池尾昌紀

 

毎週月曜日の「恋愛テクニック」は「カップル・カウンセリング」と題して、パートナーシップの問題の修復やもっと幸せな二人になるための提案をしていきます。

担当は「池尾昌紀」「池尾千里」の夫婦カウンセラー。夫婦で毎週交代で発信していきます。

「月曜日:カップル・カウンセリング」のコーナーを、どうぞお楽しみに!

>>>本連載の過去の記事はこちらへ! 

◎カップル・カウンセリングの詳細は以下をご覧ください。
>>>「カップル・カウンセリグ」って何?

◎まずは池尾昌紀の無料音源をお聴きください!
視聴はこちらへ!>>>「きくまる・無料音源」 

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

*** ご案内 ***

東京に続き名古屋でも開催!

【名古屋:2/25(土)】「池尾昌紀の1DAYワークショップ」のご案内

恋愛・夫婦問題を解決するために役立つ!超実践的なセミナーです。

「自分を変える」「状況を変える」「夢を叶える」ための特別な1日をあなたに!

◎詳細・お申し込みは>>>こちらへ!

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

浮気だったり、離婚だったり、夫婦にとって大きな危機的な問題が起こった時。

これをきっかけに、今まで話せていなかったお互いの気持ちを伝え合うことになる場合があります。

 

すると、お互いが相手について誤解していた事実がわかり、それに困惑してカウンセリングの門を叩かれる方もたくさんみえます。

 

相手の心理がわからなくなるため、不安になって、これからどう接していけばいいかわからなくなるからなんですね。

 

例えば、突然、夫が離婚する!と言い出してしまったような時。

妻としては、意味がわからなくて、その理由を問いただします。

当たり前ですよね。

 

ところが、こうした場合の男性は、理由を言ってくれず、離婚するの一点張りだったりすることが結構あるんです。

 

それでも、何とか妻が夫をなだめすかしたり、謝ったり、様々なあの手この手を使って、気持ちを聞き出すことができた時に出てくるセリフは、

 

「お前は俺のことが嫌いなんだろう!」

 

だったりします。

 

これ、妻にとってみたら、意味がわからないんですね。

だって嫌いじゃないから。

 

ところが、それを夫に伝えると、さらに怒ってキレたりします。

ますます意味がわからない、と妻は困惑します。

 

こうした状況、つまり、夫の言い分が妻には理解できずにすれ違って、相手がそのことでますます怒る、というのはよくあることなんですね。

 

ここでは何が起こっているかというと、ベースにあるのは

 

「妻の言葉にいちいち夫が責められていると感じていた」

 

ことだったりするのです。

 

男性というのは、パートナーの言葉を「責められている」と感じる傾向があります。

 

なぜかというと、男としてパートナーを守っていかないといけない、だからしっかりしないといけない、役に立たないといけない、と思っているからなんです。

 

そのプレッシャーがいつもあるために、妻が不満そうにしていると「自分が役に立たないからじゃないか」と不安になったりするんですね。

 

これ、ほとんどが無意識で感じていることなので、男性自身も自覚できてない場合が多い。

 

二人の関係性が良好な時は大丈夫なんです。

でも、結婚生活や付き合っている期間が長くなれば、いつまでもロマンス気分ではいられませんから、小さな不満とか文句はお互いに出てきて、それを口に出したりするようになるもの。

 

また、お互いに慣れてきますから、遠慮がなくなったり、時には愛情にあぐらをかいてしまう例えのように、どんな振る舞いをしても相手との関係が壊れることはないだろうと思ってしまっている場合もあります。

 

こうした状況の時に、妻が仕事や育児などで手一杯になってしまうなど、夫にかまっていられなくなったりすると「止む得ず」夫を放ったらかしにしてしまったりします。

 

すると夫はとても寂しい思いをしますので、それを状況的に仕方がないと理解できればいいのですが、なかなかそんな風には受け取れなかったり、頭ではわかっていても感情が納得できなかったりして、イライラが募ってきます。

 

その時の夫は自覚、無自覚、両方のケースがありますが、

 

「自分は妻に愛されてない」

「それは自分が役に立てるような男じゃないからだ」

 

