタンダードですね。

 

このような曲は珍しい訳ではなく、他にも多数あります。

 

譜例2)"Mornin" [Bobby Timmons]

 

譜例3)Stompin' At The Savoy[Edger Sampson]

メロディの相方(間の手)が最初からアレンジされていて、その形のまま皆んなに広まって行きましたので、セッションの場でもこのアレンジが演奏されます。

 

他にも、

Sister Sadie [Horace Silver]

Gingerbread Boy [Jimmy Heath]

Blue Train [John Coltrane ]

 

等、自分でも調べて探してみてください。

聞いてるうちに「なるほど、これがコール&レスポンスか〜」ってなるはずです。

 

これを利用してこんな練習をしてみましょう。

 

ひとりバンドのやり方です。

 

譜例4)Blues in C

グッ上記の譜例は12小節のブルース進行です。

 

照れリズムが指定されてるところには必ず伴奏を弾きましょう。

 

ラブその間はあなたの自由時間です(の部分)

 

ウインク始めからいきなり伴奏とコードを一緒にやるのは難しいので先ずは伴奏だけをメトロノームに合わせて練習してください。

 

爆笑慣れて来たら簡単なメロディを創作して伴奏の間に入れてみてください(マイナー・ペンタがおすすめ)

 

お願いこの練習法は伴奏が主役です。アドリブが伴奏の邪魔をしない様に上手くはめないと、リズムは崩れてしまうでしょう。伴奏を主役としてアドリブする訳です。

 

譜例5)Blues in C(アドリブ例)

 

この練習は他の楽器又は複数の人でやる事も可能です。アクセントは必ず演奏してソロを順番づつやるとか、管楽器の人は伴奏の部分を単音ルートでやるとか。

 

コーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒー

 

今回のコール&レスポンス奏法はジョーパスのどのソロ・ギター・アルバムで聴く事が出来ます。

 

彼がインテンポで演奏している時はシングル・ノートとコードが目まぐるしく交差して、伴奏とメロディが互いに会話している様な状況を作っています(アドリブで)

 

調子の良い時の彼ならば、猛烈に早いテンポでもタイム・キープしながら、伴奏とメロディのスイッチングを平気な顔をしてスラ〜っとやっちゃいますラブカッコイイ〜(ハゲるなら彼の様になりたい〜)

 

キョロキョロ私的にはこの3枚は是非聴いてもらいたいアルバムです。

 

特にBlues for 何とか というタイトルがついてる曲はジョー・パスがその場で適当に作ってる?と思われ、遊びまくっていますので、いろんなテクニックが楽しめます。

 

と、いう事で本日はこれまで〜

 

 

 

 

 

本の宣伝お願い

 

こちらの本の1曲目のMistyはジョーパスに捧げたアレンジになっていますのでチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログは洗足音楽大学の授業How to Improvise の予習復習用に書いております。

 

履修学生の方に特化した内容です。

クラス内で使う專門用語なども出てきます。

 

御理解の上お楽しみください。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

前回は、ブルースとは何か?

 

それは

 

「AAB形式の12小節の曲」である〜

 

と、いうお話をしました。

 

今回は・・・

 

?ブルースのメロディの秘密

 

と、いうお話をしたいと思います・・・

 

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

 

ブルースとは誠に不思議な音楽です。

 

クラシックと対極に進化した音楽、と言えるでしょう。

 

口笛ヨーロッパ発のクラシック音楽は和声(コード進行)を主役として進化してきました。

 

メロディはコード進行の僕(しもべ)のようなものです。

 

「和声」がメロディのみならずその楽曲の個性を決定するくらい、影響力を持っています。

 

モーツァルトの曲とか、知らない人が聴いても和声を間違えたら分かると思います(怖〜〜〜)

 

 

グラサンそれに対してブルースはメロディが絶対的なヒーローです。

 

いかなるコード進行があろうとも「わしはわしやから〜」といって譲りません。

 

そんなブルースってどこから来たのでしょう?

 

音符音符音符音符音符音符音符

 

ブルースの誕生は諸説ありますが、1800年代(19世紀)頃

 

映画「ハリエット」は正にその時代です。

 

 

映画を見れば解ると思いますが、この時代に、生きる為に必要不可欠な何か(祈りとも、芸術とも、エンターテイメントとも、宗教とも、呼べる何か)が存在したのは確かな事です。

 

それはものすごいパワーを持っていました。

 

ブルースの原型と言われている「ワークソング」「フィールド・ハラー」のDNAは明らかに現在の Pops,R&B,Soul,Rock その他多数の音楽のなかに残されています。


和声が変わろうが、テクノロジーが発達しようが、金があろうが無かろうが・・・・アナログかデジタルか?そんなの関係ないのです。

 

そのパワーは全く衰えずに、私たちの琴線を震わせ続けているのです。

 

ぐだぐだいってもしょうがないのでので、先に進みます・・・

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

上差しブルースは時代が変わってもある一つの共通点を持っています。

 

それが今回の主役、ブルース・スケールです。

 

Minor Blues Scale

Major Blues Scale

 

キョロキョロ「?これってペンタじゃない?」

 

酔っ払いその通り!ペンタトニック(5音階)に1音(blue note )を足した6音スケールです。

 

このスケールがブルースのメロディの素になっています。

 

 

少しだけメロディの素、ペンタの歴史をたどってみましょう。

 

Johnny Lee Moore with 12 Mississippi Convicts 

G♭マイナーペンタです(Gbmコードで伴奏してみましょう)

 

"Jody" (Prison work song)

これまたG♭マイナーペンタ(Gbmコードで伴奏してみましょう)

 

これらは「ワーク・ソング」と呼ばれる作業時の掛け声のようなもので、日本でいう「ヨイトマケの歌」です。(母ちゃんの為ならエンヤコーラ〜)

 

労働者達は互いに「息を合わせる為に・・・励ます為に・・・苦しさを忘れる為に・・・」ワークソングを歌っていたのです(想いを馳せてください)

 

 

Work Songというタイトルの有名なスタンダード・ナンバーもあります。

譜例1)

 

 

この曲のメロディにもMinor Blues Scaleが使われています。

 

 

音符音符音符音符音符音符音符音符

 

「ブルース・スケールの使用法」

 

ブルース・スケールはブルースのコード進行の上で大変心地よく響きます。

 

この「響きます」というところがミソで(実は)ブルースのコード進行はブルース・スケール伴奏を付けているような物?なんです…

Blues in C のコードは次の3つです。

C F G 

      or

C7 F7 G7

 

いわゆるトニック、サブドミナント、ドミナントです。

 

この三つのコードの上でブルース・スケールはどんな表情をみせるか?

 

 

ブルースの各コードを弾きながらメロディ(ブルース・スケール)を弾いてみましょう。

まずはブルース・スケールの性格をつかんでください。

 

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

右手でマイナーブルース・スケールをランダムに弾きながら、

左手でコードを弾いて見てください。

 

Ex1)

 

Ex2)

 

テンポは自由です。

 

歌いながらやっても気分いいですよ(渋めに・・・)

 

マイナー・ブルース・スケールがブルースの各コード上でどのように響くのか?それを味わいながら確認してください。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

グッブルース・スケールに限らず、スケールを練習する時に効果的な方法は「伴奏と共に弾く」ということです。

 

ピアノの方はもちろん左手を使っていただき、その他の楽器の形はマイナスワンやループマシン、DTMなどを駆使してスケール練習をしてみて下さい。

 

そのほうが気分もいいし、サウンドも覚えられて一石二三鳥位の効果はあると思います。

 

音符音符音符音符音符

 

次はジャズ・ブルース in C の各コード上で同じ事をしてみましょう。

 

これらのコードを弾きながら右手で弾いたり歌ってみたりください

 

Ex3) Jazz Blues進行の上でブルース・スケールを弾く(各コードをルバートで弾きましょう)



ブルース・スケールはコードに対して使うのではなくキー(調)に対して使います

 

キーが C ならば C ブルース・スケール(マイナー or メジャー)

キーが Cm ならばC ブルース・スケール(マイナー)


を使います。

 

コード進行のことは考えなくて良いのです(楽でしょ〜?)

 

上差しあなたがコードを意識しないでブルース・スケールを弾いてもコードが変われば違った表情を見せるのです。

 

どんな服を来ても似合うお洒落な奴?と言ったところでしょうか?

 

クラシック音楽やジャズの理論ではコード進行に対して、濁った音を使ってはいけない!という、「しきたり」がありますが、ブルースにおいてはそれは通用しません!

 

グラサン「何?コード?ふん、知らんがな〜何でもええからワシについてきたらええねん」(素敵)デレデレ

 

メロディはメロディ、コード進行はコード進行(俺は俺、おまえはおまえ)なのです。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

上差し前述のブルースの初期の「ワークソング」「フィールドハラー」のなかには、現代のいろんな音楽の中に生きているメロディ達がたくさん見られます。

 

現代の R&B、ゴスペル、Soul 等は、ブルースが服(コード進行)を着替えただけ・・・とも言えます。
 

グッブルース・スケールを使ってスキャットをするのも良い練習になります。

 

ゴスペルやソウルのボーカリストがやるような「コブシ」をイメージしてみてください。「歌」こそブルースを練習する最も最高のツールと言えるでしょう。

 

音符音符音符音符音符音符
 

ブルースは元を辿れば「歌」の音楽です。スケールという目に見える形にするから「お固い印象」になってしまいますが歌った時に「あ?きもちいいい〜」となればそれでいいのです。ブルースの伴奏(YouTubeにあるよ)で歌って気分良くなってください。

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

キョロキョロ「先生〜」

 

ニヤニヤ「ハイなんでしょう?」

 

びっくり「さっきからマイナー・ブルース・スケールの話ばっかりですが、メジャーさんが可哀想ではありませんか?」

 

滝汗「すいません、忘れてました・・・」

 

 

星星星星星星星星

 

「Major Blues Scaleの使い方」

 

メジャー・ブルース・スケールはこちらです

 

 

マイナー・ブルース・スケールはメジャーの時もマイナーの時も使用可ですがメジャー・ブルース・スケールは注意が必要です。

 

上差しメジャーコードの時はもちろん、sounds good !です。

 

譜例2)音をだして確かめてみてください。

ブルーノートである -3rd の音がメジャートライアドの3rdに対するアプローチ・ノートとしても機能するし、#9にもなります。

 

譜例3)

 

譜例4)

 

 

上差しそれに対してマイナー・コードの上では注意が必要です。

 

譜例5)音をだして確かめてみてください。

 

Cm の -3rd とブルース・スケール内のメジャー3度は♭9になってしまい、伸ばす音としては扱いにくいという訳です。

 

従って、ブルース進行に
メジャー・ブルース・スケールを当てはめる場合は注意が必要です。

それを耳で確かめてみましょう。

 

譜例6)メジャー・ブルース・スケールをBlues進行に当てはめてみた

赤い矢印の音に違和感があります(よね?)

 

もやもやもやもやもやもやもやもやもやもや

 

注意は必要ですが、効果的に使えば sounds very good !

作戦を練りましょう!

 

名付けて・・・

ブルース・スケール!メジャー&マイナー友達大作戦!

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

ハイ〜、というわけで

 

3コードブルースを少し大人っぽく?してみましょう。

 

譜例7)最もシンプルなブルース進行

 

譜例8)メジャー&マイナー友達大作戦!を使ってみると・・・(弾いてください)

 

どうですか?

Ⅰ(トニック)Ⅳ7(サブドミ)Ⅴ7(ドミナント)のサウンド・カラーが

 

メジャー&マイナーの2つのブルース・スケールを使うことによって

 

サウンドの輪郭がくっきりしたと思いませんか?

 

メジャー&マイナー友達大作戦!はシンプルですが効果的なアドリブ・テクニックで、この手法を使いこなしている素晴らしい演奏家は数多くいます。

 

音符音符「1625」いわゆる循環コード進行を・・・メジャー&マイナー友達大作戦!で弾いてみると・・・

 

この様に緊張と緩和を作ることができますね?

