こんにちは

カウンセリングサービス近藤あきとしです。

 
土曜日の恋愛テクニックは「魅力UP術」がテーマの記事をお届けします。小川のりこカウンセラーと1週間ごとに交代で執筆しております。どうぞよろしくお願いします。

 

***

 
●失恋の後の罠にハマらないために

 

・長くおつきあいしたパートナーとの関係が終わったとき
・これ以上ないくらい相性の良いパートナーだと思っていた彼に突然フラれてしまったとき
・ずっと大好きだった彼に勇気を出して告白したけど断られてしまったとき


大切な人とお別れしたとき、私たちは誰でも大きなショックを受けて心に痛みを感じます。


そのショックが強ければ強いほど相手のことをひきずってしまったり、忘れられなくて気がつくと涙が溢れてしまうこともあるでしょう。


そしてしばらくすると色んなことを考えだします。


と言っても、こんなときに「自分を誇らしく思う」という人はなかなかいないですよね(本気でそう思えているなら素晴らしいことです。もう今日の記事は読まなくて大丈夫です^^)。

失恋はまるで自分の全部を否定されたように感じるだけに、自信がボロボロに崩れてしまうこともあります。

いつまでも引きずっている自分が嫌になって、つい自分を責めてしまったり、

早く立ち直りたくて無理に元気を出して、平気なフリをしてしまったり、

気持ちが落ち込んだまま浮上できずに「もう二度と恋愛なんてしない」と思ってしまうこともあるかもしれません。

ただ思い出してほしいのは、もしあなたが今、失った恋で苦しんでいたとしても、それは本当にパートナーを真剣に愛そうとした結果だということです。



じつは失恋をしたときに多くの人が陥りがちな罠があります。

それは「私のどこが悪かったんだろう?失敗したのはどうしてだったんだろう?」と上手くいかなかった理由を見つけたくなってしまうことです。


「きっとこれがダメだったんだ」という理由を見つけては何度も何度も自分へのダメ出しを繰り返してしまうことはありませんか?

ついつい「上手くいかなかったのは私に女としての魅力が足りなかったから。愛されるだけの価値がなかったから。」そんなことを考えてしまうかもしれません。

でもそれは誤解だということ、くれぐれも忘れないでほしいのです(それでもやっぱり考えてしまうものだと思いますが)


ひょっとしたら振り返ってみれば、


自分の要求ばかり言って彼の気持ちを見てあげられなかったかもしれません。
ワガママになり過ぎて重たくなったこともあったかもしれません。

嫌われたくなくて彼に合わせすぎてしまったこと、
我慢しすぎた想いが爆発したこともあったかもしれません。

でもそれはあなたが責められなければいけないことではないのです。
本当は失敗してはいないのです。

どうしても気づけないこと、知ろうとしても知り得ないもの、自分の理解できる範囲になかった出来事が私たちの人生にはたくさんあります。

あなたには見えなかった彼の事情があったり、
大好きな人の愛ですら受け取れない時だってあったはず。

あなたにどうにかできるのは自分自身のことだけ。
相手の感情や状況まではコントロールできませんよね。

自分の範囲を越えた部分まで自分を責めるための材料としてコレクションするのはもう止めても良いですよね。



私たちカウンセラーはよく『手放す』ということを言います。


それは別れたパートナーへの想いを切り捨てたり、彼を「どうでもイイ人」にして何も感じないようにすることではないんですね。

「今でも好き」その気持ちを抱いたまま彼から離れていくこと、卒業していくことなんです。
自然な感情の流れを受け入れていくことが心を楽にして、痛みを癒していくことにつながっていきますからね。


あなたが感情の自由さを持っていれば持っているほど、イキイキとした自分が蘇ってきます。
泣いたり、怒ったり、笑ったり、喜んだり、自由に感情を表現しているあなたが一番ステキで輝いています。