と感じていたりします。

 

このような状況下だと「妻の言葉にいちいち責められていると感じる」気持ちが大きくなってしまうのです。

 

繰り返しになりますが、そもそも男性というのは

 

「男としてパートナーを守っていかないといけない、だからしっかりしないといけない、役に立たないといけない」

 

と強く、無意識で思っていて、だからこそ

 

パートナーの言葉を「責められている」と感じる傾向が強い

 

わけです。

 

すると、愛されてない、役に立ってないと感じやすい状況では、些細な言葉に傷ついたり、責められていると勝手に感じてしまうのですね。

 

例えば、

・忘れ物をした夫に「最近、忘れ物多いから気をつけてね」と言ったこと

・買い物を頼んだら、頼んだものと少し違っていて「これじゃなかったのに」とぼやいたこと

・服を脱ぎっぱなしだったことを「ちゃんとハンバーにかけてよ」と言ったこと

 

どれも、妻からしたら、相手を傷つけるつもりも、嫌いだから責めているつもりもありません。

全く、これっぽっちもありません。

 

ところが、夫にとっては「責められている」言葉に聞こえているんですね。

 

この蓄積が「突然、離婚だ!」につながっているんです。

妻からしたら意味のわからない話も、夫の中では全部繋がっています。

 

夫の心の中ではたくさんの怒りだったり傷ついた思いだったりが蓄積して、自分の中で「離婚するしか解決方法はない」と自らを追い込んで自己完結してしまっているので、何を言っても無駄な状態なのです。

 

妻である女性の方がご相談にこられた場合に、相手の男性の心理について、こんな解説をさせていただくと、その反応は

 

「そんなこと言われたら、何も言えなくなっちゃうじゃないの!」

「バカじゃないの!」

「自分で勝手に思い込んで、自分で勝手に結論出すな!」

「単細胞すぎる!」

「そう思っているならもっと早く言ってよ!」

 

と怒ったり、呆れたりされます。

 

そりゃそうですよね。こんな話。

 

でも、大切なのは、夫との関係を良くしたいと思って、わざわざカウンセリングを受けてくださっていること。

 

本当に怒っていたり、呆れていたりしたら、自ら離婚しようと思うはず。

そうではなくて、関係を取り戻そう、良くしようと思っているということは、どんなに夫が無茶を言っていても「私のせいで夫は離婚を言い出したんだ」と自らを責めているからなのです。

 

大切なのは、妻の言葉に夫が責められていると感じる「背景がある」ということ。

 

ほとんどの場合、それは忙しすぎて余裕がなかったり、仕事や家事や育児に対する責任感からくるプレッシャーだったり。

こうした緊張感や余裕のなさが、相手との距離を遠くしているからなんですね。

 

でも、カウンセリングを受けたり心理学を学んだりしてなければ、そんな風にはなかなか思えません。

 

手順としては以下のやり方をやっていきます。

 

1.夫の態度が悪くても、それに怒っているだけでなく、自分を責めているから苦しいのだと気づくこと。

 

2.仕方がないきちんとした理由があって、夫のことを見てあげられてなかったのかもしれない、と思うこと。

 

3.自分が責めるつもりがない言葉を、いちいち責められていると受け取っていたのだ、と理解してみること。

 

自分を責めてるんですよ!とお伝えしても、自覚がない方が大変に多いのですが、ちょっとこの視点を持ってみようと思ってみてください。

 

もし少しでも気がつけたら、それっていかに愛情が大きいか、という証拠、と思ってあげてください。

 

こうやって整理していった後は、具体的に夫にアプローチしていきます。

夫は、何でもかんでも責められていると受け止めてしまうわけですから、逆をやればいいのです。

 

それは、

・ほめること、労うこと、感謝すること。

・いってらっしゃい、お帰りなさい、などの声をかけること。

・何も言わなくてもいいので、いつも見てあげること

 

時間はかかりますが、この積み重ねが夫の固い心を少しずつ開いていきます。

 

必ず、自分を責めてないかを確認しながら、やっていってください。

そのためにも、自らが休む、気分転換する、ゆるむことを取り入れながら、

相談できる、気持ちを話せる人に話を聴いてもらうことがやりやすくしていきます。

 

今回のお話がお役に立てたら幸いです。

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

東京に続き名古屋でも開催!