 

この現象を利用して

ブルース、ゴスペル、 R&B

等のミュージシャン達は

ブルースを表現しているのです・・・

 

エリック・クラプトン、ピーター・グリーン、ミック・テイラー、スティービー・レイ・ヴォーン、ジョージ・ベンソン、コーネル・デュプリー、エリック・ゲイル、デヴィッド・スピノザ、ジョン・トロペイなど

ギタリストはこのテクニックに長けた方が多くいます。

 

スティービー・ワンダー、ダニー・ハサウェイ、マーヴィン・ゲイ、アル・グリーン等の演奏も参考にしてください(授業内で聞きましょう〜)

 

上差しここで皆さんに質問ですが、(譜例7)のようにメジャー&マイナー・ブルース・スケールを特定のコードの上で配置すると何故?コード・サウンドの輪郭がくっきりするのでしょうか?

 

ちょっと考えてみてください・・・

 

音符音符音符音符音符

 

ウインクどうですか?

 

理屈を使って、ブルース・スケールコード・トーンをぶつからないようにするという方法はあります・・・が

 

ブルースのミュージシャン達は耳を使ってカラーの使い分けをしているのだと思います。

 

緊張したい!=マイナー

落ち着きたい〜=メジャー

 

悲しい=マイナー

明るい=メジャー

 

ブルースっぽく=マイナー

カントリーっぽく=メジャー

 

R&B=マイナー

ポップ=メジャー

 

耳を使って、メジャーとマイナーを言ったり来たり・・・混ぜたり・・・

 

それが一番自然ですね拍手

 

ブルースという音楽の一端を垣間みていただけたら幸いです。

 

グラサンそれでは最後にジャズ・ブルース進行にメジャー&マイナー・ブルース・スケールを当てはめてみましょう。

 

譜例9)ジャズ・ブルース進行 in C 

必ずしもこのスケールの配置でなくてはいけないという訳ではありませんが、それなりの理由があってスケールを決めています。それを自分なりにアナライズして学習材料にしてください。

 

そして自分で工夫しながらメジャー&マイナー友達大作戦!を作ってみてください。

 

 

こんな感じです〜

 

譜例10)

 

皆さんは各スケールの特徴に慣れる為に書きソロを作る事をお勧めします。

 

最後に「マイナー・ブルース・スケール」「メジャー・ブルース・スケール」

それぞれの書きソロを載せておきますので参考にしてください。

 

 

譜例11)「マイナー・ブルース・スケール」

 

譜例12)「メジャー・ブルース・スケール」

 

 

来週はブルースのコード進行についてお話し致します。

 

 

 

こちらの本は今回の授業内容をさらに深められる内容です。

興味あれば是非〜

 

 

 

私の本もよろしく〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

How to Improvise 第2回はブルースです。

 

アドリブを練習する時に何を練習するか?「練習の素材」はとても大事です。

 

アドリブの素材?って何でしょう?

 

スケールやコードなども素材ですが、もっとも重要な素材は「曲」です。

 

どんなジャンルの音楽でも最終的に観客に届ける物は曲です。

 

我々ミュージシャンはスケールやコード、理論等を学んだ物を全て曲の中に反映させて行くのです。

 

今回は「アドリブの素材」としてのブルース・・・?

 

と、いうお話をしましょう。

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

ブルースとは何か?

 

簡単に言うとブルースとは

 

「AAB形式の12小節の曲」です。(12小節ではない場合もあります)

 

世間では、ブルースと言う名詞はいろんな使われ方をしますので混乱の素です。

 

 

グラサン「なんかブルースっぽい」(形容詞?)


お願いブルースのCDは何処ですか?」

タワレコ店員「5階です」(ジャンル?)


照れ「エリック・クラプトンはブルース・ギタリストだ!」(スタイル?)


お願い「ナウ・ザ・タイムは12小節のブルース進行だ!」(構成?)

 

 ニコブルースはホントに色々あります。

「柳ケ瀬ブルース」というの曲もあります・・・(演歌?)

 

 

もやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもやもや

 

ブルースというのはとても狭い音楽でもあります。

 

ラブ例えば「バラード」という言葉は、

 

ゆっくりな曲とか(テンポ)

ロマンチックな歌詞(フィーリング)

 

とかいった使い方をする物で、構成とか、コード進行、小節数を示したものではありません。

 

すなわち、バラードはコード進行もメロディも構成も、なんでもいいんです。

 

グラサン対して「ブルース」という言葉には、

 

小節数

コード進行

フィーリング

時にはメロディの音使いまで・・・示す場合があります。

 

「ブルースという楽曲」はかなり「狭い範囲でバリエーションを作っている」のですが、じつは

制約が多いというのはかえってやりやすいんです…

 

ブルースは同じ構成の同じコード進行の似たようなテンポで、無数のヴァリエ〜ションがあるのです。

 

狭いから深いとも言えるのですね。

 

上差しこのブルース独特のルールを利用しない手はありません!

 

アドリブを「即興」ではなく「ゲームのルール」だと思って先ずそのルールを覚えることから始めてみましょう。


あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと


上差しブルースは「12小節=AAB形式」の曲です。

 

この構成には非常に大切な意味があり、ブルースの作者たちは意識するしないに関わらずこの構成の制約を受けています。

 

この構成をアドリブに取り入れる方法を紹介いたしましょう!

滝汗 名付けて「AABブルース!」(ダサっ!)

A)4小節音符
A)4小節音符
B)4小節ハート

まずメロディが始まります→A

それを繰り返します→A

最後に違うメロディで終わります→B

 

それぞれが4小節になっています。

 

ネタふりが2回

オチが1回

 

このフォームはブルースの歌詞が源になっています

 

 

上差しLyric Structure を観てみよう!

 

 

次の曲達を見てください。

 

 

グラサン Born in Chicago

 

A音符I was born in Chicago, nineteen and forty-one


A音符I was born in Chicago in nineteen and forty-one


BハートWell, my father told me"Son, you'd better get a gun”

 

 

 

グラサン Stormy Monday [T-bone Walker]

 

A音符They call it stormy Monday, but Tuesday's just as bad


A音符They call it stormy Monday, but Tuesday's just as bad


BハートWednesday's worse, and Thursday's also sad

 

 

 

キョロキョロ 2回同じ事を歌って最後に違う事を歌っているのがわかりますか?

