こんにちは。神戸メンタルサービスの平です。


阿部カウンセラーの代打で、

今週の「実録★2匹ぐらし」は、平がお送りいたします!!


4月より新メンバーになります。楽しみにしててくださいませニコニコ音譜


さて、みなさんからたくさんの恋愛のご相談を伺っていると必ず出てくるのは過去の彼や彼女に対する未練です。泣き顔



「やはり、昔のあの彼に決めておけばよかったかな」とか、「つきあっている当時は、あまり魅力を感じなかった彼女に、今ごろになって未練を感じる」といった問題は、みなさんの中にも出てくるのではないでしょうか?


もし、あなたが未練にしがみついているとしたら、あなたは過去に生きています。

そして、過去の純情で、うぶで、十分に成熟していなかった頃の自分を今も罰し続けているのです。


「自分には見る目がなかった」とか、「自分はなっちゃない」といったあなたが自分を責めるために作り出した空想の中に生きています。


人間は、始めから完璧にできているものではありませんし、色んな経験や体験を重ねながら、成熟していくものなのです。


過去を悔いたり、後悔したり、過去の関係にしがみついていても、あなたは絶対に幸せにはなれません。


あなたにとって大事なことは過去ではなく未来なのです。
過去の経験を生かして、その経験から十分学び、次のチャンスを逃がさないことが、何よりも大切です。


過去にうまくいかなかった恋愛や、失敗した人間関係があればあるほど、「今ならきっとうまくやれるのに・・・」と悔しい思いをすることもあります。


しかし、その一方で、あなたは失敗した自分を責めることで、今の自分の何かを証明しようとしているのです。

私たちは、いつも自分を責めていますが、自分を責めている度合いだけ、何かを証明する必要に迫られてしまいます


自分が「立派な人間である」とか、「やさしい人である」とか、

何かを証明しようとすることは、実はあなたの否定的な観念への補償行為なのです。NO!


もちろんそんなことを証明しなくても、

「あなたはとてもすばらしい人なのですが、それを信じられないのです。」しゅん


だから、ついつい余計な時間を使い、多くの補償行為をしてしまうのです。

もし、あなたが本当に自分自身の過去から放され、未来を向き始めたとしたら、もうこれ以上、自分を罰したり、証明したりしなくてもよくなるのです。


私たちは、いつも何かを「やらなければならない」と感じてしまいます。


それは、仕事かもしれないし、家事かもしれないし、対人関係かもしれませんが「もっと犠牲をしなければ」感じ、うんざりとしてしまいます。


多くの人は、このことを「自分がやりたくないことをやらされていると感じるのですが、

本当は、あなたが自分自身のことを不十分であるとか、ふがいないと感じ、いつも何かを自分に要求し続けているのです。涙


一息ついてみましょう。ほ2ほっ


そして、一人で考えるのをやめてみましょう。
もし、あなたの近くに家族やパートナーがいらっしゃるならば
パートナーの手に触れてみてください手


いろいろ考えるよりも、パートナーの手から伝わる温かみや、ぬくもりを感じることができたら、一息つけて、発想が変わってしまうかもしれません。


もし、あなたの人生が、過去の未練にしがみついていたり、毎日がやらなければならないことばかりのように感じてしまっているとしたら、あなたは今、もしかしたら、一人ぼっちの自分を感じているだけなのかもしれません。


あなたが遠慮なく触れられる誰かがいたとしたら、あなたのイライラは、たちまち消えてなくなるかもしれません。


もし、今、あなたが触れられる人が誰もいないとしたら、あなたの側にあなたが遠慮せずに触れられる関係があることがどれだけ大切なのか、気づいてほしいのです。

私たちは、中学生の頃、自立をはじめたときに、両親の手を振り払いました。

もしかすると、それ以来、あなたは誰の手にも触れていないのかもしれません


私たちは、誰かを勇気づけたり、励ますときに、なぜか人の手をしっかり握り締めたりします。Skype


私たちは、触れることのできる手を探しながら、人生を送っているのかもしれないし、そのぬくもりを求め続けているのかもしれません。涙*


私たちはときとして忘れてしまうのですが、そういうことをしているのは、あなただけではありません。


あなたの周りにいる人のすべてがあなたの手を求めているのです。ハート

あなたが手をしっかりと握ってあげられなかったと言う後悔が、今のあなたを責める原因になっているのかもしれません。


あなたが手をしっかり握ってあげたとしたら、喜んでくれる人はいったい誰ですか?うへ
あなたが、手をしっかりと握って「ありがとう」と言ってあげられなかった人は誰でしょう??

