こんばんは、カウンセリングサービス清水三季央(しみずみきお)です。7月も終わりに近づいていますね。都内では5月から続いてきた猛暑。まだまだ2カ月あります(笑) 皆さん暑さに負けないで~!!


さて、今回も自己評価をテーマにしました。


◆自己評価の低さが理由となる問題

男女関係では相手よりも自己評価が低いことが原因で、相手を愛せなくて、相手を嫌ったり、責めたり、避けたり、また相手を愛したくても、犠牲をしたり都合よく扱われたり、甘やかしすぎてしまったり、相手から低く扱われたりして問題に陥ってしまうことがあります。
 
男女関係以外の多くの問題の原因となる場合もありますので、カウンセリングを受けて指摘された方、サイトを読んで学んだ方も多いかもしれません。
 
今回も、自己評価を高めるための方法として、多くあるうちから1つを提案したいと思います。



◆比較と競争をヒントにする

自己評価が低いところがあると、心は、自分は幸せでいる価値がない、と感じるため、気分的にも幸せを感じにくくさせて、場合によっては他人と自分を比較したり、競争をして、自分は負けているだからダメだとか、ダメだから負けるんだと考えて、ネガティブな感情を感じやすくなります。

この、ネガティブな感情は、これをバネにして、自分を高めるためのパワーにするなどプラスの影響にに変えられるなら良い面もありますが、そのネガティブな感情の中に落ち込んでしまうと、パワーも下がってしまい、むしろマイナスな影響を受けてしまうこともあり、悪い面があります。

シンプルな方法ですが、このようなときでも、比較や競争をしてしまう相手を、より高く評価することができると、相対的に、自分への低い評価を、普通の評価に高めることができるようになります。

例えば、友達がSNSで、イケメンの男子と話題のお店でデートしているのをさりげなくアピールしているのだけれど、自分はあまり上手に作り笑いができなくて、ちょっと地味になってしまうとき、友達と自分を比較して、競争にも負けた気がして自分はダメだなと感じていたら。

友達はSNSがすごく得意なのであって、自分はSNSが苦手なだけで、ダメじゃなくて普通なんだととらえてみるのです。



◆できるところからチャレンジすることの大切さ

SNSの例えで、お伝えしましたが、シンプルすぎて、こんなバカな考えでいいのか?と感じたかもしれません。

自己評価を高めたいと考えるとき、自分は素晴らしいと100点満点をあげられれば理想的ですが、100点満点をあげたいのに、うまくできなかったり、一時的にできたつもりでもできていなかったりして、そんな自分にやっぱりダメだと、さらにダメ出しをしてしまうという悪いスパイラルに陥ってしまうということもありがちなものです。

100点満点をあげられるようになるのは先の目標にして、まずは自分はダメだと20点位にしかとらえられないとしたら、案外普通なのかもと50点~60点位にとらえることができれば、確実に自己評価を高めることができます。

自分を60点位にとらえることができるようになれば、100点満点を目標にしても、うまくいく確率は上がりそうですよね。

実際に、コミュニケーション、性格、ファッション、SNS、女子力など多くのジャンルで60点平均位な女子が案外、男女関係や人生をうまく楽しんでいるのかもしれないと考えてみると、頭に浮かんできそうな友達や有名人などがいらっしゃるかもしれません。



◆終わりに

最後までお読みいただきありがとうございます。今回は、比較と競争というネガティブな心理状態を上手に活かして、より確実に自己評価を高める考え方をお伝えしました。シンプルな考え方ですが、心は、ちょっとした小さな工夫やとらえ方の違いでも、コツコツとりくむことで、大きく変わっていくところがありますから、ヒントにしてみて下さいね。

 

◆臨床経験1万4千件、東京地区実績NO1
清水三季央のカウンセリングを受けてみませんか?
【カウンセリングルーム】 東京都目黒区駒場4-6-8-2F
【アクセス】 渋谷から京王線・駒場東大前駅、新宿から小田急線・代々木上原駅 いずれも徒歩約15 分
【予約センター】06-6190-5131(受付12時~20時30分月曜定休日)
お会いできることを楽しみにしています!