 

他にも面白い歌詞がたくさんあります (和訳で)

 

「アーミー ブルース」[カルヴィン・ブランド]

朝から憂鬱だ、最悪の日がついに来た

朝から憂鬱だ、最悪の日がついに来た

アメリカ政府に徴兵されて楽しいはずは無い

 

「バレルハウス ウーマン」[リロイ・カー]

いつも浮かれてるブギウギ娘

いつも浮かれてるブギウギ娘

そんなに浮かれてると頭がいかれちゃうぞ?

 

「ミステリー トレイン」[ジュニア・パーカー]

俺の乗っている汽車は16両連結

俺の乗っている汽車は16両連結

この長い黒い列車が、あの娘を故郷から連れ去った

 

「フューチャー ブルース」[ウイリー・ブラウン]

1分が1時間、1時間が1日になる

1分が1時間、1時間が1日になる

俺の女が浮気をやめない限り

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

上差しAABの歌詞の構成(lyric structure)はブルースの「伝統的な構成」です。


今回はブルースの「構成を利用」したアドリブの練習法

及びブルースのテーマの作り方を紹介します。

キョロキョロまずはジャズレジェンド達の有名なAAB形式のブルースを見てみましょう。

 


Ex1)Blues Walk [ Clifford Brown ]

 

 

Ex2)Blue Monk [ Thelonious Monk ]

 

 

Ex3)Mr P.C [ John Coltrane ]

 

 

Ex4)Tenor Madness [ Sonny Rollins ]


同じメロディ(モチーフ)が2回繰り返した後違うメロディが1回

 

構成と言う「テクニック」はなかなか便利な物です。

 

其の通りに並べると「ブルースっぽく」なります。

 

フレーズを一所懸命練習しても、スケールを頑張ってやっても、速弾を鬼のようにやっても、

「なかなか良いアドリブができな〜〜い」と御悩みの方は是非お試しを。


あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

上差し「AABブルース」を実際に作ってみよう!
 

次の進行でやってみましょう


 

作ってみた・・・

 

Ex5 AABブルース
$『道』Blog

 

音符「やり方」

 

先ず、Aのメロディを作ってください。

 

そしてそれをそのまま下の4小節に「コピペ」します。

 

最後は違うメロディ(B) を作ってください。

 

AABが完成したら(B)を新たな(A)にして次のAABを作ってみましょう。


右差しブルースと言う「構成」をアドリブの「素材」として使う、これは後に、さらに高度なアドリブを修練するときに必要なテクニック「モチーフ・デベロップメント」の初期段階の練習法として大変有効です。

 

口笛ここで少しモチーフ・デベロップメント(動機の発展)の説明をしましょう。

 

 


右差しモチーフとは簡単に言えば「コピー&ペースト」の事です。

 

何をコピーするか?

 

まずは「リズム」です。

 あなたが最初に作ったリズムをコピーして、次のメロディに貼っつけるのです。

 

モチーフ・デベロップメントと言う技?ですグラサン

 

譜例1)

 

譜例2)

 

譜例1、2)は「リズムが同じで、違う音」が当てはめられています。

 

このようにリズムをコピペして、発展させるのです。

 

「意図的に似せられたメロディの連結」と言う事ができるでしょう〜

 

 

右差しBlues Walkのリズムだけを書き出してそれに音を当てはめてみましょう


譜例3)


このリズムをモチーフにして他の音を当てはめてBluesを作曲してみましょう。

 

 

Ex6)

Blues Walkのリズムを元にしてにして作ったオリジナルブルース


と、いうふうに皆さんもAABブルースを作曲又はアドリブ練習に取り入れてみてください。
 

Qこれが何のリズミック・モチーフから出来ているか分かりますか?

 

AABという伝統的な形式を使うと何故かブルースに聞こえる・・・?

と、いう不思議な現象のお話をしました。

 

いつ頃どこでこの形式が成立したのか?諸説ありますが、次回はその辺の話も含めて、もう少しブルースのお話を致します。

 

それでは又来週〜バイバイ

 

 

 

グッ私の本もよろしくです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ギター基礎トレーニング」は学習者がギタリスト、「質問コーナーは「色んな楽器の方」からの質問に答えた記事です。

 

えーんギターはピアノに負けてます・・・はっきり言ってもやもや

 
ギタリストの皆さん悔しくないですか?
 
プンプン私は悔しいです!
 
なのでディストーションも買いました、マッチレスのアンプで糞デカイ音を出してみんなを威嚇しました…
 
あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと
 
ギターでもピアノに負けないようなハーモニー感覚を身につけ、ピアニストの地位を脅かしましょう!!!(ガオ〜ムカムカ
 
右差しギターでドロップ2を弾きましょう

ギター独自のフレット・ボードという「ラビリンス(迷宮)」を支配するのは並大抵のことではありません。
 
とくにピアノ様な、ヴォイス・リーディング(機能的和声)を演奏するのは肉体的にも頭脳的にも大変難しく、どうしても「タブ譜、パワーコード、ペンタ」という三種の神器にたよりがちです。(別に悪いってわけじゃありませんよ〜そこがギターの素敵なとこでもあるのです)
 
和声の法則を知る為に、まずはドロップ2の転回形をフィンガーボードの上で理解して行く事が必要です。(ピアニストに勝つ為にも・・・?)そして、転回系を押さえる事により、サウンドを耳で覚えて行き、どんなヴォイシングを弾いているか?聞き取れる様になってきます。

上差しそうです、コードを押さえる練習は「耳の訓練になる」という事です。

ロジックを使って練習する事は、とっても効率がいいのです。

上差し先ずはドロップ2体験コーナ〜
 
ドロップ2とは、上から2番目のコード・トーンを1オクターブ下げる(ドロップ)ってこと!
 
ギターで押さえ易くなりますグッ
 
あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと
 
それでは主要4種コードMaj7,7,m7,m7(♭5)のドロップ2ヴォイシングを押さえてみましょう〜
 
 
Ex1) C Maj7のドロップ2
---音符の右横数字は構成音の配置
 
Ex2) C 7のドロップ2
---構成音の配置はCMaj7と同じ
 
Ex3) Cm7のドロップ2
---構成音の配置はCMaj7と同じ
Ex4) Cm7(♭5)のドロップ2
---構成音の配置はCMaj7と同じ

ここまで、粘り強く押さえきった方達は、必ずストレッチをして、しばらく休んでから次のExに進んでください。


あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

Drop2 Diatonic Exercise
 
Diatonicを練習する時は何らかのルールを設定すると効果的です。
 
にっこり2度、3度、4度、5度、6度、7度とルートの動きを網羅します
 
ニコニコ全てのダイアトニックコードを使うようにします
 
爆笑なるべく近い音に移行する。
 
昇天同一弦で弾く。
 
 
幾つか例を挙げます・・・
 
 
Ex5) 1234弦を使ったDrop2 Diatonic Exercise(Cycle 2)
------音符の右横数字は構成音の配置
 
Ex6) 2345弦を使ったDrop2 Diatonic Exercise(Cycle 2)
------音符の右横数字は構成音の配置
 
Ex7) 3456弦を使ったDrop2 Diatonic Exercise(Cycle 2)
------音符の右横数字は構成音の配置


Diatonicを使っていろんなExerciseを作る事が出来ます。
 
例えば・・・
 
Ex8)1234弦を使った Drop2 Diatonic (Cycle 4th)
 
 
Ex9) 2345弦を使った Drop2 Diatonic (Cycle 5th)

 
 
Ex10) 2345弦を使った Drop2 Diatonic (Cycle 6th)
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q「ビバップ・スケールについてもう少し詳しく知りたい・・・」

 

前回記事について質問をいただきました。

 

本ブログ記事は主に私の指導学生からの質問に答えて書いています。そのため学校のみで扱う専門用語も時折出てきます。

 

一般の読者の方とも共有して、何かのお役に立てればいいな、と思って一般公開にしております。

 

ご理解の上お楽しみくださいませ。

 

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

ビバップ・スケールとは、コード・スケールに半音の経過音を加えた物です。

 

コード・スケールとは簡単にいえばコードにあったスケールですから・・・

 

メジャーコードにはメジャースケール

マイナーコードにはマイナースケール

ドミナントコードにはドミナントスケール

 

と言う事です。

 

それらに半音の経過音を入れるとは・・・?

 

メジャー・スケールは半音は6と5の間に半音を入れます。

 

譜例1)Major Bebop Scale

 

さて、何故こんな事をするのでしょう?と言うのが今回の質問です・・・

 

Bebopという音楽が流行った頃、様々な方法でコード進行に対するおもしろいアプローチが試されました。

 

管楽器奏者達はどうやったら「コード進行をシングル・ノートで表現できるか?」という超絶マニアックな試練に取り組んできたのであります。

 

ビバップ・スケールもその中の一つ・・・

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

半音を入れる事に寄って◯で囲んだ音を強調することになります。そしてそれらはC6と言うコードを表しています。

 

譜例2)Major Bebop Scale

 

何故強調されるか?・・・は、それらの音が強拍(down beat)に来るからなのですが、今はサラッと流して・・・

 

半音を一つ加えて8音スケールにする事に寄ってパッシングノートからコード・トーン(C6)へ均等に配分できる様になります。

 

と、言うわけでMajor Bebop ScaleはC6と言うコードを強調する為のスケールなのです。

 

ドミナントもマイナーも同じく・・・

 

譜例2)Dominant Bebop Scale

 

譜例3)Minor Bebop Scale

 

このようにビバップ・スケールの構造を理解する事でフレーズを創る時にもキャラを最大限に利用する事が出来ます。

 

要するに、C6のコードトーンをなるべく強拍に来る様に工夫すればBebop スケールのキャラクターを生かしたフレーズが作れると言う事ですね。

 

 Bebop のレジェンド達の演奏を聴いてみると、なるほどそうか!と思わされるところはいっぱいあります。

 

奇数拍(down beat)にコード・トーンを配置するようにパッシング・トーンを使う訓練は耳が慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、手始めにCharlie Parker. Clifford Brown.Pat Martino. 初期のMcCoy Tyner達の演奏を聴いて慣れる所から始めればいいと思います。

 

Charlie Parkerのフレーズをみてみよう〜

 

譜例4)Charlie Parker [Klaun Stance]

各フレーズの奇数拍(down beat)音符が殆どコード・トーンです。即ち Charlie Parker は意図してコードを強調しながら演奏していると言う事です。

 

譜例5)Charlie Parker [Donna Lee]

と、いうわけで、新入生のみなさん、入学おめでとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
YouTube版
 
ようこそHow To Improviseへ!
 
道下和彦と言います。
 
How to Improviseはジャズ・インプロヴィゼーション(アドリブ)の練習法をいろいろ紹介する授業です。
 
いわば、アドリブ練習法の「レシピ本」です。
 
皆さんがアドリブを練習するときに良くある
 
「何をやったらいいかわからない〜〜〜」
 
という悩み事に、一つでも多く御答えしようと言う主旨で、1996年にスタートして、かれこれ28年間やっております。
 
難しい音楽用語も時たま出てきますが、聞き流してしまっても何も困らないようになっておりますので、肩肘貼らずにお気楽に受講していただければと思います。
 
キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ
 
第一回は、
 
1. 授業ガイダンス
2. スィングというリズムについて
3. ベースラインについて
 
というお話をいたします。
 
 
上差しHow To Improviseは
 
月曜日2限、洗足アンサンブルシティ2F C202で行います。

 

対面授業です。

 
この部屋にはポータブルキーボードがあるので、皆さんはそれを使いながら授業内容を確認できます。
授業の際、自分のキーボードをセッティングして受講してください。(自分の楽器も使用可)
 