たとえフラれても、裏切られても、どんな惨めな思いをしても、あなたの魅力はほんの少しも傷ついてはいないのですから。


実際カウンセリングを通して失恋を乗り越えていったクライアントはたくさんいますが、どの女性もむしろ失恋前よりも自信と輝きを放っていますからね。

とは言え、たくさんの愛情を感じてきた、たくさんの期待を抱いていた相手への想いを手放すことはなかなか大きな作業です。

このときも「私のどこが悪かったんだろう?」という考えは、あなたの苦しみを長引かせる罠になります。

手放すことは、パートナーを真剣に愛し抜いた自分の想いを大切に大切にいたわること。そしてその想いの気高さを誇りに感じていくことです。

それがやがて訪れる次の恋のチャンスの際に、勇気を出して相手に心を開くための自分自身へのエールになりますからね。

あなたがもう一度誰かを愛しながら生きることを選べるように、いつも応援しています。


 

それでは、今日があなたにとって素晴らしい日でありますように!

 
心理カウンセラー  
近藤あきとし

 

★近藤のブログはこちらから

 

 

 

***

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。次回の登場は12月23日(土)です!お楽しみに^^  

来週は小川のり子カウンセラーが執筆いたします。

 

※バックナンバーで⇒まとめて記事を読めます

 

★【好評です】超自立タイプの男性との恋愛シリーズ

 
読者さまからステキな感想をいただきました。  
http://blog.livedoor.jp/cs_akitoshi/archives/65897069.html

 

お知らせ 

カウンセリングのご案内

●どなたさまも初回の電話カウンセリングを無料でご利用いただけます。詳しいご案内はこちらをご覧ください。

 

●東京都目黒区駒場で面談カウンセリングを行っています(⇒会場へのアクセス

 

カウンセリングのご予約はこちらから  

ご予約は 06-6190-5131 にて受付中です。

「カウンセリング予約センター」
 ・受付時間:12:00~20:30 

 ・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

 

<心理カウンセラー◆近藤あきとしについて>

プロフィール(ちょっと長いので少しずつお読みください。)

近藤あきとしのカウンセリングについて

最新スケジュール と 予約状況

お客さまの声(カウンセリングの感想)

無料相談コーナー回答集 

 

SNS

◆Facebook

https://www.facebook.com/akitoshi.kondou.7

◆Twitter

https://twitter.com/akitoshi_kondou 

 

 

こんにちは

カウンセリングサービス近藤あきとしです。

 
土曜日の恋愛テクニックは「魅力UP術」がテーマの記事をお届けします。小川のりこカウンセラーと1週間ごとに交代で執筆しております。どうぞよろしくお願いします。

 

***

 
●男性の前だと気持ちを隠してしまうのはどうして?(3)


前回の記事の続きになります。
2017/11/11「男性の前だと気持ちを隠してしまうのはどうして?(2)」
https://ameblo.jp/love-counseling/entry-12327262398.html

(その1)はこちらです。
2017/10/28「男性の前だと気持ちを隠してしまうのはどうして?(1)」
https://ameblo.jp/love-counseling/entry-12323363053.html
 

 

ある女性クライアントさんから、このシリーズの(1)(2)を読んでみて
「私の場合は男性の前だと恥ずかしさが先に出てしまって、素直な気持ちをうまく表現できないんです」
というお話を聞きました。

そこで今回は、「お父さんとの関係」「初恋の失恋」に続いて、『男性の前だと気持ちを隠してしまうのはどうして?』第3弾として「恥ずかしさ」をテーマにお届してみたいと思います。

いきなりですが、ちょっと想像してほしいのですが、あなたは


大好きな彼から正面から見つめられて「愛してるよ」と言われたら、どんなリアクションになりそうですか?
 

逆に大好きな彼、または想いを寄せている男性の目をまっすぐ見て「大好きです」と気持ちを伝えることはできそうでしょうか?


