2011.4.7 石鎚山旧跡三十六王子社 | クレパス君の日記

クレパス君の日記

自称 冒険家 (^_^)


テーマ:




石鎚山旧跡

三十六王子社の旅





この旅は
一冊の本を買った事から始まった ! !

石鎚山旧跡三十六王子社
「自分が極めず誰が極める ! !」

と勝手に思い込み

納得のいくまで追求してみた



何年続く旅か?終わりはなさそうであるが、

まず石鎚神社本宮へこの本を買いに行きましょう、そこから旅は始る事となる。       赤いクレパス君の日記

本日購入、前々から気になっていた本 (1000円) 数に限りがあります。

初回発行が昭和47年6月25日で、今回購入したのは第3版追加増補版昭和62年

10月5日に5000部発行の本だが初回発行版に追加頁があるだけなので結果的

内容はかなり古い文章となって、調査結果を元に各王子社ごとに記されている

又、誤字 (漢字や数字 他) も多々あり、まともに読むとありもしない事実が出来

あがってくる部分がある、前後の文章と現地での経験を総合的に組み合わせ

誤字を見抜く事が必要です。

しかしこの本の各王子社の説明文は文章や使用漢字からして昭和47年のまま

だと思われるが各王子社の写真やその他の写真は昭和50年以降の写真が記載

されている。(昭和50年設置の石殿が写っている)

この本、漢字は読めないし1回読んでも文章が難しく分からない事だらけ、ひら

がな・漢字も旧書体が使われていて解読不能箇所も多々あり。

どうしても理解したければ何回もすべてのページを読み返し、本を持って現地

行って確認しないと理解でない部分が多々あり。

しかし読めば読むほど石鎚山旧跡の奥深さが感じられる本 ! !

いくらでも行って確認してみたい所が出てくる、とにかくすべてがおおざっぱで

しても細かい場所の特定はできない。

この本、西条市の石鎚神社本社(11号線)にだけ売ってます。

石鎚山頂上社・土小屋遥拝殿・成就社には売っていません。

どう言う訳かネット上にも詳しい資料が無く、何人かは参拝しているようだが全

社の詳しい場所の資料がない、皆あまり興味が出ないのかな?
この三十六王子社、地図が無いなら僕が作ろう ! !

早速行ってみた('-^*)/

石鎚山三十六王子社参拝記

2011.7.30 石鎚山旧跡三十六王子社巡り 1日目→こちら

2011.8.07 石鎚山旧跡三十六王子社巡り 2日目→こちら こちら

2011.8.27 石鎚山旧跡三十六王子社巡り 3日目→こちら

2011.8.28 石鎚山旧跡三十六王子社巡り 4日目→こちら

2011.10.2 石鎚山旧跡三十六王子社巡り 5日目→こちら 参拝最終編


石鎚山旧跡三十六王子道詳細地図 (GPSログ) → こちら


石鎚山の真髄とも言える旧跡三十六王子社

各王子社の伝承や何よりもこの行路の景観はすばらしい(^_^)。 感動 ! !

2014.6.29 三十六王子社再度参拝 7~20 → こちら

2014.7.20 三十六王子社再度参拝 1~6 → こちら

石鎚山旧跡三十六王子社DVD → こちら


ここからは先は



石鎚山旧跡

 三十六王子社探究の旅



本の中から気になる所も行って見た ! !

伊曾乃神社(投げ石) → こちら
石土神社の高灯篭 → こちら

第21大元王子社 天狗の羽休め木 → こちら

黒瀬上の原 鉄鳥居跡 → こちら
第29前社森王子社 大山祇大神の石像と年代不詳の石像 → こちら
蔵人のジダンダ石 → こちら
閼迦の御水(あかのおみず) → こちら

石鎚神社三十六王子社旧登山口 → こちら
第22恵比須滝王子社 素焼きの恵比須大黒様 → こちら
成就社 宮川旅館裏の池 → こちら
三十六王子道 迫割禅定 → こちら
石鎚山旧跡 西遥拝所 金の鳥居 → こちら
石鎚山旧跡 東遥拝所 大藪で無念の撤退こちら
第27祈瀧王子 祈り滝 → こちら
旧大保木小学校下旧三十六王子道 → こちら
第1福王子社「石鉄山 石神寺」灯篭 → こちら
三十六王子道 黒瀬峠 七曲坂 → こちら  
弥山山頂の赤銅の祠 → こちら

弥山山頂の石仏 → こちら

鋸嶽南斜面の穴 → こちら

石鉄大權現三十六王子の碑 → こちら
第35裏行場王子社絶壁 閼伽の御水→ こちら

恵比須滝の子安明神の石碑・四手坂の三光坊 → こちら

第2桧王子社 大桧の切株 → こちら

第27祈滝王子社 行者の坐禅石 → こちら

西条市大保木の天台宗仙徳寺 → こちら



ここからは王子社旧石標調査

少々マニアックな旅だが真剣に調べてみた。

三十六王子社石標・石標とは (初回調査) → こちら

三十六王子社石標・石標調査 (表参道) → こちら

三十六王子社石標・石標最終調査 → こちら
三十六王子社石標・石標調査結果一覧表 → こちら
三十六王子社石標・第36天狗嶽王子石標発見 → こちら
三十六王子社石標・第4鞘掛王子社石標発見 → こちら

三十六王子社石標・第4鞘掛王子石標発掘作業 → こちら
三十六王子社石標・石標の作られた場所 → こちら
三十六王子社石標・稚子宮鈴之巫子王子石標の写真発見→ こちら

三十六王子社石標・天狗嶽石標・裏行場石標の関係こちら

三十六王子社石標・第35裏行場王子石標の顔 → こちら
三十六王子社石標・第20稚子宮鈴之巫子王子石標探し → こちら

三十六王子社石標・第25御塔石王子石標発見 → こちら


石鎚山旧跡三十六王子社の本

三十六王子社の本・第1・2版の調査 → こちら

三十六王子社の本・第2・3版の調査 → こちら

三十六王子社の本・第3版の調査 → こちら

三十六王子社の本・第2版エラー版 → こちら

三十六王子社の本・第2版、第3版(初版)入手 → こちら

三十六王子社の本・第1版入手 → こちら

参考書・西條誌 → こちら

その他の参考書 → こちら



この本の付録の三十六王子社の地図
この地図を見た瞬間から旅の予感
赤いクレパス君の日記

成就社見返遥拝殿前にいらっしゃいます。
 この本の著者 第14代石鎚神社宮司 十亀和作
この方がこの本の内容をすべて知っているのです。
生きておられたら聞いてみたい事だらけです。
赤いクレパス君の日記
必ず石鎚山の見方が変わる(^_^)。




                           赤いクレパス

クレパス君さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。