前期15回を次のようなスケジュールで行います。
 
課題発表は3回
1回目はブルースの書きソロ
2回目はリズムチェンジの書きソロ
3回目は好きなスタンダードナンバーの書きソロ
です。
 
タイムスケジュール
How To Improviseは月曜2限です
 
課題発表の日は皆さんが教室に楽器を持ち寄って一人一人の書きソロを演奏(又は録音したものを再生)します。

スケジュールを守って提出してください。
 
課題の詳しい内容は授業内で指導いたします。
 
上差しひとつ、大事な事を
 
クラス内マナーについて
 
本クラスは1年から4年まで履修出来ます。と、言う事は、色んな人が一緒に勉強します。
 
初心者滝汗
達人真顔
マニアックチーン
サイコパスゲロー
オタクポーン
冷やかしウインク
仮眠・・・酔っ払い
 
いろんな人たちがいます・・・
 
あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと
 
授業内では
 
マニアックな内容を簡単に話したり(詐欺か?)…
 
基礎的な事を深く掘り下げたり…
 
みなさんの質問に答えたり…
 
カッコイイ音楽を聴いたり…
 
楽しいよ〜〜〜
 
滝汗初心者の方は「マニアックすぎてよくわからないと思う事もあるでしょう。
 
真顔上級者のかたは「そんな事知ってるわ!金かえせ!」と思う事もあるでしょう。
 
学校という社会はついつい安易な優越感や劣等感を持ちやすいです。無理に仲良くしようとしたり極端に他人を避けたりするのは疲れちゃいます・・・
 
自然体で(難しいけどショボーン
 
上級者は初心者を馬鹿にせず、勇気と情熱を感じてあげてくださいね〜
 
初心者は上級者を恐れず、興味を持っていろんなものを吸収してくださいね〜
 
以上、授業ガイダンスでした。
 
 
足足足足足
 
 
授業を始めます。
 
「ジャズのリズム(Swing)について・・・」
 
皆さんはスィングという言葉をご存知ですか?
 
スウィングスイング (Swing or swinging) とは、英語で「揺らす」「振る」の意。
 
だそうですが・・・
 
野球にも「バット・スィング」ってありますよね?
 
 
ジャズというコロニー(共同体)の中では様々な意味で使われる言葉です。
 
ウインク「僕はスィング・ジャズが大好きです。特にベニー・グッドッマンが・・・」(ジャンル)
 
ニヤニヤ「やっぱ、オスカー・ピーターソンはスィングしてるな〜〜」(形容詞)
 
真顔「あ、何何君、サビはスィングでやってくれるかな?」(演奏法)
 
ゲロー「君、酒飲まんの?だからスイングせえへんねん!!」(パワハラ)
 
等等・・・
 
こんな会話が夜な夜なジャズ・コロニーでは行われているのですグラサンガーン
 
スィングという言葉にいろんな意味があるのが混乱を招く元なので、
 
本日はスィングというリズムがどのような構造を持っているのか?
 
という事をシンプルな視点で解説致します。
 
あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

スィングは日本では時々4ビートと呼ばれる4拍子のリズムです。
 
3拍子のスィングもありますが今回の説明では4拍子のみで解説します。
 
キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ
 
始めてジャズを聞いた人でも、何故か、聞いてるうちに身体を揺らしたり、足を踏んだり、指を鳴らしたり…

不思議ですよね?何故リズムを感じるのか?
 
 
上差しジャズのリズムは次の3つの要素で出来ています。
 
1.ビート
2.アクセント
3.メロディ
 
そして各要素を決まった楽器(リズムセクション)が担当する事になっています。
 

「メロディ」は、歌や管楽器はもちろん、ギター、ピアノ、時にはベース等も担当します。
 
「アクセント」はスィングのリズムで最も重要なパートで、主にスネアドラムとピアノやギター等のカンピング(伴奏者)が担当します。
 
「ビート」はライドシンバルとベース基本的に4分音符を演奏します。
そして密かにバスドラムで「フェザリング」という技を使ってビートを作ります。
ギターもビッグバンドスタイルでは4分音符を演奏します。
 
プンプン「せんせ〜〜〜!」
 
真顔「ハイなんでしょう」
 
えーん「既に混乱してます〜〜」
 
酔っ払い「どないに?」
 
えー「担当楽器と言いながら、スネアやライドシンバル、バスドラムって要するにドラム独りでしょ?」
 
滝汗「大変良いところに気がつきましたね? 実はドラマーは一人でジャズのリズムの2パートを担っているのです!!!!」
 
ドラマーは凄いのです!(実は)
 
 
ドラムという楽器は一人で
 
ビート(4分音符)
アクセント(裏)
 
を演奏します。
 
これは即ちジャズの大事なとこ(美味しいとこ)を一人でやっちゃってるという事なんです。
 
皆さんも美味しさを体験してみましょう。
 
ドラムの疑似体験1
 
両手を使って4分音符をキープしながらアクセントを叩いてみてください。
手は左右どちらでも構いません。
 
他にもいろいろアクセントで遊んでみてください。
そして素晴らしいドラマー達がどんなアクセントを入れているか聴いてみてくださいね。
 
ドラムの疑似体験2
 
ドラムの疑似体験3
 
と、言う風にドラマーは
 
右手(ライドシンバル)でビートを刻みながら・・・
左手(スネア)でアクセントを叩いているのです・・・
 
故にドラムはスイングの要ということなんです。
 
リズムセクションは
 
音符ビート(4分音符)を支えるビート担当と、
 
ルンルン緊張感を与えるアクセント担当
 
2パートに別れて音楽をおもしろくしているのです。
 
 
そしてこのリズムセクションを利用しながら、あるいは影響を受けながら、メロディやソロを軽やかに歌い上げるフロント達がいるのであります〜
 
ビッグバンドという大編成のジャズ・バンドがあります。
 
ビッグバンドは、アクセント、ビート、メロディの3要素がアレンジされた形で分かり易く表現されているので参考にしてください。
(カウント・ベイシー、デューク・エリント、バディ・リッチなどがおすすめです)
 
「まとめ・・・」
メロディ又はアドリブソロ(ヴォーカル、トランペット、サックス、トロンボーンetc…)
アクセント(ドラマーの左手=スネア&ピアノ、ギターのバッキング)
基本ビート(ドラマーの右手=ライドシンバル&ウォーキング・ベース・ライン)
 
皆で演奏たのしいな〜〜〜〜
クラス内では音を出し(聴き)ながら実際のスイング・リズムを皆で作ってみましょう。
 
続いては・・・
 
「ウォーキング・ベース」

いきなりですが・・・
 
皆さんにベースラインを創作、演奏していただきたいと思います。どんな楽器の方(ドラムの人は口ベース)でもできますので、歩きながらベースを歌う「変なおじさん」になってくださいね。