私たち日本人はただでさえ「慎み深さ」や「遠慮すること」が美徳されてきましたから、自分の気持ちをストレートに表現することに慣れがないんですよね。だからなかなか難しいという人は多いんじゃないかと思います。

そして同時にとても恥ずかしいという気持ちがつよく出てしまうんですね。

先のクライアントさんも、デートの時に彼からプレゼントを貰っても、つい
「今渡されても荷物になっちゃう」
と言って素直に喜べなかったり、

一緒に歩いている時に彼がバッグを持ってくれようとしても
「わたし自分で持てるから、ほっといて」
と手をはらいのけてしまったことが、これまで何度もあったそうです。

本当はそんなことはしてくないのに、好きな人から優しくされたり愛情を感じたりすると、恥ずかしくなって反射的に「嬉しい」という素直な気持ちを隠して、全然違う表現をしてしまうのです。



どうしてそんなことが起こるかというと、私たちが何かを「隠さなくていけない」と感じる裏には、「わたしはきっと嫌われるだろう」という心理が潜んでいるからです。

多くの場合、そのルーツは思春期にあります。ここを詳しく解説していくとそれだけで記事が終わってしまいますので細かくは書けませんが、自分自身を隠さないといけないような「愛されるに値しない」存在なんだという思い込みをもつようになるのです。

そうすると好きな人に「好き」と伝えることも、優しくされて嬉しい時に「嬉しい」を表現することも、自分を良くない存在だと思いこんでいる分だけ、素直に伝えられなくなってしまいます。

すると、本当は彼のことが大好きなのに言葉や態度に表現されていませんから、心の中の大好きという気持ちもほとんど彼には届いていないということが起こりやすいんですね。

彼女側はどこかで彼に好きな気持ちは伝わっている(心の中は大好きでいっぱいなので)と思っているのに、彼側からすると一緒にいても全然そうは思えないので、ある日とつぜん「僕では無理なんだよね。もう別れよう。」と言ってきたりすることもありえます。

そうなってから「違うの、本当にずっと好きだったの」と言っても、彼からすると「え~!全然そんなこと言ってなかったよね」と混乱してしまって、関係を修復することがとても難しくなってしまうのです。



ここまで読んでいて、「わたしもだいぶ恥ずかしがり屋さんかも」と思われた人もいるかもしれませんよね。

そんな人のために、恥ずかしさを越えて大好きな人ともっと仲良くなるための簡単なエクササイズをご紹介します。

●家族や友だち、職場の仲間などに感謝できることを探して伝えてみる。

●同じくその人たちの良いなと思うところや、素敵だなと思う部分を褒めながら伝えてみる。


いきなり大好きな彼との間でやりとりするのは、緊張してしまうかもしれませんし、まずは身近なひとに気持ちを伝えるところから取り組んでみるとイイですね。


もしそれも難しく感じるようなら、

●コンビニやカフェの店員さんにお会計の時に「ありがとう」や「美味しかったです。また来ます。」など、もう少し遠い関係の人に伝えてみることから始めるとイイでしょう。


もし、それもハードルが高く感じるのであれば、

●一冊小さめのノートを用意して、そこに身近な人たちの様子を見ていて感じたことを毎日書いていくことがオススメです。

例えば「会社の向かい席の鈴木さんは今日なんだか嬉しそうだった。何か良いことがあったかも」とか、「友だちの佐藤さんは今日ちょっと元気がなさそうだった。顔色も良くなかったし調子悪いのかな?」など、あなたが主観的に感じたことをその度に書きこんでみてください。

感じたことをアウトプットすることに慣れてくると、だんだんと自分の気持ちを表現する言葉のストックが増えていきます。
すると何か伝えようとした時に言葉がスムーズに出てきやすくなりますからね。



上のエクササイズのどれにも言えることですが、相手に気持ちを伝えられた体験を重ねた分だけ、受け入れてもらえた感覚があなたの心の中に育っていきます。

すると「わたしは愛されるに値しない存在」という自己概念が徐々に小さくなっていきます。「きっと嫌われる」という思い込みが、「きっと受け入れてくれる。わたしを喜んでくれる。」に変わっていくんです。

本当の気持ちを伝えた方が相手が喜んでくれることが肌で分かってきたら、大好きな彼に本音を伝えてみてください。その時には言葉はもちろんですが、表情や態度や雰囲気でもあなたの「大好き」「嬉しい」という気持ちを表現してみようと思ってみてください。

カウンセリングで恥ずかしさのルーツを癒していくこともできますが、まずは行動から手を付けていくのもアリだと思いますので、恥ずかしがり屋さんはぜひトライしてみてくださいね。

 

それでは、今日があなたにとって素晴らしい日でありますように!

