毎週月曜日の「恋愛テクニック」は、「カップル・カウンセリング」と題しまして、パートナーシップの問題の修復や、もっと幸せな二人になるためのご提案をさせていただいています。

担当は「池尾昌紀」「池尾千里」の夫婦カウンセラー。毎週交代で発信しております。今週は、池尾千里が担当です。よろしくお願いします。

 

 

チューリップ赤 チューリップ黄 チューリップ紫

 

 

パートナーシップを長く継続するためには、どうしたらいいんでしょうか?

そんなご質問を伺うことがあります。

 

結婚したい。

結婚することになりそう。

結婚した。

 

どのタイミングであっても、「この人との幸せな状態が、これからもずっと、ちゃんと続いていくんだろうか?」そんな不安が頭をもたげることもあるかと思います。もちろん、「ずっと長く続きますように!」という思いがあるからに他なりませんが、もともとまったくの他人であるパートナーと私が、パートナーシップを組むということについて、今日は考えてみたいと思います。

 

「浮気」を繰り返すパートナーをどう捉えるか

 

とっても好きな人で、ずっと大切にしたいと思っているけれど、幾度となく浮気を繰り返すパートナーを持つ時。幾度も繰り返すというのですから、私はすでに、過去に何度もパートナーの浮気をゆるしてあげてきたということになります。

現代の日本では、一夫多妻制はないわけで、(お殿様の側室とか、昔々はまた別ですが)私とおつきあいしているにもかかわらず、パートナーが他の人とデートしたりしていたら、それは、気分が悪いを通り越して、「いったいどういうつもり?」と腹も立つでしょうし、ひどく傷ついたり、不安になってしまったりしますよね。

 

「私をバカにするんじゃないわよ!」

「私を大切にしないあなたとは、もう終わり。」

とすっぱりと関係を止めてしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

ここには、「私は、もっと大切に扱われるべき」という信念があります。

それに合わない扱い方をされた時、違和感を感じますから、浮気をして、私を傷つけたり、不安にさせるようなパートナーとは、バランスが悪いということになります。違和感や怒り、不安を感じたまま関係を継続させれば、ストレスも溜まりますし、幸せを感じることは難しくなりますよね。

さらに言えば、また浮気をされるようなことがあったら、さらに怒りや不安は、前科の分と合わせて、さらに大きくなるでしょう。会えない週末には、きっと誰かとデートしているかもしれない、なんて妄想もたやすくなってしまいますよね。

 

私は、そんな状態に自分を置いておくことはしません。

このパートナーと自分は合わないから、次を探します。

そんなふうに決断することも可能です。

 

でも、そうできない時、もしくは、「別れる」という選択肢そのものがない、ということもあります。

周りにいる友人たちは、口を揃えて言います。

 

「あんな人とは、別れなさいよ。」

「よくつきあっているわね。」

 

私のことを大切に思ってくれる友人たちの忠告を、どうしても聞くことができないのはなぜでしょう。

聞くことができないどころか、さきほども申し上げたように、浮気について腹は立つけれど、「別れる」ということは考えたこともない、そんな時、私たちの中には、何が起こっているのでしょうか。

 

それでも別れない理由は「自己価値」にあった?!

 

私がいるのに、他の誰かとデートしているパートナーは、私を不安にさせたり、傷つけたりする人ですよね。

私をそんなふうに扱う彼を、私のそばに置いておきたいということは、私の「自己価値」って、高いでしょうか、低いでしょうか。

 

きっと、私本来の「価値」よりも、ずっと低い設定になっているようですね。

周りの友人は、私の本来の「価値」を見てくれているので、そんな扱いを受けるのは不当だと言ってくれるわけです。

 

自分で判断している「自己価値」に合う人でないと、私たちは違和感が止まることはありません。

非常に居心地がよろしくないのですね。

一緒にいて居心地がいい、いえ、もしかしたら、居心地自体はあまり良くないとしても、なんだか離れられない関係になる人と私との間には、どこまでもイコールな「自己価値」というものがあり、私にぴったりなもの、実際には、私が私にぴったりだと感じているものを提供し続ける相手と、一緒にいることを、無意識に選んでいくといえるようです。

