いもこが8歳になりました。

あれ、まだ8年?
15年くらい一緒にいる感じだけども。

無事にここまでこれてホッとしています。

お祝いは香ばしいナッツをいつもより多めに。

やはりこのあたりがひとつの節目なのか、だいぶ落ち着いてきて扱いやすくなりました。

まず噛まなくなったこと。
なんと喜ばしい笑い泣き

怒ることや、変なスイッチが突然入ることがかなり減ったのです。

よって、私の腕や指は傷がほとんどなくなり健康的に。
アザになるような噛みはここ1年くらい記憶にないような。

人の顔を見て話を聞き、まあまあ理解してくれるようになったのも嬉しい成長です。

そんな感じで穏やかに過ごせている昨今です。

ただまだ発情らしい発情がきていないので、嵐の前の静けさとも言えそうですが、、、

どうかこのままオッサンになってくれと願ってやみません。


換羽中でボサッてるけど、お気に入りの一枚。
大人な表情をみせるいもこ。
この顔たまらなく好き。

10歳に向けて、元気に過ごせるよう努めてまいります。


明日は1ヶ月半ぶりにオフィスへ。
妙な緊張が走る滝汗
眉毛書き忘れないだろうかとか、そんなのだけど。
でも周りは皆在宅なので、誰にも会うことなく午前中で切り上げ午後はまた在宅。

毎日家にいると、留守にして帰ってきた時の喜び方が激しいボンいも。

しかしなぜ犬は迎えに来ぬ。

犬がいる醍醐味のひとつに、喜んで出迎えてくれるというものがあるはず。

寝たまましっぽだけ揺らす(でも絶対起きない)ときや、姿さえ見当たらないことも。

何時間後かにどこからともなくノソッと現れる。

どこにおった!

真夏のピークにやる気がない時なんて、このままごはん食べるの、ひどい。

おこめ『もっとちょーだい』
実家のかあちゃん(ブリーダーさん)が見たら叱られるわ滝汗

涼しくなったらもう少しやる気が出ますように。

※当該品の批評というより、ペレットをはじめフードを選ぶときの参考にしていただければ幸いです。
製品の原材料をどう捉えるかは人それぞれで、正解・不正解はないと考えています。

 
セールになっていたので、気まぐれで買ってみたこちらのペレット。
我が家は大きめインコですが、小さい粒も結構好きなので、ひとつまみ混ぜてみようかな程度で買いました。

 

ヒギンズは全体的に共感できる製品が多かったのですが、開けてみたらアレレ、これはちょっと、、滝汗



まず、PARAKEET(セキセイインコ)向けとパッケージ表示されているけれど、カットされていないBIGなレーズンがゴロゴロ入っているのにびっくり。

 

セキセイインコ等の小型鳥でレーズンまるごとは間違いなく食べ過ぎです。

なぜこんな仕様にしたのだろう、、。


そしてこのレーズン、ツルっとしているんです。

それはドライフルーツ好きの方ならすぐにピンとくるでしょう。

そう、オイルコーティングです。

 

市販のレーズンを袋の外から触ってみたときに、レーズン同士がきれいに離れているものは、裏の原材料表示を見ると、必ず「植物油」と書かれています。

 

逆に植物油不使用で「ぶどう」としか書かれていない製品は、レーズン同士がべったりくっついて固まっています。

 

愛鳥の小さな体に与えるには、

『ナッツは食塩・油無添加(ナッツに元から含まれる油分を除く)』

『ドライフルーツは砂糖・油無添加(果物に元から含まれる糖分を除く)』

は必須です。


特にドライフルーツは乾燥して元の大きさよりだいぶ縮んでいますので、レーズン1個はぶどう1個分です。

さらに油をコーティングしているとなると、続けて与えていいものではないと容易に想像できます。

 

しかも小動物用の飼料の一部に使われている油は、信頼できる品質なのかどうか疑問です。

油は酸化しやすい性質があり、酸化した油は腸内環境を乱すといわれます。

 

 

さらにさらに、

砂糖でコーティングされたドライフルーツが大量に入っているのです。

ひぇ〜💦


その糖分がペレット全体にまぶされているからか、食いつきのいいこと。

極小粒でも残さず食べるほど、甘くて美味しいのだと思います。


しかも白っぽいので、漂白剤(亜硫酸塩)を使用していそうな気配。

犬猫以外のフードは原料表示義務がないので、添加物表示をしなくてもお咎めはありません。


漂白ドライフルーツは小動物向け製品にとても多いです。

むしろそうでない本当にナチュラルなものは殆ど見ないです。

まじめな話、Sunnykitchenのトロピカルフルーツぐらいじゃないかしら、、。

(Sunnykitchenのドライフルーツとココナッツは、全て砂糖や油は不使用、漂白もしていないヒューマングレードの原料のみを使用しています。ナチュラル系のショップから仕入れているので、どうしても高めの値段でのご提供となっています)