今日、あなたの心の中で、その人の手をしっかりと握って、その人に感謝をしてみてください。sei


あなたの中にあるイライラがひとつ開放されるかもしれません。
あなたの過去の未練から抜け出すことができるかもしれません。


では、次回もお楽しみに!!

ラブ・カウンセリングのブログ-プロフィール-阿部純也

こんにちは、カウンセリングサービスの阿部です。今週は記事をお休みさせていただいて、お知らせが2点あります。

■ 久々にワークショップ講師やります

3/21(月・祝)に2時間のワークショップ
を行います。内容はまだ詰めている最中なんですが、クライアントさんから「奥さんを見てみたいです!」という声を聞くことが多かったので、妻のゆうかちんをなんとか口説き落とし、当日ゲスト参加してもらうお願いに成功しました!

ダーリンがカウンセラーの、実際のところはどうなのか? 本に書かれてるのはどこまで本当なのか? なんだかんだで2人の雰囲気はどうなのよ?というところを百聞は一見にしかず、お見せできたらなと思っています。ちなみに妻は「わたしゃパンダか!」と言ってたので「違う、猫型アヒル口だ!」と言っておきました。ビシッと。

当日は、半分ワークショップ、半分イベント的な感じで、楽しめるものにしたいと考えています。これまでカウンセリングを利用したことない方もお気軽にご参加下さい。ダーリンがカウンセラーのプチキャンペーンも兼ねて、本をお持ち頂いた方には、何かちょっとしたプレゼントも用意したいと思っています。

■ アメブロが月1連載になります


2009年から毎週執筆させて頂いていた「実録2匹ぐらし」 ですが、今月より月1の連載にさせてもらうことになりました。4コマのストックがなくなり、本を出し、扱うネタに苦しみ始めた状態からなかなか抜けきれないので、ここらで少し鋭意を養って内容を充実させていきたいと思っています。これまで毎週楽しみにしていただていた方、コメントを残して下さった方、本当にありがとうございました。

返信ができずに申し訳ないなと感じることもしばしばでしたが、もし全くなかったとしたら、僕はもっと早く潰れていたかもしれません。ここまで週1で続けてこられたのは、そんな皆様のおかげです。感謝します。

次週からは新しいカウンセラーが登場し、阿部の担当は4月から月初めの第1週となりますので、新メンバーともに今後とも引き続きどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m
 
>>>阿部純也のブログも見る

▼ 恋愛心理コミックエッセイ「ダーリンがカウンセラー」 好評発売中です!< font size="2">画像をクリックするとAmazonの商品ページを開きます。目次紹介ページはコチラ から。

恋愛テクニック-ダーリンPOP


▼ 普段の阿部ってどんな人?Twitter やってます。つぶやきを見ると、カウンセリングしていない時の阿部がどんな人かわかるかもしれません。
恋愛テクニック-FollowMe阿部

ラブ・カウンセリングのブログ-2匹ぐらし-金曜更新
◆カウンセリングを受けるには? ◆会場案内
ラブ・カウンセリングのブログ-プロフィール-阿部純也

こんにちは、カウンセリングサービスの阿部です。

「自分のことを正直に話すと、相手には安心を与えることができる」という自己開示についてが前回のお話でした。今回は自己開示しようとした時に出てくる、恥ずかしさ怖れについてです。

■ 恥ずかしさの目的


そもそもが「恥ずかしい」という感情は、いつ頃に生まれるものなんでしょう?

私たちは赤ちゃん時代、誰もが、人前でウンチを漏らしたとしても「早く、早くこのオムツを替えてくれ!気持ちが悪くてかなわぬ!」とただ泣き叫んでは、威風堂々と人にお世話をしてもらっていたわけです。「うむ、くるしゅうない。以後、もっと迅速にな」と、お殿様、お姫様状態だった時代があるんです。

ところが、そんなあなたにもいつからか「それは恥ずかしい」という感情が芽生え始めました。もちろん「しつけ」があったからというのもありますが、単にそれだけであったら「本当はまだオムツがいいんだけどなあ」と思っているでしょう。

甘えているのは、格好悪い! 子供っぽいのは、嫌だ! 1人でできないのは、恥ずかしい!