 

ということは、浮気ばかりする懲りないパートナーの「自己価値」は、いったいどうなのでしょうか。

 

「浮気」の理由は、悲しい「自己価値」

 

「浮気」を繰り返すのは、なぜでしょう。

ひとりの人を愛することができない時、実はこんな心理が隠れています。

 

「自分のことなんて、誰も愛し抜いてくれないでしょう?」

 

「愛する」ではなくて、「愛し抜く」ことをしてもらえないというのがポイントです。

一時的に「愛」をもらう、少しだけ「愛」をもらう、限定条件付きの「愛」をもらう。

これらはできるのです。でも、ずーっと「愛」をもらい続ける、「誰かが自分を無条件に愛し続ける」ということは、絶対にないという、自分の判断である「自己価値」があるということです。

 

でも、それでは悲しいので、即席の「愛」をもらう、でもひとつでは足りないから、あちこちからもらう、となると「浮気者」の完成です。おつきあいしているパートナーから、もらえるはずの「永遠の愛」が自分にはふさわしくないと思っているからです。

 

そこには、いろんな理由があって、そんなふうに悲しい「自己価値」ができてしまっているわけですが、そんなパートナーと、なぜかバランスが取れてしまっていて、幸せが感じにくいにもかかわらず、離れられない関係について、もう少し掘り下げてみましょう。

 

「愛されない」と閉じたハートの奥の「愛されたい」

 

お互いの深いところでの、低く見積もった「自己価値」のバランスによって、ふたりの関係が離れ難いものになっているだけだとしたら、それは、幸せなパートナーシップとはいいにくいですよね。

 

パートナーシップは、そもそもお互いのマイナスがあってこそ、惹かれ合うものでもあります。

「会えない寂しさ」は、ふたりにとってはマイナス要因でもありますが、ひっくり返せば、「寂しさ」があるからこそ、「会いたい」「一緒にいたい」と思うわけです。時間をやり繰りし、手段を駆使し、山を越え谷を越え「寂しさ」を埋めて、「愛」で満たされた時間を過ごせるように努力するのですね。

 

マイナスの感情である「愛されない」という思いと対になっているのは、いつも「愛されたい」です。

 

あの浮気ばかりしているパートナーの中に、「愛されない」と固く閉ざしたハートの奥にある「愛されたい」という欠片を見つけた時、そして、「愛されたい」の中に、それが非常に遠慮がちに、私に向けられたものであることが感じられた時、パートナーが私の中に見ている「愛」を感じることができ、私がパートナーの「愛」になれるのかもしれないと、とても遠くで小さいけれど、灯台のような「光」がみえるのです。

 

「光」を見続けようと決めることが、パートナーの最後の人になることであり、パートナーにとって初めての「愛し抜く」人になるということなのです。

 

パートナーとの関係は、幸せなものであるべきです。

そして、そうありたいと思うからこそ、私たちは悩むのです。

 

お役に立てればうれしいです。

 

 

池尾千里

 

 

「カップル・カウンセリング」のブログ連載は、「池尾昌紀」「池尾千里」が担当し、「男性心理」「女性心理」を紐解いていきます。

恋愛・夫婦問題で悩んだり、パートナーをみつけようと思っている方、将来の結婚に役立つご提案を、毎週月曜日に発信していきます。

 

手っ取り早く「男女の心理が知りたい!」という方は下記の記事をご覧ください。

>>>「こんな時の『男心』『女心』がわからない!」シリーズへ

 

「池尾昌紀」「池尾千里」の「カップル・カウンセラー」によります、男女関係改善のためのブログをどうぞご愛読いただけたらと思います。

 

今回の記事がお役に立てれば嬉しいです。

 

池尾昌紀・千里による『カップルカウンセリング』もご好評いただいております。お客さまのパートナーとご一緒にカウンセリングを受けていただくこともできます。

カップルカウンセリングの料金は、お一人で受けられるものと同じです。
ご希望の方は、ご予約の際にお申し出くださいませ。

 