【名古屋:2/25(土)】「池尾昌紀の1DAYワークショップ」のご案内

恋愛・夫婦問題を解決するために役立つ!超実践的なセミナーです。

「自分を変える」「状況を変える」「夢を叶える」ための特別な1日をあなたに!

◎詳細・お申し込みは>>>こちらへ!

 *・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

次週、2017年2月27日(月)は妻、「池尾千里」が担当します。
来年もどうぞよろしくお願いします。

池尾昌紀のプロフィール&ブログ

池尾千里のプロフィール&ブログ
 *・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

心理学講座音声配信サービスきくまる

⭐︎まずは池尾昌紀の無料音源をお聴きください!
視聴はこちらへ!>>>「きくまる・無料音源」

 

◎きくまる詳細はこちらのページへ!>>>心理学講座音声配信サービス「きくまる」

 

◎池尾昌紀の「心理学入門講座・基礎集中講座」も配信中!

きくまる・池尾・基礎1

mizugaki
こんにちは。みずがきひろみです。沼田みえ子カウンセラーと交代で金曜日の【大人の恋愛術】を担当しています。
 
今年のバレンタイン作戦の守備はいかがでしたでしょうか?私は「オランジェット祭り」と銘打ち、有名どころのショコラメゾンのオランジェットばかりを集めた<食べ比べ>プレゼントにしてみました。企画で勝負!みたいな。次から次へと包みからオランジェットが出てくるさまに、ダーリンも苦笑いしていましたね。ふふ。これは想像していなかったでしょう?ちょっぴりゲームっぽいお遊びが楽しい。ラブラブ
 
まずは、お知らせです。
 
ベル3月の【心理学サロン】は、どんな人でも味方につけるための心理学です。もう回り道ばかりの人生はやめ!そんな気持ちでいらしたら、聞いてみていただきたいです。
 
 
 
ベル<癒し>のCS1DAYワークショップで「お金」にまつわる罪悪感を手放しませんか?カウンセリングサービスが得意とする、ものの見方、感じ方が変わる丸1日のヒーリングセミナーです、3月26日(日)@東京。ぜひ、体験してみてください。
 
 
 
さて、本題です。
 
赤梅
 
彼がオコリンボで、一度癇癪が爆発するとなかなかおさまらないと、困りますね。
 
怖いし、何を言ってもとりつくしまがなくて、
 
「傷つかないのが愛だ」と思ってみても、
 
一向に怒りがおさまらない彼と一緒にいると
 
「そんなに私が嫌いなの?」
 
と言いたくなるくらいに傷つくし、ストレスです。
 
 
きっかけはいつだって些細なことなのに。
 
「えっ?そんなこと?」って思うようなことで火がついちゃったりします。
 
そして、延々、どうしてそんなにダメなのか繰り返し責められたかと思えば、
 
謝っても、「謝ればいいというものじゃない」と許してくれないし、
 
距離をとろうとすれば、「自分から離れようとしている」といじけるし、
 
一体どうしろというのだ、と途方にくれます。
 
 
カウンセリングサービスの記事を読めば、
 
「そんなに私のことが嫌い?』って言いたくなるのは、本当は、彼がそう思っていることをわかってほしくて、そういう気持ちになるような目に合わせるのだ、
 
と言うことかもしれないと思うけれど、
 
どうしたら「そうではない」と伝えられるのでしょう。
 
「私を試しているの?」
 
とも思うけれど、それはとても寂しいし、悲しいです。
 
 
「僕のこと、本当は嫌いでしょう?こんなに怒っちゃう僕のことなんか見捨てたくなるよね?」。
 
 
「愛」に対して怖がりさんほど、
 
愛に直面すると暴れます。
 
愛しにくい態度になるんです。
 
ホント、もういい加減にして!愛したいと思っているんだから、簡単に愛させてよ!
 
