数学の面白い応用例で学ぶ意欲がわくかも | ホモルーデンス

ホモルーデンス

フリーの数学家庭教師。この世に数学があってよかった❤️ HSP気質。

ご訪問ありがとうございます。

 

 

桜美林大学リベラルアーツ学群教授である芹沢光雄先生が、

「わが子を算数・数学嫌いにさせない習慣」

というコラムのなかで(朝日新聞EduA 2021年7月11日)

 

 

「面白い応用例を教えないことが数学嫌いを増やしている面もあります。」

 

と述べています。

 

 

 

 

そして、応用例を二つ挙げています。

 

①在来線に乗っているとき列車速度を腕時計があれば測れる

 

日本の在来線の線路は(中略)基本は1本が25mです。

そこで、線路の継ぎ目を車輪がまたぐときの「ガタン・ゴトン」という音を1秒間に1回聞いたとすると、1分間に60回聞いたことになり、

その間に列車は、25m×60=1500m進むことになります。

すなわち分速1.5kmで、時速90kmになります。

 

 

②遠くで花火が光ってから「ドン」という音を聞くまで何秒かかったか測ることで、花火までの距離が分かる

 

花火が光ってから「ドン」という音を聞くまで6秒かかったならば、

(中略)

音の早さは秒速約340m、光の速さは秒速約30万kmなので、光の速さは無視できます。

自分の位置から花火までの距離=340×6=2040m

 

 

ということですが、

 

①も②も、子供の頃から割と遊んでいました。

 

線路1本25mとは、鉄道ヲタクの父親から聞きました。

 

この辺りの在来線の新快速は、かなり飛ばします。区間によっては120km超えもあります。

 

これぐらいになると、速すぎて数えるのも一苦労ですが。

 

 

②から派生して、

雷が光ってからゴロゴロ雷鳴が聞こえるまでの何秒か測ると、雷がどれぐらい近いかわかります。

 

光ってすぐドカンと来ると、「すぐそこ!」とかね。

 

距離がどうこうより、腰を抜かしますが。

 

 

学校の授業は眠くても笑、こういうお遊びがあったから、勉強を続けられたのかもしれません。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

プロフィール

HSPとは繊細で敏感な気質(正確には、良くも悪くも環境の影響を受けやすい気質)の人を指します。詳しくは HSPとは

 

勉強に仕事に大変お役立ちの脳活性化エクササイズ

 

ブレインジムとは

 

お問合せ

3日たってもお返事がない場合、

お手数ですが、

homoludens314159265359@gmail.com

までご連絡ください。