こんにちは

カウンセリングサービス近藤あきとしです。

 
「魅力UP術」のテーマで、2週間に1度ずつ小川のりこカウンセラーと交代で執筆しております。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 
●あなたが父親から受け取ったものは?(その2)

 

前回の記事では、
2017/1/7「あなたが父親から受け取ったものは?(その1)」
http://ameblo.jp/love-counseling/entry-12235730975.html

 

父親との関係から、私たちが受け取っている影響についてお話ししました。
今日も続きをお送りしますね。

 

(みなさんすべてにあてはまる話ではないと思っています。実際のカウンセリングでは一般論ではなく、一人ひとり個別の特定論でのお話になりますからね。そういうこともあるんだ、と思いながら読んでみてください。)

 

前回こんなことを言いました。

私たちの心の中には、父親という存在があらわすいくつかのシンボルがあります。

たとえば「力強さ」「権力(パワー)」「安定と安心」「保護してくれる」などがそうです。


こういった要素を持っていると感じる父親と子供時代に親密な関係を築けていたり、つながりを実感できていた分だけ、子供の自分もそういった要素が自分のモノとして感じられたり、守られている感覚を得られやすいですね。

 

さらに、成長する過程でそういった要素を上手に引き継いで、自分のモノとして心の中に根付かせていけると、進学・就職・転職・結婚など人生の節目やステージが変わる場面になっても上手に乗り越えていけることは多いのです。

 

 

ただ、結婚などで元の家族から切り離されたような感覚が強かったり、実家からすごく遠い場所で暮らすことになったり、父親との死別を経験したりして、父親とのつながりが切れてしまったように感じる状況になった場合。

 

父親と離れたりお別れした後から
・なぜかパートナーとの関係がギクシャクしてきたり
・仕事や人間関係でトラブルが続いたり
・気持ちが不安定になったり、生きている意味を感じられなくなった
などのお話を伺うこともあるんですね。

 

これは父親を喪失したという体験から、「パワー」「安定」「保護」などの要素が自分の心の中からも喪失したように感じるからなんです。

 

心理的、物理的につながりが切れたことで、心の中で目に見えない形で守られてきた要素が消えてしまった(と感じた)からです。

 

こういったケースでは、もう一度「心の中で“父親とのつながりや絆”を取り戻すこと」が大切になります。

 

そうすることで、パートナーシップや仕事や人生に良い影響が出てくると、不安定になっていた部分に安定が戻ってくるんですね。

 

カウンセリングでおこなう心理セラピーでは、イメージの力を使ってクライアントさんと離れてしまった父親との距離を近づけていくことがあります。


イメージの中で向き合いながら暖かい眼差しを感じてみたり、近づいて受け入れてもらうことで安心感に包まれたり、もう一度つながりや絆を実感してみるチャレンジをしていただくんです。

 

 

人のつながりというは、決して物理的な接触だけで感じるものではないんですね。
実際に側にいなくても、私たちが心の中で存在を感じられれば、いつでもその絆を取り戻すことができます。

 

なぜなら心の世界では、時間も空間も超えられるからです。
イメージの力を使うことで、たとえ遠くにいても、もう物理的には存在していなくても、その人を思い出すだけで、すぐ側に存在を感じることができるからです。

 

天国から応援してくれている。
草葉の陰から見守ってくれている。

 

こういった表現も、実際に天国や極楽浄土があるかどうかは証明できないですし、そこに大切な人がいるかどうかも分かりませんが、私たちの心の中ではその存在とつながりを感じられているという意味なのでしょう。

 

つながりを感じられた強さの分だけ、父親が遠くにいても、この世界にはいなくても、すぐ側でいつも見守ってくれている感覚が人生に再び安定を取り戻すことができるんですね。

 

 

ある女性のクライアントのお父さんは働いてばかりの仕事人間でした。

 

仲が悪かったことはないのですが、仕事が忙しくあまり家にいなかったので、思い切り甘えていた記憶もなかったのでした。


家にいても物静かに新聞を読んでいることが多く、お父さんのイメージというと一人で新聞を読んでいる背中を思い出すくらいだったんですね。

そして彼女が成人した頃に病気で亡くなられていました。

 

彼女はというと、恋愛をするとつき合う相手が変わっても、なぜかいつもパートナーはハードワーカーで連絡もろくに取れなかったり、遠距離でなかなか会えなかったり、あるいは浮気を繰り返したりと難しい相手ばかり。

 

