みなさん、こんにちは。カウンセリングサービスの大野愛子です。

木曜日は「うまくいかない恋の処方箋」をテーマに、大門昌代大塚統子と共にお送りしております。今週は、大野が担当させて頂きます。

 

流れ星 流れ星 流れ星 

 

・都合よく扱われることが多い
・ダメンズ君とばかりご縁があるような気がする
・いつのまにか彼のお母さん役になっている
・押しの強い男性と付き合うことが多い
・身体だけの関係になることがある
・したいわけではないのに不倫になることが多い
・自分には男運がないと思う

 

このような恋愛の悩みを抱える女性には、ひとつの口グセがあります。それは、「私、自分の気持ちがよくわからないんです」という言葉。

 

自分の気持ちがわからないといっても、感情そのものがないわけではありません。喜怒哀楽はいつでもありますし、むしろそういうものは繊細に感じられるほうです。

 

でも、「自分がどうしたいのか?」が、よくわからないのです。だから、相手に振り回される恋愛が多くなります。

 

これには、ちゃんと理由があります。

 

「誰かが目の前にいると、その人が何を考えているのか、そっちを考えることで、自分の気持ちがいっぱいになってしまう」

 

そんなパターンがあります。あなたはどうでしょうか?

 

このパターンを持っている人は、幼少期からずっと誰かの気持ちを考えてきて、ずっと誰かの気持ちを優先してきて、ずっと誰かの気持ちに寄り添ってきた、そんな方に多い傾向です。

 

だから、カウンセリングなどでも、「あなたはどうしたいのですか?」聞かれることはとても苦手です。

 

とたんに頭がぼんやりしてきて、「どうしたいかわからないから、相談しているんです」と言いたくなります。

 

「自分だけの気持ちを感じる」ということが苦手なのです。だから、自分の分がありません。

 

自分の気持ちはどこかにいってしまい、自分ではない誰かの気持ちでいっぱいになります。

 

***

 

そういう私も、かつてはこのようなタイプでした。

 

彼と一緒にいるときはモヤモヤとして何も言えず。でも、家に帰ってくるとすごく疲れていました。だって、ずっと相手に合わせていますからね。

 

呼び出せばいつでもやってくる“便利な女”だったこともあります。

 

自分が大切にされていなことぐらいはわかるのですが、嫌われることのほうがこわくて、いつでも相手の都合を優先することのほうを選んでしまうのです。

 

同じ行動をするのにも、「自分がしたくてする」と「嫌われたくないからする」というのではその“動機”が違います。

 

嫌われないことを優先していると、だんだんと自分の気持ちが置き去りになり、相手側だけの気持ちにフォーカスするようになってしまうのです。

 

本来、恋愛はふたりでするものであるはず。私はひとりでふたり分を考えて、「彼はきっとこう望んでいるんだろうな」と先読みをして動いていたようなのです。

 

***

 

そんな方にお会いしたとき、こんなイメージワークをすることがあります。

 

~今、あなたの目の前に、

傷ついてボロボロになっている

自分自身がいると思ってくださいね。

 

その自分を見るとどんな気持ちがするでしょうか?

ちょっと感じてみてください。


その自分はどんな表情をしていますか?

もしその自分に声をかけてあげるとしたら?

なにかしてあげたいことはありますか?~

 

いつも誰かを見てばかりいるので、時々はこんなふうに自分だけを見る時間を作ってみるためのアプローチです。

 

愛されるためにする我慢ではなく、自分の気持ちを伝えられるようになることも、彼と良い関係を築いていくうえでは、大切なことだと思うからです。

 

そのために、「自分で自分を感じることを、自分に許していく」。

 

そうはいっても、なかなか難しいなと思っている方もいるかもしれませんね。

 

そのような人は、「これだけはイヤ」というポリシーをもつところから始めてみると良いでしょう。

 

ただ便利な女であった頃の私は、いつも彼のために予定をフリーに空けていました。いつ彼から連絡があるかわからないから、女友達との約束もできなかったのです。

 

だから、呼び出されての深夜のデートはやめたんです。当時は恋愛経験もなかったので、嫌われることがこわくて、彼一色に染まってしまったんですよね。

 