 
心理カウンセラー  
近藤あきとし

 

★近藤のブログはこちらから

 

 

 

***

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。次回の登場は12月9日(土)です!お楽しみに^^  

来週は小川のり子カウンセラーが執筆いたします。

 

※バックナンバーで⇒まとめて記事を読めます

 

★【好評です】超自立タイプの男性との恋愛シリーズ

 
読者さまからステキな感想をいただきました。  
http://blog.livedoor.jp/cs_akitoshi/archives/65897069.html

 

お知らせ 

カウンセリングのご案内

●どなたさまも初回の電話カウンセリングを無料でご利用いただけます。詳しいご案内はこちらをご覧ください。

 

●東京都目黒区駒場で面談カウンセリングを行っています(⇒会場へのアクセス

 

カウンセリングのご予約はこちらから  

ご予約は 06-6190-5131 にて受付中です。

「カウンセリング予約センター」
 ・受付時間:12:00~20:30 

 ・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

 

<心理カウンセラー◆近藤あきとしについて>

プロフィール(ちょっと長いので少しずつお読みください。)

近藤あきとしのカウンセリングについて

最新スケジュール と 予約状況

お客さまの声(カウンセリングの感想)

無料相談コーナー回答集 

 

SNS

◆Facebook

https://www.facebook.com/akitoshi.kondou.7

◆Twitter

https://twitter.com/akitoshi_kondou 

 

ラブ・カウンセリングのブログ-プロフィール-小川のりこ

2週に1回、近藤あきとし一緒に記事を担当しております、小川のりこでございます。

 

少し前に書かせていただいたのですが、わたくしはこの年にして、初めてのジム通いをしています。

骨の病気を持っていて、酷い時は階段を降りるたびに激痛でした。

リハビリの先生に、筋力をつけるとだいぶ違うと教えて頂き、行くようになったのですが、半信半疑な小川でございました(-_-)。

 

だがしかしばっと!

何十年かぶりの大汗は気持ちが良し。しかもその後のジャグジー風呂がたまんねい♪

今5か月目なのですが、本当に痛みがかなり減りました(((o(*゚▽゚*)o)))

なので、少々ストイックに頑張ってしまうわたくし。

そして昨日先生に言われた言葉。

 

先生様:「小川さん。やりすぎです(-_-;)」

わたくし:「Σ( ̄□ ̄|||)がちょん!!」

 

わたくし:「マジっすか先生!」

先生様:「はい。マジっす(~_~;) ここんとこしばらく痛いんでしょう? これは筋肉痛ですね。しかも筋肉が硬くて張ってますね・・。」

わたくし:「張ってる・・・ということは、ストレッチも足りん・・・ということかもしれないわけですね。」

先生様:「そうですね。これだけやるなら、ストレッチは今より時間かけた方がいいですね。」

わたくし:「そうなんだぁぁぁ_| ̄|○」

先生様:「少々緩めにやってみて下さい。効果は出ているみたいですしね(笑)」

 

旦那様は言う。。。

 

旦那様:「のりちゃんは M やから仕方ない。 ここまででいいのに、ついつい負荷を更にかけて、燃えるタイプやろ。」

わたくし:「う・・・。だって超筋肉痛にならんとやった気がせんもん。」

旦那様:「肉体いじめに燃える。それを M という。 そうやって燃えた行く末がムッキムキや。本来なら、ナイスバディも夢ではないはず。。。だがチミは平然と甘いモノを今まで通りに食っとるので、残念ながらシックスパックな女にはならん。」

 