その女性とのカウンセリングを通して見えてきたのは、いつも寂しさを抱えているパートナーを選んでいたことでした。


寂し気なお父さんの背中を見つめながら「私が助けてあげたい」と心の奥底で感じていた分だけ、同じような陰のある男性を好きになっていたのです。

(もし助けてあげられたら「私のことを本当に愛してくれるはず」と思っていたんですね)

 

そして、いつも少し離れてお父さんを見ていた分だけ、パートナーとの間にも「仕事」「遠距離」「浮気相手」と、無意識的に何かを間に入れて、距離をとった関係になっていたのでした。

 

 

セラピーでは、お父さんに近づいて甘えるイメージができたのですが、その後で気づいたことがあったと教えてくれたのです。

 

お父さんは勉強が好きで、本当は進学校へ進むこともできたし大学へもいけたはずだったけど、当時は家にお金がなく一番近所の高校へ行かざるを得なかったことと、就職してからは家族のためにずっと働き通しだったと言っていた話を聞いたことがあったのを思い出したそうです。

 

そして彼女が小学校へ上がる時に買ってもらった机と本棚に置かれていた文学全集と大きな百科事典のことも。

 

あ~、これがお父さんの愛情だったんだなあと、その時に初めて気づくことができたそうです。

 

その女性は、ようやく正面から向き合える彼と出会うことができ、幸せなパートナーシップを築きつつあるところです。

 

彼女は一緒にいられた時にはすべてを感じ取れなかった、受け取り切れていなかったお父さんの存在を、今なら感じきれる受け取り切れる自分になれたのでした。

 

さまざまな出来事、目の前の現実にはお父さんからの影響があるのかもしれないと思ってみてみると、ふとしたきっかけから「意外な気づき」が受け取れるかもしれません。

 

その瞬間こそ、お父さんをすぐ側に感じられた証なんですね。

 

 

それでは、今日があなたにとって素晴らしい日でありますように!

 
心理カウンセラー  
近藤あきとし

 

★近藤のブログはこちらから

 

 

 

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。次回の登場は2月4日です!お楽しみに^^ 来週は小川のり子カウンセラーが執筆いたします。

 

※バックナンバーで⇒まとめて記事を読めます

 

★【好評です】超自立タイプの男性との恋愛シリーズ

 
読者さまからステキな感想をいただきました。  
http://blog.livedoor.jp/cs_akitoshi/archives/65897069.html

 

 

お知らせ 

カウンセリングのご案内

 

●どなたさまも初回の電話カウンセリングを無料でご利用いただけます。詳しいご案内はこちらをご覧ください。

 

 

●東京都目黒区駒場で面談カウンセリングを行っています(⇒会場へのアクセス

 

<直近の面談カウンセリング実施日です。>

【 1月27日(金) 28日(土) 31日(火) 2月4日(土) 5日(日) 】

 

※その他の日程につきましてはこちらをご覧ください

 

※予約状況は常に変動しております。またカウンセリングルームが満室になるとご予約が入らなくなりますので、詳しくは【カウンセリング予約センター】までお問い合わせください。

 

 

近藤のカウンセリングを利用するには 

・ご予約は 06-6190-5131 にて受付中です。

「カウンセリング予約センター」
・受付時間:12:00~20:30 

・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

 

<心理カウンセラー◆近藤あきとしについて>

プロフィール(ちょっと長いので少しずつお読みください。)

近藤あきとしのカウンセリングについて

最新スケジュール と 予約状況

お客さまの声(カウンセリングの感想)

無料相談コーナー回答集

 

 

 

近藤あきとしの【Facebook】や【Twitter】では、ブログでは書いていない情報も発信しております。フォローしていただくと、最新の記事や情報をタイムラインにお届けいたします。

この記事を読まれて いいね!思われましたら、シェアしていただけると嬉しいです^^

 

◆Facebook
https://www.facebook.com/akitoshi.kondou.7

◆Twitter

https://twitter.com/akitoshi_kondou

 

mizugaki

 

こんにちは。みずがきひろみです。沼田みえ子カウンセラーと交代で、この金曜日の<大人の恋愛術>コラムを担当しています。

 

ベルお知らせ!いよいよ今週末です!「豊かさ」を受け取るための「お金」と「時間」のセミナー。

 

1/22(日)「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」@東京・三田

<昼の部>13:30~17:30『Money is love!「豊かさ」を受け取るお金の使い方』

<夜の部>18:30~20:30『Time is money!「豊かさ」を受け取る時間の使い方』

 

3/26(日)10:00~20:00 <癒しの>CS1DAYワークショップ

『アバンダンスの心理学(1)〜罪悪感はいらない〜』@東京・三田

 

