毎週月曜日の「恋愛テクニック」は、「カップル・カウンセリング」と題しまして、パートナーシップの問題の修復や、もっと幸せな二人になるためのご提案をさせていただいています。

担当は「池尾昌紀」「池尾千里」の夫婦カウンセラー。毎週交代で発信しております。今週は、池尾千里が担当です。よろしくお願いします。

 

 

チューリップ赤  チューリップ黄  チューリップ紫

 

 

パートナーから、離婚を切り出され、相手の決意が固く、取りつく島もない時。

 

いきなり家を出て行かれてしまった。

 

別居が長く続いている。

 

 

などなど、私は、別れたくないけれど、相手が別れたいと言っていて、どうしたらいいかわからない。私としては、なんとかパートナーに思いとどまって欲しいから、すでにいろんな手を使ってやってみるが、うまくいかない、そんな場合について、書いてみたいと思います。

 

言えていない「別れたい理由」

 

別れたいと言っているのが、男性であっても、女性であっても、こちらが別れなど考えていないのに、別れを切り出してきている、または、別れを前提に、別居という状態になっている時、切り出されたこちらは、パートナーの気持ちがわからないままになっていることも多いものです。

 

ということは、パートナーは、私に「別れたい理由」をきちんと言えていないということです。そして、私自身も、パートナーがうまく言葉にできていない、ものすごく大切な部分を、まったく理解できていないということになります。

 

まずは、ここからがスタートです。

 

「私は、パートナーを全然理解していなかったかもしれない」

 

いえ、私なりに理解していたつもりだったし、努力をしてきたこともあったかもしれません。きちんと理解し合えていたところも、たくさんあったかもしれないし、話をしなかったわけでもない、そんな関係であっても、それでもパートナーが、私に言えずにいたことがあり、それは、ふたりの関係を終わらせたいと思うほどのものであったことに、まず気がつく必要があります。

 

例えば、パートナーが別れを切り出す前日、家を出て行く数日前、喧嘩をしたんだった、じゃあ、あの些細な理由の喧嘩が原因かといったら、そんなはずはないわけです。あんなつまらないことで、出て行くなんてと、思って、腹立たしく思っているのだとしたら、それこそが、別れたいと言っているパートナーの態度をさらに硬化させ、二度とやり直すことなどないと決心させるようなものです。

 

パートナーが、はっきりと別れたい理由を、私に言えていないところにも、何かしらの理由があるはずなのです。

 

 

・気を使ってしまい言えなかった。

・がんばりやさんで、なんでも我慢するタイプだった。

・どうせ聞き入れてもらえるはずはないと諦めていた。

・こんなことになったのは、自分のせいだと罪悪感が強すぎる場合。

 

 

いろんなケースがあると思います。

この3つのケースを詳しくみてみます。

 

 

気を使ってしまい言えなかった

 

一緒にいるパートナーが疲れている時、こんなこと今言ったら、悪いよね、とか、嫌な雰囲気にしちゃうかもしれないな、とか、相手のことを思って、つい言いたいことを飲み込んでしまう。そんなことが、結婚してからずっと、付き合い始めてからずっと、続いていたとしたらどうでしょう。

小さな愚痴だったり、不満だったり、して欲しいことを言えずにいたとしたら、ひとつひとつはたいしたことではなかったかもしれません。ちゃんと言えていれさえすれば。でもそれができなかったからこそ、今、「別れるしかない」という選択に至っているかもしれないのです。

 

 

がんばりやさんで、なんでも我慢するタイプだった

 

仕事と子育てを両立させている女性も多い時代です。共働きも珍しいことではありませんが、家事や子育てというジャンルは、よほど意識しないと、女性が責任を負いやすいジャンルでもあります。ですから、せめて物理的にバランスよく、ふたりで、やることを分けておいたり、コミュニケーションをして、常に一番スムーズな状態に更新できるようにしておく必要があります。

でも、それがないと、知らないうちに、仕事もしている女性側が、家でも働きづめになってしまったりしやすいようです。

 

また、男性の場合は、仕事や家のこと、子育てをがんばってくれているパートナーに仕事の愚痴をこぼすこともできず、もちろん言えるような時間もなく、お互いがものすごくがんばっているがために、ふたりともが弱音を吐けなくなり、息の詰まるような家庭になっていることもあります。

 

 

どうせ聞き入れてもらえるはずはないと諦めていた

 