こっちまでヒステリーを起こしたくなるわ。
 
 
という状況の中で、バトルが続きます。
 
 
 
赤梅 赤梅
 
女性だってこういう暴れ方、することがあります。
 
「愛されている」ことに素直になれなくて、
 
パートナーの優しさを疑っては、過小評価して、試します。
 
そんなとき女性は、
 
「この人はいったいどれくらい私の気持ちをわかろうとしてくれるかしら?」
 
と荒れ狂う怒りの下で上目使いで見ていることが多いように思います。
 
 
ところが男性ときたら、、、。
 
 
そんなに怒っているのは私の言った一言で傷ついたから?
 
私が靴下に穴が開いているのに気づかなかったから、
 
あるいは、
 
靴の磨き方が下手くそだったから、
 
洗濯物が間に合わなかったから、
 
大事にされていないって思って寂しい気持ちになったかしら?
 
 
慮って、
 
「ごめん。傷つけちゃって」
 
なんて言おうものなら、
 
「その『傷つけた』って何だよ!」
 
とかえって火に油を注ぐようなことになりかねません。とほほ。
 
 
気持ちをわかろうとしたのにー。
 
違った?わかっていないのかしら?泥沼。
 
 
男性は「傷ついた」「寂しい」といった感情を簡単に言葉にすること自体が「恥」だと感じる人も多くて、
 
女性のように「共感」してもらうと安心する、にならないことも多々あります。
 
 
そもそも、自分の「感情」に気づいていない男性も少なくありません。
 
でも、
 
怒れば怒るほど、自分が怒ったことに罪悪感をおぼえるのは、女性も男性も一緒で、ますます挙げたこぶしを下ろせなくなるみたいです。
 
いつご機嫌を直してくれるのー?
 
(面倒くさ。)←ちょっぴり本音。
 
 
 
赤梅 赤梅 赤梅
 
どうやら男性は、感情というより
 
視点を共有してほしい
 
生き物らしい、です。
 
 
自分の感情はよくわからない、
 
もしくは感情を感じるのは<弱さ>だと思っているフシがある男性にとって、
 
わかってほしいのは、
 
自分の視点。
 
自分の視点が
 
正しい
 
と言って欲しい、、、らしいのです。
 
 
視点は、自分の寄って立つところ。
 
自分のオリジナリティ。
 
 
それが正しいと承認されることは、
 
自分の存在価値が認められている、
 
ということなのでしょうか。
 
 
女性が自分の気持ちをわかってもらえると
 
存在していていいよ、と言ってもらえていると思うように。
 
 
女性は現実的な生き物なので、
 
例えば、洗濯物ならそれをどうさばいて片付けるかが問題です。
 
男性から見ると、自分のためにそれをやりたいと思ってくれているか、
 
というような視点や立場が気になるようなのです。
 
そしてそれを示すような証拠が欲しいのかも、です。
 
なので、
 
「怒り」ポイントは、女性からすると大体が「些細な」ことで、
 
「えっ?そこ?」
 
と思うことが「やっていなーい!」と地雷になります。
 
女性にしてみると、
 
怒られても、それが大したことないと賛同できないことが多いので、
 
「正しさ」の競争に突入するんですね。
 
 
女性は、感情をわかってもらえないと許せない。
 
男性は、視点を正しいと承認してもらえないと引っ込みがつかない。
 
 
そんなパワーストラグルのスイートスポットの違いに気づいて、
 
譲るリーダーシップがとれるとストレスもぐっと減りそうです。
 
 
それにしても、やっぱり必要なのは、LOVEですね。ドキドキ
 
 
 
lots of love,
みずがきひろみ
 
 
 
 
ベル3月の【心理学サロン】は、どんな人でも味方につけるための心理学です。もう回り道ばかりの人生はやめ!そんな気持ちでいらしたら、聞いてみていただきたいです。
 
 
 
ベル<癒し>のCS1DAYワークショップで「お金」にまつわる罪悪感を手放しませんか?カウンセリングサービスが得意とする、ものの見方、感じ方が変わる丸1日のヒーリングセミナーです、3月26日(日)@東京。ぜひ、体験してみてください。
 
 
 
 
 
 