お金の問題のネックには「罪悪感」あり。「豊かさ」を受け取ることを自分に許しましょう。理屈を知り、自分を見直し、方向性を見定めたら、感情を癒して、人生を変える!1年のはじめにやっておきたいことを、Hop、step、JUMP!とご用意しました。

 

「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」シリーズの詳細はこちら

 

 

 

雪

 

「夫が浮気しているかも、なんです」。

 

「最近は、業務連絡ばかりで。なんだか彼と距離を感じます」。

 

「仲はいいんですよ。子供の面倒もみてくれますし。夫婦なんてそんなものかな、とも思いますし」。

 

カウンセリング中にそんな言葉がこぼれると、私の頭の中に「ピンっ」て旗が立ちます。

 

 

夫が浮気しているだろう、とまでは思いません。

 

でも、「退屈だなぁ」というため息まじりの、ボソッとした独り言のような想いが聞こえるんです。

 

 

パートナーシップが「役割」を演じるようなものになっていませんか?

 

 

お互いを「お父さん」「お母さん」と呼び合っているうちに、

 

彼を「お父さん」の「役割」に、

 

自分を「お母さん」の「役割」に閉じ込めてしまっていませんか?

(男性は、逆にして読んでみてくださいね。)

 

 

毎朝、同じ時間に起きて、

 

同じようにコーヒーを淹れて、

 

朝ごはんの支度をして、

 

家族を送り出して、あるいは、自分も家を飛び出して、

 

仕事をするのも、

 

家事をするのも、

 

今、一生懸命にやっていることは、全部、パートナーがいてくれることが前提なのに、

 

無味乾燥。

 

 

パートナーシップが「お仕事」になっちゃったみたい。

 

 

日本には、そういうご夫婦がとても多いです。

 

 

子供がいると、

 

「夫婦」の「役割」以上に、子供の「親」としての「役割」を意識するので、

 

「夫婦」としての関係性がどうなっているかに気付きにくいです。

 

「親」としてのパートナーシップが取れていれば、なおのこと。

 

 

 

 

雪 雪

 

「役割を手放して、ハートを開いて、愛を与えて!」

 

というのが、処方箋といえば処方箋なのですが、

 

「それってどういうことよ!」って言いたくなりますよね。

 

おまじないのようにしか聞こえません。

(10数年前の私にはそうとしか聞こえませんでした。あせる今ならわかるんですけど。)

 

 

「役割を手放す」と言われても、明日から家事も仕事もしないというわけにはいきませんから、何をどうしたらいいのかわかりません。

 

 

そんなとき、私はこんなことをお聞きします。

 

 

「あなたの生活の中で、ご主人(奥さま)の優先順位はどうなっていますか?」

 

 

 

お子様がいらっしゃる方は、

 

「え?まだ子供、小さいですよ」

 

とおっしゃったり、

 

「あぁ、主人ねぇ」

 

というなんとも煮え切らない反応になることが多いのです。

 

 

子供の世話や心配よりも、

 

仕事のもろもろよりも、

 

家事のやりくりよりも(たとえそれが彼のためであっても)、

 

パートナーに「反応すること」を優先していますか?

 

 

家族の中で、

 

パートナーの意見を優先していますか?

(常にその通りにするということではないけれど)

 

 

家族の中で、

 

パートナーの希望を優先して叶えていますか?

 

 

「家族」は、まず「夫婦」ありき、です。

 

だから、まず「夫婦」の絆が大事、なのです。

 

「夫婦」は一番身近な他人どうしです。

 

「親子」は血がつながっています。

 

離れても「親子」は「親子」なのです。

 

他人であるパートナーと一番親密になることで家族に安心感が生まれます。

 

「夫婦」のつながりがしっかりしていれば、

 

子供は安心して悩めるので、自立できます。

 

 

 

 

ご主人が話しているときに、お子さんが割り込んできたら、どうなさいますか?

 

ついつい子供の話を聞いていませんか?

 

「ちょっと待って。今、お話をしているでしょう?終わったら聞くからね」

 

とお子さんにご主人の存在の大切さを教えていますか?

 

もしくは、

 

「ごめんなさい。ちょっと子供の話を先に聞くわね」とご主人に一言ことわっていますか?