この経験があったから、結果的には「誠実な人を選ぼう」と思い至るようになったのですから、今となっては懐かしく痛い思い出でもあるのですが。

 

このような人にとってのカウンセリングというのは、とても意味のあることです。

 

聞いてくれる人がいて、自分の気持ちを言葉に出してみて、それを自分の耳で聞いて、「私は、こう感じているのね。こうしたいのね。」と自分をひとつひとつ確認する作業になるからです。

 

「自分を知るための時間」としてご活用いただけたらと、それはいつも願っているのです。

 

さきほどのイメージワークも、相手の気持ちばかりが自分のなかに入ってきてしまうのだとしたら、自分で自分を感じてみたらどうなのだろうか?という逆転の発想です。

 

誰のものでもないあなたの恋愛です。感じる心を取り戻していきましょう。

 

ご参考になりますように。

 

→大野愛子のプロフィール&ブログ 

Blog30代からのうまくいかない恋愛と40代からのこじれた男女関係に。婚活・失恋・復縁・不倫など、恋愛についていろいろ書いています。
カウンセリングを受けるには?
会場案内

 

キャンドルキャンドルキャンドル

 

音符さん春の仙台イベント!!

ぜひご参加くださいませ!音符さん

ベル2017春の仙台イベントベル

4/15(土)13:30-17:30平準司 
 『体験する恋愛心理学講座in仙台~うまくいかない心理パターンのヒーリング~』

4/16(日)13:30-17:30大塚統子
 『インナーチャイルド・ヒーリング~自信回復・夢実現のために~』

仙台・戦災復興記念館・4階第1会議室

お申し込みは>>>こちら

 

 

大塚統子

こんばんは。カウンセリングサービス の大塚統子 です。

木曜日に大門昌代 ・大野愛子 とともに「うまくいかない恋の処方箋」をテーマに書いています。今回は大塚が担当です。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

ベル2017春の仙台イベントベル

4/15(土)13:30-17:30平準司 
 『体験する恋愛心理学講座in仙台~うまくいかない心理パターンのヒーリング~』

4/16(日)13:30-17:30大塚統子
 『インナーチャイルド・ヒーリング~自信回復・夢実現のために~』

仙台・戦災復興記念館・4階第1会議室

お申し込みは>>>こちら

仙台は桜の季節、ご参加をお待ちしています音譜

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

自己否定の悪循環は、苦しいものです。


例えば、
うまくいかない(と思う)ことが起こる。
  ↓
「私がいけないからだ。私がダメだからだ。」と思う。
  ↓
「こんな私が何をしてもうまくいかないに違いない。」とやる気を失う。
  ↓
また、うまくいかない(と思う)ことが起こる。
  ↓
ますます、やっぱり「私がいけないからだ。私がダメだからだ。」と思う。
……以下、延々と繰り返し。

自己否定の悪循環は、繰り返せば繰り返すほど、自分のダメさが証明されて苦しくなります。

 

この悪循環の中に居る時は、絶望し、ウンザリし、虚しくなるものです。

 

そしてまた、そんなふうに感じる自分を否定して、苦しくなってしまいがちです。


* *

ちょっと、こんなことを試してみるのはいかがでしょうか。

「こうなったらいいな」という幸せな未来を、ただただ思い描いて感じてみるという方法です。

「大好きな彼と結婚式を挙げるなら…」

「3億円の宝くじが当たったら…」

「仕事で大成功したら…」

「来年のホワイトデーのディナーに行くお店は…」

 

今のあなたが「できるか・できないか」は、一旦横に置いておいてくださいね。

 

想像くらいは自由にしてみましょう。

 

* *


これから楽しみなことがある時、心はウキウキします。

 

好きな人とのデートや、友人との気楽な旅行などは、予定が決まってから当日までの間、楽しい気持ちになるのではないでしょうか。

 

これは、幸せな未来を感じることで、まるでもうその時間を過ごしているような気持ちになれるから起こることです。

 

心だけ先に、時間と空間を超えて、幸せを感じることができるわけです。

 