そんな風に感じることで、私たちは自立をしてきました。ここでちょっと注目して欲しいのは、恥ずかしいという感情の目的についてです。私たちがこの恥ずかしいという感情を使って何をしてきたかというと、初めは親から距離を取るために使ってきたのです。これは思春期に近づくほど、大人に成長すればするほど強まっていきます。思春期に恥ずかしさを使う距離の取り方で代表的なのは、女性であればお父さんと一緒にお風呂に入るのが嫌になった時。男性であれば、異性への興味を悟られまいとしようとした時などです。

ちなみに、人との間に作る「怖れ」という感情は、しつけ時代に強化されます。良い子でいないと怒られる、言う通りにしないと怒られる、近づいて迷惑をかけると怒られる、というところから、そのままの自分では愛されないのでは? 認めてもらえないのでは?という誤解をして、親との間に「怖れ」を強化していきます。

■ 恋愛のメカニズム

赤ちゃん時代、べったりと親にくっついて「安心」があった状態から「恥ずかしい」「怖い」という感情を使って、私たちは親から距離を取っていきました。

そして親から離れて1人になった分だけ、今度は誰かとくっつきたくなるんです。異性への興味が出てきたり、寂しさや不安を感じ始め、それを他人との間で埋め合わせたくなります。これが、恋愛や友情のシンプルなメカニズムです。

ところがです。

いざ、再び誰かに近づいていこうとした時、自分と人との間の距離は「恥ずかしさ」や「怖れ」という感情で埋まっているんです。異性への興味だったり、あの安心をもう一度手に入れるためには、誰もが自分で埋めたこれらの感情を越えて行かなければなりません。

思い出してみて下さい。あなたが初めて異性に近づいていこうとした時、手を握ろうとした時、キスをしようとした時。どれだけ恥ずかしかったり、嫌われるんじゃないだろうかと怖かったか。

恋愛関係に限らず、誰かと親密になっていこうとする時には、いつでも
 「恥ずかしさ」や「怖れ」が
あなたの最大の敵になります。それはあなたが昔、親から離れていくために使った感情に比例します。これらの感情に慣れていった時に、あなたは平気で誰かに近づいていくことができるようになるんです。

対人関係が苦手、という人は実はものすごくたくさんいらっしゃいます。でも、そのほとんどは「恥ずかしがり屋さん」「怖がり屋さん」です。ところが、自分の「恥ずかしい」や「怖い」という感情を抑圧して認められないでいる時、自分自身存在そのものを「恥」と感じてしまうケースが多いようです。それはやがて、いわゆる「自己嫌悪」というものになっていきます。

自分は家族の恥であるとか、会社の恥、社会の恥、男の恥、女の恥、人間の恥と感じることによって、自分をひたすらに隠してしまい、人間関係においてどんどん自分を隠れた存在にしてしまうのです。

■ 恥ずかしい話、ビビリ話は親密感を深める

バラエティのTV番組で「すべらない話」というのがありますが、出てくる多くの話は変態と呼ばれてもおかしくない「恥ずかしい話」であったり、小心者と呼ばれてもおかしくない「情けない話」「ビビリ話」です。でも、大人気なんですよね。もちろん笑える話に変えているというのもありますが、あの番組からスポットを浴びるようになった芸人さんも少なくありません。前回の自己開示の心理は、あの番組にも言えることなんです。

また、あなたが思春期の頃、女性であれば「誰が好き?」という恋愛話や、男性であれば「エロ話」で盛り上がった経験はありませんか? そんな関係においては、お互いがオープンになれるほど親密感が増した経験はないでしょうか?

恥ずかしさをオープンにできた時、自分とその人の間にある「恥ずかしさ」が埋まるので、親密な関係が築きやすくなります。これはカウンセリングやワークショップにも言えることなんですが、安心できたり信頼できるようになったりするのは、自分が「恥」と感じてしまった部分を受け入れてもらえるからなんです。

自分の恥ずかしさや怖さを認める話というのは、周りの目を気にし過ぎ、固くなっていた自分の心を解放してくれる作用があります。カウンセリングの中でも、特に初めての方は「話せただけで楽になった」と感じる方がずいぶん多いものです。

これの心理を応用して、あなたに「もっと仲良くなりたい!」と思う人がいた時、その人にあなたが恥ずかしかった経験や怖かった経験の話をしてみましょう。すべらない話のように、おもしろおかしく話せたなら尚も良しです。

あなたが勇気を出して人にそんな話をしていくことができたら、周りの人と親密になっていくスピードは各段に上がるでしょう。


>>>阿部純也のブログも見る

▼ 恋愛心理コミックエッセイ「ダーリンがカウンセラー」 好評発売中です!< font size="2">画像をクリックするとAmazonの商品ページを開きます。目次紹介ページはコチラ から。

恋愛テクニック-ダーリンPOP


▼ 普段の阿部ってどんな人?Twitter やってます。つぶやきを見ると、カウンセリングしていない時の阿部がどんな人かわかるかもしれません。
恋愛テクニック-FollowMe阿部

ラブ・カウンセリングのブログ-2匹ぐらし-金曜更新
◆カウンセリングを受けるには? ◆会場案内