no icecream no life♪♪

no icecream no life♪♪

地球大好き。一生のうちでいくつの国に行けるかな〜!
ネイリスト→経理へ転職。ナイロビで現地法人のアカウンタント補佐→出産→今後を模索中〜
結婚して、転勤族になり、東京→大阪→ナイロビ→東京→ジャカルタ❤

無事に成田でのPCRをクリアして、ジャカルタに戻れました。




成田で、私も子供たちも初めてのPCR。

センター内のスタッフの人にも、心配され。

あんまり、子供で受ける人いないのかな。





でも、受けなければ入国できないので受けるしかない。

ただ、初めてだったのと、親がやるのは一人ずつ個別ブースだったので子供達には見えず。




鼻に棒を入れるんだよって説明はして、練習はしてたので、私の膝に座らせ、腕とおでこを固定。

先生も上手にやってくれて、泣かずに終了。

めちゃくちゃ褒めまくり、スタッフさんたちにも褒められたんだけど、

やっぱりすごーく嫌だったみたいで、

その後何回も、明日もやるの?と聞かれた。

そりゃ嫌だよね。




成田のPCRセンターでは、陽性が出た場合は2時間くらいで電話をくれるみたい。

陰性なら、証明書は翌日のフライト前に取りに行くで大丈夫。





それで、ジャカルタについて、

ホテルに移動して、

ホテルでそのままPCR。





ここでまたやることは子供達にも伝えてたものの、次女は自分の番になると泣き出し。

絶対やりたくないと泣いて泣いて。





そしたら、その検査員の人が持ってる棒が綿棒みたいな太さだったから、あれ?と思って、

鼻だよね?って聞いたら、

子供は鼻だと痛がるし怖がってちゃんと検査できないから、唾液だよってー!!!





口を開けて、綿棒で唾液をぬぐう検査でした。

本当にありがたい。

大人はもちろん鼻。

しかも左右 笑





インドネシア全体、子供のPCRが唾液なのかは不明。

成田での陰性証明があったから、唾液にしてくれてるのかな?とも思うけど。

泊まったホテルはシャングリラ。

ホテルによっても対応が違うかもだけど、幼児を連れての人たちにはこの方法かなりありがたいと思う。




口の検査になってからは、

最終日のPCRに怯えることなく、

ホテルの部屋で毎日元気に遊んでる。




そして、ママは鼻だよね?と嬉しそうに何回も確認してくる意地悪さ 笑