パートナーがいつもイライラと怒っている。

何を言っても、おまえが悪いというところに落とし込まれてしまう。

余計な忠告ばかりされる。

いつも仕事を優先する。

 

そんなパートナーに、折り入って何か話をしてみようと思う人は少ないでしょう。

自分にとって大切なことを、伝えたい、聞いて欲しい、と思う時、相手の状態というのは大事ですよね。ちゃんと聞いて欲しいと思う時ほど、相手も聞き入れてくれる状態かどうかみてしまうものです。しかし、パートナーが、自分を受け入れてくれそうにないなと感じたら、いくら聞いて欲しいと思っても、伝えること自体を、これまでに何度も諦めてしまっていたかもしれません。

 

私が今、できること

 

3つのケースを挙げてみました。

パートナーが「別れたい」と思うほどの理由にたどり着くまでには、ずいぶんと時間が掛かりそうだと思われた方も多いかもしれませんね。

 

もし「めんどうだな」と感じるのであれば、いくら時間と手間をかけて、パートナーに別れを思いとどまらせたとしても、また同じことが起こるのは、時間の問題でしょう。

 

時間や手間を掛けても、なんとかもう一度やり直したい、戻ってきて欲しい、思いとどまって欲しいと思われていらっしゃるのなら、パートナーが、どんな気持ちで「別れ」を切り出さざるを得なかったのかを、じっくりと考えてみることです。

 

3つのケースのどれかにあてはまるだろうか。

私は、気を使わせていなかっただろうか。

パートナーは、我慢をしていたのではないだろうか。

いつも忙しくして、私に余裕がなかったかもしれない。

パートナーがそんなに思い詰めていることに気がつかなかった。

パートナーの表情や言葉は、どうだっただろう。

あのとき、パートナーは、どう感じていたんだろう。

 

思いつく限り、引っ張り出して、じっくりと考えてみるのです。

わかることがあれば、書き出しておきましょう。

もちろん、わかったことがあって、それに対し私の心が感じることも、書き出してみましょう。

 

わからないことも出てくると思います。

どんな気持ちだったのか、どういうつもりだったのか、わからないことも整理します。

 

もし、パートナーに連絡が取れそうなら、私なりに考え、感じたことを伝えてみてはいかがでしょうか。そして、わからないことは、聞いてみることです。

 

これまで、気がついてあげられなかったことがたくさんあったと思うけど、それが何なのか、私なりに考えてみたということを伝え、また、本当に申し訳ないけれど、一生懸命考えたけど、わからないこともあった。でも、そこがとても大事なことだと思うから、理解したい、教えて欲しいと伝えるのです。

 

わからないことは、聞くのです。誠意をもって、理解しようとしていることを伝えたら、それは必ず、今でなくてもいつか伝わるものです。

 

「別れたい」と言っているパートナーが、心の奥深くにしまいこんでしまった「理由」をまずは、理解しようとすること。硬い扉かもしれませんが、大切な人であるのなら、やってみる価値はあると思います。

 

そして、連絡を取ることも、会うことも、とにかくシャットアウトであれば、今は、パートナーの要望を全部(別れ以外です)汲み取ることにフォーカスするしかありません。パートナーには、時間が必要なのでしょう。時間をおく。それが、今、私のできるパートナーのための唯一のことです。

 

「別れ」を切り出され、さらにパートナーを理解し、時間をおき・・・

とても大変な宿題になってしまったかもしれませんね。

家族がバラバラになり、私がひとりぼっちになった状態で、こんなふうに、パートナーとのことに取り組まないといけないのは、大変なことです。

 

誰か信頼出来る人に相談したり、話を聞いてくれて、状況を知ってくれている人がいたら、ずいぶんと心強いと思います。カウンセラーにフォローをしてもらいながら、というのもいいと思います。

 

お手伝いさせていただきます。

お役に立てればうれしいです。

 

池尾千里

 

 

ベル  ベル  ベル

 

 

「カップル・カウンセリング」のブログ連載は、「池尾昌紀」「池尾千里」が担当し、「男性心理」「女性心理」を紐解いていきます。

恋愛・夫婦問題で悩んだり、パートナーをみつけようと思っている方、将来の結婚に役立つご提案を、毎週月曜日に発信していきます。

 

手っ取り早く「男女の心理が知りたい!」という方は下記の記事をご覧ください。

>>>「こんな時の『男心』『女心』がわからない!」シリーズへ

 

「池尾昌紀」「池尾千里」の「カップル・カウンセラー」によります、男女関係改善のためのブログをどうぞご愛読いただけたらと思います。

 