 ココロを学んでバージョンアップしたいあなたのために、、、


ラブラブ個別の面談・電話によるカウンセリング
あなた仕様のセラピーであなたの人生をサポートします。カウンセリングは前月の1日から、ご予約をお受けしています。ご希望の日時をカウンセリング予約センター(06-6190-5131)までお問い合わせくださいませ。

 

みずがきひろみのカウンセリングの詳細はこちら

 


ラブラブ心理学講座・ワークショップで学び、癒す
みんなで学び、癒し合うグループセラピーは、関係性を豊かにするヒントがいっぱい!あなたにピッタリのテーマをお選びくださいませ。

カウンセリングサービスの心理学ワークショップのページ>>>>>>>

 

みずがきひろみの心理学サロンの詳細はこちら

 


ラブラブ講演や講座をおウチで聴く

心理学講座や講演の音声配信サービス「きくまる」にアクセスして、おウチでゆっくりとくつろぎながらカウンセラーの話を聴くことができます。

「きくまる」のホームページはこちら>>>>>>>

 

 

みずがきひろみの「きくまる」ページはこちら

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

毎週月曜日の「恋愛テクニック」は、「カップル・カウンセリング」と題しまして、パートナーシップの問題の修復や、もっと幸せな二人になるためのご提案をさせていただいています。

担当は「池尾昌紀」「池尾千里」の夫婦カウンセラー。毎週交代で発信しております。今週は、池尾千里が担当です。よろしくお願いします。

 

 

チューリップ赤 チューリップ黄 チューリップ紫

 

 

【池尾昌紀・名古屋1DAYワークショップ】

日時:225() 10:00-20:00

会場:愛知県産業労働センター・ウインクあいち

*JR 名古屋駅 徒歩5分

料金:¥21,600-(税込)

人数限定での開催となりますので、必ず事前予約をお願いいたします。

妊娠中の方のご参加について

1DAYワークショップは、長時間座って受講していただきます。また、潜在意識や無意識を扱うため、妊娠中の方には肉体的や精神的に負担になる場合もありますので、ご留意ください。

特に安定期に入るまでの方は、お医者様に参加の可否をご相談いただくようにお願いいたします。もし、ご参加いただける場合には申し込みフォームのメッセージ欄にご記入下さい。

その上で、当日、受付にて誓約書をご用意しておりますので、ご記入下さい。

 

to_register_1DAY

>>>お申込はこちらから

(※通常の心理学ワークショップのお申込フォームと異なります!ご注意下さい。)

 

夫・池尾昌紀の「名古屋1DAYワークショップ」

ゲストカウンセラーとして参加いたします。

問題解決へ向けて、お手伝いできたらと思っています。

名古屋駅から5分ほどの会場です。

ご参加お待ちしております。

 

 

ベル ベル ベル

 

 

浮気をされたわけではないけれど、夫は私のことを愛しているんだろうか?

確かに、家族を大切にしてくれているのはわかる。私のことも、こどものことも、大事に思っていることは伝わってくる。きっと愛しているんだろうなと思う。

でも、セックスがご無沙汰になっていたり、そういうものはなくても構わないような流れになりつつあるような気がする。

ケンカばかりしたりするわけでもないし、仲が悪いわけではないし、「愛」も感じるけど、夫との間に「ときめき」とか恋愛をしていたような感覚が、すっかり消えている気がする。

 

私、このまま朽ち果てていくのかしら・・

 

ときめかない「結婚」の理由

 

こんな感覚になる女性は、すごくたくさんいるのではないかと思いますし、結婚する前から、結婚して、やがて「古女房」扱いされて、「飯炊き女」みたいになるのでは? 結婚してしまったら、ラブラブなんて、すぐ消えてしまうんでしょうね、と思っている女性もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「結婚」に対するさまざまな感覚の中に、この思いというのは、実は大きいような気がします。この感覚が、非常にリアルに感じられてしまう理由は、いつくかあります。

 

例えば、過去の終わってしまった恋愛が、

「恋愛感情って、いつまでも続かなくて、やがて失くなっていくものでしょう?」

と囁くかもしれませんし、

 