 


苦労して取り出したフルーツ類


ふうー、骨の折れる作業です。

うーん、これを小さな鳥に(いや、大きな鳥でも)毎日与えるのはとても心配。

我が家はなかなかおおらかに食事をセレクトしている方だと思いますが、このような製品は注意しています。
食いつきが良いものこそ、その理由を探ってみることは大事ですね。

買ってしまったので、とりあえずちょびちょびフルーツを取り除き、ペレット部分のみたまに数粒だけパラリとしています。(いつ終わるのかしら、、)

あまり神経質になるのも良くありませんが、ペレット自体の香り、色、質感に違和感がないか、品質と表示に乖離がなさそうか等、判断できると良いですね。

以上、最近購入した製品レポートでした。

パーチ難民に救いの手を!
ぴいちゃん工房さん が手を差し伸べてくれました😭


いろいろとわがままを言い、特注で作っていただきました。


まずは最新式『取替可能階段』
左ボン用、右いも用

過去に階段をバキバキに壊したいもこ向けに、壊されても新しく付け替えられるという斬新な仕様!

付け替えるとか、止まり木にはない発想よね。

さらに破壊しても尖った部分が露出しないよう、ねじねじ回し込むパーツに進化。
不器用な私にとっても取り付けやすくて助かります。
このクルクル留めるやつ、いつも何回落っことすことか。


こちら取替パーツ。
ぴいちゃん工房さんのパーチは、金具の飛び出ている部分が短くて良いです。
長いと留め具を回すのが面倒だし、朝おやすみカバーを開ける時に引っかかったりします。


階段の設置に伴いレイアウト変更。
まずはボン部屋が完成。
どうだボンよ。
きれい好きのボンは下の方へ降りないので、なるべく歩くようベッドから食卓までの動線に階段とロープパーチを仕込みました。

遠回りさせようと思ったのに、食卓から直接ベッドへショートカットしよったがの。

初日の今日は、尾をベッドに置きつつベッドから一番近い一段目で寛いでいます。
慎重なボンにしたらなかなかgood。
そのうち途中の段でも寛ぐでしょうに。


そしてもうひとつの目玉がこちら。
謎の切り込み、なあーんだ?


いもこ『たいじゅーけー!』

そうです、我が家のTANITAスケールに合わせた小窓なんです。

スケールの銀色を嫌がるボンのために、表示のところギリギリまで被せられるのです。


いもこちゃん、何gだったー?

いもこ『えーっと、、』


数字は読めないが、いもこでも見やすい。

普段も使えるよう、汚れ防止の板まで付けてくださいました。

世のスタンドははめ込んで接着剤で固定されているものがほとんど。
水に濡れると劣化します。
こちらはT字パーチが金具固定で取り外し可能。
硬派な作りがいいです。


居心地が良いようで、そのままうっとりタイム。
私が別室でケージ内をいじっている間も、ずっとここで待っていました。

尾が下につかないサイズのスタンドはなかなか売っていないので、本当に助かります。

鳥の大きさに関わらず、安定したスタンドはステップアップの練習やくつろぐ時間のためにも大切な暮らしのアイテムだと再認識しました。


ぴいちゃん工房さん、ありがとうございました。

こちらは特注品ですが、一部の製品はCAP!さんでお取り扱いがあります。


いもこ部屋のレイアウトはもうひとひねりしたいので完成は後日。

何年も前に、仙台ですももさんの飼い主さんから購入させていただいたアクリル製の知育玩具。
通称・引き出し。
引き出しがひとつ壊れても、ずっとずっといもこのお気に入りです。
洗ってもすぐ汚れるのがその証拠。(お目汚しすみません)
隣の止まり木へ移るために引き出しをスッと出し、足場として利用。