先ほどのジャズのリズムのお話では、ベースはビート担当という事になっていました。
スィングの4ビート(4分音符)ベース・ラインはWalking Bass(ウォーキング・ベース)と呼ばれていまして、ジャズを象徴する演奏スタイルです。
 
実はこのウォーキング・ベースはリズム的にも、音使い的にも、ジャズを体験する為の優れた教材になるので、ベーシストだけの秘密にしておくのはもったいないテクニックなのです。
 
よって今回はベースラインの練習の仕方を一つ伝授致しましょう。

ここで扱うウォーキング・ベースとは
 
1小節に4つの音を演奏する、
 
「4ビートのウォーキング・ベース」です。


キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

右差し先ずはコード進行を用意します。

||:C |A7 |Dm7 |G7 :||

このコード進行を使ってベースラインを作ります。

先ず最も大切な音はルートです。

小節の頭(一拍目)に必ずルートを弾きましょう。

 

Ex1)

 
 
ルートの次に大事な音は5度です。
5度は3拍目に弾いてください。
 
Ex2)


どうでしょう?
ベースっぽく聞こえますか?

上記のEx1,2)はコード進行のサウンドを支える重要な音(ルート、5度)ですが、このままではかっこ良くないですね?そこでウォーキング・ベース・ラインという訳です。
 
 
右差しアプローチノートを利用しよう!
アプローチとは「半音下又は上」から次のコードのルートに向かって解決を促す音です。
 
Ex3)半音下から

 
Ex4)半音上から

半音なのでクロマチック・アプローチ・ノートと言います。
クロマチック・アプローチ・ノートはキー、コード、スケール、に関係なく次の音の前に半音を付けるだけです。
 
ここで少し理論的に話しましょう。
半音というのはどういう音か?半音とは「不安定」な音です。
 
上記のEx3,4)は次のルートに解決した時にサウンドが安定します。
ルートの半音隣の音は、大変不安定です。早く次の音に行きたいのです。その「不安定」が「安定」したくなる「特性」を利用することによってクロマチック・アプローチ・ノートは成立します。感じをつかむために任意のコードを押さえながらそのルートの半音上又は下を押さえて(どの高さでも良い)ルートに解決してみてください。アプローチのシステムを理解する事ができるようになるとジャズサウンドの一端が分かってきます。
 

楽器を使って確かめてみましょう~~~

 

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあと
 
それではクロマチック・アプローチ・ノートを使ってウォーキング・ベース・ラインを作ってみましょう。
 
右差し「ルート」と「クロマチック・アプローチ・ノート」
 
ルートとアプローチノート(半音下又は上)を繰り返します。
 
図1)
 
rはルート
anはアプローチノート(クロマチック)
 
各コードのルートを1拍目と3拍目に置きます。(強拍弱拍のルールは後ほど説明します)
 
Cmaj7の最初の音はC、次のA7の最初の音は…という風に当てはめてください。
そして3拍目も1拍目と同じ音を。
 
図2)は次の音の半音(上下)からアプローチします。
 
楽譜でみると・・・
図3)
◯の音符はなんですか?
答えをみる前にちょっと考えて(弾いて)みてください。
 
Thinking time~
 
 
はてなマーク笑い泣き
 
 
答え〜
Ex6)下からのクロマチックアプローチ
Ex7)上からのクロマチックアプローチ
 
Ex8)ミックス
 弾いて見てください
 
上差しImportant 大事!
 アプローチノートは次の音を基準に上下が決まります。先に次の音は何か確認してアプローチノートを決めてくださいね。
 
ここまでが「ルート」と「クロマチック・アプローチ・ノート」によるウォーキングベースの作り方です。
 
 右差しウォーキング・ベース・ラインのアプローチ・ノート・ルール
 
!強拍弱拍のルール
 
強拍は安定音(コードトーン)
弱拍は不安定音(アプローチノート)
を配置します。
 
 
これを逆にするとコード進行が不明確になります。(不明確にしたかったらそうしてください)
 
基本は1.3拍目はコードトーン2.4拍はアプローチ・ノートですが、1拍目のルートが守られていれば2.3.4拍はフレキシブルに考えられます。
 
音符その他のベースラインルール
 
4つのアプローチ・ルール
 
 
 
右差しR-AN-R-AN既にに紹介しましたのでルール2から紹介します。
 
 
Ex9) R-AN-5th-AN
Ex10) R-3rd-5th-AN
Ex11) R-2nd-3rd-AN
 
どうですか?ゲームみたいでしょ?慣れて来たらコードネームを見て即興でベースラインを弾く事が出来るようになります。
 
 
ニコニコベースラインを即興で演奏できる様に訓練するのはアドリブの訓練にとても良いのです。コード進行とシンクロする感覚練習?とでもいいましょうか…?ジャズのフレーズはコード進行を利用して出来ています。コード進行を元にリズムをキープしながら即興でメロディを作る、これはベースラインも全く同じです。すなわち「コード進行とシンクロする感覚」というのがジャズの即興において大切なスキルなのでそれをシンプルに体現している「ウォーキング・ベース」が基礎となるのです。


えーんそれではここで宿題です。次の授業までにウォーキング・ベース・ラインをEx12)のコード進行を元にして作ってください。それをPDF又は画像ファイルで道下に送ってください。

 

コード進行はこちらです。

リピートした時に自然につながるように工夫してくださいね。

 

 

Ex12) Blues in C



キョロキョロこのクラスは1〜4年制限無しでジャズコースの学生なら誰でも履修出来ます。学修段階が異なる人達が混在している訳です。このクラスの授業は誰もが理解しやすい学修内容ですが、課題はそれぞれのレベルに合わせてやってください。ハイレベルなアプローチもWelcome です!
 