一番近くで目にしていた「結婚」している両親の様子から、

「女が家事をやって、それが当たり前で、あまり大事にされなくて、苦労して疲れているのが結婚」

そんなふうに、両親の様子から「結婚」は、こういうものだと感じやすいということもあるでしょう。

 

でも、好きな人ができると、その人との「結婚」を考えますよね。

この人とだったら、ずっと一緒にいたい、「家庭」を作って幸せに暮らしたいと。

そして、結婚する時には、神さまや仏さまや、友人や親族の前で、それを誓ったり、宣言したりします。

 

「私たちは、ずっと愛し合います!幸せになります!」

 

と、あんなにも固く心に決めたはずなのに、結婚式の後、飛び立つハネムーンの空港で離婚を決める「○○離婚」なんて(古いですが)言葉が流行った時代もありました。それは大袈裟だとしても、高らかに宣言した言葉も、誓いっぱなし、宣言しっぱなしでは、効力は、長くは持ちません。

夢から覚めたような翌日ではないにせよ、数ヶ月、数年、十数年・・・時間が経つにつれ、恋愛していた時期だけが、まるで特別なものだったような気持ちになるようです。

 

私たちの心の奥にある確信

 

「結婚なんて、苦労するばかりのもの」

「いつまでもいい関係でいられるはずはない」

と、過去の恋愛や、両親の結婚のあり方から、すっかり諦めた冷めた思いが、どっしりと横たわっているようです。

この「結婚」に対するダークストーリーは、先ほども申し上げたように、結婚する前から、私たちの中にあったものです。現実に現れているパートナーや、パートナーの言動や、目の前に起こっている問題は、こんな考え方もできます。

 

そもそもあった私の中の「ダークストーリー」にしっくりくるものを、ピックアップしている?!

 

もちろん思考は、そんなこと考えたりしません。この人とだったら幸せになれると思うから、その人を選ぶし、結婚したら、いい家庭を作ろうと思います。きっとうまくいくと思いますよね。

 

ところが、心の奥の方には、知らず知らず確信を帯びた「ダークストーリー」が横たわっています。すると、恋愛初期に盛り上がっていたロマンス期が落ち着いてきて、親密感も以前の加速するようなものではなく、ゆったりと安定したものになってくると、それまでは見えなかった部分も見えるようになります。

「あばたもえくぼ」なんて言ったりしますが、ラブラブなロマンスフィルターを通して見ていたパートナーを、そのフィルターなしに見るようになったら、あんなとこも、こんなとこも、なんだかがっかり、または、腹が立つなんてことになってきたりします。でも、そんなこと口に出して、相手を嫌な気分にさせるのも気が引けるし、ケンカするのも気分が悪いし、大したことでないといえば、大したことじゃないわと、少しずつ、何回も、何年分も飲み込んでいったとしたら。

 

やがて、「ダークストーリー」は言うわけです。

 

「ほら、やっぱり」

 

母と同じ道を歩いてしまう?!

 

心の奥で確信しているものを、証明できたと、なぜだか収まるところに収まったような感覚になっていることが実はあるようなのです。しかし、これは、心の奥で勝手に起こっているので、私たちは、自覚できないことがほとんどです。

自覚しないまま、こどもの頃、見上げた母の疲れた横顔とため息が、まさに自分と同じになっていて、愛されている感覚や、ちゃんと愛せていない感覚の中で結婚生活を送っていて、殺伐とした気持ちになる、とか、とても苦しいと、理由はわからないけど、「幸せを感じられない」ことを感じ、もやもやと過ごす方が少なくありません。

 

女性である母と私が、そうしたいわけではないのに、同じようになってしまう、というのは、不思議ではないのです。良きにしろ悪しきにしろ、無意識にモデルになっているのが母だからです。

 

では、母が悪いのでしょうか。

もうすっかり大人になった私の幸せの鍵は、今も母が握っているのでしょうか?