* *

かつて子供だった私たちは、小さなことで幸せを感じる達人でした。

 

しかし、大人になって、制限や心が痛む経験を持つようになると、昔のように純粋に楽しむことを忘れてしまうようです。

 

幸せな未来にではなくて、不幸な未来・不安が現実になった未来の方に心を飛ばす癖がついているのかもしれません。

 

彼はあなたを大切にしてくれているのに、「いつか裏切るんじゃないか?」と心配になるとか、「私は好きになった人には好かれない。」とか、「どうせ離れていくのだろう。」とか…。

 

今、それが起きていないのなら、今、不幸や不安を感じようとしなくてもいいのではないでしょうか。

 

* *

 

心を幸せな未来の方に飛ばしてみましょう。

 

そして、そんな未来が実現したら、どんな気持ちになるのでしょうか。

 

周りにはどんな景色が見えるのでしょうか。

 

幸せな未来にいるあなたに、あなたを大切に思う人たちは、どんな表情で、どんな言葉をかけてくれるでしょうか。

 

ただ、「そうなったら」を感じて、その気分を味わってみてくださいね。

 

* *

私たちの心は、一度いい気分を経験をすると、また同じような経験をしたくなるものです。

 

「またいい気分を感じたい。」と、「意欲」を持ちやすくなります。

 

一度おいしいケーキを食べたら、またそのケーキが食べたくなるように。

 

心も、一度幸せな未来に出かけたら、またそこまで出かけることは難しくないようです。

ちょっと冒険して、心に幸せな未来を感じさせることができたら、幸せな好循環を生み出していけるかもしれません。

 

そして、心を幸せな世界に向ければ向けるほど、強く「そうなりたい。」と思えるでしょうし、そうなっていく方法に興味を持ちやすくなるでしょう。

* *


私たちは、幸せな未来を感じている時間は、自己否定をすることができません。

 

自分を責めることや誰かを責めることから解放されます。

 

過去の記憶の中をぐるぐる回ってしまうような時は、あえて未来に目を向けてみるのもひとつの方法です。

 

* *

もし、幸せな未来の想像すら難しいという場合には、「自分には絶対無理!」「私には縁がない!」などと、あきらめるしかなかったのかもしれませんね。

 

怒りや悲しみが込み上げてくる方もいらっしゃるかもしれません。

出てきた感情の分量だけ、「幸せな未来を思い描くこと」を禁止していたのかもしれません。

 

その場合は、自分を認めていくところから始めてみてもいいと思います。

 

自分のがんばりを認めていくと、「がんばってきた自分は幸せになってもいい。」と思いやすくなるでしょう。

 

まずは、心から先に“未来の春”を感じてみませんか。

 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

大塚統子のオフィシャルブログ・プロフィール

大塚統子のしゃべり 「心理学音声配信サービスきくまる

恋愛スタイリングメディア“Glitty”への寄稿記事一覧

お客様の声(大塚統子の面談カウンセリング・心理学ワークショップのご感想集)

カウンセリングって、何をするの? 

ベル面談カウンセリング、東京と仙台の3・4月分ご予約受付中ビックリマーク

◆ご予約は、カウンセリング予約センター06-6190-5131へお電話ください。
(営業時間:12:00~20:30 月曜定休)

カウンセリングをうけるには?

会場案内

 

ベル2017春の仙台イベントベル

4/15(土)13:30-17:30平準司 
 『体験する恋愛心理学講座in仙台~うまくいかない心理パターンのヒーリング~』

4/16(日)13:30-17:30大塚統子
 『インナーチャイルド・ヒーリング~自信回復・夢実現のために~』

仙台・戦災復興記念館・4階第1会議室

お申し込みは>>>こちら

 

仙台は桜の季節、ご参加をお待ちしています音譜

ラブ・カウンセリングのブログ-プロフィール-大門昌代

木曜日は「うまくいかない恋の処方箋」がテーマです。

担当は、大塚統子・大野愛子とお送りしています。
今週は、わたくし大門昌代の担当となります。
------------------------------

 心理学講座音声配信サービス「きくまる」
>>>さて、いつもご愛読いただいていますこのブログが、無料の音声配信により、耳で聞いて学んでいただけるようになりました。
心理学講座音声配信サービス「きくまる」では当面は毎週1本、無料配信していく予定ですので、どうぞ、こちらでもお楽しみください。