清水三季央(しみずみきお)オフィシャルブログ

オフィシャルツイッター

ご予約方法

プロフィール

お客様からのご感想 カウンセリングのご感想
心理学講座 職場や家族や人間関係、男女関係などオールジャンルの心理学    
男女関係の心理学 恋愛・失恋・婚活・結婚・浮気・離婚など男女関係の心理学
やさしい心理学 気軽に読んでいただけるシンプルな心理学
 

■Q&Aのコーナーのご案内
※すでにお申し込みいただいたお客様、ありがとうございました。いただいたご相談から厳選し、回答させていただきますので、しばらくお待ちくださいね。

 

水曜日「男心のウラオモテ」担当の清水三季央が、みなさんのご相談にお答えするQ&Aのコーナーを行うことになりました。男性心理以外のご相談も大歓迎!清水に回答してほしいご相談がある方は、メッセージ  でご相談をお送りください。

件名に「清水三季央への相談」と明記してください。

いただいたご相談の中から、1~2ヵ月に1件のご相談を採用させていただきます。
ご相談をお送りいただいたみなさんに回答できない場合や、回答までに日数がかかる場合があることをご了承ください。メッセージは、1,000文字が上限となりますので、ご相談内容は1,000文字以内にまとめてください。

 

なお、採用させていただいたご相談内容は、ブログ上で回答とともに公開させていただきますので、文中のお名前等を含め、公開されてもよい内容でお送りくださいね。(IDは公開いたしません)











 

浅野
カウンセリングサービス浅野寿和です。いつもありがとうございます。

そろそろお子さんたちは夏休みでしょうか。夏休みっていい言葉の響きですよね。特に子供の頃は、ホントいいイメージしかない。しかし、オトナになると、特にお子さんをお持ちのお母さんは「・・・子供が1日中家にいる時期だ」と、別のイメージを持たれるかもしれないですね。それぐらい立場によって同じ言葉のイメージも変わっちゃうことは当たり前のように起きることなのかもしれません。

 



さて、今日のコラムは、先日僕が名古屋で開催していた「心理学ワークショップ」の打ち上げでの話を少し膨らませて書いてみようかと思います。

※今回のテキストは不倫や浮気がいい悪い、という視点で書かせていただいているわけではありません。その心の動きについて書いているとご理解くださいませ。


■先日開催していたワークショップ打ち上げの最後。店内のTVに流れる「世界のケン・ワタナベ」さんの不倫に関する報道。

この話で最後の最後、受講生さんと話が盛り上がりました。

いや、不倫自体がどうのこうの、いい悪いの、という話で盛り上がった、ということではないのですよ。

なぜ彼はあのように「自分が言えることではない」といった回答をしたのか?という部分が話のテーマだったのです。



そのTV報道では、リポーターさんが「奥様のことは愛していらっしゃいますか?」といった、彼に質問される光景がありました。

すると「それも自分が言えることではない」といった回答をされていた。


これは個人的な感想ですが、男としての視点で見ると「なるほど」と思う回答なんです。きっとそこには男性なりの謝意や、今、表現できるであろう誠実さを込めたような、そんな選択だったのだろうと思うんです。

しかし、この回答にどうやらそこにいらしゃった女性の皆さんはご納得されていない部分があったようなんですね、もちろんすべての女性がそうではないのでしょうが。


■僕自身、カウンセラーとして様々な男女関係のお話を伺います。中には浮気や不倫にまつわるお話もたくさん伺います。

その中で、浮気や不倫が発覚した男性が、パートナーである彼女や奥さんに謝る、という状況もあろうかと思いますよ。

その時男性が、「本当に申し訳ない」と話すことはある意味必要なことかもしれませんね。

ただその次、です。

「どうして浮気(不倫)したの」「私のことどう思っているの」

そう質問されたとき、「もう何も言えない」と思う男性って少なくないのかな、と僕は感じたわけですよ。

むしろ、これは「男性としては詰むな」と思うわけです。

なぜなら、言い方はアレですけど「やらかしているのは自分」だから、ですね。そこに強い罪悪感があるんです。

自分がパートナーを傷つけるような行動に出た上で、パートナーのことが好き・・・という。

ある意味理屈が通らない、そうお感じになる男性は少なくないのかな、とも思うのですね。

その内面で、パートナーのことを大切に思う気持ちがあったとしても、それは今更だよ、と感じてしまう。

だから口をつぐむのかもしれません。「何も言わない」「自分が悪いんです」と言い訳しないことに、謝意を込める人もいるかもしれません。

 

まぁ下手に、なぜこういったことになってしまったのか?その事情ばかり説明しても、ただの言い訳、自分のことしか考えていない人だな、と思われかねず、あまり効果的ではない状況かもしれませんけれどね。