今回の記事がお役に立てれば嬉しいです。

 

池尾昌紀・千里による『カップルカウンセリング』もご好評いただいております。お客さまのパートナーとご一緒にカウンセリングを受けていただくこともできます。

カップルカウンセリングの料金は、お一人で受けられるものと同じです。
ご希望の方は、ご予約の際にお申し出くださいませ。

 

次週、5月1日(月)は夫、池尾昌紀が担当します。

どうぞお楽しみになさってくださいね。

 

池尾昌紀のプロフィール&ブログ

池尾千里のプロフィール&ブログ

 

*********************

ニコニコ5月のご予約受付中ですおねがい

初回無料電話、カップルカウンセリングも是非ご利用くださいませ。

カップルカウンセリングは、パートナーとお受けいただいても、おひとりでお受けいただいても効果の高いカウンセリングです。

カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちらまで。

TEL:06-6190-5131/06-6190-5613

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

受付時間:12:00~20:30

カウンセリングサービスからのお知らせ&ご案内はこちら→

*********************

名古屋カウンセリングルームはこちら☆ 

 

 

池尾昌紀

 

毎週月曜日の「恋愛テクニック」は「カップル・カウンセリング」と題して、パートナーシップの問題の修復やもっと幸せな二人になるための提案をしていきます。

担当は「池尾昌紀」「池尾千里」の夫婦カウンセラー。夫婦で毎週交代で発信していきます。

「月曜日:カップル・カウンセリング」のコーナーを、どうぞお楽しみに!

>>>本連載の過去の記事はこちらへ! 

◎カップル・カウンセリングの詳細は以下をご覧ください。
>>>「カップル・カウンセリグ」って何?

◎まずは池尾昌紀の無料音源をお聴きください!
 視聴はこちらへ!>>>「きくまる・無料音源」 

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

年に1度のお祭り!4月は大阪で開催です!

◇◆カウセリングサービス・大阪感謝祭2017◆◇

20170423Osaka_Thanksgiving_cs
聞いて学べる講演!カウンセリングをプチ体験!豪華景品があたるクイズ大会!他、イベント盛りだくさん♪

 

・日時:2017/4/23(日) 10:00~18:00(*開場/受付9:30~)
・会場:江坂・サニーストンホテル北館4F、5F ※まずは4Fの総合受付にお越し下さい。
・料金:3,240円 (出入り自由のフリーパス)

○大阪感謝祭の詳細は>>>こちら
○お申し込みは>>>こちら
○Facebook大阪感謝祭特設ページは>>>こちら

○過去の感謝祭の様子は >>>こちら

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

仕事だったり、家事・育児だったり。

毎日、たくさんのことに追われていると感じていませんか?

 

忙しさに追われすぎていると「休む」「緩む」ことすらできないと感じてしまいます。

 

その時間さえないというこの感じは、実は、余裕がなさすぎて自分が「緩む」時間を作ることができないということでもあります。

 

これは心理的にみると「緩む」ことを自分に許せない、と考えることができます。

 

やらないといけないことがあるのに、休んだり緩んだりしている場合じゃない!という気持ちなんですね。

つまり「きちんとやれてない自分に緩む権利はない!」と心が思っているということなんです。

 

すると休みたい、緩みたいの強く思いながらも、それをすることができたいという苦しさの中にいることになって、ますます苦しくなっていきます。

 

しかしながら、これを逆に考えてみれば「きちんとやれている!」と思えたら休んでいい、緩んでいいということになりませんか?

 

休むため、緩むために大切なのは「自分のがんばりを認めてあげること」なんですね。

 

緩むことの大切さや意義というのは、苦労を重ねて乗り越えた時にこそ、実感して言えるようになるのではないかと私は思います。

 

私たちは今日に至るまで様々な苦労と努力を続けてきて、それは賞賛に値する価値があるのですが、あまりに自分に厳しすぎるので、価値よりも、自分のできていないことや、やれなかったことばかりに目を向けてしまいます。

 

また、今まで本当に苦労して、がんばってきたので、どうして自分がこんなにがんばらないといけないのだ、と誰かや状況に対して、怒りや憤りや悲しみを感じたりします。

すると、もうがんばる気力が湧かなくなり、がんばれなくなったりします。

 

「自分に厳しく、自分を評価できない」「がんばることへの憤り」という二つの思い、元になっているのは同じもの。

 

それは、自分はダメなんだという無価値感や、自分が悪いからだという罪悪感です。

 