心理学講座音声配信サービスきくまる
『あの時知りたかったよ!スペシャル~困った男の対処法~』配信しております。

------------------------------

女性が困っていると、がぜん元気になる男性というのが、いらっしゃいます。
例えば・・・
女性が、体調が悪そうである。
女性が、道に迷っている。
女性が、重い荷物に苦戦している。
女性が、悲しんでいる。
 
他にも色々とあるでしょうが、女性が困っているとがぜんやる気になって頑張るのです。
 
これは、私自身のお話しですが、私は自分が困っている姿を見られるのが嫌でした。
ですから、体調が悪いのは、周りの人にわからないようにしていました。

と言うよりも、自分自身が体調悪いことに気づくのも嫌だったという感じかもしれません。
「なんだか熱っぽいかな?」と思っても、なかなか体温を測りません。
測ってしまって、もし高熱だったりなんかしたら、困るからです。
ですから、仕事が終わって家に帰宅して、ホッと一息ついたときに、すごすごと熱を測る。
 
「げっ!!高熱じゃん!!」
 
そうすると、今まで平気で仕事をしていたにも関わらず、急に体調が悪くなって、一人お布団に入っておとなしくするのです。
(認識したとたんに、しんどくなってしまう訳ですね)
 
そんな調子ですから、道に迷って迷子になろうが、重い荷物を運ばなくてはいけない状況であろうが、悲しいことがあろうが、隠します。
そうすると、「女性が困っていると、がぜん元気になって頑張る男性」は、私の前から姿を消していました。
 
なぜなら、全くもって、お役に立てないからですね。
 
男性に限らず人間だれしも、誰かのお役に立ちたいと思っているものです。
ですが、私のようなタイプですと、誰の世話にもならなんと、色々なことをやってしまいますから、お役立ちポイントがなくなってしまうのです。
ですから、彼らはお役立ちポイントがたくさんある女性の元に去っていってしまうわけです。
 
そんな時は、あえて頼る、あえてお願い事をするというチャレンジをすることで、彼との関係を続けていくことも可能になります。
「今までやったことがない」「負けたような気がしてしまう」など、様々な抵抗があるかもしれませんが、二人の関係性を大切にしていくために、チャレンジされるといいかもしれませんね。
 
男性側にお役立ちポイントがなくて、無力感を持ち、お役立ちポイントがある女性の元に男性が去ってしまうというのは、悲しいことです。
ですが、お役立ちポイントだけで、彼と繋がっているというのも、やはりつらい状況です。
 
「私の彼って、私が病気になると、元気になるんだよね」
「私の彼って、私が困っていると、急に張り切るんだよね」
 
という場合、彼と一緒にいるためには、私は困った状況にいなくちゃいけないような気がしてしまいます。
そのために、自分が病気になったり、常に困った状況になるのは、しんどいですよね。

ですから、そんな時は、「彼のために困った状況を作っているのかもしれない」と考えてみるのも、いいのかもしれません。
 
「えっ?彼のために困っている?」と、思うかもしれませんが、意識していないところで、そういった状況を作り出していることって、少なくないのです。
 
彼と仲良くするために、たまに甘えてみるとか、彼にお願いごとをしてみるというのは、よいのですが、それが上手にできないでいると、意識的ではないけれど、困った状況を作ることで、彼との繋がりを作ってしまうことがあるのです。
 
意識的にではないけれど、「彼のために困った状況を作っている」ことに、少しでも心当たりが出てきたら、彼との繋がりを、困った状況以外で作ってみることに、チャレンジしてみるといいですね。
 
たいして困っていなくても、あえてお願い事をしてみるとか、お互いが楽しいと思えるようなことを、一緒にやってみるとかです。

困った状況以外で、彼との繋がりを作っていくことができれば、「いつも困っている」という状況から脱出できる可能性大ですよ。
------------------------------