■ただ、僕が興味を持ったのはそこではないんですよ。

浮気をした本人さんの罪悪感より、そのパートナーさんの気持ちの方です。

もしパートナーさんの立場にたったとして、あの「まだパートナーさんのことを愛していらっしゃいますか?」という質問に、「何も言えない」という返答をしている光景を見たとき、どう思うだろうな、と。

そこが気になったんですよね。
 

まぁ、ここにはいろんな方の意見があろうかと思いますが、僕のカウンセリング経験の中から導き出せることを書くとするならば


確かに浮気や不倫をした相手のことは許せない。けれど、私の愛に反応しない相手によって更に傷つき、自分に失望する


そう思われる方が多いような気がしますね。特に女性の皆さんのお話を伺うと、そう感じます。むしろ、私の愛に気づいてもらえないって、更に自分がペシャンコになってしまうかも、なんて僕は思うんです。

そしてここに男女の心理の違いを僕は感じたわけですよね。


男性は「何が良い悪い」で物事判断している方が多めでしょう。だから、何かしら男女関係でトラブルが起きて、自分が傷つくような状況になったとき、善悪判断で物事を考える方が多いのかもしれません。

例えば、男女関係の中でケンカが起きたとしたら、そこでも「だから、何がいい悪いって話だよ」のような、理屈で物事を考え、伝えてくるでしょうね。物事の筋が通っていないと、それがある意味気に入らないし、違和感なのです。

その視点で見ると、今回のTV報道にあった「何も言えない」という発言は、なんとなく理解できてきます。



しかし女性の皆さんは、どうもその『感情』によって状況を捉えていく方が多いようです。

だから、理屈を超えた、今ある気持ち、で、物事を解釈される方が多いようです。

ケンカをしたとしても、私がどう感じているか、相手がどう感じているか、そこに重きを起きやすい、といいますか。

そしてその女性の感覚、男性はあまりわからないようなのです。

それは男性が劣っているという話ではなく、そういう心の違いがあるんだ、ということなんでしょうけどね。そもそも男性は感情を感じるということ、苦手にしている方が多いですから。



だから、「パートナーさんのことを今も愛していらっしゃいますか」という質問に、「何も言えない」は「私への愛がない」と女性に解釈されかねないなぁ・・・と僕は感じたんですよね。

男性の言いたいことはすごく分かるんです。だからその反応が間違いだとは僕は言いたくないんですよ。

ただ・・・パートナーさんの気持ちを考えると、ちょっとだけ言葉が足りないのかもしれないな、と感じたわけです。



パートナーである女性に、愛があるから傷つくわけで。

もし仮に全くそこに愛がなければ、「あっそう・・・」で終わる話かもしれません。あ、プライドの問題は別にして、ですよ。

もちろん相手を傷つけたなら謝罪は必要なんでしょう。しかし、そこにあるパートナーさんの気持ちに、ちょっとぐらい意識が向いていれば、もうちょっと展開は変わるのかもな、ということが、今日お伝えしたいことなのです。


相手の気持ちを置いてけぼりにしない。ちゃんと気づくこと。


相手の気持ちに気づいた上での謝罪や感謝と、そうではなく「私の思い」としての謝罪や感謝は、同じ言葉を発していても、相手に伝わるものが変わると僕は思うんですよね。

ただ、なかなか自分の中に痛みや罪悪感、失敗感などがあると、自分にばかり意識が向いて、人の気持ちを感じることが難しくなってしまうもの。

また、オトナになった私たちは「いかに傷つかずに生きるか」を学んでいます。ある意味それが「一人で生きていく術」でもあり、その中で結果を出しながら自信をつけるのですが、その反面、いつしか相手の気持を推し量り、相手の気持ちを感じることが苦手になっていることも少なくないようですね。

***

確かに男性なら「何も言えない」「言う立場にない」と表現することに誠意を込めたいと思うかもしれませんね、と。そう言えるだけ、たしかに男性視点では責任を取っているように感じますよ。

ただ、たしかに何かモノが言える立場にないにしろ「今後のことは相手次第です、自分が悪いんで」といった表現は、どこか誤解を生んじゃうかもしれない。

全く自分は悪くないという反省ゼロな態度は目も当てられないけれど、だからといって「ごめん」しか表現しなければ、相手は辛いのに「頑張って許さなきゃいけない」ことにもなりかねないですしね。

