緑家のリースリング日記 ~Probieren geht über Studieren~

フレッシュな日常用から重厚な辛口、そして貴腐ワインやアイスワインなど高貴な甘口にまで至る多彩な味わい。

しかも驚くほど長い年月をかけて熟成という名の美しい変貌を遂げていく(そうじゃないのもあるけれど)。

だが何よりもその見事に研ぎ澄まされた酸と煌めくようなミネラル、そして葡萄本来の果実味との究極の調和。

加えて 生まれ育った地所のテロワールを克明に描出するという点に於いてもこの葡萄の右に出るモノはない。

飲めば飲むほどに リースリングこそ世界最高の葡萄である という思いは確信へと変わっていくのである。

この拙い記録をきっかけに、リースリングという類まれなる葡萄から造られるワインを少しでも知っていただければ幸いである。


2009年9月・醸造所訪問&旅行記

  モーゼル : アンスガー・クリュッセラート     特級畑 トリッテンハイマー・アポテーケ

         エルツ城&トリアー観光       モーゼル銘醸畑巡り

  ザール : シュロス・ザールシュタイン

  ルーヴァー : マキシミン・グリュンハウス(フォン・シューベルト)

  ナーエ : エムリッヒ・シェーンレーバー


2007年5月・醸造所訪問記

  プファルツ : ミュラー・カトワールA・クリストマンゲオルグ・モスバッハビュルクリン・ヴォルフ

  ルーヴァー : カールスミューレマキシミン・グリュンハウス(フォン・シューベルト)

  ザール : シュロス・ザールシュタイン


これまでの記録 → (旧)緑家のリースリング日記

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019年01月09日

〆鯖と若いジルヴァーナー

テーマ:★ Bürgerspital z.H.G

〆鯖にはやっぱり日本酒だよなぁ...

ともすれば最近易きに流れがちだが、そいつをグッと堪えて今夜はジルヴァーナーを。

ビュルガーシュピタール醸造所の2017年産ヴュルツブルガー・ジルヴァーナー・トロッケン。

当たり前の話だが、さすがに若いリースリングという選択肢は無し。でもジルヴァーナーならやってくれるかも。

 

 

スクリューキャップ。軽く緑色がかった明るいレモンイエロー。

香りは洋梨や赤リンゴ、青いバナナなどフルーティー。

ふっくらとした果実味とマイルドな酸、ホロ苦いミネラル感。いずれもが丸い輪郭の中に巧く納まった仕上がり。

ジルヴァーナーらしいマッタリとした余韻も然る事ながら、濃過ぎず薄過ぎず、シンプルでもなく複雑でもない。

 

残念だったのは、やはり炙り〆鯖との相性があまり良くなかった事。口の中で生臭さが増幅してしまいガッカリ。

いくら懐の深いジルヴァーナーと言えども、やっぱり若いワインに鯖は御法度なのだと痛感。

翌日も青い香り。マッタリとしたジルヴァーナー感満載の味筋に然したる変化は無し。84/100

(過去のヴィンテージ→2016年産2015年産2014年産

 

2017 Wuerzburger Silvaner Qualitaetswein trocken

Weingut Buergerspital zum Heiligen Geist (Wuerzburg/Franken)

A P Nr 3003-064-18,Alc 12.5%vol,輸入・販売元「マリーエンベルク」,3380円

2019年01月08日

飲み手に迎合せず

テーマ:★ Hermann Dönnhoff

まだまだ下位クラスが中心だが、何となく2017というヴィンテージの特徴が掴めて来たような気がする。

4月の霜害により大幅に収穫量を減らした生産者が多かったという2017年。

「量は少ないものの品質は非常に良い」という評価を目にするが、さて実際はどうか。

個人的にはミネラル味の主張が際立ったヴィンテージだと感じている。

 

これに対して酸はどちらかと言うと当たりは穏やかなものが多く、ボリュームはあっても伸びは然程でもなし。

リンゴ酸より酒石酸が主役なイメージ、とでも言おうか。なので、美味しく感じるかバランス悪いなと感じるかは

果実味が良い具合に乗って、この突出したミネラル味を如何に包み込めるか、にかかっているような気がする。

一方、元々ミネラル感の地味な畑のものは相対的に頼りなく感じるものが多い。

 