口笛授業内容は一週間で理解する必要は全くありません。お料理のレシピ本のように気が向いた時に作ったりしてくださいませ。



ウシシせっかくベースのお勉強したのでかっこいいベーシストを紹介します。
参考アーティスト(ベーシスト)
 
Paul Chambers

歌のようなベースライン

 

Ray Brown

ベースの音に注目

 

Jaco Pastorius

後半大変な事になるので聞き逃さないように

 

 

 

 

 

 
 

 

Q「バッハって何やってんですか?」

Q「コード感を出すってどういう意味ですか?」

 

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

おおらかに、悩み多き人生をエンジョイして下さい!

 

最近はリモートを使って海外の方ともレッスンをやっているのですが、合奏するのが困難なリモートは「How to practice」中心のレッスンになります。

 

ジャズ・インプロヴィゼーションの練習の大切な要素に「ハーモニー(和声)を利用して旋律を生み出す」という物があります。

 

バッハはどのようにして美しい旋律を生み出したのでしょうか?

 

本記事は以前に取り上げた記事をもとに加筆しております。

バッハっぽくコード・トーンやスケールの練習をする方法が記されております。

 

もちろんバッハはこんな単純な物ではなく、奥の深〜〜〜〜〜〜い音楽ですが、あくまでも入門編としまして。

 

 

私のおすすめ作品はこちら

 

 

 

 

右差しその1

「7−3の法則」


アドリブに限らず、音楽の音の動きには文法があります。

 

美しく聞こえるメロディには必ず何らかの法則が潜んでいるのです。

 

とくに、クラシック音楽は「美しい音の動き」に文法を見いだしそれに乗っ取って、あるいはそれを敢えて破壊する事によって無数の名曲?を生んできました。

 

たった12音しか無いのにすごいですよね!?

右差し
Ex.1 まずコード進行を流しながら適当にメロディを思い浮かべて歌ってみてください。


ミケランジェロが大理石の中にダビデ像を見出したように、コード進行の中からいいメロディを産み出すことができたでしょうか?
 

次は今度はコード・トーンの3度の音だけ歌って見ましょう。どこかで聞いた事のあるメロディに聞こえませんか?

Ex.2コードを弾きながら3度を歌う(練習)


Ex.2の様にコードの3度の音はとても「歌いやすい音」とされていて、世の中の歌には3度がいっぱいです!

 

上差しこれを利用して必ずコードの最初の音に3度を持ってくる様にします。

 

7thコードには4つの音(1、3、5、7)がありますので

 

3が頭にくる音形は


(3、1、5、7)
(3、1、7、5)
(3、5、1、7)
(3、5、7、1)
(3、7、1、5)
(3、7、5、1)

 

と、6種類の音型ができます。

 

どのように並べてもいいのですが推奨する音型が2つあります

 

それは(3、1、5、7)(3、5、1、7)です。

 

コードからコードへ移動するとき7度が3度に移動します

 

「7度で終わって3度にいく」

 

私はこれを「7-3の法則」と呼んでレッスンで時折やっています。

 

ただ無心で3157.3157.3157…とコード進行を見ながら弾いて行くだけです。

 

(ただし4度進行の上で…後述)

右差しコードが4度進行する場合、7度はかならず次の3度におりていく(解決する)様に動きます。要するに7−3はネイバートーンですね。

 

(音符上の数字はコードトーンの度数)小節の最後の音と次の音に注目してください。

 

Ex3)


一度ピアノでもなんでもいいですからゆっくり上の譜面を弾いてみてください。

 

コードがなくても進行が聞こえてくると思います。

 

どうですか?バッハに聞こえますか?

 

先生パー

 

ハイゲロー

 

これだとみんなおんなじになってしまいませんか?びっくり

 

大丈夫です酔っ払い

 

上差し7-3の法則は一つじゃない

 

上下を入れ替えればバリエーションは色々作れます。

 

7-3の法則バリエーション例

 

上差しここで重要ポイント!!!

 

7-3の法則は4度進行で機能する!

 

右差し次のEx4はスタンダード・ナンバー「枯葉」ですが、全て4度進行です。

 

上差し実際に「枯葉」エクササイズを作ってみましょう

 

Ex5)

 

注)7-3の法則は自動的にネイバートーンに行くのでそれ以外の音は上下自由に入れ替えても構いません。(その方がヴァリエーション豊かになります)

 

このように多数の曲で4度進行は使われますので殆どの曲でバッハ風アプローチが可能です。

4度進行の曲・・・

([All The Things You Are] [Autumn Leaves] [There Will Never Be Another You] [There Is No Greater Love] [Cherokee] [Satin Doll] [I’ll Close My Eyes] [I’ll Remember April] etc…

 

スタンダード進行に対して3517を当てはめていく(3157も要練習)

 

 

 

音符おまけ!

Ex5にリズミックヴァリエーションを加味しました。!

 

Ex6)

 

キョロキョロどうですか?アドリブっぽくなるでしょ?

 

All the things you are のコード進行に7-3の法則を当てはめてみました。

(コードネームの横の数字はコードトーンの順番。表記の無い部分は4度進行ではないので7−3が当てはまらない部分)

 

 

 

 

右差しその2

「スケールのオクターブ・シフト練習」

 

スケール練習というのはどの楽器でも面白くない物です(知らんけど・・・)

そんな時は?これをちょっと試して下さい。スケールの配置を覚えるためにも有効です。

 

スケールをアップ・ダウンする際にオクターブ・シフト(切り返し)を行なってメロディを作る手法で、バッハの作品の中によく見られます。

例3)

例4)

例3,4は、

ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド・・・・

ド、シ、ラ、ソ、ファ、ミ、レ、ド・・・・・

 

と延々スケールが上がったり下がってるだけなんですが、途中でオクターブ・シフト(アップorダウン)してメロディっぽくなっちゃてます。

 

是非自分の楽器で弾いてみて下さい。

例5)

 

例6)

 

 

通常弱拍(8分裏)でオクターブ移調することが多いので皆さんも参考にしてやってみてください。

 

例7)下記の譜例はバッハの無伴奏バイオリンソナタin Bmですが・・・

上の譜例が元です。

赤線で囲まれた部分はただのスケールの行ったり来たりなんですがオクターブ移調を施す事によって魅力的なメロディに変えています。

 

ハーモニックマイナースケールの練習をオクターブ・シフトしながらやるととってもバッハっぽくなります。

 

例8)C ハーモニックマイナーのオクターブ・シフト練習例