そこでトラブルが起きる男女関係は非常に多いと僕は思います。

今、自分が本当はどう思っているか、そして、なぜ相手は傷ついているのかに気づくことは、~表現するタイミングの問題はあるにしても~大切なことですよね、と。

本当にパートナーのことを思う気持ちがあるなら、特に。でもまぁ、罪悪感が強いとそれが言えないんですよね。伝えても何の役にも立たない、むしろ相手は傷つくと思うから。それが罪悪感の厄介なところなんですよね。

***

そんなことを考えていたらふと思い出しました。

子供の頃、夏休みに僕がいたずらしてそれが親にバレて

 

「怒らないからちゃんと本当のことを言いなさい」

 

・・・そこで、素直に話したら、めちゃめちゃ怒られた経験を。

そんな不安が僕達にはあるのかもしれませんね?


今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 


【この記事を書いた人】

心理カウンセラー 浅野寿和(あさの・ひさお)

カウンセリングサービス所属・「名古屋・東京・大阪地区担当」

 

「恋愛と男性心理」「あなたの自信を培う(恋愛・婚活など)」「パートナーシップや家族の問題解決」「より深いパートナーシップを紡ぐ」のジャンルで高い評価をいただく。どこか屈託のない語り口と、明快な分析、なぜか笑いが耐えないカウンセリングが好評で、高いお客様のリピート率を誇る。


スマホ心理カウンセラー浅野寿和」オフィシャルブログ

ほぼ毎日更新中!「恋愛と男性心理」「自信を培う」「心の解説」など、さまざまなテキストをご覧いただけます。

 

心理学講座音声配信サービス「きくまる」
毎月7のつく日に、新作無料音源を配信!僕の講座・ワークショップなどの無料音源も配信中!ぜひ、あなたのスマホで、PCで、簡単に試聴いただけますのでご利用ください!

 


【浅野寿和のカウンセリングを受けるには】

カウンセリングサービス・カウンセリング予約センターにお電話ください!

06-6190-5131(受付:12:00~20:30・月曜休・他)

 

※カウンセリングはすべて【完全予約制】となっております。

※カウンセリングのお問い合わせ・ご予約はすべて「大阪」にあります弊社カウンセリング予約センターまで。

 


【ワークショップも開催しています】

ココロのことを難しい理論ではなく、分かりやすく解説。心の面白さ。・奥深さを楽しみながら学べます!毎回初参加の方もいらしゃいます。どうぞお気軽にお越し下さい!

 

○8月25日(日) 19:00~20:50

~毎日にもっと喜びを感じる~許しと感謝の心理学~(3)
感謝の実践~さて、誰に感謝しましょうか? ~』

会場:名古屋・名駅ウインクあいち

料金:3,240円

 

※このワークショップは、近日お申込み受付開始を致します。今しばらくお待ち下さい。
 

カウンセリングサービス清水三季央(しみずみきお)です。
今回も自己評価をテーマにしました。


◆自己評価の低さが理由となる問題

男女関係では相手よりも自己評価が低いことが原因で、相手を愛せなくて、相手を嫌ったり、責めたり、避けたり、また相手を愛したくても、犠牲をしたり都合よく扱われたり、甘やかしすぎてしまったり、相手から低く扱われたりして問題に陥ってしまうことがあります。
 
男女関係以外の多くの問題の原因となる場合もありますので、カウンセリングを受けて指摘された方、サイトを読んで学んだ方も多いかもしれません。
 
今回も、自己評価を高めるための方法として、多くあるうちから1つを提案したいと思います。



◆他人への評価が低いところに着目してみましょう

他人への評価が低いところに着目するやり方もあります。

例えば 

家事が苦手
コミュニケーションが苦手
車の運転が苦手
仕事のステイタスが低い
ファッションが苦手
など

このような人(異性?)がいるときに、あなたがダメな人だ!と低く評価しているとします。

心理学での投影を使って分析してみます。(投影とは心の内側にある要素を外側の世界に映し出してとらえているという考え方です。)

そうすると、自分の心の中にもその人にダメだと感じた要素と、似たような要素があって、自分にもダメだと否定して低く評価しているかもしれないととらえることができます。

確かにあるなあと自分でもダメだと思っている部分を見つける場合もあるでしょうし、シャドーといって、似た要素なんてないよと感じる場合もあるでしょう。けれども、過去にダメな部分を克服したのですっかり消えたと思い込んでいる場合や、今でもダメな部分があるけれど認めたくない場合もあるかもしれません。