ヘルマン・デンホフ醸造所の2017年産リースリング・トロッケン「トンシーファー」。

コレなんかそもそもがミネラリッシュで厳しい味筋の銘柄だから、このヴィンテージでは際立つだろうなぁ。

 

 

スクリューキャップ。外観は緑色がかった明るいレモンイエロー。

フレッシュなリンゴをメインに洋梨や青いバナナも香る。少し燻製っぽいニュアンスも。

ボリューミーで力強い酸のアタックが印象的で、果実味は意外にスマート。

そして舌の上がちょっとヒリつくような、若干摩擦係数が上がるような収斂感たっぷりのミネラル味。

結構ミネラリッシュで飲み手に迎合しない厳しい味筋だが、酸のおかげで重心は中庸。

 

翌々日。程好い果実味に程好い酸、そして骨太ではあるものの過度にミネラルを感じさせないバランスの良さ。

日を追う毎に厳しさは和らぐが、それでもやはりしっかりとしたミネラル味の存在感がこのリースリングの特徴。

85/100    (過去のヴィンテージ→2016年産2015年産2014年産2013年産

                       2012年産2011年産2010年産2009年産2007年産
 

2017 Riesling Qualitaetswein trocken - Tonschiefer -

Weingut Hermann Doennhoff (Oberhausen/Nahe)

A P Nr 7 753 010 02 18,Alc 12%vol,13.50€

2019年01月06日

ちょっと地味なGG

テーマ:★ Maximin Grünhaus

珍しく終盤ちょっと休み疲れしてしまったが、正月休みも今日でおしまい。

まぁ休みとは言ってもちゃっかり事務仕事はしてたからなぁ...相変わらず今年も「貧乏暇なし」な1年になりそう。

ともすれば単調な日々に流されてあっと言う間に時が流れる、そんな生活がまた始まる。

せめて明日への活力になってくれそうな1本を。

 

2017年産マキシミン・グリュンホイザー・アプツベルク・リースリング・トロッケン・グローセス・ゲヴェクス(GG)。
11月にグリュンハウスの若旦那と寿司屋に行った際にお土産にと貰ったボトルである。

(もちろん毎日こうしてリースリングに逃避しては撃沈するものだから時間が早く過ぎるのだ、という自覚はある)

 

 

軽く黄金色がかったイエロー。グラス底に非常に細かい気泡が少量。

香りは閉じ気味で、微かに蜂蜜のニュアンスのある熟したリンゴの香り。

口当たりは硬さが印象的で、砂を噛むような乾いたミネラル感。最初の1杯目は土臭さはこれっぽっちも無し。

小ぢんまりとしているが身の詰まった果実味。

当たりは意外なほど穏やかで、多過ぎもせず少な過ぎもしないボリュームの酸。余韻もアッサリめ。

 

2杯目に入ると、遅ればせながら土臭くなって来た。果実味が前に出てミネラル味とガップリ四つ。

相変わらず酸は大人しいけれども、背後に控えている感じ。

3杯目になるとグラスの中はもうシーファー香全開。それにしてもミネラリッシュな味わい。2017はミネラルの年?

尤も美味しいのだがコレと言ったインパクトに乏しく、GGにしては少々地味な印象。
(過去のヴィンテージ→2016年産2015年産

2017 Maximin Gruenhaus Abtsberg Riesling trocken Grosses Gewaechs

Weingut Maximin Gruenhaus (Mertesdorf/Ruwer)

A P Nr 3 536 014 06 18,Alc 12%vol,Maximin Schubert氏のお土産

2019年01月05日

やっぱり酸控えめ

テーマ:★ Schloss Lieser

9月にリッター瓶を淡路島へ持って行ったが、何故か同じワインの750mlボトルが家にある。

んー、2本買ったつもりはなかったのだが...どうやら初めてのつもりで別のショップから買ったみたい。

まぁ前々からそういう事はたまにあるので呆けてきた訳ではない筈だが、以後気をつけよう。(^^;)

何はともあれ、シュロス・リーザー醸造所のグーツヴァイン、2017年産リースリングQbAトロッケン。

 

 

スクリューキャップ。淡いレモンイエロー。比較的大粒の気泡がポツポツと。

トップは土の香りと若干の酵母っぽさ、スワーリングするとペトローリーに変化。

口当たりは柔らかな果実味。若干残糖は多めかもしれないが

舌にピリッと来るミネラル味とホロ苦い余韻のお陰でさほど気にならない。酸は比較的マイルド。

 