自分を責めるか、誰かや状況を責めるか、その違いがあるだけで、結局は自分の価値のなさや、罪の大きさを責めているところが元になっているのです。

 

ダメな悪い自分と思っていると、自分に価値を見ることは難しくなります。

そんな価値のない自分を「許す」ことができなくなり、自分へのご褒美をあげられなくなる。

つまり、幸せになることを自分に許せなくなってしまいます。

 

それだけではありません。

親や家族や周りの人も自分に厳しい人で、自分の幸せを許せない人達ですから、その影響を受け、そして、その人たちに申し訳ないという「愛情」から、自分だけが楽な道を歩いていくことが難しいと感じているのです。

 

「緩む」「休む」「のんびりする」ことを許せないのも、こうしたことが元になっています。

 

がんばり続けて、燃え尽きて、それが無理になった時。

そんな時にカウンセリングを使ってくださる方も多いのですが、これは、切羽詰まっているからやむえずこられる方も多い。

 

そんな方がカウンセリングを使って言われる感想は「こんなに誰かに話をするだけで楽になるとは思わなかった」ということ。

 

この思いは、次に、そんなにも我慢していたんだ、ギリギリにならないと誰かを頼れないほど自分に厳しかったんだ、という気づきにつながっていきます。

 

ここから、先に書かせていただいた「自分はダメだから休んではダメなんだ」「がんばり続けないと価値がないんだ」と思っていたことに気づいていけます。

 

その中で「緩む」ことを自分に許せてなかったこと、時に「緩む」ことを周りに許せてなかったことに気づきます。

 

もし自分が無価値感や罪悪感から、本当にがんばっているのに、それを認めてあげてないから、走り続けているとしたら。

 

それを認めてあげることが必要以上にがんばったり、自分に厳しすぎたりすることを減らしていけます。

 

まずは、あなたがどれくらい今までがんばってきたのかを紙に書き出してみましょう。

それが難しかったり、書いても実感がわかない時は、親しい友達などに聞いたり、一緒に紙に書くのを手伝ってもらいましょう。

 

そうして自分のがんばりを知り、認めてあげることを積み重ねていきます。

 

そんな風に自分のがんばりに気づけるようになっていくと、ようやく「緩む」ことを許せるようになります。

 

「緩む」ことを自分に許してあげてください。

それだけの価値があなたにはあるのだから。

 

自分のがんばりや価値を知れば知るほど、自分にオッケーを出せるようになり、必要以上にがんばらなくなったり、そのままの自分でいいと思えるようになります。

 

そのことで、あなたが本来持っている才能や魅力が使いやすくなるのです。

 

そんな風になっていくために、「緩む」ことを自分に許してあげようと思ってみてください。

 

今回の記事が、少しでもお役に立てたら幸いです。

 *・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

次週、2017年4月24日(月)は妻、「池尾千里」が担当します。

池尾昌紀のプロフィール&ブログ

池尾千里のプロフィール&ブログ
 *・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

心理学講座音声配信サービスきくまる

⭐︎まずは池尾昌紀の無料音源をお聴きください!
 視聴はこちらへ!>>>「きくまる・無料音源」

 

◎きくまる詳細はこちらのページへ!>>>心理学講座音声配信サービス「きくまる」

 

◎池尾昌紀の「心理学入門講座・基礎集中講座」も配信中!

きくまる・池尾・基礎1

毎週月曜日の「恋愛テクニック」は、「カップル・カウンセリング」と題しまして、パートナーシップの問題の修復や、もっと幸せな二人になるためのご提案をさせていただいています。

担当は「池尾昌紀」「池尾千里」の夫婦カウンセラー。毎週交代で発信しております。今週は、池尾千里が担当です。よろしくお願いします。

 

 

チューリップ赤  チューリップ黄  チューリップ紫

 

 

 

人生の罠にうっかりハマった、名古屋で活動している7名の女性カウンセラーたちが、ひと肌脱いで講演いたします。

私・池尾千里も講演いたします。 

『自立の果てのデッドゾーン ~パートナーシップトラップ編~』

 

タイムスケジュールが変更になっています(2017/4/8)

詳しくは、こちらまで>>>

 

 

*****

 

 

春の新しいスタートを切っている方も多いのではないでしょうか。

小学校は、入学式のようです。桜桜

桜の咲くいい日になりましたね。さくら

 