いずれにしても自分の心の中にもダメな部分があって、それをダメだと低く評価していて、その部分を、他人に投影し、他人のこともダメだと低く評価しているかもしれないんですね。


他人へのダメ出しは、自分へのダメ出しだったともいえるのです。


◆他人の評価を高くしてみる

他人へのダメ出しは自分へのダメ出しでもあるということは、言い換えれば、他人へのゆるしは自分へのゆるしでもありますし、他人への承認は自分への承認でもあるんですね。

例えば、コミュニケーションが苦手な異性をダメだと否定し低く評価していた場合には、コミュニケーションが苦手な時もあるよねと、ゆるしてあげたり、コミュニケーションが苦手だとしてもその人の存在は素晴らしいと承認してあげるこなどして高く評価してあげられるとよいですね。

これによって、もし自分がコミュニケーションが苦手な場面があったとしても、人からゆるされるだろう、存在は認めてもらえるだろうと感じやすくなります。結果として自己評価が高くなります。



◆シャドーの場合

例えば、コミュニケーションが苦手ではなく、むしろ得意な方にとっては、コミュニケーションが苦手な人を高く評価しても、自分の自己評価に影響しないのでは?と考えてしまうかもしれませんね。

 

けれども先ほどのシャドーの説明のように、無自覚でも心の奥に抑圧されている部分、つまりコミュニケーションが苦手でダメだと感じている部分への評価が高くなるので、やはりよい影響があるのです。

例えば、コミュニケーションでもそれ以外のどんなジャンルでも赤ちゃんの頃はコミュニケーションもそれ以外も苦手でしょうから、赤ちゃんから現在までの成長のある段階で苦手を克服したかもしれません。

もし幼稚園まではコミュニケーションが苦手で、小学校から現在までコミュニケーションが得意なら、現在のコミュニケーションが得意な要素と、幼稚園までのコミュニケーションが苦手な要素の、合計が自己評価になるので、それでも全体としては自己評価が高くなるといえるのです。
(ここはわかりにくい方もいらっしゃるかもしれませんので、ご興味がある方はカウンセリングでご質問下さいね。)



◆終わりに

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。自己評価が低いと他人へもダメ出しが多くなり、それが自分へのさらなるダメ出しにつながるという悪循環になりがちです。他人を少しでもよく思ってあげることで、自分自身のこともよく思えてくるようになります。ヒントにして下さいね。

 

◆臨床経験1万4千件、東京地区実績NO1
清水三季央のカウンセリングを受けてみませんか?
【カウンセリングルーム】 東京都目黒区駒場4-6-8-2F
【アクセス】 渋谷から京王線・駒場東大前駅、新宿から小田急線・代々木上原駅 いずれも徒歩約15 分
【予約センター】06-6190-5131(受付12時~20時30分月曜定休日)
お会いできることを楽しみにしています!

清水三季央(しみずみきお)オフィシャルブログ

オフィシャルツイッター

ご予約方法

プロフィール

お客様からのご感想 カウンセリングのご感想
心理学講座 職場や家族や人間関係、男女関係などオールジャンルの心理学    
男女関係の心理学 恋愛・失恋・婚活・結婚・浮気・離婚など男女関係の心理学
やさしい心理学 気軽に読んでいただけるシンプルな心理学
 

■Q&Aのコーナーのご案内
※すでにお申し込みいただいたお客様、ありがとうございました。いただいたご相談から厳選し、回答させていただきますので、しばらくお待ちくださいね。

 

水曜日「男心のウラオモテ」担当の清水三季央が、みなさんのご相談にお答えするQ&Aのコーナーを行うことになりました。男性心理以外のご相談も大歓迎!清水に回答してほしいご相談がある方は、メッセージ  でご相談をお送りください。

件名に「清水三季央への相談」と明記してください。

いただいたご相談の中から、1~2ヵ月に1件のご相談を採用させていただきます。
ご相談をお送りいただいたみなさんに回答できない場合や、回答までに日数がかかる場合があることをご了承ください。メッセージは、1,000文字が上限となりますので、ご相談内容は1,000文字以内にまとめてください。

 

なお、採用させていただいたご相談内容は、ブログ上で回答とともに公開させていただきますので、文中のお名前等を含め、公開されてもよい内容でお送りくださいね。(IDは公開いたしません)