時間とともにグラス内は土臭いシーファー香に満たされ、味わいの重心も徐々に低くなる。

んー、こうなるともうちょっと酸が欲しいなぁ。

開栓3日目。少し濃さが増したかに感じるが、味筋に大きな変化は無し。

モッサリしていてやっぱり酸が物足りない。84/100

(過去のヴィンテージ→2016年産2015年産2014年産2013年産2011年産2010年産2009年産2007年産


2017 Riesling Qualitaetswein trocken

Weingut Schloss Lieser (Lieser/Mosel)

A P Nr 2 589 314 01 18,Alc 11%vol,8.90€

2019年01月04日

瓶熟15年半でも未だ途上

テーマ:★ J. J. Christoffel

2019年のリースリング飲み初めは、お好み焼きに合わせて自宅熟成15年超の甘口モーゼルから。

今は無きヨハン・ヨゼフ・クリストッフェル・エルベン醸造所の2002年産エルデナー・トレップヒェン・カビネット。

開けるのも実に15年ぶり。最近本当に甘口飲まなくなったからなぁ...でも今年はボツボツ開けて行くつもり。

 


少し黄金色がかったイエロー。注ぐとグラス下半分に非常に細かい気泡がビッシリと付着。

香りは意外に地味で、湿った木やミントが軽く香る程度。

スワーリングするとようやくペトロール香が前に出て、やや土臭くナッティーな熟成香。

口当たりは、瓶詰めから15年半以上経ってもまだまだ存在感充分な甘味と

程好く凝縮された酸が中盤以降にグーンと伸びて若々しい。

ミネラル味は目立たないが、ナッティーな味わいの端々に感じられる仄かな土の風味にその存在が窺える。

酸のお陰で重心は中庸。若さと熟成感が相半ばする、まだもう少しピークまで時間が要るのが感じられる味わい。

 

翌々日。少し蜂蜜っぽいベタッと感が出ているが

相変わらずしつこくない熟成感とクリーンな果実感が共存しているのが心地良い。

15年前の記録を見ると、瓶詰め当初はかなり酸が秀逸で、複雑感のあるミネラル味も印象的だった模様。

なるほど良い熟成が出来る訳だ。

3年半前に開けた2000年産よりも伸びしろを感じるので、2002年は良いヴィンテージだったという事なんだろう。

87/100


2002 Erdener Treppchen Riesling Kabinett

Weingut Joh. Jos. Christoffel Erben (Uerzig/Mosel)

A P Nr 2 602 041 002 03,Alc 8%vol,8.20€

2019年01月01日

日本酒の機会が増す今日この頃

テーマ:家飲み&宴会

年が改まって、いよいよ平成最後の正月。

昨晩からの面子に弟夫婦が加わって、昼過ぎから夜まで延々と続く、我が家恒例の新年会。

 

それにしてもここ数年、元日はリースリングの登場機会がすっかり減ってしまった...と言うか

以前なら日本酒好きの弟に配慮して、御屠蘇代わりの乾杯からしばらくは日本酒をチビチビやって

頃合いを見計らってリースリングへ、ってのがパターンだったのだが

今年なんて最初から「日本酒で通すぞ」って感じで、年末からデパートで良さ気な720mlボトルを物色してたほど。

 

まぁ未だ本格的に酒屋に出入りするまでには至らず適当に選んだ取り留めの無いラインナップだが、以下の4本。

 

純米吟醸生原酒「CEL-24」        亀泉酒造/高知県土佐市 Alc 14%vol  

純米生酒「秋鹿 しぼりたて」   秋鹿酒造/大阪府豊能郡能勢町 Alc 16%vol  

純米大吟醸「喜楽長」      喜多酒造/滋賀県東近江市池田町 Alc 17%vol  

純米大吟醸「奥丹波 △雨酒」  山名酒造/兵庫県丹波市市島町 Alc 16%vol  

 

 

実のところ、最近日本酒を飲む機会が増えている。これは昨年、度々心斎橋や祇園にまで連れ出して頂き

和食の素晴らしさに開眼するきっかけを与えて下さったgriotte先輩に依るところが大きい。

当然日本酒を口にする場も増え、それが元々日本酒党であった自分の内なる嗜好を再活性化させたという恰好。

折しも自宅からそう遠くない場所に居心地の良い寿司屋や和食の店を開拓出来た事も

この流れにますます拍車をかける結果となっていて、おまけにウチの嫁さんも結構日本酒を飲みたがったりする。

 