次週、1月23日(月)は夫、池尾昌紀が担当します。

どうぞお楽しみになさってくださいね。

 

池尾昌紀のプロフィール&ブログ

池尾千里のプロフィール&ブログ

 

*********************

ニコニコ1月のご予約受付中ですおねがい

初回無料電話、カップルカウンセリングも是非ご利用くださいませ。

カップルカウンセリングは、パートナーとお受けいただいても、

おひとりでお受けいただいても効果の高いカウンセリングです。

カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちらまで。

TEL:06-6190-5131/06-6190-5613

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

受付時間:12:00~20:30

カウンセリングサービスからのお知らせ&ご案内はこちら→

*********************

名古屋カウンセリングルームはこちら☆ 

 

池尾昌紀

 

毎週月曜日の「恋愛テクニック」は「カップル・カウンセリング」と題して、パートナーシップの問題の修復やもっと幸せな二人になるための提案をしていきます。

担当は「池尾昌紀」「池尾千里」の夫婦カウンセラー。夫婦で毎週交代で発信していきます。

「月曜日:カップル・カウンセリング」のコーナーを、どうぞお楽しみに!

>>>本連載の過去の記事はこちらへ! 

◎カップル・カウンセリングの詳細は以下をご覧ください。
>>>「カップル・カウンセリグ」って何?

◎まずは池尾昌紀の無料音源をお聴きください!
視聴はこちらへ!>>>「きくまる・無料音源」 

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

*** ご案内 ***

【東京:1/25(日)】【名古屋:2/25(土)】開催!

「自分を変える」「状況を変える」「夢を叶える」ための特別な1日をあなたに!

「池尾昌紀の1DAYワークショップ」のご案内

新しい年のスタートに自分を変えるセミナーに参加してみませんか!

◎詳細・お申し込みは>>>こちらへ!

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

 

例えばこんなご相談。

** ** **

夫の目立ちたがり屋なところにうんざりします。

友達と集まった時には、すぐに仕切り始めるし、

会社でも父母の集まりでも、人が集まると自分が取りまとめ役を

買って出て、BBQ大会だの、旅行だのを自ら企画して、常に

リーダーになろうとします。

そのことで周りから褒められたり、ありがたがられたりするのは

いいのですが、企画に人が集まらなかったり、自分の批判をする

人がいると、すぐに怒ったり、拗ねたりするのがとにかく大変。

リーダーシップの才能があると思うし、愛情深く情熱的で、

実際に人の役に立てているとは思うのですが、それを支えていくのに

疲れてしまいます。

家族でいる時も、一番に扱わないと拗ねたり怒ったり。

子供達もまだ幼いのにそれを敏感に察知して、夫をおだてて

いい気分にさせるようなことを言ったりします。

夫はどうしてこんなに目立ちたがろうとするのでしょうか。

どうしたらもっと穏やかになってくれるのでしょうか。

** ** **

 

人が集まるところで仕切れたり、取りまとめ役ができる、みんなのために企画ができる、というのはリーダーシップの才能があるということです。

しかしながら、才能があるのに「目立ちたがり屋」と思われるということは、本人がこの才能をうまく使えていない、ということ。

 

このケースでは、目立ちたがり屋どころか、自分を立てて欲しい、一番に扱って欲しいというニーズが強く、自分が評価・理解されないと怒り拗ねてしまうのですから、うんざりして疲れてしまうのも無理はありませんよね。

こういうタイプの男性は、周りからは自信満々だったり、時にはかっこいい、頼りになると思われたりします。実際にそうだからなのですが、家で支える妻は大変です。

外ではいい顔して、家では悪態を吐くように感じますから、周りの人に夫を褒められても素直に喜べません。

 

この感じって、ある状況に似ているんですが、何だと思いますか?