 

 

私がこんなことを言うと、

 

「だって彼は子供の父親ですよ!私が子供の世話で大変なのだから、彼が一緒に引き受けるのは当たり前だと思うんです」

 

と、ごもっともなお返事をいただきます。

 

 

でもね。

 

「当たり前」がクセモノだ、と私は思うんです。

 

 

「お父さんだから当たり前」という考え方は、彼の「愛」を「役割」による「お仕事」にしてしまうから。

 

そして、その同じ考え方が、

 

あなたの家事や育児を「お母さん」としての「お仕事」にしてしまい、

 

そこにこめられたあなたの「愛」を見えにくくしてしまうから。

 

 

こんなに頑張っているのに、

 

「お父さん」の「愛」も受け取れず、

 

自分の「愛」もわかってもらいにくいものにしているとしたら、

 

それはとても残念です。

 

 

本当は、「愛」がいっぱいなのに。

 

 

 

雪 雪 雪

 

 

「当たり前」は心から「ありがとう」を追い出してしまいます。

 

「ありがとう」は一番自然な「愛」のありようです。

 

 

私たちは、自分に一番近い人を、自分と同じように扱うものです。

 

あなたがパートナーを扱っているように、ご自分を扱っているとしたら、

 

いったい自分をどれほど大事にしているでしょうか?

 

 

あなたがパートナーの存在を大切にした度合いだけ、

 

自分に向けられた「愛」を受け取りやすくなります。

 

「妻」という「役割」から「何かをする」のではなくて、

 

ただ「彼」がそこにいることを「楽しむ」ためにどうしよう?って考えてみるといいようです。

 

 

コツは、

 

「やっていることがら」以上に、

 

「相手の存在の素晴らしさ」に

 

「ありがとう」の気持ちを送ること。

 

 

最初は、面倒ですし、水くさくて、かえって居心地が悪いかもしれません。

 

でも、わざとらしくても、少し続けてみてください。

 

子供よりもパートナーの存在を優先する、それも「言葉」を使って大切さを伝える。

 

それをやるようになって、

 

パートナーとの絆が戻って、

 

お互いにもっと楽で自由になったカップル、家族をたくさん見てきました。

 

 

 

幸せなパートナーシップをもつ人が増えますように。ラブラブ

 

 

lots of love,

みずがきひろみ

 

 

 

ベルお知らせ!いよいよ今週末です!「豊かさ」を受け取るための「お金」と「時間」のセミナー。

 

1/22(日)「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」@東京・三田

<昼の部>13:30~17:30『Money is love!「豊かさ」を受け取るお金の使い方』

<夜の部>18:30~20:30『Time is money!「豊かさ」を受け取る時間の使い方』

 

3/26(日)10:00~20:00 <癒しの>CS1DAYワークショップ

『アバンダンスの心理学(1)〜罪悪感はいらない〜』@東京・三田

 

お金の問題のネックには「罪悪感」あり。「豊かさ」を受け取ることを自分に許しましょう。理屈を知り、自分を見直し、方向性を見定めたら、感情を癒して、人生を変える!1年のはじめにやっておきたいことを、Hop、step、JUMP!とご用意しました。

 

「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」シリーズの詳細はこちら

 

 

 

 

 ココロを学んでバージョンアップしたいあなたのために、、、


ラブラブ個別の面談・電話によるカウンセリング
あなた仕様のセラピーであなたの人生をサポートします。カウンセリングは前月の1日から、ご予約をお受けしています。ご希望の日時をカウンセリング予約センター(06-6190-5131)までお問い合わせくださいませ。

 

みずがきひろみのカウンセリングの詳細はこちら

 


ラブラブ心理学講座・ワークショップで学び、癒す
みんなで学び、癒し合うグループセラピーは、関係性を豊かにするヒントがいっぱい!あなたにピッタリのテーマをお選びくださいませ。

カウンセリングサービスの心理学ワークショップのページ>>>>>>>

 

みずがきひろみの心理学サロンの詳細はこちら

 


ラブラブ講演や講座をおウチで聴く

心理学講座や講演の音声配信サービス「きくまる」にアクセスして、おウチでゆっくりとくつろぎながらカウンセラーの話を聴くことができます。

「きくまる」のホームページはこちら>>>>>>>

 

 

みずがきひろみの「きくまる」ページはこちら

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。カウンセリングサービスの大野愛子です。

木曜日は「うまくいかない恋の処方箋」をテーマに、大門昌代大塚統子と共にお送りしております。今週は、大野が担当させて頂きます。

 

流れ星 流れ星 流れ星

 

過去の恋愛において傷つき過ぎると、男性を見る目が厳しくなってしまうことがあります。

 

たとえば、とあるA子さんの例。

 

最初に付き合った彼には、浮気をされた。
では、次は浮気をしない真面目そうな男性を。

 

今度こそと見つけた二番目の彼氏は、真面目だけど嫉妬深かった。

では、次は真面目で嫉妬深くなくて、私を自由にしてくれる男性を。

 