そんなこんなで地道なリースリング修業がなかなか困難な環境となりつつあるのは否めないのだけれど

日々リースリングを飲む生活を始めてから早20年が過ぎ、これから先20年、この調子で飲める保証は無いが

そろそろ下山にかからないといけない時期を迎えていると感じる。

 

「美味いリースリングを飲めば、無性に美味い物が食べたくなる」にもかかわらず

「美味い物を食べようとすればするほど、食事にリースリングは合わせ辛くなる」事を実感する昨今。

ある意味この二律背反な状況にどう折り合いを付けて行くのか?

これが下山を前にして自分に与えられた、そしてこの拙いブログのテーマなのだと思っている。(かなり大袈裟)

2018年12月31日

ヴァイル兄弟で年越し

テーマ:★ Robert Weil

今年の年越しは義母を招いて自宅で。

お馴染みル・コントワール・デュ・グーの「フレンチお節」と、ロバート・ヴァイル醸造所のエアステ・ラーゲ2本。

2017年産のキートリッヒャー・クロスターベルク&トゥルムベルク・リースリング・トロッケン。

 

宴に先駆けて、一応ブラインド・テイスティングを。

外観に差は無く、ともに僅かに緑色がかった明るいレモンイエロー。グラス底には細かい気泡がビッシリと付着。

...んー、でも香りを嗅げばその差は歴然。この時点で既にハッキリと判るが、念のために飲んでそれを確認。

このヴィンテージもちゃんとテロワールが出てます、通称「ヴァイル兄弟」。

 


2017 Kiedrich Klosterberg Riesling Qualitaetswein trocken  

Weingut Robert Weil (Kiedrich/Rheingau)  

A P Nr 34 003 027 18,Alc 12.5%vol,25.59€  

グラス底の気泡は若干このクロスターベルクの方が多め。

香りはリンゴや洋梨。スワーリングすると少し鉱物的な要素が感じられるようになる。

口当たり柔らかで充実した果実味とスマートな酸、舌をピリッと刺激する苦汁系のミネラル味。

サクッとした触感の結構ミネラリッシュな味わい。

 

翌々日は肉厚果実と骨太ミネラルのグッと凝縮度を増した味わい。

尤もこのラインガウっぽい体躯にあって、ある種の抜けの良さがあるのがクロスターベルクの真骨頂。86/100

(過去のヴィンテージ→2016年産2015年産2014年産2013年産2012年産2011年産

 

 

2017 Kiedrich Turmberg Riesling Qualitaetswein trocken  

Weingut Robert Weil (Kiedrich/Rheingau)  

A P Nr 34 003 028 18,Alc 12.5%vol,25.59€  

トゥルムベルクの方はトップが少し埃っぽく、熟した印象の果実香。

相対的に酸が少しまろやかで輪郭は柔らかく、果実味もふっくらとしている。

これまた相対的にミネラル味の主張も穏やかで、中盤以降グーンと酸が前に出て伸びて来る。

 

翌々日はやけにパワーダウン。相変わらず相対的にミネラル感が穏やかで柔らかく

果実味がちょっとでも後退すると物足りなさが否めない。85/100

(過去のヴィンテージ→2016年産2015年産2014年産2013年産2012年産2011年産2010年産


まぁ2017ヴィンテージに関しては三男(クロスターベルク)の判定勝ち、といったところか。好みの問題だけど。

 

 

さて、コントワールのお節。

この6~7年、毎年食べているが、今年はワインとの相性が格段に良くなっているように感じた。

例えば、活け鯖のマリネ(上段の左下)や剣先イカの塩辛(下段の左下)。

本来なら若いリースリングとは喧嘩して口の中が地獄になるような食材だが、これが吃驚するほど違和感無し。

コントワールのお2人、良い仕事されてますなぁ。<(_ _)>

2018年12月30日

ビックリするほどエレガント

テーマ:独 Ahr

仕事納めの後、最近ハマっているお鮨屋さんでちょっと贅沢な打ち上げをしたので昨晩はワイン無し。

そんでもって今夜は無農薬栽培の水菜と豚肉のハリハリ鍋に合わせて、アール産の赤を。

ヨステン&クライン醸造所の2014年産マイショス・ラーヒャーベルク・ピノ・ノワール・トロッケン。

 

 