甘いモノやめるなど、小川の辞書にはねぇ。

 

わたくし:「いいのよ。痛くなくなれば。」

旦那様:「うむ。俺ものりちゃんのあんなとこのぶにぶにや、こんなとこのだるんだるんが消えるのは悲しい・・・。」

 

それ、ひどくないか??(T_T)

 

でも真っすぐ階段を降りれる時が多くなったのは、本当に嬉しいことです。

ジャンプや走ったりすることは今は全く出来ませんが、少しでも出来るようになればいいなぁと思いつつ、まずは現状維持と体力をもっとつけたいと思っています♪

 

 

では今回の記事です。

 

 

甘えること。

 

過去私たちは必ず”甘える”ということを体験いたしました。

それは、私たちの記憶にはほとんどない赤ちゃんの頃。甘えることで、生きてきた頃の時代から始まりました。

大きくなるにつれ、”自立”せざるを得なくなり、甘えることから、自分で頑張っていく力を身につけていきます。

でもその ”自分で頑張る力(自立)” をやらざるを得なくなるという時期は人によってそれぞれで、まだまだ幼い頃からそれを強いられてしまう場合もありますね。特に私たちの親の時代では、甘えさせるのは良くないと自然と学んでいたところもあり、早々と自立を促すことが、あの頃は当然だったようにも思いますので今のように、

 

しっかり甘えさせてあげてこそ、おのずと自然と自立していく

 

という考え方はなかったように思います。

それでもこの考え方すら、今でもまだあまり浸透していないのが事実のようです。

 

男女関係なくそういう厳しい見方をする時代だったのですから、男の子の場合、甘えには特に厳しかったと思います。

なので、一般的に男性は甘えることに関しては、ものすごい抵抗があります。

その抵抗感が、男女関係ではいろんな形で表れてしまうんですね。

 

例えば女性が涙を流す。

特に女性は大好きな人と口論、すれ違いがあり、感情が高ぶると、多くの場合涙というのは自然と出てしまうものです。

でもこの涙に男性は強く反応する人が多いです。

 

「すぐ泣くな!」「なんですぐそうやって泣くねん。」

 

と、女性の涙をすごく嫌がる方は多いですね。

これは、自分が厳しく育ってきたゆえです。

泣きたい時、分かって欲しい時に受け入れてもらえない体験が多かった場合、

 

「俺はどんなことがあっても泣けなかったんや! だからお前も簡単に泣くな! 我慢しろ!」

 

などという、その男性の痛みが出てしまっているんですね。

自分が我慢してきた感情を堂々と目の前で出されることに、耐えられなくなるんです。

 

こういう状況はいろんな場面であると思います。

誰しも自分が我慢して生きてきたこと、今我慢していることを、目の前でされたら見たくないものでしょうからね。

 

そんなふうに我慢して自立して来た男性もやはり甘えます。

人は、甘えなしで生きてはいけないものだからです。

 

女性の場合は比較的分かりやすいですね。

何かをしてもらいたい時にお願いすることやおねだりすることや、可愛らしく頼んでみたり、ゆだねてみたり・・・。

分かって欲しいと伝えることも甘えられると感じられる相手にしかしないので、これも女性の甘え方の一つです。

 

ところが男性の場合は、めんどくせいし、難しいです・・・(-_-;)

私たち女性には、甘えと気づかない形が多いんですよね。

 

例えばね。

こういう言い方をする男性がいます。

 

「俺は昔から女好きやからな。」「俺はメールが嫌いやからしない。」

「俺はこういう男やから。」「今はこういう状態やから仕方ない。」

 

これも一種の甘えです。

 

俺はこういう部分を持っているけど、そこは変われないし変わる気もない。だからそれを承知でいてくれ。

こういう俺に対してある程度我慢してくれ。容認して欲しい。

要するに、

 

俺は今の自分のまま貫く。それが嫌なら君が変ってくれ。君が合わせてくれ。

このままの俺を分かって受け入れて欲しい。

 

ということなの。

 