それは、自信がなくて尻込みする小さな子供を動かす時の状況です。

例えば、普段はクラスの人気者で友達も多いのに、実は自信がなくて弱虫で泣き虫の男の子。

運動会の当日、足が速いのに自信がなくて、運動会に出るのが嫌だ!と駄々をこね始めた幼い子供を、なだめたり、ほめたり、励ましたりして、背中を押してあげる時の感覚と同じなのです。

 

子:「もしビリになちゃったらどうしよう。クラスのみんなに笑われちゃうよ」

なんて言われたら、思わず叱咤してしまいたくなりますよね。

母:「あんたは足が速いんだから、グダグダ言ってないで走れば結果を出せるのよ!」

 

つまり、目立ちたがり屋な夫は「自信がない子供みたいな心」を持っているということなんですね。

これ、妻にしてみればバレバレな話に思われるかもしれませんが、意外と気づいていない方も多い。

あんなに自信満々な夫が、実は自信がなくて弱くて、それを隠すために強がっているなんて!と驚かれる方も多いのです。

 

心理学には「補償行為」という言葉があります。

これはやっていることはいいことなのに、動機が自分の無価値感や罪悪感=自分はダメな奴、という思いを隠すためにやるので、どれだけいいことをして褒められても嬉しくないし、やっても報われない感じがなくならない心理のこと。

 

今回のケースでは、夫は取りまとめをして、人の世話を焼いて、みんなのために企画までしているのに、自分の弱さやダメさを隠すために行動しているので、そこに喜びを感じにくかったり、最初は楽しくてもすぐに虚しくなったり、少しでも批判めいたことを言われると、やっぱり俺はダメなんだ、という被害者意識に入りやすくなってしまっているのですね。

もともと才能があるのだし、人の世話をするのが好きなのだから、楽しんで、やりたいからやれたら、何を言われてもあまり気にならないはずなのです。

 

私たちのカップルカウンセリングでは、こうしたケースについて、以下のようなお話をさせていただき、目立ちたがり屋の夫を変えるためのアプローチをお伝えしていきます。

 

まずは夫の心理を頭で、理屈だけでいいから、理解してみようと思ってみてください。

でも、あなたは夫の才能をとてもよく理解しているし、そこが好きで結婚したはず。

だからこそ、このうんざり感は「こんなに才能がある人なのに、なぜ、それをまっすぐ使えないのか」もっと言えば、「怒ったり拗ねたりしなければ、才能として認められるのに」というところにあります。

 

夫の態度に腹が立つのではありません。

夫の価値や才能がわかるからこそ、腹が立つし、うんざりするのです。

 

そして、あなたのうんざり感の下には、もう一つ別の感情、本当の感情が隠れています。

それは「私のせいでこの人は目立ちたがり屋なままなのではないか」という自責の思い。

ここが最大のポイントです。

誰がどう考えたって、妻のせいではないし、夫の問題ですよね。

でも、深層心理では自分のせいではないか?という疑いを持っている女性が本当に多いのです。

だからこそ、夫の態度にいちいちひっかかってしまうのですね。

 

夫の目立ちたがり屋で面倒な態度を変えるためのヒントはここにあります。

まずは妻である自分が、夫を支えられていないと自分を責めているとしたら、と自問自答します。

そして、そんなことはない、どれくらい自分ががんばって支えてあげられているかを思い出します。

夫に自信をつけてもらうためには、まず、妻である自分が自信を持てばいい、と思ってあげるのです。

 

この心の土台をもとに、日頃から夫を「見て」あげるようにします。

ただ、見ているだけでいいんですね。そして、心の中で応援してあげます。

可能なら、毎日、小さなことでいいから、褒めて認めてあげる。ありがとうといつも伝えるようにする。

この積み重ねが、夫の自信を大きくしていきます。

誰あろう、夫が一番に認められたいのは妻にですから。

そして、この積み重ねは、自分の自信を増やしていきます。

今回のお話がお役に立てたら幸いです。

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

【福岡】カウンセリングサービスがお届けする年に一回のイベント!

今年最初の感謝祭は福岡からスタート!です。

地元福岡のカウンセラーはもちろん、弊社代表平準司をはじめ、全国から人気カウンセラーがゲスト参加します。

私、池尾昌紀は今年も講演させていただきます。

◎詳細・お申し込みは>>>こちらをごらんください!

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

*** 池尾昌紀のワークショップのご案内 ***

【東京:1/25(日)】【名古屋:2/25(土)】開催!