さて、今日は、いきなり宣伝で失礼いたしました。上記の講演テーマにもあるように、数々ある「人生の罠」それも、パートナーに関するものについて、書いてみたいと思っています。

 

パートナーに対する不満

 

パートナーに対する不満というのは、ゼロということはないものです。じゃあ、ゼロじゃないから、みんな仲が悪くなって、離婚しちゃうのかというと、そういうわけではありませんよね。

 

多少の不満であれば、たとえあったとしても、まあまあ上手くやれるものです。

例えば、お互いさまってゆるせたりすところもあるでしょう。相手が、それを直そうとしているのがわかることで、いい関係のほうへ向かうこともあるでしょう。また、私が、その点について、不満を持っていることを、相手が知っているということだけでも、状況はちがうものです。

 

パートナーへの言葉を省くとは?

 

カウンセリングの中で、「日常会話」のおすすめをすることは、とても多いです。

結婚して、恋人だった男性が、夫になり、こどものパパになり、家族のひとりになると、私たちはどんどん言葉を省くようになるようです。

 

それは、私たちが、生まれ育った家族の中でやってきたことと似ているかもしれません。おかあさんやおとうさんに対して話をするのと、友達と話をするのが違うように。家族に対しては、言葉が少なくなります。共に生活していることで、言わずともわかることが多くなってくるからです。

 

でも、言わなくてもわかることはあっても、言わなければわからないこともたくさんあります。そもそも、もとは他人のパートナーに対して、いくら愛し合い、理解しあったふたりであったとしても、わからないことがないはずがないのです。

 

「本音」は隠しておくもの?

 

スキップしている人が、超ウキウキなのは、わかりやすいです。でも、にっこり笑顔の誰かが、ものすごい悲しい状況にいることだってあります。いつだって、言うことを聞き入れてくれていた人が、実はものすごく不満を持っていたなんてこともあるかもしれません。

 

「本音」というものは、大人になるにつれ、隠しておかねばならないものになりやすいようです。「本音」は、誰かを傷つけたり、私自身を傷つける、いけないものだと認識されているからです。

 

大人になる前に、私たちは、親と私は違うとか、友達と私は違う、というのを学んでいきます。自分の思いを主張し、親とぶつかったりすることもありますよね。反抗期なんて言ったりもします。では、家族ではない場所ではどうでしょう。

 

子供時代は、同い年の中で過ごしますから、自分と他者を比較し、違いを意識しつつ自分を確立していきます。でも、友達と仲良くするためのコミュニケーションとしては、他者との共通項で繋がるほうが簡単ですから、「みんなと一緒」が一番安心ですよね。

 

すると、「本音」という他者とはなんの関係もなく、勝手に湧いて出てくるものは、なかなか厄介になります。仲良くしたい友達と、真っ向対決になってしまうかもしれないからです。

 

「お笑い番組、あんまり好きじゃないな。漫画のほうが好き。」

という「本音」があったとしましょう。でも、友達は、

「夕べのあのお笑い番組観た?めちゃめちゃ面白かったね!」

と大盛り上がりしていたとしたら、ちょっと「本音」は言いづらいものです。水を差すようですものね。

 

でもたぶん、こう言うでしょう。

「うん、面白かったね。」

 

お笑いが好きか、漫画が好きか、ドラマが好きか、ライブが好きか・・

本当は、どれが好きでも良いものですよね。誰に遠慮することでもありません。でも、いつしか私たちは、つい相手のことを思い、相手が嫌な思いをしないように「本音」を隠す方法を使うようになっていくようです。

 

ハートブレイクという経験

 

もっと、幼い時代のお話です。

私のことを、いつでもどんな状況でも愛してくれていると思っていた時代に、そうじゃなかったんだと思い知る経験です。

 

例えば、うんと小さな頃、うんとわがままを言って泣いていても、抱きしめてなぐさめてくれたママだったのに、幼稚園に行くようになったら、「きれいに食べなさい」「ちゃんと歯磨きしなさい」「泣いちゃだめ」と言われるようになっちゃった。やりたいようにやったら、ダメなの?いい子にしなくちゃ、ママに愛されないんだね、ととても寂しく感じた経験があったとしましょう。

 

もちろん、誤解ですよね。一人でできるように、ママは教えてあげ始めただけです。

幼いが故に間違った理解をしてしまっただけなのですが、その時点では、それは確固たる事実で、真実で、変わらないものだと心に刻まれてしまいやすいのですね。

 

心が感じるままに、自由に振舞ったり、本音を表現したりすることを止めてしまう原因が、ここにあることはとても多いです。

 

パートナーに「本音」を伝える

 

今、パートナーとの関係を進めたい、改善したいというときに、「本音」を伝えてみてくださいと言われても、そんなことができるなら、とっくにやってます!と言いたくなってしまいますよね。

 

何年も、隠してきてしまった「本音」は、ちょっとやそっとでは、表現できるものではありません。感じると心地いいものもあるはずですが、溜め込んだ「本音」は、感じるには苦しいものに膨らんでいることが殆どです。悲しかったり、腹が立ったり、その下には、寂しいと感じるものもあるでしょう。

 

ですから、いきなり無理に「本音」を伝えようとしないことです。

パートナーにも準備が必要です。

 

まずは、「日常会話」をしましょう。

 

今日、堤防を通りかかったら、桜がきれいだったよ。

お隣の奥さんから、京都のお土産いただいたの。美味しそうよ。

通勤電車、4月は混むのね。あなたの駅、テレビに映ってたわ。

 

パートナーが返事をしても、しなくてもいいような「日常会話」です。「うん」とか「ふーん」くらい返ってきたらいいようなもの。「そういえば」って、パートナーも話し始めたら、しめたものです。

 

「日常会話」ができないのに、「本音」を話すことなんて、できないのです。とっても難しいものに、お互いがなってしまうのです。話す方も、聞く方も。

 

あなたが今、どんな気分なのか。

どんなものを見ると、どう感じる人なのか。

それは、正直な「本音」に他なりません。

 

「パートナーシップトラップ」

 

「罠」と呼ぶにはあまりにも、小さなトラップから、始まるパートナーとのすれ違い。

 

今一度、パートナーに、あなたの小さな「本音」を見せてあげてはいかがでしょうか。

取るに足らない、なんでもない日常の会話がもたらすものは、意外に大きいのです。

 

お役に立てれば嬉しいです。

 

 

池尾千里

 

 

ベル  ベル  ベル

 

 

桜名古屋カウンセラーズ・フェスタ桜

<メインテーマ>

『現役心理カウンセラーでもハマった人生の罠』

日時:2017年4月15日(10:00~17:40

会場:(名駅)愛知県産業労働センター・ウインクあいち

交通:名古屋駅より徒歩5分

料金:¥3,240-(税込)

※出入り自由の1DAYフリーパスです。

※打ち上げへのご参加は別途割勘での精算となります。(飲食代3,000円程度)

※参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り、お一人まで無料でご参加頂けます。

※本会場は、食べ物持ち込み厳禁となっております。ご昼食・ご休憩などは会場付近の飲食店をご利用ください。

 

 

詳しくはこちらからどうぞ。

 

下差し 下差し 下差し

 

 

 

「カップル・カウンセリング」のブログ連載は、「池尾昌紀」「池尾千里」が担当し、「男性心理」「女性心理」を紐解いていきます。

恋愛・夫婦問題で悩んだり、パートナーをみつけようと思っている方、将来の結婚に役立つご提案を、毎週月曜日に発信していきます。

 

手っ取り早く「男女の心理が知りたい!」という方は下記の記事をご覧ください。

>>>「こんな時の『男心』『女心』がわからない!」シリーズへ

 

「池尾昌紀」「池尾千里」の「カップル・カウンセラー」によります、男女関係改善のためのブログをどうぞご愛読いただけたらと思います。

 

今回の記事がお役に立てれば嬉しいです。

 

池尾昌紀・千里による『カップルカウンセリング』もご好評いただいております。お客さまのパートナーとご一緒にカウンセリングを受けていただくこともできます。

カップルカウンセリングの料金は、お一人で受けられるものと同じです。
ご希望の方は、ご予約の際にお申し出くださいませ。

 

次週、4月17日(月)は夫、池尾昌紀が担当します。

どうぞお楽しみになさってくださいね。

 

池尾昌紀のプロフィール&ブログ

池尾千里のプロフィール&ブログ

 

*********************

ニコニコ4月のご予約受付中ですおねがい

初回無料電話、カップルカウンセリングも是非ご利用くださいませ。

カップルカウンセリングは、パートナーとお受けいただいても、おひとりでお受けいただいても効果の高いカウンセリングです。

カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちらまで。

TEL:06-6190-5131/06-6190-5613

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

受付時間:12:00~20:30

カウンセリングサービスからのお知らせ&ご案内はこちら→

*********************

名古屋カウンセリングルームはこちら☆