例えばこういう言葉使いをする男性がいます。

 

「だからお前は・・・やねん。」「お前が・・・やからダメなんだ。」

 

暴言というほどではありませんが、態度がでかい。

はっきり上から目線。なんとな~く上から目線。

いつも口調が偉そう。

 

これらの態度は、こんな言い方をしたとしても、彼女は自分から簡単に離れていかない・・・という気持ちがあるので出来るんですね。これも相手の女性に対しての甘えがある証拠です。

 

会うたびに会社の愚痴を言う。誰かの愚痴、悪口。

俺は悪くない。あいつらが・・・。

など、日々のストレスを吐き出すような、そういう分かりやすい甘え方をされる男性もおられますが、それよりも、分かりにくい甘え方をする男性の方がどちらかというと多いように思います。

 

なぜ分かりにくい甘え方をする男性が多いのでしょう。

なぜならね。

彼らが実際にはどんな甘え方を女性にしようが、 

 

 

” 俺は甘えるなんて絶対にしない! ”

 

 

と多くの男性が思っています(~_~;)

少々自覚がある男性であっても、やはり認めたくはないようです。

自分が女性に甘えているなんて思いたくないし、男としては、自分で全てを解決出来るほどでいたいものです。

 

一見甘えていないように見える男性。

確かに社会的には甘えている様子はありません。

ただ、恋人が出来た時、心を許せる女性が出来た時、

 

「俺はこういう男だということをわかってくれ。」

「俺にはこういうことはできない。だから君が気づいてくれ。」

 

こういう形の甘えた態度に出る男性はものすごく多いものです。

 

 

俺はこのままでいる。

だから君が俺のために俺に合わせてくれ。

 

 

”甘えている”と思われたくないので、それを分かりやすく言葉や態度には出しません。

自分の態度や、ちょっとした言葉で分かってもらおうとします。

女性にとっては非常に分かりにくい伝えられ方ですが、それでもこれが甘えだということに気づいている男性は本当にわずかでしょうね。

 

とてもとても面倒かもしれません。

少なくとも小川は自分の旦那様の甘えに気づいたとき、正直「めんどくせぇヤツ…」って何度も思っています。

 

 

では、こういう男性を私たちはどうやって相手していくのが楽なのでしょうか。

彼らが ”俺は変わらない” 態度を貫こうとしたり、上から目線で関わって来たりすると、私たち女性は好きな相手なので、ついそのまま受け取ってしまう場合があります。

でもそれで女としての自信を無くしてしまったり、自分が悪いんだと解釈してしまう方も多いので、何とかしたいものですね。

 

でもね。

 

忘れちゃいけないのが、彼らのこの面倒な甘えを甘えだと分かっていても知らん顔をしてあげることなの。

 

 

彼らにとって、自分が甘えているということを悟られるのは、人によっては屈辱的にも感じます。

ここはなんとしても隠したい部分でもあるので、それを頭に置いていて下さいね。

 

 

そのうえで、

 

私にはばれてます。甘えだと分かっています。

だからあなたのその手には乗りません。

 

という言葉を覚えていて下さい。

相手に言うのではなく(言っちゃいけませんね(~_~;))、あなたの心の中で覚えていて欲しいの。

 

こういった彼らの言葉にこちらが正直に反応してしまえば、男性の思うつぼ。

女性は自信を無くし、落ち込みます。

そして彼らは変わらないし、言った後の女性の落ち込む反応で、勝手に罪悪感を強めてしまいます。

 

 

彼らの変わらない姿勢、上からな態度

それは、男性の傷 なんですね。

 

男性は女性のように感情の話をほとんどしません。

社会ではもちろんのこと、友達同士ででもです。

 

女性は何かあると、全部は話せなくともつい言いたくなるし、話したくなるものです。

女子会というのも、恋愛の話はもちろんのこと、仕事の話、事柄ではなく起きたことや、その時の感情を話すことが多いですよね。

 

一方男子会というものは、あまり耳にしませんね(;^_^A

 