「自分を変える」「状況を変える」「夢を叶える」ための特別な1日をあなたに!

「池尾昌紀の1DAYワークショップ」のご案内

新しい年のスタートに自分を変えるセミナーに参加してみませんか!

◎詳細・お申し込みは>>>こちらへ!

 *・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

次週、2017年1月16日(月)は妻、「池尾千里」が担当します。
来年もどうぞよろしくお願いします。

池尾昌紀のプロフィール&ブログ

池尾千里のプロフィール&ブログ
 *・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

心理学講座音声配信サービスきくまる

⭐︎まずは池尾昌紀の無料音源をお聴きください!
視聴はこちらへ!>>>「きくまる・無料音源」

 

◎きくまる詳細はこちらのページへ!>>>心理学講座音声配信サービス「きくまる」

 

◎池尾昌紀の「心理学入門講座・基礎集中講座」も配信中!

きくまる・池尾・基礎1

毎週月曜日の「恋愛テクニック」は、「カップル・カウンセリング」と題しまして、パートナーシップの問題の修復や、もっと幸せな二人になるためのご提案をさせていただいています。

担当は「池尾昌紀」「池尾千里」の夫婦カウンセラー。毎週交代で発信しております。今週は、池尾千里が担当です。よろしくお願いします。

 

 

鏡餅 鏡餅 鏡餅

 

 

あけましておめでとうございます。

今年も、どうぞよろしくお願いします。

 

池尾昌紀と交替で、今年も元気に更新していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

2015年4月からスタートした『カップル・カウンセリング』ですが、1年8ヶ月で92本の記事をUPしてまいりました。パートナーシップに特化したテーマばかりを扱ってまいりましたが、みなさまのお役に立てるよう、これからもいろんなテーマを掲げていきたいと思っています。

ふたりの問題を、ふたりだけで考え、先がみえなくなってしまったり、ふたりの問題なのに、ひとりで抱え込んで、出口が見つからずにおられる方の何かしらのヒントにしていただけたら幸いです。

 

 

新年が明けて、ご主人の実家にご滞在中の方もいらっしゃるかもしれませんね。

いろんな過ごし方をされているかと思います。

では、今年第1弾をお贈りしますね。お年玉

 

 

心理学には、「投影」という言葉があります。

とても役に立つ考え方のひとつで、私たちの周りに繰り広げられる世界は、私たちの中にあるものを映し出しているという法則です。

 

今日は、この法則を使いながら、パートナーとの関係を「平和」にするために、私の中の戦いをみつけ、それを終わらせることについて考えてみたいと思います。

 

夫に対する「不満」

 

夫に不満がある、文句を言いたくなる、実際、文句ばかり言ってしまう、ぶつかって喧嘩ばかり、または、もはや喧嘩もしなくなってしまい、長いこと冷戦状態なんてこともあるかもしれません。

 

夫が、家事に協力的でない。

 

例えば、そのことに不満があるとしましょう。

私だって、仕事をしていて大変なのに!

子どものことだって、私ばっかり!

私だって、休日にゆっくりしたいのに!

 

腹も立ちますよね。夫の顔を見るだけで、気分が悪くなる、なんてこともあるかもしれません。

しかし、そもそも「喧嘩をしたい」という人はいませんから、喧嘩になりそうだという場面では、私たちは、それを回避しようとするものです。一番簡単な方法は、夫と距離を取る方法です。

 

夫をアテにしないという「自立」

 

近くにいて、いつも見えていると気になります。でも、関心を持たないように遠くに置いておけば、あまり気になりませんよね。夫のことが気にならなくなって、腹も立たなければ、心は、怒っていた時と比べたら、随分穏やかで、楽になることでしょう。

でも、夫と距離が空いてしまえば、親密感からは遠ざかり、パートナーシップの中での幸せを得ることは難しくなってしまいます。そして、パートナーとふたりで背負うはずのものも、夫をアテにしない選択をすることで、ひとりきりで背負うことになってしまうのです。

 

パートナーシップは、相互依存(お互いに助け合う)のステージであるのですが、ここに「ひとり」でやる「自立」的なやり方を持ち込み、そのやり方で進めようとしてしまうケースは、実はとても多いのです。

