no icecream no life♪♪

no icecream no life♪♪

地球大好き。一生のうちでいくつの国に行けるかな〜!
ネイリスト→経理へ転職。ナイロビで現地法人のアカウンタント補佐→出産→今後を模索中〜
結婚して、転勤族になり、東京→大阪→ナイロビ→東京→ジャカルタ❤


テーマ:
クリスマス前に日本へ一時帰国。
なるべくゆるめのスケジュールと思ったのに、やっぱり年末にきてみんな順番に体調を崩す 笑



1年以上運転してなかったのに、いきなり高速何時間も運転することになってヒヤヒヤだったけど、母になって、ネシア生活を経て、開き直れるようになってきた気がする 笑



2018年は、ボゴールのホテルのフェイシャルで使ってくれた化粧品が肌に合わずに顔中蕁麻疹で腫れ上がるところからのスタート(*_*)



原因不明の偏頭痛が続いたり、歯が痛くなったり、熱出したり。
明らかに健康面でガタガタな1年だった。
元気がいかに幸せで、母には元気がどれほど大切かを痛感した1年で、食生活も年始と暮れでは大きく変化したと思う。



やっぱり日本人っていうか、
生まれ育った環境が与える影響は大きい。



ご飯、味噌汁、焼き魚。
みたいな朝ごはんが定番化した。



料理というよりは、食材についていろいろ考えた1年で、今のこの超絶多忙な育児中でも続けられることを少しずつ組み合わせて。



グルテンをできる範囲で控えていこうと。でも、断ちはしない。パン大好きだから 笑
小麦粉の美味しさ知ってるから!



けど、後半の半年近くかけて、朝ごはん8割パンだったのを4割くらいにシフトした。ご飯の日の割合を増やした。



あと、身体の健康と同じくらい、心の健康も大切で、うちは子供達が17時半〜18時半には寝てしまうので、平日は朝ごはんしか家族で食卓を囲めない。



なので、1日の食事で朝ごはんに一番の気合いを。
と言っても、基本は一汁一菜。
ただ、ご飯は炊きたて、味噌汁やスープは出来たて。目玉焼きや焼き魚などのタンパク質も出来たてを意識。



多少寝不足でも、朝、自分が目覚めて動けなければ意味ないから、夕飯をなるべく食べない生活へ変えてった。
子供達と一緒に食べられるタイミングがもともとなかったし、夜抜くと、お腹すいて寝るから、寝起きの目覚めがすごく良くてラク!



でもたまに、平日だけど、すっごいダラけたい気分の日もあって、そういう日は夕飯も食べるしお酒も飲む!



お酒も秋くらいからあんま飲んでない。
てか、飲むタイミングがない 笑
飲むと眠くなるし、やらなきゃならないことは毎日とめどないし。



おかげでたまに飲むお酒のペースが分からなくて怖い 笑




あとは、子どものこと。
やっぱり、レイラやエマの経験のためにと思って動くことが、子どもたちのことでない自分のことだったらもっと行動が遅いだろうなってことがたくさんあった。



特に、レイラの小学校探しには苦戦。
てか、教育っていうもの自体に自分の理解が足りなすぎて、知らなすぎてびびった。



世界にはいろんな教育論があって、その中で、ジャカルタでも受けられる教育にはどんなものがあって、さらに子供達にはどんな学校があってるのか探さなきゃならない。



見学に行っては、もう少し掘り下げたい内容がうまく掘り下げられなくてチーーーンってなることが何度あっただろう。
日本語だったら微妙なニュアンスも表現できるのに、英語ではできないその無力さを突きつけられた1年でもあり、相変わらず英語がたいしてできなくても、できることはいろいろあるんだと学んだこともたくさんあった。



子どもたち中心の生活だけど、
私の生活はもしかしたらどこにいても変わらないのかもしれない。



日本にいた時の延長上に今の生活がある。



あと、私の根本的な人見知りの部分も全然直ってない 笑
でも、そういうのも今は気にならなくなった。
海外生活では知り合いも友達も多いに越したことないなって思う。やっぱり人に助けられることが本当に多いから。




けど、自分の足りないところを無理して伸ばすなら、その分子どものために時間を使いたいし、自分の得意なことを伸ばせばよくね?って思うようになった。



苦手なことってみんなあるし、
苦手なことがあることがいけないことでもないし。



ただ、英語だけは別!笑
苦手だけど、要努力。
これは逃げられないし、逃げたくない 笑




それともう一つ今年感じた大きなことは、
大人も子供も、
家族に認められて、受け止められて、褒められて、温かく包まれていたいということ。

失敗も成功も全部。
心は簡単に傷つくけど、簡単に温まる。
愛情貯金はできないから、毎日毎日伝え合うことが大事。
それが実は一番のエネルギーかも。



ということ。



来年はレイラの学校選びに、おそらく、転校することになるし、また新しい生活になるかな。
エマも幼稚園に行くようになれば、私も自分のことを少しずつ再開できるかな。



ながーいながーーーーい母子密着生活も、丸6年でひとつの節目がきそう。



6年か。
けど、早くはなかったかな 笑
しっかり6年あったと思う 笑



これからの家族が楽しみ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス