こんにちは

カウンセリングサービス近藤あきとしです。


「魅力UP術」のテーマで、2週間に1度ずつ小川のりこカウンセラーと交代で執筆しております。どうぞよろしくお願いします。

 

 


●いつもパートナーを助ける恋愛をしているというあなたの真の才能(その4)

 

 

今日も前回からの続きになります。

 

2016/11/5【いつも「パートナーを助ける恋愛」ばかりしているというあなたの真の才能(その1)】http://ameblo.jp/love-counseling/entry-12216314855.html

 

2016/11/19【いつも「パートナーを助ける恋愛」ばかりしているというあなたの真の才能(その2)】http://ameblo.jp/love-counseling/entry-12220798375.html

 

2016/11/26【いつも「パートナーを助ける恋愛」ばかりしているというあなたの真の才能(その3)】http://ameblo.jp/love-counseling/entry-12222665262.html

 

前回の最後に、助けたい恋愛を繰り返している人は「本当に助けたいのは自分自身」というお話をしました。

 

子供時代に「私は両親に愛されていなかった」という痛みがあると、寂しさ、悲しさ、絶望などを心の底にかかえてしまいます。

 

すると、本当は分かってほしかった、助けてほしかった、気づいてほしかったという思いを目の前のパートナーに投影してしまうんです。

 

助けてほしかった自分の姿を、パートナーの中に見てしまうからです。

 

ということは、傷ついていたり問題をかかえている人の方が自分の痛みを投影しやすいですから、助けてあげたい人をついつい無意識のうちに選んでいるんですね。

 

例えば、あなたが長男長女で下の弟妹の面倒をみることを求められてきたり、

「あなたはお姉ちゃん(お兄ちゃん)だから」

としっかりすることを言われ続けてきた場合。

 

幼い心には

「私だってもっと甘えたい」

という気持ちも持つこともあるでしょうし、弟妹ばかりが両親に優しくされているように見えることもあったでしょう。

 

そんな、

「私だって」

という寂しさを抑えて良い子をしてきた分だけ、良い子をしてきたからこそ、

 

心の奥には満たされていない

「私だって」

が沢山しまわれていて、大人になった今でも気づいてほしいと声を上げているのだとしたら。

 

 

あるいは、次女や末子で上に兄姉がいる場合でも、ただ可愛がられるだけでいい存在として見られることが不安につながるケースもあります。

 

両親に期待をかけられるのは兄姉たちで、自分はあてにされてないような、認められていないような気がする。それもまた両親に見てもらえていない寂しさを抱えることになるのです。

 

「どうして私だけ大事にされないんだろう?どうしたら認めてもらえるんだろう?」


「そうだ。お兄ちゃんやお姉ちゃんみたいに頑張って役に立てば、私も期待してもらえるかもしれない」


そう思って、必死に頑張って人の役に立つことをして、気づいてもらおうとするんですね。

 

そんな思いをパートナーに映し出して、手を差し伸べたくなってしまうのです。

 

 

こういった幼いころの寂しさや気づいてほしい気持ちは、我慢してきた分だけ抑圧されて、意識できないことも多いのです。

 

すると、無意識的にパートナーに対して「助けたい」を押し付けてしまっていることに気づけないんですね。

 

「助けたい」という思いを持つこと自体には何の問題もないのですが、ここに「私が」がくっついていると、パートナーとの感情の境界線があいまいになることがあります。


相手が「助けて欲しい」と思っているのか、自分が「助けたい」と思っているのか、が区別がつきにくくなってしまうのです。

 

 

パートナーが、

 

今は一人になりたいと思っている時でも、

自分のやり方でじっくり取り組んでみたい時でも、

ひとまず休んでおこうという時でも、

 

相手の気持ちが見えずに自分の欲求(寂しい・気づいてほしい)を押し付けるかたちになって、つい手を出してしまったり先回りしてしまう、なんてことになりかねないんですね。

 

「彼(彼女)が助かって幸せになること」が目的になっているのなら、自分以外の人が助けることも受け入れられるでしょうし、自分以上にできる人に頼むことも可能なはずですが、

 

「『私が』助けたい」ことが目的になってしまうと、パートナーが幸せになれる機会を見失ってしまうかもしれませんよね。

 

だとすると、相手からしてみるとありがたいどころか、しんどい人・迷惑な人に思われるかもしれません。


せっかく助けたい気持ちで関わっても、パートナーに迷惑に思われては悲しすぎてやりきれないですよね。

 

 

このしんどい状況から抜け出すには、まずはパートナーの中に「救いを求めている自分」「気づいてほしい自分」を見ていることに気づくことが大事です。

 

「助けてもらいたい自分」を癒せると、「助けたい自分」が今よりもずっと自由になります。救いを求めている人に気づけることは才能になるのです。

 

「あなたはいったい誰なのか?何をしたい人なのか?」

 

あなたのこれまでの人生を振り返ってみた時に、その答えを見つけることが出来るはずです。そしてきっと人生が大きく変わっていくはずです。

 

ひょっとしたら、不自由さや苦しみから解放したい人なのかもしれません。

 

希望や幸せの方へ導きたい人なのかもしれません。

 

「これ」があったらもっと楽に簡単に解決できるのに、の「これ」を見つけられる人かもしれません。

 

才能というのは出来ることでも能力でもないんですね。


自分の感情が強く動くもの、あるいは静かに揺さぶられるものは何か?心の深い部分からの「願い」と「想い」とつながることで発揮されるものです。


それを見つけられたとき、あなたの「助けたい」は真の才能に変わりますよ。

 

 

それでは、今日があなたにとって素晴らしい日でありますように!


心理カウンセラー
近藤あきとし

 

★近藤のブログはこちらから

 

 

 

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。次回の登場は12月10日です!お楽しみに^^

 

※バックナンバーで⇒まとめて記事を読めます

★【好評です】超自立タイプの男性との恋愛シリーズ


読者さまからステキな感想をいただきました。
http://blog.livedoor.jp/cs_akitoshi/archives/65897069.html

 

 

お知らせ 

カウンセリングのご案内

 

●どなたさまも初回の電話カウンセリングを無料でご利用いただけます。詳しいご案内はこちらをご覧ください。

 

 

●東京都目黒区駒場で面談カウンセリングを行っています(⇒会場へのアクセス

 

<直近の面談カウンセリング実施日です。>

【 12月4日(日) 6日(火) 10日(土) 11日(日) 13日(火) 18日(土) 】

 

※その他の日程につきましてはこちらをご覧ください

 

※予約状況は常に変動しております。またカウンセリングルームが満室になるとご予約が入らなくなりますので、詳しくは【カウンセリング予約センター】までお問い合わせください。

 

 

近藤のカウンセリングを利用するには 

・ご予約は 06-6190-5131 にて受付中です。

「カウンセリング予約センター」
・受付時間:12:00~20:30 

・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

 

<心理カウンセラー◆近藤あきとしについて>

プロフィール(ちょっと長いので少しずつお読みください。)

近藤あきとしのカウンセリングについて

最新スケジュール と 予約状況

お客さまの声(カウンセリングの感想)

無料相談コーナー回答集

 

 

 

近藤あきとしの【Facebook】や【Twitter】では、ブログでは書いていない情報も発信しております。フォローしていただくと、最新の記事や情報をタイムラインにお届けいたします。

この記事を読まれて いいね!思われましたら、シェアしていただけると嬉しいです^^

 

≪アカウント≫

◆Facebook
https://www.facebook.com/akitoshi.kondou.7

◆Twitter

https://twitter.com/akitoshi_kondou

 

沼田みえこ

 

みずがきひろみカウンセラーと隔週金曜日に執筆しております、
「大人の恋愛術」。


今週は私、沼田みえ子の担当です。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

momi2* momi2*


「今日、ふとオフィスの窓から青い空を見上げた時に、
A子の笑顔を思い出しちゃった。

 

そうしたら、なんだかガゼン「ようし、仕事頑張ろう!」
なんて元気出ちゃってさぁ。

A子の笑顔って僕のビタミン剤だよ。」

 

「今日あなたに会えるの、5日前からカウントダウンしちゃった。
今朝もデート、どの服がいいかとても迷っちゃって。

 

B君に会えるの、本当に楽しみにしていたんだよ。
もう録画のように、先送りして時間を早く進めたい!
と思ったくらい。

会えて幸せ!」

 

「あ、旦那ちゃん、お帰りなさい。
今日ね、旦那ちゃんの事、
考えながらお夕飯の支度をしていたの。

 

いつも本当にお仕事、頑張ってくれてすごいなぁって
思っちゃった。

本当に今日もお疲れ様。」

 

「今日ね、ウーロン茶6本1ケースを車から
家の中まで運んだの。

 

いやぁ、重かったぁ。
これを軽々運んでくれちゃうあなたって、
本当に頼もしいなぁ~っと改めて思ったよ。

 

本当に頼りになるあなたと結婚してよかったぁ☆」

 

「君の作るご飯。
本当にどこのレストランよりもおいしいよ。

 

何よりも、君と一緒に食べるご飯、
本当にくつろげる。

ありがとう。」

 

momi2* momi2*

 

こんなセリフ、言われたらどう思うでしょうか?

少なくとも悪い気はしませんよね?


というか、むしろ良い気持ちになると思いませんか?

 

自分の存在を認めてくれた。
え?私(僕)の存在ってそんなに大きいものなの?
ホントに?

 

と思うんじゃないかな?と思うのです。

 

パートナーシップはもちろんのこと、
人間関係全般的に言えることですが、

自分を気持ちよくさせてくれる人には、
いつでも自分のそばにいて欲しいと思うもの。

 

いつも

 

「あなたは素晴らしいよ~
あなたの存在は偉大だよ~
あなたはいて欲しい存在だよ~」

 

というメッセージをいつも受け取れ、
自信を感じさせてもらえるから、です。

どんな人も、この承認、欲しいのよね。

 

momi2* momi2*

 

私もカウンセリングで、具体的に上記のように

 

「じゃあ今日旦那さんが帰ってきたら、
こんな風に言ってみましょうか?」

 

「デートの時、彼に伝えてみましょう」

 

と私が提案すると

 

「そんな、い、言えませんよ~っ!」(赤面!)

とおっしゃる方が本当に多いのです。

 

多くの方は知っています。

 

褒めたらいいんだ。
「すごーいっ!」
と承認したらいいんだ、と。

 

私も散々ブログでも書いていますし、
多くの恋愛や夫婦関係のサイトでもあちこちで書かれていますよね。

 

それらをくまなく読んでいらっしゃる方が多く、
本当に知識は素晴らしくお持ちです。

 

でも!
でもなんです。

 

「そんな言葉、言えませーん!」
なのです。

 

なぜか?

 

恥ずかしいから。

 

そんなこと言って相手がつけあがったら嫌だ。
そもそも褒めるところなんか、どこにも見当たらない。
ダメなところはじゃんじゃん見つかるのですが・・。

 

なんて声が聞こえてきそう(笑)

 

◆ 恥ずかしい

 

どうして恥ずかしのでしょうか?

今まで怪獣のように火を噴きまくっていたドラゴンレディだったのに、
いきなりこんなこと言ったら、

 

「何かあったの?」
「熱でもあるの?」

 

とドン引きされるんじゃないか?

 

なんて怖れ、つまりは
「はいどうぞ!」
と清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで
せっかく伝えた
愛情(褒め言葉)を、

 

「どっか頭ぶつけたの?」

 

なんて馬鹿にされて、相手が受け取ってくれないんじゃないか?
という怖さを感じてはいませんか?

 

または、こんなちっぽけな私が伝えても、
心に響かないのでは?

という怖れからくるのではないかな?と思います。

 

いずれにしても、自分自身をちっちゃく扱っている気持ちから
感じる感情です。

 

でも、大丈夫。

自分自身が思うほど、人はあなたを低く評価はしていないものですよ。

 

ホント、人はどういうわけか、自分を過小評価しがちなのですよね。

あなたが伝えた褒め言葉、承認の言葉は
相手を気持ちよくさせますよ!

 

それは多くの方から証拠集め、私、しましたから!
刑事のように、足で集めましたよー。(いやはやマジな話)

 

誰一人、嫌な感情を感じた方はいませんでした。

 

◆ 相手がつけあがるのでは?

 

この気持ちを感じるとしたら、競争意識がある証拠。

 

「相手より常に上に立っていたい」
という負けず嫌いさんに多い感情です。

 

もしもあなたが友達に

 

「お弁当作るの本当に彩りよく作って上手だね。
さすがだな~って思うよ!」

 

と言われて、この友達をもっと奈落の底に
蹴落としてやろう!って思います??

 

そうして上から奈落の底を見下ろして
「は~っはっはっ!」
って笑います?

 

「苦しゅうない、もっと近う寄れ!」
と上から目線になります??

 

素直に嬉しいだけですよね?

 

相手が上機嫌にはなりますが、
それでさらに態度が偉そうになるのではなく、

 

あなたがさらに下に下がったように感じる、
相手の良さを認めたら、自分がさらにみじめな気持ちになるのでは?

 

という点がポイントになると思います。

 

もしも「相手を上に持ち上げている気がする」という気持ちを感じながらも、

 

良いところを見つけて褒めてみよう!

 

とチャレンジできるとしたら、

それこそ成熟した人だと思いますし、
褒めてる相手よりも、人としてのレベルは既に上なんじゃないかな?

 

と思いますが、どうでしょうか?

 

◆ 褒めるところなんか、ない!

 

もしも、相手のできないところはすぐ見つかるけれど、
褒められるとこなんか、どうしたってない、ない、ない!

 

と思っているとしたら、
きっと自分自身にも厳しい方でしょうね。

 

自分自身が褒められた経験がほとんどないかもしれません。

 

お皿洗ってくれたぐらいで、なんで褒めなきゃならないのよ?
そんなのやって当たり前でしょ!

といった、厳しい目をお持ちの方。

 

そんな方は周りにも、そう扱われてしまっている(認めてもらえていない)
のかもしれないですね。

 

でも、ほめられたいよね?
認めてほしいよね?

本当は。

 

だとしたら、まずはあなたから。

 

自分が欲しいものは、まず先に与えると、
巡り巡ってあなたにやってくるのが、心の法則です。

 

本当ですよ

 

世の中の多くの人が

 

褒めて
褒められて

 

幸せな気持ちで、一杯になりますように。
そうして幸せなパートナーシップが、築けますように。

 

褒める大切さ、リアルで伝えています!

 

以下の過去記事、ほめる大切さ、書いていますよ~!

↓ ↓ ↓

子供を叱る、パートナーを責める

(私がアメリカ駐在中に経験したお話)

あなたの目線が変われば、あなたの生きる世界も変わります

 

頑張っているのに、彼が変わらない!

 

次回はみずがきカウンセラーです。

 

どうぞお楽しみに。

 

ベル 沼田の過去の講演が聴けます ベル

 

沼田のきくまるのダウンロードページはこちらから>>>

         心理学講座音声配信サービスきくまる

 

パートナーシップはもちろん、子育てや女性の生き方
のことなど日常を心理学を交えて書いています!

 

沼田みえ子のプロフィールブログはこちら>>

 

 沼田みえ子のカウンセリングスケジュールはこちら>>

☆現在、12月のカウンセリングを受け付け中!


沼田のカウンセリングを受けていただくには>>

  パートナーシップにお悩みの方、必見です!

 アメブロ「もっとラブラブに」の記事バックナンバー>>

 

 

大塚統子

こんばんは。カウンセリングサービス の大塚統子 です。

木曜日に大門昌代 ・大野愛子 とともに「うまくいかない恋の処方箋」をテーマに書いています。今回は大塚が担当です。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

自分軸についてレッスンする「心のおけいこ」、今週土曜日(12/3)開催です。
12/3東京:心のおけいこ~「自分軸」講座~
20161203tokyosp
Lesson1大野愛子「夢を叶えるための頭と心の整理術」 
Lesson2土肥幸司「ブレないあなたになる ~どんな時も優しくあるために~」
Lesson3大塚統子「ネガティブ思考をリニューアル~本質とつながり、自分軸を作る~」
>>>お申込みはこちらから<<<お申込み受付中 

ご参加お待ちしています

 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

執着というと、何となくドロドロしたものを思い浮かべるかもしれません。「あれ好きだったなぁ」というちょっとした愛着も執着ですし、「ああしておけばよかった」という後悔も執着です。多かれ少なかれ、人は執着心があるものです。

 

カウンセリングをしていると、「元彼への執着が手放せないんです。」といったお話を聞くことがあります。

 

そんな時に私がお伝えするのは、「手放せないことで自分を責めないでくださいね。」ということです。

 

だって、大好きだった人なら、すぐに忘れることなんてできないですよね。手放そうとするほどに、彼のことを思い出してしまうでしょう。そして、どこかで「彼が戻ってくるんじゃないか」って期待したくもなるのが恋です。

 

こんな見方はできないでしょうか。

 

あなたは、ただ彼を愛したかったのではないでしょうか。愛する気持ちが受け取ってもらえずに、愛が迷子になっているのが苦しいのだと。

 

あるいは、あなたは彼を助けたかったのではないでしょうか。助けられなかった自分の力不足を感じて、「こんな私が幸せになれるはずがない」と思うのが苦しいのだと。

 

もし、あなたの隣に、こんなにも誰かを愛したいと思う女性こんなにも誰かの力になりたいと思う女性がいたら、その人をどう思いますか。

 

俗っぽい言い方をすると、その人はいわゆる「イイ女」ですよね。そんなイイ女は、幸せになっていいと思いませんか。

 

そう、傍から見たら、あなたはイイ女なのです。幸せになれる人なのです。

 

残念ながら、「彼と幸せに」の「彼と」という部分だけは、あてはまらないようなのです。そこは、辛いところなのですが。

 

執着を手放そうとするならば、まずはこんなにも人を愛する気持ちが持てる自分、あるいは人を助けたいと思える自分の素晴らしさ、自分はイイ女なのだと認めておくことが大切です。

 

そうしないと、「こんな私を愛してくれるのは彼だけ。」「彼以上に私を愛してくれる人はいない。」「彼じゃなきゃダメ。」と執着しなければいけなくなってしまいますから。

 

私たちは自信がない分、これまで自分を受けいれてくれた人に執着しやすくなる傾向があります。「この人なら自分を愛してくれる」と知っているから、その人に愛してほしくなっちゃうんですよね。

 

もうちょっと言うならば、「この人なら」と思える人が限られていると、わかってほしい気持ちだったり、甘えたい気持ちだったりが、その人に集中してしまいます。その感情がこじれた結果、関係が終わることがあります。

 

もしかしたら、恋がうまくいかなかった理由も、執着が手放しにくい理由も、自信のなさにあったのかもしれません。

 

ならばこそ、終わった恋を、「私は愛されない」ことを証明する恋にするのではなく、「私はこんなにも人を愛したい人なのだ」ということを証明した恋にしませんか。

 

愛せないのが苦しいということは、あなたが人を愛したい人だから。

 

あなたは愛のあるイイ女なんです。まずは、それを認めてみてはいかがでしょうか。

 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

大塚統子のオフィシャルブログ・プロフィール

大塚統子のしゃべり 「心理学音声配信サービスきくまる

恋愛スタイリングメディア“Glitty”への寄稿記事一覧

お客様の声(大塚統子の面談カウンセリング・心理学ワークショップのご感想集)

カウンセリングって、何をするの? 

ベル面談カウンセリング、東京・仙台の12月分ご予約受付中ビックリマーク

仙台面談カウンセリングは12/10・11です。詳しくは>>>こちら

◆ご予約は、カウンセリング予約センター06-6190-5131へ
(営業時間:12:00~20:30 月曜定休)

カウンセリングをうけるには?

会場案内

 

12/25東京:心理学ワークショップ

講 師: 大塚統子
テーマ: 昼の部:「インナーチャイルドと癒し~今と未来を変えていくために~」

夜の部:「幸せに心をデザインする講座~夢にはばたく自分になる~」
日 時: 2016年12月25日(日) 昼の部:13:30-17:30/夜の部:18:30-20:30
会 場: 機械工具会館 
料 金: 昼の部:5,400円/夜の部:3,240円 *昼・夜の部に合わせて参加の場合:7,560円

>>>お申込みはこちらから<<<お申込み受付中 

ご参加お待ちしています