つながりを切ってしまい、ひとりきりの世界でがんばり続けるこのやり方は、疲弊していきますから、継続が困難になってしまいます。

 

夫に対する「感情」を紐解く

 

がんばってきたのに、報われなかったり、喜びに結びつかないなんて悲しいことですよね。

がんばったら、それ相応の良きもの、いえそれ以上のものを受け取る、そんな流れを作りたいものです。

 

夫に対して感じているものを紐解いていってみます。

まずは、「怒り」。

戦闘モードになっているのは、この「怒り」のためです。

頼んでもやってくれない。私ばっかり!夫は全然わかっていない・・などなど。どんどん出てくるでしょう。

 

この「怒り」をしばらく見ていくと、その下の感情が出てきます。

怒っているのに、だんだん悲しくなってくるかもしれません。がっかりしたような気持ちも出てくることもあるでしょう。

 

「怒り」を使って、見えないように隠していたものが見えてきます。

すると、夫を責めていた世界から、夫が、こんな私を責めているに違いない、といった「自己概念」に出会うことが多いです。「あんな夫」と責めていたと思っていたことが、「こんな私」と自分を責めている、私の中の世界が見えてきたりします。

 

私の中の「自立」をみつける

 

妻として、母として、果たさなければならないと思っていたもの、完璧にやろうとしていたこと、夫ではなく、私がやらなければならないと固く思い込んでいたもの、そんないろんな私の中の「思い込み」に気づくこと。そして、「やらなければならないこと」と必ず対(つい)になるのは、「できない」という思いです。

「やらないければならない」の数だけ、「できない」があるのです。

 

私がやらなければと信じている「自立」のステージには、「できない」はタブーです。

その「できない」と私は、24時間戦い続けてきたのです。

「できない」から「がんばる」ループに、どのくらいいたでしょうか。

 

外の世界にある戦いを止めるためには、私の中の戦いをみつけ、理解し止めていくプロセス。

 

「投影」の法則の良いところは、自分に引き戻し、自分を扱うことで、相手や世界が変わってくれるのを待つよりも、うんと解決がしやすくなるというところです。

 

パートナーとの平和のために、是非お役立て頂けたらと思います。

 

今年一年が、みなさまにとって幸せなものになりますように。

 

 

池尾千里

 

 

「カップル・カウンセリング」のブログ連載は、「池尾昌紀」「池尾千里」が担当し、「男性心理」「女性心理」を紐解いていきます。

恋愛・夫婦問題で悩んだり、パートナーをみつけようと思っている方、将来の結婚に役立つご提案を、毎週月曜日に発信していきます。

 

手っ取り早く「男女の心理が知りたい!」という方は下記の記事をご覧ください。

>>>「こんな時の『男心』『女心』がわからない!」シリーズへ

 

「池尾昌紀」「池尾千里」の「カップル・カウンセラー」によります、男女関係改善のためのブログをどうぞご愛読いただけたらと思います。

 

今回の記事がお役に立てれば嬉しいです。

 

池尾昌紀・千里による『カップルカウンセリング』もご好評いただいております。お客さまのパートナーとご一緒にカウンセリングを受けていただくこともできます。

カップルカウンセリングの料金は、お一人で受けられるものと同じです。
ご希望の方は、ご予約の際にお申し出くださいませ。

 

次週、1月9日(月)は夫、池尾昌紀が担当します。

どうぞお楽しみになさってくださいね。

 

池尾昌紀のプロフィール&ブログ

池尾千里のプロフィール&ブログ

 

*********************

門松1月のご予約受付中です門松

初回無料電話、カップルカウンセリングも是非ご利用くださいませ。

カップルカウンセリングは、パートナーとお受けいただいても、

おひとりでお受けいただいても効果の高いカウンセリングです。

カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちらまで。

TEL:06-6190-5131/06-6190-5613

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

受付時間:12:00~20:30

カウンセリングサービスからのお知らせ&ご案内はこちら→

*********************

名古屋カウンセリングルームはこちら☆