 

そもそも、母は、幸せじゃなかったんでしょうか。

今の母は、どうでしょうか。

 

こどもの頃に、見上げていた世界には、背も、目も届かない私には、わからなかったことがたくさんあったはずです。それは、良くないことだけでなく、いいこともあったかもしれません。

もし、ご両親が、今もケンカしたり、しなかったり、仲良さそうでなくても、一緒に買い物に出かけたり、ご飯を食べたり、テレビを観たりして、人生を共にいるのであれば、そこには何かしらの「意味」と「絆」があるということです。

 

母を越えていく

 

母の歩いてきた道は、彼女のものであり、彼女の生きた時代や、そこにある価値観を映したものになります。でも、私の歩いている道は、私のものです。母が、苦労していたなと感じたところも、犠牲にして、やるのを止めていたことも、私は、それを行なったり、良きものとして受け取り、味わうほうを選ぶ時代です。

 

「ダークストーリー」は、書き換えていくことができます。私が知らずに書き上げてしまったストーリーは、母の人生を映していることが多いのです。私のものでないものに沿って生きることに、意味があるはずはありません。

そうやって「女性らしく、幸せに生きること」を止めていたとしたら、結婚の中に「ときめき」を持ち込むのは、とてもむずかしいことになってしまうに違いありませんね。

 

あの日誓い、宣言した、

「私たちは、ずっと愛し合います!幸せになります!」

という思いと言葉は、何度も、意識的に思い出すことが必要なものです。

でないと、あっというまに忘れてしまいます。どんなにたくさんの人の前で誓ったものだとしても、あんなに、真剣に固く、心に刻んだものだとしてもです。

 

ときめかない結婚の向こう側へ

 

夫に愛されていないような感覚や、お互いの中にロマンスがないと、冷えた感覚を感じている時、まずは、私の中で、すっかり影を潜めてしまっている「女性」の部分を見ていくことはとてもいいことです。

 

なぜなら、夫は「こんな私を愛さないでしょう」とどこかで決めていることも少なくないからです。

お母さんになっちゃった私、年をとった私、太っちゃった私、強くなっちゃった私、あんな私も、こんな私も、ほんとダメだし、嫌だから、夫はきっと愛さない!と、決めてしまっている部分です。

 

私が私を好きになることや、ダメじゃないよって思ってあげることは、私がもっと軽やかに、女性らしい感性を日常に表現しながら生きることにつながり、私が夫を愛したり、夫に愛されることにも、やがて効果を発揮するでしょう。

 

少しずつかもしれませんが、私が女性らしく生きることで、世界はちがう見え方になっていくものです。

 

 

お役に立てれば嬉しいです。

 

 

池尾千里

 

 

「カップル・カウンセリング」のブログ連載は、「池尾昌紀」「池尾千里」が担当し、「男性心理」「女性心理」を紐解いていきます。

恋愛・夫婦問題で悩んだり、パートナーをみつけようと思っている方、将来の結婚に役立つご提案を、毎週月曜日に発信していきます。

 

手っ取り早く「男女の心理が知りたい!」という方は下記の記事をご覧ください。

>>>「こんな時の『男心』『女心』がわからない!」シリーズへ

 

「池尾昌紀」「池尾千里」の「カップル・カウンセラー」によります、男女関係改善のためのブログをどうぞご愛読いただけたらと思います。

 

今回の記事がお役に立てれば嬉しいです。

 

池尾昌紀・千里による『カップルカウンセリング』もご好評いただいております。お客さまのパートナーとご一緒にカウンセリングを受けていただくこともできます。

カップルカウンセリングの料金は、お一人で受けられるものと同じです。
ご希望の方は、ご予約の際にお申し出くださいませ。

 

次週、2月20日(月)は夫、池尾昌紀が担当します。

どうぞお楽しみになさってくださいね。

 

池尾昌紀のプロフィール&ブログ

池尾千里のプロフィール&ブログ

 

*********************

ニコニコ2月のご予約受付中ですおねがい

初回無料電話、カップルカウンセリングも是非ご利用くださいませ。

カップルカウンセリングは、パートナーとお受けいただいても、

おひとりでお受けいただいても効果の高いカウンセリングです。

カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちらまで。

TEL:06-6190-5131/06-6190-5613

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

受付時間:12:00~20:30

カウンセリングサービスからのお知らせ&ご案内はこちら→

*********************

名古屋カウンセリングルームはこちら☆