そして移動したらスッとしまう。

ちゃんとしまうの何笑い泣き

いもこ、引き出しには優しい。

あまりかじってないし、大切にしているのかな。

物を目的のための道具として使う頭は、さすが大型鳥。

部屋の使い方にも個性があって面白いです。

そんな姿に微笑みながら、午後の仕事に取り掛かります。

こんにちは、いもこです。
にんじんでのびのびのところが汚れ気味のいもこです。


最近あった悲しいこと。
奮発した極太ザラザラパーチ。
まさかの破壊。
今はもっと剥がれています。
お願いだからおとなしく使って😭

ロープパーチは一週間もたないし、コンクリート?製は重くて大きいのないし、もう少し手に力があれば手作りするのになあ、、、と相変わらずパーチ難民です。


雨が続き、絶対外で用を足す主義の世の柴犬たちは苦労しています。
雨の中出会うのは柴犬ばかり。

人間は在宅で何ヶ月も服を買っていないというのに、犬はシャレオツなレインコートを着ている。

大雨で各所大変でした。
皆様のところはご無事でしたでしょうか。
神奈川も警報続きで、同じく避難指示の出た長野の友人とお互いの安全を確認しました。

コロナも大惨事になっています。

今日は声を大にしてお伝えしたい。
日本は空気感染対策がなさすぎると専門家が指摘しています。

まずはマスクの種類、ウレタンと布はいい加減やめてけれ。
なんでいまだにこんなに使用者が多いのか、本当に疑問です。(呼吸に負担のかかる業務中は別としても)
あんたはよくても周りが迷惑なんじゃー!と叫びたい人多いはず。

人前でマスクを外しあう外食は、空気感染のリスクが高いことは言うまでもなく。
もはや一般人の感染はほとんど外食ですよ。聞き取り調査で明るみに出てきています。

窓を全開にしても3割〜5割しか換気できていないことがわかっていて、衝立を置くことでさらに換気が悪くなります。

私は他人がいる空間でマスク外すとか考えられないですけどね、、、
席離れていても関係ないです。排出ウイルス量が従来の1000倍だもの。
テイクアウトじゃダメなの?外食しないと死ぬの?
鼻からもウイルスは排出されるし、マスクの内側にも付着しているのだから、マスク会食なんて鵜呑みにせんといて😓と思います。
もう尾身さん的にもあれ推進したの黒歴史なんじゃないかしら。
ついに政府に意見言うようになってきましたね。

マスク外すな&喋るな、これ徹底するだけでだいぶ減るはず。

友人の知り合いがニュージーランド在住で、先日半年ぶりに陽性者が1名出て即日ロックダウンになりました。もちろん補償はしっかり。
ああ、こういう国に生まれたかった。
女性首相ジャシンダさんの会見、泣けてきます。
ちなみにニュージーは完全に抑え込んでいるので、ずっとマスクなし生活なんですって。

ネガティブになるためではなく、むしろ前向きに対策できるようどんどん情報収集する人が増えてほしいです。
色んなことよく知らない人多いなと感じます。
テレビじゃダメですよ。

気をつけすぎて悪いことは何もないので、不用意に煽るなとトンチンカンなことを言う人には聞く耳持たぬように、皆さんと周りの方の命、医療現場を守るためにお願いしたいです。
愛鳥さんのためにもね!

なかなかにバタバタしておりまして、何から書いていいのかわからなくなっていますが、取り急ぎ。


明日の読売新聞夕刊に、愛鳥の食事について寄稿した記事が掲載されます。


週一回ごとの掲載で全4回です。


限られたスペース内に、本とは違う内容をギュッと詰め込めたと思います。


もし読売夕刊お取りの方いらっしゃいましたら、チラリと覗いてみていただけると嬉しいです。


全文は載せられませんが、掲載後ブログでもご紹介いたします。


夏の換毛中のいもこより、お知らせでした。

抜けそうで抜けないもどかしい一本。


おまけ
長野五輪で買った帽子。
どこかの国の人の手作り。
東京五輪が色々あれなので、選手は応援しつつ、気持ちは長野五輪の懐古へ。

開会式はなんてダサいんだ、、と当時子供ながらに思いましたが、今YouTubeで見返してみるとあの垢抜けなさがかわいく思えて。

伊藤みどりさんの卑弥呼は衝撃でしたが、今となっては愛らしい。

その卑弥呼が灯した聖火台は何度か見に行きました。
唯一当たったフィギュアの公開練習、
白馬のジャンプ台を誰もいない早朝に眺めに行ったり、
プープーラッパ持って金を取ったジャンプ団体のセレモニーに参加したり、
と結構満喫したものです。

オリンピックを機に高速道路ができ(一車線で中央分離帯なしの恐怖の高速)、新幹線が通り、県民の生活は変わりました。
負債はかなりのものだったようですが、、

その後立て直しに着任した田中康夫氏が、今回の横浜市長選に。転居先でまたご縁があるとは。
全国が注目する横浜市長選、一歩もニ歩も先をゆくヤッシーに、横浜から変革をもたらしてくれることを期待しています。

ということで、猛暑に台風と落ち着かない8月ですが、体調崩さずにお気をつけください!