ようやく見つけた三番目の彼氏は、私を自由にしてくれる男性だけど仕事人間だった。

では、次は真面目で嫉妬深くなくて、自由にしてくれて仕事人間ではなくて、ちゃんと私だけを見てくれる男性を。

 

用心しながら見つけた四番目の彼は、私だけを見てくれる人だけど、稼げない人だった。

では、次は、ええと・・真面目で嫉妬深くなくて、自由にしてくれて仕事人間ではなくて、ちゃんと私だけを見てくれて、稼げて・・・

 

あら、まぁ。どうしましょう。
傷ついた分だけ、相手に求める条件が厳しくなっていくんですよね。

 

でもこれ、A子さんの心の中ではこんなことが起こっているんですよ。

 

「ええと、浮気をしなくて、真面目で、嫉妬しなくて、自由にしてくれて、仕事人間じゃなくて、ちゃんと私だけを見てくれて、そして稼げて・・・。もうイヤ!そんな人どこにいるのーー!!」

 

これが、「過去の男のツケを払うのは次の新しい男なのよ」という法則。
(私が勝手に考えたネーミングです。あしからず。)

 

ハイ、ノンフィクションでお届けしておりますよ。
これは、かつての私の話でありますからね。

 

傷や疑いというフィルターを通して男性を見るものだから、まるで審査員のように見る目が厳しくなってみたり、不信感から怯えてみたり。

 

こんな時はどうしたって男性を見る目が厳しくなってしまうのです。

でも、これは恋愛での話ばかりではないと思うのです。

 

転職を繰り返していくと「うるさい上司がいなくて、仕事はちゃんと教えてくれて、残業が少なくて、私をちゃんと必要としてくれる職場はないの?」と思う場面と似ています。

 

でもこれは、自分が本当に求めている条件ではなく、いわゆる損失補てんです。
過去に傷ついた補償としてのパートナー選びになっています。

 

「前の男とどこか似たようなところはないかしら?今度こそは大丈夫よね?」
相手がどんな人であるか?というより、いかに自分が傷つかないか?が気になります。

 

あなたが傷ついた分だけ、目の前にいる男性の性格、仕事ぶり、家族構成、言動などの審査項目が増えてしまうのです。

 

こういうのを『彼氏オーディション』と言います。

 

彼氏オーディションの審査項目が増えた結果は、「誰も好きになれないか」「好きでも嫌いでない無難そうな人を選ぶか」になることが、ほとんどです。

 

なぜならば、これはネガティブチェックですから、相手のポジティブ(良いところ)を見ているわけではないからです。

 

いわゆる消去法でパートナーを選びますから、相手をつまらない人に感じてしまうところが、問題点となるでしょうか。

 

「世の中には本当にいい男がいないわ」なんてつぶやきたくなる時には、相手の魅力を感じることよりも、自分が傷つかないことを優先しているのかもしれません。

 

あなたが男性を「私の喜びの存在」として見ているのか、「私を傷つける存在」として見ているのかを、少しチェックしてみるとよいでしょう。

 

残念ながら、傷つかないことを優先していると、本当の幸せを手に入れることができません。
かつての私の経験からも、それだけは確かなのです。

 

もしよかったら、これから出会う男性への目線を少しだけ変えてみませんか?


「この人の良いところはどこかしら?」とそう思うだけでよいのです。

 

あらこの人、意外とよく笑うのね。
見た目よりも、やさしいのね。
シャイだけど、男らしい人なのね。

 

あなたの繊細さをつかうと、そんなポジティブな面も見えてくるはずです。

 

それができた時、恋のチャンスが訪れるでしょう。プレゼント

 

キャンドルキャンドルキャンドル

Blog30代からのうまくいかない恋愛と40代からのこじれた男女関係に。婚活・失恋・復縁・不倫など、恋愛についていろいろ書いています。

→大野愛子のプロフィール&ブログ
カウンセリングを受けるには?
会場案内

 

◎お知らせ◎

木曜担当でおなじみの大塚統子カウンセラーの仙台開催のワークショップ!ただいまお申込み受付中です。お見逃しなく!

大塚統子心理学ワークショップ in仙台
2017年2月5日(日) 仙台市民会館 第5会議室
朝の部:10:30-12:30 「執着の手放し~新しい一歩を踏み出すために~」 3,240円
昼の部:14:00-18:00 「心のストレッチ~対人関係のコリをほぐす~」 5,400円
*朝・昼の部を併せて参加の場合、7,560円になります。
お申し込みは>>>こちら お申込み受付中