男同士の飲み会でも、感情の話というのはほとんどしない思います。

むしろ、感情的な話を男性は避けるものなので、避けたい話で盛り上がることはあまりないと思います。

 

だから、自分はこういう人間なんだと感じると、それを誰かに話したり、相談したり考えたりする相手も場所もありませんので、変えていくという発想はほとんどありませんし、思い浮かびません。

 

諦めている部分も多いんですね。そんな自分に絶望感を抱いている男性も少なくありません。

どうせ俺はこういうヤツだから・・・って。

だから出会えた女性に託すしか方法がないんです。

 

上から目線で話すのも、変われない自分であっても今までそうやって何とか頑張ってきた部分は守りたい。

それは男として愚痴らず泣かず、弱音を吐かず、自分なりに頑張ってきた自負があるから、そんな自分を誰かに馬鹿にされたくないし、少しでも自分を大きく見せたい。頼りがいのある立派な男性に見られたい。

そういう思いがあるので、ついつい偉そうな態度に出てしまうの。

そんな自分は社会ではもちろん見せられません。自分よりすごい人は、どうしても社会にはたくさんいるからね。

でもせめて、自分を受け入れてくれる女性の前では、立派に見られたい。大人の男として受け入れられたい。すごいと思われたい。

 

それが女性の前で出てしまうものなんです。

 

だからこられの彼らの態度に女性はうろたえないで♪

 

ただ女性にいいように見られたいだけの態度。

ただ女性の前で立派な社会人としてみられたいだけの態度なんです。

 

だから、

 

私にはばれてます。甘えだと分かっています。

だからあなたのその手には乗りません。

 

この言葉を覚えていて下さい。

そういうものなんだと知って、

 

 

男性の甘えってめんどくさいけど、可愛いわ♪

 

 

って感じてあげて欲しいんです。

偉そうなのは本心じゃないもの。

大きな態度も、女性を馬鹿にしるような態度でもなんでもないんだもの。

ただ頑張ってきた自分をよく見せたいだけ。

そんな自分を変える術がないだけ。分からないだけ。

だから女性に託したいだけです。

 

本当はたっぷり甘えたいんです。

 

それでもそんな男性の傷を、全て女性が抱える必要はありません。

ああしてあげなきゃ、こうしてあげなきゃと頑張る必要もありません。

ただ、

 

変えられなくてこうするしかないんだ。可愛いなぁ・・・。

 

と思ってあげるだけで構いません。

そこを少しだけでも理解して、余裕をもって接するだけで、あなたの彼らに対する対応が変わります。

それは男性が変わるきっかけになるかもしれませんよ(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

この文章が、恋愛に一途な多くの女性のこれからに、少しでも役に立てれば小川はとても嬉しいです(*^▽^*)

 

 

 

 

 

●●●● お知らせでございます ●●●●

 

 

子育て応援ブログ ~ほのぼの~
 

次回は、

 

12月22日

 

に担当いたします。

よろしくお願いいたします。



小川のプロフィールでございます~♪ 

小川のりこの赤裸々ブログはこちら~ 

 

◆カウンセリングを受けるには? 
◆会場案内 

 

~~~~~ !! お知らせ !! ~~~~~


2週に1度の「婚活」担当、

音譜 小川のりこが、みなさんのご相談にお答えいたします 音譜

 

小川に回答してほしいご相談がある方は、メッセージでご相談をお送りください。

なお、件名に「小川のりこへの相談」と明記してください。

いただいたご相談の中から、1~2ヵ月に1件のご相談を採用させていただきます。
ご相談をお送りいただいたみなさんに回答できない場合や、回答までに日数がかかる場合があることをご了承ください。

メッセージは、1,000文字が上限となりますので、ご相談内容は1,000文字以内にまとめてください。

なお、採用させていただいたご相談内容は、ブログ上で回答とともに公開させていただきますので、文中のお名前等を含め、公開されてもよい内容でお送りください。(IDは公開いたしません)


みなさんのご相談をお待ちしています!