外観は僅かにオレンジ色がかったやや暗い色調のルージュ。

香木やサクランボ、赤い花などを感じさせる予想外に華やかな香り。

ギュッと詰まった酸の効いた、小ぶりのサクランボ的な赤果実の味わい。

タンニンは適量やや軽めで良い感じにこなれている。

 

シーファー土壌産ピノにありがちなイガ味っぽい後味も無く、引っ掛かりの無い非常に透明感のある飲み口。

いや寧ろ石灰土壌産か?と見紛うばかりの、少し粉っぽさのあるミネラル感。なかなかエレガント。

グラスを重ねてボトル下部に進むにつれ、さすがに無濾過と表示されているだけあって徐々に濁りが増えて来る。

それでも味わいの方は相変わらずスッキリしてて、酸の勝った梅酢風味。86/100

 

 

2014 Mayschoss Laacherberg Pinot Noir Qualitaetswein trocken - unfiltriert -
Weingut Josten & Klein (Remagen/Mittelrhein - Ahr)

A P Nr 1 791 702 018 16,Alc 13.5%vol,輸入・販売元「ヴァインベルク」,7800円

2018年12月27日

初日こその冷涼感

テーマ:★ Robert Weil

さすがに暮れも押し詰まって来ると、難しいワインを悠長に愉しんでる気分じゃなくなって来る。

今夜はロバート・ヴァイルのリースリング・カビネット・トロッケンあたりにしておこう。

いや、こんな事言ったら造り手には怒られそうだけど、飲むのに身構えないといけないワインばっかりじゃ疲れる。

カビネットってのはそういう意味で欠かせないクラスだと思う、内容的にも価格的にも。

 

 

緑色がかった淡いライムイエロー。埃っぽさとともに青リンゴや洋梨、メロンを思わせる青い果実が香る。

スマートな果実味とシャープで伸びの良い酸、サクッと淡白なミネラル味。香味ともに冷涼感たっぷり。

酸の勝った尖った味わいだが、後味に舌の上にほんのりと旨味が残るので、ある程度の残糖はある様子。

翌日は果実味が多少なりとも肉付きを増し、そのせいで冷涼感が薄れて没個性的に変化。85/100

(過去のヴィンテージ→2016年産2015年産2014年産2010年産2009年産2008年産

 

2017 Riesling Kabinett trocken

Weingut Robert Weil (Kiedrich/Rheingau)

A P Nr 34 003 011 18,Alc 11.5%vol,17.14€

2018年12月25日

琴線に触れないのは何故?

テーマ:★ Van Volxem

今夜はザールのファン・フォルクセン醸造所、2017年産ヴィルティンガー・リースリング・トロッケン。

 

フォルクセンと言えば、Vinum誌の最新版でその2017年産リースリングが軒並み高ポイントを獲得、

加えて主のニーヴォトニツァンスキー氏がWinzer des Jahres(最優秀醸造家)にまで選ばれた「旬」な生産者だが

個人的には何故か昔からここのリースリングにはあまり食指が動かず

たまにつまみ食いする程度の対象でしかない。ここがイマイチ琴線に触れない理由はいったい何なんだろう?

 

 

軽く緑色がかったレモンイエロー。トップは硫黄っぽい鉱物香で、これが幅を利かせているが

スワーリングすると漸く黄桃や熟したリンゴ、花梨、パイナップルなどの果実が顔を覗かせて華やかに香る。

果実味は中肉で香りほどには豊満でない。一方、酸は凝縮感も伸びも申し分なし。

酸と一体感のある土臭いミネラル感。酸に傾いたバランスなので、重心は低くなく中庸。

 

気がつくとグラスの中はいつの間にか元通りの鉱物一辺倒となっている。

風味ともに鉱物的で、ザール産と言うよりルーヴァー産的な味筋。舌の上にカテキンのような軽い収斂感。

翌日以降は鉱物感が薄れ、酸と果実味のバランスが取れたフレッシュで親しみ易いモーゼル産な味わいに変貌。

残糖も程好く抑えられている。85/100

 

決して悪くはないんだけど、なんか妙に「上から目線」な味わいに感じるんだよね。巧く表現出来ないんだけど。

 

2017 Wiltinger Riesling Qualitaetswein

Weingut Van Volxem (Wiltingen/Saar)

A P Nr 3 567 212 10 18,Alc 12%vol,13.90€

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス